はろぶろ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


こちらは評論・レポート・雑談系ブログです。

ニュース記事はこちら
新譜情報はこちら

記事一覧へ最新状態

リンク系。
オフィシャル系はアンテナで確認すると楽かも。
番組情報:
MoProGuide(バックナンバー) ライブイベント情報:
ハロプロイベント時刻表 ハロ探!
ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net
ハロプロコンサ申込

0001-02-03

[]ジャンル別アイドルノリ早見表

2007.07.11現在。
ご指摘あれば変更いたします。

その前に。
「マイナーアイドル現場」は現存の最古参は歌姫伝説や制服向上委員会あたりからだと思いますが、参考にしたのは2000年以降 の非ハロプロ系アイドルなどです。ちなみにMIXは札幌のスクールFAMEのヲタさんが作られたものだと聞いています。それが東京に上陸したのが2002〜3年頃だそうで、ちょうどスペースクラフトのキッズ出身ユニットBON-BON BLANCOがアイヲタさんの熱い視線を浴びていた時期で、そこでまず根付くことになります。
アイドル声優は水樹奈々や田村ゆかりや野川さくらや平野綾など。小規模のライブにも行きましたがノリはさほど変わんないですね。

まずは曲中で行われるパフォーマンス(ヲタ芸を除く)。

 ハロプロ現場(1998年〜)マイナーアイドル現場(概ね1993年前後〜)アイドル声優現場(概ね1990年代前半〜)乙女塾まで(〜1994年頃)
イントロ
(動作)
「Oi! Oi!」と叫ぶ。
ジャンプは「そうだ!We're ALIVE」を除いてまずない。
イベントではなし。
ライブではハロプロに近い。
「ハイ!ハイ!」と叫ぶ。
激しい曲はジャンプも伴う。
ハンドクラップのみ。
但し乙女塾では声優現場に近い雰囲気だった。
イントロ
(コール)
なし。そのアーティストの代表曲にMIXを入れる。「コール表」に基づき「口上(ロングコール)」を入れる場合がある。親衛隊がコールを入れる。
Aメロ
(動作)
自由。ハンドクラップ中心。同左。同左。
Aメロ
(コール)
曲調により「L・O・V・Eラブリー○○」。イベントではなし。
ライブでは自由(流動的)。
コール表に基づく。親衛隊がコールを入れる。
Bメロ直前
(コール)
警報(「はーい!はーい!はい!はい!はい!はい!」)を入れる。イベントではなし。
ライブでは自由(流動的)。
Bメロで「名前コールありのPPPH」を行うの場合のみ警報を入れる。親衛隊のホイッスルによる警報(?)。
Bメロ
(アイドル調)
PPPH。
但しハンドクラップは無い。
名前コールあり。
イベントではなし。
ライブではハロプロに近い。
PPPH。
活動時期の長い声優ほど正調のPPPH(ハンドクラッピング&ジャンプ)に近い。
現在は「お〜〜〜はい!」と叫びながらのジャンプが多い。
名前コールあり。
正調のPPPH。
Bメロ
(ロック調)
「桃色片想い」など限られた曲は声優現場と同様、前半PPPH後半「Oi! Oi!」+ジャンプだが、多くはPPPHスタイル。イベントではなし。
ライブではPPPHスタイル。
「ハイ!ハイ!」と叫びながらジャンプする。
(イントロの動作に近い。)
Bメロの前半がPPPHで後半は「ハイ!ハイ!」+ジャンプの場合もある。
サビお決まりの振付をやることが多い。またジャンプしたりと曲毎にバラエティに富んでいる。曲毎にお決まりがあるが、「Fufu!」「Fufu!」「Fuwafuwafuwafuwa」といったコールを入れることもある。同左。
「Fuwafuwafuwafuwa」の時にサイリウムを上でグルグル回しながら反時計回りに1回転する人も結構いる。
(2回目は時計回り。)
サビ後半はサイリウムを下から上に振上げる。
あるいはPPPHを入れる場合もある。
「コール表」に沿って「Fu!Fu!」「Fu!Fu!Fu!」と叫ぶ。
ハロプロに近い。
PPPHを入れる場合もある。
スローパート
(あるいはCメロ)
サイリウムを上から下へ振り下ろす。
あるいはサイリウムを前方へ差し出す。
「ロミオ」と呼ばれる。
手を前方へ差し出す。
「ケチャ」と呼ばれる。
会場が許せばステージの前まで来て片膝をついて行うこともある。
サイリウムを下から上に振上げる。
活動時期の長い声優現場では「パンパパン」とハンドクラップする曲もある。
「パンパパン」とハンドクラップする。
あるいはPPPH。
バラード曲サイリウムを左右に振る。
あるいは何もしない。
同左。サイリウムを下から上にゆっくり振上げる。手を左右に振る。

間奏やエンディングはイントロに準じます。MIXやコールはイントロと異なるものを行うことが多いでしょうが、細かい部分は割愛します。

次に、準備〜終演までの流れ。

 ハロプロ現場(1998年〜)マイナーアイドル現場(概ね1993年前後〜)アイドル声優現場(概ね1990年代前半〜)乙女塾まで(〜1994年頃)
親衛隊なし。
応援グループの集団化を毛嫌いする人は多い。
−−−存在しないが、古参ヲタが音頭をとることが多い。
100%ヲタだから自然と統率がとれている。
2系統の全国組織が存在していた。
下準備特になし。
基本はOJT。
同左。同左だが、ライブ回数が少ないので事前にコールを覚えた方が楽しめる。
会場周辺(あるいは会場内)にて有志が「コール表」を配布している。
親衛隊が会場周辺にて練習していた。
ペンライト
サイリウム
自由。
色はメロン記念日以外バラバラ。
何本持っても構わない。
イベントでは持たない人も多い。
イベントではまず持たない。
ライブでも持つ習慣が無い人が多ければ、持たなくなる。
声優のイメージに合う色で統一される。
1本のみが殆ど。
昼間の野外であろうが必ず手に持つ。
ペンライトを持参する人はいたが、ケミカルライトを持つ文化はあまりなかった。
サイリウム企画卒業公演のアンコール(あるいはセレモニー)の時に色を統一する。−−−特定の曲のみ異なる色に変わることがある。−−−
ボード持つ。
但し禁止の方向にある。
サイリウムで名前をかたどりボード代わりにすることがある。
オンリーファンはどこでも持つだろうが、アイヲタは殆どが兼ヲタなので数は少ない。持たない。持つ。
コスプレ自由。自由。自由。自由。
法被、特攻服自由。無し。
(オープンイベントが多く、複数のイベントが集中するので。)
自由。
法被姿もいるが特攻服はほぼ皆無。
自由。
オリジナルTシャツ
ユニフォーム
自由。自由。
(見かけることはまれ。)
自由。
(見かけることはまれ。)
開演前の気合入れなし。なし。小規模会場を中心にあり。
古参ヲタのリーダー格が行う。
親衛隊が行う。
MCでの名前コール−−−−−−最初のMCで「○○です。よろしくお願いします」の直後にリーダー格が「せーの!」と叫んだあと一斉に「○○ちゃーん!」と叫ぶ。
(複数声優参加のイベントのみ。)
同左。
(テレビの公開録画など。)
MCでのレスポンス特になし。
「えー!」くらいか。
「俺もー!」
「今来たばっかりー!」
「行かないでー」など多数。
客席から求愛活動する人もいる。
大規模会場ではハロプロと大差無し。
小規模会場ではマイナーアイドルと似た雰囲気はある。
アンコール「アンコール!」と叫ぶ。
誕生日や卒業公演の場合はメンバーの名前や愛称を叫ぶ。
ソロでは名前や愛称を叫ぶ。
「アンコール!」と叫ぶ。「アンコール!」と叫ぶ。
(ソロであっても原則「アンコール!」。)
但しリーダー格が合図を出してから叫び始める。
(大会場では自然発生することもある。)
ダブルアンコールを望む時は「もう1回!」と叫ぶ。
「アンコール!」と叫ぶ。
親衛隊からの合図はあった気もするが、大会場では自然発生する。
終演後最近では「(パパンパパンパン)○○最高」を数回(気がすむまで)繰り返し、その後「万歳!」を繰り返すことが多い。特になし。リーダー格の合図で三本締め。特に無し。
(親衛隊は終演までに出口に陣取って一般客を勧誘しなければならないため。)

最後にヲタ芸や独自パフォーマンス。

 ハロプロ現場(1998年〜)マイナーアイドル現場(概ね1993年前後〜)アイドル声優現場(概ね1990年代前半〜)乙女塾まで(〜1994年頃)
OADイントロ。
間奏。
エンディング。
−−−Aメロが多い。−−−
ロザリオ特定曲のBメロのみ。−−−−−−−−−
マワリ(2回繰り返される)サビの前半。−−−ハロプロと同じ。−−−
ロマンス(2回繰り返される)サビの後半。ショートロマンスは見かける。
どこで打つかはパフォーマー次第。
ハロプロと同じ。
Aメロで打たれることもある。
−−−
推しジャンプあり。−−−−−−−−−
振り真似
「オドリスト」と呼ばれる。

「おどり隊」と呼ばれていた模様。
−−−
森高千里の現場にはいた模様。
タオル芸アーティストの指示に従う。同左。同左。−−−
アーティストと一緒に手振り左右同じ手でアーティストと逆方向に振る。
(振り真似の延長。)
ハロプロ系とアイドル声優の中間(アーティストによって異なる)。左右同じ手でアーティストと同方向に振る。同左。

こんな感じで。

0001-02-02

[]Gatas Brilhantes H.P./ザ・冒険王2007関連

場所。

冒険ランド

すかいらーくグループ フットサル スタジアム

-----

まずは試合関係。

SPHERE LEAGUE すかいらーくグループCUP in ザ・冒険王2007
GATAS関係なしです。

すかいらーくグループ冒険王CUP 1stステージ/2ndステージ

GATAS、一般チーム、芸能人チームが出場するオープン大会(2大会開催)
予選大会を2日間、決勝大会を1日間で開催し、GATASはホームチームシードとして、決勝大会のみに出場。

1stステージ : 7月27日(金) 予選大会2日目:7月28日(土) 決勝大会:8月2日(木)
2ndステージ : 8月9日(木) 予選大会2日目:8月11日(土) 決勝大会:8月14日(火)

1stステージ : 予選大会1日目:12チーム
予選大会2日目:12チーム
決勝大会:GATAS、他予選上位8チーム

2ndステージ : 予選大会1日目:12チーム
予選大会2日目:12チーム
決勝大会:GATAS、他予選上位8チーム

すかいらーくグループリーグ バーミヤンステージ

GATASとフットサルにも真剣に取り組む社会人チームが出場が出場する大会(2大会開催)

1stステージ : 8月18日(土)
2ndステージ : 8月21日(火)

すかいらーくグループチャレンジCUP 冒険王大会

GATASのフットサル振興活動として開催する一般チームが出場する初心者大会。
また、GATASと参加チームのエキシビションや、GATASメンバーによる試合のレフリングの行う予定です。

8月17日(金)

※GATASは大会には出場しません。エキジビションマッチと審判を行います。

-----

次に交流イベントなど。

Gatas Brilhantes H.P.公開練習

参加選手は当日までわかりません

Gatas Brilhantes H.P.ファン交流イベント

参加選手は当日までわかりません

Gatas Brilhantes H.P.フットサル教室

参加選手は当日までわかりません

-----

その他

スタジアムイベントスケジュール

グッズなど「すかいらーくグループGATASカフェ」

チケット

0001-02-01

文化祭2005の備忘録

これは個人的な備忘録です。
ご覧になるのは構いませんが、間違い等によるクレームには一切お応えできません。

記号について。
■…情報がある程度固まっているもの
□…情報が未公開のもの、不確定要素を多く含んでいるもの

-----

【会場およびその周辺】

■オフィシャルページ
モーニング娘。“熱っちぃ地球を冷ますんだっ。”文化祭2005」in 横浜

■電車ご利用の方へ
パシフィコ横浜
みなとみらい線の最寄駅の「みなとみらい駅」は(パシフィコ横浜に隣接するショッピングセンター)クイーンズスクエアと直結。クイーンズスクエアは無駄に複雑な構造なので、勘に頼らず案内板にしたがって移動した方が賢明。

■銀行/郵便局
結局のところ必死系向けのイベントなので、きっとお世話になる筈。
パシフィコ横浜には「デイリーヤマザキ」があり、いわゆるコンビニATMを設置。
隣接するヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル内は未設置。
クイーンズスクエア内には「横浜銀行」と郵便局あり。エスカレーターなど複雑な構成なので現地でマップを見た方が賢明。
横浜ランドマークタワーには「東京三菱銀行」のATMあり(1F)。「POSTAL HARBOR」という名のオシャレな名前の郵便局あり(1F)。

■ビジネスセンター
館内にあり
使い方は貴方次第。ただし不定休(苦笑)。

-----

【パシフィコ横浜以外での関連企画】

ECOスタンプラリー(〜10/6まで)

開催記念パスネット
東急線沿線で発売。

ハロショ(各店)
文化祭特別企画だが、「会場内限定」と「ショップ各店のみ限定」があるので注意。こっちにもちゃんと来いやってことか。

■ハロショ(会場周辺)
第一回トレーディング秋祭り
みなとみらい駅構内でやる模様。
ファンが自主的に行っているアレは景観および入場列の妨げになる恐れがあるので、隔離したのかなあ?
(あるいは逆に晒しプレイか?)

-----

【会場内についての情報】

会場マップ
テレビガイドの会場マップはこれにコメントを加えたもの。

会場詳細図
グリーンリバー・アート」(NPO国産材)にある「参加の手続き」より。

出店企業一覧

■諸注意
会場への再入場は1回のみ可能
会場内は禁煙
非公式グッズについて

-----

【ステージおよび体験ゾーン】

■メインステージ
前回:初日の入退場は適当。これにはファンからの相当なクレームがあり(ファンが自主的に並ぶ場面もあった)、翌日は入替制に変更。但し柵を突破したり、子供優先エリアに乱入したりという光景もあった。
今回:「整理券配布所」があることから「整理券配布→ウエイティングゾーンで待機→入替入場」という流れになりそう。
「生写真撮影」というエリアもあるが詳細は不明。
(なんとなく悪い予感がしなくもない(笑)。)

■メインステージタイムスケジュール
前回:前日までに発表なし、初日に全日程のスケジュールを(会場入口・ステージ付近に)掲示
今回:開催日前日に発表

■ミニステージ
前回:各展示会社用のイベント等
今回:開催日前日に発表
(※今回は出演者が多いですからねえ...ミニステに限らず色んなところで何かがあるかもしれないねえ...)

□体験ゾーン
後日追加。体験してみないとわからないので(笑)。
「ハロプロ環境かるた」が怪しいねえ...

-----

【グッズ関連】

■ガイドブック/DVD
マップを見る限りこれらは会場外入口付近でも販売予定。
お子様向けの販売エリアあり。
DVDは文化祭グッズのDVDと同一かは不明。
(ガイドブックはグッズに未掲載だからねえ...)

■ハロプロマーケット
前回:文化祭グッズ、過去のコンサートグッズ、ハロショ出張店などがあった。
今回:次のものが販売される模様
文化祭グッズ
・過去のコンサートグッズ
ハロショ出張店
また市販のCD/DVDも販売されると思われる。
お子様向けの販売エリアあり。

-----

【ミュージアム/シアター】

■プッチミュージアム(TVガイド)
前回:小冊子を無料配布、当初用意された冊数が瞬く間になくなってしまい、増刷をした模様。
今回:
・無料配布の小冊子は3種
・現在発売されている5パターンの表紙に加え『パシフィコ横浜版』という6パターン目の限定版を発売
・定期購読に特典図書カードをプレゼント(2種類)
・携帯電話連動企画(QRコードから限定サイトへという企画の模様)
・等身大の表紙に11人目のメンバーとして撮影が出来るというコーナーあり

■テーマシアター(日清食品)
テーマは「映像と「魔物」のコラボレーションショー“地球温暖化の恐怖”戦えモー娘。」。1日8回上映予定。
・モーニング娘。が出演するスペシャルムービーを上映
・(出演していると思われる)怪獣を展示

-----

【フードコート・企業ブースなど】

□後日。

とりあえずはこれかな?



*タグ

参考:タグについて
info:ブログに関するお知らせ/diary:日記・雑談/column:コラム/furage:フラゲ/ranking:ランキング・チャート分析
anime:アニメーション/audition:オーディション関連/book:書籍・雑誌/cd:CD/comic:漫画/dvd:DVD等の映像媒体/event:イベント/fyi:ハロプロやNGP!以外の記事/game:ゲームソフト・遊技等/goods:グッズ類/live:コンサート・ディナーショー/mobile:携帯端末用コンテンツ/movie:映画/online:PC向け動画配信・音声配信・ブログ等/other:ハロプロに関するその他の話題(不祥事等含む)/radio:ラジオ/sports:スポーツ全般/theater:演劇・ミュージカル関連/tv:テレビ番組等

*月別表示
0001 | 02 |
0002 | 01 | 02 |
2004 | 12 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2012 | 01 | 10 | 12 |
2013 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 05 |
2015 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 07 |
旧サイトはこちら