はろぶろ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


こちらは評論・レポート・雑談系ブログです。

ニュース記事はこちら
新譜情報はこちら

記事一覧へ最新状態

リンク系。
オフィシャル系はアンテナで確認すると楽かも。
番組情報:
MoProGuide(バックナンバー) ライブイベント情報:
ハロプロイベント時刻表 ハロ探!
ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net
ハロプロコンサ申込

0002-02-03

[]翻訳(その3)

Morning Musume not ready to graduate yet

At Morning Musume's inception, the group's fan base was diverse, attracting young girls, boys and parents. But another probable reason for their recent decline can be attributed to the resurgent otaku (obsessive fans). At a recent Hello! Project show in front of around 14,000 in Yokohama Arena, barely a single woman could be spotted among the dedicated and exuberant middle-age male crowd.

モーニング娘。の初期において、グループのファン層は若い少女や少年とその保護者が集まり多様でした。しかし、彼女達の最近の低下に対するもうひとつの問題の理由は、復活したオタク(極端なファン)によるものと考える事が出来ます。最近では、ハロー!プロジェクトコンサートの横浜アリーナの約14,000人の入り口の外で、専用エリア囲まれたわずかな独身女性と、あふれんばかりの中年男性の観客を見ることが出来ます。

single woman=一般的には独身女性
これはグッズ売り場の光景だと思われる。

In April 2004, audio footage recorded backstage reportedly captured then-member Rika Ishikawa exclaiming: "Look at them. Grownups screaming like that! I can't believe it. So stupid!" Although such a scandal is rare in the micromanaged Musume life, standing in front of such frenzied supporters clearly affects the girls.

2004年4月には、当時のメンバー石川梨華の舞台裏の音声の盗聴した:「あの人たちを見て。大の大人がそんなに叫ぶなんて! 信じらんない。馬鹿みたい!」このようなスキャンダルモーニング娘。の歴史の詳細においても珍しいことですが、このような熱狂的なサポーターの前に立つことにより、明らかに少女たちに影響を与えます。

この文章はやる気が無いので適当にやっつけました。大の新聞がこんなの載せるなよ。

"I've been doing this for eight years but I still get as nervous as I did the first time," says Takahashi.

「私は8年間ずっとこうでした。でも、最初の頃のように不安になります。」高橋愛は言う。

「nervous」は「緊張」と訳しても良さそうですが、「上がり症」ではなく「不安」に近いらしい。

"I get a little nervous," states Niigaki, "but I love live shows so much, and being able to see the joyful faces of the fans."

「私はちょっと不安になります。」と新垣里沙ははっきり言います。「でも、私はライブがとっても大好きです。ファンのみなさんの楽しそうな表情が見れるから。」

Lin Lin, meanwhile, finds it "too enjoyable to stay nervous!"

リンリンは、そのうち気づきました。「不安なままでいるには楽し過ぎる!」

"The fans know about us in great detail," continues Niigaki, "and they can perform all our dance moves perfectly at the live shows!" Nevertheless, all the girls surprisingly admit that they walk comfortably on the streets without a disguise.

「ファンの皆さんは私たちの事をとても詳しく知っています。」新垣里沙は続けます。「そしてみなさんはライブで私たちのダンスの動きの全てを完璧に真似る事が出来ます!」...とは言え、全ての少女はたちは意外にも通りを変装無しに快適に歩けると認めています。

perform=動物の芸当という意味あり

Conversely, "there are a lot of female fans in China and Korea," says Takahashi. "So we get to hear fans shouting in high-pitched voices, not the usual low (otaku) voices!"

その一方で「沢山の女性ファンが中国と韓国にはいます。」と高橋愛は言う。「なので、ファンの甲高い歓声が聞けます。いつもの野太い(オタク)声じゃない!」

"Chinese people applaud a lot and we all love (them waving) glittering light sticks," says Lin Lin. "You can't see the applause, but you can see the lights!"

「中国の人たちは一杯拍手してくれて、みんな(彼らが振る)キラキラしたペンライトが大好き」とリンリンは言う。「あなたは拍手を見ることはでいないけれど、光を見る事は出来る!」

we all=みんな
light sticks」はペンライトやケミカルライト(サイリウム)のことを指すと思われます。欧米の野外ロックフェスの映像を見る限りでは、こういったものを振る習慣はなく、バラードなどでライターの灯をともす光景をよく見かけました。

Morning Musume's move into China has been seen as the next logical step for the group. However, all has not gone according to plan.

モーニング娘。の中国への進出はグループのための次の一手とみなされました。しかし、 すべてが予定通りに進んだわけではありません。

next logical step=次の一手...かな

"The attempt to launch Morning Musume into China hasn't gone very well," admits Nishikata. "CDs don't sell well, because they are soon pirated. Two years ago, when Lin Lin and Jun Jun (22) joined, we tried to push them hard to China, but it didn't go so well. We are still trying to find a way."

モーニング娘。の中国進出の試みは芳しくはありませんでした。」と西方氏は認めます。「CDはあまり売れません。何故なら直ぐに海賊版になるからです。2年前、リンリンジュンジュン(22)に出会ったとき、私たちは中国で推し進めようとしました。しかしそれは伸び悩みました。私たちはまだ方法を探しています。」

trying to find=探す

The future of succeeding generations of Morning Musume is clearly something Nishikata is working hard to secure. And a move to the West is a definite possibility.

モーニング娘。の次期の未来は明確なものです。西方氏は手に入れようと努力しています。そして、欧米への進出は確かな可能性です。

the West=欧米
working hard=頑張っている、努力している

"In Europe and the U.S., there are many fans of Morning Musume and Japanese idoru (manufactured entertainers), thanks to the Internet," says Nishikata. "(We) were invited to an event in L.A. called A.X. (Anime Expo) as a music guest this July. There are already a lot of fans of Japanese animation (in the U.S.), so it might be easy to get in through that."

ヨーロッパアメリカでは、インターネットのおかげで、多くのモーニング娘。と日本のアイドル(作られたエンタティナー)のファンがいます。」と西方氏は言います。「(私たちは)今年の6月にゲストとしてA.X. (アニメエキスポ)と呼ばれるロサンゼルスのイベントに招待されました。」 既に(米国では)日本のアニメに多くのファンがいるので、あのように親しまれるのは容易かもしれない。

get in=親しくなる
through that=あんな思い

No matter where they go next, the curiosity is that Morning Musume, the concept, will no doubt continue to outlast any of its members.

たとえ次はどこに行こうとも、モーニング娘。とそのコンセプトへの好奇心は、間違いなくそのメンバーのどれよりも長持ちし続けるということです。

Morning Musume's ninth album, "Purachina 9 Disc," ("Platinum 9 Disc") is out March 18.

モーニング娘。の9枚目のアルバムプラチナ 9 DISC("Platinum 9 Disc")」は3月18日にリリースされます。

0002-02-02

[]翻訳(その2)

Morning Musume not ready to graduate yet

Morning Musume have recently been on a slow decline in terms of sales, and the group's revolving-door regeneration has had the negative effect that few consumers today recognize individual members. However, the girls' different personalities are highly apparent, and it's clear the management is keen to cultivate their individual abilities to reverse the slide.

モーニング娘。は最近、売上の限界点が緩い下降をたどっており、グループの回転ドアを再生するには、本日知り合ったメンバー個々の少ない購買層ではマイナス効果です。しかし、少女達のさまざまなパーソナリティは明らかに高い価値があり、それを明確にしたマネージメントは、下落を逆にする彼女達の個々の力を育てたがっています。

"Each one should be recognized as being in Morning Musume in her prime," says Nishikata. "It used be like that. Morning Musume were well known, but also (original member) Natsumi Abe was well known (in her own right). But nobody knows who is in Morning Musume anymore."

「各々が自分たちのピーク時において、モーニング娘。であることを認知されなければいけません。」と西方氏は言います。「もうそうなってますが。モーニング娘。はよく知られていましたが、その中でも(オリジナルメンバーの)安倍なつみは特に知られていました(自分の力で)。しかし今では誰がモーニング娘。なのか知られていません。」

「It used be like that.」はGoogleのマシン翻訳では「そのようにされています」なので「もうそうなっちゃってる」という意味に近いかも。転じて「ご存知の通り」か?...うーん...どちらにしてもこの部分の訳が一番厄介でした。

Each member's forced "graduation" as they are deemed too old or mature, or the group need a fresh face, is the point by which they must have established themselves enough to go it alone. The inevitability of their young retirement from the group, though, is something the current crop barely consider as a limitation.

彼女達が古くなったり成熟したことによる強制的な「卒業」や、あるいはグループに新顔が必要になることが、ソロ活動が十分に定着したに違いないポイントです。にもかかわらず、今の収穫物のほとんどについて制限を検討しています。

go it alone=一人でやる≒ソロ活動
この文章は農作物をイメージしている。

"I can't think of my graduation at all," says an animated Niigaki, before conceding, "I think of it a little now that I'm one of the longest-serving of the group, but when I first joined, never! I only thought about how to catch up with the other girls."

「私は全く自分の卒業について考えることが出来ません。」と新垣里沙は認める前に動作を交えて言います。「私はグループ在籍期間の一番長い一人だということを、少しつづですが考えるようになりました。しかし、私が加入した時はそうじゃなかった! 私は他のメンバーに追いつくことばかり考えていました。」

"I'd really like to make sure each one of them continues to work after their graduation," explains Nishikata. "We have promoted them as a group so far, but from now on, we'd like to promote them one by one, so I hope they can do more personal work after this summer."

「私は彼女達の一人一人が卒業後にも働きつつけることを本当に確かめたいと思う。」と西方氏が説明します。「私たちはこれまではグループとしてプロモーションしてきましたが、これからは、一人ずつプロモーションしていきたい。今年の夏のあとに、もっと個人の仕事ができることを望んでいます。」

hope=見込む、期待する、信頼する...という意味も含まれているようです。

Takahashi's willingness to answer quickly and authoritatively, supported by the considered approach of Niigaki, reflects in their older-sisterly roles as leader and subleader. In reality, they admit that the titles translate to little extra work.

高橋愛が迅速かつ厳然に進んで対応することや、新垣里沙のよく考えられたアプローチによってサポートされることにより、リーダーとサブリーダーとして彼女達の年上の姉妹の役割を映し出します。現実として、彼女達は理由を説明する少し余分な仕事があることを認めます。

titles=根拠、理由

"We sometimes form a circle before a live show or something. And we shout for self-encouragement, like, 'Ganbatte-ikemasu!' ('Let's go do our best!') " says Takahashi.

「私たちはコンサートなどの前に円陣をつくります。そして、自分達を励ますために『頑張っていきまっしょい!』('Let's go do our best!')と叫びます 」と高橋愛は言います。

sometimesではなくeverytimeのような...

Niigaki continues, "There is nothing I have to do as a subleader, but I want to support Ai when she's got a problem. So I have no pressure!"

新垣里沙は続けます, "私がサブリーダーとしてすることは何もありませんが、愛ちゃんに何か起きたときにサポートしたいです。だから私にはプレッシャーはありません!」

Meanwhile, the other members of the group seem to be as diverse as Takahashi, Niigaki and Lin Lin.

一方、グループの他のメンバーは高橋愛新垣里沙リンリンと同じくらい多様です。

"The naughty one is Mitsy (Aika Mitsui, age 16). She won't let us sleep on a plane!" reveals Niigaki. "The funniest is Koharu Kusumi" (16) - the only girl selected in the audition for the seventh generation. "So her nickname was 'Miracle Koharu.' Eri Kamei, 20, is the messy one. She can't put things in order!"

「言うことを聞かない子はみっつぃー(光井愛佳(16))。あの子は飛行機で寝かせてくれない!」と新垣里沙が暴露します。「一番おもしろいのは久住小春(16)」...7期オーディションで一人だけ選ばれた少女です。「彼女のニックネームは『ミラクル小春』でした。亀井絵里(20)はだらしのない子。彼女は整理整頓ができません!」

She can't put things in order!」ってのは「整理整頓出来ない(後片付け出来ない)」のか「決まり事を後回しする」のか、ちょっとハッキリしないところです。

Despite spending so much time together, the girls admit that even in their free time, they are rarely separated. They are rather coy, though, on the topic of seemingly inevitable group in-fighting.

長い間一緒に過ごしているにも関わらず、少女達は休憩時間でも一緒にいます。彼女達はめったに引き離されません。一見して避けられないグループのいざこざの種になるにもかかわらず、彼女達はむしろ純情です。

admit=許可する、free timeをadmitするってのは、休憩時間も一緒にいる(時間を共にする)ってことです。
coy=意識的に(ワザと)純情ぶる、内気

"We always discuss a problem all together," says Niigaki.

「私たちはいつもみんなで問題を議論します。」と新垣里沙は言います。

"Sometimes one of our staff advises us to discuss a problem," adds Takahashi. "We are doing fine!"

「ときどき、あるスタッフさんのアドバイスで問題を議論します。」高橋愛はさらに「私たちは上手くやってます!」

0002-02-01

[]翻訳(その1)

Morning Musume not ready to graduate yet

Morning Musume not ready to graduate yet

まだ卒業する準備の出来ていないモーニング娘。
Three members of the Japanese pop phenomenon (and their manager) insist their mornings are far from numbered

日本ポップカルチャーブームの中にいる3人のメンバー(と管理責任者)は、彼女達の朝は数えきれないと力説する。
Most artists dream of longevity, but few are afforded significant time in the limelight. The paradox of all-girl group Morning Musume, 12 years since they began, is the enforced time-limit its members face in order for the group to remain forever young.

殆どのアーティストは永く続くことを夢見ますが、わずかな者のみ脚光を浴びるかなりの時間を与えられます。少女だけのグループ「モーニング娘。」の矛盾、生まれてから12年間、永遠の若さをとどめるグループの手段として、メンバーの外見には制限時間が強制されています。
Generation eight of the group, with nine members, is the longest-running incarnation so far, celebrating its two-year anniversary this month. Yet under the tutelage of producer Tsunku, "graduation" is likely never far away.

8つの「期」をもつ(9人のメンバーによる)グループは、これまで最も長時間にわたる「仮の姿」であり、今月は2周年記念を祝っています。しかし、プロデューサーつんく♂の指導のもと、「卒業」は決して遠のいてはいないようです。

Generation eight=8期

The institution that is Morning Musume (Morning Girls) began under inauspicious circumstances in 1997. TV Tokyo's celebrated morning show "Asayan" ran a segment in which a contest was held to find a solo female singer for Tsunku, then of pop-rock outfit Sharan Q.

そのお馴染みの「モーニング娘。(Morning Girls)」は1997年に不幸な事情のもとに始まりました。テレビ東京の有名な朝の番組「ASAYAN」のワンコーナーとしてのコンテストは、つんく♂(当時のポップロック集団「シャ乱Q」)のためにソロの女性歌手を見つけ確保するものでした。

「morning show "Asayan"」は誤解。正しくは「浅草橋」の「浅」。
「under inauspicious circumstances」も根拠が不明。

The winner, Michiyo Heike, fared badly, so Tsunku challenged the five runners-up to sell 50,000 copies of their debut indie single, "Ai no Tane" ("Seeds of Love"), within five days. The girls captivated the nation as they sought to achieve the feat by asking strangers on the street, family and friends to help them out.

その勝者「平家みちよ」は上手く運ばなかったので、つんく♂は5名の次点者に彼女達のインディーズ盤デビューシングル愛の種("Seeds of Love")」を5日間以内で50,000枚売ることに挑戦させました。少女達は偉業を達成するために、家族や友人の助けを借りて街頭の見知らぬ人を誘う姿に、国民は心を奪われました。

「The winner, Michiyo Heike, fared badly」も根拠が不明。このあたりは今回の話の主旨ではないので、それほど丁寧に取材されてはいないようだ。

Success on the fourth day won them a deal with Tsunku as producer of their debut proper, and the single "Morning Coffee" hit No. 6. However, it was Tsunku's decision to boost the group with three more girls for the second single that began the tradition of "generations" and a phenomenon known as Hello! Project, an enterprise made up of innumerable, member-changing girl groups.

4日目の成功によって正式デビューのプロデューサーとしてつんく♂と契約することを勝ち取り、シングルモーニングコーヒー」は6位になりました。それにもかかわらず、卒業や、ハロー!プロジェクトとして知られている現象、数え切れない活動を作り上げ、メンバーチェンジする女性グループの伝統の始まりとして、それはつんく♂に2ndシングルのためにさらに3名の少女の増員を決定させました。

Sitting squeezed together on a cafe sofa in central Tokyo, wide-eyed and eager, are "band leader" Ai Takahashi, age 22, "subleader" Risa Niigaki, 20, and one of the group's two Chinese members, Lin Lin, 17. One might think the members of this chart-happy Japanese institution would be run off their feet, but they show no signs of it.

東京の真中のカフェのソファーに一緒にこじんまりと座っていた、目を見開く真剣な人達は、リーダー高橋愛(22)、サブリーダー新垣里沙(20)、そして二人の中国人メンバーのひとり、リンリン(17)です。日本のヒットチャートを賑わしているグループのメンバーなのだからとても忙しいのだろうけど、彼女たちは疲れた素振りは微塵も見せません。

run off one's feet=とても忙しい

"We get winter, summer and New Year holidays for five days each, though it depends on the situation," explains Niigaki.

「私たちは冬と夏と正月それぞれ5日間休みます。それでも状況によってですが。」と新垣里沙が説明します。

Exuding self-confidence, Takahashi bursts out, "I went to New York! I saw Blue Man Group and Broadway musicals like 'Phantom of the Opera,' 'The Producers' and 'Chicago!' "

自信を滲ませているように高橋愛が突然話しかけます。「私はニューヨークに行きました! 『BLUE MAN GROUP』と『オペラ座の怪人』『プロデューサーズ』『CHICAGO』みたいなブロードウェイミュージカルを見ました。」

Morning Musume's music has rarely changed, perhaps not surprising given that one man has produced every song. The hollow keyboard-driven productions may epitomize everything non-Japanese tend to hate about J-pop, but the catchiness of No. 1 hits such as "Happy Summer Wedding" (2000) and "As For One Day" (2003) endear the group to even hardened critics.Takahashi and Niigaki are now the longest- serving members in the group's history, both having joined in 2001 as part of the fifth generation.

モーニング娘。音楽はめったに変わりませんし、一人で全ての曲の制作していることは知られていて、おそらく驚きもしません。中身のないキーボードによる作品群は、すべての外国人(日本人以外)においてはJ-POPを嫌う傾向の典型かもしれませんが、「ハッピーサマーウェディング」(2000)や「AS FOR ONE DAY」(2003)といったNo.1ヒットは、グループは冷酷な評論家にさえ愛されるほど人の気を引きます。高橋愛新垣里沙は現在のグループの歴史上在籍期間の一番長いメンバーですが、両者とも2001年に加入した5期の一部です。

"In my case," says Takahashi, "since I was little I've loved singing in front of people. So, when I saw Morning Musume, I wanted to join them. But more than that, I just wanted to be a singer.

「私の場合」高橋愛は言います。「小さな頃から人前で歌うことが大好きでした。たからモーニング娘。を見たとき、私は加入したくなりました。でもそれだけじゃなく、私は歌手になりたかったんです。」

"There was an audition at a training camp for three days and two nights. We got a new song, new dance steps and a new script and had to remember them all," explains Takahashi. "There were nine girls for the final screening, out of 25,000 applicants. So I was really surprised when I passed the audition!"

「2泊3日の合宿オーディションがありました。私たちは新しい曲とダンスステップと台本を与えられ、その全てを覚えなければいけませんでした。」と高橋愛は説明します。「25,000人の応募者から最終審査には9人の女の子がいて、そしてオーディションに合格した時は本当に驚きました!」

Lin Lin (real name Qian Lin), from Hangzhou, China, had an entirely different entrance experience, as the group's management sought to expand across borders.

リンリン(本名:銭琳、中国の杭州出身)はグループの管理者が国境を超えて展開することを求めたことで、全く異なる入口を経験しました。

"At first, I liked Japanese animation and fell in love with Japanese music," she says. "So I was very lucky to get an invitation from Japan to join Morning Musume."

「最初は、日本のアニメが好きで、J-POPに一目惚れでした。」彼女は言います。「だから、日本からモーニング娘。への加入の誘いを受けたのはとてもラッキーでした。」

Established as a TV host and drama actress in China, she was recommended to Tsunku by a friend of his. "And so I came to Japan to join the Hello! Project Egg!" she says.

TVの司会や女優として中国で認められていた彼女は、つんく♂へ彼の友人を通して推薦されました。「それで、私はハロプロエッグに加入するために日本に来ました!」と彼女は言います。

"The Hello! Project Egg is a kind of training center for pop stars-to-be, where they practice singing and dancing," explains Takahashi. "Lin Lin became one of us from there, and some join the other groups."

ハロプロエッグとはポップスターになるために歌やダンスの練習をする一種のトレーニングセンターです」と高橋愛が説明します。「リンリンはそこから私たちの一員になり、そして他のグループにも参加します。」

The "other groups," such as Tanpopo, Mini Moni and Happy 7, are usually side projects featuring a combination of new and old Morning Musume members and other Hello! Project girls. Most only last for a single or two, but all are produced by one man: the all-controlling Tsunku.

その「その他のグループ」...例えば「タンポポ」ミニモニ」「ハッピー7」は、大抵の場合新人とモーニング娘。OGと他のハロプロメンバーの組み合わせ目玉にした添え物企画です。殆どはシングル1枚か2枚ですが、その全てを一人の男が生み出します(全てをコントロールしているつんく♂)。

"He decides everything," explains the group's manager since September 2008, Kouichi Nishikata. "Usually an artist is controlled by their management, but this group is formed by the producer. It is a rare case."

「彼が全てを決めます」2008年9月よりグループの管理責任者となった、西方浩一氏が説明します。「通常のアーティストは彼らの管理下にてコントロールされますが、このグループはプロデューサーによって作られます。これはレアケースです。」

西方浩一さんはオデッセーの代表取締役だった方です。今は違います

Nishikata admits, "I think that the group could never survive without him. Tsunku really produces the songs, concepts, costumes, makeup, live shows, CD-sleeve designs - you name it! I had thought there was a stand-in or something to do all that."

西方氏は認めます。「私が思うにこのグループはあの人無しでは決して生き残れませんでした。つんく♂さんは楽曲、コンセプト、コスチューム、メイクアップ、コンサート、CDジャケットのデザイン、...その他何でも、実際に生み出しました! 私は代役や、これだけの事をする何かがあると思ってました。」

you name it=その他何でも

"Recently, the songs Mr. Tsunku gives us are kind of mature and lonesome," says Niigaki.

「最近、つんく♂さんから戴いた曲は大人っぽくてしっとりした曲です。」と新垣里沙は言います。

Asked how they may differ if they were in control, Niigaki replies: "If I could write a song, I'd like to write a little funny and jolly tune!"

もし彼女達の支配下にあったらどうしたいかを聞いてみました。 新垣里沙が答えます。「私が曲を書けたら、ちょっと面白くて楽しい曲を書きたいです!」

"(I'd do) something cool. A danceable tune!" says Takahashi. "Like Destiny's Child."

「かっこよくって、ダンサブルな曲!」と高橋愛は言います。「『Destiny's Child』のような。」

Revealing their very different personalities, the perky Lin Lin suggests "rock music! A very crazy song! And the lyrics would be written in Chinese, Japanese and English!"

彼女達の非常に異なる個性明らかになるにつれ、 元気のいいリンリンは提案します。「ロック! とってもクレージーな曲! それで、歌詞は中国語と日本語と英語!」

perky=生意気な



*タグ

参考:タグについて
info:ブログに関するお知らせ/diary:日記・雑談/column:コラム/furage:フラゲ/ranking:ランキング・チャート分析
anime:アニメーション/audition:オーディション関連/book:書籍・雑誌/cd:CD/comic:漫画/dvd:DVD等の映像媒体/event:イベント/fyi:ハロプロやNGP!以外の記事/game:ゲームソフト・遊技等/goods:グッズ類/live:コンサート・ディナーショー/mobile:携帯端末用コンテンツ/movie:映画/online:PC向け動画配信・音声配信・ブログ等/other:ハロプロに関するその他の話題(不祥事等含む)/radio:ラジオ/sports:スポーツ全般/theater:演劇・ミュージカル関連/tv:テレビ番組等

*月別表示
0001 | 02 |
0002 | 01 | 02 |
2004 | 12 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2012 | 01 | 10 | 12 |
2013 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 05 |
2015 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 07 |
旧サイトはこちら