はろぶろ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


こちらは評論・レポート・雑談系ブログです。

ニュース記事はこちら
新譜情報はこちら

記事一覧へ最新状態

リンク系。
オフィシャル系はアンテナで確認すると楽かも。
番組情報:
MoProGuide(バックナンバー) ライブイベント情報:
ハロプロイベント時刻表 ハロ探!
ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net
ハロプロコンサ申込

2005-10-31

[]モーニング娘。/「直感2 〜逃した魚は大きいぞ!〜」を聴いた

あんな素敵なお誕生会の後でこれはひどすぎです。泣いちゃいます。
(昨日のライブ、たった数曲で結構な汗をかいていたメンバーが多かったので、体調の面も心配なんですよね〜。うつす前にとっとと直して欲しいです(笑)。>某氏)

というわけで昨日、噂の新曲を聴きました。
色々な予定があったため「ハロモニ。」よりもライブ(昼の部)の方が先だったりします(笑)。ただ、知人は「ハロモニ。」を見てから来たとのことで、「何かちょっと軽い感じがしたw」という印象だったとのこと。

しかし、私のライブでの第一印象はやや重たい印象でした。これはステージが相変わらず狭いのと(笑)、サビを2回繰り返すことのしつこさや、それと何か半音下がっているような気がしたからなんですが...

で、自宅に帰り、テレビの音声を聴いたところ...もう一回作り直したというより、同一マスターをミックス段階で再構築した様な仕上がりだったんですねえ。
それは今風のリミックスではなくって、いわゆる(つんく♂さんの大好きな)The Beatles風に言うところの「別ミックス」っぽい感触。
いや、そもそも別歌詞だし、中の人たちはプログラミングを組み直しただろうから、明らかに「別テイク」なんですが、音の統一性があるのでそう聴こえてしまう。
これはつんく♂さんが大好きな「A Hard Day's Night」のUS向けミックス(「Something New」とか)みたいで楽しいですね。繰り返しの唐突さは「I'll Cry Instead」のUSモノバージョンみたいだしね。

シングルアルバムの違いは探せば書ききれない程に湧き出てくると思われますが、一例だと、イントロのサビの部分の「ヘリコプターみたいな音」や「メンバーのガヤっぽいコーラス」「ダミ声コーラス」がかなりオンにミックスされています。アルバムバージョンでも、意識して聴くとそれはきちんと聴こえますが、かなりオフなミックスなので見落としがちな部分。そういった部分をわざとオンにすることで、”らしさ”というか、雑多な賑やかさがより増幅されている印象です。これは「ザ☆ピ〜ス!」に通じる部分ですね。

ただ、歌詞をマーケットにあわせて変えてくるってのは、Beatlesの独語バージョン...よりも'80sの英国エレポップユニット「Naked Eyes」の「Promises, Promises」の例の方がそれっぽいかな。彼らは元々英国発のユニットですが、MTVブームにより英国よりも米国の方がウケると判断され、米国中心でプロモーション展開することになります。で、その際オリジナルバージョンの歌詞では米国人には伝わりにくいと、サビを中心に大幅に歌詞を変えてシングル化されました。日本ではアルバムがオリジナルバージョン、シングルが米国向けバージョンとなっていました。

ん?...そう考えると「直感2 〜」は誰に伝えたい曲なんでしょうかねえ?
個人的には恋愛をテーマにした前作の方が女性に対する浸透度は高そうな気もします。OLの日常をテーマとしたシングルは一度失敗していますし...ちょっと微妙なラインですね。またプロモーション次第の様な気もします(苦笑)。

2005-10-30

[][]「後藤真希 コンサートツアー2005秋」デジタル写真集&「デジバム」について

いろんなニュース系サイトなどから(笑)。

後藤真希 コンサートツアー2005秋」デジタル写真集

デジバム」自体は得体の知れないベンチャー企業のシロモノではなく、トッパン・フォームズ株式会社(旧トッパン・ムーア株式会社)のシステムだとのこと。

Webから選んでオリジナル写真集を作ろう! Webとデジタル印刷機を融合させたASP事業開始(注:PDF)

で、他にも色々あるようです。
その1
その2
その3
後藤真希を含めメインページからの導線がないのが気になりますが、あくまでもシステムは裏方で、その個々の企画自体があくまでも主役だってことなんでしょう。
この謙虚な姿勢はいかにも印刷会社らしいです。

2005-10-28

[][]Berryz工房/CD「ギャグ100回分愛してください」ジャケット写真

ブックマークリンクで失礼します(笑)。

見た目では...

中列左から、夏焼雅菅谷梨沙子嗣永桃子
後列左から、清水佐紀熊井友理奈徳永千奈美須藤茉麻

...だと思われますが、どうでしょう。
あ、多分にオフィシャル写真と同じなんでしょうね。

-----

で、個人的には前列の登場人物の女の子達の実写版もみたいところ。
つーか、実際いらっしゃるのですが(笑)。
その1
その2

まだ解散していなければ夢の共演なんてのも実現してもらいたいところ...まあその時はヲタ立ち入り禁止なんでしょうけど(苦笑)。

[]制コレ05|サンクチュアリ

今年も飽きずにまたやるのね...とページを開き、メンバーが表示されてから0.1秒でショック死しました(笑)。

なんで俺の坂田彩がいるんだよ(怒)。

この子はラブベリーナの...いえいえ、ハロプロ以外のU-15では現在一推しの子です。現在キッセイ薬品のCMに出てました(まだやっていれば、アタック25あたりで捕獲できるかも)。
最近髪を少し短めにして、ぷにぷに感が高まったのが嬉しいところ(おかげで最近はファッション誌なのに顔しか写っていない(苦笑))なんですが、ただこの写真はそれよりも少し細めなのかも。(ハロヲタから見たら)見た目ちょっと”ニセなっち”っぽいかもしれませんね。個人的には往年のロッテアイドルっぽい臭いがします(笑)。事務所がそこそこのところなので(イトーカンパニー)プッシュすれば確実に売れる素材です。おすすめ。

ただ、そもそもこのセレクションのコンセプトとは合わないでしょうから、ここではサイドメニュー的な扱いを受けちゃうかな。なのでとりあえず選ばれずに、ああこんなこともあったねえ...というエピソードのひとつで終わって欲しいところ(笑)。

つーか、この子の場合、変に筋肉つけさせたくないので、下手にYJシューターズに入ったりしてフットサルなんて、もう想像しただけで泣いちゃいます(苦笑)。

...とりあえず必死モードを緩めます(笑)。
トップの集合写真からみて、選ばれるのは多分に1番の子でしょう(笑)。3番はグラビアファンが好きそうなルックスだから手堅いかな。15番はいかにもYJっぽくてこれも手堅そう。私的には9番もいいけど髪を上げると顔が変わる気もするのでねえ...

そろそろ飽きてきたんで、来年あたりは小学校高学年限定とかにして欲しいです(笑)。

2005-10-27

[]近況系(2005.10.27)

キーワード「アイドル」を変更。
2と3の順番を逆にしたのと、4と5の違いをはっきりさせました。
こう考えると「モーニング娘。アーティストか?アイドルか?」の「アイドル」って5になりますね。
ちなみにハロプロにも5の要素を持つアーティストはおりますが、規模の違いからはそうは決して見えないところが特徴です。

-----

ついでにPPPHも変更(笑)。
「タンタタン」というリズムは「Be my baby」あたりからある由緒正しきビート。「ぱんぱぱん」という手拍子自体は1970年代の「夜ヒット」で当時の出番待ち歌手がやってるのを見た記憶があるんですよね。さらに記憶はあやふやですが、キャンディーズコンサートだったかで親衛隊が「ピーピピー」って笛を吹いている音が挿入されていたような...

また、PPPHGなるものもあるようですが、これって(ポーズを除けば)、ある意味原点回帰したと言えなくもなくなくない(苦笑)?

それと...

ちなみにジャニーズコンサートでは似たようなパフォーマンスとして「ちゃんちゃちゃんふー(CCCF)」がある。

...あ、そうなんだ(笑)。
追記ありがたいことです。

[][]「裏湘南瓦屋根物語」blog

裏湘南瓦屋根物語」の監督、笠木望氏のblogがスタートした模様。

詩子ことBerryz工房菅谷梨沙子ちゃんのファンがいっぱいいて、席はほぼ満席状態だった。ヲタクと言われる人が多かった。テレビで見るのとは違って実際の彼らはとても礼儀正しくてお洒落でユーモアのセンスのある人たちだった。

ほほお(笑)。

それに加えて宮台さんの話は非常におもしろく、酒の場は盛り上がった。 『湘南』の続編、そして長編映画を撮ることを宮台さんと約束した。 「40になるまでに世界的に有名な監督になってください」と言われた。 宮台さんはなぜだか僕のことを買ってくれている。 それに応えたいと心から思う。

色んな意味で、ありがたいことです(笑)。

[][]モーニング娘。/CD「直感2〜逃した魚は大きいぞ!〜」インタビュー記事

モーニング娘。『今のモーニング娘。は体育会系です!(笑)』(ORICON STYLE)

今の体育会系リーダー風に表現すると”そーとー”丁寧に作られたページですね。インタビュアーがノッてくれているのが嬉しいね。ライブにおけるコール&レスポンスの世界だね。

【紺野】 飯田さんの時は、コンサートの楽屋でバラの香水をまいたりしてくれたんですよ(笑)。

うわあ。飯田さんらしいねえ。

[]田中れいな写真集れいな」評

↑で高橋愛から「かわいいね(笑)。」といわれちゃった田中れいな写真集れいな」ですが。アイドルグラビア評論で定評のあるakarikさんの「アイドルグラビア日記メモ」での評価

私も田中れいなに釣られちゃった一人なのですが、個人的には生写真とか写真集は買わない人なので、どうしようか迷っています。そう言えばDVDついているんでしたっけ?...なるほど「DVD付き」かあ(asin:4847028902)。じゃあ買おうかなあ(笑)。

[]シングルCDは売れすぎだ

ついでに。

[雑記] シングルCDは売れすぎだ

既婚者でシングルCD買いまくっている者です(笑)。
でもマキシ(12cm)CDになってから「かさばる」ので、えらい怒られてます。冗談抜きに離婚寸前まで行きましたのでさすがに最近はセーブしてます。なので「既婚者はシングルCDを買わない」という法則は結果的に当っているかも。

さて、総論は何となく解ります。
過去CDシングル売れていた時代(ミリオンヒットが連発されていた時代)はちょうどバブル崩壊時でOLさんとかのお金の使い道が変わったことと、カラオケボックスの隆盛が重なったことで、上手いこと回転していた時代ですね。当時私は女性向けの小売業にいましたので、若い子達とそういった話題で盛り上がっておりました。
だけどお金の使い道が「携帯電話」にシフトしたこと、および高価と安価の両立時代になったことで、中途半端な価格のシングルは売れなくなったのでしょう。
ただ現状はその携帯端末などのライフスタイルにあわせた物へと模索している時期で、iPodなどの定番商品が登場したお陰で一気に移行期に代わりつつありますので、一般レベルでもやがて、このコラム同様”それすら多く感じる”様にはなるだろうとは思われますね。

そうすると、例えばシングルにパッケージングされているc/wやリミックスバージョンの存在意義は薄れ、いやそれ以前にアルバムなんていう概念すらなくなって、好きなときに曲をリリースすればいいという時代がやってくるでしょうね。ってゆーかもうそうなりつつある。
iTMSのアートワークも、無いと格好つかないので仕方なく付けとく位のことになる。そうすると尚のことビジュアル面を追及しなくてもいいといった動きと、こちらの世界の様にあくまでもビジュアル重視というアーティストの2極分化がさらに激しくなりそう。

-----

それと、細かい点でちょっとだけ。
(立場上、総論ではなく、私が好んで聴いている歌謡曲アイドルポップスに照らし合わせた文章になっています。本意ではないかと思いますが...)

CDTVで流れるくらいの長さでみんな満足なんじゃない?サビ以外を聞いている時間は無駄無駄。それならサビ以外の入ったシングルはもっと安く売るべきですよね、抱き合わせなんだから。多分、今ならサビだけのコンピレーションアルバム100曲入り!とか売れますよ。

なんだか筒美京平さんみたいな聴き方ですねえ。BSフジでの特集で流れたエピソードでは、あの方はレコードどっさり買いこんできては、とっかえひっかえかけながら”使えそうなところだけをメモる”みたいなことをやっていたとか。レコードでそれをやっていたのだから凄まじいものがありますね。
つーか、俺もどっさり買いこんできては、ワンコーラスだけ聴いて、ダメなものは聴かなくなっちゃうので同類かな。
なので本来はマニアックな聴き方なのかもしれません。

24超えてから受容した音楽なんて、一年経ったら聞き直すことなんてないんです。ノスタルジーを感じるのはせいぜい学生時代の曲くらい。それ以降に受容した楽曲なんて、どんどん捨てていけば良いんです。どうせ、いっしょに思い出す良い想い出なんてないんだから。

俺はどちらかというとこの世界(アイドルポップス)に興味を持ったのがそのくらいの年齢からなので、想い出一杯詰まっています(笑)...だけれどもそれは音楽マニアが「音楽の一つのジャンル」として興味をもっただけですから、単純に「この曲はいいねえ」といったことが中心なんですが。
そのあたりは、akarikさんもシンプルに「この写真集はいいねえ」というポリシーなんだと私は勝手に思っておりますので、まあ似たもの同士なのかもしれません。

つーか、シングルを売る、という発想がもうダメ。あんなものはプロモーションだと思って配らないと。アルバムで儲けるための撒き餌と考えればいい。CanCamとか、あの辺の雑誌にCD付録でつけて、1曲ずつくらい入れておけば良いんですよ。

イギリスのある音楽雑誌ではその昔ソノシートを付けて売っていましたね。「ザッピィ」みたいな掻い摘んだものじゃなくって、オリジナルソングとかを載せていました。今でもやってるのかな?
また、ハロプロみたいなライブ展開中心のアーティストならば、ライブプロモーションの一貫として初日のライブクリップを数曲podcast(vodcast)とかでばら撒けば、相当な意味を持つんじゃないかなあ(フレッツBBとかGyaoみたいにMacintoshユーザを無視したふざけた媒体はダメよん(笑)。)。

2005-10-26

[][]知らないうちに「萩原まい」が正式名称になっていたりして

【225回】ハロープロジェクトラジオドラマ「真夜中の迷走タクシー」 」より。

【出演】安倍なつみ 飯田香織 保田圭 ココナッツ娘・アヤカ 
    カントリー娘・あさみ  キュート・萩原まい
    野村啓司 上田たかゆき

飯田圭織や、カントリー娘。ココナッツ娘。に「。」がついていない*1などは一見して誤字だと判るのですが、「萩原まい」については理解に苦しみます(苦笑)。

というのも、たまに「萩原まい」表記をみつけるんだよなあ。自画撮り写真集(なんか表現がアレだが(笑))での自筆サインでも「舞」とは書かずに「まい」と書いていたりもする。

それと同姓同名の方が既にいらっしゃるのが痛い(笑)。
もし、そのある方がロリ顔だったら、それはそれで想像できて素晴らしいのだが、現実はそうではないから尚のこと痛い(苦笑)。

なので、これを機会に表記をどちらかに一定化して欲しいですね。

-----

それとは関係ないけど(思い出したのでついでに)、℃-uteメンバーのサインって完成しているのかなあ?
ハロプロノート」だったかなあ...Berryz工房は自作のサインでキメているのに、他のキッズの面々は一般人みたいに氏名を書いているだけ。”しきたり”なんだろうけど見えない大きな壁を感じただよ。

それとそろそろコレティサインも見たいよなあ。本家同様ハートマーク入れちゃったりしてな。

[]参考:楽天、TBSの筆頭株主に(その2)

楽天、19%超に株買い増し TBSの要請無視(産経新聞)

あーあ、やっちゃった。先走りすぎだよ。 > 楽天

楽天はまず、何でもいいからCSのチャンネルを立ち上げて、放送のノウハウ(技術力ではなくナレッジな部分)を得てから参入すべき。「ネットと放送の融合」はネット側に実績がないと単なる「机上の空論」とみなされる。
(ネット業界が考えていそうなことは放送業界では既に検討・実行されていると考えていい。)
ソフトバンクもビックカメラをそれを既に実践しているから、ホワイトナイトや安定株主として受け入れられているんだよな。
(ライブドアの一件ではこの部分での無能ぶりが露呈した。)

それと、TBS側の目線(立場)を読みきれていないのがマズい。
あくまでも放送局が「主」でネットは「従」だということ。正確にはコンテンツが主でインフラが従。なので放送局側に旨味が無ければ全く意味をなさない。 (前回のトピックで好意的に受取ったのは、楽天があくまで通販と言うインフラに精通しており「従」に徹する意志がありそうだと判断したから。ただこの状態ででは撤回せざるをえない。)
「主」「従」だと解り難いので、コンテンツの純度を「2ちゃんねる」等の掲示板風に表現し直すと、本来は「出版社レコード会社映画会社>放送局>ネット業界」ということになる。ただし放送局の影響面の大きさから、主導権は放送局が握っているのが現状。
例えば、ハロプロとも関係があるUSENがレコード会社映画配給会社を配下に治めたり、オリジナル作品の開発に躍起になっているのは、彼らがブロードバンド業者ではなく有線放送業者だから。要は目線が放送局に近い。

楽天このニ点が欠けている。
誰にそそのかされたか知らないけど、「急がば回れ」で出直すか、本業を全うした方がええよ。

*1:初期ココナッツ娘には「。」がついていなかったが今は付いている。

2005-10-25

[][]楽天/モーニング娘。を応援する皆様のために特別コーナーを設置(笑)

先ほど携帯にメールが着ました。

楽天市場です

先日は、
━━━━━━━━━━
モーニング娘。
熱っちぃ地球を冷ますんだっ。
文化祭2005 in 横浜
━━━━━━━━━━
にご来場いただきましてありがとうございました♪
この度、モーニング娘。を応援する皆様のために特別コーナーを設けさせていた
だきました。

さらに、
┏━━━━━━━━┓
 簡単チャレンジ
 ↓☆くじ付き☆↓
┗━━━━━━━━┛
要Checkです↓
http://m.rakuten.co.jp/ev/hot/item04.phtml

なんだとか。
このメールは先日の文化祭の楽天ブースにおいて、携帯を使ったプレゼント企画(ポストカードをもらえた例の奴ですね)に参加した方にのみ送られているのだと思います。まあ何にもしない訳ないもんねえ(笑)。

上記URLは携帯向けですが、PCクリックすると「楽天会員情報に登録されている、あなたの携帯メールアドレスへこのページのURLを送信できます。」とのことなので。文化祭に参加されていない人でも大丈夫そうですね。

で、肝心の内容については、興味のある方はどうぞ...という内容です(笑)。

[]娘。紺の良さを教えてほしい

黒龍のひとり言」さん。

娘。推しのみなさん、お願いがあります。。
もしこのブログを見ている人がいたら教えてくれませんか??
今の娘。、そしてこの秋の娘。紺の良さを。。
ここがいい、この曲のこんなところがいい…etc.
僕が入りたくなるような娘。紺の魅力を教えてくださいよ
もちろん、みなさん推しメンっているって思うんですが、
推しメンの目立ってるとこじゃなくて、娘。としての良さを教えてください

ほいほい。

そうですねえ...一言で言えば「横一線」だからかなあ。
「横一線」と言っても「どんぐりの背比べ」という意味ではありません(笑)。

有力どころが次々と卒業し、突出した人気を持つメンバーがいなくなったことで、集客力が落ち込むかと正直あの頃は感じました。が、人気メンバーの陰に隠れたり、損をしてしまうメンバーがいなくなったことで、秋紺(特にステージ中盤)の彼女達は非常に風通しのいい状態になっています。

また、身長差を感じさせなくなったということもあり、ユニットコンセプトに統一感という新たな魅力が加わったということも大きいです。

さらに、今までの娘。が個々のタレント性に頼っている古き良き時代の南米サッカー風だとすると、現時点の娘。は組織的な一体感を重んじたヨーロピアンサッカー風に感じられます。

とまあ、従来の高いレベルの個性(タレント性)に加え、この三つの要素が加わったことで彼女達は「横一線」になり、また新たなスタートラインについている状態。
今後の展開は彼女達の力によってどうにでもなるだろうから、”今観ておかないと後々後悔するんじゃないか?”というファンならではの直感がはたらく時もある(笑)。それが高値をよんでいるのだと思います。

私からはこんなところです。
つーか非常に抽象的な表現で申し訳ない(苦笑)。具体的に攻めると「ミキティが○○ちゃんにちょっかい出しているところがエロい」とか、「れいな客釣りまくり」とか、そーゆーことしか書けなくなるからなあ(苦笑)。
誰か具体的に書ける方いらっしゃいませんかねえ???

-----

娘。紺だけでなく、ごっちん紺もお薦めですよね。
後ろの席が余っているならば、出来れば2階で腰を落ち着けてじっくり長めるとステージングの巧みさがわかってきます。
なっち紺もそうですが、DVDで見て「行けばよかったorz」って後悔する人続出するんじゃないかな?

[]フラゲ(2005.10.26〜28付)

例のDVD以外はこちらに書いときます。

2005.10.26発売分
アルバム
美勇伝スイートルームナンバー1/PKCP-5059
スイートルームナンバー1

それ以外(アイドルアイドル声優・女性モデル・若手女優系のCD)はこんな感じです。

2005.10.26発売分
シングル
夏川純/姫TRANCE アニメPARTY〜夏川純〜/GYZP-35001
人気グラビア・アイドル"夏川純"のデビュー・マキシ・シングル
アニメソングの名曲「キャッツアイ」と「ラムのラブソング」をカヴァー
PVを収録したDVD付き
※amazonでは「姫トラ〜GAP〜」、HMVでは「姫トラ:GAP」というタイトルで登録されています。
姫TRANCE アニメPARTY
湧口愛美Smile./VICL-35900
元"JUDY AND MARY"のギタリスト"TAKUYA"作曲による、デビュー・マキシ・シングル
※「歌スタ!!」出身者
Smile.(通常盤)
湧口愛美Smile./VIZL-160/限定盤
上記の初回限定盤
DVD付き
Smile.(初回限定盤)(DVD付)
Every Little Thing/きみの て/AVCD-30850
ニベア花王"アトリックス うるおいパッククリーム"CMソング
きみの て
田村ゆかり/Spiritual Garden/GBCM-7
TVアニメ魔法少女リリカルなのはA's」ED
Spiritual Garden
村田あゆみ/Summer vacation/NECM-12104
TVアニメラムネED
TVアニメ 「ラムネ」エンディングテーマ ~Summer vacation
霜月はるか/硝子鏡の夢/LACM-4224
PS2ゲームプリンセスメーカー4」OP
PS2「プリンセスメーカー4」主題歌「硝子鏡の夢」
真優ラムネ色のメロディ/NECM-12103
TVアニメラムネ」OP
TVアニメ 「ラムネ」オープニングテーマ ~ラムネ色のメロディ
O's/杏の花咲く頃/YICD-70009
テレビ東京系「月10万円で豊かに暮らせる町&村」
杏の花咲く頃
アルバム
坂本真綾夕凪LOOP/VICL-61755
夕凪LOOP(通常盤)
坂本真綾夕凪LOOP/VIZL-155/限定盤
上記の初回限定盤
CD-ROM付き
夕凪LOOP(初回限定盤)
新谷良子/ラブリボうっひゃらCD ちゅーりっぷ「人」の巻/LACA-5439
ラジオマジキュー ラブラドールリボルバー」企画CD第3弾
ラブリボうっひゃらCD ちゅーりっぷ「人」の巻
田村ゆかり/堀江由衣/野川さくら 他/『D.C.S.S.ダ・カーポ〜セカンドシーズン〜』ボーカルアルバム Vol.1/LACA-5438
D.C.S.S.ダ・カーポ~セカンドシーズン~ボーカルアルバム Vol.1
高田みづえ高田みづえコンプリート・シングルズ/TECH-50078〜80
テイチクに残された全シングル26枚のA/B面曲を網羅した、3枚組コンプリート・シングル・コレクション
高田みづえコンプリート・シングルズ
音楽系DVD
V.A.a-nation'05 BEST HIT LIVE/AVBD-91344
a-nation ’05 BEST HIT LIVE [DVD]
V.A.a-nation'05 BEST HIT LIVE/AVBD-91343/限定盤
上記の3000枚限定生産盤
Tシャツ付
a-nation ’05 BEST HIT LIVE(3,000枚限定生産) [DVD]
2005.10.28発売分
アルバム
アニス・アジート(花村怜美)&ミント・ブラマンシュ沢城みゆき)他/GALAXY ANGELII&I デュエットCD(2)/BRCF-3057
GALAXY ANGEL 2&1 デュエットCD(2)

”その他のCD...”で「田村ゆかり」だけが大きいのは、多分貴方が催眠術にかかっているからでしょう(笑)。

真優」については「セガダイレクト」によると...

作曲には、PCインディーズゲーム界での活動を含めると、50万人以上に聞かれている来兎(らいと)氏を起用。アレンジは月9ドラマの劇伴なども担当するkanno(かんの)氏が参加。Voの「真優(まゆ)」は、「はこはに」を始めとしたPCゲーム市場では20万人以上に聴かれている。

ほほう、具体的数字を出してくるあたりメーカーっぽいですね。NRIよりも正確性ありそう(爆笑)。

[]フラゲ(2005.10.26付)DVD予定地(笑)

とりあえず詳細は後ほど書きます(すいません(笑))。

取り急ぎ、美勇伝アルバムが出るということと、ハロプロDVD☆GOOD-PRICE 2005のチェックの為に、先ほど秋葉原の石丸電気へ行ってきました。

DVDについては、店内(私がチェックしたのは自分の会社から近いSoft2の方)では入口付近にディスプレイがされておりました。
また、小冊子風のチラシ(無料)が備え付けてあり、その中には32タイトルの詳細とモーニング娘。のメンバー変遷がおまけに付いています。これは石丸以外でも置いてあると思われます。
パッケージはトールケースで、ハロプロDVDには珍しいニギニギしい帯がついていますので、一発で判る様になっていますね。

それと特典は...

☆対象商品に添付されている応募ステッカーを3枚集めて、「ハロプロ・オリジナル・トレーナー・プレゼント」に応募しよう!
・詳細は商品に封入している応募ハガキをご覧下さい。
・応募締切:2006年1月20日

です。

ちなみに...

EPBE-3025
アロハロモーニング娘。 さくら組おとめ組 DVD
こちらの商品のみ11月16日発売。商品製造上の不具合の為、発売日が変更となりましたのでご注意ください。

...さらに...

(12月中旬には出荷期間内であっても、出荷を終了する場合がありますので、ご了承ください。)

ですのでご注意を。

[][]DEF.DIVA/CD「好きすぎて バカみたいオリコン週間チャート1位

DEF.DIVA、ハロプロの2年半ぶり首位に貢献!(ORICON STYLE)

おめでとう!!!

...でも気になるのはその売上数だったりします(笑)。
ま、でも既成事実を作った上で、そのアナウンス効果によってさらなる...といったプラス志向で考えていきたいと思います(笑)。
相乗効果が生まれるといいですね。

あとはYahoo!トピックスになんて載るかなんだよなあ。
もし「悲願の」とか「長かった」とか(具体的に)「2年半の」なんて書かれたらアレだったりするけど、まあそれもいいかな。
そういうのも解っていると思うしね。>一般人

[]水樹奈々/CD「ETERNAL BLAZEオリコン週間チャート2位

ハロプロファンには「レギュラー番組のCMに何故か出てくるお姉さん」としか思っていないであろう(笑)水樹奈々もやってくれました。

水樹奈々、声優の歴代最高位新記録を樹立!(ORICON STYLE)

2位ですか。鳥肌立ちますね。

私は水樹奈々紅白に出場させることが長年の夢なんですが、冗談抜きに、NHKアニメ主題歌でも歌って、お昼の番組とかで準レギュラーになって演歌とかで自慢ののどを披露してくれれば、そろそろ現実味を帯びてきそうな話だったりします(苦笑)。

一応FYIなので、とっても大雑把ですが彼女のプロフィールを紹介しますね。
愛媛県出身で(多分に)演歌歌手を目指し堀越学園に在籍。で、歌手修行中に声優になることを薦められ持ち前の努力の末声優としてデビュー。そこで再び歌とめぐり合いキングレコードから歌手デビューし現在に至ります。
フレキシブルな展開が出来そうなキングレコード(スターチャイルドレーベルではない)に在籍したことも運が良かったですねえ(ある意味想定の範囲内だったのかなあ?)。

現在のメインコンポーザーは、声優に多くの楽曲を提供している大平勉氏・矢吹俊郎氏に加え、ポルノグラフィティのプロデューサーでもある本間昭光氏やその相棒?の飯田高広氏らです。この御四方(笑)は結構つながりがありそうですね。
このようなコンポーザーのラインナップに加え、年代的には愛内里菜島谷ひとみとほぼ同年齢なので、楽曲イメージはほぼ同ジャンル(ややロックシフトのガールポップ)です。しかし歌唱力は抜きん出ていますし、その歌唱力のお陰で世界観が広がるので楽曲の質も決して負けてはいません。ちなみに愛内里菜は天性のアニメ声ですが、彼女は演じない限りそうはなりません。なのでアイドル(声優)っぽい楽曲は(オリジナルでは)ほとんどありません。

但しファンのノリはアイドル声優そのものなので、ガールポップアイドルノリが加われば最強なのになあと常日頃思っている方(笑)や、アップフロントプランニング制作の生バンドライブが観たいなあと常日頃思っている方(笑)にもおすすめです。
来年早々に武道館でライブがありますね、期待してます...と言いたいところなんだけど、1st/2ndアルバムに多かったガールズポップ路線から最近はロック系一辺倒になりつつあるのでねえ...そこが不満っていえば不満なんだけど(笑)。

ちなみに、今回のコンポーザー上松範康氏についてはキーワードを参照。ある意味電波系ソングな「みどりのくにのこえだちゃん」の曲も担当していたのですか(大苦笑)。

[]関口大輔氏の手法との共通点

女王様からメール。
モー娘。の手法と似ているんじゃないのか?」とのこと。

「無名」俳優だからヒットする!(日経BP)

まあ、確かに...

関口 だから、やる気がなさそうな子たちが、長い特訓を終えると、人が変わっちゃってる。遠洋漁業に出た不良学生が立派な人間に育って戻ってくるみたいに。僕は、こうした映像を通して、「一つのことに打ち込む大切さ」を訴えたかった。今、全国の高校でシンクロを始める男子が増えているそうです。「バカなことやって」と言われても、最後はみんな泣いてしまう。見てくれた方の人生に、少しでもいい作用がある映画が作れればうれしいですね。

実は、劇場公開前に、スウィングガールズを連れて全国の町を回って演奏会をやったんです。セーラー服の女の子がいきなりジャズを演奏する。「何だ、こいつらは」となる。最初は50人だった観客が、だんだん増えていって最後は数千人規模ですよ。ネット上では「次はここでライブがあるらしい」なんていう情報が飛び交うようになって。

...ってところは相通ずるものがありますね。
娘。もそうですし、松浦亜弥藤本美貴の「美少女日記」戦略もそう。
そろそろ、そういった時期かもしれませんね。

2005-10-23

[]安倍なつみカントリー娘。/「安倍なつみコンサートツアー2005秋 〜24カラット〜」@大宮ソニックシティ(℃-ute編)

今回は長くなりましたので、オープニングアクトと本編を分けます。
まずはオープニングアクトから。

予想通り℃-uteがオープニングアクトで出演。恒例の安倍なつみのアナウンスが流れるさなか、慌ててスポフェスTシャツを”前後逆に*1”重ね着する必死な俺の姿があった(笑)。

で、幕が開くと℃-uteが立っていました。
眩しすぎるぜ。

本日の℃-uteセットリストは「行くZYXFLY HIGH」→「赤い日記帳」→「幸せビーム!好き好きビーム!」→「でっかい宇宙に愛がある」です。
オーディエンスは「ふれあいコン」のお陰で慣れたもの。特に2曲目の「赤い日記帳」では「あいりー!!!」「まいみー!!!」って声援があったのが嬉しくて俺はウルウルしそうになりましたよ(若干誇張)。

さてさて、個人的にはこれがなんと8公演目の遭遇。出ると判っていてねらった訳でもなく、関東圏でやっている各アーティストのライブをFC枠で購入してたら、たまたまそうなったのですが(汗)。

なので、今回はメンバー別に私的な感想。
(順不同*2。)

萩原舞
知人の話では「でっかい宇宙に愛がある」で誰かの手が顔に当たったんだけど、何食わぬ顔ですのまま歌い通したんだそうな。根性があるね。ダンスは今のままで充分だよ。

鈴木愛理
しぐさと甘めのルックスがマッチしていて、可愛さがガンガン伝わってきます。焦ってテクニカルな面を追わずに自分らしさがが自然に出ている今の感覚を、忘れないでいて欲しいですね。

村上愛
バリバリ行き過ぎず、思い切らないところがいい。ニュートラルなバランス感覚を持っていますね。このタイプはやりすぎると凄みばかりが出過ぎるので、今くらいが丁度いいかな。自分らしさが分かっている子だと思う。

矢島舞美
スポーツ万能さに頼っちゃっているのか逆に思い切りすぎる印象。持ち前の美少女感を出すには、もうほんの少し肩の力を抜く方がいいかも。じゃないと貴方を「守ってあげられない」です。それ以外は全然文句ないです。あえて言えば笑顔がまぶし過ぎることくらいかな(笑)。

岡井千聖
その逆に思い切らなさすぎかな。ダンスは無難なんですが、身体のパーツがちっちゃいので、もっと大きく見せるダンスをしたいところ。今はオーバーアクションでも丁度いいかな。おじさんをワクワクさせて欲しいね。

梅田えりか
私的にはトレースしやすく好きなダンスパフォーマンスなので、特に不可は無いんだけど、岡井ちゃんと同じく無難にまとめている印象を持たれる危険性はあるかもしれないね。もっと個性がほしいかな。繊細な一面を出してオーディエンス(観客)に甘えてええよ。

中島早貴
見ていると結構な努力家さんで、彼女特有のデコレーションというか、アピールポイントである細かい仕草が”中島マニア”としてはたまんない今日この頃なんですが、小技を狙い過ぎるとニセ嗣永桃子っぽくなるから気をつけよう。

[]安倍なつみカントリー娘。/「安倍なつみコンサートツアー2005秋 〜24カラット〜」@大宮ソニックシティ(本編)

さて本編。

ハロプロ全体を見渡した場合、今年からライブの構成や出演者の妙、そしてセットリストの巧みさで、死に体に近かったライブの質を一気に向上させることに成功して、ライブの楽しさをもう一度思い出させたことが(今のところ今年一番の)ホットなトピックだったと思います。 ただその中でも安倍なつみは残念なこともあって、ある意味蚊帳の外的な扱いになってしまったのですが、ようやくその仲間入りを果たせましたね。
彼女自身ライブの空気感は実に安定したものですので、あとはダンスパフォーマンスがオフになりがちなことと、過去のナンバーにどう向き合っていくか、それとステージ全体で彼女をどう支えていくか...が課題だったのですが、その3つとも満足できる結果となりました。

昨日の後藤真希ライブでもふれましたけど、今秋のステージはさらに、ステージ全体の見直しというか、金をかける部分を変えて来たという印象がかなり確信を持って解って来たことですね。
特に良かったのがライティングの巧みさ。「だって生きてかなくちゃ」におけるカントリー娘。の肩についているオレンジのテールファー(みたいなもの)がライティングによって浮き出たり、「夢ならば」における安倍さんの白地のドレスが(ステージ全体と一緒に)色んな色に染まっていくのは素敵ですね。その他にもバックの照明がコントではビルの夜景の様に表現されていたりと、細かいところで計算がなされている印象です。
これはソロコンサートだから...とか、激しい曲よりミディアム・バラード系が多いから...ということは理由にはならないと思います。これはカラオケライブであることでより計算された演出が可能になっていることと、スクリーンを無くしたことが大きいですね。事情によりスクリーンが使用できないからという発想ではなく、演出上スクリーン邪魔になると考えた方が良さそうな気がします。
1階にいると、この話はあまり理解出来ないかもしれません。

衣装は全般的に凄く良かったです。「OLの事情」あたりの衣装がなんか榊原郁恵っぽかったし、カントリー娘。の「シャイニング愛しき貴方」の衣装はキャンディーズっぽかった。これは間違いなく狙ってますよね?

セットリストは冴えまくってましたね。凄くいいと思いますよ。
構成上の唯一の不満は「さくら満開」。いやあのなんだかなあって批判集中の「LOVEラブリーなっち!」の件じゃないよ(笑)。私的にはカントリー娘。も出て来て優美に踊る演出が欲しかったかな。要は「静」としての動きが欲しかったってことですね。

それと、カントリー娘。は凄いね。メチャクチャ踊れるし、メチャクチャ歌うま(笑)。
夜の部でのMCみうなが話した夢の様に階段を上り続けているってのは正夢だと思うよ。いい結果がでることを俺も望んでいるので、このまま突き進んで欲しいね。
それと、「だって生きてかなくちゃ」の里田まいの衣装、おへそのあたりをくり抜いたものがあったのですが、あれエロくていいですね(笑)。

ダブルユーも単独コンサートを熱望する動きがみられますが、カントリー娘。ファンも頑張って欲しいですね。

*1:そうしないとアーティストにアピールできません。

*2:同行者との反省会に登場した順。ちなみに同行者の推しは矢島・鈴木・岡井・萩原。俺の推しは村上・梅田・中島と綺麗に分かれています(笑)。

2005-10-22

[]後藤真希/「コンサートツアー2005 秋 〜はたち〜」@大宮ソニックシティ

行ってきました。

まず、後藤真希本人からのアナウンスがあり、℃-uteがオープニングアクト(前座)で出演。
(℃-ute出演がある場合には(開演時間直後に)メインアクトからのアナウンスがあり、それから登場します。)
℃-uteセットリストは「行くZYXFLY HIGH」→「FIRST KISS」→「幸せビーム!好き好きビーム!」→「手を握って歩きたい」です。
口パクではありますが、「幸せビーム!好き好きビーム!」と「手を握って歩きたい」は本人達が予め録音したものを流していた様にも感じました。まるでBBCのスタジオライブみたいだなあ(笑)*1。他の曲はどうだったかな?...次回もし聴けたらチェックしてみます。

今回のライブの演出上ステージ上の巨大ミラーボールは開演前には下にないといけないのですが、それが上にあることで、変だと気がついた方は(私を含め)少なくとも周辺にはおりませんでした(笑)。
オープニングアクト終了後、巨大ミラーボールが下に降りてくる(笑)。よって5分程度空き時間が出来る。なのでオープニングアクトの勢いは本編には引き継がれませんでした。

ちなみに、(昼の部開演までに)明らかに℃-ute目当て客は私が目撃した限りは数名程度。出るかもしれないんじゃないのか?程度の話は出来ても確信が持てないので、やはりリスキーなんですよね。夜の部は確実性がありますので、何らかのネットワークで聞きつけたキッズファンの「譲って下さい」のボードは見かけたりはしました。

-----

以下は本編についての感想。

今回は「3rdステーション」の楽曲群を前面に出した構成だったため、昼の部の一般席ではちょっとした物足りなさを感じたのです(ヒットパレードを聴きに来た方は多分にそうでしょう)が、夜の部のファミリー席で観察したところ、制作意図がなんとなく見えて来ました。

舞台装置も開演前までは地味に感じましたし、衣装も(アンコールを除いては)キラキラとした単色というか、わりと(ごちゃごちゃした)派手さを押さえた印象があるのですが、始まると様々な「光」を上手く利用した演出によって、舞台と衣装が見事に溶け合うんですね。衣装はそのアーティストのイメージをより引き立たせるのがセオリーなのですが、今回はさらに舞台との一体感までをも考えていたんでしょう。
それが、いぶし銀ボーカルパフォーマンスと渋めのセットリストとの相乗効果を生んでいます。

そのようなコンセプトの統一性は保ちながらも、まだ20歳になったばかりということもあって、キュートさと大人びた感じの同居は未だに残っているので、演出は大人一辺倒ではなく、アンバランスさは残しています。ただ、少しずつですが目指すものは何となく見えて来たかな。
それは体型にも現れているかなあ。いつもはストイックな程にシェプアップするのですが、そこまで自分を追いつめていないのか、成人女性らしい曲線がすこしずつ出てきましたね。いやでも凄く良いですよ。ちゃんと足にも丸みが出て来て、唯一の欠点であった下半身の「セクシーさの欠如」が解消されつつありますので。
「19歳のひとり言」だったかな、ちょこっと膝を曲げるシーンがあるのですが、そこがけっこう来るね(笑)。

それと歌唱力以外の吸収力の良さが印象として強く残っています。
たとえ話で説明すると、柴田あゆみが他のメンバーの良いところを吸収してつんく♂サウンドのディーヴァの一人となり得たと同じ様な道程を、仕草や話し方や髪型などの(歌唱力以外の)面でごっちんは実践しているのかなあ...そんな気がします。

以下は細かい話。

ダンサーは「なみなみ」さん「こあすか」さん、そして「KAOPON」さんの3名。
その内の「こあすか」さんって、ど〜こかで見たことがあるのですけど...あ、「Tommy february6」のバックダンサーユニット「Tommy☆angels」の「あすか」ちゃんに似て蝶なんですが、もしかして...
(まあ同一人物だとして話を進めますが(笑)、トミフェブの「MaGic in youR Eyes」のPV(や歌番組)でドリーミーな彼女を見かけることが出来ます。「Love is forever」でもそうだったかも。どなたか確認していただけると助かるなあ(笑)。)

夜の部のMCでは、”まっつー*2こと松浦亜弥から「ハロ☆プロパーティ〜」の北海道公演のお土産を宅配便で戴いたのだとか。なるほど、きちんと住所まで交換している仲だったんですねえ。

アンコール時の声援は、正直「今日は一体誰の卒業ライブなんだ?」くらいの音量で圧倒されました。
終演後の盛り上がりは相変わらずに凄いね。愛されてるねえ。

*1つんく♂さんなら笑えるネタです(苦笑)。

*2:本来はハロプロ内での愛称なんですが、私も以前からこちらの相性で呼んでいます。”あやや”だとどうしても前田健を連想してしまうので(苦笑)...

2005-10-21

[][]ハロプロメンバーが自身が選ぶ秋の夜に聞きたい曲

先ほどメール到着したメールを見たところ...

ハロプロメンバーが自身が選ぶ秋の夜に聞きたい曲(MaXMuse)

なんだとか。

「自分の楽曲の中から」と書いてありますので、各アーティストで1曲ずつ選んでいただいたものをリストアップしたものだと思います。
ごっちんの「☆“ 」ってゆーのが好き(笑)。
そう考えると、娘。とかは誰のコメントなんだろう???
教えてくれないと泣いちゃいます(苦笑)。

#個人的には「是永美記が選ぶハロプロ楽曲ベストテン」なんてゆ〜のがあれば、とっても”ありがたいことです”なんですけど(笑)。

[]参考:米アップル、ビデオ対応「iPod」を発表(その2)

多分に多くのヲタの皆さんも気になっているであろう「Video iPod」。

Appleの直販で購入された方は、そろそろ手元に届き始めているようです。
私は相変わらず次の商品を狙う為に今回も見送りですが(笑)。

さて、動画を楽しむ方法は「iTunes Music Storeでダウンロードする」か「自分で何らかの動画ファイルを変換する」の二通りがあると思います。
気になるのはその後者だと思いますが、今のところはハードルがやや高いです。それはiTunesが動画のエンコードをサポートしていないことにあります。

じゃあどうやって変換するか?...なんですが。
(以下はH.264に絞って解説します。)

QuicktimeProを使用する
現状はQuicktime(Proキー(有償)が別途必要)で変換する方法があります。MPEG-2から変換する場合は「MPEG-2コンポ−ネント」が別途必要となります(これも有償)。
(iMovieで変換する方法もあるとのことですが未確認です(苦笑)。)
こういった追加料金を支払うお金があれば、変換時の細かい設定は不要なので楽ですが、Quicktime側に「muxedなMEPG-2ファイルの音声は変換できない」という仕様があるため、いわゆるVOBファイル(DVD-VideoやDVRの映像ファイル)の変換は無音声となってしまいます。
その場合、いわゆる「demux」と呼ばれる作業(音声を別ファイルとして抜き出してから再度貼り付けなおす)か、(他の変換ソフトで)VOBファイルをmovファイル等に変換してからiPod向けに変換し直すことになります。私は後者の工程で変換していますが、前者の方が時間はかからないでしょうね。ただし(前者は)音ずれなどの現象が発生する可能性もあります。

x264を使用する
もう一つの方法はオープンソースライブラリ「x264」を使用する方法です。
これは現在開発者(あるいはそれを活用するマニアたち)の手元に実機が存在しないため、全くの未知数ですが、それほど待たなくても、こちらでの作業も可能となるはずです。
こちらはQuicktimeよりも以下の点で優れています。

  • エンコード時間が「比較的」速い。
  • (コンパイルさえ出来れば、あるいはフロントエンド側で用意されていれば)Windows、OSX、Linux/BSDで動作可能。
  • (フロントエンドの仕様によっては)多重化(Muxed)されたMPEG-2ファイルからでも直接エンコードできる筈。
  • (フロントエンドがffmpegの場合)コマンド入力なので、バッチ化すれば複数ファイルを一気にエンコードすることが可能。

画質に関しては以前は「?」でしたが最近はそれほどでもなさそう。なのでQuicktime版H.264とx264を比較してお好みに応じて使い分けることになりそうですね。

現在多くのフリーの変換ソフトがx264を採用しています。逆にいうと変換ソフトは外側(インターフェース部分)を作ればいいということになります(笑)。それらのソフトをフロントエンドと言います。
OSXのGUIフロントエンドとしては「ffmpegX」や「HandBrake」あたりの対応が期待できそうです。
Windowsは個人的にはどうでもいいのでアレですが、多分になんとか変換君あたりがサポートするんじゃないかなあ(かなりいい加減だなあ)。

いやいや、そんなの待っていられないって方は、ソースコンパイルして直に実行することをお薦めします。
ソースコンパイルから実行までは「OS X ハッキング!」で紹介される予定です。何度かソースコンパイルを経験されている方ならば何とかなるでしょう(笑)。
この連載に載るかどうか判らないので、多分に陥りやすい現象を先に書いておきます。

[]オフィシャルblogについて

こんにちわぷろじぇくと@UFW

相変わらずblogの更新が滞っている様です。
(人のこと言えた義理じゃあないですけどね(苦笑)。)

元々このblogって、私的なものなのか公的なものなのか判らないのですが(ORICONのblogなので見た目オフィシャルっぽく感じられますが、これは私でも作れますので)、画像を使用していることからある種の公的なものとこちらは勝手に判断しています(笑)。
なのでせめて「デイリー1位。ありがたいことです。」とかでいいので更新して欲しいものですねえ。
物凄い...いや「ものごっつい」(笑)なパワーを秘めているのがblogですから、これもプロモーションの一つの任務だと割り切って欲しいです。

それはさておき。
コメントなんですけど。
例の人は無視するとして、これだけでも現状のベーシカル(そんな英単語あったっけ?)な欲求は見えてきますね。

今のところはこんな感じかな。

  • iTMSへの参加要求
  • 矢口真里の待遇への不満
  • blogのコメントのありかた

まず、iTMSに関しては、以前から私も指摘していますので多くは語りませんが、この世界は「早い者勝ち」だということ。だからファンも焦っているではないかと。
いやiTMS以前にこちら(って誰?)は既に音楽配信やっているよ...って思っているかもしれません(だから誰が?)が、私が言いたいのは(グローバルな観点では)既にiTMSの一人勝ちですので、それが日本にやってきた場合にいかに主導権を握るかという意味での「早い者勝ち」という意味です。なので決断するならお早めにお願いしたいところです(だから誰にだ?)。

次の、まりっぺに関する不満は私的には全く持ち合わせてないのですが(あ、あえて言うならバラエティ番組はビデオ編集が面倒臭すぎということだけかな(笑))、根強い不満をもたれているかたもいらっしゃることは空気感でわかります。
それが一体どのようなことなのかは、それぞれの心の中では異なっているでしょうから、思うところがあれば、ここではなく手紙で(本人宛ではなく)FCとか事務所宛に送られてみてはいかがでしょう。

最後の”blogへの欲求”は多かれ少なかれファンなら誰でも持っていることだと思いますが、特にフットサル方面ではリクエストが日増しに高まってきている様に感じます。それは他のチームのメンバーが(オフィシャル・私的なものに関わらず)blogを持っているからなんですが...
ただ今すぐには困難だということは理解できます。「誤解されかねない文章は書かない」などの心得がメンバーに備わっていることも必須条件ですが、それに加えて特にトラバ(トラックバック)とかコメントの取り扱いが難しいです。多分に本人では判断しかねる書き込みが大量に書き込まれると思いますので、本人がそれだけに追われることは避けたいですね。やるなら専任のスタッフさんが仕切って...というシナリオに落ち着くのだろうと思われます。まあ結局携帯コンテンツの「○○日記」と変わらんだろうという気もします。 それと、いきなり全員ってのは難しいでしょうね。
(個人的にはまいまいとかのを見て萌え転がりたいんだけどね(苦笑)。)
まずはエルダー系の大御所さん達がチャレンジしたら面白いかな。(波風の立ちにくい)姉さんとか、圭ちゃんとか、かおりんとか、アッチュ王女(笑)とかがいいかもね。

2005-10-19

[]近況系(2005.10.19)

この前の日曜〜月曜日は”自称”体調不良で休んでましたので、いまさらながら週末のレポをアップしました。
これだけ読むと「リアルキッズ*1」と「バーチャルキッズ」の両刀だと思われてしまうなあ(笑)。俺は単なる音楽マニアなのに(苦笑)...

-----

DEF.DIVA
歌番組をチェックしましたが、いいですねえ(笑)。

何が良いかって?

それは安倍なつみが一生懸命踊るあまり、ちょっと息切れしてしまって肩で息をするんですが、その際に全身が波打つように揺れるんですね。それがアレ(自主規制)っぽくって凄くセクシーなんですよ。体型もスタンダードな(つーかいつもの)体型に戻ってますし、とにかくいいですねえ(笑)。
正直なところ娘。時代はほとんど眼中に無かった彼女ですが、ソロになって心身ともに女性的な柔らかさが一気に出始め、そこから大好きになりました(苦笑)。

今週末のライブが楽しみです。

[][]ハロプロ関西オーディション2005(その2)

ハロプロ関西オーディション2005を受ける側のファーストインプレッション

娘。オーデのときの反応は凄まじかったですが、今回は地域限定の何だかよくわからんオーデですからとりあえずこんなもんでしょうね。
それと、ここはオーディションを積極的に受ける方々の掲示板ですので、この手の批判はストレートに解釈しない方がいいです。”最初に批判浴びせておいて参加人数を減らして自分は受ける”といった、彼女達なりの小細工かもしれませんので(苦笑)。

昔あった娘。の妹分オーデションの様に、地味なところから意外とトップスターが輩出されるので、地味だと思ったら、それはすなわちチャンスだと思ってくださいね(苦笑)。

-----

おまけ。
ASA板の意見。
期待半分、不安半分かな。
総じて、セカンダリ(二次的)な扱いになることを恐れているのかもしれませんね。

[][]461タン→山崎愛

Paradox Diary」さんによると、461タン(俺もそんな呼び方知らんよ)こと山崎愛さんがデビューしたのだとか。
98日記」さんに調査レポートが掲載されています。
(お疲れ様です。)

なるほど第6期のオーディション(LOVEオーディション2002)の国民投票4位の子なんですね。
感想ですが、まあとりあえず「頑張って下さい」としか言いようがないです(笑)。

[][]娘。オーデの国民投票のシステムは現「ライブドア」の技術協力によるものだった

おまけ。

当然のことながら他の子についても調べようと、先週末に過去の扉を開けたところ、国民投票のページ下部に「株式会社オン・ザ・エッヂ」のバナーがorz。
(カーソルを近づけると「技術協力」と表示されます(一部のブラウザのみ)。)

クリックしていただけると判りますが、これは現在の「ライブドア」だったりします。

-----

#体調不良の原因はこれだったのかもしれません(笑)...
夕飯を食べたら少し元気になりましたので追記(笑)。

さて、ここから二つのことが見えてきます。

一つめは、何故彼らはこの事実を(ニッポン放送との一件で)利用しなかったのか?ですよねえ。これって正に「テレビネットの融合」じゃないですか(笑)。それも某発明家の「醤油チュルチュル」に匹敵する程の「使えるネタ」じゃないですか。
うーん...もしかしたら彼らの記憶の中から抹消されてしまったのかなあ(爆笑)。

そしてもう一つは、当時ASA板に書いたことがあるのですが、始めから国民投票ありきでDV(デジタルビデオ)による募集をかけていたのでは?という疑問が残ることです。
国民投票はつんく♂さんの思いつきで始まったことになっていますが、短期間であれだけのシステムを「思いつき」から完成させることは経験上困難...というか不可能に近いです。またDVにこだわったのも、制作上何らかのリクエストがあってのものだと考えた方が自然ですよね。「思いつき」も”使えない”ことをも想定してのことなのかもしれません。
これらの疑問点は、テレビ東京内だけでシステムが完結しているのであれば単なる空論レベルなのですが、外部からの技術協力の事実があったことで疑問はより強く感じられるようになりました。まあ疑問があったところでそれでどうなるってことはないのですが(苦笑)。

まあ...そんなこんなで、トップテンの内「みうな」を含めて3名がハロプロ入りを果たしたのでこのシステム自体は大成功と言えなくもないのですが、結果的には参考程度の役割しか果たせなかった(結局「人となり」をより重視した)ということ。さらに、これを利用して営業をかけたタレントが存在したことで、後味の悪さだけが残ってしまいましたね。
(それを事前に想定してか、映像以外の個人情報を一切出さなかった事務所側の姿勢は評価出来ます。そう考えるとやっぱり「人となり」なんでしょうねえ...)

*1:キーワードの最初の方の意味ね。ちなみに知人には3番目をこよなく愛するひとがいます(笑)。

2005-10-18

[]古川愛李中学生日記(その2)

追記しておきます。

古川愛李さん≠ハロプロエッグ」の詳細はこちらご覧下さい。
(この頃に沈静化したと思ったのですが、根深いですね...)

古川愛李さんは過去にロッテのオーディションを受けたことがあるのですが、そのエントリー者の名前と合成させたと思われるガセ情報です。
(ガセの一例。)

文化祭に登場した「ともいき・木を植えたい」のメンバーだと、例えば「能登佳美」ではなく「能登有沙」ですし、「大瀬優」じゃなくって「大瀬楓」ですので、もうここで完全にガセだと判断できますね。

#愛李ちゃん。幸せな人生を送って欲しいです...

[][]ハロプロエッグ/「ともいき・木を植えたい

サイトが更新されていました
うーん...もうちょっといい写真無かったんですかねえ?

それと次の活動が気になるところですが、実際どんな活動なのか見当もつきません。さあ、どうなることやら。

[]フラゲ(2005.10.19発売分)

今週は...

2005.10.19発売分
シングル
DEF.DIVA好きすぎて バカみたい/EPCE-5381
好きすぎて バカみたい

それ以外(アイドルアイドル声優・女性モデル・若手女優系のCD)はこんな感じです。

2005.10.19発売分
シングル
スパークリング☆ポイント/毎日アドベンチャー/GZCA-4051
テレビ東京アニメメルヘヴンED
メルヘヴンアニメ絵柄裏ジャケット仕様
毎日アドベンチャー
sona/Reach for the sky/SECL-224
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスペシャル・イベント"ユニバーサル・ワンダー・ハロウィーン"イメージソング
Reach for the sky
篠原ともえ/★遊FEVER★/PCCG-00690
フジテレビアニメ金色のガッシュベル!!ED
★遊FEVER★
水樹奈々/ETERNAL BLAZE/KICM-1148
TVアニメ魔法少女リリカルなのはA's」OP
ETERNAL BLAZE
桃井はるこワンダーモモーイ/COCC-15804
ゲーム太鼓の達人」挿入歌「ワンダーモモーイ」の新録ヴァージョン
ワンダーモモーイ
PINKY FRIENDS/Jump up/CRPL-1129
TBS系「企画工場 なりあがり メル恋」ED
Jump up
牧野由依/ウンディーネ/VICL-35898
テレビ東京アニメ「ARIA」OP
ウンディーネ
マイ(平野綾)/いつだってMyサンタ! キャラクターソング(1)/YFCM-2701
いつだってMyサンタ!キャラクターソング(1)
アルバム
羽生未来/羽生未来メモリアルアルバムFun Day!〜/PCCG-00689
本人が出演した「英語であそぼ」「ワイワイキッズ♪」などの楽曲を集めた、2枚組メモリアル・アルバム
羽生未来メモリアルアルバム FUN DAY!
山口百恵/赤いシリーズ シングル・コレクション/MHCL-638
"山口百恵"引退25周年記念商品
"山口百恵"主演ドラマ「赤い」シリーズのテーマソングを集めたシングル・コレクション
赤いシリーズ シングル・コレクション

いつだってMyサンタ!キャラクターソングは、その2(asin:B000B63EJC)、その3(asin:B000B63EJM)、その4(asin:B000BKJIY8)と続く模様。

2005-10-17

[]古川愛李中学生日記

ラッキー7オーディション」やその後の「モーニング娘。オーディション2005」でいい線まで残りつつ落選してしまった古川愛李ちゃんが中学生日記に出演。
今まで中学生日記はスルーしていましたが、話がヲタ関連で萌えそうだということで、録画しておきました。

チラッと見たたけですが、萌え萌えな可愛さは健在。ただ儚さも増量UPという感じですね。
彼女は本当、幸せになって欲しいですm(__)m。きちんとした事務所(avex以外)が拾ってあげるか、またはこのまま青春の1ページで終わって欲しいです。

それと、まだ噂は生きている様(笑)なので一言。
彼女はエッグじゃありません。
ガセ名簿に「古川愛李」という名前がありますが、あれは当時エッグの姓のみ流出した際に、他のオーディションの名前部分と合成させたものです。それも多分に意図的に。
エッグには古川小夏ちゃんがいますが、他に「古川」はおりません。

[][]ハロプロ関西オーディション2005

やはりきましたね

まず、他の方の意見(はてなのみ)も読みましたが(ここここ)、「OPDジャニのパクリ」という意見は、まあ見た目そうなんでしょうけど、形だけ真似ても決してビジネスにはなりませんてば(笑)。
アウトプットが全く無いのにインプットを用意するなんて、まずありえないんですよね。

現状としては、近年関西の放送局に進出する機会が増えてきていることで、状況によっては地に足つけた活動も要求されているのではないか?...と予想はしていました。

現在、関西で既に「アイドル的な活動」をしている大手は、ホリプロイエローキャブがあります。また「アーティスト的な活動」をしているのはGIZA Studioです。
ただ「アーティストを発掘するために」と「芸能活動をしていく予定です。」といったキーワードから、ニーズは正にその両面を満足する(アイドル性の高い)女性アーティストなんだと思われますが、やはりハロプロが現状では最右翼なんですよねえ。
(逆に考えると、他社と大差無い活動なのであれば、この企画は止めた方がいいと思いますよ。)

また、これは今までのオーディションの印象ですが、(娘。オーディションをみる限り)関西のセレクションが非常に難しい側面を持っていることも挙げられると思います。2次や3次でピックアップした子が実は他の事務所に入っていて辞退してしまったり、前後に他の番組に出たりするプロ素人みたいな子がいる以上、短期間あるいは全国展開のオーディションでこの地区からセレクションすることは非常にリスクが伴う状況になっています。
さらに、関西のミュージックスクールのビジネス化が進んでいることで、より一層複雑化している可能性が高いです。
(ミュージックスクール生=芸能活動とは言い難いですが、提携事務所などが存在するところもあるため、それなりのハードルはあります。スクール内ユニットが発展してメジャーデビューってのは実際にありますし...)
また、写メールやパソコンからのエントリーではなく、履歴書を郵送するオーソドックスなオーディションであることから、じっくり構えていることが伺えます。

そして気になるのは「アップフロント関西」という会社。
これは以前からあった会社で、関西地区の「オフィシャルショップの経営」が主な業務内容だった筈です。
この会社が、いまのところ窓口となっていますが、ここに芸能事務所的な内容を盛り込むのかは不明(笑)。
また、個人的に一番気になるのは「レッスン」の場です。UFMS(Yahoo!で「UFMS」と入力すると一番最初に出てくるところです(笑))の大阪校を作るのか、あるいは提携校のようなものを設けてそこでレッスンさせるのか?...ここが大いに気になるところですが、まあ多分合格発表までは(あるいは以降も)大っぴらには明かされないでしょうね。

それと「エッグの関西版?」みたいなことを書いている方も見ましたが、それはどうかなあ?...状況によってなるようになるのではないかと思いますよ(笑)。
もし、「デビュー」誌あたりに今回の詳細が載るのであれば、彼ら(編集部)はプロですから、そのあたり(「合格人数は?」「即デビューか?」「デビュー後の青写真は?」など)を引き出してくるとは思います。じゃないと受けようとする子が不安でしょうから(笑)。

2005-10-15

[]℃-ute三ヶ月連続応援企画(10月編)

行ってきました。

チケットには集合時間のみの記載あり。なので集合時間の20分ほど前に到着。
知人から今日は2回まわしだということを聞いて驚く(笑)。ここで座りだと(会場のサイトでは)600〜700名だということなので、計1,200〜1,400程度は捌いていたという計算にはなります。

つーか、無理矢理スタンディングで押し込めるようなことをせず、座りでじっくり見せようとするFCに感謝。

とりあえず自然に出来た列に紛れ込んで入場。
グッズは7枚入りセットの生写真が2種類、ロゴマーク入りTシャツ、タオル。生写真とTシャツは売り切れました。

座席は一番後ろ(16列目)。
通路側を含め何故か数席分空いており、さらに横はPAエリアの都合上フリーゾーンとなっていましたので、踊って狂ってました(笑)。通路側からは全身が丸見えなので、丁度誰かとサシになるのね。梅さんが多かったかな。踊りやすくて素敵です。

セットリストは「うみのひの日記」さん参照(「はてな」の方でごめんなさい(笑))。
私は1回目、うみのひさんは2回目でしたがセットリストは同様です。トークも細かい箇所で違いはあるでしょうが、概ね同じだと思います。

歌はあっさりめで、トークで楽しませるという内容でしたね。
歌はスタンディングでしたが、トークは途中から自主的に座りはじめ、立っている方は皆無でした。
期待通りのまったりさ。桃源郷ですなあ(笑)。

握手は前出のうみのひさんも指摘されていますが、中島早貴ちゃんと手を離すとき、「何で手を離すんですか」みたいなためらう表情が垣間見られて、物凄く萌えます(笑)。ベリ工嗣永桃子ちゃんとは逆パターンのアレ(自主規制)ですねえ...
舞美ちゃんは知人に舞美ファンが多いせいか、評判は聞いていたのですが、やはり力強い握手は好感がもてますね。

また配られたアンケートでは「各メンバーの『ニックネーム』を付けてください。」といった企画があり、これは12月のイベントまでに決定しようというものです。 11月にもイベントがありますので、今回都合がつかなかった方は考えておいた方が良いでしょう...といっても11月には候補が絞られている可能性もありますが...

また12月のイベントのDMはまだですが、一応日程は12/18の模様。

-----

感想。

大舞台を幾度となくこなしているからかダンスは慣れたものだけど、歌がやっぱり所々で外してしまう部分もあったりで、まだまだこれから感が強いです。 でも、(スキスキ度が強いFCイベントだからということもあるでしょうが)生歌披露は好感がもてました。
ベリ工も初期の頃は口パク批判もあったりしたようですが、やっぱりダンス先行は仕方ないですね。要は下手に歌唱力つけちゃうとミュージックスクールっぽくなっちゃうというか、avexぽくなるというか、せっかくの個性を殺しかねないので、とても難しい面もあります。なのでこれである程度の個性が出るまではこのままで行って、レコーディングがあればその時に(あくまでも曲世界に合わせた従来どおりの)歌唱指導をしていただくってのがいいんでしょうね。

アンケートには「ソロをやって欲しい」と書いときました。上手とか下手とかは関係ないですし、メドレーでもいいのでお願いしたいところです。
和やかな雰囲気の中にもある種の緊張感があったほうがいいと思うので...

Berryz工房℃-ute、まあこれはある種の気まぐれでかつロングディスタンスなシャッフル企画なのかもしれませんが、タレントスクールにおける「歌手部門」と「女優・モデル部門」みたいな方向性の違いが徐々に見えてきたところがネクストブレイクヲタとしては非常に興味深いところです。
いや、上記例よりもこちらの方がいいかな。Berryz工房がいかにもハロプロらしいラジカルで畳み掛けるような展開を見せる中で、℃-uteのいわゆる他社のキッズやU-15のイベントみたいなほんわかとした雰囲気がたまんないですね。

[][]I've in 武道館

夜は18禁ゲーム(ここはRK(リアルキッズ)も読んでるらしいので詳しい説明は出来ません(苦笑))の音楽主題歌を担当している札幌の音楽制作集団I'veのライブを、エロゲーマニアの方に誘われるがままに観賞してきました。

場所は日本武道館。
アキバBlog」さんで「秋葉原でチケットを求める物凄い行列ができた。」云々とかいう記事があったと思いますが、つまりそれです(笑)。
でも...ファーストライブが武道館って凄いねえ。
「へええ、18禁マニアってこんなにいるんだねえ...いや、そうじゃない人も多分に大勢いるよね?」と同行者に尋ねたところ「いいえ!間違いなくこの人たちは18禁愛好者です!」と一蹴(笑)。普通にそのくらいは売れているんじゃないか?とも...はああ...

まあ俺はゲーム自体に全く興味がないから、単なるゲームミュージックレベルだと萎え萎えなんですが、エロゲーは恋愛シミュレーションという要素も含んでいるので、主題歌はファンから「歌姫」と呼ばれている女性が歌うことが多く、作品によってはアイドルポップス風のものもあったりして、かなり侮れないジャンルなんですよね。

で、I'veはその中でもダンサブルな感じで、多分に一番人気の制作集団。
その人気はエロゲー界を離れ、ここ1年くらいでKOTOKOさんがオリコンのTOP20に入ったりしてます。純粋な音楽好きの方も名前くらいは小耳に挟んだりしているんじゃないかな?

というわけで開始。

セットリストは「Desire for wealth」さんをどうぞ。
うーん、友人宅で聴いているだけだから、覚えている曲があるにせよ題名とかは全く判りません(苦笑)。

感想ですが、最初はソリッドな世界観を頑なに守ろうとするあまりにピリピリとした空気感が支配していたんだけど、途中で登場したゲスト折戸伸治さんの人間性も手伝ってか徐々にヒューマニズム溢れるライブへ突入していきました。

特にアンコール以降はファミリーらしさがあって良かったですね。うるうるきますね。 なんだろう...ある意味「北海道らしさ」がちゃんと残っていたことが最高だったですよ。
打ち込み系のせいか、時として冷淡に聴こえるビートも、ちゃんと人間の血が通っているってことに感動しましたね。当たり前だけどね。やっぱり生で聴くのはいいことだなって。

それと代表曲中心の構成だったので、「電波系」というか「キュンキュン系」というか、いわゆる「萌えソング」が少なかったのが残念。次回があれば、もうちょっとそれも楽しめそうですね。

2005-10-14

[]J-Pop's dream factoryの引用(その3)

前回続き。
その1
その2

前回同様奥さん女王様に翻訳を依頼。出来上がったものを当時の状況にあわせて多少手直しをしています。

[原文]
If anything, however, the fact that Morning Musume inspire such slavish idolatry should be laid at the door of their creator, a 37-year-old singer turned star-maker from Osaka who goes by the name of Tsunku. He planned it that way from the start.

[Yahoo!翻訳]
何かあるとすれば、しかし、Morning Musumeがそのような盲目的な偶像崇拝を吹き込むという事実は彼らの作者の入口で賭けられなければなりません、37才の歌手つんくという名で行く大阪からスター製造業者を回しました。彼は、最初からそのように、それを計画しました。

[手動翻訳]
それがなんであれ、モーニング娘。に対しそのような盲目的な偶像崇拝をいだかせるという事実については、彼女達の創作者(つんくという名で呼ばれる大阪出身の37歳の歌手から転向したスター制作者に)を責めるべきでしょう。彼は最初からこの方法を計画していました。

「lay ... at the door of a person」は「のことで〈人を〉責める」。
これは前回の続きの「大の大人」事件についての遠因(根底にある原因)は何処にあるのかということを言っている様にも感じます。
「それは...ここにいるつんく♂さんのせいだ!!!」

[原文]
In publicity shots, Tsunku looks like a man whose vanity has got the better of him. He affects a boyish tilt of the head, his bleached orange hair is teased into spikes, age and sex are airbrushed by make-up. He looks like a manga Michael Jackson. He signs his name with a Mars symbol, a little flourish to affirm his masculinity.

[Yahoo!翻訳]
広告ショットの中で、つんくはうぬぼれが彼でより良いものを持っている男性のように見えます。彼は頭の少年のような傾きを気取ります ? 髪がそうである彼の漂白されたオレンジスパイクにからかった ? 年齢と性は化粧によってエアブラシで処理されます。彼は、マンガマイケルジャクソンに似ています。彼は、火星シンボル(彼の男らしさを主張する少しの振り)で、彼の名前に署名します。

[手動翻訳]
広報写真の中ではつんくは虚栄心に打ち負かされた男のように見えます。彼はわざとボーイッシュに頭を傾けるふりをして見せます。彼のオレンジ色に染められた髪は穂のように刺さっていて、年齢と性別はメイクアップによってぼかされています。彼は漫画マイケルジャクソンのようです。彼は自分の名前に「♂」を添えてサインします。彼の男らしさを強調するちょっとした飾り書きです。

「Mars symbol」=「♂」(笑)。
「get the better」 =「人・事に〉勝つ, を出し抜く;〈感情・暑さなどが〉…を圧倒する;優勢になる;うちまかす」
これは、つんく♂さんに関する著者のファーストインプレッションですね。

[原文]
Morning Musume were formed in 1997 when Tsunku and his band Sharan Q held auditions on the Asayan TV programme to find a new female singer. As a boon to the five losers, Tsunku issued a challenge: if they could shift 50,000 copies of a song produced by him under their own devices in four days, he would agree to become their full-time producer.

[Yahoo!翻訳]
つんくと彼のバンドSharan Qが新しい女の歌手を見つけるためにAsayanテレビ番組の上でオーディションを開いたとき、朝Musumeは1997年につくられました。5人の敗者にとっての利益として、つんくは挑戦を出しました:彼らが4日で彼ら自身の装置の下で彼によって生産される歌の50,000部を移すことができるならば、彼は彼らのフルタイムの製作者になることに同意するでしょう。

[手動翻訳]
モーニング娘。が1997年に結成された時、つんくと彼のバンドシャ乱Q」は新しい女性歌手を探すという「ASAYAN」というテレビ番組のオーディションに関わっていました。5人の敗者への特典としてつんくは1つの挑戦を発表しました。つんくによってプロデュースされた曲を彼女達が自身の力で4日間の間に5万枚捌けたら、彼は彼女達の専任のプロデューサーになるというものです。

へー、4日間だったんだ。なんてな。そりゃあ結果的にだね。
ところで、東京が中止にならなかったら、どこでやっていたんだろう。確か当初は新宿のHMV(高島屋の方)だったと記憶しているんだけど...

[原文]
The five were filmed performing PAs in record stores and baseball stadiums, hawking the CD on street corners, at school, to family and friends. And somehow they achieved their goal. Their debut single, 'Morning Coffee', turned the fresh-faced girl group into an instant sensation. The song featured lilting Sixties-style harmonies and a sly lyric that suggested the beverage in question was almost certainly post-coital - 'Hey, I'm so happy/ My heart is pounding/ Because you said /Let's drink morning coffee together'. Subsequent singles (for which three more girls were added) confirmed their appeal and in a short time Morning Musume became Japan's biggest-selling girl group.

[Yahoo!翻訳]
五つはレコード店と球場でPAsを実行して撮影されました。そして、家族と友人に、学校で、街角でCDを売り歩きました。そして、どうにか、彼らは彼らのゴールを達成しました。彼らのデビューシングル(『朝Coffee』)は、新しく顔を持った少女グループを即座の感覚に変えました。歌は陽気で快活な60 年代スタイルのハーモニーを特徴としました、そして、問題の飲物を提案したずるい歌詞はほとんど確かにポスト性交でした?『おい、私はそうです?happy/My心臓が大打撃/Becauseであるように、あなたが言って/Letのものが、一緒に朝コーヒーを飲みます』。以降の一人(それのために、もう3人の少女は加えられました)は彼らの訴えを確かめました、そして、短い時間に、Morning Musumeは日本の最大に販売少女グループになりました。

[手動翻訳]
友達や親に対し、あるいはレコード店、野球場での販促活動、ストリートライブや学校でのCDの販売などで5人の姿が撮影されました。そして何とかゴールにたどり着いたのです。その瞬間、彼女達のデビューシングルモーニングコーヒー」は初々しい少女達を世間の注目の的へと変えました。その歌は軽快な1960年代風のハーモニーと「ええ、私はとっても幸せ。胸がどきどきしている。だってあなたが『一緒にモーニングコーヒーを飲もう』って言ってくれたんだもの。」 と明らかに性交渉後の飲み物をほのめかす意味深な歌詞が特徴です。その次の(さらに3名の少女が参加した)シングルは彼女達の魅力とモーニング娘。がまもなく日本の大型ガールグループになるであろうことが確実視されました。

上の歌詞は英語をそのまま翻訳したものです。その方がいいんじゃないかと(笑)。
歌詞の意味について、キッズのみんなはお母さんに...聞いちゃダメだよ。

[原文]
'It was just after the [economic] bubble burst,' Tsunku said in a recent interview of the circumstances that surrounded the group's debut. 'People were no longer interested in one another's welfare. Before, men used to spend money on women (and vice versa) but afterwards people just spent money on themselves. There was nothing to lose oneself in, nothing to go wild about. I just saw a gap in the market and threw a ball right into it. Morning Musume made the audience want to spend money on them.'

[Yahoo!翻訳]
『[経済]泡がはじけたあと、それは当然でした』と、つんくがグループのデビューを囲んだ状況の最近のインタビューにおいて言いました。『人々は、1つのもう一つの福祉にもはや興味がありませんでした。前に、男性はお金を女性(そして、その逆)に費やしたものです、しかし、その後、人々はちょうどお金を彼ら自身に費やしました。夢中になる何もありませんでした。そして、試み荒野とはまわりに比べものにならなかったです。私は、ちょうど市場に出ていて隙間を見て、ボールをそれに正に放り込みました。朝Musumeは、観衆を彼らにお金を使いたくさせました。』

[手動翻訳]
「それはまさにバブル経済がはじけた後でした」つんくは最近、グループのデビュー時の状況についてインタビューで語っています。「人々はもう個人の幸福には興味を無くしていました。かつては男性が女性に(あるいは逆も然り)お金を使っていました。しかしバブル崩壊以降、人々は自分の為にお金を使ったのです。自身の中に失うものはなく、熱中するものもない。私はマーケットに亀裂を見てそこにボールを投げ込んだのです。モーニング娘。は聴衆にお金を使わせたくなるものに仕上がりました」

ほほう。

[原文]
Tsunku developed a different kind of bubble. A kind of feel-good service industry fronted by the Morning Musume girls. But one gets the feeling that his real forte was an ability to tap into the psyche of the Japanese male. The way Morning Musume are lined up in group photos makes them seem interchangeable with the shining faces of the girls advertised on the illuminated hoardings outside the hostess clubs in Kabukicho, Tokyo's red light district.

[Yahoo!翻訳]
つんくは、1種類の異なる泡を開発しました。一種の幸せな気分にさせるサービス産業は、Morning Musumeの女の子によって面していました。しかし、1は彼の本当の得意が日本の男性の精神を利用する能力であったという感覚を得ます。Morning Musumeがグループ写真の中に一列に並べられる方法は、彼らを歌舞伎町(東京の赤ランプ地区)でホステスクラブの外で照らされた掲示板の上で広告される少女の輝く顔で交換可能なようにさせます。

[手動翻訳]
つんくは別のバブルを作り出しました。モーニング娘。達に代表される、感動を与えるサービス産業です。しかしそれによって明らかになったのは、彼の本当の強みは日本人男性の心理に入り込む能力だっということです。モーニング娘。達はグループ全員の写真の中で並べられ、歌舞伎町(東京の赤線地帯)でよく見かけられる、電飾で彩られた風俗店の宣伝用看板で輝く少女達のように取り替え可能なように思われます。

ほほう(その2)。

[原文]
Acting as Svengali, manager and father figure, Tsunku's influence over the group is apparent at every level. Outside of the studio, 'The Producer' (as he is often referred to) keeps in contact with his charges via email and videotaped messages. Working alongside session musicians and arrangers, Tsunku writes and produces virtually all the music that comes out of the Hello!Project stable himself (a staggering 100 to 200 songs a year), personally coaching his young charges in the studio to get the performances he wants. Every release bears the legend 'Produced by Tsunku'. More often than not, he also contributes backing vocals, his rough baritone acting as a counterpoint to the chipmunk chorus of girls.

[Yahoo!翻訳]
スベンガーリ、マネージャーと父親代わりの働きをして、グループに対するつんくの影響力は、あらゆるレベルで明瞭です。スタジオの外で、『プロデューサー』(彼がしばしば言及されるように)は電子メールを通して彼の告訴と接触してもって、メッセージをビデオテープに録画しました。セッション音楽家と手配師と並んで働きます、つんくは書いて、実質的に、Helloになる全ての音楽を製作します!Projectは彼自身(驚異的な100?200曲の歌/年)を小屋に入れます。そして、個人的には彼が望むパフォーマンスを得るためにスタジオで彼の若い告訴を訓練します。あらゆるリリースは、『つんくによって生じられた』伝説を持って行きます。たいてい、彼もバックボーカルを寄贈します。そして、彼のラフなバリトンが少女のシマリスコーラスの対照的要素の働きをします。

[手動翻訳]
絶対君主として、マネージャーや父親役としても活動しているつんくの影響はグループの隅々にまで及んでいます。スタジオの外では(彼がよくそう言及しているように)「プロデューサー」としてeメールやビデオテープで指示を出しつづけています。スタジオミュージシャンや編曲者としても働きながら、つんくは一定してHello! Projectからリリースされる全ての曲を実質的に書き、プロデュースし(年に100曲から200曲という膨大な歌です)、自らスタジオにて彼の望む水準に達するための指導も行います。リリースの度に「つんくプロデュース」の銘が刻まれます。しばしば彼はまたバックコーラスとして貢献し、彼の荒いバリトンは少女達の単調なコーラスに対比するかのように働きます。

「Chipmunk」=「 シマリス、転じて つまらないという意味」

[原文]
As pop music, the Hello!Project sound borders on the avant-garde. Designed to adrenalise the audience, Tsunku's rapid-fire productions sound like an incongruous mash of 50 years of music history. One song careers improbably through power rock, disco and Eastern European folk song. Riffs are shamelessly recycled from both Western and Japanese pop.

[Yahoo!翻訳]
ポップス(Hello)に!Project音は、アバンギャルドに接します。adrenaliseに観衆(50年の音楽史の不似合いなマッシュのようなつんくの矢継ぎ早の作品音)を設計しました。1曲の歌は、力の岩、ディスコと東ヨーロッパフォークソング中をありそうもなく暴走します。リフは、西洋で日本のポップから、恥知らずにもリサイクルされます。

[手動翻訳]
ポップミュージックとしてHello! Projectのサウンドは前衛の境目にあります。観客を刺激するようにデザインされ矢継ぎ早に発表されるつんくの曲はここ50年間の音楽史のちぐはぐな混ぜ物のようです。ある曲はパワーロックからディスコサウンドと東ヨーロッパ民族音楽へとあり得ない展開をします。反復部分には億面もなく西側ポップと日本のポップが再利用されています。

「ある曲」って皆さんわかりますよね?

[原文]
Tsunku's music (and J-pop in general) descends from long-held traditions. The pre-eminent forms of kayo-kyoku (literally 'popular song') in Japan for the past century have been children's songs and an indigenous folk-blues called enka. The latter began as a form of protest speech set to music but is now more comparable to the French chanson. Western scales were first introduced into Japan around the end of the 19th century and used as an educational tool for children. After the Second World War, the flood of primarily American youth culture caused another seismic shift in the emphasis of Japanese music.

[Yahoo!翻訳]
つんく音楽(そして、J-ポップ一般に)は、長く持たれた伝統から伝わります。過去の世紀の間の日本のノックアウト-kyoku(文字通り『ポピュラーソング』)の抜群の形式は、演歌と呼ばれている童謡と土着の民俗音楽ブルースでした。後者は音楽に設定される抗議国語の形として始まったが、現在フランスのシャンソンにより相当します。西洋の目盛りが、最初に19世紀の終わりのまわりに日本に伝えられて、子供たちのための教育的な道具として使われました。第二次世界大戦の後、主にアメリカの若者文化の氾濫は、日本の音楽の強調のもう一つの地震の変動を引き起こしました。

[手動翻訳]
つんく音楽(そしてJ-POP全般的に)は長い伝統に基づいています。日本における歌謡曲(文字通りのポピュラーソング)の顕著な曲調は過去1世紀の童謡と演歌と呼ばれる日本固有の民族歌謡から成り立っていました。昨今の曲は主張をもった歌詞を曲に当てはめていますが現在はフランスのシャンソンにより近くなっています。西欧の音階は19世紀末頃に初めて日本に紹介され、子供達への教育用に使われました。第二次大戦後、最初にアメリカの若者文化が押し寄せ、日本の音楽界の重心を激しく変化させました。

「現在はフランスのシャンソンにより近くなっています。」はそのとおりだと思います。だからというわけではないのですが、欧州の方が受け入られやすいのではないかと想像しています。馬鹿の一つ覚えみたいにアメリカを狙うんじゃなくって、ヨーロッパを目指した方がいいんじゃないかと。

[原文]
The history of J-pop is marked by distinct periods. The 1950s and Sixties were dominated in quick succession by rokabiri (rockabilly), eleki (electric) and 'Group Sounds' - a wave of warbling, home-grown beat combos in mop-tops and tailored suits directly inspired by the Beatles; the Seventies and Eighties by the rise of the Idols; and the Nineties to the present day by the Producers.

[Yahoo!翻訳]
J- ポップの歴史は、異なった期間までにマークされます。1950年代と60年代はrokabiri(ロカビリー)、eleki(電気的な)と『グループ Sounds』によって矢継ぎ早に支配されました?モップ-トップと洋服屋仕立てのスーツのさえずる、自家製の負かされたコンボの波が直接ビートルズの影響を受けました;Idolsの高まりによる70年代と80年代;そして、プロデューサーによる現代への90年代。

[手動翻訳]
J-POPの歴史は特徴をもった時期で区切られています。1950年代と60年代はロカビリー、エレキそしてグループサウンズといった音楽の急激な変動によって続けざまに支配されます。モップ頭でこざっぱりしたスーツの地方色のあるビートグループは直接ビートルズに影響を受けました。70年代と80年代はアイドルの台頭でした。そして90年代から現在は「プロデュース」の時代です。

とりあえずここまで。
バブル期の話からは女王様の訳をそのまま使っていますが、つんく♂さんのディティールに関しては訳し直してましたよ。
で、これ以降はジャニーズ論へ進みますが、それは割愛します。
(奥さんから拒否されました。無類のジャニーズ嫌いですので(笑)。)
その後も度々娘。の話題も出てきますので、その部分だけ後日抜粋したいと思います。
(例の部分は訳しません。なんであんなこと書くんだろうねえ...)

2005-10-13

[]参考:楽天、TBSの筆頭株主に

今日は「第一回FYI秋祭り」です(笑)。

楽天、TBS筆頭株主に 15−16%取得 業務提携申し入れ(産経新聞)

 《TBSの資産と株主構成》 平成17年3月期の連結売上高は3017億円で、フジテレビ日本テレビ放送網に次ぐ民放大手。最近の株価急騰で時価総額は6136億円(12日現在)に膨らんだが、それでも「買収されやすい企業」という指摘を受けるのは、多くの優良資産を保有する一方で、安定株主が少ないためだ。

 主な資産をみると、現預金(520億円)、半導体・液晶製造装置大手、東京エレクトロンの株式など投資有価証券(1316億円)、港区赤坂や横浜の一等地などが目立つ。また、9月中旬に電通、ビックカメラ、三井物産、毎日放送の4社に対する第三者割当増資を実施した結果、安定株主の比率は約17%に上昇した。だが、企業年金などを運用するファンドの保有分が依然として多く、値段次第で売却に応じそうな株主の比率が高い。

TBSは今のところハロプロとは一番遠い存在の在京キー局なんですが、(任天堂とともに)「娘DOKYU!」のスポンサーでもあるビックカメラ(この会社は上手くやってますね)や、親ハロプロ局の筆頭でもある毎日放送が安定株主となっている現状にプラスして、楽天の参入はハロプロ的には好条件だと判断できます。

記憶に新しいライブドアのニッポン放送株大量取得事件の際は、ライブドア側に特に目新しいビジョンはなく、単なる利権欲しさがミエミエで、とても歓迎できた状況ではなかったのですが、楽天はIT以前に大手通販会社ということですから、これは結果的には悪いことじゃあないと思いますよ。程よく提携できればディノスみたいな使い方が出来る。
ただプロセス的には「買収」ということになりますので、相手がノーといえば買収する側の印象を悪くするだけですからねえ...そこそこの比率で安定株主宣言をしてしまった方が得策だと思いますよ。

-----

オマケの豆知識。

そういえばUFAは在京では日本テレビ(文化祭など)、フジテレビ(スポフェスフットサルなど)、テレビ東京(レギュラー番組など)で関係が良好ですが、何故かTBSテレビ朝日との関係は淡白。ただ在阪キー局では毎日放送、朝日放送と良好な関係にあるようです。東京がアレだったら大阪を攻めようってのはいいことですね...いや、結果的にそうなっているだけだと思いますが(苦笑)。

面白いのはテレ東には現在も毎日放送の資本が入っていること。

今の子には「何故に毎日放送?ハロプロつながりかw」と思われるかもしれませんが、こんな歴史があるんですよ。

つーわけで、「っちゅ〜ねん!」を東京12チャンネルじゃななかった(笑)、テレビ東京ネットしてくれないかなあ(苦笑)。

[]参考:米アップル、ビデオ対応「iPod」を発表

いきなりきましたねえ

米アップル、ビデオ対応「iPod」を発表(ロイター)
11月過ぎって話じゃなかったのか(笑)。

しかし、画面がちっちゃいですね。 噂ではこんなのが出ると予想されていたので、ちょっとがっかりです。
本格的なものが出るという噂も根強いですから、もうちょっと待つかな(笑)。

問題はH.264がサポートされているか?...なんだけど。
仕様では...

対応フォーマット:H.264ビデオ(最高768 Kbps、320×240、毎秒30フレーム、最高レベル1.3のベースラインプロファイル(最高160 Kbpsの AAC-LC)、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)、
MPEG-4ビデオ(最高2.5 Mbps、480×480、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最高160 KbpsのAAC-LC)、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ

...です。 H.264(MPEG4/AVC)に関しては(細かい使用の違いはあると思いますが)PSPと同等の画質です。音声は上ですね。なのでPSPと同程度の画面サイズのiPodが出ても不思議ではない筈なんですが...
純粋なMPEG4も採用されていますが、2.5MBpsにするくらいならH.264を採用した方がいいでしょうね。ただH.264はエンコード時間がとっても遅いです。ウチのMac(G4 500MHz Dual)では、320x240のサイズで1曲あたり20〜25分程度ですQuicktimePro(7.0.3)で試しに320x240の動画(4分程度)をiPod用(強制的にH.264になる様です)に変換したところ40分程度かかりました(苦笑)。

また...

ビデオ容量は、演奏時間4分の曲を750Kbps H.264エンコーディングし、128Kbpsオーディオと組み合わせた場合のファイルサイズを基準にしています。上記の容量は60GBモデルのものです。

150時間/4分=150時間*15曲=2250曲のビデオクリップが入る計算になります。コンサートDVDが平均100分だとしたら90タイトルが入る計算ですね。
1曲あたりのサイズは平均25MB程度になる計算(経験上でも概ね20〜30MB程度)。AIFF/WAVファイルでは1分10MBですから、CDクオリティの無圧縮音源の1/2強の容量でビデオクリップが楽しめると考えて良さそうですね。
H.264は相当綺麗なのでエンコードの質によってはこれで充分だと思います。将来的には「あぷろだ」あたりで出回る動画ファイルはこの形式が主流になる可能性もあります。

おまけにiTunesVer.6.0もリリースされた模様。5.0が出たのはつい最近なのに...
iTMSでの購入は1曲300円とのこと。
ハロプロも欲しいところ。

早速こんなページも出来た模様。
QuickTime 7.0.3 Proを使って、新iPodで再生可能なムービーファイルを作ってみる。
Apple、「QuickTime 7 Pro」で新iPod用の動画が作成可能に(AV Watch)
iTunesでも変換できるか?は手元にありませんので不明(苦笑)。iTunesには変換オプションは見当たりませんでした。
ちなみにDVDは直接は変換できないでしょうね。それ以前にDVRなどの(Muxedな)MPEG2は音声が出なかったと思います。なので一旦movファイルに変換するか、音声をコピペするかという作業が必要でしょうね。

またフリーではx264というフリーのH.264エンコーディング用のライブラリがあり、様々なフリーの変換ソフトで利用されています。確かこちらの方が変換は速いです(画質はQTの方がいいかも)。なのでしばらくすればこちらでも対応するでしょうね。
ちなみに(OSX用のフリーエンコードソフト)ffmpegXでそのまま変換するとQuicktimeでまともに表示されません、これは「Bフレームのサポートに問題がある。」とのことですが、これはApple側は不具合ではなく仕様だと認識しているかもしれませんね。これはBフレームの使用を止めればいいだけの話です。
(ウチでも確認済み。)

またUSB2.0しかつかえないという噂もあるようですが。仕様では...

USB(Dockコネクタ経由)、コンポジットビデオ(AVケーブル(別売))、オーディオ出力(ヘッドフォンジャック または iPod Universal Dock(別売)のライン出力経由)

...となっています。なんか謎です(笑)。

[]参考:MAIについて

韓国からの“逆輸入アーティスト”MAIが日本デビュー(サンケイスポーツ)

MAI=元ミスリルの鶴岡真衣です。

経緯は「BBRK」さん(2004.08.05付「MYTHRIL残党」)に掲載されています。
MYTHRIL」はメジャーデビュー当時にHEY!HEY!HEY!にも出演歴があった様な...なので(同時にハロプロ勢が出演していれば)昔の映像を持っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

MMAはその方面の間では結構有名なミュージックスクールです。
久留米は元々芸能界を目指す方が多い地域ですので外せませんね。可愛さとダンサブルなイメージの融合が上手く行っている数少ない地域でもあります。
ここ2〜3年のキッズユニットの形の先駆けとなったPriere(もう少し頑張っていればベリ工SweetSらと共にキッズアイドルユニットシーンが作れたんですけどね)や今度avexメジャーデビューするSEEDらを輩出しています。

#ウチの奥さんも久留米っ娘(苦笑)。

[]参考:相田翔子/「晩餐ライブ〜始まりは東の空〜」PR記事

相田翔子 初の大阪ライブ(デイリースポーツ)

元Winkの相田翔子(35)が11日、解散後初の大阪でのライブ「晩餐ライブ3rd」(11月4日、大阪フラミンゴ・the・アルーシャ)の会見を大阪市内で行った。相田は「カジュアルなディナーショー形式なので、シャンソンやイタリアの曲など、大人の雰囲気になると思います。Wink時代とは一味違ったライブです」とアピール。当日は、2ショット写真タイムも設けられている。

泣く子も黙る伝家の宝刀「カジュアルディナーショー」ですなあ。

[]参考:GIRLS A GOGO!リニューアルなんだとか

私的には全く見ていないGGGですが、ASA板(アイドル板)によると...

「GIRLS A GOGO!」で「美少女クラブ31」がリストラか!?

なんだとか。確かに番組サイトは12名ですね。

ただ、はてなダイアリー界隈を覗いてみましたが特に動揺はない模様。さらにオフィシャルは今まで通りの状況なので、この段階では大騒ぎすることも無いような気がしますが...

ハロプロはユニット・ソロに帰属する者の集合体ですが、美少女クラブ31はまずプロジェクトありきという全く逆の手法でスタート。これはキッズやエッグの様に、とりあえず選んでおいてから考えるか...的な手法に近いです。
それが徐々に個々の活動を重視し、帰る場所として「美少女クラブ○○」が存在する...そういったやり方に移行しつつあるのが現在なんでしょう。結果的に望ましい形には近づくんじゃないかと思います。

[]参考:奥村愛子くちびるセクシー」

現在、(万一のことを考えて録画している)「開運音楽堂」のオープニングに現在発売中の2ndシングル「恋したいハート」が流れています。こちらは筒美京平作曲で「匠」さを感じる怪作...じゃなかった快作です。

で、3rdシングルの「くちびるセクシー」は我らがアイドル(3ね)つんく♂さんが担当するという話は...多分にどこかのニュースサイト経由でご覧になられていると思います。
(つんく♂さんの文章本当に楽しそう。)

ちなみに彼女の意気込みはオフィシャルNEWSで読むことができます。

《エロ》という言葉から連想するものは人それぞれ違うと思うんだけど、
つんく♂さんのいう《エロ》は、女性の恥じらいの部分だったり、
脆そうな危うさであったりするようです。(多分変態です)

いえいえ、すこぶる健全だと思います。
それと、奥村愛子さんから「お兄ちゃん」って称号をもらえて幸せ者だとおもいます。あ「お」は付いてないか(苦笑)。

曲調は想像できませんねえ。
いわゆる歌謡曲路線といえば、ワンギャルの”オーロラ三人娘”みたいなノリの「花吹雪 BANG BANG BANG」→モーニング娘。の”アパッチ野球軍”みたいなノリの「シャボン玉」という、ゴーゴー歌謡ラインがつんく♂ワークスの最大の魅力のひとつなんですが、今回はどうなんでしょう?

[]参考:エコ関連のメッセージソングの元祖といえば

このあたりからもう、誰に対するFYIなんだか、さっぱり判んなくなってきたぞ(笑)。

ゴーゴー歌謡で思い出した。

先日大盛況のうち惜しまれつつも閉幕した「モーニング娘。文化祭」は地球温暖化を歌詞に盛り込んだ「HELP!!」のヨコノリヴァージョンがメインテーマでしたが、昔はもうちょっとヘヴィーなメッセージソングがありました。

それはゴジラヘドラの劇中歌でゴーゴー・サイケ歌謡の永遠の名作*1かえせ!太陽を」なんですが、せっかく怪獣映画も作られたことですし、そーゆーノリも欲しいところですね。

ミキティあたりに、ボディペインティングさせちゃうのって、アイドル的(キーワード「6」ね)にどうなんだろう???
あ、斉藤さんだったらいいかな(笑)。

[]参考:キッズユニットのメッセージソングの元祖といえば

↑を調べているウチに、こんなもの↓を見つけました。

★禁断のHM〜リトル・ピンク

今は「チャイドル」はほぼ死語ですから、まあいわゆる「キッズユニット」の元祖なんでしょう(笑)。
でも記憶にないなあ。実家ある某所では「おはよう!こどもショー」がある時期からネットされなくなったので、その時期のものなのかなあ...

この歌詞は今は無理。中島早貴萩原舞でカバーしたら、ある種のファンタスティックな世界が展開できると思うけど、間違いなくBPO経由でクレームが来るな。

*1:マイフェイバリットソングの5位以内には入るね。

2005-10-11

[]ハロモニ。での「アイドル」という表現について

ここ最近ハロー!モーニング。で「アイドル」という言葉が度々使われる様になってきましたが、私的にはあまり使って欲しくないと思います。

いや、それは古くからある「娘。アイドルか?アーティストか?」といった主観的な視点じゃなくって、アイドルは本来三人称。つまり受け手が勝手に決めるものだから。

この番組でのアイドルはどちらかというと二人称としての使われ方。二人称と言ってもスター=錦野旦/姉さん=中澤裕子といったイメージの固定化という意味ではなく、「君たちはアイドルなんだからこうしなさい!」みたいな感じですね。(私が書いた)「アイドル」キーワードの6番目の意味に近い。
ただそうすると世界観が窮屈になって、番組としてやれることがどんどん狭くなってしまう。何だか矢口真里の辞任時の文章の悪影響が変なところで出てしまっているんだよなあ(笑)。

ただそれは番組のライタースタッフのイメージ像であって、本人たちや楽曲制作者の描くイメージはまた別のところにあると思う。特に本人達はクレバーに考えているんじゃないかな。今回の文化祭でのある種の自虐ネタ的な構成は、そこから数歩先を進んでいる様に感じる。

#これらの理論は演歌でもそうですね。昔は歌謡曲(流行歌)と演歌(艶歌)がシームレスだったんだけどなあ。

-----

おまけ。
少し増やしました
ハロプロは「1」ないし「1」予備軍(=「4」)から構成されてるものですが、欠けているのは「3」の要素。
女性ファンは年齢によって「憧れ」か「共感」のどちらかの要素が高くなる傾向があるのですが、そのどちらか(あるいは両方)を満たしてくれるアピール力が徐々に弱くなってきています。
エルダー強化年(笑)には無くてはならない要素ですので、頑張って欲しいです。

[]ついでに第三世代の話も...

8年後くらいの話です。早すぎて泣いちゃいます。

今のお姉さんたち(いわゆるエルダークラブ(笑))を仮に第一世代とします。
娘。の5期以降やキッズやエッグといった「娘。に憧れて入ってきた」世代を第二世代とします。

今の第二世代が成長をして、ソロなりユニットでがんばってくれている内はまだ大丈夫でしょうね。

ただ問題はその次の「第三世代」。多分に三連休に文化祭に遊びにきてくれた子達の中でも特に小さな女の子たちのこと。
多分に第一世代ではなく第二世代を見て育つであろう彼女達をどう育てていくか?...が気になります。

伝言ゲームやバケツリレーじゃないけど、人伝えのノウハウは必ず目減りします。
ただ、宝塚は音楽学校というシステムで上手くやっていますし、ジャニーズにも何かのしきたりの様なものがあるのでしょう。
プレイングマネージャーじゃないけど、何かそのあたりで先手を打つことは出来そうな気がしますが...?

[]フラゲ(2005.10.12〜13発売分)

今週は...

2005.10.13発売分
音楽系DVD
美勇伝シングルV「クレナイの季節」/PKBP-5037
初回限定:フォトカード1種封入
シングルV 「クレナイの季節」 [DVD]

それ以外(アイドルアイドル声優・女性モデル・若手女優系のCD)はこんな感じです。

2005.10.12発売分
シングル
鈴木亜美AROUND THE WORLDAVCD-30852/限定盤
紙ジャケット仕様
1万枚限定生産
AROUND THE WORLD (限定生産盤)
アルバム
鈴木亜美AROUND THE WORLD(ジャケットA)/AVCD-17750/限定盤
裏原宿系ブランド"BASE CONTROL"とのコラボTシャツ(メンズ)付き+ジャケットA仕様の8000枚限定生産盤
AROUND THE WORLD (完全限定生産メンズTシャツ付)
鈴木亜美AROUND THE WORLD(ジャケットB)/AVCD-17751/限定盤
裏原宿系ブランド"BASE CONTROL"とのコラボTシャツ(レディース)付き+ジャケットB仕様の4000枚限定生産盤
AROUND THE WORLD (完全限定生産レディーズTシャツ付)
鈴木亜美AROUND THE WORLD(ジャケットC)/AVCD-17752/B
DVD付き
AROUND THE WORLD (DVD付)
鈴木亜美AROUND THE WORLD(ジャケットD)/AVCD-17753
AROUND THE WORLD
島谷ひとみHeart&Symphony/AVCD-17765
ボーナス・トラック1曲収録の通常盤
Heart & Symphony (DVD付)
島谷ひとみHeart&Symphony/AVCD-17764/B/限定盤
DVD付きの初回受注限定生産盤
Heart & Symphony
2005.10.13発売分
アルバム
KOTOKO/421−a will−/GNCA-0017
421-a will-(通常盤)
KOTOKO/421−a will−/GNCA-0016/限定盤
421 -a will? (初回限定盤)

2005-10-10

[]V.A./「モーニング娘。熱っちぃ地球を冷ますんだっ。”文化祭2005」in 横浜(3日目)

まずは私信。
昨日お会いした皆様へ、途中で家族から急用を頼まれてしまい途中で失礼してしまって申し訳ありません。立場上、ケツカッチンも多いです(苦笑)。
またお会いしましたら、その時もよろしくお願い致しますm(__)m。

で、会場を後にしたら「是永美記出てきました」メールが...
コレのヒントにもあるとおり、出演する予感(笑)はあったのですが、まさか帰ったとたんに出演するとは...
是永美記たんのCDデビューを夢見て止まない俺としては、また一歩野望に近づいた感があるので喜ばしいことなんですが、晴れ姿を逃したことでメチャクチャ凹んでいます(苦笑)。

さて、三日目はやや少なめでしたね。
それでも三日間で65,000人の来場者があったとか。
昨年の様なカウント方式だと12万〜15万という計算になるんでしょうかね。しかしそれにしてもお疲れ様でした。

●メインステージ
運営に関しては、極少数の行き過ぎたファンの行為(所定の場所で見ようとしない)はありましたが(これはどんな規制をしても無理か)、総じて安心して観覧することが出来ました。ありがたいことです(コレティ談(嘘))。

最初の演劇については、昨年の様なコントがいいのか、今年の様なセリフ中心のシリアスな劇がいいのかは好みのレベルだと思いますが、私は楽しめましたよ。吉澤ひとみの「お前達のせいだ!!!」は(恐妻家の俺としては)思わず「ごめんなさーい!」と叫ばざるを得ませんでした。まあこれはそーゆー(観る側=参加する側に反省をうながす)狙いがあるので、「おしおきキボンヌ」的な一般的に通用しない言葉を発しない限りはコール&レスポンスでいいんじゃないかな。
残念なのは紺野あさ美の(化学者っぽい)白衣が見られなかったことくらいですね。あれたまんなく好きなんですよ。彼女だけしか味わえない知的なエロスなんだけどなあ。
あ、逆に良かったのは亀井絵里の先生衣装。アレって結構ボディラインが出るんですよね。程よい感じの美乳ラインだってのが判りました。本当に助かりました(笑)。>スタイリストさん

クイズコーナーは常に見られていると意識している子と、そうでない子と差が出て来てます。要は何もしない部分で活き活きとしているメンバーとそうでない メンバーがおりました。良かったのは(これは知人と意見が一致しましたが)矢島舞美みうなですね。それとダブルユーの二人も上手い。一方、Berryz工房のメンバーは、やっぱりちょっと疲れてるのかな...ファンが楽しく盛り上げていかないといけないですね。

ともいき・木を植えたい
何かあるのかなあ?と気になっておりましたが、メインステージ以外では見かけませんでした。
ただそれでも、メインステージで暖かい声援は嬉しいですね。
それと、よく聞かれたのは「他の子はどうなんですか?」ってことなんですけど、さすがのエッグ物知り博士の俺でもそれは知りません(苦笑)。
まだまだ細かい仕事かもしれないけど、事務所サイドからチャンスをあげようって姿勢が見えてきたのは嬉しいです。とりあえず初年度はレッスン&(ハロコン)での発表会という内々での流れだったのが、二年目になって外の仕事へという方向性...それもNPOのキャンペーンガールといったアイドルファンを対象としない仕事に自ら飛び込んでくってのは、(他事務所はともかく)ハロプロではあまり主流ではない方向性ですので、そういった意味でも興味を持っています。
(つーか、俺の諸塚香奈実(多分03)と秋山ゆりか(多分07)はいつ出てくるんだあ!!!)

●フードコート/その他
フードコートのテーブルに「ここはトレーディング行為の場ではない」旨のお断り書きが。
この日に書いたことに関する効果があったのかなあ...なんていう電波な理由じゃなくって、多分に多くの方の声なんでしょう。素早い対応に感謝します。ありがたいことです(コレティ談(嘘))。

(ちなみに2日目の帰りにトレーディング秋祭りを観に行きましたが、結構盛況でした。でも会場内(ミニステージ近くのエリアなど)でやっていればさらに盛り上がったんじゃないかなあ...
今後も会場内スペースを有効活用していただけると面白いですね。スポフェスとか。)

目玉の中華街については、デザートはOKなんですが、点心中心オンリーの店が多かったのがちょっと残念。あのエリアでの調理は困難を極めると思いますが、それでも作りたてのものが食べたかったです。
それと、もう一つの目玉である築地も含め、総じて高かったかな。ヲタは高いものを買うお金があったら一枚でも多く購入したい「もの」があるので、安くておなか一杯になるリーズナブルなものが欲しかったです。
なので端っこにあるお屋台の方が600円程度でそこそこ食べさせてくれるものがあったりして、結構利用価値ありましたね。

また、出口に「再入場は〜」の箇所に訂正の張り紙が。例の「一回だけ」ってのが消えた模様。

[]今日の動き(「モーニング娘。熱っちぃ地球を冷ますんだっ。”文化祭2005」in 横浜)

起きました。
いまから準備して行きます。

モーニング娘。熱っちぃ地球を冷ますんだっ。”文化祭2005」in 横浜ですが、ズームインSUPERによると2日間で来場者は44,000人なんだとか。自治体も絡むある種公的なイベントですから実数でしょう。サバ読む必要性も感じませんし。
昨年が二日間で7万人なのでデータ上では少ない様に感じますが、昨年は会場外のイベントがあった関係上、再入場がとても多かった(自身も一日平均2〜3回は再入場した)。しかし今回はみるかぎり会場外でたむろしている人はあまり見かけず、再入場ゲートも閑散とした感じ。なので比較することはできません。
実際、昨年よりも相当広い会場でもスカスカ感はありません。

ハロプロエッグ(ともいき・木を植えたい)ですが、私が見た2回目/3回目は声援が(昨日より)大分増えました。能登有沙ちゃんの写真をあしらった(自作)ウチワや、古川小夏ちゃんのボードなどを見かけました。
個人的には大瀬楓ちゃんがいいですねえ。なんかCDデビュー前に「TVハッカー」という番組にアシスタントで出演していた頃の森高千里さんに雰囲気が似てます。足もすらっと長いですね。うーん...UFAのお家芸というヤツですか(苦笑)?...期待で来そうな予感。

昨日のメインステージMAXは1400名ほど。少し増えたのかな???

2005-10-08

[]V.A./「モーニング娘。熱っちぃ地球を冷ますんだっ。”文化祭2005」in 横浜

行ってきました。

皆さん急がしそうなので、とりあえず要点のみ。

会場の列について
入場列は、メインステージ観覧希望者の列と、その他の列に別れ、会場外周(2F)に作られます。
私は2回目狙いで8:30前後に会場に到着。先着順に整理番号が配られる(ランダムではない)。結果は1回目の1250番あたり(笑)。ただ後ろは50名程度しか(1回目の入場列には)並んでいなかったので、収容人数は約1300名だと思われます。最終的に居座ったブロックは内緒(苦笑)。
2回目狙いならば今日だったら9:00時くらいに並べば良かったという計算になります。が、明日はどうか?は読めません。あまり比較にならないかもしれませんが、昨年行われた同時開催のCDイベントは日曜の方が集客数は多い。単純に仕事の関係であると思われます。またグッズ目当て客が流れてくる場合もあるので、明日の方が減るどころか増える可能もあり油断は出来ないねえ。
また、1回目をフルに見たので3回目の整理券がいつ無くなったかは不明(苦笑)。

メインステージ
構造は縦に(詳細図を見る限り)168席のアクアシート、1300名程度の一般観覧エリア、(整理番号順に仕切られている)次回観覧者向けの待機エリア、そして整理券を持っていない方向けのエリアという階層。
一般観覧エリアは前後左右の各ブロックごとにしきられたオールスタンディング形式。整理番号順による先着入場方式だが、ブロックと整理番号は対応せず。
マップではエリアの小ささが目立ったため、昨年同様700〜800名程度かなあと思ったが、きちんとした設営ぶりに驚く。オデッセイが仕切っている模様。
前回は横から観覧することも可能でしたが、今回はかなり苦しいですねえ。左端のブロックのさらに左側に横10メートル程度の誰も入れないエリアがあり、さらに柵があって通路となっているため、止まっての観覧は困難。
ただお子さんが多いので融通を利かせてあげた方がいいじゃないかな。まあそうするとダメな連中が乱入するからどうしようもないんだけどね(その開いたエリアに突進して捕まって退場させられたアホがいた(風貌も世間一般的にDQNと呼ばれそうな感じで痛い))。

メインステージ内容
「ここが良かったよ。悪かったよ。」的な内容は割愛(笑)。全体的にドキドキ感があって良かったね。そうだよなあ、ヲタが世の中で一番無駄電気を作るだろうからなあ。
クイズの出場者についてはASA板参照。
ウチのサイトが発信源になったともいき・木を植えたい」について、彼女達は一回目は「エコゲーム」、二回目以降は「自然をまもる活動のコーナー」に登場します。
一回目のオーディエンスには事前チェックしてくれてた方が多く、助かりました。本当ありがたいです。
「エコゲーム」際には自己紹介なし。「自然をまもる活動のコーナー」の時には自己紹介だけというなんとも中途半端な状態ですが、まあ見るだけでも良しとしましょう。自己紹介の時には「のっち」こと能登有沙ちゃんだけ覚えやすいのか声援が多く(それも結構な多さ)、逆に他の子は矢口真里が「○○ちゃーん!」と自ら叫んでいて微笑ましくも痛々しい状況。ハロヲタって「これはイケる」と思った時の集中度は凄いけど、それまでの段階は実に静かだからねえ...まあとりあえずこんなもんだと思って、めげずに頑張って欲しいね。これからだからね。
収穫は大瀬楓ちゃん。写真はキツい感じなんですけど。実物は萌えます。もう高校生の能登ちゃん以外はやはりまだイメージの固定化は難しいですね。
それと...なんか「貴方のところにもお邪魔するかもしれません。」みたいな事を司会者の方が発言しておりましたので、明日以降の行動が気にはなります。

入場者数
パシフィコ横浜の総てのブロックを使ったイベントなので、スカスカかなあと思いましたが多かったです。
ただブースにハロプロが深く関わっている者は人気でしたが、そうではないところはやはり...といった感じです。
一般客も予想どおり多い。
ヲタもそーゆーイベントじゃないと判っているのか(判っていないひと以外は)いたって普通の格好で良い感じ。

ブース
テレビガイドの無料小冊子ですが、完全無料配布ではありません。一冊購入する度に1種類戴けるシステム。なので反響はそれほどでもないですね(私が購入したのが13:00過ぎだからそう見えただけかな?)。「パシフィコ横浜版」もその時点で相当数余っていました。
日清食品提供のテーマシアター、あれは前回入口の暗いエリアにあった巨大スクリーンの延長線上にあるものだと思った方が良さそうです。観た後にそこはかとない脱力感が襲う怪作です。

ヲタのマナーについて
これも知りたいだろう項目なので書いておく。
外の入場列に関しては、徹夜組と思われるあたりには放置されたゴミがいくつか。かなり改善はされている。ただ危険だったのは手すりにペットボトル等が置いてあったこと。当日は強風だったためそのまま下に落ちそうだったので、安全なところに移動させておいた(列移動中だったので、さすがにゴミ箱に捨てるタイミングは逃したが...)。スタッフも気がついたら指導するべき。
最悪だったのはフードコートの席の利用のしかた。
昼食をとろうとすると、(食事が目的ではなく)テーブル一杯にグッズや生写真を広げて談笑をしたりふざけ合ったりしているグッズヲタ連中がウヨウヨしていて最悪な状況。
昨年はもうちょっとマナーが良かった。今年がダメな理由は再入場制限のせいもあるでしょうが、最大の理由はスタッフがナメられていること。「フルキャスト」の急造フタッフはそこら中にいるが基本的にウロウロしているだけで何も注意しない。多分にこれがマナー的にダメだってのがスタッフには判らないんだろうなあ。もうちょっとしっかりしたスタッフが見回ってほしいね。
片付けていかない客は注意しない。放置してある食器を片付けないなど細かい点も目立つ。

それ以外のマナーは総じて良かったですよ。

以上、明日は家庭の事情で(笑)昼前くらいに到着し、ざっと会場および周辺をチェックしたいと思う。

2005-10-07

[][]文化祭いろいろ(その3)

うーん...一気に情報が出てきましたねえ...
ウチのサイトで変なこと書きかねないので、先回りされちゃったのかなあ...と、お約束の電波なセリフを吐きたくなるくらいに(笑)。

昨年は販促イベントに客足を取られてましたが、今回は主催者がリキ入っていて気の遠くなる様な数のチケットをばら撒いている可能性がありますのから、のんびりムードが一転しそうな予感。
なので、「再入場一回のみ」なんて話が出てきたんでしょうねえ...つーか、15時の部の整理券をゲットしたひとは多分に一度は退場するでしょうから、それだけで再入場を損することになるよね。で、再入場しようとしたら長大な入場列が出来てしまってて、15時の回に遅れてしまったなんてことがあったら目もあてられない。ま、このあたりは上手くやってくれると期待したいところですが。

ちなみに個人的にはグッズ必死系じゃあないので、開場の1〜2時間前に並んでまったりと○○ちゃん*1でも見てようかなあ...と考えてましたが、「開始前に整理券配布」ってのはいたずらにステージ必死系の必死度を高めそうな予感...私は横で見ていることが出来れば良いんですけどね。
マジで双眼鏡が必要な予感(笑)。

[]近況系(2005.10.07)

私信。
私は(特に急用でもない限り)文化祭は3日間とも参加する予定ですが、当初の同行者が最近彼女を作ってしまい(笑)10/8のみの参加となってしまったので、10/9〜10は暇になってしまいました(苦笑)。
なのでお暇な方はメールください。
忘れちゃったよって方は下のプロフィールの中にありますので。

-----

おまけ。
自分向けのページ(笑)

[][]文化祭いろいろ(その2)

参加企業のひとつ「グリーンリバー・アート」(NPO国産材)にある「参加の手続き」の中に「詳細図」があります。
とりあえず印刷しておくことをお薦めします。
細かい部分は当日までに変更があるとは思いますが、エリア的にはこれでFIXでしょう。
(他にも色々有益な情報がありそうです。ちなみに「諸注意」に「ガラス割らないで下さい。」とは書いてありませんでした。)

ここで判ってきたことは...

■メインステージ
前回:初日の入退場は適当。これにはファンからのクレームがあり(ファンが自主的に並ぶ場面もあった)、翌日は入替制に変更。但し柵を突破したり、子供優先エリアに乱入したりという光景もあった。
今回:「整理券配布所」があることから「整理券配布→ウエイティングゾーンで待機→入替入場」という流れになりそう。
但しオープニングの入場方法は不明。
客席の収容数は(図を見た限り)500〜700名は詰め込むことが出来そう。
詳細はこちら
「生写真撮影」というエリアもあるが詳細は不明。
(なんとなく悪い予感がしなくもない(笑)。)

ハロプロマーケット
これも公式には明記されていませんが、詳細図を見る限りはハロショの出張店やUFWのショップもここに集約されていそうです(昨年同様)。
但し(前回あった)過去のコンサートグッズ販売については不明。前回同様過去のコンサートグッズも販売する模様。(詳細図に書いてありましたね。申し訳ない。)

ですね。

[][][]安倍なつみ/CD「たからもの」

とりあえず備忘録として。

私はASA板を見るまで知りませんでしたが、動画配信会社「GyaO」で配信される予定のドラマ「たからもの」の主題歌を歌っている「宇喜多千」さんという方が「安倍なつみ」じゃないのかという噂とのこと。

昨日は体調不良で寝ていましたのでまだ聴いていませんが、皆さんがそう仰るのなら、そうなんでしょう(笑)。

情報が確定したら考察してみようと思います。

ネタバレなのかネタなのかさっぱり判らん(笑)。

[][][]モーニング娘。紅白歌合戦「スキウタ」記事

URLはブックマーク参照(笑)。

スポチニでは。

 また、得票数は明らかになっていないが上位はほとんど差がない状態で、最終結果はかなり変わってくるとの見通しを示した。

モーヲタハロヲタって割とここで安心しきっちゃって、後が伸びないっていう印象があるからなあ。まだまだこれからだと思います。
なので投票されていない方は是非どうぞ
LOVEマシーンは「548」、Yeah!めっちゃホリディは「570」。番号を入れるだけでOKです 。
(ちなみに空いてるもう一曲には「272」を選択しときました(笑)。)

[]NRIが語るオタク像

FYIです。

オタクは遍在する――NRIが示す「5人のオタクたち」(ITmedia)

なんだろう...こうやって人を分類定義すること自体が、原点回帰というか1980年のリバイバルってことなんでしょうね。「○金○ビ」とか「根明・根暗」とか、そういう差別的な言葉遊びの延長線上から「おたく」って言葉がスタートしたってご存知なのかなあ?>野村総研さん

*1:”コレ”は伏せておきますね。未確認情報なので...

2005-10-05

[][]モーニング娘。/CD「直感2〜逃した魚は大きいぞ!〜

色々書いているうちにアップが遅くなっちゃったです(笑)。

ASA板より。
まあASA板は批判から始まるのはいつものことなのでアレなんですが、はてな方面での評判は上々の模様。

で、この前の発言...

個人的には「ある曲」のグレードアップ(アップグレード?)版の様な楽曲だと予想しています。

...の「ある曲」とは、すなわちこの曲のことなんですが、予想的中ですね。

等身大ポスターの評判も上々。ヲタにはプレゼント企画で釣っておいて、いわゆる一般リスナーには「モーニング娘。らしさ」でアピールするという流れが見えてきそうです。
ハロプロは近年のマーケティング手法の流れに近く、「打ち上げ花火的なオリコン1位」を重要視するのではなく、「ロングセラーを目指し顧客をいかに満足させるか」いう路線を突っ走っています。
(ちなみに、「発売日にきちんとCDが並んでいるようにして欲しい」って意見を良く書いてますが。売れる売れないの視点じゃなくって、顧客の心をいか掴み取るかという視点で書いています。)

ただ一般総向けに対するアピールが弱く、正直なところ、もう誰が聴いても「あ、これモーニング娘。の曲だろw」ってのはホント最近少なかったです。もう下手したら「そうだ!We're ALIVE」とか「ここにいるぜぇ!」(2002/10/30リリース)まで遡らないといけないかもしれません。
これ以降の曲でも大好きな曲はありますが、コンセプトのシンプル化の傾向が強すぎて、そのあたりがセールス減少に結びついていたんだと思います。
で、この曲ですが、私的には娘。アルバム曲って2〜3回聴けばもう充分っていうレベルの曲が最近は多かったのですが、この曲は違いましたね。いまでも良く聴きます。
なんだろう...つんく♂さんは「よさこいソーラン祭り」にも関わっておりましたが、そのあたりにインスピレーションを受けているような気がしてなりません(笑)。
(これは聴いていないのでなんとも判断できませんが(笑)。)
なので、非常にライブウケしやすいノリに仕上がっており、結果的に「モーニング娘。のライブが最近また面白くなってきた。」という意見に繋がっていると感じます。

なので、世間に健在振りを大いにアピールできたら合格点をあげた〜い、とゆいたいです(笑)。

それと、「2」とかつけるのは何だかワーナーパイオニア臭がありますが(あれ?年号だったかな?)、まあそれはそれで良しとしましょう。「何で『2』なの?」という疑問で話が膨らみそうですしね。
それから、娘。ではアルバムリリース後のシングル昇格って初めてですよね?
(ハロプロを通じてだと「たんぽぽ」以来かな。)

ただアレンジをおかしな方向に持っていくと、曲の良さが潰れてしまいますので、そのあたりは予断を許さなところではありますね。

[]「アイドル」「アイドル声優」キーワード変更のおしらせ

id:helloblogでも、このたび晴れて「はてなダイアリー市民」となりました。
なので早速2つのキーワードを変更。

アイドル」については辞書の内容をそのまま書いていただけでしたので、現代的用法を整理しておきましした。

具体的には...
モーニング娘。松浦亜弥は1。
映画やドラマの主役に抜擢される若手女優は1。
・小倉優子や相武紗季は1。
・女子アナは2。
安藤美姫/浅田真央/片岡安祐美は2ではあるが、1の要素も強い。
宮里藍は2。
・当時の男子小学生からみた長嶋茂雄やブルース・リーは3。
・現代の女子小学生からみたBoA/大塚愛は3。
・「モーニング娘。アイドルか?アーティストか?」の「アイドル」は4。
・ネクストブレイクを期待されている若手女性タレントは4。
・自称ネットアイドルは5。
矢口真里の辞任文章での「アイドル」は6。
...です。

ちなみに...
・「AVアイドル」の「アイドル」とは何?
・「なんてったってアイドル!」の「アイドル」とは何?
...というちょっとした疑問点は残りますが、まあ、それは後々考えるとします。

-----

アイドル声優」については、コメント等を見る限り、1か4かで揉めているような感じがします。
なので人気度が判断できる文章を加えることで、1に近づけました。
但し、4に近いイメージを持っているファンも多数いるのが現状ですね...

[][]文化祭いろいろ(その1)

えーっと、昼休み「TVガイド」の5パターンを入手いたしました。

私は書泉ブックタワーです。1階と6階に10〜20冊程度おいてありますが、お薦めは平積みされている6階の方です。
内容については、巻頭見開きピンナップ(裏には娘。を含めたハロプロメンバーのTシャツ姿も)と中間に文化祭特集です。
前回はあまり評判が宜しくななかったのか売れ残っておりましたが、ハロプロメンが僅かながらも写っておりますので、お早めに。

※文化祭特集は、関東版だけではなくて(購入した)全ての版についておりました。

さて、文化祭の特集記事ですが、放っておいてもどこぞにスキャン画像がアップされるでしょうから、細かいことは書きません(笑)。
とりあえず気になる点をいくつか。

まず、日清食品提供の例のテーマシアターなんですが、どうやらモーニング娘。の新作ムービーを上映するようです。
内容は定かではありませんが、そこに出てくるらしい怪獣の展示もあるとのことで、温暖化で蘇った怪獣に、娘。たちが立ち向かう...か、逃げるか(笑)のどちらかでしょう。
多分にポスターに伏線が隠されていたんですねえ...以前も書きましたがこのポスターは1961年に公開された東宝特撮映画世界大戦争」のパロディなんです。
(よっすぃ〜の宝田明は大いに納得なのですが、ミキティは何故にフランキー堺なんだろう(笑)?「世界で一番おもしろいアイドル」ってことか?)
でも、流石にムービー作ってるなんて思いもしませんでしたよ。そんなに金を使って大丈夫なのか?...つーか、日清食品って凄い会社だねえ...(笑)。

-----

TVガイドブースは今年も無料の小冊子をを配布しますが、3種類あるそうです。どれをいつということは書いてありませんでしたが、つまり「毎日来いや」ってことなんでしょうね(笑)。煽りまくり放題です。

また(去年もあったか記憶にはないですが)、年間購読(14,000円)には2種類、半年購読にはどちらか1種類(7,000円)の特製図書カードがつくとのこと。これは雑誌についている郵便振替用紙を使っても注文できますが、会場で申し込むとその場でプレゼントなんだとか。釣りまくり放題です。

昼休みにざっと読んだだけですので、その他詳細あれば追ってアップいたします。

-----

おまけ

yfc(この日を参照)がどのくらい配布しているのかは定かではないですが、ヤフオクに複数枚出品されている方が多数派なのが妙に気になるんですよね。仮に1口につき3枚(3日分)とすると45万枚配布している計算になるわけで...ははは。

あんまし一般客に迷惑をかけないようにしようね。

それと、yfcとは別の招待券があるとのことで、デザインは同じなのですが、緑色で「招待券」という文字が印刷されているのだそう。
大口でないクライアントの汎用のものだと思われますが、これもどれくらいの威力があるのか、気になるところです。

近況系(2005.10.05)

「北陽」伊藤“逆さづり楽器”で失神(スポーツニッポン)

俺のさおりたんになんてことするんだよorz。

2005-10-04

[]近況系(2005.10.04)

ハロプロとは関係ない話題で申し訳ない。

U-15限定ハロヲタで、「もうそろそろ田中れいなも16歳かあ...そうするともう(娘。では)久住小春しか応援できないんだよなあ。」と日々ぼやいている同行者に、彼女が出来たって話を書いたような気がしますが、先日お互いの気持ちを確かめ合い、本格的なお付き合いに発展したというお礼のメールが着ました。
(「本格的なお付き合い」ってなんだろうね。大人って難しいよね(苦笑)。)

後ろを押してあげたのは俺なので、嬉しいですね。

もともと彼と彼女の親父さんはとは、ある仕事の関係で顔見知りで、親父さんの誘いで家に何度か足を運び食事をご馳走になっているうちに娘さんが気になりだしたとのこと。

あ、彼女はU-15じゃあないです(苦笑)。20歳台です。

その付き合うまでの奇妙なやり取りは非常に参考になると思いますので、まあ順調に行き次第アップするかもしれません。

その彼女はアニヲタですが、ハロヲタに改造中とのこと。
この前「ピリリと行こう!」を歌ってくれたとのこと。
頑張れ(苦笑)!!!

[][]ハロプロエッグ(前田憂佳、有原栞菜、古川小夏、大瀬楓、能登有沙)/「ともいき・木を植えたい」(その2)

パンがなければお菓子を食べればいーじゃない!」さん。

能登、かわいいよ、能登(逆輸入)

うわあ!
やられた(苦笑)!!

-----

ハロプロエッグ情報まとめサイト」さん。
「のっち」デビュー(?)おめでとうございます。
それと、あの件助かりました(笑)。

手に手をとって → 握手会
共に歌って → ミニライブ
共に語って → トークコーナー

気になるのはミニステージなんですよねえ。
なんかやるのかなあ...

[]Berryz工房/「Berryz工房コンサートツアー2005秋 〜スイッチ ON!〜」@東京厚生年金会館(その2)

レスレス。

Beautiful Pears」さん

突然のトラックバックして申し訳ございません。
またトラバします(苦笑)。

私も何度か娘。卒業式に立ち会っていますが、それに比べたら随分あっさり目でしたよねえ。
うーん...ダブルアンコールくらい要求しても良かったかなあ...私的にはそれがちょっと心残りです。

「転校」という印象については、私も似たような感覚は持ちました。
彼女達のリアルな生活では、小学校を卒業しても中学は一緒じゃなくってバラバラだろうし、その感覚の延長で「卒業制作を一緒に作ろう」っぽい感じはしましたね。ある意味タイムカプセルにありったけを閉じ込めた様な感覚です。

そういえば、1990年代にアイドル界を引っ張ってきたCoCoというユニットも、当時の”メンバー”が集まっては昔のライブビデオを見ながら当時の話に花を咲かせるのだそう...ふと、そんなことを思い出しました。

きっと...彼女達も、大人になったら再び誰かの家に集まってこのDVDを見るのかあ...と。

メンバー固定枠の件は、これはあのつんく♂先生の考えることですから、何が起きるか全く予測できませんが、とりあえず空気は読むんじゃないかなあ。
来年は「エルダークラブ」強化年(笑)だと思いますので、キッズ方面はあまりいじらないと思いたいです(希望的観測)。

[]フラゲ(2005.10.05〜08発売分)

今週は...

2005.10.05発売分
シングル
美勇伝クレナイの季節/PKCP-5057
初回限定:美勇伝フォトカード1種封入
クレナイの季節
音楽系DVD
Hello! ProjectHello! Project 2005 夏の歌謡ショー -'05セレクション!コレクション!-/HKBN-50055
Hello!Project 2005 夏の歌謡ショー -’05セレクション!コレクション!- [DVD]

それ以外(アイドルアイドル声優・女性モデル・若手女優系のCD)はこんな感じです。

2005.10.05発売分
シングル
AAAFriday Party/AVCD-30812/B
DVD付き2枚組ヴァージョン
Friday Party(DVD付)
AAAFriday Party/AVCD-30813
1コインCD
Friday Party
木村カエラ/BEAT/COCA-15795
本人作詞、"奥田民生"作曲/プロデュース
BEAT
柴咲コウ/Sweet Mom/UPCH-5335
M1映画この胸いっぱいの愛を主題歌
M2PS2ゲームソフト「CODE AGE COMMANDERS」イメージソング
Sweet Mom
上條ひとみ/キ・セ・キ/FRCA-1138
モデル/タレントとして活躍中の、"上條ひとみ"のデビュー・マキシ・シングル
参考:その1その2
キ・セ・キ
新谷良子/Happiest Princess/LACM-4220
PS2 美少女アドベンチャー「White Princess the Second」主題歌
PS2「White Princess the Second」主題歌「Happiest Princess」
アルバム
SweetS/5 elementS/AVCD-17792/3
通常盤
ベスト・ヒット10曲を収録したボーナス・ディスク付きの2枚組仕様
初回封入特典:オリジナル・ステッカー(500枚のみ直筆サイン入り)付き
5 elementS (通常盤)
SweetS/5 elementS/AVCD-17788/9/限定盤
3000枚限定生産盤
アナログLPサイズ・デカジャケット仕様
12P写真集+ピンナップ付き
ベスト・ヒット10曲を収録したボーナス・ディスク付きの2枚組仕様
5 elementS (限定生産盤・超豪華仕様)
SweetS/5 elementS/AVCD-17790/1/B/限定盤
初回受注限定生産盤
ベスト・ヒット10曲を収録したボーナス・ディスク付き、さらに「シングル全曲のPV+オフショット満載のSpecial DVD」付きの計3枚組仕様
5 elementS (初回限定生産盤DVD付)
ユンナ/Go!Younha/ESCL-2668
Go ! Younha
野川さくら/『野川さくらマシュマロ♪たいむ』#3/LACA-5432
野川さくらのマシュマロ(音符記号)たいむ #3
2005.10.08発売分
シングル
100+8 SEXY GIRLS FROM V.S.O.O.P(煩悩ガールズ)/い・け・な・いルージュマジック/VIZL-148
通常盤
"おちまさと"プロデュースによる、108人編成ガールズ・ユニットのデビュー・シングル
DVD付き
い・け・な・いルージュマジック(DVD付)
100+8 SEXY GIRLS FROM V.S.O.O.P(煩悩ガールズ)/い・け・な・いルージュマジック/VIZL-146
上記の限定盤
初回5000枚生産限定盤A:トランプ仕様トレカ〈煩悩番号1〜54ver.〉付き
DVD付き
い・け・な・いルージュマジック(初回盤A)(DVD付)
100+8 SEXY GIRLS FROM V.S.O.O.P(煩悩ガールズ)/い・け・な・いルージュマジック/VIZL-147
上記の限定盤
初回5000枚生産限定盤B:トランプ仕様トレカ〈煩悩番号55〜108ver.〉付き
DVD付き
い・け・な・いルージュマジック(初回盤B)(DVD付)

おまけ。

2005.10.05発売分
アルバム
Mr.マリック/超魔術ブレイクス/AVCD-17748
超魔術ブレイクス

これ、iTMSだったらウケると思うよ。

2005-10-03

[][]ハロプロエッグ(前田憂佳、有原栞菜、古川小夏、大瀬楓、能登有沙)/「ともいき・木を植えたい」

さてさて先週金曜日に予告した「新しいお友達」の情報です。
具体的には「モーニング娘。”熱っちぃ地球を冷ますんだっ。”文化祭2005in横浜」の出演者情報です。

松浦亜弥ファンのある方から情報をいただきました。ありがとうございます。

あややは元々「HAND in HAND」のサポーターとのことで、今回も何かあるんじゃないかと、運営元のNPO「PLANT A TREE PLANT LOVE」を色々調べたとのことなんですが、その中のインターネットテレビサービスともいき」というサイトにこんなコンテンツがあるとのこと。

「ともいき・木を植えたい」

で、この中に...

前田憂佳(ゆうか)
有原栞菜(かんな)
古川小夏(こなつ)
大瀬 楓(かえで)
能登有沙のっち

...といったメンバーの写真がありますが、情報提供者の方曰く「彼女達って、もしかしてエッグですよね?」なんですけど...

...そう、彼女達は間違いなく全員ハロプロ・エッグです!

それも「拡大写真」&「愛称」という有り得ないおまけつき!!!
(上の氏名をクリックしてみてください。)

推測なので取り扱い注意ですが、「ハロプロエッグ情報まとめサイト」の番号(写真)と比較しましたが、13,12,08,18,21番だと思われます。また年齢順だと推測されます。

さらに、お願いなのですが(笑)、もし余計な検索結果を見つけても掲示板等にアップしない欲しいです。貴方が得たであろう情報はもう既に一部のコアなファン(笑)の間では周知となっておりますので(私は春先に知りました)、自分の心の中だけで楽しむ様にしていただけると幸いです。貴方の良心に期待しています。

以上、「新しいお友達」情報でした(笑)。

ちなみに、旧ページもあった模様。
8月から放置されていたんだな。このページは(笑)。

#肝心のあやや情報については、いまのところ見つかっていないのだとか(苦笑)、頑張って下さいね!!!

[][]Berryz工房アーティスト写真更新

仕事早すぎ。

その1
その2

千奈美ちゃんの笑顔のない写真、見ているとなんだか切ないですね...
こんなの千奈美ちゃんじゃないよ(T_T)。

#つーか、俺の佐紀ちゃんになんかホクロの様なものがあああ...

[]Gatas Brilhantes H.P.以外/ミュージカル「フットサルFESTA ピヴォ☆ガール」

審判は観客席!芸能界フットサルチームがミュージカル対決(サンケイスポーツ)

プロデュースは人気漫画テニスの王子様」のミュージカル化を手掛けた松田誠さん(38)。実際に彼女たちが出場した大会を観戦し、「本気で練習し、プライドをかけて戦った姿を見て、たとえ女優としての経験が浅くとも、舞台で必ず熱いものを伝えられると思った」と直感し、各チームに声を掛け、5チームから賛同を得たという。

賛同を得られなかったのか、もともと声をかける気もなかったのかは知る由もありませんが、ガッタスは別に参加する必要はないんじゃないかと思います。

そのことについての私の意見はASA板に書いておきました。
最初はもうちょっとこのイベントに関して批判的な立場で書こうと思っていましたが、やめました。これは様々な角度で考えてみた意見です。
要は、競技だけでは判り難い各チーム及びメンバーの魅力を再確認するところであり、ガッタスメンバーおよびヲタが悪戯に邪魔をするところではないということ。

私は諸々の理由で(まあ家庭の事情とも言うわな(笑))で回避予定ですが、フットサルファンであれば絶対楽しめると思いますよ。

2005-10-02

[]Berryz工房/「Berryz工房コンサートツアー2005秋 〜スイッチ ON!〜」@東京厚生年金会館

行ってきました。

現場には16:30ちょっと前に到着。
うみのひさんが無事に券をゲットしたとのことで、同行者含め数名で地下のグッズ売り場付近などで開演近くまでまったりと情報交換。つーか俺が一方的に痛い話をしていた様な気がする。マジで申し訳ないです。

ロビー付近にはサイリウムを配っている人たちの中には、女の子たちの姿もおりました。親子連れを中心にサイリウムを渡していた様です。

私は2階の実質2列目の向かって左側で観覧。
2階最前中央は取材クルーなど。K太郎さんもいました。
18:37頃スタート。
オープニングVTRは年齢順で変わらず。

ライブはいつも通り淡々と進んでいきます。

21時までのシンデレラ」後のMCでは早くも菅谷梨沙子が一杯一杯。これは最後まで変わらず。正に「お姉ちゃん行っちゃやだ!」って顔をしていました。

全般的に想い出の一杯詰まっている曲の方が、やっぱりくるんだろうなあ...みんな総じてキレよりも気持ちで押していく様な感じでした。
そうではなくライブで...という曲の方が緊張感が勝るのか、いつも通りのキレはありました。
舞波ちゃん「かっちょええ!」のダンスは気合いが入っていたのか、本当に素晴らしいです。ちゃんと時間さえ与えてあげれば出来る子だったんだけどね。それを言っちゃあおしまいなんだけど、私的にはそのあたりで悔いが残ります。

その中でも夏焼雅ダンスはそんな状況でも的確に、スムーズに動いています。もう染み付いているんだろうね。多分にリクエストそのままのスタンダードなダンスを無意識のうちに身につけているのか、アクがない。彼女は天才なのかもの凄い努力家なのかはレッスン現場を拝見しているわけではないので知る由もないですが、上手い練習をしているなあ...それは伝わってきました。これはファミリー席で冷静に観ないと判らないかもしれません。

最初のヤマは「夢でドゥーアップ」の間奏。3組でまとまってじゃれ合って、その後みんな一緒になるという演出なんだけど、多分に隣にいたであろう徳永千奈美が舞波の変わらない笑顔をまじかで見たのか感極まった感じで、ちょっとウルウルきていました。それは次の「安心感」まで続き、その後彼女からあの無邪気な笑顔は消えました。
ただ次のテクニカルなデビュー曲「あなたなしでは生きてゆけない」で随分救われましたね。

なんとか無事本編は終了。
アンコール待ち時間、カメラが客席側を向いています。これはDVDをお楽しみ...ですね。

アンコール後の進行は「Beautiful Pears」さんに詳細がありますので割愛します。
舞波は、こんなことを言っていました。

熊井友理奈の挨拶の終了後、一段と大きな歓声−
デビューしてから(長い間の)1年半。
一緒に歌ったり踊ったり、色んな経験を、ここにいるみんなと、一緒に活動できたことを、私は誇りに思っています。
今日で、みなさんと会うのは、最後になりますが、(悲しい顔)ではなく、「笑顔」でさよならしたいと思います!
いままで石村舞波のことを、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!
−歓声−
(すいません!)
これからもBerryz工房のことを、よろしくお願いします!

かっこ内は脳内補完です。申し訳ない。
早口で、笑顔で、闊達な感じで話してくれました。

もう最初から最後まで舞波もみんなも涙を見せないって約束して望んだんでしょうね。そんな健気な気持ちが伝わってきます。
それでもMCでは友理奈や梨沙子は泣いています。
アンコール桃子が引き金を引いちゃったのか、「Bye Bye またね」では全員が涙。
でも最後は目一杯の笑顔見せて去っていきました。

高校生以上のお姉さんともなると、涙はリアル/バーチャルを問わず「別れ」だったり「失恋」だったり...いや、いやらしい話「商売道具」や「女の切り札」だと思うんだけど、まだこのジェネレーションはそういった回路が上手く発達していない時期。だから一見あっさり目には見えますが、これはそんな制御出来ない涙でライブが台無しになるのことから逃れる為の(彼女達なりに色々考えた上での)最善の策だったという印象でした。

私的には、ある意味自分たちの「都合」を犠牲にしてまでも、素晴らしいライブを見せてくれた努力と成果の両方をほめてあげたい...って気持ちだけが残っています。

終演後、ロビーでK太郎さんと俺たちの「アニキ」が固い握手。肩組んでおりました。
私はサイリウムを回収している人に「頑張ったね」と握手。いい顔してました。

会場付近では広場が無いため車道にまで人が出たりするくらいにごった返しておりましたが、燃え尽きたのか呆然と何かを見つめているひと、人目をはばからず大泣きしている大の大人の野郎や女の子たち...それを興奮しながら慰めている友人達、舞波ファンの胴上げ...余韻を肌で感じながら会場を後にしました。

[]今日の動き(2005.10.02)

これから新宿の厚生年金会館へ行って来ます。

-----

それと、文化祭のページが慌ただしくなってきました。
来週落ち着いたら傾向と対策を考えていきたいと思いますが、とりあえず、既出かもしれませんが、会場MAPがアップされています。

また、「出店企業」の各社も色々クリックしてみて下さい。

例えば横浜市のG30のページ「モーニング娘。がG30広報大使に任命されました!」もリンクされていますね。
私はコメントに関しては記憶があやふやでしたのでスルーしていましたが、センチュリーランドさん曰く当時は無かったとのこと。

またJALの欄には...

後藤真希ファンクラブツアーin ハワイ」大決定!

...なんて書いてあります。
これも(元々ツアーものはスルーなので)放っておきましたが、娘。コンで明るみになった模様ですね。
文化祭でもチラシは戴けると思われますが、申し込みが出来るのでしょうかねえ???

まあ、そんなこんなで行って参ります。
なるべく冷静に観る予定です。

2005-10-01

[][]V.A./「モーニング娘。“熱っちい地球を冷ますんだっ。”文化祭2005 in 横浜」の主催について

我が家にもFCチケットが到着しました。
(今週始めに届いていましたが、不在だったので先ほど再配達していただきました(笑)。)

もう入手しているので別にチェックする必要もないのですが、とりあえずヤフオクをみてみると...

・代々木会場限定チケット(灰色で例のポスターの絵が入ったもの)
・「yfc」というマークのある招待券(同上、オレンジ色)
FCチケット(緑色、チーム-6%のTシャツを着た娘。の写真付き)

...の3種類のチケットがある様です。
(もっとあったらごめんね(笑)。)

これからが本題。
まずは、もしお手元にFCチケットがあるのならば、それをご覧になると判りますが...

主催:モーニング娘。文化祭2005実行委員会/日本テレビ

...とあります。

そう、前にお伝えしたと思いますが、日本テレビ情報番組や深夜時間帯に「日テレEVENT」というコーナーがありまして、そこで宣伝を行っております。
なので後援に加わったのかなあ...と思っていたら、まさか主催だったとは(笑)。

なので、ASA板にも書きましたが、一気にテレビでの告知、生中継が期待出来るかもしれません。

-----

それと招待券にある謎の「yfc」マークですが、これは「読売ファミリーサークル」です。

読売ファミリー・サークル(YFC)では、現在、15万人の会員の皆様にご利用いただいているサークルです。
YFCの特徴は、ご家族お1人の入会で、家族の誰もがご利用になれる文字通りの『ファミリーサークル』です。
年間会費は、わずかに1,365円(税込み)!YFC会員になると豊富な特典がご利用になれます。 ※なお,招待券、割引特典が受けられる施設は関東エリアが主となります。

なるほど、15万人ですか。
多分に最大のお目当てである「招待券」の多くは関東周辺とのことだから、大多数が関東の会員だと思われますねえ...
ヲタだけのスカスカなイベントだと思っていましたが、なんだか様相が一変しそうな予感だなあ(苦笑)。




参考:タグについて
info:ブログに関するお知らせ/diary:日記・雑談/column:コラム/furage:フラゲ/ranking:ランキング・チャート分析
anime:アニメーション/audition:オーディション関連/book:書籍・雑誌/cd:CD/comic:漫画/dvd:DVD等の映像媒体/event:イベント/fyi:ハロプロやNGP!以外の記事/game:ゲームソフト・遊技等/goods:グッズ類/live:コンサート・ディナーショー/mobile:携帯端末用コンテンツ/movie:映画/online:PC向け動画配信・音声配信・ブログ等/other:ハロプロに関するその他の話題(不祥事等含む)/radio:ラジオ/sports:スポーツ全般/theater:演劇・ミュージカル関連/tv:テレビ番組等

*月別表示
0001 | 02 |
0002 | 01 | 02 |
2004 | 12 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2012 | 01 | 10 | 12 |
2013 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 05 |
2015 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 07 |
旧サイトはこちら