はろぶろ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


こちらは評論・レポート・雑談系ブログです。

ニュース記事はこちら
新譜情報はこちら

記事一覧へ最新状態

リンク系。
オフィシャル系はアンテナで確認すると楽かも。
番組情報:
MoProGuide(バックナンバー) ライブイベント情報:
ハロプロイベント時刻表 ハロ探!
ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net
ハロプロコンサ申込

2006-04-29

[]紺野あさ美小川麻琴モーニング娘。卒業(その2)

昨日は私事により(私らしからぬ)簡単なコメントになってしまい申し訳ありませんでした。
なので、今回はきちんとこの問題を掘り下げていきたいと思います。

さらに。
このブログは一般の方も読まれている可能性があるので、本トピックは「最近モーニング娘。にあまり詳しくは無いが、気にはなっている」という方にもある程度は理解出来る様に書いているつもりです。

夕方発表の理由
以前と異なり、こういった重要事項に関しては夕方に発表するケースが(徐々にですが)増えてきました。
はっきりとした理由は判りませんが、新聞社からの情報流出を防ぐためではないか?と思われます。具体的には事務所からFAXが到着してから翌朝配達するまでに、何者かによって情報が掲示板に流出してしまうことが過去に何度となくありましたので。
また、民放各局が夕方のニュースショーに芸能情報コーナーを定着させつつこともあるでしょう。
今後もその傾向が強まるでしょうね。

今回の件の背景
私はエルダークラブ*1からハロプロエッグ*2まで幅広くチェックしていますが、ハロプロの全体像は一昨年末スポフェスを頂点とする「ユニットとしての全体的な調和性の重視」から、「個々のメンバーの個性を重視する」流れに変わってきています。今年に入ってから特にそうですね(具体的には舞台への積極的な参加など)。
ただ今まではその流れの中心にあるのはあくまでもエルダークラブメンバーであり、モーニング娘。にはその流れは及んでこないとは思っておりました。ただモーニング娘。のコンセプトの一つとして、卒業し自立した活動を行うことがメンバー目標として存在していることもまた事実です。今回の件は今後の芸能活動に含みを残していることから、その流れから自然に浮上してきた話ではないか?...という印象です。

○○が卒業するとの噂?
ファンの日記等をざっと読むと「噂があった(らしい)」という文章を(それほど多くは無いにせよ)読むことができます。
これは、(私は聴きませんでしたが)SSM*3の制作スタッフによるインターネットラジオ番組「第2回 朝まで生!番組制作部」を聴いた方の話によると、ワンダフルハーツ*4に関する何らかの事情を示唆する発言があった模様で、そのことから一部で「何か良くないことが起こるのではないか?」という印象を持たれた方がいらっしゃるのではないかと思われます。

紺野あさ美の及びファンシーンについて
モーニング娘。から離れて久しい方が気になるのは、彼女はどのようなポジションにいる子なのか?だと思います。
歌は正直言って上手くありません...いや個人的には大好きな甘めの声質なのですが、線がやや細いため、激しい曲の多い娘。ではメインボーカル担当する機会には恵まれてはいません。
ただ、先日発売された写真集が一般書店ベストセラーランキングの5位以内に入っていたことから、多分に娘。中では一番人気なのかな?とは感じられていることだとは思います。概ねその解釈で間違いはないでしょう。
(販促合戦*5の影響が少ない、さいたま市の某書店チェーンの総合ランキングでは2位でした。)
モーニング娘。もそうですが、現在のハロー!プロジェクトの多くのファンは、オンリーファン(一推し全力投球型のファン)や、(いわゆる仲良し二人組などの)少数推しファンが中心です。
(俺みたいな何でもOKなDD(常に多数メンバーを平等に愛するファン)はそれほど多数派ではないです。)
一応はハロプロアイドル(アイドル歌手)のカテゴリに属するものですが、雑誌の巻頭を飾るグラビアアイドルの様に外見的なものを求めるのではなく、よりキャラクターの内面を深く掘り下げることによって満足感を得られるシステムハロプロの最大の魅力だと思います。
その中でも紺野あさ美は、”その何者にも代え難い個性”から、かなりオンリーファン度が強いアーティストだという印象が強いです。さらにそれの絶対数が凄いのです。
ただ”その何者にも代え難い個性”は諸刃の剣でもあり、今回の件で彼女オンリーファンのいくつかの日記に目を通しましたが、「卒業と一緒にファンを辞めてしまうかも...」という発言が目につきました。
残念ながら、私はこれを引き止める手段を持っていはいません。

同じく、小川麻琴について
上記については小川麻琴も同様です。
彼女もメインボーカル担当ではなく、活躍の場は「ハロモニ。」のコントコーナーなどが中心です。
よって、掲示板における評価はまちまちなのですが、これについては他のユニットのファンや中途半端に詳しいヲタさんたちにとっては(好きでもないユニット)のメンバーは比較対象の産物にしか過ぎないのかなあ...という印象です。モーニング娘。が好きになればなるほど彼女の魅力に気がつく筈ですから。
彼女写真集も(一般書店における)ランキングでは上位だったと記憶しています。
(一般的な女性アイドルベストセラーランキングにはまず登場しません。深夜番組などで放送されているアイドル写真集ランキングは販促イベントを行っている専門店が中心となります。)
それと...ライブではなくミュージカルで卒業ってのは、本当、彼女らしいですね。

紺野あさ美卒業
まだ秋以降の活動を考えるのは早計すぎるでしょうが、とりあえず。
大検不合格ならばどうするか?はここでは考えていないでしょうが、とりあえず大検合格が前提で話が進んでいるようです。ただこのパターンだと私立大の推薦入学などが考えられそうですね。
また、大学に受かった後はその大学の場所や学部の内容によっては徐々に何らかのアクションがとれるのではないかとは想像しています。
でも、学業はおろそかにして欲しく無いですね。菊川怜さんも眞鍋かをりさんも大学時代の活動はセーブしておりましたから、きちんと卒業はして欲しいです。
もし芸能活動が可能であれば、個人的には携帯サイトの日記で素晴らしい文才を発揮した彼女ですから、まずはブログなどにチャレンジして欲しいものです。

小川麻琴卒業
秋から留学というのは非常にいいタイミングですね。海外では9月から新たな学年がスタートしますので。
さて、UFA留学といえば加藤紀子さんを思い出します(笑)。ただ彼女は有名だったから「フランス何しに行ってたの?」というエクスキューズ的なギャグが通用したのですが...麻琴はそういうことの無いようにして欲しいです。海外は行ってからが大変ですから、気を引き締めて頑張って欲しいものです。
それと...語学留学とはいえ、外国に行けばそこそこの言葉は身に付くでしょうから、語学以外に何を学びたいか?が見えてこないと今後の自分にとってプラスにはならないと思います。貴重な時間を与えられたんだから、落ち着くなんてことはあってはいけないと思いますよ。
彼女も(今後の芸能活動を視野に入れているのであれば)ブログをやって欲しい。海外にいると見られていることに対してルーズになってしまう恐れがあるので。せっかく身に付けた表現方法のレベルを落とさないように気をつけて欲しいところです。

キッズファンも対岸の火事ではない
今、私は多くの日記に目を通している最中ですが、キッズファンの反応は薄すそうです。
実は私の周辺はモーニング娘。ファンはほぼ皆無で、キッズ・U-15系のファンしかしないという悲惨な状況なんですが(苦笑)、その方々に常々「今年から覚悟をしてね」と念を押しています。要は中学三年生メンバーが4名も在籍している(エッグを加えればもう少し増えます)ことから受験問題が浮上する危険はゼロではないということ。いや今年のメンバーが平穏無事でも、こういったことは毎年発生しうるということです。
石村舞波さんの件*6は例外ではないと思ってください。

今後のモーニング娘。について。
卒業してしまう二人やそのファンには大変失礼なんですが、一番気にしているのはこの部分です。
経験上、「学業」云々とか「自分を見つめ直したい」系でメンバーが辞めてしまった場合、セールスに悪影響を及ぼす可能性が高いです。
最近は国家的規模のプロジェクトに乏しく、その中でもビックプロジェクトであるミュージカルが終了する秋以降が本当の意味での正念場となります。
それは、つんく♂氏のコメント...

もちろん、この次の『モーニング娘。』かなり期待して下さって結構です!

から、この先に向けて気を引き締めて頑張りたいという決意を伺い知ることができるでしょう。
正直なところ、俺たちよりも残されたメンバーの方が辛いと思いますよ。ただ、それだけ覚悟を決めたメンバーだと思いますので、それについていくのが筋だと思います。
私も今回の件で燃え尽きることが無いように、気を引き締めていきたいと思います。

*1ハロプロの内、主に20歳以上のモーニング娘。を除くユニットソロメンバーの括り。

*2ハロプロ予備軍たちの総称。

*3ハロプロ関連のTV番組・DVDなどの映像コンテンツに深く関わっている制作会社。吉本興業系。

*4エルダークラブではないメンバーモーニング娘。ら概ね20歳以下のメンバーが中心か、比較的新しく結成されたユニットがこの括りとなっている。

*5:いわゆるサクラ客を使った買い占め。

*6:昨年秋、入学した中学芸能活動の禁止等の理由によりBerryz工房をやむなく卒業・引退。

2006-04-28

[][][]紺野あさ美小川麻琴モーニング娘。卒業

コメントや速報記事は「ブックマーク」にまとめてあります。

一言。

それでも残る子たちを大切にしたいと思います。

2006-04-27

[][][]後藤真希CDガラスパンプスオフィシャルページ

後藤真希:ガラスのパンプス(UP-FRONT WORKS)

まだ出来たてホヤホヤで何も入っておりませんが(笑)...まあ直に何かあるでしょう。
これもアンテナに入れとくべきかなあ...いや、収集つかなくなるのでやめとこう(笑)

ちなみに、前々から気になって仕方が無かったのですが。
なんでこんなこじんまりとした「定型ポップアップページ」に、ちょこまかと情報を詰め込むんだろうねえ。
一ファンとしては、当然ながら更新されないよりされた方が嬉しいんですけど、こじんまりとした定型フォーマットで展開されても重みがないんですよね。

多分にCMSを上手く使ってシステムを構築している様子で、ニュースの即時性については満足できるレベルには達しているのですが、合理性優先主義をアーティストサイドにまで持ち込んじゃっているのは感心しないです。

もっと個性が見えてこないと。

それが出来ないのなら、アウトソーシングすればいいのにねえ...
あ、でもMaxmuseだとか、OngakuDB.comだとか、Yahoo!ミュージックだとかのページがそれなのかなあ...?

[][][]ハロプロエッグプロフィール撮影について

ともいき・木を植えたい日記」の能登有沙ちゃんの日記より。

4月16日
エッグレッスンの前に資料用の写真撮影をしました(>v<)
この資料用というのは、履歴書に貼り付ける証明写真のもっとちゃんとした感じのもので、メイクさんにメイクと髪の毛をやってもらって写真を撮ります。 メイクさんってすごいですよね(*^ω^*)
あっという間に私をキレイにしてくれる・・・『魔法の手』をもっているんだなと思います。
本気でメイクアップアーティストになろうと思ったこともあるんですよVv
で、今回はなんと、髪の毛を巻いてくれました(うわぁ♪)
今まで巻いたことって無かったから、すごく感動しました(笑)もぉセレブ☆って感じで(ノ≧v≦)ノ=●
「こういう会社の受付のお姉さんって居るよね!?」って他の子と言っていました。(いや、本当に綺麗だったんですよ)ほんと、ビックリする位『お嬢さん』になっちゃって・・・(うひっ♪)
私は、かなりの童顔なのでこんな風になるとは正直思っていませんでした;でも、プロはやっちゃうんですねぇ。
あまりにも綺麗だったのでついつい写真を撮ってしまいました(`ε`*)
すごいです☆メイクさんありがとうございました!!
(あの、私が綺麗とかでは無くってあくまでも髪型やメイクが綺麗なんです!!残念ながら私自身はそんな事ないです(;_;))

いや、単純に有沙ちゃんがかわいいから綺麗に写ったと思うよ。

同じく、古川小夏ちゃんの日記より。

4月16日
今日事務所写真を撮りました!!
メイクさんにちゃんとお化粧してもらって、髪も巻いてもらったんですよ! (^∇^) 
写真を撮られることに慣れていないのでとっても緊張しました。
それでも自分なりに頑張ったつもりです!!
何かの機会にみなさんに見てもらえるといいなぁと思っています。
この写真は撮影のあとで、お友だちに撮ってもらったものです。

これからいっぱい写真撮られるんだから、早く慣れように頑張ってね!!!

-----

...さて(苦笑)。

2006.04.16にプロフィール用の写真を撮影した模様ですね。
彼女達は物理的に成長著しいので、こういった写真を定期的に撮らないといけなさそうで大変でしょうが、頑張って良い写真を残して欲しいですね。

エッグについては今までの歌手というお仕事にとらわれないスタイルで進んでいくのだと想像しております。
ただ今までの歌手の場合においてはデビュー時のプロモーション資料などがその役割を果たすと思いますが、一般なタレントだとこのようなプロフィール資料が重要となってくるようです。プロダクションサイドおよびエッグたちは、これを使って業界内のクローズドなオーディションに望むことになります。

クローズドなオーディションは主役級は難しいでしょうが、映画・ドラマ・舞台の脇役(子役)や、CM雑誌などのモデル仕事が中心となるだろうと、今からヤマをはっております(苦笑)。
ただこの方面については、大手タレント事務所キッズ部門、モデル事務所や子役劇団と、そりゃあもう数え切れないほどのライバルがいます。UFAは後発ですので切り開くのは大変でしょうが、是非とも頑張って欲しいものです。
ただ焦ってしまって、バラエティのプロ素人的なものや、ちょっとエッチ水着モデルだとか、闇雲に仕事を取るのだけはやめてね(笑)

で、ファンとして気になることはただひとつ、プロフィールページを作るか否かについてなんですが...

ハロプロの現行のプロフィールページは、ユニット毎に活動することをメインとしています。
一方、エッグは個人が重要視されると思いますが、(現状の)個々のプロフィールに関しては貧弱で物足りません。
またスケジュールは別になっているのは構いませんが、過去のデータについてはCD/DVDや書籍といった発売中情報のみで、TVラジオ映画・演劇などの出演に関しては過去のものは一切掲載していません。
これはトップに位置しているメンバーの情報量があまりにも多いからなんでしょうが、そのポリシーをこれから次代を担うであろうキッズエッグたちにもそれを適用するのはちょっと問題かなとは思います。

一方、一般的なタレントエージェント事務所の多くはタレントプロフィールページに重みを持たせています。
ブログなどはファン向けだとは思いますが、プロフィールプロモーション的なフレーズを入れてみたり、過去に経験した作品についてもきっちり掲載されているプロダクションも多いです。

これがタレントエージェントの力量の差としてそのまま現れるのかもしれません。

[][]ハロプロエッグ/2006ニッセン”ちょっといいな”飛行船チャリティキャンペーンソング「空がある」(その3)

古い話題は近況の下に入れときます(苦笑)。

続き

他のサイトでもこの話題を扱い始めましたので、こちらでも。

べり〜キュ→ト」さん(シェナーさん)によると、CDを配布するそうです。

京都は当日別件があるために東京会場オンリーになりそうですが、私も彼女達が会場に来る来ない関わらず「CDくれ」ってゆいたいです。

[][][]つんく♂/福岡出身の元モデル加奈子」さんとお見合い結婚(その2)

続き

はたけ日記」さん(笑)

自分のなかでしっかりストーリー組んでからしか人前にだせへん完璧主義や。

なるほどなるほど(苦笑)。

-----

さて。
そのストーリーを私なりに解釈してみます。

つんく♂さんの結婚について、特に「(元を含む)ハロプロメンから選ばなかったこと」については、結果として某秋元・後藤両氏と同じ轍は踏まないという意志を貫き通したということで、コアなアイドルマニアからは賞賛を浴びている模様です。

ただ、多分に皆さんが一番気になっている点は、「女の趣味が変ったのか?」「もうハロプロっぽいタイプ女性には飽きたのか?」みたいなことだと思います。だってハロプロにはいないタイプ女性だからねえ。

あまり具体的なことを書いちゃうとアレなので抽象的に話を進めていきますが、基本的には男性は「ないものねだり」なんです。
それを単純に考えると上記の様に「やっぱりハロプロに飽きちゃったからなんだよなw」ということになりますが、そんな単純なことではないと思いますよ。

話を意図的にそらしますが、ここを読んでる貴方へ。
まず、「俺の○○ちゃん」ってすなわち「理想の女性」であると同時に「ないものねだり」でもありますよね?
次に自身の女性遍歴(あればですが)を紐解いてみると、結構よく似たパターン女性が多いのではないでしょうか?
で、よくよく考えてみるとその彼女は「理想の女性」というよりは「一緒にいて楽しい(落ち着く)女性」であることに気が付く筈です。

つんく♂さんも人間ですから、そういったツーパターン女性像がある筈で、コメントからも「一緒にいて楽しい(落ち着く)女性」を選択されているフシがあります。
じゃあ「私(たち)と一緒にいても楽しくなかったんですか?」と言いたそうな「理想の女性」なみなさん(って何だそりゃ(笑))へ。多分にそれは違うと思うんですよね。

多分にあの方は「理想の女性」は「理想の女性」のままにしておきたかったのでしょう。

つんく♂さんを「堅実でストイック(禁欲的)な方」と称した文章をどこかで読んだことがありますが、まさか結婚までそれを貫き通すとは思ってもみませんでしたよ。つくづく凄い人ですよ。この方は。

俺も見習って頑張んなきゃなあ(何をだ?(笑))。

[]近況系(2006.04.27)

リアル近況。

我家全体が風邪による体調不良に陥り、更新が停滞しておりました。
申し訳ない。
でも、来週でなくて良かったです(苦笑)。

2006-04-25

[][][]つんく♂/福岡出身の元モデル加奈子」さんとお見合い結婚

記事はブックマーク(2006.04.2425付)参照。

本人コメント(動画もあり)はこちら

さて、第一報を見た時点で思い浮かんだことは以下のとおり。

奥さんは元ニューハーフか?
つんく♂さんといえば真っ先に思い浮かぶのがニューハーフとの熱い一夜。だけど今回はどうやら違うみたい。残念ながら元モデルでした。

奥さんはオーディションで選んだのか?
オーディションではなくお見合いでした。ただお見合いも基本的には書類選考→面接には変りませんからねえ...さらに元モデルということで、もしかしたら映像チェックも入っているかもしれないですなあ。

奥さんは地域買いか?
多分にそうだと思う。
男なら地域買い。

加奈子さんって誰?
正体は一報後30分くらいで絞り込めましたが、つんく♂さんが控えている以上、こちらもアップは控えます。男なら当然です(苦笑)。
写真デイリースポーツなどで拝見しましたが、真の「にょきにょきチャンピオン」は彼女なのかもしれませんね。

カジュアルお見合い」ってパシフィックヘブンかよw
カジュアル」で真っ先に思い浮かぶのがUFGの某直営店。でもこの手のお見合いは男が出向かうと思われるので、まあ福岡でしょうなあ...
でも「カジュアル」ってUFG界隈でのローカル流行語なのかもしれないねえ。℃-uteのアレもカジュアルCDリリースだったりして。

それと、中日スポーツが珍しく張り切って書いているのでアップしときます。このサイトはWebアーカイブでは捕捉されない傾向があるので...

 モーニング娘。らのプロデュースで知られるつんく♂(37)が6月に結婚することが24日、分かった。所属事務所を通じてマスコミ各社にファクスで発表した。お相手の女性は、福岡出身の元モデル加奈子さん(25)。つんく♂によると、昨夏に気軽な“カジュアルお見合い”で知り合い、交際6カ月でプロポーズ。いずれも初婚で、式の予定などは未定。加奈子さんの妊娠はないという。

 ヒットメーカーつんく♂が、ついに“独身貴族”を卒業する。「決して出過ぎない自然な人柄にリスペクトする部分がすごくある」とゾッコンの様子のつんく♂。身を固めて心機一転、今秋、6年ぶりとなる「シャ乱Q」の活動再開に備える。

 ファクスによると、つんく♂は昨春、昔からの福岡の友人に「お見合いしたいなぁ…」と依頼。しばらくして、7月に当人たち同士で“カジュアルお見合い”をし、8月に交際をスタートさせた。

 遠距離恋愛でメール、電話などで愛をはぐくんできたが、11月に加奈子さんが上京。今年1月に「結婚するぞ」と男らしくプロポーズ。すでに、2月に加奈子さんの両親へのあいさつもすませたという。

 つんく♂は、加奈子さんと会って、「『感動を分かち合える』という、かつてほとんど意識したことがない気持ちが生まれた」と告白し「末永くこの感動を共有し合えれば最高だと感じています」と喜びのコメントを発表している。

 関係者によると、「シャ乱Q」のメンバーは前日夜(23日)に、まこと(37)の家に緊急招集され、その席でつんく♂加奈子さんを紹介したという。

 はたけ(37)は数十万円する「シャ乱Qデビュー年のシャンペンを、たいせい(36)はケーキを用意。まことは、つんく♂の好きなカレーを手作りして結婚をお祝いしたという。

 ◆あややらお祝い

 ▽シャ乱Qはたけ(37)「シャ乱Q始動のめでたい年に、さらにめでたい演出や。ついにシングルベッド卒業やな」

 ▽同・まこと(37)「メンバー最後の独身男!! ついに結婚とは、うれしい!! 末永く幸せに!!」

 ▽同・たいせい(36)「な〜んか、すごくくすぐったい感じもするけど、でもよかったね!! もしかしたら一生結婚しないんじゃないかって思った時期もあったから」

 ▽元モーニング娘。中澤裕子(32)「えーっ!! 本当ですか? つんくさんは結婚しないと思っていたので…。ちょっと残念ですけど、おめでとうございます」

 ▽同・安倍なつみ(24)「つんくさんのプライベートは一切謎だったので…驚きました。お相手の方がすごく気になりますが、きっとすてきな方なんでしょうね」

 ▽モーニング娘。吉澤ひとみ(21)「大変お忙しかったのに、お相手見つけられたんですね。ハロプロメンバーにとって、つんくさんはお父さんみたいな存在なのに、だんなさんになるなんてちょっぴり寂しい」

 ▽松浦亜弥(19)「本当にほんとにマジでうれしいです!! でもなんかジェラシー。大切な人ができたからって私たちに冷たくしないでくださいね。今度つんくさんと奥さまとで私を食事に連れて行ってください」

ついでにサンスポも。

シャ乱Qギターはたけ(37)
婚約おめでとう。シャ乱Q始動のめでたい年にさらにめでたい演出や。ついにシングルベッド卒業やな。今後も最高のエンターテイナーとして輝き続けてください」

◆同ドラムまこと(37)
婚約おめでとう! メンバー最後の独身男! ついに結婚とは、うれしい! シャ乱Q始動の年に、さらにおめでたい話、いいことづくしで本当にうれしい! 末永く幸せに!」

◆同キーボードたいせい(36)
「つんちゃん! 婚約おめでとう! な〜んか、すごくくすぐったい感じもするけど。でも、よかったね! もしかしたら一生結婚しないんじゃないかって思った時期もあったから。これで新しい家族も増えるっつーことで、また一緒にがんばっていこー!」

元モーニング娘。中澤裕子(32)
「えーっ! 本当ですか? つんく♂さんは結婚しないと思っていたので…ちょっと残念ですけど、おめでとうございます」

◆同、安倍なつみ(24)
「驚きました! つんく♂さんが結婚!? つんく♂さんのプライベートは一切謎だったので…驚きました。きっとすてきな方なんでしょうね。運命の方とめぐり会えたんですね。これからも奥さんが一番になっても、安倍なつみハロー!プロジェクトをたくさん愛してくださいね!」

歌手松浦亜弥(19)
つんく♂お父さん! おめでとうございます。本当にほんとにマジでうれしいです!! でもなんかジェラシー…。大切な人ができたからって私たちに冷たくしないでくださいね! 今度つんく♂さんと奥様とで私を食事に連れていってください。末永く幸せに!」

モーニング娘。リーダー吉澤ひとみ(21)
「ついにご婚約おめでとうございます! モーニング娘。メンバーを代表してお祝い申し上げます。私たちハロー!プロジェクトプロデュースや、その他のお仕事で大変お忙しかったのに、お相手見つけられたんですね。ハロー!プロジェクトメンバーにとって、つんく♂さんはお父さんみたいな存在なのに、だんなさんになるなんてちょっぴりさみしい気持ちになったりもしますが、どうか末永く幸せに! そして、Happy Wedding!!」

平成13年につんく♂プロデュース曲「おふくろの子守唄」を発売した歌手五木ひろし(58)
シャ乱Qの活動再開、家庭を持ってからのより一層のご活躍を歌手として、男として期待しております」

平成15年につんく♂作詞作曲した「大田区でプロポーズ」を発売したお笑いコンビテツandトモ
「やはりプロポーズの場所は大田区だったんですか? なんでだろう?」

なるほど。
つんく♂さんは、みんなにとってはお父さんでもあり、そして仮想恋人的な存在だったのでしょうね。

なっちの「プライベートは一切謎だった」については、高橋がなりさんとの対談本とか週刊モーニングの単行本あたりを読むと、どんなAVが好きだとかは判ると思います(そっちのプライベートかよ(笑))。でもなっちは読んでも解らなかったりするんだろうなあ。でもそんななっちが大好きです(苦笑)。

最近では、ハロプロ最前線に立って陣頭指揮をとるといったスタイルではなく、シャ乱Q活動再開といい、つんく♂tvといい、時東ぁみプロデュースといい、一歩引いた活動が目立つようになってきましたので、時期的に結婚という文字が頭の中で現実味をおびてきたのでしょうね。ただそれを実行に移すのは並大抵ではいかないことなので、このあたりの組み立て方はさすがプロデューサーといったところです。

末永く幸せに。

[]フラゲ(2006.04.26付)

ハロプロ関連の新譜は下記のとおり。

2006.04.26発売分
●DVDビデオ
アヤカ他/ゴルフレッスンDVD「Digital Swing Revolution〜ここから始めればGolfは簡単〜」/HKBN-10005
片山晋呉&谷将貴 Digital Swing Revoution ~ここから始めればGolfは簡単~ [DVD]

以上。

それと、ウチでは何故か取り上げない*1ソニンさんのドラマDVD-BOX「いちばん暗いのは夜明け前」(FDSD-36)(ASIN:B000EQIQR4)が本日(4/25)付けでリリースされています。

[][]松浦亜弥/「ダメ。ゼッタイ。」ポスター

古い記事で申し訳ない。

キャンペーンキャラクター紹介(薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ)

これで「ダメ。ゼッタイ。」ってゆいたい時に、このリンクが使えるよな(笑)

ちなみにこのポスターは...

(イ)地域団体キャンペーン
薬局、診療所、理・美容業、旅館業等地域団体のご参加を頂いて、募金箱の設置やポスターを掲示して頂くほか、

(ダメ。ゼッタイ。」普及運動について)

...の模様。

以下は単なる余談。
この手の薬物撲滅運動系だとこれを思い出します。

つーか、まあ俺たちからしたら「ベリヲタやめますか、それとも人間やめますか」ってことか。「Berryz工房は確実に、そして無残に貴方人生破壊します。」だな。
つーか、「ベリ」の部分は「モー」「ハロ」「アイ」「グラ」「声」「アニ」「ゲー」「鉄」などに置き換えることが可能。ヲタなんて所詮そんなもんです。

注射器のところはハロプロだと何になるんだろう?
声ヲタだと確実に「めろめろステッキ」だと思うが(笑)

*1:取り上げない理由はただ単にハロプロではないからです。嫌いとかではないですよ。ちゃんとライブとかも行きましたし...って言い訳がましいなあ(苦笑)。

2006-04-21

[]近況系(2006.04.21)

リアル近況。

FCグッズ、いつもはWeb申込→コンビニ支払なんだけど、今月はなんだか知らないけどありえないくらいに高額になったため(なんでだろう?)、久しぶり郵便局支払にしました。
しかし...いつまでたっても払い込み票が届かない...なのでFCに問い合わせようと受付メールを見直したところ「備え付けの青いヤツに自分で書いてくださいwww」との文言が...

ああ...確かに昔はそうだったかも...つーか、未だにこれなのか!

これだったら、最初からDM同封の申込用紙に記入した方が早かったかもしれんorz

-----

某所でも書きましたが、「娘DOKYU!」の田中れいな看板コスチュームがたまらんちんだったよね。

こんな子が看板娘だったら、タンメンをひっくり返し頭にぶっかけられても全然平気かもしれない。
いや、それは気持ちの問題だけで、身体はリアルに火傷するだろうから、出来れば茶ソバを注文したいところだ。

それと...「笑顔になりきれない子」っていうシチュエーションは、ドラマやアニメでは使い古されたものではあるんだけど、本物やっぱり一味も二味も違う。かなり高度な萌え属性。「俺の求めていたのはこれだ!」と心の中でガッツポーズをしてしまっただよ(苦笑)。
本当に楽しそうな時の顔を知っているからこそね。

[]ハロプロエッグ/2006ニッセン”ちょっといいな”飛行船チャリティキャンペーンソング「空がある」(その2)

続き
お約束の二人の印象です。

橋田三令
この子も今回で晴れて漢字氏名公表となりました。
といっても既に判っていたことなので驚きはゼロなのですが(笑)...それにしても可愛く写っていてびっくり。いや可愛いのは始めから判っていることなんだけどさ(笑)...でも、もうちょっとクールイメージだと思った方も多いはず。いやいやこれで正解ですね。
彼女に付いている余分なものを剥ぎ落とすと、素直な13歳の女の子が浮かび上がってきます。

さて、その「余分なもの」についてですが(笑)彼女についてはダンスを習っているという情報が一人歩きしています。私は別に問題視はしておりませんが*1...
ただねえ、今コドモでも激しいダンスが目立つんですよね。「ゴリエ杯争奪全日本チア選手権」でその光景を目の当たりにした方も多いはず。
ただ俺的には、これは疑問に感じています。単純に競技(スポーツ)として考えるとそれでいいのかもしれないけど、ショービジネス(エンタテインメント)の世界で将来どれだけ役に立つのかは正直疑問。いや「バックダンサーやればいいじゃんw」かもしれないけどさ、ハロプロではステージの真中に立つ子を養成しているのだから、それとはまた違う才能が必要です。

で、彼女は実際どうなんだろう、もしかして「ハロプロはヌルいぜwww」と感じているのだろうか?そこで今年の1月、リアルに大雨降りしきる中、柏までその姿を観に行きました
この時はクラブイベントではなく、純粋に関東の小中高校生向けのダンスコンテストという趣で、案の定HIPHOPチームが大勢を占めていました。小学生はちっちゃいから何をやらせても可愛いで済むんだけど、中学生だとどうしても汚くなってしまうんだよね。アイドルでもちょっと前に「KING」ってのがいたけど、あんな感じになっちゃう。素顔はみんな可愛いのに無理に汚してしまうんだよね。実に勿体無い。
ただ、彼女が踊っていたのはLOCKチームで、この中では逆に異色の存在。激しい中でもLOCKは視覚で楽しめるいわゆるショータイムっぽい演出が出来るから、年齢相応の女の子らしさが出ていて好感がもてました。彼女の所属しているスクールからは小学生HIPHOPチームも出場しておりましたが、中学生以上はそのあたりを柔軟にしている模様。そういうのって(将来のためには)凄く重要だと思います。

長くなったけど、今までのダンスが上手いというベール(イメージ)をどう脱ぎ捨て、いわゆる裸の自分が出せるかが、まず最初のハードルだと思いますよ。頑張ってね。 あ、本当に裸にはなっちゃダメだよ(笑)

北原沙弥香
彼女も今回で晴れて漢字氏名公表となりました。
いやあ、ツンツンしてますねえ。ナイスですね〜。ナイス過ぎですね〜(笑)
つーか、ビデオ映像でみたまんまのツンツンぶりに正直驚いています。もうちょっと柔らかめに仕上げてくるんじゃないかと思ったけど。まさか剛速球を投げてくるとは思わなかった。
しかし、ヤバいよなあ。これ、もうちょっとソフトフォーカスがかった感じにすると、1970年代後期の少女ヌ...やめとこう。ここはよい子も読んでる楽しいページだからね。

あとは性格だな。もし甘えっ子だったらいわゆるツンデレだよな。こんな落差の激しいツンデレテレ東TVK深夜アニメでもそうそうお目にかかれない。剛速球で直角に落ちる球なんて誰も打てやしねえぜ。
いや、もし性格もツンツンしていたらスゲーよな。キャッチャーミットに納まったと同時に球が焦げちゃっている様なもんだな。
とまあどっちに転んでも一部マニアにはたまらない存在だと思います。いやマイナー(ファン)のために頑張らなくていいから、メジャーを目指そうね。

[][]℃-uteデビュー予定曲を「公認!アップフロント着信。」で先行配信(その2)

続き

べり〜キュ→ト!! 」さん(シェナーさん)から教えていただきましたが、どうやらバタバタしている模様です。

シェナーさんが公認!アップフロント着信。お知らせページ(仮称(笑))から対象の楽曲(楽曲名不明)が削除されたことに気がつき、先方に問い合わせたところ、

この曲は5月6日(土)、7日(日)に℃-uteがオープニングアクトで登場する
モーニング娘。コンサートツアー2006春〜レインボーセブン〜」の会場にて
来場者へ限定販売されます。その後の商品および楽曲の取り扱いについては未定です。

一般発売の有無やデビュー曲タイトルなどは今のところ未定です。

...といういきなりの急展開(笑)

その際のやり取りは「べり〜キュ→ト!! 」さんをどうぞ(笑)

どうやら事務的に出してしまったのかもしれませんね。

この調子だと、また何かあるかもしれません。
(その3)をお楽しみに(笑)

-----

以下は個人的見解(笑)
℃-uteの今までの戦略について私は「小出し戦法」と呼んでいます。前回の動きから、私は何曲かを先行配信し、気運が高まった段階でメジャーデビューするのかなあと思っておりましたが、限定CDを絡めてくるとは思いませんでした...って、これすら確定なのか判断つかない部分もありますが(笑)

ただ、メジャーデビューの前にワンクッションおくということは確定でしょうね。

ただ、よくありがちな「インディーズで評判がいいからメジャーデビュー」という販売戦略に沿うのならばいいのですが、この場合は単なる会場限定CDならばインディーズとは呼ばないんじゃないかなあ。いわゆるDVDマガジンみたいなグッズ扱いとしての商品。うーん...ちょっと勿体ないね。

ただ近年はオリコンコンサート会場での販売をカウントするとのことなので、一応インディーズ扱いにして、形式上一般販売(会場先行発売)にして、それだけでチャートを狙うとしたら、それはもうミラクルとしか言いようがないのですが(笑)

それと℃-uteファンは全国にいます。
今までの限定DVD(イベント会場DVD)については後日にFCのDMにて別途購入出来ましたし、ライブDVDはメールオーダーできましたから、地方のファンに向けての販売手段は確保して欲しいものですね。

*1:私の知る範囲では他にもスクール出身の子がいます。古川小夏ちゃんも「ともいき日記」の中で触れてますしね。

2006-04-20

[][]オーディショングランプリが「該当者なし」というのは何故?(その2)

続き

すべての道はさいたまに通じる」さん。

なるほど。
私のトピックはマイナス面のみでしたが、プラス面も忘れちゃいけませんね(汗)。

6期メンの評価は難しいですね。あれはライブドア提供(笑)の国民投票が評価を難しくしているかもしれないですし、5期でコネ疑惑などヲタが騒ぎすぎたので秘密主義に傾いてしまったことも原因かも。ただ、ビジュアル面では文句のつけようは無いです。
(嶋田歩さんを落とした理由(推測)はこのあたりに書いときました。)

2003年の「新ユニットオーディション」(三好絵梨香が選ばれた)のときは(1-C)のようなコメントがありましたが、当時の状況から(1-B)の要素もあったかもしれません。

つんく♂さんが「闇雲に新ユニットを作るぜ!イエイ!!」ならば1名合格の結果は物足りないものだった...つまり「(1-B)」かもしれませんが、もしこの時点で「石川梨華を中心とするユニット」の青写真が既にあったとしたならば、三好絵梨香ボーカルパフォーマンスサポートとしては余りあるものがありますので「(1-C)」だったのかと思います。
「え?そんなこと決まってたの?」かもしれませんが、あまり無闇にイメージを狭めさせちゃうと優秀な人材は集まりませんからねえ(笑)。特に「石川さんと組ませる=音楽的なクオリティ度外視」ってイメージだけが先行しかねませんから(苦笑)。

7期のときは、一度「該当者なし」になったのが(1-A)で、その後久住小春が選ばれたのはそこに(1-C)を含むのでしょう。

そうですね。
ただ「ラッキー7」の場合は2次審査まではそこそこの期待感はあった筈です。何故そうなってしまったかの理由も何となく判ってきました。詳細は気が向いたら書きますが、要は(他の)事務所提携系ミュージックスクールオモチャにされちゃったことが原因でしょう。

-----

それと、今気がついたのですが、これ忘れていました(大汗)。

E) 事務所斡旋モデルとのバランスの問題

ハロプロではあまり馴染みはありませんが、ファッション誌の多くは読者モデル事務所斡旋のモデルとの両輪で構成されておりますので、そのバランスによっては読者モデルの選考が左右されるかもしれません。あまりあっちゃいけませんけどね(笑)

まず、創刊前には読者はおりませんので、モデルタレント事務所のお世話になります。ただ雑誌が成長するにつれて、やがては読者オーディション中心に切り替えてることになります。が、それでも斡旋組は残ることにはなりますし、さらに新たな子がやってくる場合も多々あります。
また、読者オーディション合格者のマネージメントまで出版社が抱えることには無理がありますので、合格後に(出入りしている)モデルタレント事務所に所属させることになります。
よって、合格後は読者モデル事務所斡旋モデルも同じ土俵で戦うことにはなります。違いは雑誌専属契約をするかしないかですね。ただ、やはり読者にとっては「生え抜き志向」が強いので、やはり読者モデルの方が人気がでますね。
このあたりの心理面がハロプロでよくありがちな「コネ疑惑」につながったりします*1
でも、これは異常なことではなく、例えばアイドル声優でも専門学校や養成所出身の子の方が、タレント転向組よりも愛着が湧くでしょうから、それはどこでも同じですね。
(と考えると、小春ちゃんに対する声優ヲタさんの微妙な心理面が見えてきそうです。苦笑。)

話を戻します。
上記を斜め読みすると「じゃあ読者オーディションはやらせかよw」と思っちゃう方もいらっしゃる思いますが、今のご時世そんなことすると一気に知れ渡りますので、まずそれはないでしょう。
むしろ、このオーディション事務所側も物凄い恩恵を受けられるんです。それは雑誌の性格上、月に数回の上京をすればよく、都会・地方の格差はないので、事務所サイドからすると地方の優秀な人材の確保が効率よく出来るんですね。
最近の好例は「ギャルサー」に出演している新垣結衣です。彼女は沖縄在住中にジュニアローティーンファッション誌のnicolaの読者オーディションに合格。その後長谷川京子が所属するレプロエンタテインメント(レヴィプロダクションズから改称)に斡旋され所属(この雑誌の合格者は確か事務所を選べると明記されていた気がします)。雑誌では常にトップモデルの位置をキープしつつ、高校入学と共に上京し現在に至ります。

このシステムを上手く利用しているのは、実は音事協事務所よりも音制連系事務所の方です。具体的にはスターダストアミューズ、スペースクラフトですね。また吉本と関連がありそうな先駆舎もそうかな。なので、もしハロプロがなかったらUFAもこのシステムを有効活用していたかもしれません。

*1:当然ですが実際は違います。このあたりは後でまとめようと思います。

2006-04-19

[][]ハロプロエッグ/2006ニッセン”ちょっといいな”飛行船チャリティキャンペーンソング「空がある」

いくつかのサイト経由で、ハロプロエッグ福田花音ストューカス・ロビン・翔子北原沙弥香橋田三令が歌うキャンペンソングが下記サイトにてアップされている模様。

2006ニッセン”ちょっといいな”飛行船チャリティキャンペーン:キャンペーンソング(Nissen On-line)

いわゆるチャリティキャンペーンのマスコット的なお仕事なんでしょうけど、まさか曲まで作っちゃうとは思いませんでした。
こういったものをさりげなく作っちゃうって凄いよね。フルコーラスだし(笑)

で、特徴はストリーミングに加え、ダウンロードが可能となっていることですが、MP3ってのが扱いやすくっていいね。
iTunesで開いたところ曲名は『「空がある」mp3 master 』となっています(笑)。できればアーティスト名などは入れていただきたいところですね。
ちなみにトラックNoは"1/4"で、192kbpsです。iTunes6.0.4でエンコードしている模様。

作詞はH.U.B.氏、作曲・編曲は高橋諭一氏。この部分だけ何故か画像になっています(笑)
JASRAC作品検索サービス」には掲載されていないことから確かに「できたて」ですね。誰が利権を握っているのかも気になるところです(苦笑)。
曲調は1970年代SSWアーティストっぽい、けがれのないさわやかなポップチューンで*1、Cメロの部分がソフトロック調なのが嬉しいところ。さすがは高橋(笑)

基本的には飛行船飛ばしてナンボのプロジェクトですが、地上でのイベントもある様です。
このページでは彼女たちが出演するかどうかは明記されておりませんが...

イベント当日会場にお越しいただくと、できたてのキャンペーンソングの演奏会に無料でご参加いただけます。

...うーむ。「演奏会」か...
鹿児島のエッグヲタの方、人柱になってくださると嬉しいな(苦笑)。
というかこの流れで出来た曲でしょうし。

また、今回この4人の中で公式に漢字氏名を公表された子が2名おります。
この二人については、後述するかもしれません。

[][]℃-uteデビュー予定曲を「公認!アップフロント着信。」で先行配信

べり〜キュ→ト!! 」さんより。

アップフロント着信。にて4月26日より℃-uteデビュー曲着うたで先行配信開始!!
デビュー日については今のところ不明です。詳しいことはわかり次第更新します。

まじっすか(笑)

なので、早速、問題の無題ページ(「公認!アップフロント着信。紹介ページ」と俺は呼んでいる(笑))をチェックしましたが、確かに...

着うたTM℃-ute デビュー曲 04/26

...とはありますね。

うーん...こちらではとりあえずどんな曲かが判るまでは、上のトピックタイトルの通り『デビュー予定曲を「公認!アップフロント着信。」で先行配信』としておきます。

℃-uteは随分と待たされた上でのデビューなんですから、タイミングを逃さず、ドカーン打ち上げて欲しいですものですよね。

#上記の考えに至った点は後で追記するかもしれません。エッグトピックタイミングと一緒に(笑)
#追記。眠いので明日以降にします(笑)

*1:けがれまくっているであろう君はこの曲を歌えるか? つーか、「利権」がどうのこうの言っている俺は真っ先にダメだなorz

2006-04-18

[]フラゲ(2006.04.19付)

ハロプロ関連の新譜は下記のとおり。

2006.04.19発売分
●DVDビデオ
安倍なつみシングルV「スイートホリック」/HKBN-50062
シングルV「スイートホリック」 [DVD]
矢口真里清水佐紀他/映画ふたりはプリキュア Max Heart2 雪空のともだち/PCBX-50828
通常版:ポストカード封入。
映画ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち (通常版) [DVD]
矢口真里清水佐紀他/映画ふたりはプリキュア Max Heart2 雪空のともだち/PCBX-50827/限定盤
上記の初回限定版:ポストカード封入。
初回限定版は豪華9大特典付:
(1)くるりとひっくり返して色んな絵が楽しめちゃう!プリキュアくるりん絵合わせ
(2)大好評!キャラクター型抜きシール
(3)映画特製プリキュアぬりえ
(4)DVDで遊べちゃう!プリティ★プチゲーム
(5)ジャケットが2倍楽しめる!リバーシブルジャケット仕様
(6)充実の特典映像
(7)かわいいプリキュアカラーカラーDVDケース仕様
(8)メニュー操作が楽しくなる動画メニュー仕様
(9)ピクチャーレーベル仕様
映画ふたりはプリキュア MaxHeart2 雪空のともだち (初回限定版) [DVD]

豪華特典でYOUも遊んじゃいなよ(笑)

つーか、大きなお友達向けの特典として、スカートがめくれちゃってる佐紀ちゃんフィギュアとか付けてくれると助かるんだけど。こんな感じのやつ。ダメか?...ダメだろうなあ(苦笑)。

それとハロプロ外伝的なアーティストリリースもあります。

2006.04.19発売分
シングル
時東ぁみせんちめんたる じぇねれ〜しょん/MJCD-23019
せんちめんたる じぇねれ~しょん
時東ぁみせんちめんたる じぇねれ〜しょん/MJCD-23018/限定盤
上記の初回限定
DVD付き
せんちめんたる じぇねれ~しょん (初回限定盤)(DVD付)

マーベラスエンターテイメントからのリリースですね。

[][][]吉澤ひとみ/「moc なでしこリーグ2006」披露記事(その2)

MWAVEさん。
本来はコメントマターかもしれませんが、長くなっちゃったのでこちらで。

『「なでしこリーグ」を発表』という記事を見ました。いくらなんでも、この写真の撮り方はまずいんじゃないですか?。選手より前にオフィシャルサポーターが立って、しかも思いっきり目立っているっつうのはねぇ。カメラマンの指示なんでしょうが、こういうのって、(アイドルテレビ広告に興味・理解がない)スポーツファンが一番嫌うことのように思います。

確かに、一見するとそうですね(汗)。
つーか、「麗しき吉澤ひとみさんと残念な人たち」にしか見えないよなあ。もうちょっと手加減しとかないと。ジャージとかで。

ただ記事(ブックマークにまとめてあります)を読むと見えてくるのですが、あれは優勝トロフィーならぬ「約1億円もするティアラ」が注目され過ぎた結果だと思います(苦笑)。多分にスポーツ記者以外の方々も”それ目当て”で参加されていると思われますし*1、どちらかというと奥様向け情報番組へのアピールではないかなと(私は)見ています。宝石は今も昔もキラーコンテンツでしょうからねえ(笑)...
まあ、いくら頑張ったところで奥様方は直接試合会場へは足を運ばないでしょうが...奥様方はおしゃべりですからねえ(笑)、なかなか良い戦略だとは思います。

さらに関連記事(これもブックマークにまとめてあります)を読むと、女子サッカー界の置かれた状況はことのほか大変そうです。中田英寿氏を始めとする、様々な方のサポートがあってここまで辿り着いたのだと思います。
なので今はメインスポンサーを目立たせることの方が大切なんじゃないかな。そんな気がします。

-----

ところで。

スポーツファンが一番嫌うのは便乗記事みたいな感じのものだと思いますよ。
典型的なのは「リーグ優勝おめでとう」記事で「お前誰?」みたいなヤツです。

先日も単なる販促イベントが「連続試合世界記録おめでとう」に仕立てあげられちゃった記事が載っていました。これこれです。
これは、その昔は藤原紀香さん関連でよく見かけたかなあと思います。それと米倉涼子さんをはじめとするオスカー事務所所属タレントもこんな感じのものは伝統的に多いですね。上記リンク先の子もオスカーです。ただこの子は顔が”いぬいぬ系”だということもあり、オスカーでは一推しなんですよ(笑)。なのでこういう書き方されるといい迷惑です(苦笑)。

*1:「センチュリーランド」さんによると、井上公造氏のサイトで記者会見の予告がアップされていたとのこと。

2006-04-17

[][]後藤ゆき★について(その2)

続き

匿名希望キッズヲタさんからメールいただきました。
ありがとうございます。

匿名希望さんが某あぷろだにアップしたものが、白組写真集の「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」に登場する後藤ゆき★だとのことですが...うん、確かにそうですね。Bちゃんですね。
本当、申し訳ないです。> 関係者の皆様(って誰?)

そうするとここのB〜Dちゃんについては...

Bちゃん(マジカルちゃん)=後藤ゆき★、集合写真2列目右端
Cちゃん(舞波似ちゃん)=佐保あかり★集合写真1列目右から2番目
Dちゃん(ビューティちゃん)=和田

で、ほぼ確定かと。

(出演済みメンバーに関しては)もう少しでゴールというところまでやってきましたね。

ところで、「和田」という名字は「かわいいNG?ショット」(asin:4812426847)の92ページの画像にある出演者リストから確認出来るそうです。私も某所で見かけましたが、見難いながらもまあそう読めますね。なので「和田」で間違いないでしょう。

参考:ハロプロエッグソリューション。

[]嗣永桃子中島早貴の違いについて

はっちまんさんへ。

嗣永桃子中島早貴も「作ってる感」では両巨頭なんですが、嗣永桃子は三浦理恵子だと仮定するならば、中島早貴中嶋美智代だと思います。

過去℃-uteに歌わせたい90年代アイドルの曲とかを書いてたりしますが、きちんと中島には中嶋をアサインしてます(笑)

どちらも物凄い甘味のあるタイプアイドルでしたが、三浦理恵子はオーガニックな甘さで、中嶋美智代人口甘味料的な甘さがある。その違いが理解できれば、そのまま嗣永中島が比較できるかと思います。

いや、将来ヘアヌードとか出されてもらっては困るんですけどね(苦笑)。生き様じゃなくってあくまでもアーティストとしてのプレイスタイルとして吸収していって欲しいものです。

また、中島早貴幼児体型感に関しては、順調に育てば高島彩っぽい感じにはなるのでは?と期待してます。体の全てのパーツが、ゆるやかな曲線で作られているような女性ですね。

ちなみに、「嗣永桃子2号」的な存在と噂される森咲樹(と嗣永桃子)との違いも時東ライブで把握できました。まあ、これは後日ということで(笑)

-----

余談。

音楽センス的に三浦理恵子を継承しているのは、実は声優の田村ゆかりだったりします。
彼女のファンに「神様からもらったチャンス」とか「天使のいる渚」を聴かせると、「おお!」ってゆいたくなるでしょうね。
これは別にパクっているとかではなく、エルビスコステロに敬意を払って作ったMr.Childrenの「シーソーゲーム〜勇敢の恋の歌〜」みたいなものだと思ってください。

パンクロックのルーツは60'sのモッズだったように、往年の名アイドルプレイスタイルは継承されていくものですね。

[][]吉澤ひとみ/「moc なでしこリーグ2006」披露記事

センチュリーランド」さん経由で。

「なでしこリーグ」を発表=日本女子サッカーリーグ(スポーツナビ)

よっす綺麗過ぎ(笑)
これだと明日の情報番組も要チェケラッチョ!ですなあ(苦笑)。

つーか、この(かおりんが好んで着そうな)衣装のコンセプトはなんだろう?
単なる勝利の女神か?
それともエコモニ。みたいなキャラクターコスチュームなのか?...
(「おはスタ」とかもこれで出るのか?((あくまでも想像の範囲です。出演するとは限りません。)))
それが一番気になるところだったりします。

[][]空気読めないファンについて

スタッフにあきれてしまいました。(ハートプロジェクト。net)

なるほど...

「今時、こんな客がいるのかよw」って一瞬思ったけど、世代交代とかもあるので、この手のファンって今後も耐えないんだろうなあ。
まあ、大昔よりは少ないとは思うけど、ダメさ加減は変んなさそう。

でも、これ読んで「野次だとアレなので、ボードで飛ばすかwww」なんて考えるヤツもいるんだろうね。
視覚の方がダメージ強いから絶対にやめてね。

[]オーディショングランプリが「該当者なし」というのは何故?

CanCamの専属モデルオーディショングランプリは該当者なしだった模様。

サンスポを読んだだけでは理由はハッキリしないので、とりあえず理由予想を立ててみました。

A)素直に該当者がいなかった
B)応募者がCanCamに合わせ過ぎたので、意外性が欲しかった
C)CanCamモデルのレベルが上がりすぎて、ついていけなくなってきている
D)単なる審査員(編集部)の思い上がり

で、受賞者を見ると、いかにも(笑)という感じの子が多いのでBかなと思いました。まあ割と多い理由ですのでねえ。
日刊スポーツはCっぽい表現ですね。

ところが、(最近なかなか繋がらない(笑))スポーツ報知を読んだところ..

審査員長の大西豊編集長から「ほかなら間違いなくどこでも行けるが、CanCamのレベルでは『あなただ』と言える人がいなかった」とコメントすると会場は重苦しいムードに包まれた。

...うーん...Dの様にしか読めませんなあ(苦笑)。まあ人材豊富のウチはそれでいいんでしょうけど、流行が変ったりするとねえ...

-----

ついでに。

一般的なオーディショングランプリって、沢山いる可愛い子から映画ヒロインなど短期のクライアントリクエストに叶う女の子が選ばれて、審査員特別賞や準グランプリの方は単純に事務所が欲しい人材だという見方を私はしています。
(審査員特別賞的な合格をした紺野あさ美が好例。)
雑誌モデルはそういう流れが無い分(応募者自身が絞っている分)逆にコントロールが難しそうという気はします。
このあたり、ギャル系も多い反面、可愛い系の子もちゃんと用意して人気を博しているSEVENTEEN誌は上手いなあという気はします。

娘。ラッキー7オーディション(該当者無し)は素直にAかなと思いますが、オーディション2005(の1名のみ)はどうなんだろうねえ...応募者が多く選択肢が多かった(Bの様な意外性が狙える)反面、エースにこだわったため結果的にはDに近い印象...これだとちょっとどうなんだろう(笑)
今までのオーディション個性派が多かったですので、その姿勢は大切にして欲しいところです。

[][]近況系(2006.04.17)

長いんで下にさりげなく書いときます(笑)

ウチの地元が近々政令指定都市になるということもあって、もう区名とか決まったのかなあと、「まちBBS」を見ていたらこんなものが... (164〜より)

164 名前: 雪ん子 投稿日: 2006/04/16(日) 08:24:09 ID:yVtlTdgA [ softbank219040144009.bbtec.net ]
今、近所の喫茶店で東宝映画 「ラフ」 長澤まさみ、速水もこみち出演の撮影が
始まった、何故新潟で撮影?水島新司と関係あり?
171 名前: 雪ん子 投稿日: 2006/04/16(日) 14:57:00 ID:S3vgIJTc [ p060021.ppp.asahi-net.or.jp ] 速水もこみちと長澤まさみ映画の撮影で江南に来てるぞ!!!
紫竹山インター近くな!!!!

位置関係はこのあたり
ラフ制作発表記事

あだち充は新潟出身ではないし、新潟市が舞台になっているとは聞いたことがないんだけど、なんだろう?...なるほど、これ経由ですか。
つーか、何故かキャッシュのみに記載が残っていますね(苦笑)。

映画「ラフ」(○)
 依 頼 11/28 
     飛び込み台のあるプール、菓子店、部活の寮 ほか
 対 応 県協議会ロケネット、新潟観光コンベンション協会
     新潟市営西海岸プール紹介
     12/19 ロケハン →好感触

なるほど好感触ですか(笑)。江南は典型的な住宅地ですし、JRの線路も近くにあるので、撮影にはもってこいですね。
他所でもいくつか目撃情報があるようです。

新潟市の平均的な都市風景が結構ハマるんですかねえ...とも思いましたが、どうやらフィルム・コミッションサイトの質の高さなのかも。
県内のいくつかの団体を件で更に取りまとめていることで効果をあげているようです。

新潟県のサイトは、自治体の中で一番使いやすいサイトとして日経BPで紹介されたことがあるのですが、確かに他所と比べて押し付けがましくなく、見やすく知りやすい感じがします。

-----

ちなみに、私の実家は東区。
ひとちゃんこと斉藤瞳たんは南区です。

2006-04-15

[]後藤真希辻希美美勇伝/「ハロ☆プロ パーティ〜!2006 〜後藤真希 キャプテン公演〜」@市川市文化会館

行ってきました。

まず、告知...という訳ではございませんが、宇都宮・長野・新潟公演のチケットが余っており、会場内で販売しておりました。
席種や位置関係、それと同時期の他の公演(群馬公演など)は扱っていないことから、売れ残りチケットではなく、どこかの団体のキャンセルチケットなのかもしれませんね。
気になる方は是非どうぞ。

さて、全体的な感想は、さながら美勇伝を中心とした水着ライブショーでございました。
なんでそんな印象を持ったかというと、ごく一部で物議を醸し出している(かもしれない)「一切合切 あなたにあ・げ・る♪」のジャケットが影響しているのですが、当然ながらこの曲の披露があり、その際、このジャケットをモチーフにしたビキニ風衣装が拝めました。
(ジャケット自体の検証は後ほどアップするかもしれません。)
肝心の曲は「チュッ!夏パ〜ティ」っぽい感じですね。

その美勇伝の全体的なダンスイメージは、新曲のコンセプトにある「高度成長期」において隆盛を極めたキャバレーのショータイムで若くてピチピチした子が歌い踊るっていうイメージに近い。
それはメロンのような重厚なエロチシズムでもなく、カントリー娘。の(CCガールズとかシェイプアップガールズっぽい)健康的なお色気でもない、いわゆるオジサマ好みのエッチダンスが多かったです。
美勇伝は全体的におへそ全開の衣装が多く、お尻フリフリで素晴らしかったです。私は2階のファミリー席からまるでブランデー片手にニヤニヤしているオヤジ的な鑑賞法で望んだのですが、今回ばかりは胸の谷間ばかりに目がいきますね。2階だと下半身が見えるので、脚さばきを含め全体的なダンスパフォーマンスのウォッチにはうってつけなんですが、今回ばかりはごめんなさいです。ちなみに美勇伝胸の谷間が左から小中大でございました。それでも俺は無類の貧乳好きなので、やっぱり小がいいなあとは思いました。普段なかなかお目にかかれない小規模メンバーの谷間が見れて良かったです(苦笑)。

その小規模メンバー三好絵梨香ですが、ダンスの脚さばきはやや内股気味に展開しますね。これは大収穫(苦笑)。プチソロダンスコーナー(?)の逆立ちにもびっくり。
俺の絵梨香は歌も抜群に上手いのですが、もうちょっと艶がほしいかな。石川梨華は艶だけで勝負していますが、その艶との同期が欲しいところです。

中規模メンバー石川梨華開脚が度肝を抜きますね。前髪を自力で切ったそうで、確かにルックスは「永遠の16歳」ぽい初々しさがありました。初々しい顔でエッチダンスって、本当、オジサマ狙いだよなあ。

大規模メンバー岡田唯はお尻フリフリがいいよね。胸よりお尻がいい子の方が俺評価は高いので、その姿勢は忘れないで欲しい。歌はまあまあイケるけど、三好と同様、艶が少し欲しいところ。

もう一人の小規模メンバー辻希美は体型がほぼ80%程度元に戻りました。もう二度と見られないと悲観視しされていた二の腕はかなり満足がいく仕上がり。あともうちょっと頑張ってくれると幼児体型理想郷が見えてきそうです。もう一息ですね。頑張れ(苦笑)。
歌に関しては艶は特に必要としないので今のままでいいけど、やや声域が狭いかな。ここを克服しないといけないですね。

辻希美の脚さばきのテクニシャンぶりはハロプロでもトップクラスなんですが、後藤真希がそれに肉薄しつつあります。それでもまだ下半身エッチ度がちょっと足りないかな。上半身は100%なんですけどね。いわゆる大規模メンバーの仲間入り。
でも歌はさすがい一番上手いです。艶も充分。
ただ二枚目役者的な存在感があるともっといい。座長としては小林旭的な存在感かな。あの方も(ごっちんも)楽曲が実にバラエティに富んでいて、なんでまたこんな曲を歌うんだろうなあってのが逆にカッコイイんだけど、そんな圧倒的な世界観が今回の様に限られた時間でズバッと出るといいかな。

つーか、ここまで書いて、一体何のレポートなんだよという気もしますが(笑)。資格から感じ取るミュージックがいかにアーティスティックなものなのかが再確認できるライブだと思います。

いや、そんなことより後藤真希石川梨華MCですよ。
つーか、「そんなことより」トークってのは一触即発感があってドキドキものだよなあ。

それと、オセロでもなく、パンダでもなく、やっぱり「おにぎり」(by道重さゆみ)だね。

以上。

期待以上に楽しかったライブですが、昨年より人数的に2名減っているので、賑やかさという面ではやはり人数的にはあと2名は欲しいなあ...とか思ったりもします。まあ他のファンからしたらいい迷惑かもしれないですけど。
キッズとかはこの場には不釣り合いですので、エッグなどから2名大抜擢があっても面白かったかもしれないですね。ソロ抜きでサポートメンバー的に5〜6曲程度花を添える。そうすればオジサマの大好きな初々しさ感がよりアップしたかもしれません。
年齢的には能登是永あたりかな。コレティエロダンス...ううむ...。

[][]HPイベント当落通知について

木曜日に着たメールですが、念のため掲載しときます。

ファンクラブ会員の皆様

前略 日頃はハロープロジェクトをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

 本日(2006年4月13日)から始まりました「ハロー!プロジェクト 
ファンクラブイベント」のインターネットサイト上における「2006年5月度 
ハロー!プロジェクト ファンクラブ限定イベント」の携帯版当落発表に
おいて、午前0時より午前1時47分の間に、システム不具合により一部
当落の内容が誤って表示されておりました。会員の皆様においては、大変
ご迷惑をお掛け致しましたことを心よりお詫び申し上げます。

 つきましては大変ご面倒をお掛け致しますが、今一度当落のご確認をして
頂けます様お願い申し上げます。また当選の皆様には、本日正午に「当選メー
ル」をお送りしておりますので、ご確認の程お願い致します。

 今後はこのようなことがないように万全の注意を払っていく所存でござい
ますので、なにとぞご容赦いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよ
う伏してお願い申し上げます。

 重ねて、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

敬具

Hello! Project

念のため再度確認しましたが、やっぱり落選には変わりありませんでした。

え?何を応募したかって?

2006/05/25 (木) 保田圭/辻希美

です。

一般的には「こんな組み合わせありえねーよなw」かもしれませんが、当時(っていつだよ(笑))の俺の一推し二推しだったので、俺の脳内ではこの組み合わせはかなりヤバい組み合わせだったりします。

つーか、以前あった「あさみ辻希美」とか「あさみ亀井絵里」だとか、なんか俺のためのイベントにか思えない組み合わせが多いよね。でも全部落ちちゃってますがorz

2006-04-14

[][]諸塚香奈実青木英里奈/聖ルドビコ学園 2006年度 1学期生徒会公演「ひめゆりの花を揺らす風」

という劇にハロプロエッグ諸塚香奈実青木英里奈が出演することになりました。

ハロプロエッグが演劇に挑戦!FC先行予約受付中!(Hello! Project)

日時およびチケット入手方法は上記をご参照ください。
(ファンクラブイベント扱いになっていますのでご注意。)

会場は「サンモールスタジオ」。
80〜100名程度の小劇場ですね。

日時は2006.06.07(水)〜2006.06.13(火)までです。土日は2公演。

一応、オフィシャルもある様ですが、2005年春公演のままです。
ブログあたりも要注目なのかな?
携帯サイトでは「しばらくおまちください」とはなっていますね。

追記。
キーワード青木英里奈」作っときました(笑)

2006-04-13

[][]「舞波似ちゃん」→佐保あかり

べり〜キュ→ト!!」さん(シェナーさん)より。

なるほど、「佐保あかり」ですか。これはシェナーさん一推しの「舞波似ちゃん」ですかね?

うーん...でも何で名前を漢字表記にしないのかなあ...暗黙のルールでもあるのか(苦笑)。

[][]ハロプロエッグソリューション。

その「べり〜キュ→ト!!」さん(シェナーさん)が、エッグ向けの新たなサイトを立ち上げたようです。

ハロプロエッグソリューション。

URLから後藤ゆきファンサイトかと思いましたが(笑)、いわゆる「まとめサイト」ですね。
まだ準備中のようですが、画像などがアップされていくものと思われます。

頑張って下さいね。
(青木ちゃんの写真を急いでいただけると助かります。色んな意味で。つーか、あの写真引き延ばして漢字判別出来るのか???)

#塾長(id:taku_3)さんのところがさりげなくファンサイトになってますね^^。

[][]「ハロー!モーニング。」でのガイドライン抵触問題その後

ガイドライン違反で処分…テレビ東京(スポーツ報知)

テレビ東京番組が、視聴者の健康被害を防ぐため民放連などが定めた映像手法ガイドラインに違反していた問題で、同局は12日、担当プロデューサーら4人を降格や減給の処分とし、菅谷定彦社長を含む役員5人が報酬の一部を自主返納すると発表した。

 再発防止策として、生放送以外の全番組について目視や検出装置に掛けるなど、複合的なチェック体制を整備する。

 同局は3月19日に「セサミストリート」で激しい点滅のあるアニメを放送、同日の「ハロー!モーニング。」で渦巻き模様を大映しにした。同局のアニメポケットモンスター」を見た子どもたちが1997年、けいれん発作などを起こしたのを機に作られたガイドラインに違反していた。

 今回は、視聴者7人から「気分が悪くなった」などと同局に連絡があったが、重大な被害はなかったとみている。

こういった記事を読むと、決して遊びじゃ済まされないんだなあという気にさせられますね。

[][]安倍なつみCM「GABA」の事前情報について

いやあ、昨日は風邪引いてダウンしてました(笑)

ということもあって、この件に関しては本来ならばASA板に書くべきものなのですが、なんかタイミング逃しちゃいましたね(笑)。まあ、これ以上空気を悪くさせる必要もないので、こちらに書いときます。

まずは、その発端となった方の初登場の書き込みリンクを付けてみます(重要箇所のみ)。

この情報は、Memoryなつみ色さんで、3/25にガンバさんがアップしていて、CM画像も、GABAサイトも、GABAの商品案内のCM情報に安倍なつみの記載があるとこの画像とかも情報が公開されています。天使のアプロダ8とか、安倍なつみマガジンとかにも頻繁に情報が流れていました。2チャンネルでは、すでに3/26から情報が流れています。musumenaviにも、とっくにアップされています。ただ、残念なのは、ハロプロファンは、ASAYANなりセンチュリーランドなり娘。楽宴なりに情報がアップされないと信用しないような部分があって、これらのサイトが情報をアップしたのは、 早くて昨日からです。このサイトが多くのユーザーから支持されているのなら、情報の確定作業は早めにだす義務があると思います。今回、みんなが知ってから情報をだしたことは残念でしたね。ってのが意見です。

確かに3/25(土)に情報アップされていますね。正確に言うと3/24(金)の深夜かな。

以下はご参考まで。

さて、コカコーラは現在全国14ブロックに分割し、その地域毎にボトリング会社が製造販売を行っています。
以前、このシステム自体をどうするか?という話題があったと記憶していますが、まだまだ健在のようです。

そのボトリング会社の中には独自にサイトを持っているところがありますが、その中で仙台と三国については3/27(月)付けでニュースリリース(注:PDF)がアップされています(参考:三国)。これはメディア向けの事前告知の様でCMの詳細は掲載されていないのですが、当然各社には付随する情報は伝わっているでしょうし、自販機ステッカーなど販促資材は準備期間中に続々と納入されるでしょうから(ポスターは3/31付けでアップされている様です)、本部メディア・所属事務所等が秘密主義を貫くその一方で、『この周辺付近』発で情報が漏れちゃったのかなあという気がします。

さらにCM画像に関しては...

[angel8_13784.jpg] gaba 12 2006年04/07(金)21:34

...のとおり4/7(金)付けで情報がリークされていますが、このニュースリリース(注:PDF)は4/11(火)付けとなっておりますので、これも(3/27付PDFと同様)週末各社通知〜翌週本部発表という流れになっている...ということは言えそうです。

以上ですが、私は別に犯人探しをするつもりはありません。ただ今回はそういった特殊な事情がいくつか組み合わさっての出来事だとは思います。

ただ、そういうことを抜きにしても、CMの出演に関する情報も番組出演情報と同じく、ファンに対してはもうちょっと早めに告知して欲しいとは思います。> UFA

-----

ついでに。
第一報を流された掲示板にはASA板でお見かけする方が数名書き込んでおられます(もしかしたら管理人さんもそうかも)。なので、誰かがASA板で告知する機会は多分にあったのでしょうけど、誰もそうはしなかった。それは多分に未確定な要素が大半を占めていたからだと思いますが、まあ賢明な対応だとは思います。

同様に、上の引用に登場する様々なサイトも、今まで歴史の中でそれぞれのポジション確立していったのだと思いますが、ただ、いわゆる次世代のファンはそういったことが理解出来なくなりつつあるかな...という気もします。

一番いいのは、エントランスに相応しい(HOW TO)サイトの存在なんですが... いや、ハマるのはどちらかというとユニットではなくメンバーなんだから、各メンバーの応援サイトがしっかりしていればそれでOKというスタンスでも良いのですが、もうちょっと総合的になにかあった方がいいのかな...という気もします。

[]参考:ガロプロ

↑同様、ちょっと古い記事でごめんね。

夢はつんく♂…京本プロデュース“ガロプロ”CDデビュー(サンケイスポーツ)
京本 杉本彩との熱愛は「大ウソ」 (デイリースポーツ)

メンバーは、小西大樹肘井美佳藤田玲、渡辺裕之、そして京本政樹
イブニング娘」や「イヴニング娘」あたりはさすがに無理でしたが、テレ東系列ですし、これだったら共演できそうですね(苦笑)。

[]参考:福田沙紀

さらに古い記事で申し訳ない。

バイトも部活も恋愛も!?福田沙紀が堀越高校の入学式に出席(サンケイスポーツ)
福田沙紀が堀越高の入学式に出席(日刊スポーツ)
福田沙紀が入学「サッカー部入りたい」(スポーツニッポン)

これを貼ったのは「ハロプロメンも堀越に入れろや」ということではない。つーか、学校名を公表したら最後、大変なことになっちゃうからね。逆に考えるとSTKがいないからこういう戦略がとれるともいえそう。

つーか、俺が言いたいのはそんなことじゃない。
この子は事実上上戸彩の妹分」と思っていい。
オスカー音事協にも音制連にも加入していないから、横のつながりをただ待つのではなく、自分から仕掛けるタイプ事務所ではある。

その一方で、最近ハロプロはこういった売り方が下手になっちゃってる。
松浦亜弥が健在なうちに、やるべきことはあるんじゃないのか?...そんな気がしてならない今日この頃だったりします。

2006-04-11

[]フラゲ(2006.04.12付)

ハロプロ関連の新譜は下記のとおり。

2006.04.12発売分
シングル
安倍なつみスイートホリック/HKCN-50032
スイートホリック
●DVDビデオ
紺野あさ美アロハロ紺野あさ美DVD/EPBE-5196
アロハロ ! 紺野あさ美 DVD

私がリリース情報の参考にしているサイトでは、キチンと邦楽DVDのラインナップに入っていました。アーティストですから当然です(笑)

[]女子タレントフットサル界の今後を占う

ゆめりあさん。
つーか、単に「私はアンチガッタスです」って言いたいだけなんでしょ(笑)

で、その「ヴェルディ」抜きでも盛り上がる事が出来るようになれば、女子タレントフットサル界も熟成したということが言えるようになるでしょう。

つーか、ガッタス抜きで盛り上がる方法はありますよ。
興行スタイルを止めて、完全テレビマッチ化すればいいんです。昔のPK合戦バラエティみたいな感じで。
そうすれば、やり様によっては人気番組(人気コーナー)が作れるはずです。

以下は参考までに。

Jリーグ創設当時の読売を持ち出しているくらいだからご存知だと思いますが、明石家さんま氏らをはじめとするタレントチームがその昔の日本リーグ時代に客寄せパンダとして前座試合を行っていたことがあります。

参考:THEミイラ

しかし、マスコミが寄ってたかってJリーグを持ち上げるバブル期(93年頃)になると、PK職人と称する木梨憲武氏を始めとしたTVバラエティが主導権を握るようになります。しかしその一方で、明石家さんま氏はその一線から身を引きます*1
あの当時の「生ダラ」は高視聴率を取っていたと思いますが、Jリーグが一度下火になって行くにつれてコーナーは自然消滅します。まあ結果的には単に数字を取る為だけにやっていたに過ぎないことになる。
(木梨憲武氏の名誉のために申し上げておますが、彼も「THEミイラ」に参加しています。なので振興の念は持っていたとは思いますが、ただTVバラエティの波に飲まれちゃった感がありますね...)
ちなみに「THEミイラ」は現在も活動しています。

そういった歴史に照らし合わせると、大手なのに力を出し切れていないチーム、あるいは指を加えて見ていそうな事務所は、TVならやりたくて仕方がないのかもしれないですね。なので私がああだこうだと言っても、「アッコにおまかせ!」みたいな番組で、やがてやるんじゃないかなとは思います。
ただそこにポリシーがあるかは保証できません。「フットサルをやりたくなってきた」と思わせれば勝ちですが、昼飯時の視聴者はそんなものは求めていないでしょうね。なので長い目で見ると意味が無い。意味が無いどころか指導者タレント扱いされて勘違いしてしまう残念なシーンを見る羽目になるでしょう(笑)

ここまで書いたら解ると思いますが、ガッタスは「明石家さんま」イズムなチームです*2

で、こういうことを書くとガッタスだけが「よい子」みたいな感じになってしまい、結局アンチハロプロな方々にネタを供給する事になりますので補足しますが、他のチームも当然ですがそういう活動は行っています。むしろ今は他のチームの方が多いかなと思います。ガッタススケジュールタイトだということと、必死な客が集まりすぎてしまう副作用もある*3ので、ガッタス御一行様的な活動は出来ず、代表者が挨拶に来る程度で終わってしまう実情はありますが、他のチームが上手くそれを補ってくれています。

そう考えると、今のスフィアリーグは当初の目的からやや逸脱している様にも見えます。
本来ならばチーム数を絞ったリーグ戦にし、エキシビジョンで地元のリアル女子フットサルチームと対戦する企画があれば良かったですが*4...首都圏以外の開催ならば尚のことねえ...

ただ、ある程度知名度を上げて「真の客寄せパンダ」となってもらうにも、スフィアリーグ全体を盛上げていくしかないという覚悟を決めてやっていると思うので、そういう視点からTV制作していただきたいものですね。

#そーゆー意味では、楽しさに満ち溢れている必要があるんだけど、悲壮感の方がやや強くなってきているのが気になるんだよねえ...

*1:今では世間から「欧州かぶれのサッカー好き芸能人」だと思われているらしい。

*2:ただ「ザ・ミイラ憲章」にある「サッカーを通じて世界平和、国内外の友好促進を目的」は無いな。これやるんだたら道重さゆみ美勇伝を入れないとまずいねえ。意外なところに最重要課題があった(笑)

*3:ユースチームがこれやっちゃうとスゲー悲惨な状況になるな(笑)

*4:昨夏の代々木のスタイルベストかな。

2006-04-10

[]後藤ゆき★について

注:当blogでは「★」印は漢字未公表のメンバーにつけています。つーか「ゆき」って多いからねえ。「由貴」「有紀」「友紀」「由記」「由希」「ゆき」「ユキ」「幸」「倖」「雪」...「ゆうき」と書いて「ゆき」と読ませるパターンも含めると「有希」「夕貴」「夕紀」「優貴」など果てしなくある(苦笑)。

先日、ある知人からメールを頂いたのですが、その中で...

いぬいぬさんは「ビューティーちゃん」=後藤ゆき★だと思っていますが、もしかしたら「マジカルちゃん」=後藤ゆき★なんじゃないかと思っています。

...という旨のご指摘をいただきました。

なんでも、後藤ゆき★は...

白組DVD27分37秒でロビンちゃんと同時に映っている子
・同じく白組DVD56分12秒で古川小夏ちゃんのうしろに映ってる子
白組写真集ジャンケンぴょんに写っている子

...ではないか?とのことで、私は該当写真集は持っていないので、とりあえずDVDをチェックしましたが、そこには確かに今は無き「まとめサイト」の19番の子が映っていました。
確かにこの子が後藤ゆき★で間違いないのですが、なんだか成長感があるので、これだとここのBちゃん・Cちゃん・Dちゃんどれにも当てはまりそうです。

なので、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、後藤ゆき★に関しては一旦白紙とさせてください。
マジですいませんm(__)m。

つーか、本人がどこぞの配信動画で「後藤ゆき★で〜す」って名乗っていただければ話は早いんだけど。スポフェスでそれっぽい子が映っていたんですけど、何とかなりませんかねえ(笑)

#それと、写真集画像どこかに落ちてねえかなあ...なんて期待してはいけないですね(苦笑)。

[]スフィアリーグ第3節

AIRPORTさん。
まずは、観戦お疲れ様でした。

さおりん@フルポンGPだったんですか。それはさぞかし手に汗握る展開だったかと(笑)。実はGPは割と動かないので、可愛ければ人気が出やすいですよね。「chakuchaku J.b」の三宅梢子は多分にかなりの方が密かに好きなんじゃないかと。なので今後の活躍を期待したいところです。

経験者は小島くるみくらいでしょ?あ、でもはろぶろさんのレクチャーによれば、誰か「傭兵」がいるのか・・・

実は小島くるみがそうです(笑)
「そうだった」という表現が今は正しいかな。

傭兵について簡単に説明します。
今だと宇津木めぐみとか山口百恵が有名でしょうけど、そのルーツを探るとガッタス是永美記にぶちあたります。
ただ、弁護しますと、是永美記タレントフットサル大会で常勝するために採用したメンバーではありません。もともとガッタスタレントフットサルをやる為に作られたチームではなく、フットサル振興を旗印に一般人とエキシビジョンプレイするために作られたチームですから、そのために必要な人材だったんですね。失礼な試合は出来ませんから。

ところが、最初のお台場カップ(初のタレント同士のフットサル大会)で、吉本(「よしもとマラティニーコ」)に強力な斉藤陽子という経験者が登場したために、これがターニングポイントになります。斉藤陽子はそのために雇ったわけではなく、単に経験者だったということだけなんですが、彼女存在と(それに対抗する形での)是永美記の起用で、他のチーム(現在のchakuchaku J.bの母体となる2チームとガッタス以外はこれがほぼ初大会)に経験者の重要性を植え付けちゃうんです。
(ちなみに是永美記のお披露目がこの大会からだったので、尚のこと「この大会のために用意した選手」という印象が、相手チーム・ファン問わず植え付けられてしまいます。)

ちなみに当時の是永美記は攻めることはほとんど無く「相手のチャンスの芽を摘む」こと「攻撃に繋がるパスを供給する」ことだけに徹していました(場の空気をきちんと読んでいました)が、そういった「鉄の掟」は浸透しませんでした。

で、当時は吉本がライバル視されていたのですが、新興チームのひとつに過ぎなかったイエローキャブ(当時、現サンズ)のチーム「カレッツァ」が小島くるみの登場によってあっという間に強くなっていきます。
小島くるみ帰国子女で、現在の活動から多分にFMなどのアンカータレント的な存在を目指しているのかと思いますが、今はフットサルをやってなんぼの子です。ただサンズとしてはフットサル以外のタレント活動を重視することで、バランスを取ろうとしていますし、是永美記に対してもそうアドバイスしています。サンズ(=野田社長)のポジションは常にそうですね。

要は(タレントとしては稼ぎが無い)傭兵を雇うにはそれなりの資金がないと無理だということ。なのでFNATASISTAやcakuchaku J.bのようなチームには傭兵はおりませんし、ヤンジャンヤンマガの様なチームも(募集者に経験者がいれば別ですが)無理でしょう。
いやらしい話、サンズは自身がタレント活動でお金を稼いでいるから試合に出れる。ハロプロにしても興行収入があるから是永美記を雇えるということです。身も蓋も無い表現ですまん(笑)
なので「傭兵」は「それ以外に何かやってるの?」的なタレントさんを指すことになります。

現状は、(資金力のある)新興チームをトップチームのレベルに引き上げるために必要(悪)な行為とみなされています。ただこれはワンマンチームではなく、他のメンバーの潜在能力を引き出すことが出来れば成功だとみなしていいと思います。
つまり...

しかし、carezzaはすごいチームですね。一人一人のレベルが高く、さらに選手交替やポジションチェンジがスムーズで、チーム全体で戦っている。

そういうことだと思います(笑)

なので、TEAM dreamはそれを理解しているのならば、ある時機をみて宇津木さんはコーチに専念された方が良いかなとは思います。あるいは宇津木さん自身がタレントとして稼ぐことが出来ればそれでもいいし。あるいは(強くなることで)TEAM dreamサポーターが増えていけばそれでもいい。avexは興行が生業ですから、最後の状況が一番いいですね。
でもそういった青写真なしに、ただ強くなっていくだけでは意味が無い。気のせいかもしれませんがavex地上波TV放映に合わせて強くなっているような気がしてます(笑)。今は会社のメンツ(他のアーティストの為にもマイナスイメージは持たせたくない)だけでやられている様な気もするんですね。
ただ...

今回優勝のTEAM Dreamは、宇津木めぐみ(20)のおかげで優勝できた、という声もありますが、彼女を中心に、阿部絵里恵(3)高本彩(4)中島麻未(5)がそれぞれ自分の働きをして、チームとしてまとまっていたと思います。

...なので、今のところは批判は保留しておきます(笑)

それとは別に、ガッタス是永美記を使い続けるのには理由があり、本人がほぼハロプロの一員として認められた部分も大きいのですが、その一方で選手層の薄さがあります。ホント練習時間を捻出するのは至難の業ですから。
コメントされた方もそういう気持ちから発せられたんじゃないですかね。ガッタスを好きになろうが嫌いになろうがそれは自由なことなので、あまり関心はできませんけど(笑)

アイドル的視点からすると「劣化アイドル」(ひどい言葉だなぁ・・・)の代表として語られることが多い、可哀想な彼女ですが、どうしてどうして。めちゃくちゃ可愛かったですよ!どうして、このチームがリザーブ落ちなんだ・・・

多分にアーティストイメージでメイクも変ってきますので、あの当時は仕方がなかったのかもしれません(苦笑)。
それと、山本早織ちゃんをこれ以上悲しませないで欲しいです(苦笑)。

[]「きらりん☆レボリューション」のステレオタイプの衣装について

MWAVEさん。

そうそう、久住小春さんが、アニメの声優仕事の時に着てきた、古めかしい『おめかし』な服は自前ですか?。番組の衣装ですか?

旧和島村の民族衣装だと思われます(笑)

つーか、記者会見この衣装の方ですよね?
MWAVEさん的にNGだと思いますが、「ちゃお」読者(主に幼児小学生の女子)の目線から見たら、ステレオタイプアイドルって未だにこんな感じだと思いますよ。「お人形遊び」で使う人形もこんなんでしょうし。

一方、小学生女の子が「メイドカフェの店員」とか「着エログラビアアイドル」や「レースクイーン」に憧れるなんてことは100%無いとは言い切れません(すさんだ環境下ならありえるでしょう(笑))が、マーケティング的には無視していいと思います。
また女優さんもドラマの時間帯によっては見ないでしょうから、憧れの存在にはなりにくいかな。
そういう意味ではアイドル歌手は強いです。

ただ、同じアイドル歌手にしても、(フリフリではない)大塚愛タイプも人気があります。意外に保母さんチックというか幼児性があるので、ウケるんじゃないかなあ。そういう意味では多様性はありますね。

-----

あ、それともアフレコ時の方の「黒い衣装」の方ですか?
ありゃ自前じゃないですかね。別に普通の服だと思いますよ。ひらひらのブラウスも、そういうのが好きな人は着ていますでしょうし。そんなに珍しくは無いような気がしますけど。
まあ、でも今だと「南海キャンディーズ」臭が漂いますね...

2006-04-07

[]久住小春アニメきらりん☆レボリューション

見ました。
といっても無事録画出来ていたかを確認しただけですが(笑)

今のところオフィシャルサイトには詳細情報が掲載されておりませんので、とりあえず、録画していたものから気になる主題歌関連の情報をメモしておきます。

オープニングテーマ
「恋☆カナ」
作詞古屋真
作曲織田哲郎
編曲:家原正樹
歌:月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)

エンディングテーマ
「SUGAO-flavor」
作詞:michito
作曲織田哲郎
編曲:後藤康二
歌:月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)

音楽
bice

音楽協力:
テレビ東京ミュージック
ソニー・ミュージックエンタテインメント
小学館ミュージック&デジタルエンタテイメント

著作:
テレビ東京メディアネット
小学館プロダクション

まず驚いたのは、主題歌つんくさんではないということ。
つーか、まさかここで織田哲郎氏が出てくるとは思っても見ませんでした(笑)ハロプロではカバーとかで彼の曲ってやってたっけ?...ちょっと思い浮かばないなあ...加藤紀子さんの時代にまで遡れば「桜っ子クラブさくら組」の「なにがなんでも」という名曲があるんだけどね(苦笑)。
また、エンディングテーマを編曲されている後藤康二氏もビーイング人脈ですが、他の方はそうでもなさそうです。

音楽(BGM担当)のbice(ビーチェ)さんはオフィシャルサイトがあります。
profileworksを見たところ自作自演もあり、またサウンドトラック制作とアーティストへの楽曲提供という両面の顔を持っているアーティストですね。

ただ、この作家陣を用意したということは、今回の楽曲だけでは終わらないことを意味しているといっても過言ではなさそう。
(過言だったらごめん(笑)。)

で、多分に気になるのは、どのレーベルからいつリリースされるか?...ですが、残念ながらこれだけでは判りません。音楽協力は「音楽出版社」とディストリビューターだと思われますので...
ただ、アニメ番組タイトルテロップでは、(プロモーション目的として)曲名と一緒にレーベル名とカタログ番号(規格番号)が併記されることが多いので、それを期待しながら待つしか無いかな。

それと、アーティストのクレジットが「久住小春」ではなく、「月島きらり」になっていることも注目です。
いわゆる「キャラソン」と呼ばれるキャラクターソング(その多くは挿入歌やイメージソング)は、アーティスト名を「キャラクター名(声優名)」としてリリースされることが多いです。
ただ主人公主題歌を歌う場合には、(ユニットでもない限り)自分の名義でリリースされることの方が多いです。
今回のケースは、上記のケースとは異なり、アイドルが演じるバーチャルアイドル的な戦略もあってのことだと推測できそうです。今後のイベント戦略なども気になるところですね。

2006-04-06

近況系(2006.04.06)

いよいよ今日ですか。
CSでは206.04.30まで我慢ですね。
それまで絶対に試合結果を聞かないようにしよう...いや、こんなサイトやってる以上無理ですって(苦笑)。

[]花村みすき

花村みずき 演歌界にも“萌え系”(スポーツニッポン)

 “萌(も)え〜系”演歌歌手が注目を集めている。2月に「おんなの腕自慢」でデビューした花村みずき(23)だ。

 上は和服、下はメイドイメージしたフリフリのスカートにファー付きのブーツという装い。スリーサイズも83・59・88と、グラビアアイドル並みだが、歌声はこぶしの利いたド演歌調。アイドルのような風ぼうとのギャップが売りだ。

 衣装は自らデザイン。「モーニング娘。」の「さくら組」が「さくら満開」のCDジャケットで着用した“ミニスカ和服”から影響を受けた。「いろんな衣装で歌って早く名前を覚えてもらいたい」と話している。

なるほど。
写真もありますが、娘。というより、プレアイドルっぽい感じが漂っているような気もします。

オフィシャルサイト
会社のマシンでは見ることが出来ません(泣)。

なので事務所のページより。
なるほど「さくら満開」の黒バージョンっぽい感じですね。
つーか、一番下の「ペパーミント」が相当気になるんだけど(笑)

ブログもあります。
デジカメ渡してあげてください。 > 事務所の方
「自画撮りじゃないとダメだ俺w」なんて方も世の中に沢山いますし。

そのブログの中にジャケットの画像がありました。
結構きますね。色んなところに(苦笑)。

[]ジャニーズ系転バイヤー逮捕

堂本光一舞台のチケットでネットダフ屋の男2人逮捕(スポーツ報知)

 インターネットオークションでの転売目的人気タレントの舞台のチケットを購入したとして、警視庁生活安全特別捜査隊などは3日までに、東京都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為の禁止)容疑で東京都江東区越中島、無職後藤容疑者(41)ら2人を逮捕した。

 東京都千代田区の帝国劇場で上演された「KinKi Kids」の堂本光一主演「Endless SHOCK」の舞台で、同隊によると、2人はチケット購入の予約番号を入手するため、電話申し込みを6480回繰り返していた。

 124枚のチケットを購入し、定価1万2000円のS席を5万円前後で転売、計約335万円の利益を上げていた。後藤容疑者は「生活費に充てていた」と供述電話申し込みには妻らも動員していたという。

 調べでは、2人は1月13日、江東区内のコンビニで、2、3月に帝国劇場で上演された堂本主演舞台のS席チケット計10枚を転売目的で購入した疑い。

 2004年から毎年、同様の手口で転売していたといい、同隊は余罪を調べている。

転売行為に厳しいジャニーズ界隈で、こういった派手なことをすると逮捕されるに決まっています(苦笑)。

こちらだと、Berryz工房がそうなる可能性があるよねえ*1
こういうことを避けるためにも、次回のライブは会場の大きさももう一回り大きい方がいいと思います。「東京国際フォーラム」とか「パシフィコ横浜」とか「幕張メッセ」とか。
誰かが卒業なんて話になればそれこそ「日本武道館」でも満杯になりそうな勢いは感じていますので。

[]アップフロントグループ「エッグ」オーディション進捗状況

アップフロント『エッグ』オーディション」(デビューへの道)より。
注:ここは明日を夢見ている女の子(とその関係者(笑))の掲示板なので、ヲタはご遠慮願います。といってもスルーされるでしょうが。関西オーデのスルー祭りは「さすがは関西人」でしたな(苦笑)。

2006.03.23あたりから1次(書類審査)合否の連絡が入った模様(424〜)。
読む限りは前回と異なり書類審査をきっちりと行った印象ですね。
で、そこから一気に盛り上がるのはどのオーディションでも一緒。

2006.04.02(日)に二次が行われた模様。ちなみに私は行ってません(笑)
ネット上に会場がアップされないのは、ヲタ対策というより、いわゆる「スカウト商法*2」への対策なのかと思われます。

当日の状況はほとんど知る由も無いですが...

1017  名無しさん  2006/04/03(Mon) 17:32

結果きたらおしえてくださいね☆
昨日はあまり緊張しないでできました。
なにげに18、19、20歳くらいの方が多かったのが
印象的でした!!

...といった雰囲気だった模様。

で、早くもオーディション翌日(2006.04.03)あたりから合否の連絡が入り始めている模様(1022〜)

さらに...

1022  優華  2006/04/04(Tue) 10:31

私、落ちたってはがきが来たのに、昨日の夜9時ぐらいかなぁ・・・事務所から
電話きて
、もし良かったら面接だけでも参加しませんか??って言われました!!!!
ホントにビックリしました。。でも嬉しかったですかどね!!!今度の日曜に来てくれって言われたので
他のも行く人いると思うんですが、誰かいたら一緒にいきませんか?!

むむむ。
なんだろうこれは?
「発送ミス」というよりは、(ひとつ上の引用にある年齢層の特徴性も絡めて考えると)ある程度のカテゴリ別にオーディションが動いていて、こっち方面ではちょっと?だけど、あっち方面ならば見込みがありそうってことなのかな?

さらに...

1029  名無しさん  2006/04/05(Wed) 13:13

私は受かりましたよ!!!!!
なんか電話とか来たりして・・・カラオケにいたんだけど、なんかいきなり携帯鳴ったの。。。。。
しかも番号が03だったから、出てみたらアップフロントグループの長谷部とか言う人で、オーディションに合格したらこちらへの交通手段はちゃんとご確認してありますか???
って聞かれて・・・はいっていったら、今回のオーディションは合格とさせて頂きます!!!!って家割れました

「家割れました」→「言われました」ですね。
うーむ、早い子はもう合格出ちゃったってことなのか(苦笑)?

[]いわゆる販促系オーディションについて

おまけ。

ハロプロとは全く関係ないですが、良くある疑問点がすべて凝縮されたオーディションがありました。レス100個以内でこれだけ綺麗にまとめられたものは、そうはお目にかかれないと思います(苦笑)。

これは、(ハロプロホリプロ国民的美少女東宝シンデレラなどといった)将来が約束された(主催事務所に所属することを前提とした)オーディションというよりも、販促キャンペーン系の「ミス○○」に近いものかと。最近では青年誌系のオーディションがこのタイプですね。なので事務所経由は致し方ないかと。

それと、参加料については大手事務所オーディション(常設オーディション)でもたまに見かけるものなので別段疑問には感じませんが、何故か5000円が多い。「これって業界統一料金制なのかよw」と思ってしまうほど。

ちなみにハロプロオーディション無料です(交通費は実費)。

*1:もう既にそうなっているかもしれない今日この頃

*2:「芸能人にさせてあげるw」と近づいて、法外なレッスン料を巻き上げるというヤツですね。これと風俗関係の条例などのお陰で本来のスカウトがやり難くなっている模様です。

2006-04-05

[][]℃-uteCM伝説のスタフィー4」のテーマソングを担当(その3)

センチュリーランド」さん経由で、 「Touch-DS.jp」の「Media Gallery」にてCMが公開されているとのこと。

私はとりあえず「ハロモニ。」で15秒バージョンを、「おはスタ」で30秒バージョン(時刻テロップ付)をゲットしましたが、あとは30秒バージョンの時刻テロップ無しをどこで仕入れるかですよねえ?

[][]Berrz工房/CDジリリ キテル」関連情報

娘。楽宴」さん経由で、「GO!GO! UGA」にてBerryz工房インタビューが配信されています。
(これも直リンはブックマークに置いておきます。)

会社のマシンは音声が出ないので、視聴できず(泣)。
家のパソコン(Macintosh、OSX)はどうなんだろうか...

[][]「ハロー!プロジェクト デジタルブックス」「ポケットモーニング娘。」近況系

2006.04.01より、「ハロー!プロジェクト デジタルブックス」と「ポケットモーニング娘。」の両サービスアップフロントインターナショナルからアップフロントワークスに移管された模様。

下記は「ハロー!プロジェクト デジタルブックス」の文章。

日ごろより「ハロー!プロジェクト デジタルブックス」をご利用頂きまして誠にありがとうございます。このたび当社アップフロントグループ組織変更に伴い当サイトの提供会社が本年4月1日より株式会社アップフロントインターナショナルから株式会社アップフロントワークスへ移行継承される運びとなりました。なお、上記理由により諸契約及び個人情報保護法等の法的関連も各法律を遵守し包括的に継承いたします。予めご理解を賜りまして、今後とも引き続きご利用頂きます様宜しくお願い致します。

※今回の件でサービス自体の変更、登録の変更は一切ございません。
※再登録して頂く必要もございませんので、これまで通り継続してご利用頂けます。
今後とも、ハロー!プロジェクト デジタルブックスを宜しくお願い申し上げます。

ハロー!プロジェクト デジタルブックス

これは3月中旬あたりから掲載されていた模様。

「ポケットモーニング娘。」は該当サイトに入って直ぐ下のリンクへ飛ぶと同様の文章を読むことが出来ます。

グループ内再編ですから、その点は安心しておりますよ(苦笑)。

まあ会社なんてどっちでもいいじゃんって気もしますが、元経理経験者としては、FC運営やライブグッズなど”ファンと接するコンテンツ”を提供する「アップフロントインターナショナル」という括り(サービス主義)ではなく、あくまでも”マルチメディアコンテンツのひとつ”という括り(コンテンツ主義)で「アップフロントワークス」へ移行したのではないかと推測しています。つまり、「オンラインミュージック」も「着信音」も「デジタル画像」も同じ配信コンテンツものとみなしたのかと...とまあ妄想のレベルの話ではありますが、大抵この手の組織替えってサービスよりも収支バランスとかで決まっていきますからねえ。

-----

ちなみに、この方はまだ健在なのでしょうか?
コメント放置とかは見苦しいですよ。

[]アイドルフットサルの楽しみ方

AIRPORTさんへ。
ウチは割と意見が偏っているので、参考になるかどうか(汗)。

とはいっても総合的なアイドルフットサルファンサイトを探すのも面倒でしょうし、ちょうどいい機会なので、ハロプロファンではないアイドルファン向けに、ポイント・楽しみ方を列記しときます。

-----

誰をチェックするか?
我々ハロヲタと違ってアイドルファンはアンテナの指向性が広いので、こちらから「この子がお薦め!」みたいなことは言えませんが、(とかくアイドルファンから嫌われがちな)「傭兵」とも揶揄される”助っ人タレント”は前もってチェックしておくとよいでしょう。というか普段聞いたこと無くいかにもフットサルっぽい子が「傭兵」だと思っていただければ。
興味なければ早々と除外できますし(笑)
ちなみに「chakuchaku J.b」と「FANTASISTA」にはおりません。

ファンは遊びでは来ていない
事前に情報収集をしていると気付くと思いますが、多分に驚かれるのは、(ハロプロスポフェスを除くと)リザルトオンリーセットリストの類が一切出てこないことです。つまり歌披露は一切ありません。何せ公式の競技大会なのでねえ...
ただこれが1970年代だったら、最初か最後に歌わないと確実に「金返せ」だったと思います。今はこれで運営できてしまうんですから凄いことです(笑)
よって、歌無しでも見に来るファンが多数派ですから、各メンバーに対する思い入れは相当だと思ってください。
また、会場は垂れ幕だらけで、応援もJリーグ風です。
(ここでヲタ芸披露されてもねえ...)

サポーターズ席について
他のチームはそれぞれに優先予約枠・招待席枠などの「サポーターズ席」が用意されています。が、ガッタスには用意されていません(以前はあった様な気がしますが)。まあ用意してもしなくてもその他の大部分の席は、ほぼガッタスサポーターで埋め尽くされてしまいますが。

物販コーナー
お楽しみは物販コーナーと思いますが、試合終了が相当遅い時間(午後9時前後)になるでしょうから、がっつきとかは期待しない方がいいんじゃないかと。
それと、間違えてガッタスの方に並ばないように。

エンタテインメント性は誰が受け持つ?
最初は圧倒的な参加者数に面食らいますが、一応会場ではフジテレビアナウンサーの実況が流れますので、目だけではなく耳でも追う事が出来ます。
よって、試合中には持ち歌のBGMとかは流れませんし、もちろん「ポロリ」もありません*1メンバーは真剣そのものです。
でもその一方で窮屈さを感じる方も多いと思います*2。なのでエンタテインメント性のコントロールは、事実上監督」が受け持つことになります。
昨日もこんなニュースが飛び込んできました。

長州小力が女子フットサル「チームdream」の監督に就任(サンケイスポーツ)

こういったバランスがないとかなり残念壮絶な大会になってしまいますからねえ。

アイドルウォッチャー的な楽しみ方は?
フットサルコート脇のスペースでウォーミングアップしている風景や、試合を見学している様をウォッチするのがお薦めです。ガッタスは(他のチームへの配慮から)隠れて練習していますが、他のチームは自己アピールも兼ねて結構表に出てきます。
また最近はチーム間の交流もあるので、じゃれあう様は結構萌えます。
試合中は動き回るし、当たり前ですが客席を意識してプレーはしてくれませんので、この時間帯を有意義に使うことがコツです。

女の子だもん(笑)
負けると大抵泣きます(笑)。個人的にはここが最大のポイントです。可愛い子が人目を気にせず泣き腫らす様はめったに見られませんのでねえ。

こんなとこかな。

*1:いまこんな話をすると殴られそうですが、はじめの頃はそんな冗談が通用したりしましたね。

*2:この感覚は我々ハロヲタにはわかりにくいですね。

2006-04-04

[]辻希美/TV「21世紀のライト兄弟」

21世紀のライト兄弟(ナショナル)

とりあえず週末に第1回目を捕獲。録画確認レベルでざっと見ただけですが、Panasonicの一社提供の通常のテレビ番組と同様の内容で、手抜きさありません。

時間は書いていませんが30分番組です。
ただ、ケーブルテレビのコミュニティチャンネルは番組案内も兼ねているので、地域によっては多少時間が前後するかもしれません(笑)...いやそんなことがあってはいけないと思いますし、今はもう無いとは思いますが、念のため。

レポーター的に登場する二人は、元「おはガール」で昔TEAM dreamにいたような気がする(笑)近野成美小島由利絵が登場しています(リンク先は彼女達のスケジュール)。
というか「フルーツポンチ」のオフィシャルサイトってまだ存在していたんですか。きちんと全員いるよね。

辻希美のナレーションは、やや早口な部分もありますが、印象よりちょっとだけ大人っぽいです。昔の山瀬まみさんにちょっと似た感じかな。ルックス的には加護亜依の方が山瀬チックなのですが、二人合わせて完成された理想像(笑)が出来るんでしょうね。 > 某プロデューサー
なので、そろそろよろしいんじゃないかと。

[]フラゲ(2006.04.05付)

ハロプロ関連の新譜は下記のとおり。

2006.04.05発売分
●DVDビデオ
Berryz工房シングルV「ジリリ キテル」/PKBP-5048
初回のみフォトカード封入。
シングルV「ジリリ キテル」 [DVD]

2006-04-03

[]時東ぁみライブ関連記事&テレビ放送について

萌え萌え時東ぁみ、初ライブで衣装もメガネも七変化(サンケイスポーツ)
時東ぁみ初コンサートで七変化(日刊スポーツ)
時東ぁみ初コンサートで七変化(日刊スポーツ)
“花の都”でアイドル熱唱(スポーツニッポン)
萌える初ライブ、メガネを七変化 時東ぁみ(中日スポーツ)
時東ぁみ 眼鏡“七変化” (デイリースポーツ)

ハロプロエッグは全く触れられていません。まあ脇役ですから当然ですけどね。
それと日刊スポーツは二つリンクしておきますが、その上の方の記事に注目。

時東ぁみコンサートで七変化

 ミスマガジン05つんく♂賞に輝いたタレント時東ぁみ(18)が1日、東京中野サンプラザで初のコンサートを行った。黄色のミニスカドレスなど衣装七変化。トレードマークメガネも7種類を披露し「愛を込めて皆さんに元気を分けたいと思います」。松田聖子カバー曲「Only My LOVE」など16曲を歌った。19日にメジャーデビューシングルせんちめんたる じぇねれ〜しょん」を発売する。

2006年4月1日16時11分]

タイムスタンプが「2006年4月1日16時11分」とありますが、ライブの開始時刻は18:00過ぎです(苦笑)。

-----

また例のテレビ放送(CSフジテレビ721)も時間が決定したようです。

時東ぁみ 初ライブ’06春〜ザ・中野サンプラ〜(フジテレビ721)

5/04(木)23:00〜24:30 #1

1時半ですが、ライブ自体はこの時間内には納まりますので、純粋ライブ映像オンリーならばハロプロエッグOAは期待できそうです。
が...

まだメジャーデビュー前の彼女ステージ上での姿とともに、スペシャル映像として、舞台裏のオフショットも公開!お見逃し無く!

...なので、予断を許さない状況です(泣笑)。

[]ミスマガジン2006(その3)

松田ちい」をGPにしたくてたまらなさそうなゆめりあさんのところに、今回の候補の所属事務所がアップされています。

それとここの...

今年もあるであろう、つんく♂賞はコネで(苦笑)松井絵里奈

...ですが、確かに松井絵里奈ってハーモニープロモーションですねえ。
まあコネと言われればズバリその通りなんでしょうが、ただ、拡大解釈すると川合千咲の所属するスペースクラフトも、時東ぁみの2ndアルバムで採用された南青山少女歌劇団の所属していた事務所ですので、彼女もその法則から候補とみなしてもよさそうかと。
で、彼女スペクラでもモデルカテゴリーですが、結構アイドル性は高そうですね。純粋に女優さん向きだけど、こういう子が歌って踊るのは意外性があっていいかもね。

それと、これは前にゆめりあさんのところのコメント欄でこっそり書きましたが、つんく♂賞は話題性抜群ですが、その一方で事務所を選ぶのではないかと予想されます。
ソニーミュージックアーティスト」といった自前でCDリリースできそうなところや、気分的に組めなさそうなところ(事務所名は避けますが想像出来ますよね?)は避けそうな予感。
そう考えると有名事務所は話題がそっちに持っていかれそうで、やりにくいかなあという気もしますが、一方で純粋にグラビアからジャンプアップさせたいという中小の事務所にはチャンスが出てきそうですね。

それ以前に「つんく♂賞」にはある重要な法則がありそうですが、それは今は伏せておいて「その通り」になったら書きますね。じゃないと審査に重大な影響を与えかねないので(苦笑)。

[]新潟に新たなミュージックスクール誕生予定

BBRK」さん経由で「Spica★GIRLS」さんによると、新潟であらたなスクールの開校が予定されているとのこと。

「ニイガタパフォーマンススクール」5月開校!

新潟と言えば小川麻琴ロコドルnegicco」を輩出した「SHOW! パフォーミングスクール」(旧名:アップル リトル パフォーマーズ)が有名でしたが、昨年春に廃校してしまい(現在はサイトも閉鎖)残念でしたが、どうやらその周辺から生まれた話のようで、新たな挑戦に期待が膨らむところです。

自分で言うのもアレですが、女の子の質の高い地域なので*1、またいい子が出てくるといいですね。

[][]安倍なつみ/「スイートホリック」の作家について

ちょっと古いかもしれませんが、安倍なつみの新曲の作家が「もっと!はみだしアーティストトピックス」アップされています。

スイートホリック
作詞作曲・編曲:BULGE
C/W「I’m in Love」
作詞・榎土敦之 作曲: 編曲:矢野博康

スイートホリック」の作家BULGE氏についてはウチの旧サイトで紹介していますので省略します。 やや地味にも聴こえてしまうナンバーですが、ライブでどう揉まれていくかがポイントかな。

C/Wの「I'm in Love」の作家ついては、下記に「Music Forest」の検索結果をアップしておきます。

榎土敦之
榎戸でサーチしたら見つかりませんでした。 「NO PLAN」((c)飯田圭織)のひとなのね。

川口進
榎戸敦之氏と同じ人脈なのかな。

矢野博康
ハロプロ関連はキーワード矢野博康」参照。
その適度な詳細ぶりに一瞬「本人乙」かと思いました(笑)
その中にある(NHK教育で使われた)杏さゆりの「100 MAGIC WORDS」は、いわゆる80'sアメリカンアイドル歌謡*2ですがメチャクチャいい曲でしたので、そういうアレンジならば楽しめそうですね。

[]アメリカアイドル発掘番組について

上のアメリカンアイドル歌謡で思い出しましたが、ちょっと前に知人から「FOXチャンネルで『アメリカンアイドル』という番組をやっているので見てみたら?」という話を聞いたので、昨日見てみました。
(なかなか見るタイミングが合わなくって、やっと昨日見ました。すいません(苦笑)。)

この番組Wikipediaによると、本国では2002年から始まっている夢のオーディションバラエティ(笑)で、日本では2006年から放送されているとのこと。現在は第5シリーズリアルタイムにほぼ近い形で放送されているのだとか。
初見でしたが、途中から見てもついて行けると思います。
(タイムテーブルこちら)

ここで言うところのアイドルの定義は、「アイドルキーワードで言うところの「1」(本来の意味アイドル)と同じ*3。よって年齢性別は問わないため、日本でよくある男性専科な「アイドル発掘番組」だと思って見ると面食らってしまいます。
また、アメリカは多様な人種によって構成されるため、可愛いとか美人とかという主観的な判断は避ける傾向が強く、その結果、判断基準は歌唱力や表現力に限定されてしまう*4ため、ファイナリスト12名を拝見してもいっこうに萌えません(苦笑)。

ただ、ASAYANもそういう姿勢の番組であり、視聴者層を選ばなかった中で、純粋モーニング娘。鈴木あみといった国民的アイドル誕生したのだと考えると、この路線はむしろ正しいでしょう。

よって、純粋に「最近ASAYANみたいなオーディション番組に飢えてて死にそうだ」という方向けにはお薦めです。

注目点は生バンドによる演奏をバックに歌うことです(ステージ横にちらっと見えます)。これは「スター誕生」っぽいですね。ただ「あっち向いてホイ」みたいなコーナーはありませんし、審査員ヘッドホン片手にしかめっ面...ではなくノリノリ。特にノリのいい曲では手を挙げてハンドクラッピングしているので後の観客の邪魔になっています(苦笑)。
ただし、審査員による判定ではなく、あくまでも人気投票によって運命が決まるようです。審査員らしき方々は絵に描いたようなアメリカンなお世辞に溢れているので、これを鵜呑みにせず、あくまでも視聴者の判断を大切にするということなんでしょう(苦笑)。

それとそのビジュアル版的な番組ARE YOU HOT?」も今月8日から放送開始なんだとか。
予告では水着審査もありそうですが、自由と平等の国ですので男性も同時参加(笑)。これはそういうのが好きな方で無いと楽しめないかな(苦笑)。

*1:新潟や北陸地方は身長が高いことでも知られていますので、それとの関連性が無きにしも非ず。

*2Tommy february6とかがそう。

*3:同じといっても「1」は日本のアイドルについて書いたものなので、ちょっと修正しないといけないですね。修正しました。

*41990年代以降この傾向は強まっていきます。洋楽が売れなくなったのはこのせいでは?

2006-04-02

[][]℃-uteCM伝説のスタフィー4」のテーマソングを担当(その2)

どこかで聞いたことのある曲だったので、過去リリースをチェックしてみましたが、この曲カバーで間違いないですね(リンク先で試聴出来ます)。

2002.09.04/ベッキー伝説のスタフィー/TOCT-4413/東芝EMI
作詞作曲任天堂/トウセ

作詞作曲共にメーカー名ですか...極めて制作臭漂う感じですねえ。

さらに「おはスタ」との関連性を調べてみましたが、JASRAC検索の結果によると、出版社が「小学館ミュージックアンドデジタルエンタテイメント」になっています。
この会社は「おはスタ」の制作や、ミニモニ。などのキャラクター権を持っている「小学館プロダクション」から分離独立した会社(小学館グループ)とのこと。
ミュージック」では他社との共同出版を行っている楽曲一覧が掲載されています。ただJASRAC検索によると「天才!LET'S GO あややム」は「アップフロント音楽出版」と「テレビ東京ミュージック」のゴールデンコンビで、この会社は記載されておりません。権利関係は謎ばかりです(苦笑)。
(ミニモニ。は「テレビ東京ミュージックオンリーだったり、他社が握っているとばかり思っていた「アイ〜ン体操」が「アップフロント音楽出版」だったり、映画関係は「東映音楽出版」だったりと、結構複雑です。)

とうわけでほぼ身内ですね(笑)リリースはどうにでもコントロール出来そうです。

2006-04-01

[]時東ぁみハロプロエッグ臨時ユニット/「時東ぁみ 初ライブ 06春〜ザ・中野サンプラ〜」@中野サンプラザ

行ってきました。
多分に皆さんが知りたいことを中心に。

TV放映決定
いきなりですが、この模様はTV(CS)で放送します。
2006.05.04、フジテレビ721です。
時刻等は不明です こちら参照。
なので今回は、その視聴の手助けになる様に、見どころを中心に書いています。

客数
前方の過去イベント参加者が多くを占める席(S席)はほぼ満席。後方のA席(1F/2F)は6割程度。全体的には8割弱の入り。
ただし一人で何枚もチケットを持っている人もいた様で、後ろがガラーンとした感じではなく、虫食い状に空いていました。

セットリスト
カッコ内はオリジナルアーティストです。
また赤字は「ハロプロエッグ臨時ユニット」の登場した楽曲です。基本はバックダンサーでしたが、歌披露もありました(2名のみ)。

01.21世紀まで愛して(水谷麻里)
MC
02.黄昏女艶のブルース
03.Only My Love(松田聖子) ※今回が初披露
MC
04.この涙があるから次の一歩となる ※「せんちめんたるじぇねれ〜しょん」のC/W
05.ふしぎなメルモ(出原千花子、ヤング・フレッシュ)
06.黒猫タンゴ(皆川おさむ)
07.恋するニワトリ(谷山浩子CoCo)  ※大瀬・澤田・橋本秋山のみ
MC メンバー自己紹介
08.制服(松田聖子) ※ 諸塚・森のみ(この二人は歌披露あり)、途中から時東ぁみも参加
09.小夜子(山瀬まみ)
10.セシリアBの片想い(山瀬まみ)
応援メッセージVTRコーナー
11.メロンのためいき(山瀬まみ)
12.SWEET&TOUGHNESS(南青山少女歌劇団)
13.可愛いゝひとよ(クック・ニック&チャッキー山瀬まみ)
MC ※エッグは発言なし
14.発明美人とパインナッポー!!
アンコール
15.I WILL(菊池桃子)
MC
16.せんちめんたるじぇねれ〜しょん

ステージ構成
基本的にはカラオケライブですが、ギタリストが2名参加していました。メンバー紹介あたりでは音が出ていたのですが、その他はきちんと演奏しているのかはわかりません(笑)

時東ぁみについて
ステージ場のイメージは大場久美子の再来という雰囲気でした。
でも歌唱力は段違いに良い。満足しています。
振り付けは1980年代風。今だと田村ゆかりで見ることの出来るステップ(脚さばき)が堪能出来ました。どちらもUFP制作ですが、スタッフレベルで同じなのかな?...そんな印象です。
全体的な場のユルさも1980年代風。いやダラダラ感ではなく、空気感がそう。

ハロプロエッグ臨時ユニット」について
まず、ユニット名は「ハロプロエッグ臨時ユニット」または「臨時ユニット」です(時東ぁみからの発言あり)。
原則的に下手チーム(下手=観客席から舞台に向かって左側)・上手チーム(上手=観客席から舞台に向かって右側)の3名ずつの編成となっています。
髪型も記載しておきます。
(カッコ内は今年4月からの学年です。)

下手チーム
諸塚香奈実(高2):ツーテール(「ツーサイドアップ」ではなく「おさげ」)
大瀬楓(中3):ストレート
橋本愛奈(中2):遠目には三つ編み風にみえるカール(ロール)

上手チーム
澤田由梨(中3):聖子ぁみちゃんカット
秋山ゆりか(中2):聖子ぁみちゃんカット
森咲樹(中1):ストレート

但し、MCでの自己紹介橋本・大瀬・秋山・澤田・諸塚・森の順です。

衣装は一種類で、8曲目「制服」のイメージにあわせた白の上着にタータンチェックのスカートを着用し、銀縁眼鏡をかけています。いわゆる眼鏡っ娘状態ですね。「発明美人とパインナッポー!!」では眼鏡をプラスチックのものに着替えるのですが、秋山ゆりかのみ対応がおくれて、時東ぁみから「ゆりかちゃんがんばって!」と言われちゃいました(萌え〜)。
ハロコンでは、ほぼスッピンに近いナチュラルメイクでしたが、今回はきちんとメイクされた顔だったので、ハロコンより数段階可愛く(あるいは奇麗に)なっています。もともと素材がいい子ばかりなので、相当にときめきますね(笑)。これが見られただけでも大満足だったのでは? > エッグ目当ての皆様

ダンスはいわゆるハロプロ風ですが、より振り付け志向の強いものでした。

髪型などの特徴や感じたことはあとでまとめますは上にまとめておきました(2006.04.05修正)。
ちなみにメンバーここで書いたもので大正解でした。澤田由梨はこれで確定です。

それと、また前から感じていることがあって、(今日登場した)彼女たちはキッズコースではないということ。
それは多分にスタッフも思っていることだと思います。なので今回の様な機会を与えてくれたんだと勝手想像しています。
ハロヲタ潜入組(概ね2〜3割程度かな)もキッズファンより、娘。ファンを中心としたミドルティーンファンっぽいひとたちの方が目立ってましたので、それは賢い選択だと思いますよ。

エッグの歌披露について
今回のサプライズはなんといっても歌披露です。
制服」の歌披露は予め録っておいたものの口パクです。サビの部分は森咲樹が歌っていました。
「恋するニワトリ」の4名もヘッドセットがついていて、歌披露が予定されていた痕跡がありましたが、実際にはありませんでした。こちらは残念です。

その他のエッグたちは?
客席を見渡したところ、確認出来たのは福田花音、ストゥーカス・ロビン前田憂佳小川紗季キッズ4点セットのみで、同世代のエッグの子たちは見かけませんでした。
うーん、ライバル心が相当あるんですかねえ?...個人的には積極的に見ていただいて「自分の足りないところは何か」を学び取ってほしいところなんですが...

つんく♂さん編
つんく♂さんはPAコーナー(1F後方)にて、でんと構えていた模様。
PA近くにいた知人の話では、最初の頃は和やかな感じだったそうですが、徐々に真剣な仕事モードへ変わっていったとか。
ただ、山瀬まみさんが出演した応援メッセージVTRコーナーでは、終始笑顔だったとか。
山瀬まみメッセージVTRは時東ぁみへの応援...というよりも、こんな感じでした(アウトライン)。

  • つんく♂さんが、今度デビューする女の子に私の曲を歌わせたいとの依頼が電話であった。
  • その時に協力して欲しいとお願いされた。だから出てやったんだよ(笑)
  • CDが完成した時点で、つんく♂さんが自宅に焼酎をもってやってきた。
  • メロンのためいき」を何度も聴かされながら、この曲がいかに素晴らしいかという話を延々としていた。
  • その際、つんく♂さんが曲に合わせて親衛隊のかけ声みたいなものをやってて気持ち悪かった(場内爆笑)。
  • 私もこの曲は名曲だと思う。
  • お礼に、「メロンのためいき」が入った当時のCD*1プレゼントしたら喜んでいた。
  • そしたら(その中から)3曲も2ndアルバムに入っていた(笑)
  • 第3弾CD用にさらにCDを渡すからよろしく(笑)
  • それでは次は「メロンのためいき」です。どうぞ〜。

とまあこんな感じです。

[]今日の動き

これから中野サンプラザへ行ってきます。
結構ドキドキしています(笑)。なんか保護者の気分ですね。
コメントは帰ったら書き込みますので、しばしお待ちを。

[][]「ハロー!プロジェクト オフィシャルショップ モール店」がリニューアル

ハロー!プロジェクト オフィシャルショップ モール店」がリニューアルした模様。
中身は各自見ていただくとして、注目は↓でしょうね。

ハロー!プロジェクト オフィシャルショップ モール店:ブログ(Hello! Project)

トラックバックは出来ないものの*2コメントが書けたり、RSSが取得出来たりする本格的なものです。
今はどのように使われるか判りませんが、お互い有意義なものにしたいですね。

ちなみに。
ブログのドメインだけ異なるのですが、これは「株式会社 ドリームネッツ」が運営する「ドリームブログ」というサービスを利用しているからですね。
「をを!俺も登録してみようかなw」と思った方は残念ですが、「ドリームブログとは?」によると...

ドリームブログとは、無料でビジネスブログが作成できるサービスです。
企業・団体のホームページとしてのご利用はもちろん、スタッフ日記プロモーションなど、さまざまな用途でご利用頂けます。

...とのことなので、一般人は加入出来ないかもしれません。
(他にも学生向けサービスあり。)
よって、多分にエイプリルフールではないと思います(笑)

[][]℃-uteCM伝説のスタフィー4」のテーマソングを担当

エイプリルフールではありません。今日多忙なのでそんな暇ありませんよ(笑)

今朝知人からの携帯メールで知りました。
私は未確認ですが「ろだ」方面にも早くもアップされている様です*3
私はとりあえずTBSの7:58にOAされていたものを捕獲(時報付きですが)して内容を確認しました。

内容はニンテンドーDSCM伝説のスタフィー4」(2006.04.13発売)アニメーションのバックに彼女たちの歌が流れているというもので、「うた℃-ute」以外は不明。ただ歌詞は内容に沿ったもので、新曲であることは間違いなさそう。ちょっと沖縄チックなメロですね。

で、確かこのシリーズベッキーらが「おはスタ」にコーナーを持ってプロモーション(VTRおよびゲスト出演)しておりましたので、来週からは(しばらくは)録画必須でしょう。
(念のために全て(6:45〜7:30)を録画しておくことをお勧めします。以前はスーパーライブの前のコーナー(「ガチャスタ」「バクスタ」)でもプロモーションビデオが挿入されておりましたので。)
また、CD発売も期待したいところです。

参考:
以前のCDリリースのページ
また、前作CMムービーのページもあった様です。そうそう、前作はアミューズ所属のPerfumeでしたね。

[][][]ハロプロエッグ時東ぁみライブに参加(その3)

続き

さて、いよいよ今日ですねえ。

「とりあえずチケット取ったんだけどさあ、まだ顔と名前がはっきり判んないんだよねえw」っていう方も多いかと思います。
なので、事前に準備運動でもしておきましょう。

都合のいいことに「ろだ」にいくつかEGG画像がアップされていますね。
特に露出度の少ない(逆に考えると秘密兵器的な存在だと思われる)澤田由梨を中心にもう一度おさらいします。

なお、毎度のお決まりですが「★」印の子は名前の漢字表記が未公表の子です。また今回の出演予定者は赤字で表記しています。

ウォーカーキッズ」より
http://airiangel.dip.jp/mini/img/c-airi1329.jpg
おお!名札(?)付きだ。
もしかしたらこの前書いたものを参考にしているのかなあ...
ここでは澤田由梨は水色の服を着ていますね。まだコドモですなあ(笑)。というかこのページを最初に見た時「みんな荒削りだねえ...」という印象が強かったですね。

2005年冬コンは判りにくいので飛ばします(笑)

2005年夏コン
http://airiangel.dip.jp/mini/img/c-airi1313.jpg
おお!これも名札(?)がついている。
空欄を埋めますね。

  • 舞波似ちゃん」→「無表情ちゃん」≒「西念みあ★」
  • 二列目右から2人目=「澤田由梨
  • 後列の空白の子≒「大柳まほ★」
  • ここには出てこない「ビューティーちゃん」≒「後藤ゆき★」

今日ライブに出演予定のメンバーキックベースアシスタントではない(リハーサル中でそれどころではない)と思われますので、澤田由梨はこれで間違いないかと思います。
で、いわゆる消去法などを考慮すると、キックベースアシスタントとして出場した「無表情ちゃん」は「西念みあ★」ではないかな?と思われます。多分に80%程度の確率で(笑)
また「ビューティーちゃん」は「後藤ゆき★」ではないかと推測していますが、これはまだまだ確信はもてません(苦笑)。「大柳まほ★」も同様です。

ちなみにこの回から20名→24名になるのですが、それはその時の新入り4名は...

森ちゃん是ちゃんは確定。他の2名も多分に間違いないだろうと思います。

同じく2005年夏コン
http://airiangel.dip.jp/mini/img/c-airi1125.jpg
左から通称「マジカルちゃん」、福田花音、通称「ビューティちゃん」(後藤ゆき★?)、能登有沙橋本愛奈田中杏里秋山ゆりか諸塚香奈実澤田由梨、北原さやか★、大瀬楓です。
「↓」マークが書いてある子は「ビューティちゃん」ですね(次の画像で名称表記されてます)。

2006冬コン
http://airiangel.dip.jp/mini/img/c-airi1285.jpg
名札の無い子がいますね。稲葉先輩(笑)のとなりが澤田由梨、その隣が青木えりな★です。
澤田由梨ちゃんは、初期のコドモっぽさが抜け、一気に可愛くなってきていますね。凄い凄い!
ちなみに(矢口先輩(笑)のとなりの)秋山ゆりかちゃんは、色んなところを見ている限りは、女の子に人気がありますね。それと同行予定者2名(♂)も一推しが彼女だったりする(苦笑)。

同じく2006冬コン
http://airiangel.dip.jp/mini/img/c-airi1254.png
左から大瀬楓、通称「無表情ちゃん」(西念みあ★?)、橋本愛奈田中杏里、通称「ビューティちゃん」(後藤ゆき★?)、是永美記青木えりな★です。
「無表情ちゃん」は、いつでもどこでも無表情さを貫いていて結構好きです(笑)ロックだよなあ。

とりあえずこんな感じで。

*1:ちなみに私も持っています。1980年代に入ってアイドルに興味を持たなくなった時期があるのですが、アイドル好きの魂を呼び覚ましてくれたのは、山瀬まみなんだよね。それだけ彼女には他の女性には無い魅力があった。当時は全く売れなかったけど。だからそういう気持ちを持っているファンはそれだけ熱狂的だと思います。

*2トラックバックスパム防止のためだと思われる

*3:早過ぎ(笑)。もしかしたらYouTubeあたりにもアップされるんかもしれないね。



*タグ

参考:タグについて
info:ブログに関するお知らせ/diary:日記・雑談/column:コラム/furage:フラゲ/ranking:ランキング・チャート分析
anime:アニメーション/audition:オーディション関連/book:書籍・雑誌/cd:CD/comic:漫画/dvd:DVD等の映像媒体/event:イベント/fyi:ハロプロやNGP!以外の記事/game:ゲームソフト・遊技等/goods:グッズ類/live:コンサート・ディナーショー/mobile:携帯端末用コンテンツ/movie:映画/online:PC向け動画配信・音声配信・ブログ等/other:ハロプロに関するその他の話題(不祥事等含む)/radio:ラジオ/sports:スポーツ全般/theater:演劇・ミュージカル関連/tv:テレビ番組等

*月別表示
0001 | 02 |
0002 | 01 | 02 |
2004 | 12 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2012 | 01 | 10 | 12 |
2013 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 05 |
2015 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 07 |
旧サイトはこちら

Connection: close