はろぶろ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


こちらは評論・レポート・雑談系ブログです。

ニュース記事はこちら
新譜情報はこちら

記事一覧へ最新状態

リンク系。
オフィシャル系はアンテナで確認すると楽かも。
番組情報:
MoProGuide(バックナンバー) ライブイベント情報:
ハロプロイベント時刻表 ハロ探!
ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net
ハロプロコンサ申込

2006-07-13

[]/写真集ランキング系(2006.07.10付)(その2)

続き

すいません。
まとめてレスします。

まず、書店に置いていない理由について。

一般のショップならば自分のポリシーに沿った商品を自己責任で市場や問屋から仕入れるのですが、書店の場合はタイトル数が半端ではなく販売予測を逐一考えるのは不可能ですから、トーハンや日販などの『取次』と呼ばれる卸が事実上代行しています。

なので事実上、出荷数は取次が握っています。
以前、その販売交渉の現場に立ち会ったことがありますが、中は銀行やお役所のようで、順番がくるまでひたすら待たされました(大手は別)。で、いざ交渉となると、カウンター越しに座っている担当者(オペレーター?)がパソコンに映る販売実績とにらめっこしながら次号の入荷数を弾き出しています。
例えば、販売数がジリ貧雑誌で新たな企画を立ち上げたとします。次号予告の反響も良好で「これで売上倍増だあ!」っていくら叫んでも、取次ぎが「前回までの売上が芳しくないので、今回もこの程度しか受け入れません」と言われればどうしようもありません。

全国的にこれだけ売れているのに関西では販売数に乏しいとなると、売れない→入荷しない→さらに売れない...の負のスパイラルが相当に進行しているのかもしれません。
交渉は出版社と取次が行うものですから、事務所は介入していないと思いますが、これを放っておくとそうなるでしょうね。

こちらからおこせるアクションとしては、店頭に無かったら即注文し、次回作に期待するという地道な行動が一番なのですが、今のご時世、それだったらamazonとかの通販の方が早く入手できますから、この選択は難しいですよねえ。

-----

次にテレビ局関係。

関西の方ならば「その昔TBS系の番組ABCネットしていて、NET(現テレ朝)と東京12チャンネル(現テレ東)の番組MBSが放送していた」という話を親から聞いたことがあるかもしれません。これを「ネットワークの腸捻転」あるいは「ネットチェンジ」と呼んでいます。

話すと長くなるので、wikipediaの「ネットチェンジ」の「毎日放送から見た歴史」を読んでみて下さい(笑)

なので「ちゅーねん」をTBSが流す気が無いならテレ東ネットすりゃあ話が早いんですけどねえ。無理か(苦笑)。
(ちなみに、1970〜1975年には「奥さん!2時です」という番組を共同制作していたとのこと。)

また関東ではテレ東フジ日テレと関係が深い一方、TBSテレ朝では淡白な関係が続いています。
なのでそれをMBSABCで補って欲しいですよね。「プリキュア」もABCでしたし。

-----

次にラジオ局

ラジオ関西には期待したいです。なぜなら周波数が極端に低いから(笑)
低い周波数なりの特性もあるでしょうが、国内および近隣諸国に妨害する局がないので、20kwながら、かなりの広範囲で聴ける局のひとつですよね。
独立局ですが、ラジオ日本のつながりもありますから、カントリー娘。番組からでもいいでしょうね。文化放送のつながりもありそうなのでBerryz工房番組も可能かもしれません。

-----

最後に、関西・九州受けするメンバーについて。

そもそも関西や九州で受ける女性タイプは何?...ってことが個人的にはプライオリティーの高い疑問のひとつになっています。

ハロプロは男性向けアイドルアニメキャラの中間のような、性表現を抑えたタイプの子が多く、これが安定した人気の一つの要因になっていると考えられますが、その一方で、地域によってはそういったタイプ女の子よりも、より野性的に女性を意識させるタイプの方がベターなのかもしれません。
ただ、そういうメンバーが加入したとして、現在のファンが受け入れられるかという問題もあります。

私は前回、シンプルに加入させることを前提に書きました。減ったら増やすという今までのパターンを考えると割とやりそうなことなので。ただ、今のこの大切な時間にそんなことを考えるのは無神経なのかもしれません。
ただ、やがて加入話はやってくるでしょう。その際、第二の紺野あさ美を加入させてそれでファンは満足するか?と問われれば、多くのファンはNOと言うでしょうね。
(いや、それでも好きになっちゃうのがヲタの悲しい性ではありますが...)
なので、もし加入させるとすれば新たなニーズを持った子を抜擢していただけるといいかな...という気持ちはあります。

それと、もう二つの選択肢があります。「9月以降のメンバー8名で誰か相応しいか?」という新装開店的な発想。あるいは「娘。は今のまま素直に売り出すことを考え、それ以外のメンバーで強化できないか?」です。

gotoyukigotoyuki 2006/07/14 15:44 ものすごいわかりやすい例が身近にありますね。(全国でイベのあった)シンデレラがよく売れたのでギャグ100をたくさん仕入れたら全然売れなくて、ジリリキテルでは店頭になかった、、、店頭にありさえすればTOP3に入れたというのは小売店は感じていたはず。なので、BOYFRIENDは店頭に並ぶでしょうね。
前回のレスで触れたABCラジオで枠ごと買っている深夜番組(=ハロプロやねん)ですが、あんな時間だと番宣をやらなきゃヲタしか聴かないですよね。CDの折込で紹介したり、音楽誌で記事を書いてもらうくらいのことはやってほしいです。

hellobloghelloblog 2006/07/14 18:01 参考にしている通販サイトは、実際の販売実績が見えないので、どのくらい捌けているのかは不明ですし、ヲタの通販利用率ってどのくらいなのか知らないのですが、在庫余剰になることを極端に恐れていて、予約数でまずはクリアしていこうみたいな雰囲気が漂っているのが痛いですよね。。
Berryz工房の次回作は後藤真希のシークレットライブと同様、予約でフルの状況になると予想されますから、多分に店頭には並びません。石丸電気のような通常なら予約無しでも購入OKみたいなところでも要注意ですから、地方はかなり厳しいと思います。
ランキングは相対値なのでライバルがいなければ初のトップ5確実なのでしょうが、やはり発売しているということを知らしめる必要はあるんですよね。ハロプロは宣材は今はほとんどないですから、リリースされていることすらわからない...なんてことになっていると思いますよ。
ABCは宣伝してないんですよね? でも宣伝しても聴いてもらえるかどうか(苦笑)。出来れば22〜24時台で何か欲しいところですね。

mushi-yaguchimushi-yaguchi 2006/07/14 22:20 MBSの番組をテレ東で放送出来ないのは、JNN系列の排他協定が影響してますね。この協定は基本的にはニュース番組・素材に関するものですが、それ以外でもいろいろ影響を受けています。
「っちゅ〜ねん!」は春改編ですでに終了し、現在は14:00〜17:50という長尺の「ちちんぷいぷい」になっています(以前から放送していた「ちちんぷいぷい」に「っちゅ〜ねん!」が吸収された形です)
「っちゅ〜ねん!」開始時はTBSが「ジャスト」をやめて14時台を再放送枠にした時期だったので、どうやらJNN系列局への販売も目論んでいたようですが、結局はそれが出来なかった上にこの春からTBSの「2時ピタッ!」が始まりそれをネットする局が多かったので、もう2番組に分ける必要がなくなったというのが理由かな?(このあたりの裏事情は知りませんが。ちなみに「2時ピタッ!」はわずか3ヶ月でSBSが離脱するなど苦戦しているようで、秋には恵俊彰氏を起用した新番組に移行するとか)
「ちちんぷいぷい」は関西色の強い番組ですので他の地域での放送は考えられませんし、こんな長尺の番組はテレ東のいろんな事情を考えるとネットは難しいですね。
ラジオ関西とラジオ日本って、今は巨人戦中継以外での関係は薄くなっているようです。ラジオ関西の編成では、野球以外ではラジオ日本の番組は1つしかなく、ニッポン放送の番組の方が多いですから。「ラジベガス」もネットしていますしね。

hellobloghelloblog 2006/07/14 23:40 これですね。>排他協定
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%92%E4%BB%96%E5%8D%94%E5%AE%9A
TBS系列場合は、フジのFNNに対するFNSといった略称はなく、スポーツ番組でも「JNN系列○○局でお送りしています」といったアナウンスがあったりして、なんか良くわかんないですよね。クロスネット局がほぼなくJNN=TBSネットワークだからなのかなあ。
あとは独立UHFに売っちゃうって手もありそうですけど、今後のTBSとの関係を考えると無理は出来ないんでしょうね。MBSは番組製作能力がとても高いので、素直に14時台を開放すれば良かったのにねえ。>TBS
すると「GAORAあたりで放送してくれるといいな♪」程度で考えとくしかなさそうですね。まずやってはくれないでしょうけど(苦笑)。
ラジオ局に関しては、とりあえず要望を地道に各局に出すことくらいが、こちらの出来る精一杯のことですが、テレビよりも可能性はあるのかなあ...という気はします。
同時放送は無理でも時差放送でもOKですよね。いや時差放送の方がファンは喜ぶでしょうね。そうやって声優系の番組はシェアを伸ばしていった歴史があると思いますので...

mushi-yaguchimushi-yaguchi 2006/07/20 07:00 MBS制作の番組を系列外に販売する場合にJNN系列が障害となるのは、以下の2つの理由ですね。
1.JNN報道特別番組が放送された場合、協定でJNN系列局はその番組を放送する義務があるので、代替番組を手配しなければならない。
2.「っちゅ〜ねん」「ちちんぷいぷい」ともワイドショー的な情報番組でニュースを扱う番組のため、JNN各局が撮影した素材映像を使うことがあり、JNN系列外ではその映像を流せない。
ということで、独立U局への販売も無理ですね。GAORAでもJNN素材は使えないんじゃないのかな。
番組内容も関西ローカルに特化した情報番組ですので、地域外に販売する意義はほとんどなさそうです。
MBSは腸捻転解消後も1990年代初頭までは2時台のワイドショーを制作しており、西日本エリアを中心にJNN系列局でも放送されていましたが、TBSがこれらの番組を流したということは1回もないですね。80〜90年代の番組は結構面白かったんだけど。

ラジオの方は、ハロプロ関連番組の大半がアップフロントによる買い取りですから、こちらも難しいですね。
ドキみきNightはJRNのラインで送出(送出枠は火曜23:30〜)されるネット番組ですが、アップフロントが買い取ってるのはCBCの枠だけでネット局では自社セールスが求められるので、この春の改編で4局に減ってしまいましたし。
最近は、ほとんどの局で夜〜深夜帯は「ニッポン全国ラジベガス」(22:00〜24:00)または「アクセス!」(22:00〜23:30)〜「レコメン!」(24:00〜25:00)〜「オールナイトニッポン」(25:00〜27:00)という流れになっていて、これらの番組はネットスポンサーがつくので地方局はどうしてもこっちを選択する傾向にあり、夜に空き枠がないんです。
制作力・営業力のある会社の中には「ラジベガス」のネット打ち切りをするところ(「allnightnippon SUPER!」をねっとしていた局のうち、これまでにSTV・RCC・RNBが離脱)もありますが、制作力があるので代替には自社制作でワイド番組を編成しちゃってますし。

hellobloghelloblog 2006/07/20 18:50 なるほどなるほど。
TVの件は素直に納得です。ワイドショーは報道的な側面もありますしね。そう言えば以前あったCS日テレでも「権利上の問題で映像をお見せできない」旨のテロップバンバン出てましたしねえ(笑)。それとは理由は違うとはいえ、あんな感じになるのでしょうね。
それだったら深夜時間帯の録画番組を地方に売るという選択の方が賢い...いや、それ以前の問題で究極的にはGayOみたいな媒体の方がコスト的に一番やりやすい(Z)なんていうシナリオが見えてきそうですね。
ラジオは本来ならばもうちょっと自由にやるべきかなあとも思いますが...まあただ確かにスポンサーの問題が最大の理由なんでしょうね。そうなるとラジオ局様に金払って電波に乗せるより、素直に高音質でPodcast化した方が良いような気もします(苦笑)。全世界に合法的(笑)にばら撒かれますし...

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/helloblog/20060713/p2


*タグ

参考:タグについて
info:ブログに関するお知らせ/diary:日記・雑談/column:コラム/furage:フラゲ/ranking:ランキング・チャート分析
anime:アニメーション/audition:オーディション関連/book:書籍・雑誌/cd:CD/comic:漫画/dvd:DVD等の映像媒体/event:イベント/fyi:ハロプロやNGP!以外の記事/game:ゲームソフト・遊技等/goods:グッズ類/live:コンサート・ディナーショー/mobile:携帯端末用コンテンツ/movie:映画/online:PC向け動画配信・音声配信・ブログ等/other:ハロプロに関するその他の話題(不祥事等含む)/radio:ラジオ/sports:スポーツ全般/theater:演劇・ミュージカル関連/tv:テレビ番組等

*月別表示
0001 | 02 |
0002 | 01 | 02 |
2004 | 12 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2012 | 01 | 10 | 12 |
2013 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 05 |
2015 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 07 |
旧サイトはこちら

Connection: close