はろぶろ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


こちらは評論・レポート・雑談系ブログです。

ニュース記事はこちら
新譜情報はこちら

記事一覧へ最新状態

リンク系。
オフィシャル系はアンテナで確認すると楽かも。
番組情報:
MoProGuide(バックナンバー) ライブイベント情報:
ハロプロイベント時刻表 ハロ探!
ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net
ハロプロコンサ申込

2008-11-30

[]近況系(2008.11.29)

昨日、特に予定を入れていなかったので、インフルエンザの予防接種をしに行ったら、身体がだるいっす(苦笑)。なので、思考能力がやや鈍ってます。こんな日はエロいことしか書かなくなっちゃうので、それを押さえつつ(いやもう既に出ちゃってますが(苦笑))、斧屋さんをパクって今後の執筆予定を(苦笑)。

エックス理論
また訳の判らん理論出たな(笑)っつーことで。
ぶち上げたはいいが、まだ何にも考えてません。なんてね(笑)。
要は、ベリキューが上手く行っている反面、20歳過ぎるとハロメンが息切れしちゃうという構造的欠陥のお話です。その解決手段なのか知りませんが、あるプロジェクトが進行中で、そこに期待出来るかも...といった話。

道重さゆみ関連
そのエックス理論でさゆみんを救おう...という話に持って行けたら良いかも。

ニューハーフに認められて、はじめてトップアイドルになれる」論
これは最近流行?...と思われがちですが、過去の「おかまキャラ」あるいは「リアルおかま」のタレントさんて、かなりの率でアイドル歌手好き。じゃあ、逆にそういう支持層を狙ったコンセプトの子がいればどうなるんだろう?
ハロプロで言うと「松浦亜弥→A→B」なんですが、Aは嗣永桃子で、Bはエッグに一人います。英才教育中の子が...といった話。つーか、もう8割ほど書いちゃったな(苦笑)。

エッグメン関連
新人公演はライブハウスになってから落ち着いてウォッチ出来なくなってしまった。また、歌やダンスも大きな差がなくなってしまった。なので、キャラ中心で考えてみようかなと。

ルーツオブハロプロ
告白の噴水広場」あたり。それと「ハピネス〜幸福歓迎!〜」をやり直したいですね。

「○○に何を歌わせたいか」系
HAPPY! STYLEって、次、何をやりたいんだろうね?
1970〜1980年代アイドルと、1990年代のグループアイドルを中心にこんなのどう?っていうヤツをいくつか適当ピックアップしてみようかなと。
それと福田花音ばりの架空セットリストを。多分に(エックス理論を交えて)枝川みるるで考えてみようと。つーか、もし花音ちゃんが鉄子だったら架空鉄道にハマってると思う(苦笑)。

[]飯田圭織

報告ならびに記事を読みました。
本当、なんと言ったらよいのか...
遅くなりましたが、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

エルダー公演は観に行きますので、暖かく迎えたいです。俺たちは仲間だしね。

[][]V.A.青封筒関連(2008.12)

着ました。
主要部分のみスキャンしておきましたので、別ブログをご覧ください。

私はとりあえず「A」で継続し、「B」〜「D」に関しては別途新規でと考えています。一応こんな電波系ブログをやってる手前、加入するしかないかなあと(DD殺しだな)。ただその申込方法がイマイチ判んないです。取りあえず正月中野サンプラザへ行けってことですかね?...ただ地方ファンには厳しいよな。次月に申込書が来るのかな???...ネットで申込が出来ればねえ...
それと、スペシャル会員の特典がイマイチ判んないです。先月書いてましたっけ?...スペシャル会員申込禁止期間もあるようですので、もうちょっとシンプルで判りやすく説明して欲しいです。

ところで、ハワイツアーってメンバー水着姿が拝めるんでしたっけ?
ごく僅かでしょうが「つるぺた」時代で時間が止まっているファンにとっては、嬉しいどころか、逆にショックかもしれん。過去ロリータアイドルファンが諏訪野しおりさんとか山添みづきさんあたりに描いてた幻想と同じだろうから。その点、ウチの茉麻はそういうニーズから隔離された存在なので大丈夫。まあ昔で言うところの「少女M」(田中みお)担当だから(笑)。
あ、良い子は検索しないでね!
諏訪野さんは後の熊井or矢島、山添さんは後の嗣永or菅谷につながります。キッズ系は過去アイドルの系譜を辿るより、ヌードモデルのそれを辿った方が的確だったりします。

それと、グッズはスキャンしませんでしたが(下手にスキャンすると2chのネタにされやすいので)、℃-uteコンの個人別DVDが出ます。お楽しみに(笑)。これもDD殺し。最近FC関連のDVDだけで毎月3〜4万程度払ってる気がする(苦笑)。

2008-11-28

[]石原夏織(その2)

続き

前回書くの忘れていました(笑)。
ムービーだけじゃなかったですね。

一応、今後プッシュしたい感じもするので、書いておきますが、「はぴすた学園☆放送部!」というネットラジオをやっています。ZAKZAK内にあります。

HAPPY! STYLE Rookies(ぱぴすたるーきーず)5人の内2〜3人の持ち回りでやっているので、出ない週もありますが、今週は出席しています。アーカイブはなさそうなので、お早めに。

声が可愛いので直ぐ判別できます。ほんとイイ声だわ。杓文字でペンペンされたいです(苦笑)。というか、声優・女優どっちに転んでも使えそうな感じもします。

この年代の子が女優や声優のどちらかに進むのって、ほんと、紙一重なんですよね。もし加藤夏希がスペースクラフトだったら?...とかね。
真野恵里菜も今回のポッキードラマで注目された後にどうなるか?...従来のハロプロのように「あくまでも歌が主役です」じゃないかもしれない。そのあたり頭をやわらかくして見ないといけませんね。

[]週刊文春

今週発売の週刊文春ハロプロバッシング記事が掲載されてます。
以下は電波がゆんゆんな感じで。
ん、いつもとの違いが分からない?...うーん、まあ言われてみれば確かにそうかもしれんな(苦笑)。

続きを読む

2008-11-27

[]ザ☆FYI(2008.11.27)

BBRK」さんによると「ヴィジョンファクトリー 所属のアーティスト阿久悠作品の名曲をカバー」なCDリリースされるようです。

阿久悠モノはこちらの方が早いですが、もっと早い企画もあるでしょうし、そもそもトリビュート系は珍しいものではありませんので、娘。の優位性はさほどアピールできなかったのでしょうね。

[]Berryz工房/「ジンギスカンだらけ」

買いました

ああ、ライナーノーツ付いているんですね。凄いな...萩原祐子*1...うーん、どこかで聞いた名前だ。さてはマイマイに触発されたのか?...前田三姉妹とか唯姉妹とか最近、姉妹モノが俺の中で激アツなので、萩原姉と呼ぶことにしたい。>ノージさん

その俺のお義姉さん(笑)の的確かつ詳細なライナーノーツを含め、カバーデザインも素晴らしい1枚に仕上がっています。

俺って、娘。ヲタやる前は鈴木あみヲタだったんだよな...いや、それより前の話だ(笑)。こういうモンドなコンピレーションアルバムが結構好きだったので、暗かった青春時代を思い出して大泣きですよ。「P-Vine」でもここまで出来んでしょ。いや、以前P-Vineはビトールズがカバーした曲の原曲のみを集めた名コンピレーションリリースしたことがありますが、その逆だよね。何が逆なのかさっぱりわからんけどね。

感想ですが、一言で表現すると「インチキディスコミュージックに夢中になってしまった大手事務所直営レコード会社が好きなことに熱中しすぎて紅白歌合戦を忘れてしまったような1枚」だ*2

まず、「原たかし&バットマンズ」がジャケット通りのスタイリッシュな仕上がりでイイ感じ。渋谷哲平バージョンはなんか大味で良い。その渋谷と同じトラックを使った6〜7とかは完全に捨て曲でしょ?...なんてのも丁寧に入っている。9の後先のことを一切考えないヒドいフィーチャリングアレンジも素晴らしい。この頃はまだ日本は強いと勘違いしていたのかな...なんか聴いていて涙が出てきたよ。
12と18は枝川みるるんに捧げる1曲だな*3
14はコミックソングヲタ過去歴を持つ俺の琴線に触れる名カバー
んで、15〜16を聴いてみると、なるほどなあ...この曲を聴いたらこのアルバム企画した意図が理解出来そうな気分にさせられる。16を聴いたら久しぶりにカフェバー(笑)に行きたくなったよ。
17はオリジナルの遺伝子を感じさせる1曲。やっぱ心底洋楽ヲタ集団なのね。>UFW

[]ハロプロエッグ/「2008 ハロー!プロジェクト新人公演11月〜横浜JUMP!〜」(その1)

遅くなって面目ない。まず状況や感想を簡単に。
満員だったメルパルクホールよりもキャパ的にはややちっちゃい会場ですが、会場客の入りは満員とは言えない。Buono!の影響というよりも(何度も書いていますが)「ライブハウス嫌い」の傾向が強いのかも。ゆっくりチェックしたいですしね。必死な人は整理番号1〜2桁前半狙いか、またはファミリー席。「500番以降ならもういつ入っても変わんない」なんて人も結構いたようです。特に騒ぎたい人は最後でも良いでしょうしね。

さて、新人の宮本佳林ですが、小学四年生で、つんく♂愛称は「カリン」です。ひらがなではなくカタカナにしたのが気になります(笑)。昼公演は5mくらいの至近距離で見てたのですが、ステージで見た印象は、華奢な印象が昨年の文化祭で一部ファンを熱狂させた岡崎瞳ちゃんを連想させました。ただ、つんく♂さんのブログ写真(左から2番目)...

f:id:helloblog:20081127093453j:image

...を見た感じでは。ちょっと違った印象にも見えますね。
んで、夜公演では彼女登場と同時にウルトラオレンジを発行させたヲタが10名近く。高輝度サイリウムの使い方は「キタコレ」なので、ある意味正しい使用法なんですが...それを狙ったのかどうか知りませんが、(知人から聞いた話では)グッズ売場でも販売されていたそうです。

んで、一説によると(STK情報じゃないよ)常設オーデ化の最初の合格者が昨年11月末で、最初のレッスンが昨年12月からだったようで、その子達の登場が6月の新人公演でお披露目ですので、その公式を当てはめると、GW前後の合格者かなと思われます。ちなみに合格者はハロメンの誰かのライブに招待されるようで。中野サンプラザや新宿の厚生年金会館の2階最前で係員からプログラム(セットリスト表)を渡されている親子連れを見かけたら、トラバやコメントで構わないの教えていただけると助かります(苦笑)。それから約半年後には貴方の目の前に現れるというあんばいです。
総て小学生なのが気になりますが...一説によるとその昨年11月には当時中学2年生の子が1名合格し、2月〜3月頃にさらに中学生以上の子が2〜3名ほど合格しているらしいのですが、それはHAPPY! STYLE Rookiesの面々かもしれませんね。となると約一年強で10名(辞めちゃった子含む)なので、意外と多いですね。

その他の感想は後日、気が向けば。

*1:祐は「示+右」。

*2元ネタ

*3:すいません2曲なんですけど。

2008-11-26

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.26)(その2)

そういえば小倉唯のこれ...

唯お姉さんに!

昨日は、今回ご一緒させていただいた、岡田唯さんに髪の毛をきれいにカールしてもらっちゃいました(*>∀<*人)
同じ唯という名前ということもあって、妹のようにとてもかわいがってもらっています☆
岡田さん、ありがとうございました☆☆

を取り上げるの忘れてました。

たまんないよね(苦笑)。

[]市川利奈/調布FMラジオボンバー」内「芝居のススメ」配信

俺の嫁」とか書いときながら当日は現場に行けませんでした。リアル嫁と笑点公開録画に行ってました(苦笑)。推しTは売ってなかったな。

で、涙に暮れておりましたが、ネットで聴けるなんて夢のようです(魚拓)。
ウチの環境ではちゃんと聴けないので、解析して(といっても大したことしてませんが)聴きましたよ。これですね。
ttp://www.radio-bomber.com/download/shibai2008.11.22.mp3

HAPPY! STYLE Rookiesの中では彼女が一番女優志望色が強そうなのですが、147cmです。

ほんと、どんだけMWAVEさんイジメなんだよ(苦笑)。

[]真野恵里菜/「Pocky 4sisters! フォーシスターズ」

MWAVEさんのおっしゃるおとり、丹羽多聞アンドリウさんでした。これで、ニュースサイトもまとめやすくなったかもしれないですね。ありがとうございます!

さて、その丹羽多聞アンドリウさんなのですが...

長女の絢と三女の杏理は8月に決めていたが、あとの2人はこの作品デビューさせようと思って、面接などで時間をかけた。
そこでよりすぐりの2人を選んだ。
今回、新人デビューするのは真野恵里菜金井美樹だ。
真野は歌手として来年春にメジャーデビューする逸材である。今回事務所にお願いしてドラマ初主演となった。
金井美樹小学生向け雑誌「ちゃお」モデルで、現在小学6年生。

なるほど、よくある業界オーディションではなく、探し回った感じなんですね。それは嬉しいなあ。「事務所にお願いして」なんてそうそう無いですよね。本当にアイドル好きなんだなあ(苦笑)。

それと金井美樹さんの「ちゃお」ですが、「きらりんガールコンテスト」はUFWがバックでしたので、譜久村聖は無事エッグにゲットできましたが、それとは関係ないレギュラーモデルアミューズ系列モデル事務所がやっています。可憐Girl'sもそれですよね。可憐Girl'sとポッキーの違いは「つるぺた」かそうじゃないかの違いとかかなあ?

そんな訳分からん妄想はさておき...

来年春にメジャーデビュー

なんですが、事務所発表はまだです(笑)。多分に12月のファンクラブ限定イベントで発表があってヲタ号泣というのが筋なんですが(苦笑)。報知新聞社北海道総局といいこれといい...うーん、J.P.ROOMはこのあたりの情報統制はアバウトなんですかね。まあ嬉しい話題はいくら漏れても平気ですけどね(笑)。

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.26)

真野恵里菜

ドラマの事については随時更新していきます!

皆さん
お楽しみにぃ

はーい!

-----

小倉唯

お疲れ様でした(笑)。 んで、これ。

黒板

これは、回り舞台のセットとセットの間の端っこのあるスペースに置いてある黒板で、落書きスペースになってました。
これがここにある意味は全くないのですが、こういう遊び心は好きですね。
でも、その寄せ書きは、その後どうなったんだろう?

-----

能登有沙

今日ゲキハロを観劇させていただきました。
とてもお話が凝っていて、伏線が色んな所に張ってあって、舞台がぐるぐる動いて…
すっごく面白かったです。
“ぁりの”みなみも可愛すぎて、シーマンと一緒に行ったんですが2人して劇中、「可愛いねv」って言い合っていました。
とくに「ヤダっ!」ってセリフがどストライク!!ずっきゅ〜ん♪(笑

(中略)

岡田さんの「岡田キック」や「岡田ギュー」もちょっと受けてみたいなぁなんて思ったり(笑

俺、そういうのを想像している能登ちゃんにずっきゅ〜ん♪なんですが。
つーか、ウチのリアル嫁の若いころもこんな思考回路だったかもしれん...

eggってわりとシャイメンバーが多いのですが、

のっち調教しちゃいなよ。

[][]セブンアンドワイ売り上げランキング(2008.11.24付)

セブンアンドワイ売り上げランキング(2008年11月24日調べ)です。

桃の実 嗣永桃子写真集
全体(指定なし)で13位。
以下はコミック系(ティーンズ向け小説含む)を除いたランキングです。21位以下は全て「圏外」となります。
購入者男女別では、男性2位、女性圏外。
購入者世代別では、20歳未満圏外、20代4位、30代2位、40代13位、50歳以上圏外。
購入者地域別では、首都圏2位、北海道・東北12位、中部6位、近畿圏外、中国・四国圏外、九州・沖縄11位。
アイドル写真集カテゴリ別では2位、同男性1位、女性17位。

ランキングは相対値なので比較するのは乱暴ですが、田中れいなと似たアクションですね。20歳未満にウケないってのはキッズでありながらむしろ娘。メンに近い。
東高西低ながら九州・沖縄11位が興味深い。九州男児に向くタイプなのか?
それと、ミシュランガイドさえなければ、男性総合1位だったんだね...

それと、リンク先を見るとわかりますが、深田恭子写真集がバカ売れしている模様。その差は女性人気と全国区の違い。
ただこのレベルタレントさんはそうはいません。ホリプロでも彼女と石原さとみくらいか...ただそういう子が各社で固まるとブームになって見えるんですよね。そういうのと比較されちゃうから大変なんですよ。

[]紅白歌合戦と賞レース

記事はブックマーク参照...なのですが、リニューアル版は案の定、使いにくくなったねえ。このままだとブックマークはやめて、id:helloblog4に統一しちゃうかもしれません。

その内、モーニング娘。ハロプロをつけて取り上げたのは日刊スポーツスポニチ中日スポーツ、そしてデイリー。その内、関係者筋のコメント付きは中スポだけかな。あとは予め想定して書いただけのもの。特に日刊スポーツは以前からアンチキャラなので、中身がない割にタイトルで釣るというやりかたが醜い。

分析すると、枠が減った中で企画モノや話題作が多かったことがほとんど総て。いわゆる賑やかし役が埋まってしまった。
Perfumeについては、本来ならば昨年に初出場のチャンスがあったはずなのに、大晦日ライブを入れてしまうという残念なことをしちゃったので、事務所的には是が非でもってことはあった。

UFG全般からすると、UFA枠に五木ひろし先輩が入ったことも大きい。
それと、FC分割が「ハロプロ大量離脱」と受け取られ、規模の縮小を感じさせてしまったこと。世間一般では「?」な話かもしれませんが、業界サイドからすると魅力は半減しますよね。FC分割はここに書いた「一推し二推し」論によりプラスに転ずれば良いのですが(事務所がその気になればですが)、それは来年度以降の話。
それと、サウンドプロデューサーがNGP!にシフトしてしまい。カバーシングルがメインだったこともある。

まあ、でも結果は結果です。
それでもハロメンは出場するので、来年ゼロにならないことを祈りたいところです。

俺たちヲタは今回の件で「モーヲタ涙目」と馬鹿にされても耐性はありますが、それを目指しているちっちゃい子達が凹むのが、ちょっとね。佳林ちゃんに謝れ!ってヤツだな(苦笑)。ここ読んでるスタッフさんはそこを今一度考えないとね。

-----

私的にはそれよりも、THE ポッシボーが今のところ賞レースに引っかかっていない...って方が問題かも。
先日、新人公演で会ったあるNGP!ヲタさんも嘆いてました。今年はある意味こちらも犠牲になった面がある。なので一層頑張って欲しいところなのですが、まさに「二兎を追う者は一兎をも得ず」状態。

これは、FCを別けたことでチャートアクションが芳しくなかったことが原因なんだけど、ハロプロ(FC)に頼らない開拓方法が見出せなかったのが痛い。

ただ、つんく♂さんの責任ってより、足の引っ張り合いっぽい感じもしなくもない...って書くと文句が出そうだな(笑)。要は連携力が悪かった。

ただ、ようやくゲームアニメ畑に活路を見出せるかどうか?...といったところですが...それだとスペクラマターなんですよね。そうなると「ポッシ存在意義は何?」ってことになりそうな予感。
もともとポッシ歌手を目指していた子たちの集団。キャナは多分にこれをステップにと考えているであろう集団。実は後者の方がプロデュース的に扱いやすそうなので、徐々にキャナシフトに移って行きそうな雰囲気にこちらからは見えます。

私的には、ポッシボーを(ハロプロに)戻す最後のチャンスかなと思います。来年4月以降は戻るべき場所がなさそうですしね。

以上。つーか「落選モヤモヤを(直接関係のない)NGP!にぶつけたキモい文章」と受け止められそうだな(苦笑)。

2008-11-25

[]Berryz工房岡田唯仙石みなみ小倉唯/劇団ゲキハロ第5回公演「Berryz工房 vs Berryz工房

行ってきました。日曜の昼(朝?)の部です。
先週の真野恵里菜@六本木に続き、今回も自枠最前でした。なので元帥さんの客イジリに戦々恐々でしたが、俺には当たらず。ふう。
ちなみに「誰目当て?理由は?」を尋ねるのですが、その日は2回とも茉麻ヲタ(いわゆる同志(苦笑))に当たったようで、私が見た回は「可愛いから」でしたが、別の回では「ふっくらしたところが」だったそうです。極めて同感ですな。

それと、ここ読んでいる人は「小倉唯って何の役で出たの?」ってのが一番気になると思います(笑)。彼女はロボットの中の人でした。劇中では顔は露出せず、最後の挨拶にしか顔は出ません。なのでDVDが発売されたら、顔が映っているか?...ってのを人柱を使ってチェックしなくてはいけません(笑)。多分に前から決まっていたことなんでしょうが、役が役だけに当初キャストに書けなかったのかな?...そんな気がします。
それと小倉生写真は売ってなかったです。もし仮に売っていたとしても、ロボットが写っているだけかもしれませんね。

で、感想ですよね...あんまし勝ち負けって好きじゃないですが、今回はBerryz工房かな。とはいえ前回も俺的にはBerryz工房の方が好きでしたけどね。

なぜそうなのか?...私なりに分析しますが、どちらもライブツアー終了後あわただしく間に合わせてきた...といったエクスキューズが付く中での開催でしたよね。なのでUFG内のタレントで脇を固め、メンバーの負担をいかに軽くするかにセンスが問われる。その際に、℃-ute彼女達以外ハロメン無しであいざわ元気先生に負担が集中。一方、Berryz工房は1059ちゃん+唯姉妹+楠本柊生元帥ですから、その差がまずあります。

あとは、10代の多感な女の子の扱い方の違いが大きい。
℃-uteの方は、説教臭い感じが、古き良き...うーん、良くはないわな(笑)、つんく♂プロデュースのミュージカルを連想しますが、Berryz工房の方は、楠本柊生さんのキャリアがいかんなく発揮されていたようです。

これは、U-15ヲタでもある同行者から教えていただきましたが、脚本・演出・出演の楠本柊生さん(UFS所属)はNHK教育天才てれびくん」のレギュラーだったことと。今でもドラマコーナーやイベント(ミュージカル?)の脚本や演出を手がけているんだとか。また、「カンペキTTK | 「天才てれびくんMAX」応援サイト」さんを見ると判るように、秋山恵さん、げんしじんさんも「天てれ」繋がりですね。時期的に一緒にはやってはいなさそうですが、誰かが繋いでいそうな予感。

そう考えると、Berryz工房が「天てれ」に...うーん...年齢的にはタケちゃんマターだよな(笑)。どちらにしてもいいコネクションが出来ましたね。
来年もしこの企画(ゲキハロ)が継続したら、元帥さんは℃-uteで、オトムギ軍団はBerryzガチでやって欲しいかな。そんな気もします。

それと1059号こと仙石みなみ、スゲー頑張ってました。彼女はBerryS工房(舞台上での架空ユニット)の8番目のメンバーとして活躍しますが、他のメンバーと同じ衣装ですし、劇中では一緒にダンスしたりもすることで、巷では「リアルベリに入るんじゃね?」と噂で持ちきりらしいです。が、私的にはむしろ、UFSの役者志向(女優・声優志向)により、彼女ピックアップされたのかな?...って思っています。
ただ、彼女はとってもちっちゃいです。でも、ガッツでは誰にも負けません。つーことで(苦笑)。

2008-11-24

[]石原夏織

けどろんさん改め(笑)水踊さん

アップフロントスターダストと言えば「桜っ子クラブさくら組」ですなあ(笑)。
まあ今は興味無いので知りませんけど。>スタダ

まあ、スタダも同じ音楽制作者連盟ですしね。アミューズも。おまけにスペクラも(苦笑)。

-----

MWAVEさん

この気持ちは今も変わっていないのですが、梅田えりかさんとか矢島舞美さんとか熊井友理奈さんとか、モーニング娘。Berryz工房℃-uteの3組に属する人は、“アイドル歌手”としてしか活動しないんでしょうね、きっと。個人的には先に挙げた3人はもちろんのこと、道重さゆみさんとか亀井絵里さんとかはどんどん女優展開しても良いんじゃないかと思います。だって、歌手として食っていく気なさそうでしょ?。高橋愛さんがNHKのドラマに出演するのは喜ばしいのですが、高橋さん歌手とかミュージカル方面にこだわり有りそうですしね。

おっしゃる事はわかります。多分にその通りで、今回の「FC分割=ワンダフルハーツのみハロプロ化」は鎖国っぽい印象に受け止められるでしょうね。もう先が見えちゃってます。ハロプロエッグも結局小学生しか取らないでしょうし、益々、世間から隔離されつつある...ってのが一般的なヲタ認識だと思います。それが打破出来るかがカギなんですが...さて。
それと、道重亀井については、ここ読んでるハロプロファン的には「女優だって?冗談だろ?」かもしれませんが、女優系事務所にはいないスッペシャルな素材なんですよね。15年前に「永作博美や菅野美穂や高橋由美子が女優だって?冗談だろ?」って言ってるのと全く一緒で〜す(笑)。

-----

さて、なんだか微妙タイトルが変わっています(苦笑)。

水踊さんとMWAVEさんにお尋ねしますが、こういったビジュアルの子って、お好きですか?
拡大画像はこんな感じ...

f:id:helloblog:20081123202035j:image

「え!?アップフロントにこんな子がいたんだ!」って思うかもしれませんね。実は、いるんですよ(笑)。

アップフロントスタイル(UFS)所属の石原夏織と言います。
ムービーもあり(夏頃の映像)。
ちょっぴり”なっち”入ってます(笑)。

グループ内に昨年秋突如出来たUFSは、ハロヲタ的にはアニメ系のお仕事窓口的な事務所として認識されており(一説によるとハロメンの声優マネジメントもやっている模様)、その事務所研修生HAPPY! STYLE Rookies」は「アップフロントエッグオーディション合格者の内、声優志望の女の子たち「だけ」が集まったと思われていますが、どうやらそれだけではなく、同オーディションの(演劇)役者志望の子も入っていそうです。一時期、役者志望の子は別事務所(養成所)に行くことになっていた様なんですが、体制が変わったのかもしれません。
(アニメ/声優シフト枝川坂田、役者シフト小倉石原市川...まあ、プロフィールや今までの言動から振り分けてみましたが、実際はかなりフレキシブルに動いていくとは思います。)

現在中学三年生。153cmってのは物足りないかもしれませんが、私的には、育て方によっては真野恵里菜と同様、将来のエースになり得る素材だと思っています。

ちなみに歌上手いです(笑)。一説によると今年の春まではエッグのレッスンを受けていたらしく(今も?)、ハロの曲もバッチリ歌って踊れます。

以上、2009年期待のニューカマーでした(笑)。

2008-11-22

[][]真野恵里菜

MWAVEさんこんにちは(笑)。

ってあれ、これってハロプロ云々っていうより丹羽多聞アンドリウPじゃん

あ、そうなんですか?
そう言えばBS-iですしね。

私はそれよりも女優コースの登竜門というか、これから「モデル→女優」系の各社が「これからこいつらを売り出すぞ!!!」って中に、真野ちゃんのような畑違いの子が入ったことに驚いています。

いや、驚いているのは、むしろ...

続きを読む

[]℃-uteに何を歌わせたいか?(その3)

レス系。

続きを読む

2008-11-21

2008-11-20

[]真野恵里菜報知新聞社北海道総局を訪問

モー娘“妹分”真野恵里菜「お芝居にも挑戦したい」(スポーツ報知北海道版)(魚拓)

さて...

妹分

昨日、「妹分」があーたらこーたら書いた矢先にこれですか(苦笑)。ただ、勝手にそう書いちゃってる面も無きにしも非ず。というのも...

ハロプロアイドル・真野(まや)恵里菜(17)がソロとしての2ndシングルラッキーオーラ」をリリースキャンペーンのため報知新聞社北海道総局を訪れた。

わざわざ「ふりがな」をふってまで間違えちゃうってのが。
でも「キャンペーン」って言葉はいいね。ウチでもJ.P.ROOMトピックでは極力使ってます(笑)。

 昨年12月にはNHK紅白歌合戦に「ハロープロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊」で出演した。

確かにそうなんでしょうが、出来れば「バックダンサーとして」ってな言葉を付け加えて欲しいところです。

いろいろな経験を積みながら一歩一歩スターへの道を歩んでいる。

「スター」ってのもいいね。でも本来アイドルはスターの中に含まれています。まあどうでもいい話か。

来年4月に18歳になるので、それまでにはメジャーデビューがしたい。来年は歌だけでなくお芝居にも挑戦したいな」と大きく夢を広げている。

これって願望系?
それとも決定事項?
うーん...

まのえり来年は歌だけでなくお芝居にも挑戦したいな」
山ちゃん「もうなんでもさせてあげるよ、ウヒヒヒヒ」

...みたいなノリでも別に構わないけどね。

誤字系はともかく、内容的には興味深く、世間的に持っている古き良きアイドルスター像を再認識させられた今日この頃ですな。問題は、その重圧に耐えられるかですが、イベント見ている感じでは大丈夫でしょう。

2008-11-19

[]Berryz工房岡田唯仙石みなみ小倉唯/劇団ゲキハロ第5回公演「Berryz工房 VS Berryz工房

俺は週末に行く予定ですが、t-fc8さん浜村淳ばりのガッチリ解説で、もう行った気になってます(苦笑)。
注意すべき点を中心に引用しまあす。

続きを読む

[]紺野あさ美/「音楽ガッタスGuts10☆ガッタス!!

hicbc.com:ハイパーナイト|音楽ガッタスのGuts10☆ガッタス!!(中部日本放送)

こんこんの夢を叶える係 林原めぐみさんをゲストに呼ぼう!
エンディングこんこんが言ってましたが、大、大、大ファンである林原めぐみさんを番組ゲストに呼ぶために、皆さんから「こんこんの夢を叶える係り 林原めぐみさんをゲストに呼びたい!」というメールを大募集します。

なるほど。
この際、事務所パワーでアニメ作品を作ってキャスティングしちゃいなよ。

[][]Buono!/PIZZA-LA「あつあつ北海道ポテトグラタンピザCMBuono!登場編」「ダンス編」動画配信

今更ながら、CM出演おめでとう(笑)。
つーか「桃子たべたーい」とかじゃなかったのな。あ、この手の話題は触れない方がいいかな。

んで、プロフィールも載ってます。
この衣装はエロいよね。

さて。
私的には彼女達の脳内キャッチフレーズは「貧乳三人娘」だったのですが、ももたん先生の「ヨロセン!」の往年のZ級アイドルユニット風衣装や、写真集の表紙を見た感じでは、良い感じの大きさの乳があるようで、貧乳とまでは言えなくなってきた状況ですね...
うーん...どうしよう?...個人的に温めているコンセプトである「上○○三人娘」がいいかな?...そっちの方が男の浪漫が膨らみますよね。ああでも桃子は「下○○」っぽい体型だからなあ...うーん...困ったぞ。

[]可憐Girl's

とかいう最低レベル妄想をしていたら...

今週の動画ランキング[2008.11.10〜11.16](BARKS)

これはあくまでもBARKSサイト内でのランキングですが、可憐Girl's「MY WINGS」が2位でBuono!の「ID November_2008」(コメント映像?)が6位。
ここで「可憐Girl's>Buono!」とか言われると困る(苦笑)。
可憐Girl'sはSSAで行われたアニソン祭り(題名失念)が功を奏し、アニオタ界隈で盛り上がっているのか、はたまた一般人が「良くわかんないからクリックしてみた」系なのか、あるいはコメントアニメ情報番組に限られているので、純粋音楽サイトの露出がここに集中しているのか...全く読めません(笑)。

一方、Buono!コメント動画ならばニーズはやや低いでしょうし、PVなら他所でも見られますしね。

つーか、問題はやはりこれ。

Perfumeの妹分にあたる彼女たち。

何度か書いているけど、「妹分」と言えば、NGP!ヲタにはお馴染み(笑)の「まなみのりさ」だよなあ...確かに可憐Girl'sは事務所一緒だし一人は広島アクターズ出身だし...でもコンセプトとかスピリットが違うような...

そういえば、真野恵里菜(今のところ)妹分キャラで売らないよね*1。妹分ははるな愛たんの方だよな。

*1:妹分より「バーチャルキャラ」ならば、むしろ大歓迎です。苦笑。

2008-11-18

[]℃-uteに何を歌わせたいか?(その2)

これも何故か続いたりして

3年ぶりだね。

でも、こうして見ると、中島早貴以外結構良い線行っている気がします。萩原舞はそのまんまだし、矢島舞美も声質がそっくりだしね。
中島ちゃんはもうちっとぶりぶり路線かなと思ってたんですよ。今でもゲキハロキャスティングを見ると、やっぱそっちに見立てられやすい。でもそれは底が浅いとも言える訳で...なので研究課題ですね。ただ彼女1980年代に生きていたら工藤夕貴さんとか、本田美奈子さんとか、そういう系統に行っちゃいそうなタイプでもあって、私的にはそれもまたつまらないかな...とは思います。まあとりあえずは二代目稲葉さんってことで。

有原ちゃんはこっちでもやりましたけど、麻田華子さんはどちらかというと小倉唯の方が似合いそう。意外と渡辺満里奈さんとか、横山知枝さんあたりがイメージ的に合いそうですね。アレンジ山川恵津子さんマターな感じで(笑)。あとは久我陽子さんの「好きだから」とか。

んで、このセレクションをした当時はYouTubeがまだメジャー存在ではなく、当然私も意識していないので、入手レベルを全く無視して作ったんです。その中でも鈴木愛理が特に入手困難だろう...と思っていたのですが...

続きを読む

[]ハロプロエッグ/「2008 ハロー!プロジェクト新人公演11月〜横浜JUMP!〜」セットリスト(その2)

何故か続きます

ちっちゃい子に歌わせても「可愛いねえ」だけで終わっちゃいそうな予感。似たようなことはキャナコンでもあったみたいですね。

なんて書いていたら、TKさんがこんなことを書いていました。

そこでちょっと凹んでた所に今度はかのんとカレンというソロの子がそれぞれ曲を披露。で、このかのんという子がどう見ても小学校の3〜5年とかなんですよ。これは本当に凹みました。なんと言うか、ヲタって自分テリトリーの境界線にはシビアじゃないですか。傍から見てると一緒だろってことでも「いや、オレはそっち側じゃない。そっち側とは思われたくない」って。だからこそ売り手はなんとかその境界線を超えさせようと工夫を凝らすわけでしょう。初期Berryzとかそうですよね。「小さい子がかわいい」以外に、小学生が歌うことの必然性楽曲面でちゃんと付加しようとしていた。あるいは初期のSPEEDみたいに「小学生なのに」っていうギャップを狙ってスキルの高さをアピールするとか。そういう「手続き」をちゃんととっていたわけです。最近だと「可憐Girls」なんかは上手くいってましたよね。あの脱力系の合いの手とかはやっぱり子供ならではのものですし。

そうですね。
これがまだ新人公演というカテゴリなら許せるかもしれないけど...だけどソロコンサートでこれじゃあねえ。

それと、俺が日々温めている「エックス理論」からも外れているんだよな。つーか、また俺の分からん理論来たな。> エックス理論

そのあたりは、道重さゆみ論で語るかもしれないです。
ハロベリキューなどキッズローティーンでは上手く行ってますけど、20歳過ぎると失速します。私的にはワーナーパイオニア時代の西野妙子呪縛がありそうな気もしますけどね。

[]真野恵里菜/「こんにちはいばらきわいわいスタジオ

映像が某動画サイトにアップされているらしい。
希さんのところ参照ラフォーレギロッポンで生モノを最前列かぶりつきで見ましたが、いやあマジで正統派っす。

番組自体は関東ローカルの、さらにローカル映像。詳細は「wikipedia:NHK水戸放送局」参照。アナログではやっていません。地デジ移行後は殆どの茨城県民はこのチャンネルを見ることになると思いますが、今はどのくらいの方々がご覧になっているのだろう?
その意味ではレア映像というか、インディーズ映像的というか、度胸試しというか、ドラマおける「パイロット版」的なものかもしれませんね。

-----

んで、再び希さん経由で、YouTubeにHDモードが出来たらしい。
URLに「&fmt=22」を付け再生された動画をダウンロードし、それを表示するとデカい動画が拝めます。ウチは非力なのでカクカク状態(苦笑)。他には「&fmt=6」がFLV高画質、「&fmt=18」がiPod/iPhone互換動画なんだそうな。他は同じ...だと思います。真野ちゃんでチェックしたら「&fmt=5」のみ微妙にサイズがちっちゃかったです。PSP互換モードなんてのがあると嬉しいんですけどね。

んで、情報発信源の苦闘ぶり。

YouTubeのHD化(1280×720)仕様やダウンロード方法まとめ(教えて君.net)

うーん...マカーの場合はSafariの「構成ファイルの一覧」のOption+クリックで簡単にDL出来ますけど...Windowsではこの技使えないのかな?

ちなみに「AIR」はアニオタさんに連れて行かれたI'veの武道館で聴いた気がします。似たような曲が多いので、これじゃなかったかもしれないけど。このころはまだウルトラオレンジメジャーじゃなかったから、イントロが出るたび地鳴りのような歓声が響き渡っていたなあ。
SI☆NAは、もしかしたら何らかのサウンドチームと連携してデビュー...なんて可能性もゼロじゃないですが、I'veはどうなんだろう?...私的にはそんなに大好きな感じじゃないです。やっぱりアニPOP(J-POP)っぽい感じなんですよね。

2008-11-17

[]SI☆NA/「TANOSINA STAGE 2008 Vol.1 〜最寄駅は四ツ橋です〜」

例の女子中高生が生でピチピチ弾けちゃうライブの告知。

SI☆NA 初のLive公演決定(Hello! Project)

ライブ決定も嬉しいところですが、それにも増してハロオフィシャルで告知されることがうれSI☆NA(苦笑)。

[][]Berryz工房/劇団ゲキハロ第5回公演「Berryz工房 VS Berryz工房」グッズ

ツアーグッズ:劇団ゲキハロ第5回公演「Berryz工房 VS Berryz工房」(Hello! Project)

ベリ&みなみちゃんセットですね。>生写真
貴重な豪腕二の腕ぷにぷに友達が増えて嬉しいよな。>俺の茉麻

というか、仙石みなみがセット化されていて、岡田唯が混ざっていないってことは、もう既にお財布が違うってこと?...ファンではなくグループ内の。早くもそんな空気を感じる今日この頃*1

お財布が違うと言えば、小倉唯の生写真ってあるのかしら?...℃-uteゲキハロ現場では村上東奈さんの生写真も売っていましたしね。多少期待したいところ。

[][][][]しゅごキャラエッグ!/「しゅごキャラ!!どきっ」放送開始記念「しゅごキャラ!じお 番外編〜公開収録」イベント

こちらに拓っておきましたが、どうやら「しゅごキャラ!じお 番外編〜公開収録」があるようです。わーい!

CD「みんなのたまご」には、例の如く「発売記念イベント」の抽選カードが同梱される予定なのですが、まず、それと別なのかが不明です。これは応募経路が異なっても結局同じイベントだっただよ...という意味です。まあ(CDに付いているのにわざわざそんなことするかよ?ってことで)99%別イベントだとは思ってますけどね。

不明点はまだあります。

アニメイト限定?
過去イベント例。
ゲーマーズ
とらのあな
アニメイト
上記は多分に同一イベントだと思います。今回の「イベント参加応募ハガキ」ってのがレコード会社主導っぽく感じるんですよね。ただ仮に他社で扱ったとしても、上記例のように会社によって、時間が異なるケースもありそうですね。

本当に4人だけ?
4人だけでやるのか、それとも今までのパーソナリティ(声優さん?)も参加されるのか...この表記だと4人だけっぽいですが...ちなみに、お台場でのイベントエッグお披露目(1日目)と声優さん(2日目)は同じくらいの人数だった模様。

場所は?
それと、時間と会場が決まってません。これって人数が読めないからかなあ...誰が出てくるか分からないお披露目イベで300名程度でしたから、500名くらいのキャパなら埋まるとは思うんですけどね。
マジで少人数ならポニキャン本社とか、(アニメイトオンリーなら)「池袋本店8階イベントホール」とか、「パセラ銀座店イベントスペース」とかなのかなあ。
大人数ならハロでよく使っているイベントスペースの他に、例えば豊島公会堂とかニッショーホールとか九段会館とかね。

私的には大きめの会場で結局全員入れただよ(苦笑)みたいな感じがベストかなと。というのも、ニコニコ動画でのBuono!は割と好感触みたいですしね。なので、今まで2D専門だった人も、CMとかオフィシャルサイト見て、そのロリロリ美少女っぷりにときめいていたら、是非足を運んで欲しいです。可憐Girl'sに比べたら「つるぺた」感にはやや乏しいですが、むしろ「若草の匂い」プンプンなユニットですので(苦笑)。待ってますよ!

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.17)

ロリ前田憂佳

あ、そういえば今日
あの人が………
あれをやっていました!笑

皆さんも多分
知ってると思いますが

はい!のっち様が
耳を触っていました!笑

憂佳も何度も触られるんですけど
のっち

やめてくださあぁぁあ〜い^^;笑

でも最近
のっち以外のEGGの子が
よく耳を触っているのを見ます。笑

みんなのっちのが
移っちゃったのかな…?(ーー;)笑

良い傾向だと思います。笑

その能登有沙

成長期到来か?!とも思いますが、多分違うでしょう…
横に成長しない事を望みます。。ナ〜ム〜

ややふっくら気味なら、幼児体型がより引き立つので、むしろその方が助かるんだけど。>横に成長
アニオタ百合行為も大切だけど、それより、まず一人の「つるぺた女子大生であるべき。

森咲樹

エッグでは
群馬県出身の
和田彩花ちゃんが
結構方言
出てくるんですよ。

うわあ、めっちゃ聴きたいんだけど...
花音なら速攻で「録音→Flash化して公開」なんだろうけどなあ...

[]はてなダイアリーAtomPub

週末の現場真野恵里菜イベントのみで、専ら「keyword:はてなダイアリーAtomPub」のお勉強をしておりました。
以前から気になってはいたのですが、なかなか時間が避けない今日この頃
(イベント等のレポは後ほど書こうと思っています。)

要ははてなダイアリー自動登録をやってみようかなと。「コマンドラインでコマンドを叩いたら『はてなダイアリー』に登録されちゃっただよ」みたいなノリです。
(他にも出来るらしいのですが、そこまでまだ慣れていないので。)

Rubyトライしてみました。
その時の手順をメモっときます。
純粋技術文書を探している方へ。文章の中にハロヲタしか分からない単語が所々に入っておりますが、無視してください。ここはハロヲタブログですので我慢してくれ(苦笑)。

続きを読む

*1:売場が違うという意味ではなく、売上集計→部門配分とか、そういう社内的なレベルでです。まあ、そんなもんファンがイチイチ気にするなよって気もしますけどね。苦笑。

2008-11-14

[]ハロプロエッグ/「2008 ハロー!プロジェクト新人公演11月〜横浜JUMP!〜」セットリスト

セットリスト | 2008 ハロー!プロジェクト新人公演11月〜横浜JUMP!〜

11 わ〜MERRYピンXmas! 前田(い)・新井

うーむ...オリジナル(「重ピンクこはっピンク」)は、単なる偶然かもしれないが、結果的にハロプロでは珍しい”電波ソング”になっちゃってるので、出来れば年長組に歌って欲しかったです。のっち&きっかとか、えんな&さわちゃんとか。ちっちゃい子に歌わせても「可愛いねえ」だけで終わっちゃいそうな予感。似たようなことはキャナコンでもあったみたいですね。

一方、「ENDLESS LOVE〜I Love You More〜」に小川紗季が入っていたり、「愛あらば IT'S ALL RIGHT」に青木英里奈が入っているのにはファンタジーを感じます。

それと、能登有沙が今回は年少組のお守り(保母さん)役ではなく、本気モードっぽい。期待したいところ。

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.14)

福田花音

いちごのへたを
食べるひとって
いるのかな?

食べてる写真を送ったら、花音ちゃんに確実に覚えてもらえるかも。
まあ、良い意味でなのか、悪い意味でなのかは判断が難しいところ。

[][]真野恵里菜/「真野恵里菜応援企画第1弾 真野FRIENDS PARTY vol.2」グッズ

ファンクラブ:グッズ(Hello! Project)

ツンツンモードに見える生写真は、全部セットを買わないと入手できないのか...うーん。

それと、とっても今更なんだが東京会場には俺の仮想妹が出るんだね。チケットを取ってくれた同行者の話では良席らしいので、矢島舞美必死な人に席を取られないように始まるまで隠れていないと(苦笑)。

2008-11-13

[]レイトン教授と悪魔の箱

昨日のこれなんですが、今、思い当たるフシは...

FRAME(フレーム)Official Site

あの大ヒットゲームからサントラ盤が12月24日遂に登場!
レイトン教授と不思議な町オリジナル・サウンドトラック レイトン教授と悪魔の箱 オリジナル・サウンドトラック

まあ、このレーベルって怪しさ汁満載そうなので、話半分っつーことで(苦笑)。

2008-11-12

[]ザ☆FYI(2008.11.12)

はるな愛「歌うよね〜」念願CDデビュー(デイリースポーツ)

 “本家あやや所属事務所からは、松浦が同曲に合わせて「エアはるな愛」を披露するというアイデアも浮上しており、前代未聞の“驚演”も夢物語ではない。

なるほど。
もう面倒だから両方とも「C」でいいよ。

-----

太田貴子が歌うクリィミーマミ セルフカバーで復活(アニメアニメ!)

最近、復活したのですが、巨大化してましたね。それでも好きですが(苦笑)。つーか、華奢な子ほど将来凄いことになるよね。愛理とか大丈夫かなあ?...俺の茉麻は心配無用だな。

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.12)

HAPPY STYLE blog

先日あるレコーディングをしてきました!
小倉ディレクターさん用のイスに座っておおはしゃぎ!
しゃちょーポーズで撮影させていただきました☆

何のレコーディングをしたかは・・・後日お知らせします☆
お楽しみに♪

うーむ...18禁とかじゃないよね?
お兄ちゃんと一緒に...みたいな曲だったらどうしよう。俺は免疫あるからいいけど(苦笑)。

2008-11-11

[]ザ☆FYI(2008.11.11)

NHKスペシャルの「デジタルネイティブ〜次代を変える若者たち〜」ですが、やっぱ、エレンさん見ていると思いましたよ(笑)。

最後のAIDS関連の話は面白かったです。
はてな」は既出的な話だったかもしれませんが、NHKでやる意義はありましたね。
最初の坊やはネット云々より、単純に生き急いでいる感じ。20歳あたりで廃人化しそうな気がします。最初の挫折が取り返しのつかないことになりそうだから。

同じ価値観の者がネットで繋がり、新しい可能性を導き出すっていうのは割と昔からあって、1990年前後以降からパソ通が発達したことも、アイドルファンシーンでの親衛隊が弱体化したひとつの要因にはなった*1。ただパソ通は閉じた世界でしたので、よりオープンで誰でも体験できるようになったことが、今回の特集の分かりやすさにつながっていると思う。

[]Berryz工房岡田唯仙石みなみ小倉唯/劇団ゲキハロ第5回公演「Berryz工房 vs Berryz工房」出演者情報

はぴすたRookies Information

小倉唯が、11/18〜23東京芸術劇場で上演されます、
劇団ゲキハロ第5回公演「Berryz工房 vs Berryz工房」に出演決定。

わーい!

DDにはたまらん現場になりそう(苦笑)。

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.11)

まのぶろぐ

真野ちゃんブログ開設おめでとう(苦笑)。

つーか、真野ちゃんって携帯サイトの日記もそうだけど、さりげなくヲタ調教入っているよね。

まの「家に帰ったら手洗いうがいを忘れずに☆」

オレ「はーい!」

...みたいな。
俺、もう何でも言うこと聞くよ(苦笑)。
今月中にインフルエンザの予防接種もしないとね。

-----

能登有沙

ハイハイ!!すと〜っぷ!!
もそもそ書いていると、絶対ごく数人しかついてこれないブログになってしまうではないですかっ;
落ち着け〜自分〜スーハー。。

いえいえ、ヲタってて良いと思いますよ。必死についていくと思うので。>能登ヲタ軍団

スレンダーコンビでもありますね☆

ああ、”貧乳”の別表現だね。ありがとうのっち
このヴィジュアルで「つるぺた」ってのは俺にとっては夢のような世界なんだが*2、一般的にはイマイチ需要に乏しいのが悲しい。

そして、顔がよく見えないんだけど、みーこ(仙石)とそれを邪魔する私v
仙石&能登
こちらは、上からぺしゃってやられた(=背が低い)コンビです(笑

うーむ、「邪魔」の名を借りた痴女行為かもしれんなあ。
次回の新人公演でもよろしく。
やっぱ、作り物のビデオより本物を生で見たいので...夜の部のオチだからね。>のっち百合ネタ

*1:それ以前に現場が少なくなったってのもありますが、でも新たなコミュニティが出来たことは大きかった。

*2:いや「つる」かどうかは分からんけどね。ただ俺ワールドではそうなってる。

2008-11-10

[]FC新体制系

昨日は「きらレボライブのみ観覧しました(レポっぽいのは後ほど)。そこではチラシはまったく配られませんでした*1が、中野(安倍なつみライブ)から駆けつけた知人から、FC新体制のチラシを見させていただきました。仕事早いね。ただ、逆に、オデッセーのチラシは入っていませんでした。何故だろう?...単なる入れ忘れ?

-----

マーライオンさん

中野サンプラザに設置されていた新規受付・更新カウンターにて音楽ガッタスに所属するハロプロエッグの3人の扱いについて聞いてきました。

結論から言うと、何も成果はありませんでした。

いただけた回答は、まだ検討中と言うことでした。カウンターにいた受付担当の方に質問をしたとたんにかなり困った感じになっていたので、同じことをすでに何回も聞かれていたのかもしれません。

なるほど。
音楽ガッタスはめっちゃプライオリティの低い存在なのかなあ...”りかよし”激似の謎の二人組ユニットがこの班の最優先課題になっていそうですし...のっちは安泰でしょうけど、みなみちゃんと澤田姫が...もうみんな「ドガドガ7」でいいよ。あさ美ちゃんもね。

[]twe'lv

ぺてさんのところに亀戸のサンストで行われた「twe'lv」のイベントレポが...

ヲタ客が殆どいなかった模様。

サンストカレンダーはチェックしていたので、イベントは知っていましたが...すっかり忘れていました(苦笑)。ウチで紹介したら、何らかのイベントのついで客が20人くらいは集まったかもしれませんね*2...いんちきニュースサイト風ブログ管理人責任を痛感する今日この頃

レコード会社UFWではあるのですが、所属事務所UFAではない*3ので、そっけない感じになっちゃうんでしょうかね...これを悪意のあるひとが「アップフロント崩壊」なんて書かれたらたまったもんじゃないなあ。

[]ザ☆FYI(2008.11.10)

下川みくに、広州ライヴに8000人の地鳴り(BARKS)

折からの、いわゆる日本ブームもあり、アニメ作品を通してアジア各国で人気が急上昇している中、会場に集った8000人の観客の熱狂振りはすさまじく、本人いわく「地鳴りがした」程。

なるほどねえ。

やっぱ、下手な流行歌よりアニソンの方がワールドワイドに知られているので、アーティストも日本より海外で有名ってのは結構ありえる話*4
その反面、種を蒔き花開くまで時間がかかる世界でもある*5月島きらりは3年目ですが、海外で広く知られるにはあと2〜3年はかかるかも。そういえば海外からのお客さんはいませんでしたかね。コスプレしているリアルキッズばかり見ていて、そこまでチェックしなかっただよ...

でも、これを無理に早めようとすると、それなりのプロモーション費用はかかりそう。なので世界的に名の知られた作品(続編)のタイアップに群がるのは、そのあたりもあるかもしれない。

それはある意味アニメだけではなく、日本が発信源となるファッションなど、別のカテゴリーでもいえそうな気がする。そこから”りかよし”激似の謎の二人組ユニットを読み解くことも面白そう。

[]はてなブックマーク

はてなブックマーク日記

近々、大幅な仕様変更がありそうな予感。
あまりにも使いにくくなったら、ブックマークを止めて、id:helloblog3に統一しちゃうかも。

*1:テーブルに置いてあり好きなものを取るスタイル

*2:以前「スパーク」を紹介した際、そのくらい集まった気がしなくもない(苦笑)。

*3:多分に福岡のNOIRというモデル事務所

*4:ただ、あくまでもゴールデンタイムの「海外で活躍する日本人」系の番組や特集レベルでの話。「海外で有名」ってのにもかなりの温度差はあるし、日本で人気が定着するとは限らない。

*5:具体的には、種を蒔いて花開き、さらにその種が別の場所で花を咲かせるイメージ

2008-11-09

[]アイドルを目指したい子たち(その2)

レスです。
長いよ。

続きを読む

2008-11-07

[]小川真奈雑誌掲載告知

小川真奈 掲載情報(キャナァーリ倶楽部Official Blog)

アニカン」誌のURL...

http://115.146.0.74/

が剥き出し状態なのがちょっと... どこの裏サイトなの?

それはそうと、アイドル誌とアニメ誌(声優誌)の2WAYでいい感じ。
向こうの人たちにも小川真奈の魅力を堪能してもらいたいよね。

アキバ系など特殊なものを除き、アニオタとアイヲタハロヲタが一緒に...ってのはなかなか無いですよね。
平野綾さんもSprings時代はアイヲタさんのものでしたし、富田麻帆さんもアニメイベントではアニオタさんのものになる。

過去カオス感を感じたのは嘉陽愛子さんがそうだったかな。娘。最終選考に残り、その後avexからアニメ主題歌デビュー。なのでアニオタさんのマジヲタ必死系と、それを眺めるアイヲタハロヲタDDたちという、ちょっと面白い光景だった記憶があります。
それと、私は中川翔子さんの現場には行ったことがありませんが、こちらで「しょこたん現場へ行ってきただよ」的な書き込みはあまり見かけませんので、どちらかというとアニメファン向けなのかな...?

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.07)

森咲樹

可愛らしい曲で
すごく大好きっ。

俺も〜(笑)。

また唄って踊りたいな。

俺も〜(苦笑)。

以降は、相変わらずの『アイドル俺節ブログだったり。

好きというだけでは
仕事は勤まらない。

世の中は
そんなに甘くない!

そうだね。
嫌いなことも仕事のウチだよね。

「こんな曲歌いたくない」みたいなのもきっと出てくると思うんだよ。
だけど、仕事だから歌わなくてはいけない。

んで、(仕事全体が)好きだから頑張ります!...って結論に達したみたいけど、じゃあ、なんで好きなの?

憧れの先輩がいるから?
大好きな親友がいるから?

そういった場面に出くわした時、好き嫌いじゃなく「仲間のために歌う」とかさ、なんか違ったモチベーションが出てくると思うんだよね。
そういうのってポッシの前身時代には多分考えもしなかったことかもしれないけど、「中野ブロンディーズ」では感じるよね?

[]ルーツオブミュージック系(その18.1)

アジア新人賞のBerryz工房、新曲はサーフ&ソーラン節(BARKS)

今回の楽曲は、心地よいクリーントーンのアーミング、深いリバーブクロマティック・ラン奏法(いわゆる“テケテケテケテケ…”)など、ザ・ベンチャーズや初期の加山雄三のようなサーフミュージックをフィーチャーしたアレンジになっているのが特徴。特にイントロなど、ザ・ベンチャーズの名曲「パイプライン」を少し彷彿させ、思わずニヤリとしてしまう。

「PIPELINE」のオリジナルはTHE CHANTAYSだったかも。まあでもベンチャーズの方が日本では有名なので、これでも正解。確かにイントロはそれっぽい感じかも。まあでもこうやって元ネタ的な話題で盛り上がれるのは楽しいことです。作詞だとどうしても盗作疑惑みたいなジメジメした雰囲気になっちゃいますよね。アレンジはその点、楽は楽。でも、Queenとかオリジナルを主張しやすいアーティストご法度でしょうが...

[]アイドルを目指したい子たち

ホンダ。さん

最近の「アイドルファン」だったり、「アイドルを目指す子」にとって、ハロプロはどう映っているのだろうか?

ヲタ論はどうでもいいのでスルーします(笑)。マイナー現場なんてどこも大して変わんないでしょうから。公演回数が多いからそこに居着いているだけかもしれない。その昔、そういう人たちを「○○猿」って言っていた気もします(あるいは「○○ジャンキー」か)。んで、そのアーティストイベントが少なければ掛け持ちするだろうし、そういう人に支えられている業界でもある。DDの本来の意味は「複数推し」というよりも「どんなアイドル現場にもいる人」という意味に限りなく近いですので...

それより、「アイドルを目指す子」ですね。この発想は新しいかも(笑)。

最新事情...ってほどの話でもありませんが、オーディションの情報交換の場である、女の子向けの掲示板を見ると、近年、「(メンバーと)仲良くなりたい」「(一緒に入った子と)お友達になりたい」って理由が目立っている気がします。さらに「一緒にオーディション会場に行ってくれませんか?」っていう書き込みも目立ちます。

何か違和感ありません?

だって、みんなライバルじゃないですか?
普通「親に家を買ってあげたい」「武道館でコンサートがしたい」じゃないの?
「そんな暇あったら、画鋲のひとつくらい入れろよw」って思いません?

いや、それってテレビ的に面白いだけだったり、♂ヲタ妄想だったりかも。

それと、「近年目立つ」と書いたのは、掲示板文化が根付いたから表立って感ずるだけで、割と普遍的なものかもしれません。

なので、どうせ入るなら、より楽しいところを目指したい傾向はあるのかなと。「アイドリング」は事務所選抜で、直にそれを目指すことはできませんから、AKB48エッグか...ということになりますが、AKB48採用枠が大きかったことや中高生以上のメンバーが多いこともあり、一時期かなりの人気を集めていたようです。

一方、ハロの場合は「友達になりたい」よりも「憧れ」世代の方を多く採用する傾向があります。なので友達といった横のラインより、先輩・後輩といった縦のラインが目立ちますが、それでもキッズエッグは年齢を超え、同期=友達感覚が強いですね。なので「友達」感覚に加え「憧れ」パワーの強弱がオーディション人気のバロメーターかなとは思います。

まあ、どちらにしても、それを目指す女の子にとっては『夢のような世界』だと思います。

上記はユニット(プロジェクト)の例ですが、それとは明らかに違う世界もあります。要は一匹狼的な仕事で、具体的には女優(映画テレビドラマ)や、モデルです。こっちはもっとシビアピラミッド構造ですね。
ただでも、今は親が燃えることはあっても、やってる本人たちはやっぱり「友達感覚」かなあ...と。過去ジュニアファッション誌モデルのショーの現場に潜入したこともありますが、みんな仲良しさんで、また所属先関係なく先輩・後輩の関係があったりして面白かったです。

以上ですが、私はこれに対して「生ぬるい」と発言する気はさらさらありません(苦笑)。

何故なら、これも現代のアイドルシーンを動かす原動力のひとつだからです。
(現に、ASAYANやAKBの最初期にあった「ライバル心メラメラ」っぽさは影を潜めてますよね?)

私的には、もう一歩踏み込んで、彼女たちにとって何故『夢のような世界』なのか?...に興味があります。今後の研究課題ですね。私だけだと考え方が偏ってしまうので、興味ある方は色々考えてみてください(笑)。

2008-11-06

[]HANGRY & ANGRY/「Kill Me Kiss Me」PR記事

紹介記事はブックマーク集ストックしておきました。
音楽情報サイト系がかたくなに「謎の」を堅守しているのに、スポーツ新聞系のゆるさといったら...

女性2人組、過激ヘアで日米同時デビュー(デイリースポーツ)

大人の事情で真相はなぞのままだ。

楽しんでるなあ。

正体は、あいざわ元気さん&小俣雅子さんだと思いたい今日この頃

ハングリーアングリーが日米デビュー(スポーツ報知)

パフォーマンスプロデュースは、3日に「SHAZNA」解散を発表したばかりのIZAM(36)が担当する。

なるほど。カタカナ表記だと「&」付かないのね...ってそっちかよ。
彼って何か問題とかなかったでしたっけ?

ハングリー&アングリー:モー娘。OG似のユニット 19日に日米デビュー(毎日新聞)

 ハングリー&アングリーは、東京コレクションなどに参加するデザイナー「h.NAOTO(エイチ・ナオト)」さんのブランドで、イラストレーターのガシコンさんが04年に生み出した猫のぬいぐるみがモチーフのキャラクターパンクハングリーと、凶暴で残酷なアングリーが凶悪な破滅兵器として大暴れする。

ああ、確かにコントパンクキャラクターを演じてきたHANGRYと、残酷なほどチャーミングなANGRYだから、怖いものは無さそう。

これまで独自商品の販売ほか、ソフトバンク携帯電話コラボレーションするなどしてきた。

確かアニメ化され、テレビ埼玉の「アニメ天国」で放送されていたような気がします(笑)。同番組キッズステーション引っ越した後もh.NAOTOと衣装協力の関係なんですが、桃井はるこさんとか野川さくらさんとかが着ていますね。要は「ぷに萌えタイプ女性フィットするようで、紺野あさ美仙石みなみの起用は正にそのものズバリでした。だからさ、みなみちゃんダイエットなんかしちゃダメだよ(苦笑)。

HANGRY & ANGRY、日米同時デビューを電撃発表(BARKS)

そして、なんと2009年には、日本、アメリカヨーロッパ各国をまわる世界キャンペーンも計画されているという。

世界進出は是非インチキユニットで!...と叫びつづけたことが遂に現実になったよ!
正に「YES WE CAN」だね!

そんな彼女たちは、2008年11月19日に、インディーズデビューミニアルバム『Kill Me Kiss Me』を日米同時にリリース。日本での発売は、限定10,000個で、TSUTAYA、WoderGOO 、すみや、VIRGIN MEGA STOREのみの取り扱い。今回はCDHANGRY & ANGRY オリジナルパスケースが特製ランチBOX缶に入ったスペシャルパッケージ商品となっている(ちなみに、アメリカではCDのみのリリース)。

プロデュースといい、販路といい、かなり実験的なことを考えてますね。いい感じでハロプロ似の謎の後輩たちに刺激を与えて欲しいところです。

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.06)

森咲樹

最近
手紙を書いてデコるコツ』を
研究していますっ。

なるほど...もし「HEY!HEY!HEY!」で「なにを貼り付けたら喜びますか?」ってな質問したら、「んなもん、(バキューン!)でも貼り付けとけばいいんじゃねーの!」って言われそうな予感。イイね。すこぶる順調に育ってますな。

[]今後のFCに対する期待と不安系(その2)

無理やり続くよ

うーん、文末で思わせぶりな書き方をしたのに、誰も突っ込んでくれないなあ(笑)。

まあFCとは直接関係のない話なんだけどね(苦笑)。

ゆいたいのはこれです。

これはエッグの2期生のオーディションの頃の参加者の書き込みですが、その中の「1022(優華)」さんと「1029(名無しさん)」の文脈や時系列から、審査は少なくとも2系統動いていたようです。ひとつはハロプロエッグであり、合格者は3名(多分に1029たん含む)なのですが、もうひとつの方(多分に女優系)の合格者がいまだに不明です。でも合格者がいる可能性は捨てきれない。当時のデ☆ビュー誌で「過去歴のある子や、女優志望の子も採りたい。その受け皿はある。」といった旨の発言をスタッフさんがしていましたが、その痕跡は無きにしも非ず。キーとなるのは(その直後に立ち上がった)「劇団オンライン」の存在です。

で、もしかしたらこの子かなあ?...ってのは俺の中でぼ〜んやり浮かんではおりますが、証拠がつかめないので書けるのはここまで(苦笑)。もし、実際にその通りで、かつ他社(他の劇団)に移籍していない子は、グループ内の事務所に戻して欲しいところです。その受け皿はUFAかUFSかJ.P.ROOMしかなさそう。ただ今のUFAが怪しさ満載なので、となるとUFSかなあ...と期待しています。俺の中では結構切実です。というのも、そのコンセプトを膨らませたらしき謎のオーディション(笑)「ワールドアップオーディション2007」の受け皿になっている養成所のサイトが閉鎖されているので*1

以上ですが、俺の中でハロプロ最大のミステリーのひとつだったりします*2。まあ、信じる信じないは貴方次第ですけどね(苦笑)。

*1:でももし閉鎖されていなかったら、Rookiesの誰かがそちらに隠蔽されてしまった可能性もありそうな今日この頃。なので「なんでこの子だけあんまし歌わないの?」的な発言は俺はしたくない。

*2:他は「『鳴り止まないタンバリン』は何故すぐに再発されなかったのか?」と「加護亜依喫煙報道に隠されたメッセージ」とかくらいかな。

2008-11-05

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2008.11.05)

奇跡二題。

枝川みるる

小倉唯

私的には枝川みるるが日に日に可愛くなっているのが奇跡だ。つーか、単純にシェイプアップ中ってことだったりして。

しかし、みるるん最強候補がエッグヲタ界隈でも一番ホットな人たちなのが...エッグスレで「また△○か」と言われている人たちです(苦笑)。まあ何人かは知人だったりするので、お手柔らかにお願いしますね。

[]The Beatlesつんく♂(その2)

タイムリーというか、昨日のエントリーと重なる部分があったので、トラバっちゃいます。ごめんね。

オルタさん

 3枚目。これは感想微妙だ。一曲目がタイトル曲のハードデイズナイトなので、聴き慣れていて、新鮮味は全く無い。もちろん悪い曲ではないのだが、懐メロ感が強すぎる感はあるところではじまってしまうので判断が難しい。

私が中学生のときに感じた初印象と一緒です(苦笑)。
懐メロ感」というと、有名曲(シングル曲)ですから、純粋に「懐かしい」という感覚もありますが、サウンド的に「GSっぽい」「使い古しの」「過去の遺物」という印象もあるかもしれないですよね。それが3rd「A Hard Day's Night」に感じられて「With The Beatles」には感じられない...ってのの根本はなんでしょう?

その答えは意外とシンプルで、米国進出のきっかけとなった「抱きしめたい」の大ヒットと「Can't Buy Me Love」を頂点としたビルボード1〜5位独占の頃に日本にも上陸し、それが日本でのビートルズの最初のイメージになるからです。
当時は日本のみのシングルカットも乱発されましたが、その中でも「I'm Happy Just To Dance With You」(邦題「すてきなダンス」)は、なんかグループサウンズっぽいですね。GSはエレキサウンドや、歌謡曲(ムード歌謡)からの派生もあるので、一概にビートルズの影響を受けているとも言えませんが、タイガーステンプターズなど若さを売りにしたバンドは、大概影響を受けています。
それを知らずのうちに耳にしているので、色んな意味懐メロっぽくなってしまうんです。4th「Beatles For Sale」以降はまた違って新鮮に感ずるかもしれません。

(類似例ではビージーズもそうですね。サタデー・ナイト・フィーバーの時代が強烈過ぎて、それ以前の温和なハーモニーポップスの時代がかすんでしまってます。少なくとも日本では。)

Beatlesのみの話をすると、2ndまではガールグループを中心としたR&B世界がメインで、それが4thになるとロカビリーフォークロックなどアメリカンロックの色彩が一気に強くなるのですが、3rdからロックが顔を出してきます。出来れば同時期にリリースされた(カバー曲中心の)EP「Long Tall Sally」のナンバーも聴いてみていただけると、それがハッキリわかります。EPなので探すのは困難でしょうから、YouTubeの方が楽かもしれませんね。イメージ的に3rdのB面(CDでは8曲目以降)に繋がっていきます。
A面については...

 全体的には、ポップな方向に触れているのかなぁという感じ。良い曲満載だが、甘くなりすぎてる感じもなくもない。売りに来てる方向なんじゃないかと思うけど、時代が分からないので確定して言えないし。いま聴くと、びみょ〜。

映画サウンドトラックを兼ねており、シングルA面が2曲ありますし、要はシングルっぽい曲の集大成だと思っていただけると分かりやすいかなと。これは「HELP!」のA面も似たイメージです。ここまでのシングル曲は基本的に甘いです。特にC/Wが激甘。でもこの甘さがたまらんちん(笑)。これはフォロワー的なバンドもあわせて聴くともっと強く感ずるようになるかなと。つんく♂さんも「このあたりの時代が一番好き」だったはず。実は私もそうです(苦笑)。

なんか、現代人の方が忙しそうなのに現代の方が曲が長いってどういうこと?とか、ふと思った。

それとっても重要です!

J-POPレベルだと5分超の曲って結構ありそうですね。今流行りの著作権お話ですが(笑)、1曲の演奏時間が5分を超えると「2曲分」として数えるからなのかもしれません。

一方、ハロプロ(特に℃-ute)の楽曲は短い方ですね。これは意図的にそうしているのかもしれませんし、著作権マジックを気にしなくていいアーティストだからかもしれません。これは他の自作アーティストでも言える話ですね。

それとサウンドチームっぽい感じになると長くなっちゃうかな。ゲームとかの曲はその傾向が強く、下手したらイントロが1分もあったりします。

一方、つんく♂さんもBeatlesさんも、直ぐ歌(サビ)に入りますよね。そこに類似性を強く感じます。

[]ルーツオブミュージック系(その18.1)

takajunさん(コメント)。

私的には、「MADAYADE」のイントロを聴いた瞬間に、Mi-Keの「ブルーライトヨコスカ」が真っ先に思い浮かびました。どちらの曲も、「ベンチャーズっぽさで遊んでみた」というイメージがありまして、似た雰囲気を醸し出してるかなぁ〜?と。

そうですね。ルーツベンチャーズと言っていいでしょう。
当時は他にもエレキギターバンドはおりましたが、日本で特に支持されたのはベンチャーズでした。
系譜(掲示板風)はこんな感じです。

ベンチャーズ

加山雄三 ←今このへん

ワイルドワンズ

まあ、俗に言う「湘南サウンド」です。あ、「湘南サウンド」だとサザンオールスターズを思い出すかもしれませんが、ルーツ的にはこちらです。
Mi-Keグループサウンズや「湘南サウンド」をベースにしていたと思うので、まあその流れには入っていると思います。ただ今回はワイルドワンズほど潮風をイメージする感じではないので、”エレキの若大将加山雄三止まりかなと(苦笑)。

ちなみに、UFWだと先日リリースされたtwe'lvの「青春おでん」もそうですね。似たようなサウンドが続いたのは何故だろう???

話をBerryz工房に戻しますが、「ビートは今風のままギターサウンドを和風テイストにしている」のは『有線狙い』なのかもしれません。
というのもBerryz工房は有線で地味ながらヒットを飛ばしています。「ビートは今風でサウンドはレトロで」は「笑っちゃおうよ BOYFRIEND」もそう。ただ、こちらはあくまでも洋風テイスト(「ドゥ・ワップ」)路線。当時はさほど効果が出なかったのかもしれませんが、和風テイスト路線に変えてから効果が出始めてきた模様です。このあたりはデータ不足なので推論ですが...私がそれを知ったのは「ジンギスカン」以降です。確か希さんエントリだったかな。

具体的にどのチャンネルでイイ感じ(笑)になっているのかまでは知りませんが、有線を好む層に受け入られていそうなことは確か(アクション的には演歌に似た感じです)。とすると国民的アイドル化のチャンスがあるということです。「IQサプリ」への出演もその一環かもしれませんね。まだまだ駆け出し仕事っぽい感じなので、昔からのファンにとっては扱いが歯がゆい部分もありますが、これを超えていかないとね。

2008-11-04

[]ルーツオブミュージック系(その18)

今回は...どうしよう?
たまには最新曲でもやりますかね。

つーわけで、今回はBerryz工房の「MADAYADE」です。
うーむ...ブログパーツモードになってませんな。直接貼りたいのはヤマヤマですが、リンクで我慢します。

続きを読む

[]今後のFCに対する期待と不安

青封筒、そろそろ届いているようですね。
私も昨日スキャンしてあちらに置いときました。ヨレヨレでごめんね(苦笑)。

FCは実質4分割ですね。ツッコミたいことは山のようにありますが...それよりも、そこからあぶれたメンバーがいることが気になります。稲葉先生スタッフ志望っぽい発言を過去にしていますし、他のメンバー演歌だったり、バラエティだったりと、道はあるでしょうが、一人心配なメンバーがいます。それは番組の後半で(苦笑)。

それと、クレジットカードは同じものが使えそうですね。ただ「クレジット機能つき」とわざわざ書いていることから、『今後の新規スペシャル会員にはクレジット機能はつかない』とも『複数のスペシャル会員になっても発行されるクレジットカードは1枚』ともとれ、ちょっと混乱させる書き方ですよね。多分に後者かなとは思いますが...
それと、会員のみが参加出来るサイトが出来るらしいです。ただこれは分割する前にやって欲しかったですね。カスタマイズ機能をつけることによってダイレクトマーケティングが楽になるので、分割する必要も無かったはずです。

さらに、音楽ガッタスは継続決定の模様で、その部分では一安心ですが、能登有沙仙石みなみ澤田由梨の3名はエッグでもありますので、この3名のヲタさん(当然ながら俺含む)は漏れなくAとBの両方に入らないといけなさそうな予感。私的には(まだ独り立ちが出来ない以上)エッグに残って欲しいと願ってますが、今後の成り行きに不安が残ります。

私的には1万円で「女体全部盛り」みたいなセットがあると、多分仕方なくそこに入るかなとは思いますけどね。ドサクサにまぎれて、はるな愛さんとかもいたら楽しいんだけど。あややの妹分だしね。本人もハロメンだと思っているし、俺もそう思ってる(苦笑)。

-----

ついでに。

先日、娘。現場@新宿で知人と食事(俗に言う感想戦)をした際、やはりこの話になりました。その際、「これを機会に、SI☆NAHAPPY! STYLE Rookiesハロプロと一緒にしろ!...と書いておいてw」とお願いされました。約束どおり書きましたよ(苦笑)。

一応、理由を尋ねたところ「最近アニメタイアップ戦略を考えるとフレキシブルにしておいた方がいいのでは?」とのこと。当然ながらこの中には能登有沙ファンが最悪3つのFCに入らないと活動しにくくなくなることへの批判も入っていますし、他のハロメン(「ドガドガ7」に出演しているメンバーや、アニメ漫画好きと思しきメンバーなど)のHAPPY! STYLEへの参加もありえるのでは?...とにらんでる模様。これはMELON LOUNGEが来年4月以降も続いた場合、似たケースが発生しそうではありますね。どっちで申し込んだら有利?とか、そういう話です。

まあ私も似たような意見ではあるのですが...私はプラス2つの理由があって、まず、(何度か書いてますが)同じエッグオーディション(常設以降の)出身者だから...ってのもある。あまりおおっぴらには書けませんけど*1、途中までエッグ(今年入った小学生組)と一緒のレッスンをしつつRookiesになったと思われる子もいますよね?...って誰に言ってるんだか(笑)。はぴすた現場空気エッグとか関西とかRookiesとかあんまし区別しない感じになってますしね。

それと、UFSは今後、舞台関連にも力を入れてきそうな予感もある。そろそろ始まるBerryz工房版ゲキハロも実質UFSマターですし、見た感じRookiesの中には歌手(歌姫=アニメ歌手)+声優志望ではなく、まず舞台役者で...というメンバーもいそうですし。

...と考えると、実は前半の話とつながるのですが(笑)、私的には三好ちゃんをどうにかして欲しいところです。何でも歌えるし、本人は舞台で...と思っているようですし...現状の「怪しい撮影会バラドル見習」路線じゃあ先が見えちゃいますよねえ。このままだと「崖っぷちアイドル」化しそうな予感。なのでUFSが一番フィットしそうな気がするんです。あ、つつみかよこさんもそうなのかな?

それと、舞台役者つながりで、実はもう一人お願いしたい子が...これ書いちゃっていいのかなあ?

.....やめといた方がいいよね...?

[]世界進出とプライド

小室哲哉容疑者:世界進出で挫折…借金も15億円超(毎日新聞)

月並み意見かもしれませんが、世界進出ってやっぱり怖いよね。

今の時代「(ゼロからの)進出」ではなく「(日本から世界に)発信」でも十分に通用するので、身の丈でやって欲しいね。

-----

それと、莫大な借金しているのなら、それをネタにすればよかったのにねえ...

年間2億円を超えるヒット曲印税収入も、大半が債権者差し押さえられていたという。

2億円って凄いね。「すいません。僕、借金まみれです。カラオケで僕の曲を歌ってくれれば印税が入りますので、助かります。」と素直に言えば10倍超に跳ね上がると思うので、3〜5年で完済できると思うんだけど。

振り返れば、田代氏や、植草氏も、外面上「良きパパ」とか「インテリ経済学者」という肩書きが重荷になっていったところで共通点を感じます。『プライド』ってやっぱ持つもんじゃないね。その点では沢村一樹先生は時代の最先端だし、谷原章介さんもそれに気づきつつある今日この頃
俺もそのことに気づいてから、意識的にエロネタを書くように心がけているよ。まあ、そんなことしなくともキモヲタだから、意味無いけどね。

つんく♂さんもプライド重視のアーティストじゃないと思うので、そのあたりは心配無用かな。

[]モーニング娘。/「モーニング娘。 コンサートツアー2008秋 〜リゾナント LIVE〜」@東京厚生年金会館

実は連休中に1回だけ見に行きました。

内容は申し分なしです。

不満点というか、ここはこうした方が良いという部分のみ。

MCの自由度が増してるように感じられますが、5期メン小春以外、早口で聞き取りにくい。ステージ上で単に会話しているだけのように感じます。コアなオーディエンスはついていけますが、そうじゃない人もいます。

もうこれくらいかな。でもこれが一番大事。万人への伝わりやすさが課題かなと。

-----

それと、非常に私的な悩みで申し訳ないのだが、さゆみんの汗が少なめだったのが俺的には萎え萎えでした(苦笑)。ちょっと痩せちゃったよね。もっとぷにぷに全開でも全然OKなんだけどなあ...さゆみんの汗のしたたり具合は、俺ワールド的には「小龍包」とか「メンチカツ」とかのジュワー感に近い感覚だったのになあ...まあ、そんなことで凹んでるのは俺だけなんでしょうけど(苦笑)。

[]Berryz工房/「MADAYADE

おしゃむさんによると、C/Wの「フラれパターン」のコーラス小川真奈が参加している模様。

もう、NGP!とかいいから、全員ハロプロで良いよ(苦笑)。

[]もしかしたら将来関係あるかもしれない系(2008.11.04)

はてなフォトライフに動画がアップロードできるようになりました - はてなダイアリー日記

うちらの周りが静かなのは、著作権に抵触する動画がアップされた際にどのようなアクションを取るのかが不明だからかも。
削除とかでなく、いきなり捕まったりしてね(苦笑)。

[]少女歌劇団系

まのえり制服姿が眩し過ぎる今月の「デ☆ビュー」誌ですが、募集コーナーなどを細かく見ていくと気になる募集が...
(注:ハロプロ関連ではありません。)
Web上でもアップされています。

少女版“宝塚”を目指す、ミュージカルユニット・ASKが募集開始(Web De-View)

 今年新たに結成される7歳〜15歳までの少女たちによるミュージカルユニットASK』(赤坂少女歌劇団)が、現在、第1期生を募集中だ。合格者は、舞台公演だけにとどまらず、テレビCM映画などでも活躍できる女優やモデルへの展開も視野に入れていく。

(中略)

 募集するのは12〜15歳の月組と7〜11歳による星組。「清く正しく美しく」を活動方針にして、少女版の「宝塚」を目指す。舞台では、思いやりの心、夢、希望、愛といったメッセージ性を強く出し、メンバー自身の内面の成長を図っていくという。

 合格者は、舞台活動だけにとどまらず、テレビCM映画などでも活躍できる女優やモデルへの展開も視野に入れていく方針。歌やダンス、演技などを本格的に指導していく予定だ。

なんかどこかで聞いたことのあるコンセプトのような...でも名に恥じない感じで頑張って欲しいところです。興味のある方は要チェケラッチョ*2ですな。

-----

そういえば「花やしき少女歌劇団」というのもありますし、長谷川京子さんや新垣結衣さんの事務所、「レプロエンタテインメント」も似たような劇団(こちらは性別関係無しだったかも?)を模索していた気もしますので、今、女の子(少女)の演劇って激アツ(笑)なのかな?...とファンサイト「OVERTURE〜輝け!!ミュージカル少女達〜」さんをチェックしたところ、おお「リズミックタウン」も掲載されてますね(笑)。若干ながら食い込んでいる感じなのでしょうか?...でも、(全般的な公演数は)意外と少ない気もします。

ハロ周辺で歌劇的なものと言えば「ゲキハロ」...ではなく、NGP!。元々は「つんく♂THEATER」が本業であり、THE ポッシボーも当初はそのための集団という位置付けだったはずなんです。なのでそのスピリットを忘れないで欲しいところです。そこで差別化しないと。

-----

追記。
ファンサイトをもう一箇所紹介。

ファミリーミュージカル公演情報サイト エターナルファンタジー」さん。

ファミリーミュージカルの括りだと、もうちょっと多い感じになりますね。
評論もしているようで、「櫻の園」「中野ブロンディーズ」もありますね。諸塚香奈実(演技が下手)や森咲樹(存在自体がストーリーから離れ気味、多忙だから?)は私も感じたとおりです。さすがです。

出来たら「つんく♂THEATER」や「劇団ゲキハロ」もビシバシ斬って欲しいところですが...それは無理難題だとしても、「リズミックタウン」は間違いなく演劇ファンのテーブルの上に乗りそうなので、福田花音への評価が楽しみです。覚悟は出来てます(苦笑)。

*1:書いとるがな。

*2:懐かしい...

2008-11-02

[column]ルーツオブミュージック系(その17)

忘れた頃にやってくるコーナー。
今回はモーニング娘。「歩いてる」です。

続きを読む

2008-11-01

[]道重さゆみ(その3)

さて、「道重さゆみに合う曲はきっとある」と大風呂敷を広げちゃったのはいいが、「どうオトシマエつけるんだよwww」ってことなんですが。

まず、好きなアイドルソングの中から、いくつかピックアップして、類似性を探っていきます。

続きを読む

[][]セブンアンドワイ売り上げランキング(2008.10.27付)

セブンアンドワイ売り上げランキング(2008年10月27日調べ)です。

Very Reina 田中れいな写真集
全体(指定なし)で13位。
以下はコミック系(ティーンズ向け小説含む)を除いたランキングです。21位以下は全て「圏外」となります。
購入者男女別では、男性4位、女性圏外。
購入者世代別では、20歳未満圏外、20代5位、30代5位、40代8位、50歳以上圏外。
購入者地域別では、首都圏6位、北海道・東北9位、中部6位、近畿11位、中国・四国圏外、九州・沖縄圏外。
アイドル写真集カテゴリ別では2位、同男性1位、女性17位。

すっかり忘れてました(苦笑)。
若い衆向けのちょっとしたプロモーションと、東高西低(地域格差)を直せばベスト5も夢ではなさそうな、素晴らしいアクションだと思います。
先月の道重ちゃんより田中先生は一般向けってことなのかな?
やっぱ、道重ちゃんはもっとマニア向けの売り方しないと伸びないかも...



*タグ

参考:タグについて
info:ブログに関するお知らせ/diary:日記・雑談/column:コラム/furage:フラゲ/ranking:ランキング・チャート分析
anime:アニメーション/audition:オーディション関連/book:書籍・雑誌/cd:CD/comic:漫画/dvd:DVD等の映像媒体/event:イベント/fyi:ハロプロやNGP!以外の記事/game:ゲームソフト・遊技等/goods:グッズ類/live:コンサート・ディナーショー/mobile:携帯端末用コンテンツ/movie:映画/online:PC向け動画配信・音声配信・ブログ等/other:ハロプロに関するその他の話題(不祥事等含む)/radio:ラジオ/sports:スポーツ全般/theater:演劇・ミュージカル関連/tv:テレビ番組等

*月別表示
0001 | 02 |
0002 | 01 | 02 |
2004 | 12 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2012 | 01 | 10 | 12 |
2013 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 05 |
2015 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 07 |
旧サイトはこちら

Connection: close