はろぶろ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


こちらは評論・レポート・雑談系ブログです。

ニュース記事はこちら
新譜情報はこちら

記事一覧へ最新状態

リンク系。
オフィシャル系はアンテナで確認すると楽かも。
番組情報:
MoProGuide(バックナンバー) ライブイベント情報:
ハロプロイベント時刻表 ハロ探!
ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net
ハロプロコンサ申込

2009-03-31

[]視聴者と流行音楽

NHKの討論番組で驚いたネットに対する認識不足(日経IT-PLUS)

ごめん、この番組は見てないや。
この手の討論番組は後でまとめてダイジェストで十分のような気がする。

「■あまりの認識不足に悲しい気持ちに」より前は、ほぼ同感ですが、これ以降は筆者の不満大爆発で、自分本位の発言に終始していて、ちょっと残念な感じになっている。私的にはテレビvsネットとかいう曖昧なものではなく、「無線による放送」と「有線による配信」という話で持っていける番組じゃないと、この手の主張を持つ人はストレスが溜まる一方かもしれない。

ものすごい数のブックマークの大半は彼の応援団だと思うので、あえて反論というか、矛盾点というか...見る人が見たらダメ出し反省会に見えるような私感を、以下に書いときます。
(エントリのタイトルに通ずる本題は、そのあとで。)

続きを読む

2009-03-30

[][]中澤裕子真野恵里菜/bayfm「ON8」出演告知(中澤)&「はじめての経験」OA告知(真野)

もうタイトルの時点で面倒くさい。

4/1 bayfm ON8にて真野恵里菜「はじめての経験」を宇宙初オンエア!!! (Hello! Project)

4/1 bayfm ON8にてメジャーセカンドシングル「はじめての経験」を
宇宙初オンエアしちゃいます!!!(ちなみにこの日のゲスト中澤裕子です。)
是非皆さん、チェックして下さい。
20:00-21:30

ゆゆたんの扱いからしてアレなんだが、「はじめての経験」って国内の客を相手にしていない通販サイトに情報が露出しただけで、まだUFWから「メジャーセカンドシングル」とのアナウンスも無いのに、これって何なんだろう?
せめて「新曲」という表記にとどめるべきだと思うんだけど。

...ん?
まさかねえ...

[]SI☆NA/ディナショー「ザ.ヒットメドレー80'パート2」

Girls Kiss::あーっ

3/28新阪急ホテルで行われた『ザ.ヒットメドレー80'パート2』というディナショーのオープニングを務めさせていただきましたッ(´U`)★
みんな驚かんといてやッ!!!
出演者さんは...
浅香唯さん、元光GENJI大沢樹生さん、元H2Oの中沢堅司さん、五十嵐浩晃さん、葛城ユキさん、石川ひとみさんですッ♪♪

なるほど、凄いメンバーだ!
でもSI☆NAは事前告知なし。
ホテルのサイトを見るとチケットは若干余裕があったみたいな気もするけど、告知なし。

舞台袖には出演者さん達が居るし、ディナショーに来てる人達はオープニングをやらせて頂く事を知らないし...
ちょ〜緊張しましたッ。笑
けどみ〜んな温かく見守ってくれました〜ッ(≧∇≦)ゞ
2回公演やったんですけど2回とも凄くいい経験をさせてもらいましたっ!!

うん、貴重な体験だったと思います。
ここ見るとオデッセーマターなショーだったようですね。Part1には平山みき先輩も出演されております。
事務所管理のもと、完全アウェイ状態を作りたかったのかな?...当時を知る者がどう判断するのか?...ってのを。

私はSI☆NAをどう売りたいのか未だに判らない部分はあるのですが、パッと与えられた曲、それも自分達が知らずとも来ている人たちには馴染み深い曲を、少ないレッスン時間でどうこなしていくか?...ってのは間違いなくテーマになっていると思います。あとは、それが活かせる分野って何?...ってことですね。

[]ハロプロエッグブログ閉鎖に関して(その3)

私信。
いえいえ、その意見は貴重だと思います。
私は理論立てて書いているだけで、「なくなっちゃやだよ。わーん><」には変わらないので。
私信終了。

他の子は敗北感漂う中、福田花音は...

今日は
この『かのんのいちごのツブログ』を
見て下さっている皆さんへ
大切なお知らせがあります。

このblogは
本日3月29日を持ちまして
閉鎖することになりました。

「終了」ではなく「閉鎖」ってのが俺のいもうとっぽいな。

でも、
これでわたしの個人blogが
なくなってしまうわけではありまん。

管理体制が変わって
新たに
リニューアルオープン予定です(*^◯^*)

どんなかたちで
帰ってくるかはこのわかりませんが

是非!
楽しみにしていていただければ
嬉しいです★

「え〜!」の次に「お〜!」来たなって感じです。
「管理体制が変わって」ってのが彼女らしくて可愛いっす(苦笑)。
多分にUFIマターではなさそうな予感ですね。

ただ、まだ詳細は不明というか未定というか、急遽そうなった感じもしないでもないな。助け舟を出した人がいそう。
ともかく、おにいちゃんは待ってますよん。
私も個人ブログやりたい!って子がいたら、YOU連れて来ちゃいなよ...って感じです。

[]ザ☆FYI(2009.03.30)(その2)

こっちは一般アイドルヲタさん向け。

16歳桜庭ななみ、地上波連ドラ初主演!(サンケイスポーツ)
桜庭ななみ、NHKで地上波連ドラ初主演…6月スタート「ふたりのスピカ」(スポーツ報知)

土曜早朝にやっているTBS音楽番組「開運音楽堂」のアシスタントMCでみなさんお馴染み...じゃないか(苦笑)、ソフトバンクの披露宴CMに出ている子です。ミスマガジンです。ただし、つんく♂賞ではない模様。
泣く子も黙るスウィートパワー所属で、今年ブレイクする予感の子ですね。今年度(そろそろ昨年度)の「東京少女」にも出演しており、私は真野ちゃんのしか見てませんが、オフィシャルサイトのラインナップを見る限り、いもうとにしたいこの子良い感じ...と思えたのは彼女くらいかなあ(他の子のファンごめん)。
何故、取り上げたかというと、真野ちゃんのライバルになりそうな予感だからです。やっぱ同世代で2〜3人いて欲しいからね。共演とかしてくれると嬉しいんだけど。

-----

ゆたか。さんが見たのって、これですかね?

merry merry Booが初ライブ(サンケイスポーツ)
「nicola」人気モデルが初ライブ(日刊スポーツ)
merry merry Booに萌える(デイリースポーツ)
merry merry Boo初ライブ(デイリースポーツ)

高屋敷彩乃(16:オスカープロモーション:東京都)、川口春奈(14:研音:長崎県)、立石晴香(14:エヴァーグリーン・エンタテイメント:大阪府)。高屋敷彩乃さんは読者モデルオーディション出身ではないが、エース格と言って良さそうなかな。最近見ていないので判りませんが...
川口春奈は研音のエッグみたいな組織「けんおん。」から正式に研音に所属が決まった模様。

んで、この手のモデルユニットは期間限定であることが通例。なぜならモデルは地方在住者が多いため。さらにnicolaは定年制なので、高屋敷彩乃さんの年齢だと今年の4〜5月号あたりで卒業になると思われます。

なので、気が付けば行った...いや、これは女子限定だよな...

...

あ、(メールを見直したら)こっち(花Sacas×ニコ☆プチ『T☆LOVE COLLECTION』)か。
http://sacas.net/event/index.html
http://www.tbs.co.jp/t_love/

ああ、これは行きたかったな(苦笑)。

[]ザ☆FYI(2009.03.30)

ハピスタ勢絡みで関連のありそうなのをいくつか。

角川グループ ゲーム事業の戦略子会社角川ゲームス設立(アニメアニメ!)

 大手エンタテインメントグループの角川グループホールディングス角川GHD)は、今年4月1日にゲーム関連事業の新会社 株式会社角川ゲームスを設立することを明らかにした。角川ゲームスは、角川GHDが100%の株式を保有する持株会社の直轄会社となる。
 角川GHDでは、これまで角川書店アスキー・メディアワークスエンターブレインといったグループ企業が個別にゲームソフト事業を行なってきた。しかし。今回は新たにゲーム事業に特化した新会社を立ち上げることで、この分野を強化する。角川ゲームスは、ゲーム事業における戦略会社との位置づけである。

もしかしたら関係あるかもしれない話かもしれない気もしないでもない今日この頃。

-----

テレビ東京 4月からのアニメ局 局部長人事など発表(アニメアニメ!)

なるほど。こういう細かい話も記事になるんですね。
こっちだと、かつてあった「ゲバゲバUFG」マターだよなあ(苦笑)。

-----

米国のアニメ月刊誌「Anime Insider」廃刊へ(アニメアニメ!)

 米国の雑誌は日本以上に広告からの収入が、全体の収入に占める割合が高い。アニメ雑誌広告主は、アニメDVDやマンガ、玩具などが中心になる。しかし、過去数年でアニメDVDでは、大手を含んだ数多くの企業が、実質的に活動を停止している。残った企業も大規模なリストラを進めており、広告費の削減に動いているとみられる。
 2007年まで好調だったマンガについても、昨年から経営不振に陥る会社が現れ始めている。また、2008年にマンガの売上が減少に転じたことから大手出版アニメDVDと同様にコスト削減に動いている。こうした環境が、アニメ雑誌の経営にも大きな影響を与えた可能性が大きい。
 今回の「Anime Insider」の廃刊により、米国では日本アニメテーマにした月刊雑誌は全てなくなる。アニメ雑誌では、よりコアなマニア向けの雑誌「Protoculture Addicts」が、隔月刊(もしくは不定期)として発売されているのみである。
 アニメだけでなく、マンガJ-POP映画など幅広い日本のポップカルチャーだけをテーマにした「OTAKU USA」だけが月刊雑誌として残るかたちだ。こうした状況は、日本アニメの米国市場やカルチャーシーンでの存在感の後退を印象づける。

なるほど。元々米国って日本ほどの雑誌文化ってなさそうなので、これで米国の「日本ポップフェノメノン」が減速するかどうかは微妙な気もしますが、商業ベースでは厳しいってことなんでしょうね。

-----

初音ミクの卒業ソング「桜ノ雨」が映画に 学生の自主制作で(ITmedia)

 初音ミク曲が映画に――卒業ソングとして人気を集めている、アコースティックバンドabsorb楽曲「桜ノ雨」が、映画になる。高校生・大学生を主体として活動する学生映像制作団体・テトラフィルムスタジオが制作する自主制作映画だ。

 桜ノ雨は、absorbボーカル森晴義さんが「初音ミクが現代を生きていたら」と想定して作った曲。昨年2月に「ニコニコ動画」に投稿され、これまでに100万回近く再生されている。楽曲を収録したCDはabsorbメジャーデビュー作品となり、ジャケットにはabsorbのメンバーとともに初音ミクの姿が描かれている。

 ネット上では、桜ノ雨を卒業式で歌おうと呼び掛ける「桜ノ雨プロジェクト」も展開。これまでに100校以上の卒業式で採用。「新しい卒業ソング」としてテレビのニュース番組などにも取り上げられた。

 映画はこの楽曲をモチーフにしたもので、舞台は3〜4月の高校。「高校3年間をともに過ごした“オタク”の6人が、卒業を間近に控えたある日、同級生やあこがれの人に認めてもらいたい一心で『格好良くなろう』と決断するが、方向性が定まらず四苦八苦する」というストーリーだ。

 制作には「映画甲子園スカラーシップ基金」を活用。キャストはWebサイトで募集していたが、すでに募集を締め切っている。

初音ミクの中の人2号(笑)さんが出演すると嬉しいかな...と、淡い期待。
公式サイトは近日公開予定らしい。

[]道重さゆみ/「ラジオライフ」関連

ラジオライフ 編集部ブログ あっざーす! 道重さゆみさん、本当にありがとう!

何と「DJインタビュー」で紹介したCBCラジオの『モーニング娘。道重さゆみの今夜もうさちゃんピース』の番組中にラジオライフに関するコメントを出してくれたのです。

それによると、道重さん自ら本屋さんで買ってくれたとのこと。
うれしいじゃないですか〜!

ちなみに本屋さんで探したところ、道重さんはうまく見つけられず、店員さんに「ラジオライフありますか?」と聞いたそうです。

そしてラジオライフを持ってきた店員さん曰く
「ほんとに、この本でいいんですか?」
といわれたとか…。

確かに10代の女の子が興味を持つ本ではありませんしね…。
作っている我々も、明らかに男性視点で作っていますし、支えてくれている読者さんも実際、圧倒的に男性ばかり。

何にしてもインタビューをとっても絶賛してくれていました。

「ほんとに、この本でいいんですか?」ってのは、もし店員さんがヲタだったら「過去にお前らのワッチ記事が載っていた雑誌を、よく買うよなw」って意味だったりしてね。

でも...というか、俺はよく「モーヲタ(ハロヲタ)はオタクとは被らない」とか書いています。まあ、確かにゲーヲタ・アニヲタの比率は一般人のそれとは変わらない気はします。が、この雑誌に取り上げられているような、例えば「自衛隊好き」「警察・消防好き」「鉄道好き」「ラジオ・無線好き」「裏ネタ好き」っていう範囲まで広げると、マニア度の濃淡はさておき、何かしらかカスる人は多いはず。かくいう私も「海外衛星」「SNG・NTTマイクロ波」情報欲しさに買ってました。

なので「ウチの近所の小学校の夏祭りさゆみんが遊びに来た*1」みたいな親近感があります(苦笑)。

*1:ザ☆余談。ウチの近所の小学校のPTA会長が確かプロレスラーなんだそうで、余興でプロレスをやるんですが、昨年は鈴木みのるさんと高山善廣さんが出てました。特撮ショーみたいなノリで、凄く楽しかったです。

2009-03-27

[]エア発注(真野恵里菜編)

金曜夜の悪夢の様なコーナー。
今回は真野恵里菜が人気沸騰で、急遽アルバムを作ることになったはいいが、オリジナル曲が少ないのでカバーで穴埋めしたよ...みたいなシチュエーションで考えてみました。
うーん...演歌だとよくある話だな。

とりあえず何曲かピックアップ小坂明子とか久保田早紀とか八神純子はパス。

続きを読む

[]近況系(2009.03.27)

まあ、このコーナーは誰も読まんでしょ...っつーことで。
(もう何の近況なんだか...)

で、これですけど。久々に名作かもしれん。

俺の脳内では「愛理ちゃんは上付き!」なんだけど、予知能力のある俺でも、こればかりは実証できん(苦笑)。

[]ハロプロエッグブログ閉鎖に関して(その2)

続き

トラックバックしようと思ったんだけど、向こうもトラバしていないので、避けます。
なので、ここだけ読んでる人には脳内レスみたいな感じにみえるかもしれないですが、申し訳ない(苦笑)。

続きを読む

[][]真野恵里菜/「初めての経験」

富士山

シングルV「はじめての経験」
HKBN-50114

ああ、急遽、山口百恵中森明菜路線ですかね。

この系統(意味深路線)には興味ないんだよな。
普通に萌え路線で良いのに。
いくつかのオプションを見せようというのなら、インディーズの時代にやっても良かったような...

というか、やっぱり市川由衣と同じ道を進んでいるような...

[]V.A./「おじぎでシェイプアップ!」

スケジュール:舞台&ミュージカル(Hello! Project)

都内にあるスポーツクラブ。恋に仕事に一生懸命、明るく元気なスタッフたち。
健康に生きるって何だろう?お仕事人間ドラマ。おじぎシリーズ第2段!

あ、「ガ○ト」じゃないのね。

[]ザ☆FYI(2009.03.27)

一番人気らしいのでキーワードリンク経由の香ばしいコメントは避けたいところ。これですけど...

 ユニット内でも1番人気の前田とあって心待ちにしていたファンも多く、4件のページに対して8000件を超えるコメントが寄せられた。

スポニチってここを応援していたよね。
もうスタート当初から一貫して「一番人気」になっている気がするんだけど、うーん...

-----

あの“富田麻帆”が帰ってきた! メジャー第一弾シングルが発売決定(声優グランプリweb)

5歳の頃、ミュージカル『Annie』での主役デビューをきっかけに、舞台、グラビアなどで活躍し、2005年TVアニメかみちゅ!』のOPテーマ歌手デビュー。以降、ブロッコリーの人気コンテンツ『ギャラクシーエンジェル』の主題歌をはじめ、数々のヒットを飛ばした富田麻帆がついにメジャーデビューを果たす。

こういうフレーズが出てくるのは、裏工作でもなんでもなくて、実際何度か彼女の現場に行ってみて、肌で感じていたことです。ウチの一家(笑)もこうなるといいね。

[]オーディションの傾向と対策

昨日、柏木由紀さんで約千件程度の訪問がありました(苦笑)。
それと同時に、地味ながら増田絢美さんでの訪問も...

前者は娘。オーディションでは落選しましたが、他のオーディションに合格し、独り立ちする第一歩を踏み出すチャンスを得ました。
後者は娘。オーディションを辞退し、掛け持ちしていた他社のオーディションを優先し、その事務所支配下のセクションには未だに在籍していますが、今のところは芽は出ていないようにも見えます。

まあでも、運ですからね。その場その場でナイフを入れてみた果実が、熟れている子もいれば、まだ熟していない子もいるってことです。

-----

ついでだから、オーディションを楽しむ秘訣を書いておきます。
簡潔にね。
誰宛ってのは特に意識して書いてません。文章によってはオーディションマニアだったり、受けたいと思っている人だったり、運良く(あるいは運悪く)合格しちゃった人だったりします。

続きを読む

2009-03-26

[]柏木由紀をお求めの方へ

なんかこれでウチを尋ねてくる人が多いんですけど(苦笑)。
Google経由で。

画像付きで紹介しているのはこちら

Google経由では「2次」からのリンクが多いのだが、「3次(その1、その2)」が縦笛画像なので、そっちを見てくれって感じですよ。

そういえば当時、激推ししていた「山中まどか」さんは、あの後どうなっちゃったのかなあ?
今でも可愛いのなら、ハピスタで拾ってくれないかなあ(苦笑)?
他にも良い子がいっぱい。

でもこれで過去歴が一般社会(笑)にバレちゃうと「つんく♂また大魚逃したなw」っぽい発言が多くなると思いますが、まあ、それだけレベルの高いオーディションってことかなと。
8期は数千人レベルの応募でしたが、他社では、それより少ない応募人数に関わらず数万人ってサバ読んでいるところもあったようですし...

-----

以下は過去の俺に対する「自画自賛」という名の気持ちの悪いレス。

柏木さんは落ちてもポッシボーなら人気爆発だな(笑)。

ああ、ポッシAKBの違いはあれど、同じ秋葉原という意味では人気爆発には変わりはないかな。
次回のオーディションがあったら、俺を審査員に入れて欲しいくらいだ。

それと、当時の増田絢美さんに関する俺のコメントが凄い(笑)。予想経路とは多少違うがavexでの飼い殺しの予感濃厚ではある。

[][]亀井絵里テレビ大阪ジュエルペット」完成試写会出席記事

亀井絵里とAKINAが声優初挑戦! 浅香唯が主題歌を担当! TVアニメ『ジュエルペット』完成披露試写会(マイコミジャーナル)

声優は、声だけで表現しなければならないのがとても難しいが、同じモーニング娘。のメンバーで、声優としては先輩になる久住小春に練習方法や声の出し方を聞いてからアフレコに挑んだとのことで、「いっぱい練習して、楽しくできました」。

このとき、「なぜ田中さんには聞かなかったんですか?」という質問が欲しかった(苦笑)。何故ならアニメメディアの記者やライターさんてハロヲタが多いはずなので。

でも逆に聞かないのが真のハロヲタともいえる訳で。俺が記者だったらその葛藤に揺れ動くだろうなあ(苦笑)。

[]AKB48の昔と今(その3)

コラムとして続ける気は無かったのですが、新たな動きがありますね。

続きを読む

2009-03-25

[]ザ☆FYI(2009.03.25)

【藤本健のDigital Audio Laboratory】第364回:ズームの新開発X-Yマイク搭載24bitレコーダ「H4n」 -AV Watch

盗聴とかしている方へ。
録音機材のグレードが上っても、周りのおっさんの雄叫びだけがクリアになるだけなのかな?
って...まあ、知っていても誰も答えくくれないでしょうけどね。

私的には、これだけグレードが上がると、逆に宣伝効果も考え録音OKにしちゃった方がいいかもしれないなあ...なんて、ふと思ったりもします。まあ思ってるだけですけど(苦笑)。
盗撮(といっても実際フリーカメラマンの横流しだと思うが)は資金源になるけど、録音は金にならないでしょ?

-----

斧屋さんのレポを読んでたら、「ミニパティ」なるユニットが...

また番組限定ユニットですかね?
それとも社長の趣味?

-----

総務省、BSデジタル放送に関する委託放送業務認定申請の受付結果を公表(Phile-web)

幸福な「テレビのこれから」はやってくるか(Phile-web)

自分への備忘録として。

[]ハロプロエッグブログ閉鎖に関して

続きみたいな。
感情論的な部分はなるべく避けて、マイナス面をまとめてみました。
おにいちゃん頑張ったよ(苦笑)。

大きく別けると三点かな。

続きを読む

2009-03-24

[][]新譜関連

Berryz工房新譜が出るようです。

こちらこちらにまとめていますが、A/B/通常+シングルVです。

[]楽天系

“堀内孝雄が楽天イーグルス 2009年シーズン 公式応援歌を歌います!(UP-FRONT WORKS)

今年もアップフロントワークス楽天イーグルスを応援します!
昨年の℃-uteに引き続き、2009年シーズン公式応援歌堀内孝雄が歌うことが決定しました。

なるほど。

[]近況系(2009.03.24)

エッグのブログが終わっちゃいますね。

FCに入っている人から見ればそっちに移るだけだと思っているのか、ブログ界隈の反応は今ひとつかもしれん。

でも、FCを知らない大多数の人たちから見たら「ブログ終了」以外の何者でもない。

ほら、俺って花音のおにいちゃんじゃないですか(出た)。おにいちゃんとしては、可愛いいもうとの悲しむ顔は見たくないので、勘弁して欲しいところです。

まあ、感情論だけではお話にならないので、理論的にマズい部分をピックアップしたい今日この頃です。

似たようなこと感じている人いないのかな?

[]ザ☆FYI(2009.03.24)

テレビ東京 アニメ局新設とコンテンツ管理センター設置を正式決定(アニメアニメ!)

 このほかテレビ東京は、エフエムインターウェーブの子会社化なども発表している。新時代に向け、組織体制の見直しを大胆に見直す。

ふーん...

-----

【TAF09】avexライブが整理券追加配布!

中村 優さん、野川さくらさん、misonoさん、桃井はるこさんら

これはもう終わったイベントですが、ディストリビューターマターのイベントだと、こんな感じでチャンポンっぽい感じになるんでしょうね。

んで、アニメ抜きで語ると二の腕ぷにぷに女王選手権ですかね。それなら行きたかったな。

2009-03-23

[]翻訳した感想

あ、ブツはこちらこちらこちらです。
人気下落に関する分析など、核心を突いた話もあり、ここまでハッキリ書かれると、逆にモヤモヤとしたものが取れたと感じる方も結構いらっしゃるのでは?...と思います。

私的に気になったのは二点。

"I'd really like to make sure each one of them continues to work after their graduation," explains Nishikata. "We have promoted them as a group so far, but from now on, we'd like to promote them one by one, so I hope they can do more personal work after this summer."

「私は彼女達の一人一人が卒業後にも働きつつけることを本当に確かめたいと思う。」と西方氏が説明します。「私たちはこれまではグループとしてプロモーションしてきましたが、これからは、一人ずつプロモーションしていきたい。今年の夏のあとに、もっと個人の仕事ができることを望んでいます。」

「一人ずつ」ってのは、私が以前書いた、グループの特徴はグループよりもメンバーの個性により強く映し出される...ってことだと思います。
「今年の夏のあと」は10月改編を狙った動きなんでしょうね。私の印象では、携帯メール配信の小春日記を見てもキャンペーンが以前にも増して多くなった印象があります。これは地方局に対してのアピールならば、実際は中央集権的なテレビではなく、ラジオ中心に広げていくということを暗示しているのかもしれません。ただテレビBSという手もあり、極端な話、地上波はエルダ系におまかせして、BS(全国)とラジオ(地域)に特化しても面白そう。
それと、「一人ずつプロモーションしていきたい。」は娘。に限った話ではないのかもしれない。例えば有原栞菜について、まあ色んな憶測があるかもしれないけど、夏以降忙しくなるのであれば、爆弾を抱えている子は、今のうちに...という想像も成り立つ。

"In Europe and the U.S., there are many fans of Morning Musume and Japanese idoru (manufactured entertainers), thanks to the Internet," says Nishikata. "(We) were invited to an event in L.A. called A.X. (Anime Expo) as a music guest this July. There are already a lot of fans of Japanese animation (in the U.S.), so it might be easy to get in through that."

ヨーロッパアメリカでは、インターネットのおかげで、多くのモーニング娘。と日本のアイドル(作られたエンタティナー)のファンがいます。」と西方氏は言います。「(私たちは)今年の6月にゲストとしてA.X. (アニメエキスポ)と呼ばれるロサンゼルスのイベントに招待されました。」 既に(米国では)日本のアニメに多くのファンがいるので、あのように親しまれるのは容易かもしれない。

そうですね。ストレートな米国進出よりもこの方が確実だなあ...ってのは、私も肌で感じていました(このあたり)。日本のポップカルチャーを紹介するコンベンションなどでアピールする方が、賢いだろうなあ...と。
そして、当時の私の意見(ここ)では「米国をターゲットにしない」と書いてますが、これは「端から相手にしない」のではなく、いきなり米国仕様にしないという意味です。それで失敗しているアーティストは数多い。なぜなら米国は多民族国家なので難しい側面があり、それよりも、それぞれの民族意識の高い欧州各国の方で先にチャレンジした方が良策かなとは思います。まあでも、コンベンションに来る人たちは親日家であることは確かなので、そこでは欧州と米国の差は少ないかな...とは思っています。

[]ザ☆FYI(2009.03.23)

5代目なっちゃんメジャーCDデビュー(デイリースポーツ)

 サントリー「なっちゃん」の5代目イメージキャラクターの星羅(19)が、5月13日に自身が作詞作曲したシングル「数字と恋」で、メジャーデビューすることが18日、分かった。

音楽性から、新しいお友達にはなれなさそうだね。

-----

OS X ハッキング!:iPod shuffleの新機能「VoiceOver」、その謎を探る(マイコミジャーナル)

まず人名だが、日本人アーティストは不振に終わった。「四人囃子」は「よにんばやし」とはならず、「久住小春」も「くじゅうこはる」に。

なるほど。

「ほしさん」は発音しない (はず) 。

はい、そうですね。

2009-03-22

[]エア発注(UFS向け)(その2)

今回は岩嶋雅奈未に歌わせてあげたい曲を集めてみました。

他のマジヲタさんが怒っちゃう発言かもしれないですが、純粋な歌唱力という意味では、多分にハロプロ系でNo.1の素質の持ち主だと思います。

一度も聴いた事の無い人にどういうイメージかと説明するのは難しいですが、そうだなあ...売れなかった頃の森口博子さんとか山瀬まみさんとか、そういう感じですね。要は歌唱力は凄いんだけど、歌手オンリーとしてでは売れず、レコード会社キングである事が幸いして、なんとかアニメ主題歌で食いつないでいた頃の歌声っぽい感じです。うーん...あんまり良い例えじゃないか(苦笑)。
じゃあ、そうだなあ...平尾昌晃ミュージックスクールの発表会ではスクールヲタには絶賛されるんだけど、なかなかデビューできない感じです。いや、だんだん例えが悪くなって行くな。
でも、アップフロントにいる限りはいつか必ず日の目を見ると信じています。

私的には、もうストライクゾーンですね。というのもバルンガのようにどんな曲でも吸収していくさまがゾクゾクきます。

005のアンケートでリクエストを募集していましたが、私的には彼女の曲を歌って欲しいと書きました。

続きを読む

2009-03-21

[]AKB48の昔と今

なんか、私のこういう話を聞きたがってそうな雰囲気なので。

続きを読む

2009-03-20

[][]真野恵里菜/「乙女の祈り」発売記念イベント@亀戸サンストリート

行ってきました。
今回は時間の都合で亀戸のみの観覧。

以下、独自の切り口で書くので袋とじで。

続きを読む

[][]Berryz工房/インフルエンザ

お知らせ及び関連記事はこちらこちらにまとめました。

適切な処置だと思います。

オークションで買った方の事はおいといて*1、会社としてはそれなりの損害を被る訳ですが、休んじゃった子を責めないでね。インフルエンザは伝染病で特別なものですからね。

[]矢口真里道重さゆみ岡田唯日本テレビ「おとなの学力検定スペシャル 小学校教科書クイズ!!」紹介記事

ピエール瀧、道重さゆみが小学生レベルの問題で珍解答(ナタリー)

日本のポップカルチャーを代表する二大アーティスト対決だな。

[]近況系(2009.03.19)

翻訳したものをアップしました。
ここここここに。

感想(場合によっては感想戦(笑))は疲れたので明日以降。

つーか、みんな目を通しておいた方がいいかも。

*1:それなりのリスクを考えながらの購入でしょうから。

2009-03-19

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2009.03.19)

なるほど!ザ・長い*1

続きを読む

*1:元ネタはNSTの過去の名番組「なるほど!ザ・安い」から。

2009-03-18

[]エア発注(UFS向け)(その1)

ハピスタの005でまさかの佐藤忍ですんで、ちょっとマイナーどころもアップしてみようかなと。
とはいえ、あくまでも王道ですけど。

アイドル冬の時代」でマイナーだといったいどんだけなんだよ(笑)って気もしますが...でもこの辺りは野口社長はご存知だと思うので、むしろ俺たち向け対策とも言えますね(苦笑)。
この中で099までに1曲くらいは期待したいところです。

続きを読む

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2009.03.18)

森咲樹

私一人で
お留守番状態なので

一人暮らしをしている気分です!

ああ、ここで「大人になりたくてお化粧してみました」みたいなのがすらっと書けると、大昔の少女○ードを知る者としては郷愁を感じるところなんだけどね...

あ、花音(c)メモっちゃダメだよ。
憂佳(c)は20歳になってからね。

-----

辻田沙織たん

沙織たんクルねえ。

今俺の中では彼女のブームですよ。

[]近況系(2009.03.18)

ソニレコからDMメールが来た。

いつもはスルーなんだけど、よく見たら「ICHIGOちゃん」が入っているので購入決定です(苦笑)。

「ICHIGOちゃん」って誰?ってひとはこちらこちらこちら。というか知っている人がいたら凄い。

何かの用事で大阪に行った際にちょうどこの番組をやっていて、運良く一度だけ見たことがありますけど、殆ど記憶が消滅してます。シングルも買ってませんのでどんな曲かも知らず。もし「ONC」で取り上げてたら完全お手上げ状態でした。「Ya&Ya CLUBポチ組」とか「アイドル夢工場」とか「七つ星」ならなんとかついていけるかもしれないけど、「ICHIGOちゃん」は無理です。

話のついでですが、実はモーニング娘。の元ネタかもしれない「乙女隊」とかやられても無理です(苦笑)。

その他にもマニア心をくすぐるユニットは沢山います(参考)。もう助けてください...って言いたいところなんですが、ハロプロ(特にシャッフルユニット系)との違いを説明してくれと言われたら、かなり困難な様相を呈しそうです。

-----

それと、これですが、昨晩と今日のあいた8割ほど翻訳しましたので、近々アップするかもしれません。
ただクレーム来るかもしれないので、過去ログの中にこっそり入れちゃうかもしれません。

というか...

Eri Kamei, 20, is the messy one. She can't put things in order!

...は良いねえ。
私的には潔癖症みたいな子よりもずっと魅力的だけどね。

実は道重ヲタの前は彼女が一推しでした。というのも同行者が先にさゆみんを好きになっちゃったから。さすがに一緒に応援しようってのは気持ち悪いので、避けていたのですが、同行者が何を思ったのか亀井ちゃんに鞍替えしましたので、推しをチェンジしました。その際にTシャツも交換(笑)。まあ俗に言うところのスワッピングってヤツかも。「俺の嫁」って言うしね。
あ、意味調べないでね。花音ちゃん(苦笑)。

あああ...今日は気持ち悪い話ばっかりだな。
(「今日も」という説あり。)

気持ち悪い話ついでに。
もし娘。オーデに合格できなかったら...というシチュエーションで色々考えたことがあるのですが、さゆみんは見事にアニオタ化していて、アイドル声優を夢見てブ○ッコリーのオーディションに合格したは良いが、会社が傾き、野○社長と共にUFSへ...みたいなことになっていたはず(苦笑)。

そう考えると亀井ちゃんはどうなっていたんだろう...えっと...下品な話になるので、ここまで。

というわけで、アニメ番組レギュラー出演おめでとうございます!

-----

Google ニュースに引っかかった記事(?)です。中華サイトなのでリンクはしません。
http://game.cbg.cn/a/8752806.shtml
向こうのプレスですかね?

ポップカルチャーと繋がると、海外からの注目度はグンとアップしますね。

-----

海外ついでに。

私が当時考えていた意見(その1その2)。
いい感じになってますね。
ただウチらが向こうに行くのでは限界というかヲタの消耗度が酷い感じになるので、出来たら海外の人を呼び込むこともやって欲しいところです。

2009-03-17

[]V.A.UFAオフィシャルサイト更新

UP-FRONT AGENCY - アップフロントエージェンシー

それぞれにプロフィールとスケジュールとディスコグラフィー写真集ページがあるので、アンテナに登録するのが大変でした(苦笑)。
ハロプロ勢加え、演劇で一緒になったりガッタスだったりというタレントも追加。とりあえずそのタレント達も含めて引用系にアップしていきたいなと思っています。
むしろ逆にね。

というか村上東奈って移籍していたんですね。もしかしたらゲキハロの時点で既にそうだったのかなあ?...生写真売っていたし(笑)。

-----

ザ☆余談。

これってJ.P ROOMや札幌も手がけた制作会社が作ったサイトですかね。
白を基調にして見易さがあって、凄く良い感じですね。

ただ、J.P ROOMでも指摘しましたが、こういうイタズラも出来ますよね。

まいまい「おにいちゃん、変なイタズラはやめて!」

ごめんね。俺のいもうと(笑)。

でも前回も書いたけど、テレビラジオ雑誌だと誰が出ているかイチイチ書かないので、状況によっては騙せますよね。こんな感じで。やっぱチェックかけて欲しいなあ。

2009-03-16

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2009.03.16)

能登有沙

出演者の中では年下だったので、「私の妹〜」とか「俺の妹〜」とか言ってくださって、このメンバーでライブが出来て本当に良かったと思いました。

ははははは。
中学生にしか見えない能登ちゃんは、アニメ業界の方々の「妹属性」好きを刺激しまくってますねえ。

その反対語の二人称は知ってます?

俺が良く使うヤツですね(苦笑)。

もう大人だから使うのは自己責任でご自由に...ですが、新人公演メンバーとかには、あんまし流行らせないようにね。
森ちゃんとかが「その業界はみんなそうなんだ」と真面目に受け止めちゃうと、怖いですので(苦笑)。

2009-03-15

[][]能登有沙小倉唯セガ「やっぱ遊びな祭09」@東京ファッションタウン

昨日のイベントで恐縮ですが、行ってきましたよん。

私は到着したのは7:30くらいかな。この手のイベントは殆ど行かないので、全く読めなかったので、ものすごい列が出来てるのかな?と思いきや、20人もいなかったです(苦笑)。
結局10:30のステージ開始でも200名くらいでした。全く未知数のイベントでしたし、悪天候(傘が壊れた(笑))で交通も麻痺していたらしいので、客足は悪かったですね。無料ですし、隣の駅では同日に「HELLO!10TH」でしたので、もっと頑張ってウチのサイトで誘導すれば良かったです。反省。次回はちゃんとやりますので、もうちょっと来てくださると助かります(笑)。
(併設されていたちびっ子向けのイベントは大盛況でしたよ。)

ステージのホールの大きさは、そうだなあ...ラフォーレ六本木と同じくらいでしょうか。ただステージの無いホールですので、それくらい集まると後方はステージがまず見えないでしょうけどね。立ち見でしたし。

このイベントはもともとプレス関係への発表会に客をついでに入れたような雰囲気でしたので、ステージの内容はゲーム関連のニュースサイトに詳細に載っています(参考)。ですので、ここ読んでるメインの方々向けに、重要伝達事項を中心に。

特筆すべきは小倉唯がモーションキャプチャで参加している事です。「モーションキャプチャ」ってのは主にスポーツ選手の身体の動きを分析したり、CGアニメのキャラクターに動きを付ける技術で、今回の初音ミクダンス小倉唯の動きが基になっています。要はこのゲームに限ってですけど「初音ミクの中の人」になってます。唯ちゃんはゲキハロのロボット役といい。中の人だらけだなあ(苦笑)。

ステージ内でそのメイキングが(少々ですが)紹介されました。全身タイツコントみたいな格好して頑張ってました。
コレオグラファーは誰なんでしょうかね?...そこも気になるところですが、ゲームのデモや、実際のPSPを使った体験ゾーンのモニタでも見ましたが、非常に自然な動きで驚きました。

もう、唯ちゃんはぁはぁ状態ですよ(笑)。
多分にリリース時点でもう1回くらいはイベントを行うと思いますが、その時は実際にコスプレして歌って踊って欲しいなあ...ってのが密かな願いです。

-----

さて。

以降は「能登有沙小倉唯って誰?」ここを訪ねてきたゲームファンや声優ファン初音ミクファン向けに。

今回の小倉唯の抜擢については私も良くわかりませんが、アイドル歌手育成ゲームTHE IDOLM@STER」に登場する女の子たちの動きはスタッフハロプロのビデオ等をみて研究した云々はインタビューで読んだ記憶があり、どうせやるなら本物で...っつーことなんでしょうね。

「本物」っていうのは、唯ちゃんの所属する事務所がハロプロ(Hello! Project)と一緒だからです。モーニング娘。とかBerryz工房とか℃-uteとかBuono!とか、そういう感じですね。彼女はそのオーディション経由でハロプロ...ではなく、よりアニメゲームなどに特化した「HAPPY! STYLE」というプロジェクトに参加しています。

のっち”こと能登有沙は、正月のガンダム特番に出てきた子ですので、そこそこ知っている人は結構いるかな。まあ、中川翔子的な売り出し方をしている子だと思っておいてください。アニメだけではなく、プラモデルオタクアイドル的な売り出し方をし始めています。Hello! Projectの一員です。カテゴリ的には「ハロプロエッグ」というジャニーズJr.ライクなポジションながら、「音楽ガッタス」という正規なユニットにも所属しています。また、それとは別に小倉唯らの参加する「HAPPY! STYLE」というプロジェクトにも平行して参加しています。ハロプロですからダンスと歌は上手いですよん。20歳ですがビジュアルは疑似ロリ系です(苦笑)。

ちなみに「HAPPY! STYLE」はハロプロをはじめとするアイドルソングや、アニメソングをノンストップで歌うイベントです。

過去のセットリストはこんな感じです。

001※いろいろ
002ロボットアニメ特集
003おニャン子クラブ特集
004ガンダム特集
005※いろいろ(オリジナル歌唱者)

アイドルだけではなく、声優・アニソン歌手としてデビューを目指している女の子達のライブです。
歌唱力・ダンスパフォーマンスともにプロとして十分やって行ける子もいればまだまだな子もいます。というか純粋に声優を目指すのならそこまで要求しなくてもいいってレベルではありますけどね。抜群に歌が上手い子もいますので、今のうちに見ておけば、将来事務所パワーで大々的に売り出す際に「こいつ知ってるよw」と自慢出来るかもしれせんよ(苦笑)。

次回は2009.05.06です。チケットはオフィシャルサイトで発売中です。

能登有沙だけならば、ハロプロの新人公演にも出演します(2009.04.04〜05)。こちらは一般のプレイガイド経由か、ヤフオク等で物色してみてください。
能登ちゃんはCBCラジオの「音楽ガッタスのガッテン・ガッタス」(不定期レギュラー)と、「のもぴ〜プラスティックラジオ」(レギュラー)で出演中です。
角川がやっている「ドガドガ7」にも出演中です。三澤紗千香を輩出した「アイドル声優オーディション」もそのひとつです。

2009-03-13

[]近況系(2009.03.13)

あ、単なる日記です(苦笑)。

【プレゼント】よこざわけい子先生が手がける よこざわけい子声優・ナレータースクール 新人公演に10組20名様をご招待!!

懐かしいなあ...
俺、この方の御父さんから英語を習ったことがあるんです。中学時代の英語の先生でした。

ある年の文化祭、ある教室を訪ねると、アニメセル画が沢山飾ってあって、「娘が声優をやっていて、今度主役をやるのでよろしく」ってのをそこで初めて知ったのを今でも覚えてます。「今度」なのに何故セル画が飾ってあるかというと、当時住んでいた新潟では数ヶ月遅れの放送だったから(笑)。

その作品は「はいからさんが通る」で、その後「THEかぼちゃワイン」のヒロインもやってましたね。

私は意外と「今度息子(娘・友人)がデビューするので応援よろしく!」ってのにめぐり合うことがある。例えばゴールデンタイム東映特撮ものの主役に抜擢されるとか、今では大御所なユニットのメンバーだったり、avexのそこそこ有名なユニットだったり。
ただ直に友達がデビューするってのは今のところはないな。目指していた人は何人かいたけど。難しい。

[]須藤茉麻写真集「maasa」

一推しだから買ったよ。
んで、見た。

俺は着衣オンリー写真集には興味を持たない人なので、出来が良いのか悪いのかはさっぱりわかりませんが、志田未来風の髪型をしたカットには無限の可能性を感じました。姉妹モノ希望

ただ...やっぱ、海女さんの衣装着て、アワビ持ってにっこり微笑んでいる茉麻ちゃんも拝みたいなあ...と思いました。次回作に望みをつなぎたいと思います(苦笑)。

2009-03-12

[]実態のあるアーティストと実態のないアーティスト(その1)

イタリア人は日本のアイドルが好きっ

中野にある中古CDショップのブログです。
アニメアイドルが得意分野で、海外からのお客さんも多い。私もたまにお世話になってます。
購入商品がディープなのが凄いけど(笑)、でも、やっぱ純粋にこういうのは良いね。

[]実態のあるアーティストと実態のないアーティスト(その2)

エレンさん@モーニング娘。学会

リンク先をざっと読みましたが、うーん...単にバーチャルアイドル的なものを求めている訳ではないんだよね。それだったら伊達杏子は今ごろドームツアーが出来ているはずだから。

オタクっていうのはクリエイティブで、何事においてもディープで、だから一般人よりも音楽に精通していたり、レベルは様々だろうけど実際に音楽を作る楽しみを持っている人は沢山いる。
それは、模型と一緒かもしれないけど、模倣だけではなくオリジナルも存在するがゆえの楽しさもある。

だから、オタクならではの作る楽しみを知っているがゆえのブームなのかもしれないよね。

そうではない非ヲタなクリエイターの卵としても、いままでインディーズ活動だったり、あるいはコンペにシコシコ出すだけだったけど、初音ミクがキーワードになったお陰で、そういう商業主義的な部分抜きにして(犠牲にして)も楽しんでもらえる(知ってもらえる)喜びってのもあるんだと思う。純粋に。

-----

それとは別に、アニソン文化の独自性ってのもある。歌手より曲が重要...とまでは断言はできないが(個人差があるので)、歌っている人の容姿は問わないと思うんです。その延長線上に初音ミクがあっても、受け入られやすいかな?と思うんですよ。

ただそこにはアーティストへの共感的なものは存在しないとは思う。
でもファン同士で楽しさを共有することは出来るし、その共有性が「本人の不在」を超える時がある。

[]未成年についての虚構と現実(その2)

つーわけで、「(その2)」ですよ。

前回とは全く違う話で恐縮ですが、能登有沙小倉唯が今週末、初音ミクのイベントに出演するようです。

続きを読む

2009-03-11

[]能登有沙石原夏織小倉唯/「ShibuyaMusicFestaVol.2〜ROBO太 5th.AnniversaryLIVE REVOLUTION〜」@渋谷O-EAST

行って来ました。

続きを読む

[][]三澤紗千香情報?

彼女が出演するかもしれないアニメの情報です。

BIGLOBE、アニメ「シャングリ・ラ」を無料配信。試写会も実施(BB Watch)

彼女が出演するなんてまだ誰も発言してませんし、ネット試写会ですし、作品的に本人がOPでフリフリ衣装で踊ることはなさそうですが、それでも紗千香ヲタ(笑)は気になるところですな。

[]未成年についての虚構と現実(その1)

今年になって気になることがひとつあります。

それは、18歳を迎えるベリキューメンバーがいること。

18歳になると、21時の壁がなくなりますね。とはいってもハロメンは全員、たとえ0歳であっても21時以降の番組生出演可能です。まあ大人の事情でそうなっています。
ただ、良いことばかりではありません。

続きを読む

2009-03-10

[][]能登有沙/「のもぴ〜プラスティックラジオ」イベント

思ったより早いね。
例の如く、詳細はこちらに引用しておきましたよ。

早速たかみさんが会場を押さえてくれましたよっ!

ちなみに同会場では過去には、こんなイベントも、やっていたようです(2001.03.28)。>野口社長

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2009.03.10)

福田花音

かりん(宮本佳林チャン)が
プレゼントをくれました!!!
手紙には
“いつもやさしくしてくれてありがとうございます!”
とか書いてあって
ストロベリーズかりんより
って書いてありました♪♪

嬉しすぎ━━∩°∀°∩

花音軍団ってヤツですな。

ほんとーに
ありがとうね!!!
今度かりん
『苺魂』Tシャツ
あげちゃおうっと♪

その昔現場にいた親衛隊風集団NaMa'sみたく、ランク別に色が違ってたら怖いな。

とまあ、掲示板で多分に話題になっていそうなところをピックアップしてみましたけど、本当の花音ちゃんはそんな子じゃないと思います。「本当の」とか書いているけど「それはお前の脳内だろ」と言われたら「はい」と言うしかないですけどね(苦笑)。

-----

森咲樹

わたし
不思議の国のアリス
決定じゃーぁん(-∀-)/

いや、「不思議ちゃん」ってことでしょうな。
状況によっては一種のイジメになっちゃいそうですけど、もう卒業だからね。
問題は、そのことを本人が把握していないこと。今のような研修生レベルなら、ヲタ相手だからさほどダメージ無いと思うけど、将来ブレイクしたら、心無い一般人から「作ってる」って言われまくってショック受けちゃうかもしれないね。嗣永先輩にそのあたりをレクチャーされないとマズイかも。
ただ、こういうタイプってある種のマイノリティだから、アーティストとしては伸びる要素はあるかもね。

[]ザ☆FYI(2009.03.10)

メディア・クライスが自己破産出版不況に不景気が追い討ち(MONEYzine)

 東京都新宿の出版社メディア・クライスが経営破たんしていたことがわかった。同社は3月6日に社員を解雇し、東京地裁に自己破産を申請し、同日付で破産手続き開始決定を受けた。負債額は21億円のもよう。

 メディア・クライスは2007年、株式会社バウハウスが分社化し設立した。同社から出版物の発行を含む全業務を継承し、社長にはバウハウスの常務だった木村弘之氏が就任、雑誌や男性向けを中心にしたDVDの制作・販売を手がけていた。近年では、08年夏に加護亜依の対談エッセイ集『LIVE』などを発刊していた。

Googleニュース経由で。

[]清水佐紀矢島舞美/韓国オーディション「対東京少女

日本語のニュースこちらにまとめておきます。しばらくしたら朝鮮日報と中央日報と東亜日報あたりにも載るかもしれませんね。

ウハウハ画像は「Musumenavi」あたりを参照。
画像に出てくる「東京少女」の文字はBS-iのアレかと勘違いしちゃいましたよ。確かに今の「東京少女」は韓国人ですし。副賞かと思っちゃいました。いや「TBSとは無関係」とも書いてないしね(苦笑)。さてどうなることやら。

それはともかく、連合ニュースの日本語訳は凄いね。「占領」とか「断絶」とか。もうちょっとやわらかい表現は無いのかねえ。
その中でも...

視角や文化の違いから韓国人プロデューサーが探し出せない点を僕たちが見つけることもできる

「視角」ってなーに?
うーん、具体的には「女性の好みの違い」ってことですかね?
清水佐紀矢島舞美を連れて行った様ですが、美人顔の矢島はともかく、擬似ロリ界期待の星の清水佐紀は韓国人には理解できるかなあ?...今はどうか知らないけど、昔の韓国アイドルユニットってデビューした手の頃は可愛いけど、年を追うごとに大人になるというか、悪く言うとケバくなる傾向があった気がします。「日本人は総じてロリコンだろ?」と言われれば、まあ「はい」と言えなくも無いですが(笑)、よく言えば「個性重視」「素材重視」「多様性」といったところでしょうね。

本当の宝石を探すために過酷なトレーニングを課すことになる。

プライドが高そうですからね。その鼻をへし折るのか、はたまた自重気味の子をキラキラさせるのか、そのあたりが面白いところだと思います。

2009-03-09

[]小川麻琴時東ぁみ/「まこと&ぁみ のときめきアコースティックライブ Vol.1」

なのだが、ある意味ぁみちゃん久々のライブっぽい気がするので嬉しいのだが...会場が凄いな。

[]近況系(2009.03.09)

まず、松浦亜弥が参加するCHAGEさんのアルバムですが、限定盤(ASIN:B001PBQMBE)と通常盤(ASIN:B001PBQM5A)の2種リリースされるようです。詳細はこのあたり参照。

----

それと、能登有沙小倉唯が参加する初音ミクのイベントですが、セガPSPソフトの方は、初音ミクファン方面では結構注目されているようですよ。私も昨日、某幕張メッセのライブでSさんに「セガでミクが...」と言った途端、「ああ『Project DIVA』ですね」と返されました(笑)。でも彼はイベントに能登ちゃんが出るとは知らなかったようで、その話をしたら、即倒してました(苦笑)。
今週はいよいよ初のアウェイ現場(俗に言う「異文化交流」)*1。それも2連戦ですなあ。頑張んないとね。

----

そのミクイベですけど、ここにも貼りましたが、ゲーム系のニュースサイトをいくつか検索しました。「4Gamer.net」とか「ジーパラドットコム」ってのは、ウチで貼るのは初めてです。貼っちゃまずいサイトじゃないですよね?...おにいちゃん向けとか(苦笑)。
映画世界のニュースサイトも独特ですけど、ゲーム業界も独特ですね。状況によってはレポも掲載されるでしょうから、チェックしないといけないサイトが増えて面倒...いや、嬉しい悲鳴かもね。

で、こういう方面に明るくて、んで、アイドルっぽいのに興味がある人は、今のうちにHAPPY! STYLE系の現場に足を運んでおいた方がいいですよ。事務所パワーで突然メジャー(マニアが勝手にメジャーだと思っている方面含む)に顔を出しますので、その時にあちら方面のヲタ知人に自慢が出来ます(苦笑)。そのコミュニティで情報交換ができると良いですね。

初音ミク役(?)の藤田咲さんは、tvkAnime TV」のメインパーソナリティを務めていますので、もしかしたらそこでもレポがOAされる可能性は無きにしも非ず。CS GyaOでも視聴だったから、tvkが視聴できる方は念のためにチェックしておいた方が良いかもしれないですね。

[]能登有沙HAPPY! STYLE Rookies/「アニメーションフェスティバル2009 in すぎなみ」内「ハピスタ ちびっこアニソンライブ」

行ってきました。

楽しかったよ。わーい!...で終わらせちゃうのは簡単ですけど、それじゃあメンバーやスタッフが成長しないだろうから、辛口で書きますよん。

まず細かい点ですが、機材の関係からか1回目はハウリングが多かったです。私が来た時点ではリハーサルはやってなかったので、ぶっつけ本番なんでしょうかね。ちょっと乱暴だったかもしれません。これは2回目ではほぼ解決。

座席は前方がちびっこ&父兄、後ろがヲタという風に分かれていました。総じてマナーは良く、1回目ではおとなしかったんですけど、2回目は後ろの立スペースで「Oi」とかPPPHやってる残念な人たちが何人かいました。盛り上げたいのかもしれないけど、空気読んだ方が良い。
んで、なぜ「Oi」とかPPPHになっちゃうかというと、セットリストがこんな感じだったから。

01.おジャ魔女カーニバル!!(能登、小倉、石原、枝川、松永)
02.恋☆カナ(能登)
03.チャンス(小倉)
04.メドレー:ホントのじぶん恋愛ライダー、ロッタラロッタラ(能登、小倉、石原)
05.ここにいるぜぇ!(能登、小倉、石原、枝川、松永)

MCでは「大きなお友達」的な表現は一切なく、ヲタを完全無視でしたが、この内容だとそうなっちゃうね。
ちなみにこの後「T-Pistonz」登場で、実態は彼らの方がメインでした。気を良くしたT-Pistonzサイドは2回目終了にCD即売会(サイン握手会)やってました(笑)。女子高生を中心にT-Pistonzヲタも数十人は来ていたかな。
我が軍は1回目が100名ちょい、2回目が80名くらい。少なめなのは興味が無いというより、会場の規模が読めなかったのもしれないですね。せっかく来たのに会場推しは厳しすぎますからね。実際は350席で、6〜7割の入りでした。立ち見もOKだったので500人程度はいけそうな会場でした。

まあ、ここまではスケールの小さい問題ですが、大きな問題がひとつ。
それは肝心のちびっこたちの反応がいまひとつだったこと。

ヒントは「おジャ魔女カーニバル!!」。歌い終わったあとで能登ちゃんが「この曲知ってる〜?」と尋ねたところ、手を挙げた子は2〜3名しかいませんでした。一方、T-Pistonzが披露したイナズマイレブン主題歌は殆どの子が手を挙げてました。理由はシンプルかな。「おジャ魔女どれみ」はLOVEマシーンと同じ頃の作品。殆どのちびっこは知らないのかと。
やってる本人達の世代の作品だからねえ...彼女達のブログなどを読んでもわかりますけど、思い入れの強い曲です。だからこの反応はショックだったんじゃないかな?

振り返ると、似たような反応はありました。ここで書いた...

突然の辻ちゃん登場に会場の女の子たちはキョトンとした目で、頭の中を整理出来ていない様子。

...ってのも、実は全く記憶に無いのかもしれない。あの光景は今でも覚えているけど、むしろお母さん達の方が興奮していて、ちびっこの手を掴んで振っていましたね(笑)。
2006年の時点で、もう「ミニモニ。」を知らないってことです。

今やってる作品がちびっこたちの全てですね。
能登ちゃんがファーストガンダム見たこと無かったのと一緒。

なので、きらりん☆レボリューションでやや持ち直した感じですが、これもMilkyWayの方が良かったかも。Buono!も反応が今ひとつ。出来たらオープニング曲の方が良かったかもしれません。そうなると「しゅごキャラエッグ!」か...他のエッグ連れてきた方が良かったかもしれない。うーん、身も蓋も無い話ですけど、シビアな現実かもしれん。

それと、「ここにいるぜぇ!」は単なるこじつけであって、これはちょっと...

私的には、「ポニョ」とか「プリキュア」とか「アンパンマン」とか「ドラえもんオンリーの方がベターだったですね。上映会があった「ケロロ軍曹」でもいい。それメインでハロソンは封印した方が良かったかもしれないですね。

とまあ散々な状況でしたが、ただメンバー達がこれを“自分達の未熟さ”と勘違いしたのか、2回目ではダンスや歌のクオリティが明らかに上がったぞ(苦笑)。T-Pistonzの曲で一緒に踊ったりと、細かい点を自ら修正した感じで、その努力には涙が出てきますが、ただセットリストだけは変えられず...といったところです。

以上ですが...あ、良かった点があったな。
それは能登ちゃんの笑い声。
「キュフフ」笑いするじゃないですか。あれ、ちびっこたちを目の前にすると破壊力が増します。やっぱ擬似ロリ界のチャンピオンですな。

*1コミケは違った目的をもった人たちがいるのでアウェイではない。

2009-03-05

[]須藤茉麻写真集「maasa」

先ほどamazonで予約した時に見たのだが、「7位」になっていた。1時間毎の計測なので瞬間風速なのかもしれないけど、嬉しいね。

つーか、みんな、こうやってハマっていくのか(苦笑)。

人から見ると「干されメン推し」と言われやすい俺だから、実に久々にこういう気持ちを味わったよ。ハロヲタになってから初めてかもしれん。

いや、山瀬まみとか島田奈美とか仁藤優子あたりまで遡るから、もう20年以上体験してねーや(苦笑)。

[]ザ☆大所帯(その3)

はっちまんさん

この加入を経て、大人数を分割することで、2ユニット制で暫し進んだことは、迷走するわけではなく、今もっておとめ組さくら組の思い出が美化されていることでもわかります。

あれは良かったですね。本当に楽しかった。

いや、話がそれてしまってすみません。そもそもモーニング娘。の歴史をわずか10行程度で書けるわけでもないからですけど、後藤真希安倍なつみ卒業することで徐々にファンが減って行ったことは少なからずありますけど、過去においては、誰かが辞めても誰かのファンになるというスタイルは間違いなくありました。

後藤が辞めたから後藤を応援しつつ娘。ではれいなを応援しよう、安倍はやめたけど、亀井を応援しようというのは割とよくある光景だったように思います。

それこそ、事務所によるヲタ総DD化は少なからず機能しているはずです。

これは、確かにそのとおりですが、現場に近いからこそ言える主張とも言えます。

DDの本来の意味は今で言うところの「おまいつ」に近い。「おまいつ」は「特定のアーティストのおっかけさん」と「その日の色んなアイドル現場をかけもつひと」の二つの意味がありますが、後者ですね。当時(1990年代)のアイドル歌手はキャンペーン中心でライブがままならず、よって現場掛け持ちの人が多かった。
こちらでのかけもちは、そうだなあ...2003年頃の「GIRLPOP FACTORY@お台場→カントリー娘。@よみうりランド」あたりでしょうかね。まだベリ結成以前ですね。ベリは2004年6月の文化祭イベ以降ファンがぐっと増えたので、これもかけもち手法とも言えなくも無い。

私は過去に洋楽を含め数々のライブは見ていますが、どう考えてもアイドル歌手のライブが一番楽しいです。
他ジャンルのアーティストは「いつもCDで聴いているこの曲が生で聴けて幸せ」的な比重が高い...というか殆どそれかなと。でも、アイドル歌手はライブ自体が楽しい。だからSHIPSでもあんな感じになる訳です。
その現場の楽しい雰囲気を肌で感じることが出来ない地方の現実は「モーニング娘。学会」を参照。

ハロプロを通じて知り合った仲間の中には、元プロレスファンやJリーグファンなんて方も結構いらっしゃるはず。やっぱり通じ合う部分はありますよね。しきたりというか作法を覚えると断然楽しくなる。それは応援歌だったり「京平〜!!」だったりね。
そのプロレスも活動の場を地方に求める動きがあると言われて久しいですが...でもプロレスも全盛期の方がむしろ地方興行は多かった。スーパーの駐車場特設会場とかね。それと全国ネットのツープラトン攻撃が人気を支えていました。

あと俺の茉麻ですよね。最近痩せて綺麗になったとか言われてますけど、個人的には茉麻とさゆみと由梨に挟まれて圧死したいです(苦笑)。そんな人として最低レベルの妄想ですら、現場を肌で感じてからこそだと思う。

[]ザ☆大所帯(その2)

寮ですよね。

寮のいい面は...そうだなあ...男子禁制ですわね。そりゃあもう、あんなことこんなことある訳っすよ。寮生の子は中指だけ爪が短いとかね。

とまあ、楽しいのはこのくらいで、どちらかというと悪い面のほうが多そうな気がします。

続きを読む

2009-03-04

[]ザ☆大所帯

「こんなのEXILEじゃない」 大所帯化にファン戸惑う(J-CASTニュース)

人気音楽ユニット「EXILE」がメンバー倍増を発表し、ファンから疑問や戸惑いの声が上がっている。所属するエイベックスの社長ブログにはコメントが殺到し、炎上状態に。幅広いエンターテインメントを目指すというものの、どこかのアイドルグループのようだというのだ。

エイベックス社長のブログにコメント殺到
「EXILE48でいいだろ」「あぁ...モー娘。みたくなるわ」

7人組だった「EXILE」が2009年3月1日、メンバーを倍増させて14人組にすることを発表した。すると、ネット上では、この2ちゃんねるの書き込みのように、アイドル化を指摘するなどの疑問や戸惑いの声が噴出している。モーニング娘。は拡大して逆に人気が落ちたとして、懸念する声もあるようだ。

こんな二流メディアを相手にしない方が良いと、また言われそうですけど...けどあえてマジレスしますが(笑)、「大所帯=人気が落ちる」のではありません。

「単に曲が好きでカラオケで歌う」レベルを超えて、「ライブに通う」とか「彼ら(彼女達)を中心に扱ったファンサイトやブログを作る」とか「掲示板で馴れ合う」レベルがファンだと仮定したならば、ユニットコンセプトが好きでファンになったのではなく、メンバーが好きになったからファンになった人が圧倒的多数だと思います。

そう考えるとモーニング娘。の問題はとてもシンプルで、「好きだった人がいなくなったから興味がなくなった」んです。ところが事務所はメンバーが入れ替わっても、新たなメンバーを好きになってくれるはずだと勘違いしちゃってた気がします。
これってウチらコアなマニアでも勘違いしてる人は多いです。アイドルって純粋に「人気者」っていうフィジカル(物理的)な意味なのに、ロジカル(論理)な策に走っちゃう。

その事にやっと気がついたのか、地方キャンペーンを増やしはじめています。リリースのスパンを短くしているのも、キャンペーンの機会を増やすひとつの手段なのかなと。

地方重視の意味はもうひとつ。娘。オーディションは地方出身者の確保の有効な手段でもある。このためには娘。のネームバリューを上げないといけない。
ただ、闇雲に増やせば卒業が待っています。そうなるとせっかく増えたファンがまた減る。
なので、娘。内で同じ事を再び繰り返すことはもう止めた方がいいですね。もういい加減、腰を落ち着けた方がいい。

私的には東京(エッグRookies)だけでなく、関西や札幌支社がいい感じ(笑)になってるので、名古屋や福岡あたりにも拠点を設けて、予備軍として育てるのがベターかな...なんて思います。

あるいは寮か...寮の善し悪しは別の機会にやろうかな。なんてね。

2009-03-03

[]ザ☆FYI(2009.03.03)(その2)

15歳ジュニアグラドル“ルール違反”で解雇(スポーツニッポン)

 ジュニアグラビアアイドル新実菜々子(15)の所属事務所が1日、「事務所ルール違反のため」今月5日付で解雇することを発表した。

 事務所側は何のルール違反かは明らかにしていないが、新実菜々子のブログ上で「通常タレント卒業の場合、ラストイベント、ラスト撮影会などのファンの皆様との交流会を開催しておりますが、今回は卒業ではなく解雇処分のためイベント開催はできません」としている。

 新実は小6から芸能界入り。主にグラビアやDVDで活動していた。

 新実本人も同日夕方にファンに向けて「報告」。「ずっと芸能の世界にいたいという気持ちは全く変わっていません」とつづり、今後は演技者としての勉強をしていきたい、としている。

ブログもさらっと読みました。
(魚拓)

コメントが全日本妄想大会と化していますが*1、うーん...シンプルに契約違反じゃないですかね?
二重契約とか。
自分にとって条件のより良い事務所に受かったから、この事務所はもう良いです...みたいな印象を受けます。
ただ、何らかの手打ちがあってこのような内容になった気もしないでもない。「手打ち」なんてこと書くと闇のフィクサー登場!みたいなキナ臭い話を期待する人もいそうですけど、そうじゃなく、もともと芸能事務所の業界団体って、そういうトラブルを無くすためにも作られたはずです。

娘。のオーデでも二次審査で「この子は有望かも」みたいな子が突然「辞退」することありますよね。あれはロコドルとして地方の事務所と契約していたり、既に他社でデビューが決まっているのに受けちゃったりだったはず*2UFAは大手なので無理矢理強奪(笑)...なんてことは出来ないですよね。

新垣里沙の様に「娘。を受けますから辞めます」って手順を踏むか、あるいは移籍という形で持っていければいいですね。

[]V.A./「Hello! Project 2009 Winter決定!ハロ☆プロアワード'09エルダークラブ卒業記念スペシャル」バックステージに関するお詫び

Hello! Project 2009 Winter決定!ハロ☆プロアワード’09エルダークラブ卒業記念スペシャル横浜アリーナ最終公演のバックステージ席に関して(Hello! Project)

2/1(日)18:00〜行われました、「Hello! Project 2009 Winter 決定!ハロ☆プロアワード’09 エルダークラブ卒業記念スペシャル」横浜アリーナでの最終公演にて、追加で開放しましたバックステージ席において、後日、一部のお客様より「ステージが見えなかった」との苦情が寄せられました。
バックステージ席を開放・販売するにあたって、バックステージという席種の特性上、一般席と比較して、演出的に視覚的な問題がある旨を事前にお伝えして、ご理解の上ご購入いただいたという事と認識しておりましたが、一部表現や、解釈についての相違があり、公演当日、不快な思いをしたお客様がいらっしゃった事が分かりました。
不快な思いをさせてしまったお客様につきましては、大変申し訳なく思っています。
今回の事を踏まえ、いただきましたご意見を反映して、次の機会には同じような事が起こらない様、充分に配慮していく所存です。
今後とも、「Hello! Project」へのご声援、宜しくお願い申しあげます。

うーん...
怒っている人たちは、過去のライブのバック席と比較してあまりにも理不尽な対応だから怒っているんじゃないですか?

私も当日、開演前にバック席付近をぶらぶらしましたが、一部どころではなく、かなりの席がメインステージを見ることが出来ず、大型スクリーンも無いという状況でした。
それ以前のバック席については、後姿しか見られないとか、DVDに映ってしまったり...といった問題は抜きにして、メインステージが死角になることはまずありませんでした。

今回のライブの構成やセットリストなども含めて、今回の卒業劇ってやっぱり一枚岩じゃない気がします。誰かが暴走しているようにも見えるんですよ。
犯人探しはする気はさらさら無いですが、そもそも分割しなかったらこういうことは起きなかったはず。

[][]V.A./新ファンクラブ限定サイトPR

ハロプロエッグイベントレポート掲載中!(Hello! Project)

これ、何度もアピールしていますけど、反応は今ひとつかもしれませんね。
というのも、写真はちっちゃいし、ここだけしか読めないコメントもないし、右クリック禁止だし、ひとつひとつのトピック毎にページが別れていないし...と、内容、システム共に実に中途半端ですので。

ファンサイトですらもっと素晴らしいレポートが読めるこのご時世ですので、それでは見られないものを見せるなどの工夫が必要でしょうね。

[][]矢島舞美/「タイトル未定」

ここでも書きましたが、DVDの他に写真集も出るみたいですよ。

[]須藤茉麻写真集「maasa」告知(その2)

まあ、イメージ的には「利益が出たので、ご褒美に温泉旅行に連れてってもらい、個室露天風呂でパチリ」みたいな写真集を期待してなくもないのですが...普通の写真集でも良いかなという気もしてきました。まあ普通の写真集でしょうけどね。タイトルに「団鬼六の」とか「宇能鴻一郎の」とかつかない時点で(苦笑)。

ちなみにキッズで最初に気になった子は村上ちゃんでしたけど(オーディション時点)、その次に好きになったのが茉麻ちゃん。

最初に彼女を意識したのが、Berryz工房キッズFCイベントでデビュー曲を披露した時。「なんて色っぽい子なんだ!」と、もうメロメロでしたよ。顔から想像するに名器持ちで男を狂わすタイプだよな。たまんねー...って感じでしたね。当時小学5年生だったっけ(笑)。
同じロリでも、雅は「ねずみっ子クラブ」っぽかったし、友理奈は英知出版っぽいし、桃子三和出版っぽかったけど、それらとはまた違う魅力があった。

ただ、今のスペックは、内面的には漫画好きで、オタクとしてカミングアウトしそうな子で、世話好きで曲がったことが嫌いで、頑固で、間違っていたら先輩であろうが注意するタイプの女の子かなと思います。

これで、料理好きで手先が器用ならば最高ですね。
安産体型だしね。

楽しみだなあ。

-----

そういえば清水キャプテン写真集だしてないな。千奈美もか。
キャプテンは今年の誕生日で児童ではなくなり「合法ロリ」化するので、そのあたりがチャンスかなと。千奈美もそうだけど、この二人はオーガニックな香りがしそうで、個人的には好きですね。

[][]V.A.青封筒関連(2009.03)

こちらにアップしておきました。

[]しゅごキャラエッグ!/「しゅごキャラ!ンド」告知

さらに、っつーのもあります。
これは「なかよし」の今月号にも書いてありますかね?

ちょこっと追記。
ハロプロエッグを採用したのは、この手のイベントに出演しやすいからでしょうね。
MilkyWayにも期待したんですけどね、おはガールがやっているようなトイザらス連動イベみたいなヤツを...ただ、こちらは、月島きらりと分離できなかったのが痛かったかな。

[][]ザ☆FYI(2009.03.03)

さらに(苦笑)。

ちゃおニュース

アニメに出演☆未海ちゃんのクラスメイト大募集!

4月号の「めちゃモテプロジェクト」は、アニメ最新情報がまんさい!! そして、未海ちゃんのクラスメイト役で、アニメに声優として出演してくれる女の子を大募集しているよ! ちゃお4月号をみて、ぜひ応募してね!!

ってのがあるようです。
合格者はどこの事務所行きなんでしょうかね?

*1:俺も松浦亜弥がモデル会社の社長になったら、「デビューするには女性社長と寝ないといけない」系の妄想は間違いなくすると思う。苦笑。

*2:HAPPY8期の最終を蹴った子は単にワガママでしょうね。そういう子はいらないな。

2009-03-02

[]須藤茉麻写真集「maasa」告知

スケジュール:写真集(Hello! Project)

須藤茉麻
『maasa』
2009.03.11(水)

¥2,800(税込)
(株)角川グループパブリッシング

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜む。

角川の写真集は毎年2〜3月にバタバタと出版されますよね。2007年は田中れいな℃-ute亀井絵里高橋愛安倍なつみ。2008年は菅谷梨沙子石川梨華嗣永桃子。多分に決算に向けてガツーンと売りまっせ!というノリだと思うんです。
でも今年は何もなかったところにいきなりのまーさ

一応、俺一推しじゃないですか。
嬉しいですよ。そりゃ。
でも、どう考えてもマニア向けだと思うんだけど。

それに、発売日まであと9日しかないのに、どの通販サイトにも情報が掲載されていない。
3月あたりの写真集はいつもこんな感じだよと言われれば、それまでなんだけど...

なので内容を勝手に予想してみた(笑)。

・女囚シリーズ
・女番長シリーズ
エロ将軍シリーズ
・尼寺シリーズ
・海女シリーズ
・団地妻シリーズ
・五月&小松みどり路線
・ラッコ組

うーん...これじゃあ東映ピンキーバイオレンス&日活ロマンなんちゃらだよ。
というか、熊井ちゃんや愛理ちゃんみたいな写真集期待しても良いのかなあ???
どう考えても「色情海女 ふんどし祭り」みたいなものしか頭に浮かばないんだよな。まあそれはそれで結果オーライだけどね。

[]近況系(2009.03.02)

週末はぎっくり腰で、イベントを棒にふりました。

-----

腰が痛いせいか眠りが浅く、変な夢をいくつか見たのだが、その中で、道重さゆみ出演「波乱万丈」VTRの夢をみた。幼い頃に両親を無くし、親戚に預けられたが、その親戚の目の前で自身も危うく交通事故に巻き込まれそうになるが九死に一生を得た...みたいな話。前半はネタみたいな話だけど、後半がちょっと怖い。気をつけてね。

-----

なのでamazonから届いたヤンヤン4号5号に目を通しましたが、萩原舞がやっぱり妹過ぎて困った。昔、一緒に風呂に入った顔だわ。俺は純粋にマイマイシンガーとしての魅力に惹かれただけなのに、この仕打ちはないよな...でも一推しはやめないつもりです。逆にね。

-----

読売新聞つんく♂さんのインタビューが掲載されたとのことで、読売新聞のサイトを安易に検索したら、こんなのが出てきたよ...

[]モーニング娘。(高橋愛亀井絵里道重さゆみ田中れいな)、竹内朱莉宮本佳林深谷愛/「おじぎでシェイプアップ!」告知

も含めた新規物件はこちら参照。
まだ追加されそうですよね。新人公演とか。
青封筒が着たらスキャンするかもしないかも。

んで、これ...

道重さゆみ(モーニング娘。
土岐田麗子
深谷愛

っすよ。

昔ひそかに推していた愛ちゃんと、俺の麗子たん(笑)。
プラスみんなのさゆみんだよね。
なんかもうハーレム気分だわ。

ただ悲しいかな腐れDDなもんで、行けて2公演かな...10日か11日有給とるか...

#さゆシェイプアップして欲しくないなあ。苦笑。

[]ハロプロ関連ブログ更新系(2009.03.02)

森咲樹

道重さゆみさんの
ソロパートの歌詞がスキで

実に良い子だ。

ハロプロの曲以外で
よく唄うのが

残酷な天使のテーゼ

デス(*-ω-)ノ

私のお決まりの曲なんですょ!!

私のキーにぴったりで
唄いやすいですし

曲もテンポが良く
ノリノリで唄えるので

大スキです(*^O^*)/

こっち来る?

[]同好の士としてのアイドル

斧屋さん

アイドル桜井聖良とそのオタクの女の子を同じ視野の中に捉える時、どちらも見られる対象としての強度は持ち合わせていることを感じる。オタクの女の子の方がアイドルをやっていますと主張すればそれはそれで成り立つような、一方ではアイドルの側の立場の脆弱性、また一方ではうまくすればオタクがアイドルになれてしまう現状を映し出している。アイドルになりたい人間がたくさんいて、その中で一握りが「ちゃんとした」アイドルになれて、他の多くの人間がオタクになる、というような印象。つまり、アイドルとオタクが対照的な関係にあるのではなくて、アイドルもオタクも同じベクトルを持つ人間の異なる表現に過ぎないのではないかということを感じる。

アイドル歌手のデビューそのものが困難であった1990年代、プロ予備軍そのものを売り出そうという動きがあり(1990年代前半)、それが俗に「プレアイドル」と称されるのですが、それだけのマーケットがあると分かると、それ専用にカスタマイズされたプロを売り出す手法が出始めます(1990年代後半頃)。でも実際やっている女の子たちはそれだけでは生計は立てられず、やがて自身もアイドルポップスが大好きな一握りの女の子と、それを支持するごくわずかな層だけの世界が出来あがる。

それが「地下アイドル」ですね(1990年代末期頃〜)。
ただその世代が高年齢化するとともに、新たな世代が台頭して現在の状況になっているのかなと。そこには娘。ブームとか萌えブームとかいろんな洗礼はうけつつも、ライト化したことが大きいかなと。

続きを読む

[]「CLUB QUE」終了

たなよーさんによると、シャ乱QファンクラブCLUB QUE」が終了する模様。

アーティストっぽく書くと発展的解消ってことでしょうか。

UFIの社長がUFAに移ってきてから、なんだろう...不採算部門の整理みたいな一般企業マターの冷たいニュースが続きますね。

あまり具体的に書くとアレだけど、ハロメンの動静にも数字が関わっていそうで、気持ち悪いんですよね。

データ主義も時には良いんですが、その奥に隠れているユーザー心理を読まないと経営者としてはダメダメかと。

[]ブックマークとブログ

エレンさん

エレンさんはワームホールみたいな役割をしていただけるので、本当に助かります。

私的には現場派(行動派)と書斎派(頭で考える人たち)で有益なツールが異なることが根本のような気がします。

あちらの人たちの土壌としては、もともと「記事と一行だけコメントだけのブログ」がやたらと多かったこともあり、ライトなコメントで済む記事については、より取り扱いの楽なブックマークに移行しただけかなと。

一方、こちらについては、そのようなものは有志による「ニュースサイト」で満足しています。なので「記事と簡単なコメントだけのブログ」はスパムとして嫌われ、むしろ、レポート力のある人が好まれる傾向がある。
それと...

はてなキーワードによるつながりを重視する傾向が今でも強いのであれば、どうしてもダイアリー中心になるんだろう。そういうふうにも考えられる。

友人同士で楽しんだり、ブログが縁でさらに輪が広がったりもする。これは私とエレンさんみたいな関係ですね(苦笑)。

この違いが大きいです。
要は自分のためのものか、人に役立つようにまで行き届いているのか?

あちら方面が問題視しやすいコンテンツについては、その内容以上に動きようのないコンテンツですね。この場合の多くはリンクと引用のみになります。
具体的な内容と反応は「結婚します→お幸せに」「病欠します→お大事に」「辞めます→いままでお疲れ様でした」といったものです。これは一般社会でもヲタ社会でも一緒です。

それを「ハロヲタ」というキーワードを付加することで、奇異な目で見せようとしても困ります(笑)。それこそ差別的な視点でしょうね。あるいは異なる宗派は奇異に見えるのか。そのどちらかでしょう。一般人にとってはどうでもいい話題です。

むしろ、その多さから、この人は愛されているんだということに気が付かないのは、かわいそうな人と言うしかありません。

[]ザ☆FYI(2009.03.02)

早くも夏の予定ですが...

アニサマ今年は8/22&23の2DAYS開催だ!(アニメイトTV)

 ドワンゴは、アニメソング界のトップアーティストが一堂に会する真夏のビッグ・イベント「Animelo Summer Live 2009 -RE:BRIDGE-」を、文化放送と共同主催で、2009年8月22日(土)・8月23日(日)の両日、さいたまスーパーアリーナにて開催すると発表した。チケットは全席指定で8,500円(税込・各日)。

今年も、今のところは関係ないのですが、追加出演告知の多いイベントですので、要注意ではあります。
制作や興行にアップフロント勢が絡まなければ、Buono!の出演はないでしょうし、条件はオリジナルのアニソンをリリースしていることですから、ハピスタ界隈はとりあえずは関係ないと思います。

ただ、それでも可能性がありそうなのは(平野綾さんの妹分的な扱いを受けそうな)小川真奈と、(アイドル声優オーディション合格者の)三澤紗千香ですかね。ただ、あくまでもニューカマーとして紹介されるコーナーがあればの話ですが...
(昨年は可憐Girl'sの出演あり。)

俺ですか?...今のところ行く予定はないです。新人公演等他の予定があるかもしれませんしね。ただ上記の状況になったらどうしようかな?...といったところです。

オフィシャルはこれ。
http://pc.animelo.jp/rebridge/

-----

キャラホビ2009 マーケット“イベント版権1次申請”〆切迫る!(とれたて!ほびーちゃんねる!)

8月29日(土)・30日(日)、幕張メッセ国際展示場での開催が決定した「キャラホビ2009」。本イベント内で8月30日(日)に開催される「キャラホビマーケット(アマチュア)」の“イベント版権1次申請〆切”が3月3日(火)10時までと迫っている!申請は「キャラホビ2009公式」ページからのみの受付となっているので、版権申請を考えている方は忘れずに、公式サイトより詳細を確認してみよう!

キャラホビ2009
●開催日時/2009年8月29・30日
●場所/幕張メッセ 国際展示場
●主催/C3×HOBBY キャラホビ2009 実行委員会

キャラホビ2009公式サイト/http://www.chara-hobby.com/
キャラホビ2009 マーケット/http://www.chara-hobby.com/market09/

なんか、こういうイベントの方がぁりそうで怖いね(苦笑)。
(「あ」が「ぁ」になっているのは気のせいです。)

-----

ちなみにワンフェスは「2009年7月26日(日曜日)10:00〜17:00」みたいです。こちらも怖い。ハロコンと重なりそうな日程ですが、音楽ガッタスは4月以降ハロプロではありませんので、バックダンサーのみの出演ならば、欠席の可能性もぁり得るからです。

セガのイベントといい、そろそろ難易度急上昇の予感ですな。

2009-03-01

[]道重さゆみ(その4)

続き

純正アイドルポップスで探すより、アイドル声優とか、そっち方面で探した方がいいかもしれないね。

とは書いたけど、先日のコラムでは...

そう、これだと、初期の道重さゆみマターになっちゃいますね。

そうそう、6期メンを最初に見た印象が「道重=増田未亜」っぽいなあ...だったな。これは安倍なつみに感じたときよりも遥かにそうだった。
ちなみに「亀井絵里山中すみか」「田中れいな宍戸留美」っぽい印象だった。往年アイドルファン的にはビジュアル変われど方向性は合ってる気はしますよね。性格的に。

やっぱ初志貫徹。
という訳で2曲ほど。

続きを読む



*タグ

参考:タグについて
info:ブログに関するお知らせ/diary:日記・雑談/column:コラム/furage:フラゲ/ranking:ランキング・チャート分析
anime:アニメーション/audition:オーディション関連/book:書籍・雑誌/cd:CD/comic:漫画/dvd:DVD等の映像媒体/event:イベント/fyi:ハロプロやNGP!以外の記事/game:ゲームソフト・遊技等/goods:グッズ類/live:コンサート・ディナーショー/mobile:携帯端末用コンテンツ/movie:映画/online:PC向け動画配信・音声配信・ブログ等/other:ハロプロに関するその他の話題(不祥事等含む)/radio:ラジオ/sports:スポーツ全般/theater:演劇・ミュージカル関連/tv:テレビ番組等

*月別表示
0001 | 02 |
0002 | 01 | 02 |
2004 | 12 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 12 |
2012 | 01 | 10 | 12 |
2013 | 04 | 05 | 06 |
2014 | 05 |
2015 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 07 |
旧サイトはこちら