「へのさん」の本でいっぷく

2008-12-01 みちくさ市後記

・今回のみちくさ市への参加は、不要本の放出。

 あふれだしていた本棚がずいぶんと片付いた。

都電鬼子母神の駅前という絶好のスペース。

 となりの研ぎ猫さんのお二人にはいろいろと

 気を使っていただいて、ありがたかった。

 いただいたやきとりのつくね、こりこりしておいしゅうございました。

・誰とは存じませんでしたが、とん汁の差し入れは

 うれしかった。だしがきいてうまかったなあ。

・出展者やお客さんに顔見知りが多い。でも皆さん

 二言三言はなししてさっと消えていった。

・秋も一箱にも出していたあり小屋さん。今度も

 なかなかいいラインナップの文庫でした。

・一部しか廻ることができなかったが、今回の買い物。

・研ぎ猫さんで梅柄の豆皿。

f:id:heno3ban:20081201205524j:image

・はなめがね本舗から田中小実昌「ほろよい味の旅」(毎日新聞社

・ドンベーブックスから和田誠「3人がいっぱい 2」(新潮文庫

 ちょうど「3人がいっぱい 1」を読んでいるので続刊が手に入るのは

 うれしい。それにしてもドンベーさんは不思議だ。草森紳一

 文庫本古本屋で見たことがないのにドンベーさんのところには

 いつもある。何冊持っているんだろう。

わめぞのスタッフのかたがたにもお世話になりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heno3ban/20081201