ねこまくら

1900 | 01 |
1999 | 12 |
2000 | 01 | 06 | 07 |
2002 | 01 | 08 | 10 |
2003 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 06 | 07 |
2015 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 03 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
1508025
削除予定キーワード|アニメ|小説|マンガ|映画|はてなグループ|bookグループ|枕猫亭 amazon affiliate avis magica cubiculum

2004-01-30 (金) 5th avenueの生チョコ

[]はてなダイアリーキーワード

キーワード作成ガイドライン固有名詞妥当性チェックによると、第三者言及可能性の無いものはキーワードに出来ないとされています。第三者言及可能性の無いものの代表例としてあげられているものから

「しなもん」ルール:特に私的な単語(個人の犬の名前など)はキーワードに出来ない

「粟田町」ルール:詳しすぎる単語はキーワードに出来ない

があるのでした。

はてなダイアリー - 指先の温度。

個人名(ハンドル等を含む)、個人サイトの自薦による登録の場合、自分の感じ方としてたしかに私有化のニオイに反発したくなる部分はあります。ただうまく線引きができないので、疑わしきは罰せずじゃないですが、削除に積極的にはなりづらいところです。でも1ヶ月とか期間を区切って言及日記を見てみるというのはわりと現実的な基準ですね。

他薦による登録の場合、誹謗中傷は論外としても、晒されること自体を好まない対象者(サイト)との調整をどうするかという問題が派生する可能性はあります。これは第三者の言及可能性の問題とはまたちょっと違った問題ですが。

「栗田町」ルールでは、波乱の姉妹宣言とか、アニメの一回ごとのサブタイトルが微妙な感じです。*1地下鉄とかの駅名が網羅的に登録されてるのもグレーだなあ。栗田町が誤爆されてるのもなんか皮肉だし。

しかし、曖昧な表現に対して一つ一つ具体的な線引き基準をつけていくと、ガイドラインがどんどん六法の逐条解説みたくなっていくし。

‥‥なんだかmittyさんとこをキーワードのもめごとポータルに利用してる気がして申し訳ないような。

[]BURN-UP SCRAMBLE

オープニングで、なんかシューティングゲームの前口上みたいな説明が流れて禿しく萎える。でもまあギャグだし、笑って見てられる分、万事に中途半端な光と水のダフネとかよりはマシかも。ってもう見ないと思うけれど。

ダフネも、一番最初の、カメが出てくる試験のシーンはよかったんだけれどもねえ。

*1:二話目の「胸騒ぎの連弾」の方のコメント欄に少し経緯が残ってますね

2004-01-29 (木) 社長が雪に埋まって一回休み

[]R.O.D

あれ、アニタのカバンについてるカエルのマスコット増えた?とか思ってたら最後につながっていました。学園モノでお別れネタは定番の一つだけれど、すっごい素直なアプローチで素直に泣けた。っつうか、あの男の子がいい役だった。と思いきや話は急展開、とずいぶんいろいろトリッキィというか凝った構成でした。

ジュニアの能力は壁抜け、ってことはもしかしてナンシーさんの子供?最初は、ジェントルマンが火の鳥みたいに生まれ変わって若返ったのかとか考えていた。どうも、小説版やOVAを見てないとわからないってことがない、むしろ知ってるとダマされるとか、そんな感じの仕掛けがあるような気がする。考え過ぎ?

[][]GUNSLINGER GIRL

ほぼ原作通りのこのアニメシリーズで、エピソードの順番だけは大きく入れ替わっている。原作では5番目のエピソードだった「エルザ・デ・シーカの死」は、大半のエピソードを消化した後に、しかもラウーロとエルザのオリジナルエピソードに続けて放送された。原作ではこれでまず義体少女の「仕組まれた悲恋」という側面が強調されて、それからクラエスやアンジェのエピソードで、意味や根拠を奪われてしまった感情、想いというもの自体へと話は向かっていく。対してアニメシリーズでは、偽りの記憶と条件付けから生まれた感情の意味という方向から入ってって、感情そのものの力へと話は向かっている。これだと歓びの歌もやりそうだな。

エヴァでも、最後のシ者のクライマックスでえんえんと流れてましたね。もともと、友情こそが唯一の真実だと断言しまくるロマン主義万歳の歌です。やっぱロマンティックな話なんだよ、ガンスリって。

2004-01-28 (水) すさんだ心にはカツ丼

[]マリア様がみてる 4 黄薔薇革命

濃厚だなあ。あからさまに性的な含みをふんだんに備えていて、抑制するような契機がどこにも、話の中にも読者ー視聴者の中にも存在しない。もちろんハダカだの下着だのという即物的な描写は一切存在しない。しかし、人間同士の関係は全てエロチックになりうるんだという確信があらゆるシーンに貫かれている。というより、それだけをうったえている。

とりあえず黄薔薇ファミリーの話ということで、黄薔薇さま紅薔薇さまの区別がつくようになりました。けっこうとっつき悪いロサフェティダ、マー姉ちゃん(R.O.D)入ってるロサフェティダアンプトゥン、かわいい顔してキツいロサフェティダアンプトゥンプティスール。

[]十兵衛ちゃん2

マリみての後でまったり萌え。殺陣が毎週必ず入るんですね。キビキビした演出が気持ちいいです。訥々と口上を述べる鮎之介と、激情をこらえる自由の緊迫した対峙、鮎とフリーシャのダイナミックな対決があって空中での再び緊張感あふれるやりとり、と動と静を組み合わせながら緊張感を持続させてて、毎週毎週見所がもりだくさん。

みかげさんって、なんか成恵の世界のバチスカーフみたい。

2004-01-27 (火) カルビ焼きも終わりだって

日本のスイッチ/毎日新聞

http://www.mainichi.co.jp/eye/switch/index.html

参加者は35,456人

竹島は日本の領土だ」と

思う77% 思わない22%

「思う」8割弱は思ったより多かった。「日本海は東海か」とか聞いたら、もっと偏ったと思うけれども。なぜか学芸部のコメントはなく、韓国の切手発行に川口外相が抗議したという解説だけ。毎日新聞的には、「思わない」が半分くらいまでいくのを期待したんだろうか。

[]攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

次週に引いてる。録画をやめると、面白くなる罠。

2004-01-25 (日) 平和な一日は洗濯から

[]マリア様がみてる ISBN4-08-614459-X

少女マンガの王道だなあ。なんだかんだ言って、渦不足なくアニメ化されてると思いました。花寺高校の王子様はアニメだと実はヤな奴という感じですが、小説ではバカです。ホモだという設定はやめたのかな。後につながってないんならいいけれども。

描写が軽いんだけど、祥子さまの権高な色気が魅力的に描かれてよかったっす。

今週のキター

(゜Д゜)ハァ? プロフィールがCSULAからUCLAに再訂正 (゜Д゜)ハァ?

古賀潤一郎衆議院議員の経歴について 

説明を二転三転させていかがわしい雰囲気だけを濃くしていくというのは政治家としていかがなものかと。それに輪をかける民主党のイタさは、去年の社民党に通じるものがあるような。民主党ってなんでこうオウンゴールが好きかな。

[]明日のナージャ

なんかニセ細田守みたいな演出でした。屋敷の中とか庭園とか、背景はキレイだった。母親に会いにナージャが窓から飛び込んでくるところは面白かったけれどね。でも窓からロープをたらした段階で、地面に届くには全然足りてないのは見りゃわかるだろうに、そのまま降りるなよ。

そういえば昔は東映動画といえば作画がくずれると顔が丸くなるものだったが、最近はアゴがとがるのか。

2004-01-24 (土) しょっぱいチョコがこんなにおいしいなんて

[]プラネテス

あらゆるキャラのエピソードを同時並行で動かして最後にまとめる、お得意のパターン。細かい職人芸はいつもすごいんだけれど、だんだん見てて冷めてくのは、アニメ版プラネテスのキャラにだに馴染めないからかなあ。特に今回みたいに、宇宙のからまない人間関係のドラマだとちょっとつらい。

[]

なるちゃんと亜美ちゃんがケンカして仲良くなる話。

そういえばアニメのセーラームーンが全盛だった頃、同人のせらむん本も山のように出たけれど、女性作者のものでは5人の友情ものとかプリンセスに捧げるセーラー戦士の想いといったテーマが多かったように思う。そのへんはマリみてにつながってってるのかなあ。

2004-01-22 (木) アライグマを洗う

Google八分

株式会社ウェディング 22:18

http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/topic/wedding.html

このキーワードが削除されるかどうか、というのも定点観測していると面白いかもしれない。

はてなダイアリー - note of vermilion

早速内容編集されてます。

リスク指標

例えばタバコをリスク指標にしてみるということを考えた。健康への害を示すのにがタバコより大きい、タバコより少ない、で考えるということ。又は、「それは1日50本の喫煙習慣に相当するリスクだ」とかの例えを使ってみるとか。

2004-01-21 (水) おいしいけど辛い、辛いけどおいしい

[]攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

青年とアンドロイドの恋。古い映画の逢瀬のシーンをなぞっているようにみせて、最後にアンドロイドに生じたのかもしれないゴーストを暗示して終わる。これが攻殻?またえらく古いセンス!技術の進歩が人間のあり方、感情や自我とどう関わりをもっていくのかという点で、一方でGUNSLINGER GIRLを放送してるという時代に、いまさらこれはなかろう。なんかすごい評判いいって聞いてたのに。タチコマがかわいけりゃいいってもんじゃなかろう。

[]マリア様がみてる 3 月とロザリオ

これはエロい。会話と雰囲気の演出で引き込むのはたいしたものです。

文化祭の本番はばっさりカットして一気に後夜祭の場面になっちゃうのね。大胆だなあ。余分な枝葉を一切捨てて裕巳と祥子さまのふれあいだけをたっぷり見せる。迷いがなくてよいと思います。これで1巻分終わりかな。原作も読もうっと。でもアニメ見てから原作読んだ方が楽しみが大きいような気がするので、2巻以降はしばらくおあずけ。

[]十兵衛ちゃん2

ああ、こっちもなんか抱き合ってるし。ぷにぷに。

テンポがいいし、キメのポーズもかっこいい。夢中で見てしまいます。でもやっぱりよくわからん。あの眼帯の主みたいなちびっこいのは何者なんだ。

2004-01-18 (日) きのうは雪でした

[]

セーラームーンの秘密についてついうっかりで口をすべらせるうさぎ。しらじらしくスルーする二人。あの、わたしはどこに連れてかれるんでしょう?

[]GUNSLINGER GIRL

http://imaki.hp.infoseek.co.jp/200401.html

訪問者がいっぱい。こちら(http://d.hatena.ne.jp/kaien/20040114と二つ並べてリンクされている意味はよくわかりませんけれども。海燕氏の議論には、同意できる部分よりも同意しづらい部分の方が多いのですけれども。

ガンスリ論関連のリンクが整理されていたのでいろいろ辿ってみたけれど、一番同意できたのはここ。

http://www1.odn.ne.jp/~aae04190/column/moe1.htm

わたしが前に書いた考えのとこはトピックにしてリンクするようにしてみました。

http://www.globetown.net/~maxi/shuukannshohyou7.htm

議論の中心は海燕氏のこの書評らしい。しかし、そもそもジョゼが主人公なのか?主人公なら、1巻最後の第5話と2巻10話までの間に、スペイン広場の話ではなくもっと葛藤を示すようなエピソードがあってもいいように思う。この物語に「非倫理的な組織の中で最善を模索する男たちの生き方」を読み取ろうとするよりは、「恋愛シミュレーションのエピソードに一喜一憂する(させられる)ギャルゲーユーザーへの皮肉」を見る方がまだ違和感は少ないだろう。私には、入れ込んだ担当官が義体少女をかばって公社と戦ったり、二人で逃げ出したりするとは到底思えない。逃げるなら一人で逃げ出すだろう。たとえば、ヘンリエッタの「愛情」が重荷になったジョゼが、とか。

これは義体少女たちのための物語だから、少女たちは流星雨の下でベートーベンの歓びの歌を歌うこともできるわけだけれども、担当官には多分そんな救いは用意されていない。これはまだ原作も途中までなのでわからないのだけれども。

義体少女にとって大切なことは、生きているということであり、生きている事を実感できるということである。彼女たちが失ったものはなによりも自我の連続性だ。条件付けをされ、記憶を失い、植え付けられた感情を制御しきれずに振り回される。自我が記憶によって綴られた物語であるなら、記憶が失われ書き換えられるたびに自我は不安定になっていくはずだ。しかし、彼女たちは世界の中にしっかりと組み込まれている。これは多分、世界との関係を喪失した自我が逆に世界全体を覆い尽くそうとするいわゆるセカイ系の物語の逆、裏側なんだと思う。自意識をはねとばしてしまった、後に残ったセカイの物語。

(追記)

ご配慮ありがとうございました。該当しなくなった記述部分を削除しました。

2004-01-15 (木) アニメの感想をいっぱい

[]マリア様がみてる 2胸騒ぎの連弾

学内のウワサの的になって居心地の悪い裕巳。意地悪でもされるのかと思ったけれど、お嬢様学校の人の良さというか、まったりしてます。ダンスで足がもつれるとことか、動画メンドくさそうだけれど、ご苦労様。

祥子さまの、意外にネコかぶってそうなというか、衣の下からチラチラと見え隠れする鎧がいい感じ。

名門女学院モノだと、先生といえば厳格なオールドミスとかよくあるパターンだけれど、これはまたなんか気さくなねーちゃんだなあ。なんか全体に、ハイソな雰囲気の小道具を使いつつ実は気さくということなのかなあ。

[]十兵衛ちゃん2

キャラ原案はむっちりむうにいか。ロシア人の女の子とシベリア柳生の関係が今イチよくわかりません。まあ細かいことわからなくても萌えだけで見てけるから構わないんですが。みんなで自転車こぐEDもいいなあ。

[]R.O.D

前半はねねね、後半は三姉妹の泣かせの回でした。結局まだ読子がいなくなってねねねが書けなくなるあたりの話ってどこでも語られてないのね。そのへんがわかりにくい分、ねねねの悩みというか苦しさが今イチ伝わってきてないんで感動も中くらいかなおらが春。後半は、すごいオーソドックスなクリスマスストーリー。マギーとミシェールが初めて会った寒々とした部屋、閉鎖された教会との対比で、四人でこたつを囲む部屋の暖かさが沁み入ります。物語の定型が持つ力というんでしょうか、最後にちょっとジンとなって終わる。これクリスマスに放映できなかったのは悔しかっただろうなあ。

出版社のパーティーからの帰り道のシーンで雪の降らせ方がすごいキレイでした。そういえば第一話でも雨の降り方が印象的だったなあ。

[]GUNSLINGER GIRL

エルザの話。これってアニメのオリジナル?こっから原作第4話に続くんだよね。原作の最後にでてくるラウーロの写真が、あのルームミラーに目元だけ映り込んでるやつなんだ。いや、フィルムの(デジカメじゃないんだねえ)余りで撮った、偶然顔のほんの一部が映ってただけの写真をわざわざ写真立てに飾ってるところで、エルザとラウーロの関係を示すとこなんかうまいねえ。で、原作の最後にまたこの写真が出てくることを思うと、なんかそれだけで泣けそう。

嫌いな人間を敢えて避けることはしないトリエラとラウーロ。トリエラはそれで義体少女たちのお姉さん役になってるし、ジョゼを誘い出して理解し合おうとするラウーロも同僚とのチームワークを考えてるむしろ普通の大人として描かれている。まあ義体少女にへんに思い入れしたくないって防御的になるのはフツーだよねえ。でもちょっとこの対比は意味がわかりにくいです。

空っぽの暗い部屋の中で、一枚の写真を前にライフル磨いてるエルザがイタい。ヘンリエッタに愛情が足りない、と説教するし。ヘンリエッタはといえば、トリエラが義体の性格がどうなるかは「条件付けと担当官次第」と言ったのを、前半省略して「担当官しだい…」と納得してるし。こちらの描写は鮮やかでした。

しかし、ガンスリ世界って、義体を運用する技術だけは進んでるけど、他はなんか古かったり、アンバランスな感じです。寮生活とか、レトロっぽい雰囲気でまとめたいってのはあるんだろうけど。カメラがフィルム式なのは伏線に使いたかっただけかと思われても仕方ないし。今週はケータイ使ってたな。前にどっかでもっと無骨な無線機出てなかったっけ。どうもそのへんの設定がつめきれてないような。

2004-01-14 (水) 牛丼の食べ納め

[]反応してみる

ガンスリに関しては、なんとも言えないよね。さも小難しい理屈にもとづいて設計されているかのような分析があるみたいだけど、買いかぶりすぎ、そんな高尚なわけない。

にわか評論家気取りな人には、どうしてガンスリが、書かれるようになったか、経緯は知っているのかと、伊藤まさや知ってるか?仁木ひろしは知ってるか?高速弾で脳を撃てとか読んだ事あるのか?とか、ポップチェイサーは見た事あるのかと、聞いてみたいよね。

単純に、美少女と銃器好き、なだけ、その延長から生まれたのがガンガルだと。戦闘美少女の精神分析でも読んでこいと(読んだからこそ半可通にわかった気になってるのかも知れないけど)とか思ったり。

はてなダイアリー - アニメたれ感日記

ジャンルだとか定型だとか、さらに作者の意図でさえも超えたなにかを孕んでしまうことがあるからこそ、面白いのではないだろうか。ガンスリに関するネットの言説って、モラルで斬っていいの悪いのばかりで辟易してあまり読まなくなったので、なにに対しての批判なのか実はよくわからなかったりする部分もあるのですけれども。

義体少女の担当官に対する愛情は洗脳で植えつけられたニセモノである、その通り!だが、そのことに自覚的なトリエラにとっても、なにが自分の真の感情なのかはわからない。真のトリエラはどこにいるのか。ヒルシャーとの関係に悩む現在か、消えてしまった過去の中か。トリエラ自身にすらわからない自身の幸福について、外から決めてかかるのは、傲慢というものではないのか。

こうしたことを作者が考えてるかどうかは知りません。まだ話の途中ですし。ただ少なくともそこから逃げることなく、むしろ突き詰めるように話がすすんでいくかぎり、いろいろと読み込んでいくことはそれほどズレたことでもないと思います。

ポップチェイサーって、くりいむれもんですか?

マリみてが始まっちゃうから、とりあえずここまで。

日本のスイッチ/毎日新聞

http://www.mainichi.co.jp/eye/switch/index.html

携帯用のサイトで毎週八問づつ簡単なアンケートをして、その結果を翌週に公開している。先週の参加者は33,998人。

  1. 小泉首相の靖国参拝について、中韓の非難は 理解できる41%/過剰な反応58%

情報ソースの無自覚な選択によって、一つの立場からの見方ばかりを集めてしまうということはカンタンなんだけれども、「一体みんな他の人はどう考えてるんだ」というようなことはなかなかよくわからない。特に朝鮮半島がらみだと、マスコミもネットも偏った意見ばかり多くて実際のところよくわからない。この日本のスイッチだと、そのあたりの質問には半々という結果が多いので、ちょっと新鮮。毎日新聞の中の人は58%の反発を意外な多さだとか言ってるけれど、そんなこたないだろ。

[]攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX

かっちょええ〜、とか思いながら見てたけれど、なんか見せ場もないままに終わってしまった。開発者が死んでメカが暴走ってパトレイバー劇場版か、とか思ったけれど、まさか人情モノだったとは。機械の体に脳ミソをつなぐってのは30年前のセンスだよなあ。サイボーグ009とか。攻殻だったらゴーストでは。ニューロン同士のシナプス結合によるネットワークとして蓄えられた膨大な記憶データがゴーストなんだ、とか敢えて深読みしようとすればできなくもないけれど……士郎正宗って、こういうワキの甘い話で怒らなかったのかなあ。なんか怒りそうな人の気がしたんだけれど。

剣菱重工の戦車がなんか大友克洋のゴンクみたいだとか、そういや三菱をもじって剣菱ってのも有閑倶楽部からいただいてないか、とかいろいろツッコミたくなるアニメでした。

[]巷説百物語 帷子

アニメで見るとまた一段とグロ。ピーター・グリーナウェイかいっ!!

この美術というか、色彩設計は浮世絵版画をイメージしてるのかなあ。

2004-01-12 (月) 愛情なんて、(中略)摩擦熱みたいなものです

[]ちょっと待って、神様

大島弓子「秋日子かく語りき」原作のNHKドラマ。原作から大島弓子っぽさを抜いて対象を広げて再構成した感じだけど、原作からはなれてドラマとして面白い。ベンジャミンのエピソードがあって、約束の1週間が過ぎて、え、まだ続くの?っていうか20回放送のうちまだ5回目だし。

2004-01-11 (日) 正月休みの延長でだらだらと

[]プラネテス

ロマコメ化進行中。改めて見ると、原作に比べてアニメのタナベってフツーだなあ。ユーリの話もけっこう軽く流されちゃった感じ。原作の突出した部分を丸めてパッケージ化して、ドラマとしての完成度は高くなるんだけど、ゆさぶられるような情念が微温化してちょっと欲求不満。

[]巷説百物語 2柳女

柳がゾワゾワー!月明かりにうかぶ柳の描写に命かけてますね。

[]明日のナージャ

残すところあと2回ということで、まとめにかかってます。ナージャはまた檻の中だし。よくつかまる娘だ。来週はまた龍虎対決のもよう。

しかし、最後の間違い探しってなんだ。下から2段目左の方にひとつ表情の違うナージャがいましたが。なんか投げてないか?

[]

クンツァイトの悪役っぷりに萌え。それがうさぎのアクビひとつでガラガラと崩されて唖然とするとこまで含めて窪塚明の熱演がたっぷり。てんぱって一人で走り回る亜美ちゃんも素敵でした。お正月サービスもあってシリーズ中でも屈指の回だった気がする。

[]新撰組

そんなに三谷さんっぽくはなかった。大河ドラマを見るのはほんっとに久しぶりで、なんかすごい懐かしかった。

佐久間象山というとみなもと太郎の絵が浮かんできてしまうので、石坂浩二にはちょっと違和感が……

2004-01-08 (木) めちゃめちゃ寒い

[]マリみて

とりあえずいろいろ調べたのでメモ。ロサファティダ、とかラテン語っぽいと思ったら、オールドローズの品種名でした。なるほど、OP,EDのバックのバラがそれか。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~ros/ros/r_qz/r_gigantea.htm

Rosa gigantea

アイボリー、一重咲き

早春に咲く白薔薇

http://www5d.biglobe.ne.jp/~ros/ros/r_qz/r_foetida.htm

Rosa foetida

春咲きの黄薔薇、神代植物公園にあったものは枯れてしまったらしい。リンク先によると、foetidaはラテン語で悪臭のあるという意味だとか。大丈夫なのか、そんな名前でも。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~ros/ros/r_qz/r_chinensis.htm

Rosa chinensis

赤紫に近い紅色、四季咲き。

chinensisの意味は書いてなかったけれど、chineseなんだと思う。中国原産だし。

アンブゥトンは多分フランス語だけど、スペルがわからないな。つぼみだとbourgeonらしいけど、これは違うっぽいし。咲きかけのとか、なんかそんな感じのフランス語なのではないか。

とりあえず英仏辞書

http://w3.granddictionnaire.com/btml/fra/r_motclef/index1024_1.asp

とにかく誰が誰やらわからないので繰り返し見る。なにげに話作りのセンスあるよなあ。なんかよくわかんなくても、面白いもん。

2004-01-07 (水) 新春早々……

[]マリア様がみてる 1波乱の姉妹宣言!

いきなり専門用語の羅列で、初見ではなかなかわかりにくい。トーマの心臓を思い出してしまいましたが、話の流れはむしろ美女姫だなあ。すごい直球勝負で意外と好きかもしれない。原作は全く知らないけれど、ネットの感想を散見すると原作ファンの感触は悪くないみたい。

作画はキレイだと思ったけど、髪の揺れ方がみんな同じなのが気になった。髪の揺れ方ひとつで萌えさせたるくらいの気概があってもいいんではないか。そういうアニメでしょ。

[]十兵衛ちゃん2〜シベリア柳生の逆襲〜

流れで見てしまいました。懐かしい絵柄、懐かしいマンガ記号、これは好みかも。そうか、監督は大地丙太郎なんだ。なんか吉崎観音みたいな絵だなあと思いつつ、クレジットを見落としたのでキーワードに期待して見に行ったらなんも書いてなかった。

2004-01-06 (火) この手をずっと離さないまま、大人になっていけたらいいのに

[]TOPIX

先行スパン1,034を上に抜けて、久々に抵抗帯を超えた。11月19日の安値953からの.618戻しが1,053。12月10日の押し目976の倍返しも1,049だからこれも達成かな。N目標の1,099っつうと、10月高値が1,114だから、次は全値戻しか。年末がストキャスのピークで、下げてきちゃったからまあ一息つきたいとこだけれど。1月いっぱいは先行スパンが1,034だし、窓埋めが1,043だし、そのへんかなあ。

例によって、これはなにも保証しない、なにも勧めていない、ただの感想文。

眠いから寝る

明治のフランでショコラバナーヌが好き。期間限定らしいが。

2004-01-05 (月) 便所が詰まった

トド肉カレーを食う

トド肉は、なんかシャケ缶のような味。というか、辛くてあまり味がよくわからん。これはつまり、辛さでごまかさないと食えないような肉ということなんだろうか。

[]はてな市民権とか

はてなダイアリー市民にのみ与えられる権限が定義されたので、市民権の剥奪という処分が可能になりました。1月1日の改訂はこの伏線だったのね。他にも登録時の100ポイントプレゼントが廃止されたりとか、いわし掲示板の変更とか一気に動きました。便乗犯を避ける、騒動を局所化させるという感じなのかなあ。なんかはてな近藤氏の策士的側面を垣間見たような気も。それでも、hatenadiary名義のアクションが管理人としてでもあり1ユーザとしてでもあるというのはずるっこだと思うけれども。

それはそれとして、あんまりガイドラインばっかりできちゃうのもうざったいし、ドンドン初心者に敷居の高いはてなになってく気もするけれども、はてなダイアリークラブのガイドラインとかも必要なんだろうか。

同意なしに他人のidを参加者として書き込むのは非推奨とか。同様な趣旨のクラブキーワードが重複したら、できるだけ作成者および参加者間の対話で共存なり統一なりをきめましょうとか。まあ普通だったら参加者の数で評議会の票は読めるんで、評議会立てるまではいかないだろうし、混乱を避けるために統一を推奨とすると、実際は参加者が多い方に統一しなってことになるわけだけれども。共存の場合は、相互リンクさせるのかなあ。

2004-01-04 (日) けっこうあったかいと思う

[]古畑任三郎スペシャル

ゲストの犯人役は松本幸四郎。殺人の後始末は自分でやらないといけないから、エライ人ほど間の抜けたことをする。放送時間がたっぷりある分往生際悪くじたばたと抵抗するのがナイスでした。いつのまにか仕切ってる八嶋智人が「後は古畑、好きにやってみろ!」とか言うところが好き。

海外編ということで、今泉君以下のレギュラーメンバーは深夜枠のショートコントだけの出演。どうでもいいけど、飛行機のツリ線が見えてるのはわざと?

http://d.hatena.ne.jp/asterc/20040103#p2

そういえば津川雅彦って、ログハウスで自殺しようとした小説家の役で前に出演してたんだ。なるほど、そういうつながりが。最後のシーンとか名演だったと思います。

やっぱりキーワードは見た番組の感想をすぐに読みにいけるというのが一番のメリットだなあ。

[]BPSバトルプログラマーシラセ

第一部終了。うー、なんか話は全然終わってない気がするけれど。いわゆるひとつの大人の事情ってやつ?きわめて特殊な方法でPCモニタ上で御覧のみなさんって……最後にスネてる美沙緒ちゃんがかわいかった。

しかし口の脇とかのカゲの付け方とか表情が妙にやらしくって見るたびに気になっていました。

[]明日のナージャ

一途なメリーアンがなにげにもうけ役かも。

[]ぼくんち

西原理恵子のマンガの映画化。なんか失敗した前衛映画みたいな。観月ありさがトラックの荷台にとびのってタンカ切るとこだけが見所みたいな。でも後から思い出すのはクジャクの踊りの幻想シーン。原作に忠実につったってハンパにしかできないんだから、どうせなら主人公の兄弟の設定年齢をもっと上げて(一太が16か17くらい、二太が13とか)話も全部書き換えちゃうくらい思い切った方がよかったんではないだろうか。

[]WATARIDORI

フランス映画。とにかく渡り鳥を撮りまくる。たまにフランス語のナレーションがはいるくらいで解説とかもない、ドキュメンタリーというよりは環境映像か。とにかく飛んでる鳥をアップで追いかけていく映像が快感。あれってCG、じゃないよね?どうやって撮ったんだろうというような絵がけっこうあった。モンタージュや音楽で意味付けされてるようなシーンもあるけれど、後に引かずにさっさと次にうつる、というか次から次からすごい映像が途切れないんだわ。

[]THEビッグ・オー

カートゥーンネットワークで一挙放送とかやってる。OPテーマがQueenみたいだ。たしかにいろんなオマージュの組み合わせみたいだ。でも背広でロボットに乗るのは珍しい。

2004-01-02 (金) えびを焼いてみる

herecy82004-01-02

[]

なんだか知らないけれどいいワインだというのをお友達価格で譲ってもらったので写真をとっておく。

[]スリーピー・ホロウ

よくわからないのは、酔っぱらって見たせいばかりではないような。ホラーかと思ったら、カー(キャリッジ?)チェイスとか幽霊相手のアクションで盛り上がる映画でした。

もしかしたらタルコフスキーのパロディとかだったのかもしれない。

[]重複キーワード関連

また、管理側の判断が、ユーザー間で解決すべきで管理側的には、当人の処分はともかく少なくともあのキーワードについては中立ということなら、評議会をたてるのがすじでしょう。それなら、決定に基づき強制削除が行われるわけです。

はてなダイアリー - note of vermilion

強制削除ではなくid:hatenadiaryでの削除カテゴリ移動という行為の意味がそういうことであるならば、評議会に賛成です。ただ、前回ボインのときはhatenadiary名義で評議会提案がされてたし、管理側の対応がいろいろ変わると、解釈の余地がふえて、困ってしまいます。キーワードの存続について管理側が中立だという意味なら、ボインと同様の対応にしてほしかった。そうではないというならば、事態の収拾に向けて管理側のメッセージがほしいところです。

mutronix 『「はてなダイアリー」内では、「あ〜んを好きな名詞で埋める」もキーワードとして認められているというのは覆しようがないのではないですか。▼もちろん、そのことに対して、YasudaSさんが「低脳」その他どのような感想を持たれてもそれは自由だと思います▼ただしそれを表明するのが自由かどうかは知りません。▼YasudaSさんが「あ〜んを好きな映画で埋めるクラブ」のほうを、より日本語としてまともだと、考えられるのは、これは自由だと思います。クラブに関して、承認などの仕組みがない現在、同趣旨のキーワードが並立することに対しては、わたしは問題は感じません(この点ご検討ください>id:hatenadiary)』

# mutronix 『しかしながら、このキーワードと旧キーワードは現時点では等価だと思いますので、私は、旧キーワードを削除する必然性を感じません。削除したいのであれば、旧キーワードを利用している全員にアナウンスを行い、移行に関して同意を取ったほうがよろしいかと思います。▼それから、もし、旧キーワードより、このキーワードのほうにYasudaSさんが有用性を感じられるのであれば(日本語として名詞である、以外の理由で。旧キーワードも固有名詞的に扱うという見解は提示されていますので、その点に関しては議論は不要です)、その理由を示していただければありがたいです。』

503 Service Unavailable

「あ〜ん」を好きな映画で埋めるクラブコメント欄より

http://d.hatena.ne.jp/keywordlog?klid=121520

このへんとか

http://d.hatena.ne.jp/keywordlog?klid=121567

比べてみたり

# YasudaS 『入れているのではなくて、復帰しているだけですよ。改ざんの上に削除予定キーワードに入れている気違い、たとえば、tea_cup やcc2やratora、yhlee、wastepaper,hatenadiaryといって低能が消そうとするから、復帰させるわけですよ。まずは、この気違いちゃんたちに自粛を呼びかけるとよろしい。』

はてなダイアリー - 「あ〜ん」を好きな曲で埋めるクラブ

コメントを見ていると、キーワード説明から自分のidを消した人についてもわざわざ書き戻しているようです。そもそも他人の同意を得るという発想がないのだと思う。

  • 追記

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20040102#1073032890

hatenadiary名義の削除カテゴリ移動はあくまで1ユーザーとしてのものだそうです。さすがにこれはわかりにくいでしょう。これだとはてなダイアリー日記上の記載も1ユーザーとしての意見にすぎないという解釈にもなりうるわけだし。1ユーザーとしてであればid:jkondoのアカウントもあるわけだし、このへんは明確にしてほしいと思った。>はてなダイアリーへの要望

まあとにかく評議会だな。

「あけましておめでとうございます」

削除予定キーワードが注目度2位になっている。まあ、1週間して消える頃は松もあけてるし、これはこれでスマートかもとか思った。

jounojouno 2004/01/02 17:45 見解いただきました。削除予定への移動はユーザーに準じるものとしての意見表明ということのようです。

herecy8herecy8 2004/01/02 17:55 了解しました。

2004-01-01 (木) あけましておめでとうございます

料理日記お雑煮

お鍋に水を入れて火にかける。量はまあ300ccか400ccくらい。いりこだしが好きなので、いりこだしの素をふりかける。まあ控えめに。

しいたけとタケノコを適当に切って入れる。生しいたけは3つか4つくらい、水洗いして石突きおとしてスライス。タケノコは水煮のパックを半分だとちょっと多いかな。食べやすい形に切ってください。

醤油を、これも控えめに入れて少し煮とく。どのくらい?まあその間にいろいろ作業してれば過ぎるくらいって、全然説明になってない。

トリ肉をいれる。いつもだと雑煮用の鶏肉を使うんだけど、買いにいったときには売り切れてたんで50円引きのモモ肉を使う。一口大に切り分けて入れる。沸騰してたら、それは火が強いんだよ。少し弱めにしてください。

モチが焼けたら鍋にいれる。少し固くても、どうせ煮るから気にしない。ときどき箸でつついて、モチがぐんにゃりしたら、まあ出来上がり。

[]キーワード重複関連

結局、管理側が直接介入するかどうか、というのは管理側の裁量権になるわけです。明文化されている規約に違反していると管理側が判断したときに、介入が行なわれるわけですが、境界領域においては、介入するかしないかという判断は、管理側に裁量権があるのではないでしょうか。また管理側に泣きつくことを規制するというのも難しいでしょう。