ねこまくら

1900 | 01 |
1999 | 12 |
2000 | 01 | 06 | 07 |
2002 | 01 | 08 | 10 |
2003 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 06 | 07 |
2015 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 03 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1480537
削除予定キーワード|アニメ|小説|マンガ|映画|はてなグループ|bookグループ|枕猫亭 amazon affiliate avis magica cubiculum

2005-03-31 (木) お魚屋さんが閉店

[]巌窟王 #24 渚にて

先週の余韻を漂わせつつ、話は5年後にとぶ。ドプレーら友人たちのその後を順繰りに追い、Aパート最後にパリへ戻る途中のアルベールが登場する。王道な演出。

Bパートはフランツの墓参りに来たアルベールがユージェニと再会する話と、昔のモルセール邸に別れを告げに来たアルベールが、偶然エドモンからメルセデスにあてたラブレターを見つける話が、カットバックで交互に語られる。

油断してたとこへの不意打ちでいきなり泣いてしまいましたが、全てが始まったその時よりもさらに昔、幸福を疑わなかったエドモンからの手紙は、この言葉で結ばれていました。「待て、しかして希望せよ」伯爵がアルベールにその言葉を告げたとき、待っていた運命は復讐の成就であり死よりも恐ろしい絶望である筈でした。しかし、かつて同じ言葉が同じ口から、喜びと祝福の言葉として告げられたのです。

教会から流れるピアノに思わず走り出すアルベール。再会の場面は直接には描かれず、あるほどの薔薇投げ入れよとばかりに画面を埋めていくバラの花束が象徴的に描かれます。そこでもう一度カットバックがあって、モルセール邸を封印してパリの街へ独り歩き出すアルベールのシーンとなってFin。終わり方をこうしたかったんで、Bパートは二つのエピソードを並行に進めたんですね。

覆された幸福という過去に囚われていた人たちが解放される話、と要約しちゃうとファンタジックチルドレンとかぶるなあ。でも、斬新な表現と手堅い演出でたっぷり楽しみました。

ドプレーがボーシャンと話してた建物の壁画がなんか社会主義絵画みたいだった。エロイーズは出てこなかったけどどうしてるんだろう。伯爵の家令だった顔色の悪いタコみたいな人が無事だったから、エロイーズたちも逃げられたんだと思うんだけれど。ダングラールの奥さんとかはなんの音沙汰もないな。

アルベールが屋敷の引き渡しの書類にサインしてた名前は少なくともアルベール・モルセールでもモンデゴでもなかったな。

[]舞-HiME #26 Shining☆days

うわあ、ギャグで落とすとは。あくまでOPを変えなかった意味がわかりましたよ。

これも一種のちゃぶ台返しだよなあ……'`,、 ( ´∀`) '`,、

2005-03-30 (水) 会社帰りの海老天丼

[]BSアニメ夜話 新造人間キャシャーン

ゲスト:飯田史雄(元タツノコプロ アニメーター漫画家) 井上伸一郎(アニメ雑誌発行人) 大槻ケンヂ(ミュージシャン) 北久保弘之(アニメ監督)

タツノコ談義でまったり。大槻ケンヂが主題歌うたうし、飯田史雄はその場で絵をかくし、なんだかずいぶん前2回とは雰囲気が違った。こういうのもいいよね。

70年代のあの頃ってなんか暗い話が多くて、それがヤでド根性ガエルとか見てたんであんまりキャシャーンには思い入れないんです。ガッチャマンとかタイムボカンとかは敢えて外したのかなあ。

[]月詠 -MOON PHASE-  #25 おにいさま、最終回だそうですよ♥ずっと私のシモベでいてくださいね♥♥♥

いきなりエンドロールから始まる。そして「完」って……あと30分NG特集とかだったらどうしようかと思いました。オムライスとミルク、オレンジゼリーで5千円って高くないか?番組最後の提供画面だと1,500円?とも見えるけれども。

とりあえず葉月と耕平のラブラブモードでまったりエピローグ。巫女姉妹からヒロミ姉さんから全員登場で、最後にロリピンクのアルトも加わる。本編中でのアルトの役割ってなんか中途半端だったんだけど、最後に葉月が自分の居場所を作るために必要だったんだねえ。葉月が「自分のせいで周り中を巻き込んだ」と悩み、ひきずってる「吸血鬼の宿業」に負い目を感じて城に戻っていったのが、自分が仲間として(家族として)受入れられていることを感じ、信じて落ち着いて、さらにアルトを家族として受入れる側に立つことで宿業を乗り越えていくことを暗示する。

屋根の上での二人のシーンはメチャメチャエロかったです。

最後は回り舞台でぐるりと転換すると次は歌のコーナー、って本気でドリフだったんだねえ。

21世紀のラブコメの水準を示した作品でした、

今週はアニメ夜話入って、感想ずれこみまくり。含む日記とか、マンガ夜話とかより多くないか。読んでも読んでも終わんないんですが。

へぇ〜、飯田さんってSUEZENだったんだ。クレしんの回がハサミ入れまくられたって岡田さんとこの日記にあるけど、じゃあ現場での元々の議論がどうだったのかすげえ気になるんですけど。

2005-03-29 (火) お魚屋さんではおまけがいっぱい

[]BSアニメ夜話 映画クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲

ゲスト:藤原啓治(野原ひろし役 声優) 唐沢俊一(評論家) 国生さゆり(女優) 立川志らく(落語家)

唐沢俊一大いに語る。とにかく喋りっぱなしでした。たしかにホントに完成度の高い映画です。ヒロシの内面のドラマについては岡田斗司夫が力説してましたが、敵役のケンをはじめキャラクターが崩れない、一貫してちゃんとそれぞれのドラマを生きてる。積み上げた過去の上に現在があり未来があるんだというテーマが揺るがない。で、畳み掛けるアクションシーンが見事。それはそうなんですが、同じことを夏目さんが言ってたら成る程ウンウンと頷いても、なんか唐沢俊一に言われるとついウゼエとか思ってしまうのはなぜ?やっぱり国生さゆりはこの番組に必要な人材だと思った。毒消し役がいないとときに殺伐としそうで。

「ノスタルジー」というんだったら、それこそ80年代に押井守もやってるし野田秀樹もやってるんだけれど、万博世代が30代後半から40を超えて来たタイミングで直撃した、というのがすごく大きかったような。ノスタルジーの「懐かしさ」ってその年になって初めてわかるというか、それまで感じていた郷愁とは違う不思議な感傷ではあるのだから。

[]A15R15

UG☆アルティメットガール  さらばアルティメットガール

最終回は作画力入ってました。ヌルいラブコメとしてキレイにまとめて終わりました。「こんなに嬉しいことはないっ」って最後までアムロネタかいっ。

LOVELOVE? 嵐の中で輝いて

とりあえず全部見た。ヒロインにあんまり興味なかったからなあ。悪い出来じゃなかったとは思うけれども。

[]ファンタジックチルドレン 終焉 そして始まり

遠い星の世界で生き別れた二人が500年の後に再び出会うところで終わります。こういうキッチリ仕上がった大きな物語を見るのはなんだか本当に久しぶりな気がします。

真っ暗な海とほのかに光る水平線。ゾーンとこの世のはざまの渚の不思議な雰囲気はトーマとセス、ティナとヘルガ、前世と今を自然に重ね合わせます。

「やり直しはもうきかないんだぞ」とヒースマを怒鳴るトーマ、ヘルガを殺さないでとデュマに向かって叫ぶソレト、そしてトーマになって生きてとセスに訴えるヘルガ。メッセージが繰り返され、現世を生きる意思が強調されます。時の止まってしまった前世の想いとは、宙に浮いたままの観念です。記憶の結晶を頼りに何度も転生を繰り返すことは、時の流れることを拒否し、一度手にした観念を失うまいと頑に握りしめたまま立ち尽くすことです。時が流れるその先にこそ、求めるものがあるというのに。

転生を止め、前世が失われるに任せてこの世界で生きていくことを決めて、ベフォールの子供たちは去っていきます。アニメは10年後の約束された出会いを描いた後、物語を遡って最初に戻って終わります。ブラボー。

デュマはティナの身体を持ち出してどうしたんでしょう。庭園を彼女のお墓にするということなのかな。自分は時を止めるとか言ってるし、ちゃんとギリシアに帰るんでしょうか、心配です。

巨人の親父が死んだらあとはみんな悲劇の人になっちゃったけど、少なくともゲルタはゲド機関を率いて重ねた人体実験の落とし前はつけてないよな、とか思った。

2005-03-28 (月) 春の雨、というには寒い

[]BSアニメ夜話 新世紀エヴァンゲリオン

ゲスト:宮村優子(アスカ役声優) 大月俊倫(プロデューサー) 唐沢俊一(評論家) 小谷真理(SFファンタジー評論家) 滝本竜彦(小説家) 藤津亮太(アニメ評論家)

これだけ大勢で、ガンダムの時以上にまとまんないんじゃないかと心配でしたが、大月さんとみやむーとスタッフサイドから二人呼んだのが正解でした。まあ、今さらエヴァ論だとか謎の解説だとか話されてもしょうがないんで、現場の熱気というか混乱というか、そのへんの生の話が聞けたのは面白かった。大月俊倫の勝利宣言とか。宮村優子がけっこう庵野監督に批判的でした。最後の「気持ち悪い」の顛末は、もともとあったセリフが差し替えになったというのは聞いてたけど、本人の口から語られたのはびっくり。そうか、シンちゃん見られてたのね。

滝本竜彦はテレビ向きじゃないなあ。周り中ですっげえ気を使ってた。

それはそうと、自分で1シーンを選ぶとしたらどこだろう。番組ででてたのは、OP(大月)、19話ラストの使徒を喰っちゃうとこ(小谷)、9話のシンクロ戦闘シーン(宮村)、シンジの落ち込みシリーズ(滝本)、劇場版の実写パート(藤津)、劇場版ラスト(唐沢)。かぶらないで選ぶと、6話のポジトロンライフル撃つとこかなあ。とにかくカッコいい。

とりあえずキーワードからいろいろ見て回る。10年経ってもエヴァは「語りたい」アニメだなあとしみじみ。

なので今日の最終回アニメの感想は今日はちょっと書けないや。とりあえず、月詠は殿堂入りに決めた。

2005-03-27 (日) 肉まんをふかして

[]まじかるカナン #11 闇の世界/#12 永遠の大樹

ダークな展開、っていうか鬼畜系?魔法少女とパートナーの恋ってのはジャンルものとしてはチャレンジングだけど、せっかくのテーマがご都合主義にしか見えないってのはどうよ。

投げっぱなしにするよりはご都合主義でもパッケージとしてまとめるのを選んだので失敗作とも言いづらいけれど、どの要素も中途半端で印象が散漫なのは否めない。なんか出来の悪い二次創作みたいな感じ。といっても原作のゲームとか知らないわけだが。

2005-03-25 (金) 新しい店で新しい担々麺

The Political Compass

ポリティカル・コンパスの日本版。http://sakidatsumono.ifdef.jp/political-compass.html

まだドラフト2なので、結果の分布状況次第で変わるのかも。

保守・リベラル度 -0.21

(経済的な)右・左度 4.55

あなたの分類はリベラル右派(リバタリアン)です。

経済の4.55ってのはけっこう偏ってるのかな。市場主義/小さな政府っぽい回答が多かったようには思う。

保守・リベラルはほぼ真ん中。夫婦別姓は賛成だし、移民も難民も受入れ賛成だけど、国旗国歌や靖国参拝も賛成だし9条改正も賛成。合計するとプラマイゼロということか。

性倫理関連の質問で、保守・リベラルって日本の場合分かれるのかなあ。日本人の倫理感って、生意気な新参者を許すか許さないかとか、「空気嫁」とか、出来上がってる仲間内の秩序にどう対応するかが軸になるんじゃないのか。

なんか靖国だの国旗国歌だのプロ市民的に設定されたウヨサヨ軸とは別に、ハネ上がりを許さない保守と自分のロジックを信じるラディカリズムとかそういう軸があるんじゃないだろうか。

あと「タカ派」「ハト派」って最近言わないね。対米追従と対中追従しかなくなっちゃったから?

id:herecy8:20050222#p3

本家アメリカ版の場合

http://www.politicalcompass.org/

Your political compass

Economic Left/Right: 2.13

Social Libertarian/Authoritarian: -1.74

普段と違う話題を書くと、おとなり日記がガラリと変わって面白い。けっこうみんな結果がばらけてるなあ。

2005-03-24 (木) 塩焼きにバイ貝がついてる

[]ジンキ・エクステンド #12 青と赤

これはホントに最終回だねっ!作画は力入ってた。どっかで見たような絵も多かったけど、作画はシリーズ通して最後まで崩れなかった。ときどき動画が妙だったりよくわかんないレイアウトだったりもしたけど。

自衛隊の人とかも出てきました。いるだけで話にからむこともなかったけど、ジンキ乗りだけよりは絵もしまるし。

一つ一つのエピソードはそれなりに面白いのもありました。前後のつながりとかが全然わかんなかっただけです。

いまさら言ってもしょうがないけど、暴走した1号機ってなんですか。初号機?そういえばなんかATフィールドみたいなん張ってるな。

青葉と赤緒が「悪魔のかたわれ」同士ってなに?シバがひとりでそう囁き回ってたけど、結局なんだったんだ。多分「ケツゾク」とか関係あるんだろうなあ。

まあよくわかりませんが、いろんな危機があっても最後にangelaの曲が流れ出したので問題は解決したらしいです。

1クールなんかにはおさまりきらない壮大な物語なんで、最初と最後の「青と赤」対決を盛り上げることだけを考えて、逆算してエピソードを選んだんでしょう。そのわりには余計なものが多すぎたけど。で、バラバラのエピソードをつなげる余裕がなくて、時系列シャッフルにしちゃったのでは。

とにかく謎が多すぎて、どういう世界なのとか、そもそも人工ジンキとか古代ジンキとかってなにみたいな舞台の謎とキャラ同士の関係とか背景みたいなキャラの謎、敵の正体や意図の謎、それにエピソード同士のつながりが謎となんもかんも説明なしで進んでったからどんどん視聴意欲が減退していった。かんたんな世界設定と、エピソード同士のつながりだけでもナレーション入れてくれればずいぶん印象違ったと思う。妙なカットバックやめて、最初の5話は青葉パート、次の4話赤緒パート、でそもそもの始まりに遡って2話、そんで最終話くらいの構成ならもっと楽しめたのかもね。コクショウとかなんだったのか終わってみてもわかんなかったし、必要だったんだろうか。カタキ役シバだけでつくっちゃえばもっとずっと見通しよくなってた気がする。

(追記)

青葉が最後に金色になって赤緒に押し出しくらわせるとこ、どっかで見たと思ったんだがBSアニメ夜話見てわかった。エヴァ9話シンクロ戦闘の最後、ダブルライダーキックの後のシークエンスだ。ちなみにGガンは見てないので知らない。

[]舞-HiME #25 運命の刻

なんだなんだ。巌窟王といい、キスして仲直りがはやってる。なつきと静留、お互いに大切な人同士なのに相手を不幸にしてしまうという関係で、結局心中してしまいました。静留を止めるために自分の命を捨てるなつきに、頬を染めて喜ぶ会長の最後の笑顔が悲しいです。しかし、お引きずりさんみたいだった静留が次のシーンで元のぶぶ漬け会長に戻ってるのもびっくりしたが、バトルの真っ最中になつきが鐘入りやるのも驚いた。ちなみに鐘入りは能の安珍清姫のクライマックスの演出です。

舞衣がなつきとマンションでラーメン食べてるとき、命も二三さんの給仕でラーメン食べてます。ホントに即席ラーメンかって、なつきも古い言葉知ってるね。無表情な二三さんの横で「うまいうまい」と自分に言い聞かせるようにいいなが食べていた命がしだいに涙声になって「舞衣、舞衣」となっちゃうあたりはかなりキました。

死んだ母親でもアリだったんで、楯が死んでも想いが残ってればオーケーというのはまあ想定内か。しかしなんか柱の数が合わない?まあいったん立った柱はひっこまないんだよ。だからきっとなつきは柱を2本立てたんだ。でもアリッサもいたみたいだしな。一本多いから命の柱が立ったと思われてたのはなんだったんだろう。よく考えたら、命のチャイルドが倒れたら黒耀の君は消えないのか、とか不思議なこともいくつかあったが、まあいいや。明日考えよう。ああそういえば剣が身体から飛び出してくるのはウテナでしたね。

それにしても美優がなんだかスゴいです。戦闘オプションにシークレットとかあるし。最終回がメチャメチャ気になる。

2005-03-23 (水) 雨がじょぼじょぼじょぼ

[]巌窟王 #23 エドモン・ダンテス

モビルスーツ鎧でシャンゼリゼにあるという伯爵世界に突撃していくフェルナン・モルセール。お父っつぁん、その鎧は験が悪いですよ。と言う間もなく伯爵の剣で嬲られるように切り刻まれます。しかし、伯爵は不死身だが病弱だ。薬がきれてスキを作ってしまい、フェルナンの剣に貫かれ、モビルスーツ同士は相討ちとなる。倒れた機体からよろばい出た伯爵の胸にもフェルナンの投げた剣が突き刺さるが、その身体からは血すら流れない。っていうか、目が増えてませんか。

一度はビビったフェルナンだが、薬箱を抱えて来たエデを捕まえるとその頭に銃を突きつける。エデを人質にした脅しになんと伯爵が素直に従って剣を捨てたのにはびっくり。けれどフェルナンが調子に乗って勝ち誇ると、笑い出した伯爵が指差した先では、助けられて手当を受けたアルベールが改めて人質になってハゲに銃をつきつけられてます。フェルナンってばついさっき自分で息子を銃で撃ってきたくせに、いきなりあせりまくりでまたびっくり。一方アルベールの頭に銃をつきつけているハゲことベルッチオも、情がうつったか引き金がひけません。エデは伯爵は薬を飲んでくれと叫び、アルベールはエデをはなせと叫ぶ。その場の人物みんなが焦りまくる不思議な構図の中で、伯爵だけがひとり冷静に立ってます。

ついにこらえきれずにフェルナンが銃を捨てて息子の命乞いをすると、伯爵は哀れみをこめた穏やかな眼差しで優しく語りだす。しかしそれは死すらも赦さぬ呪いの言葉です。ああ、これが見たかったんだよ。

土下座して泣き叫ぶフェルナンの前に差し出された手の意外さに驚き、ほっとして顔を上げたその表情が伯爵の言葉の冷たさに次第にひきつっていく。伯爵は赤子をあやすようにゆっくりと、お前の果てしない絶望がほしいと語る。巌窟王の哀れみは呪い、慈悲は絶望。

リーゼントのバティスタンがその身を楯にしてアルベールを庇い、銃弾に倒れます。誰からも愛されるアルベール。でも彼が愛してるのはモンテクリスト伯です。巌窟王と化してフランス語を喋りだした伯爵を抱きしめて接吻します。アルベールの愛に反応してエドモンの感情がよみがえり、仮面が消えて素顔が戻ります。そしてアルベールがエドモン・ダンテスの怒りを黙って全て受け入れると、巌窟王の契約は破られました。


フェルナンにとって親友を裏切ってまで結婚したメルセデスと息子がなによりの宝で、だから伯爵は最初からアルベールを殺すつもりだった。フェルナンはメルセデスに棄てられると思って逆上、無理心中を図るも自分は死にきれず、エドモンとの対決に「逃避」した。唐突に見えるフェルナンの行動も、混乱した心理の表出としてわからなくもありません。ちょっとわかりにくいよなとは思ったけれど、期待を裏切らない最終回でした。

でも一番の山場はフランツの遺書だったなあ。

(追記)

な、なんだってえーー!!(AA略

来週が最終回だそうです。でも予告なかったじゃん。OPもなかったじゃん。話おわってんじゃん。来週はMIB2かと思ってましたよ。ああ、びっくりした。

ああ、最後にエロイーズの手をとってた無口なタコっぽい人がよかったので、来週も出るとうれしいです。

2005-03-22 (火) まったりレーズンクリームサンド

[]UG☆アルティメットガール 変態

またコミケネタかいっ!おやじの責めにあえぐ青少年、ってどこを狙ってるんだか。カメラマンがいきなり怪獣になるのも説明つける気があるのやらないのやら。最終回は切ない恋心で盛り上げるつもりみたいですけど……

「かなん」でそういう乙女心路線をやって、UGは風呂敷広げまくりと、互いに逆だったらよかったのに、とか呟いてみる午前2時。

[]ファンタジックチルドレン #25 ゾーンへ

ゲルタはメルの記憶が戻っても髪が白くならない。もう魂がギリシアに戻れないから?

ヘルガを転生装置に乗せたデュマは制御室に入り、運転を開始させる。メル=ゲルタは恐怖の過去を断ち切らんとデュマの前に立ちはだかるが、銃弾に倒れる。そして、ついにゾーンが開く。

転生装置の防衛機構?ヘルガを装置から引き出そうと転生装置に飛び込むトーマたちを電撃が襲う。絶体絶命の危機にワンダーは身を挺して楯となった。トーマたちは必死に走るも、ヘルガのいるカプセルの前でついにワンダーは力つき、停止する。

一方コンソールの前でティナの復活をモニターするデュマに、ソレトは必死でヘルガを殺さないで、ヘルガの人生をなくさないでと呼びかける。

なんかもう、粗筋書いちゃってますが、今週はもう息つく間もない緊迫感で、もうなんも言うことありません。

背中に感じた手の温もりに母を思い出したデュマがティナよりヘルガを選び、装置を止めますがヘルガの魂は現世とゾーンのはざまに漂い出てしまいます。ヘルガを連れ戻すべく、トーマ=セスは転生装置に乗り込みます。

刑事さんはちょっと見せ場なかったね。結局デュマに拳銃渡しに来たようなもんだった。

[]月詠 -MOON PHASE-  #24 サヨナラおにいさま私、ホントに帰っちゃうよ?帰っちゃうよ?

ばあさんの秘術は葉月の声色でした。ロリピンクのアルトさまってすごいつおいのかと思ってたんだけど、タライ落とすばっかりだなあ。なんだかハエ男が好き勝手やってるみたいですけど、「お館さま」ってホントにいるの?

といろいろツッコんでみたけれど、要は葉月と耕平の感情の流れがきちんと描かれてカタルシスに向かえばそれでいいわけで。バトルなんて飾りですよ、飾り。ピンライトが当たったり、シリアスな場面で金だらいが落ちたり、感想サイトの評判はよくなかったみたいだけど、私は好きでした。微妙な緩急のリズム感とか演出の距離感があった方が、LOVELOVE?みたいなストレートより照れ隠しに困らないし。

ラブコメ的には、あとはハッピーなエピローグで終わればいいと思うんだけど、なんか最終回の予告が妙に怖いのはなぜ。他は全部バッドエンドでもこれだけはハッピーエンドと信じてるんですが。

2005-03-20 (日) 地震が多い

[]富豪刑事 最終回

神戸のじいさんは学生時代から片眼鏡だったんかい。ラストは盛大に札をばらまいて、これがやりたかったんだろうなあと思わせる徹底ぶりでした。

コメディとサスペンスの組み合わせってバランスが難しくって、ついシリアスに傾くと力んでギャグが滑ったりするんだよなあ。富豪刑事はかなりがんばったと思うんだけど、絶賛というとこまではいかなかった。

[]舞-HiME

ラス前にきて去年からの2クール組はみんな盛り上がってるけど、中でもファンチルと舞ヒメは「語りたい欲望」をモロに刺激してて、感想サイト回ってもけっこう長文が多かったりする。

舞ヒメの前回、シスターの心理攻撃はやっぱりエヴァンゲリオンTV版ラストを意識してるんだろうし、エヴァのとんがってた部分を丸めて話の中に落とし込んで「サンライズが作ればエヴァはこうなる!」というわかりやすい宣言だった。チルドレンとチャイルドとか、それっぽい仕掛けはいくつかあるけれど、このへんはむしろ意識させないようにしてある。チャイルドってのはやっぱり大切な人への想いが生んだ子供なんだろうな、それは肥大した自意識にもなるし、他者との関係性そのものにもなる。

エヴァが作品中で散りばめた謎に引きずられて制作側の意図と視聴者の興味が乖離した結果TV版ラストの強引さに非難が集中したことに対して、舞ヒメの方はあまり謎を作り込まず、うまく視聴者の興味と物語のベクトルを合わせている。このへんは終わってみたら全然違ってる危険はあるんだけれども、それぞれのキャラの他者との関係を、「大切な人」を曖昧にしたり柱を立てたりといろいろ気を引いて絶えず焦点にもってきている。

一番すごいのは静留の使い方だ。前半地味に目立たなかった脇役キャラをいきなり立たせてしまった。ヒメたちの大切な人への想いは多かれ少なかれ固着としての妄執があるけれど、それを最も極端な形で体現している。内面世界の外界への投影はまさにエヴァを嚆矢としたセカイ系の手法であるわけだけれど、主人公の内面が世界を規定するのではなく、妄執同士のぶつかりあいがチャイルド同士の戦闘として外化され、静留の暴走を通じて「乗り越えられるべきもの」として提示される。なつきの喪失と復活はその具体化であり、きたるべき舞衣の喪失と復活の伏線になっている(筈)。

遥と雪之の使い方もうまい。遥のキャラはずっと一貫してるんだけれど、周りがどんどん変化していくことで位置づけが変わっていく。雪之は、脅迫メールにおびえて舞衣を背後から狙ったりする小物っぷりを発揮していたけれど、遥からの信頼に応えて変わる。幼稚園時代からずっと遥に庇われていた雪之が、清姫を前にして遥を庇うシーンは彼女がこれまで囚われていたものを乗り越えた瞬間であり、遥にとっての名場面は雪之にとっての名場面でもあった。自意識の肥大化を乗り越えて他者と出会う場所に、責任という観念が立ち現れる。だからこそ、遥から雪之に託される腕章に重みがある。

なんだかアニメ完結の前に先走って書いてしまいましたが、こういうのは書きたいときに書いとかないと後悔するし。

2005-03-19 (土) 胃にもたれるラーメン

[]まじかるカナン #10 カレンデュラ

さやかちゃんはもう退場なんでしょうか。結局セルリアンブルーをうまくつかいこなせてないのが最大の不満だったり。セプティムの変身は一瞬でバンクなし。ああ今週は千早ちゃんのバンクも省略されてしまってる。ベルガモットをめぐるエヴァグリーンの秘密で盛り上げたいんだと思うけど、それなりに説明を出してってくれないとわかんないし。ってゆーか、見たいものはそんなんじゃないし。

カレンデュラのおでこについてるのが便所の落書きみたいでとっても気になりました。

[]機動戦士ガンダム SEED DESTINY #21 蒼天の剣

オーブ軍の総司令官がバカ殿で、しかも最前線にしゃしゃり出てます。「侵略せず、侵略を許さず、介入しない」が理念でも、空母とか持ってるのね。国土の防衛軍を運用するのと、遠隔地に軍を派遣して運用するのとではノウハウも含めてずいぶん違うと思うんだけれど、えらく短時間でスムーズに進行してるようで、ホントかよとか思う。でもまあザフトミネルバだけで対抗してるし。他にいないの?

ハイネが出てきて、会話のテンポが上がってうれしい。

2005-03-18 (金) ここは寒いとネコがなく

herecy82005-03-18

[]舞-HiME 24 コイ・ハ・タタカイ

テレビ版エヴァ妄想キターーーー!でもこれは「ありえたかもしれない別の現実」から一歩つっこんで自分の「本当にほしいもの」を探るための手続き。この後に控えるクライマックスに備えて舞衣を自分自身と直面させる段取りをすませると、シスターはチャイルドを使って無理心中。スゲエ。

奈緒の大切な人は巷の予想を裏切って、これまで全然出てこなかった人でした。奈緒のエピソード自体は軽く説明されただけで、むしろなつきが奈緒に自分と同じ影を見てヒメ能力回復のきっかけになるという方がポイントでした。世界を肯定して力が戻ってますが、今度の「大切な人」はだれ?話の流れでは静留っぽいけれど、それはそれで前途多難な。

「一番地の秘密」は特に説明なかった。ばあさん達がにげまどってただけ。

八咫烏が誰のチャイルドかずうっと引っ張ってたのは、詩帆の無意識に潜むチャイルドだというのと、舞衣とカグツチに対する秘密兵器として凪たちがずっと温存させてたということだったんですね。

で、ついに詩帆と舞衣、同じ人を「大切な人」に持つヒメ同士の修羅場ですよ。どっちも相手を攻撃できないわけだけれど、八咫烏は無意識のチャイルドだしカグツチもコントロールしきれてないし、チャイルドの方はつい暴発したりします。この状況に曖昧だった楯も追いつめられて俺を殺せとばかりに犠牲的な選択を叫び、舞衣の戦意を喪失させます。そこに飛び出したのが命です。ゲンナイを倒して巧海を消したのはカラスだったと知れたのも束の間、またしても舞衣の目の前で大切な人が消えることになるのも覚悟で、八咫烏を一閃両断します。「兄上のご命令」を口にする命の目に光る涙は、自分の汚れた手を思えばたとえ巧海を殺してなくても今更元には戻れないことを確認した惜別の涙でしょうか。兄の命令に従ったまでなのか、たとえ嫌われても舞衣を守りたかったのか、命自身にもわからなかったかもしれません。ただその悲痛な覚悟は舞衣に伝わったようです。ここにきて命が舞衣にとってかけがえのない友人であったことが繰り返されてますが……柱が立つシーンがアップなのも、1本立ったか2本立ったかわからず気をもませます。大切な人が死んだ母親でもいいんなら、大切な人への想いが続くかぎり生死は関係ないような気もするんだけれど。

とにかく楯の散り際は、遥に負けずにカッコよかったです。

[]2005年新春 終了番組評価

http://www.planning-ai.com/~yuuki/special/

調査結果が出てる。サイト別きびしさランク14位ですって。見切りが多いからかなあ。でも、みんな評価数多いなあと思って、数えてみました。148サイトの平均評価数は9.4作品でした。評価数が1〜3作品のサイトの数、4〜6作品のサイトの数、と3区切りで数えて頻度表を作ってみたので、グラフを画像にして貼っときます。4〜6作品を評価したサイトの数が一番多くて、次が10〜12作品、最高は28作品でした。

せっかくなんで、投票結果の表もマイニングしてみました。

評価の得票数に見切りを加えた、とにかく1回でも見たという母数を計算してみると、1位が112票の双恋、2位が111票のファフナーでした。100票以上集めた作品はうたかた109票、げんしけん103票、神無月の巫女102票です。

母数に対して殿堂入り票の割合が多かったのは平均点でも1位だった攻殻機動隊で、母数20に対して3割の6票が殿堂入りに入ってます。名作の5票を合わせると、55%の票が高評価です。(以下、%表示はすべて作品ごとの見切りを加えた母数に対する比率です)殿堂入り票のシェア2位はマイネリーベ23%、3位はぴちぴちピッチ22%でした。ちなみに名作票のシェアのランクは1位どれみ44%、2位ローゼンメイデン33%、3位SDガンダム28%でした。

殿堂入りと名作を合わせた割合を「高評価率」とすると、1位がどれみ56%、2位が55%の攻殻で3位がローゼンメイデン53%でした。5割を超えたのはこの3作品でした。

逆に駄作票の割合が高かったのはDUO33%、ムスメット28%、下級生2 26%。以下サムライガン、うたかた、W WIsh、ToHeart、双恋、神無月、げんしけん、プリキュアと続きます。見切りの割合が高かったのはサムライガン52%、アークエ52%、下級生251%、DUO50%でした。見切り率が2割を切っていたのはなのは18%、うたかた15%、げんしけん15%、マイネリーベ14%、どれみ11%、ローゼンメイデン4%。

「見切り」は必ずしも「見る価値なし」と判断したとは限りませんが、仮に駄作+見切りを「非評価率」として逆順に並べると、1位はローゼンメイデン5%、2位どれみ11%、3位マイネリーベ18%、以下攻殻、ぴちぴちピッチ、ナディア、なのは、トランスフォーマー、げんしけん、モンキーターンと続きます。

逆に非評価率の高かったのはDUO83%ですが、これは母数も6票、しかも残りの17%は名作と極端な結果で、標準偏差も最高です。次に高かったのは77%の下級生2、以下76%ムスメット、75%サムライガンといずれも駄作、見切り双方とも割合が高くなっています。

ちなみに普通が高かったのはToHeart41%、面白が高かったのはSAMURAI7で40%でした。

こうして見るとやはりローゼンメイデンが強かったなあという印象です。私としてはそれほど高い評価ではなかっただけに、世間とのズレを意識した作品です。だから一オシだったリリカルなのはが健闘していたのはずいぶん嬉しかったり。殿堂入りに入れなかったのは、まだまだ修行が足りなかったと悔やまれます。俺に足りないのは、覚悟だ。

2005-03-17 (木) 牛肉の麻婆煮込み

[]ジンキ・エクステンド #11 家族

来週は青葉と赤緒が戦って、それがとっても因縁の対決なんだということらしい。とりあえず他のことは気にするな、と言われたと思った。ここまで身勝手なアニメってのも珍しいような。

ハチショウジンって、なんかハチショウ星から来た宇宙人みたいなもんだとずうっと思い込んでましたが、八将神でハチショウ人ではないらしい。ゲンタの奥さんに横恋慕した子供が失恋して仮面の忍者になったのが八将神の始まりらしいんだが、そんなこと言われてもなんのことやら。

先週シヴァと赤緒がクローンとか言われて、よく考えたら全然似てないやん、シヴァは青葉に似てるしなあとか思ってたんだけど、赤緒はゲンタの奥さんのクローンとからしい。で、シヴァは青葉の母親のクローンなのか?青グループがなんで関わってくるのかは不明。悪魔のかたわれとか言ってるから、きっと対になるような因縁があるんだろう。別にもう説明してくんなくてもいいよ。

自衛隊とか出て来て、ジンキの人たちと一応連携してるっぽい。まあ1話の一番最初のシーンでも出てたもんなあ。ここでようやく1話の最初に戻るんだろうけど、結局ここまで見てもなんもわかんなかったし、1時間のOVAに詰め込んでたとしてもきっと見た印象は変わらなかったんじゃないだろうか。

2005-03-16 (水) とことん眠い春だから

[]巌窟王 #22 逆襲

アルベールと再会した伯爵は乞われるまま畏怖城でガンクツオウとなった経緯を語ります。自分は固く非情な決意のみに動かされる運命の歯車にすぎないと言い残して立ち去る伯爵の背中に呼びかけるアルベールとの間に炸裂する砲弾。大時代な仕掛けが似合うのも大きな物語ならではです。

どこをどうしたのか三白眼になって戻って来たモルセール将軍は、軍を率いてパリを強襲します。クーデターを起こして議会に乗り込むと戒厳令を布いたりしてますが、ただ街を壊してるだけみたいです。瞳が窄まるほどに狂乱の度を増すようで、連れてこられたメルセデスにエドモン・ダンテスが生きていることを告げられると、ほとんど白目だけになってついには彼女を射殺してしまいます。父を止めようとそこに来合わせたアルベールにも発砲、なんだかシェークスピア悲劇みたい。

アルベールの危機を救いに将軍の旗艦に突撃艇で突っ込んできたのは伯爵配下のハゲとリーゼント。一方エドモンをその手で倒そうとモビルスーツみたいな鎧に乗り込んだモルセールは単身で飛び出します。フランツが操って負けたのと同じ型だが、軍の標準装備なのかな。まともに戦って勝てそうな気はしないけど、予告で流れる絵を見るとドラマはとことん緊迫していきそうです。待て、しかして希望せよ!

2005-03-15 (火)

[]月詠 -MOON PHASE-  #23おにいさま、わたしってそんなにヘンですか?

耕平が葉月の後ろに見たのはヴァンパイアとしての宿縁だそうです。魔物である、ということのもつ意味とか、萌えアニメとして普通スルーだろうというようなとこにこだわって、作品世界の枠に挑むような展開です。

いいかげんバケモノにも慣れてそうな耕平がそこまで怯える光景をなかなか絵で見せないので、このまま耕平の演技で押し通すのかと思ったけど、最後に出しましたね。待たせただけのことはあったと思います。定眼(浄眼?)を使いこなす手強さの表現はセリフに頼る部分が多いけれど、そこでどれだけ説得力が出るかがキモなのでこの調子でたたみかけていってほしいです。

決着を急いだジェダの襲撃に隠れてたじいさん、エルフリーデまで出て来て防戦しますが、耕平は役立たずのままだし、歯も立ちません。追いつめられた末の葉月がかき口説く長ゼリフはしみるほどに切なく心に迫ります。ふと自分の口元に指をあて、小さなキバを確かめると堪えきれずに落ちる涙が畳を濡らす。目を上げられない耕平を恨まず、血の宿縁を嘆かず、自分に出来る唯一のことを選択して葉月は仲間の元へ帰っていく。

古い説話形式である異類婚姻譚の含意を活用してこれだけ盛り上げたんだから、ぜひ平成の「うる星やつら」として終わらないハッピーエンドをお願いしたいです。

どうやら金だらいは霊力で落としている模様。弥生さまは「たらい」のお札も持ってました。

2005-03-14 (月) まだ夜は寒い

[]ファンタジックチルドレン #24 トーマの真実

トーマの前世はセスの方でした。カプセルの中の巨大なティナを前にして一気に髪の色が変わります。

記憶に甦るギリシアの転生室での最後のドラマは緊迫した演出でした。でも、どういう理屈でセスは地球に転生したんでしょう。ソランは転生してないんでしょうか。

転生装置の使い方がいまひとつよくわからないけれど、ティナの身体を地球に持ち込んで地上で最終兵器に戻してから宇宙船でギリシアに帰るんでしょうか。なにやら物騒なものをのんだデュマには別の思惑があるようです。そんなデュマをいきなり抱きしめるティナは、壮絶な運命を受け入れてドンドン菩薩になってってるような。赤いリュックを背負って物怖じもせずに巨人に向かう絵はなんだか神話的です。

とうとう黒い髪はチットだけになったねえ。ああ、あと刑事さんたちもいるか。

そういえばトーマはロボットより強かったけど、それでもデュマには歯が立たない。デュマってなんでそんな格闘強いの?

[]UG☆アルティメットガール  UGだ!萌えろ!

今さら絵のことは言うまい。魔法少女ものでは正体がバレてピンチ、というのは一番の盛り上がりどころなんだけれども。いや、この場合はウルトラシリーズを引き合いに出すべきか。とにかく盛り上がんないなあ。こういうのは本気でやんないと寒いだけなんじゃないの?ドラマに時間使った割には外してるし、おかげでせっかくコミケ会場で変身しても尺もとれずにすぐ勝負つけちゃうし。

2005-03-13 (日) ちょっと雪もちらついたり

[]機動戦士ガンダムSEED DESTINY

アスランをはさんではりあう偽ラクスとルナマリア。これからは「萌えアニメサンライズ」と呼んだ方がいいのか。一方シン・アスカは海に落ちたステラを拾う。なんかステラ、思いっきりこわれてるな。エマージェンシーコールから救助に来るの、えらい時間かかってますが。しかも妙に軽武装のランチでのこのこやって来てるように見えたんですが、油断しきってないか?

[]まじかるカナン #09 真実

OPが一新、つーかようやく完成したんか?曲に合わせた楽しい作りになってます。こういうのは好きなんだけどさすがに遅すぎだろう。EDも一緒に新しくなってますね。ふしぎなおどり踊ってます。

城之内先生がベルガモットだったんですね。セプティムとベルガモットはやっぱり親子じゃないっぽい。いろいろ込み入った人間関係があるみたいなんだけど、どうも設定に描写が追いついてないような。なにを一番見せたいのかうまく伝わってこない感じ。

魔法戦は光線技の撃ち合いなのはともかく、もうちょっと表現に工夫があってもいいと思う。

キーワード

メインヒロインサブヒロイン

なんだかえらく座りが悪い言葉だなあ。どのへんで使われてるんでしょう。アニメの制作現場とか?

まあ副主人公という言い方もあるから、アリだろと言われればそうなのかもしれないけれど、やっぱ「ヒロインは一人だろ!」とか言いたくなる。いわゆるハーレムアニメとかだと、女性キャラを脇役扱いはできないってことなのか。なんだかどこにどう気を使ってるんだかよくわからん。もしかしてメインヒーローとかサブヒーローという言い方もあるんだろうか。

グローバルメディア2005/おたく:人格=空間=都市

最終日だというんで、恵比寿の写真美術館まで行く。2時間待ちとか言われる。閉館は最後に入った人が見終わるまで延ばすとか言ってた。撤収作業の開始はいつになるかわからないと言われてくずおれてる人がいた。

客層はまあ若い。男女比は半々くらい。けっこう厚かったり大きかったり携帯に向かなそうな本を読んでる人が多かった。学芸員?がA4コピー紙の裏表に細かい字でびっしり書かれた解説を配ってくれたので、それを読んで時間をつぶす。結局小1時間も並ばないで入れたけれど、「おたくの部屋」はさらに1時間待ちなのでした。2時間も並んでまで見るようなものでもないんだけれど。ま、物は多いけどみんなこざっぱりした部屋だよな。

見物は結局、レンタルショーケースの列でしょうか。透明なアクリルの50センチ四方くらいの箱がレンタルの個人商店で、中に商品がディスプレイされてて、それが積まれた列がだーっと並んでる。中はほとんどが食玩フィギュアなんだけど、でかいガレージキットもちらほら、それにマンガの古本やらガンダムのファクトブックやらいろいろ。どれも似たようなものなんだけど少しづつ違ってて、全体ではえらく雑多な取り合わせになっている。人格が趣味嗜好のフィルターを通した「物」の集積という形で空間に投影される、というこの展覧会のコンセプトをよく現してたんだと思う。

2005-03-12 (土) ビターチョコに凝ってみる

[]舞-HiME 23 愛情と友情、非情

はるかちゃん、カッコいい〜!!

いきなりつきつけられた静留のエレメントは冗談のように素手でつかむし、既知の範囲外にあるヒメ能力を目の当たりにしながらもタンカを切って消えていく。ヒメ同士のドロドロの戦いに巻き込まれながらひるまずタメをはれるキャラってのは好きです。

地下の柱は6本、ということはあかねのハリー、晶のゲンナイ、二三のチャイルド(水晶の姫?)、碧のガクテンオー、雪之のダイアナ、なつきのデュランということか。残ってるのは舞衣のカグツチ、奈緒のジュリア、静留の清姫、シスターの聖ヴラス、詩帆?のカラス、命のはミロク?で12。

デュランは倒されたわけではなかったので、なつきの大切な人は母親で、大切な人への想いが消えるとチャイルドも消えるということらしい。大切な人の生死自体は関係ないってことか。逆に言えば、大切な人への想いがなければチャイルドは現れない。奈緒の大切な人って出てないなあ。実はなつき、とかだったりして。

カラスの正体もけっこう引っ張るねえ。シスターの大切な人はメガネの石上みたいだし、残ってるチャイルドの業の深さを比べると詩帆の一途な独占欲ってのはまだ浅い気もする。もうひとヒネリあるのかしら。

ミユの記憶はリセットされたのか?とか新たなネタを仕込みつつ、いろいろナゾが明かされてます。来週は一番地のナゾに迫る、かな。

2005-03-11 (金) おまけ……

金利、とか

question:1110268505

質問は終わられましたが、一応続きを書いておきます。>id:toko2

日記の日付は気にしないで下さい。

https://www.csfb.co.jp/client_entrance/research/credit/ghlc/abs_030804.pdf

まず、コメントにあったリンクですが、クレディスイスが銀行や住宅会社などの債券を発行する側に向けて作った資料で、債券を買う投資家のことはあまり書いていません。公庫のページにある、既発の債券の資料を読むと、売れないことはないが、(今は流通市場がないから)実際には難しいでしょうということです。なので、言えるのは平成50年までに市場が整備されて売れるようになるかもしれないし、やっぱり売れないかもしれないというくらいです。どういう人がどんな資金で投資しているのかは知りませんが、目先の直利目当てで買っていると後々後悔するかもしれませんね。ただ債券の場合、その間にもらうクーポン収入が累積していきますので、その分を再投資に回して元をとっていくことができますし、長い債券の場合はこの影響がなかなか馬鹿に出来なくなります。それが割に合うか合わないかは、どんな資金で投資しているか、ポートフォリオの中でどう位置づけるのかによるでしょう。

「予想金利の加重平均」ー金利期間構造のディスカウントモデルなどと言いますが、これは要するに、今の市場金利は5年後の短期金利2%を織り込んでいる、あるいは10年後の短期金利3%を織り込んでいる、と言うにすぎません。言ってしまえば単なるツールです。そんな金利は低いと思えば売るし、高いと思えば買う、それだけのことです。まあ、米債の方は売られましたけれど、株など債券以外の資産の期待収益率が低いせいで、投資資金が債券に流れ込んで世界中で需給が債券価格を下支えしてるということはあるようです。toko2さんの短期金利見通しがいかほどであるのかは存じませんが、たとえば5年後の円の短期金利3%、長期金利(10年)4%を織り込もうとすると、現在の10年金利は2.7%くらいになる計算です。

債券投資が他資産に比べて異なっている点は、毎期キャッシュフローを生むということです。金利が上昇して、元本が低金利のまま塩漬けになったとしても、毎期入ってくるクーポン収入は高い金利で再投資できます。これが収益上のクッションとなります。で、モーゲージの場合、毎期のキャッシュフローはクーポンの他に償還分があります。住宅ローンといえば繰り上げ償還、というくらいで、毎期償還になっていく分があるわけです。普通の債券に比べてキャッシュフローが大きい分、クッションも大きそうに見えますが、金利が動くとこれが逆にはたらきます。金利が下がると繰り上げ償還が増え、金利が上がれば繰り上げ償還は止まります。金利が上がって再投資したいときにはキャッシュフローは細り、金利が下がるとキャッシュフローが増える。ネガティブコンベクシティという言い方をしますが、モーゲージにとっては金利が動くことは好ましいことではありません。

2005-03-10 (木) 日本一幸せなラスク

[]ジンキ・エクステンド #10 赤と黒

アカオとシヴァはクローン技術で産み出されたんだそうです。ロストライフ現象を引き起こしたのもアカオだそうです。シヴァはアカオを挑発してジンキ同士のバトルに持ち込み、わざと自分を殺させる。するとシヴァの魂?はアカオと同一化して、黒アカオが誕生する。アカオがハダカでいじめられてたりして、なんか知らんけどエロいなあとか思って見てました。

話の流れで、ロストライフってのはハチショウジンとかの敵の攻撃なんだろうと思ってたけれど、そういうわけでもないみたい。そもそも主人公達はどう思ってるのか。なんか、たまたまロストライフ現象ってのが起こってる世界で、ジンキ乗りたちがストリートファイトを繰り広げてるって感じにしか見えないんだが。自分たちの活動とロストライフ現象との間に関係があると思ってるのか思ってないのかよくわからん。

主人公達はアンヘル?なる組織に属してるっぽいんだけど、それは神社のことなのか?

つーか、そもそも主人公って誰?アオバ中心に話がはじまったけど母親と対決したとこで話が切れちゃって、あとは「いろいろあった」で流されちゃったし。今の話の中心はアカオみたいだけど、こっから先どう転んでも「実は…」とか聞いたこともない設定が突然出てくるだけみたいな感じで、なにを楽しみにしたらいいのかわからん。

[]はてなダイアリーキーワード

低スコアのキーワードが削除された後、再登録されてスコア100で復活してしまうことについて。

id:keywordmaniac:20050202

「リンク不可」の投票数が多いキーワードのリストがあったので、いくつか見てみました。リストがどれほど網羅的かわからないし、すでに削除されたキーワードのデータは確認しようがないのでとりあえずリストのデータに拠ることにします。スコアの低いキーワードを他にもいくつか見てみましたが、投票数が多くても40とか50くらいというのがほとんどでした。投票数は一応3/11 1:00頃の数値でアップデートしました。

一番投票が多かったのが「なっちゃ」で523票、うちリンク不可511票スコア2でした。登録日は2004/6/28。

次が「意味」で426票、うちリンク不可が382票スコア 10。登録はモデレーションシステムが稼働した2004/6/1以前です。

リンク不可が200票以上のキーワードはあと『残念?」(259票うち不可234票)、「日記」(237票うち不可211票)、「仕事」(225票うち不可205票)、全てもデレーション稼働以前の登録です。

リンク不可が100票以上のキーワードはあと18ありますが、モデレーション稼働以後の登録は「ポジティブキーワード」(154票うち不可144票)が2004/6/13、「なっちま?」(138票うち不可132票)が2004/6/28の登録です。二つともかなり特殊なキーワードであることを考えると、スコアの投票を集めるのはけっこう時間がかかりそうだということは言えるでしょう。

リストされたキーワードの中では「リリ」「面倒」「技術」が削除されており、「技術」は現在再登録されています。削除された「技術」はリンク先データによれば、83票うち不可74票でスコアは10でした。今は6票うち不可5票でスコアは16です。削除前のスコア10に戻すためにはあとリンク不可が4票必要です。

低スコアのキーワードで最近登録されたのをいくつか見てみると、リンク不可に3〜5票入ってスコアが下がるとあとはそのままというパターンが多いようです。スコアが40〜60くらいのものは投票数も伸びて均衡していくようですが、スコアの低いキーワードはあまり投票数は伸びないようです。リンク可の投票が増えてスコアが上がったらどうなるかまではわかりません。試すのも憚られますし。

その意味では、一ケタのスコアをもつキーワードが削除されてスコア100で復活してしまうことは影響が大きいということになります。「一旦削除されたキーワードだから」という理由で削除にまわされてるキーワードも、たまに見かけますから、低スコアで落ち着くとこに均衡してしまうまでは、何度も同じことを繰り返すハメになる可能性があるということでしょうね。

ちなみに、リンク不可投票数100以上のキーワードで、スコア最高は「子供」の13(投票数159、不可137)、スコアの平均は7.6でした。

2005-03-09 (水) もう鍋焼きも食べ納めかなあ

[]巌窟王 #21 貴公子の正体

先週フランツの最後の手紙を読んでもう一度伯爵に会おうと決意したアルベールが、伯爵に再びまみえるまで。

ダングラール、ヴィルフォールと二人の仇の前に現れては正体を明かして想いを遂げる伯爵です。伯爵とアルベールが対決する宇宙港のシーンはエロティックなまでに盛り上がったんだけどねえ。まあダングラールってそもそも伯爵とタメはれるほどの悪党でもないし。

カバルカンティはやっぱりヴィルフォールの子供でした。あの小箱は赤ん坊の棺だったんですね。殊勝なふりは法廷でのポーズかと思ったら、油断させてビルフォールを毒針で刺しちゃうとは。ケレン味たっぷりの大芝居、なかなか楽しめました。

しかしかつての主席判事が法廷で口滑らせて言質とられるとはねえ。

最後に残ったフェルナンは武力をもって抵抗するみたいです。

[]はてなダイアリーキーワード

スコアの低い一般名詞を中心にid:kosatu氏が大量にキーワードを削除しています。id:another 氏がダイアリーに(大量の削除通知メールが送られるので)削除は慎重にといった主旨のコメントをしていましたが、消されたようです。

(追記)another氏のコメント欄の方で対話が続いていたようです。上記エントリーは必ずしも公正な記事にはなっていませんでした。その点についてkosatu氏にはお詫びします。

ただ自分のダイアリでのBBS戦を避けるためにコメント削除してanother氏のダイアリにコメントするってのはちょっと筋が違いませんかね。

http://d.hatena.ne.jp/another/comment?date=20050309#c

はてなの本」の近藤社長インタビューで、誰にもメンテされずに「あれは放っておこう」というゴミ溜めがキーワードの隅の方に出来ちゃうのは避けたい、という発言がありました。スコアが低くて編集履歴も古いキーワードに見直しをかけること自体は悪いことではないと思います。ただその手段として「削除」がいいかというのは別の話です。他のユーザーに見直しを「強制」するわけですから、無用の反感を招いてトラブルの種になります。とりあえず空更新するくらいでしょうか。

スコアが低く、日記を大量に捕捉するような一般的な用語に対する異議申し立てというのは、これまでにも何度か繰り返し出ています。

参照:id:herecy8:20050226#p2

kosatu氏があげられた「解説が貧弱、または辞書の引き写し」という点は、たしかに「解説を充実させればいい」という結論になると思います。ただ、前述した「一般的な用語」はえてして解説は貧弱になりがちですし、充実のさせようがない(素人のエッセイなんぞ読まされるのも迷惑)ということを考えれば、やはり「一般的な用語」への形を変えた異議と考えられます。逆に考えて、削除ではなく内容を充実させることこそ建設的だといっても、解説を充実させたいと考える人、時間をかけて内容の濃いキーワードを登録しようとする人にとって一行だけの解説や中身が空のキーワードが増えることは「粗製濫造」に見えるかもしれません。

辞書として単語の多さを重視する考え方がある一方で、文字通りキーになるワードとしてのある一定の質なりレベルを想定する考え方というのも常に存在してるので、互いに否定し合う議論というのは不毛だと思うわけです。ただ「機能停止キーワード」のような住み分け提案は運営側に取り上げてもらえないみたいですし、スコアシステム導入前に比べてトラブルが減ったのを成果としてとりあえずは続けてくしかないのかなあ。考えれば考えるほどよくわからんです。

あと、今回の削除関連とは直接関係ないけれど

スコアシステムが建前上はリンク可否のみの判断でありながら、現実として不信任投票に流用されているという二重性は、リンクを大量発生させやすいキーワードのスコアが下がりきらないというケースを生む要因になってるのではないか。例えば「アニメ」は100票以上の投票数で拮抗しているが、スコアが37って高すぎる気がする。大量にひっかかる感想日記は、見るなら個別のアニメタイトルで見るし、そんなに日記からリンクしたいニーズが高いとも思えない。むしろ文中に頻出してうるさいくらい。低スコアで存続させた方がよいように思うんだが、ホントにリンクしたい人が多いんだろうか。

2005-03-08 (火) 塩焼きには遠すぎる

買い物

凄い取り合わせかも……

マジカルちょーだいっ」はまじかるカナンのOP/EDカップリング。わかりやすいメロディ、軽快でシンプルなリズム、舌ったらずなロリ声ボーカルに妙な合いの手と典型的なんだけど、やたらと耳に残る。こういうときはそのままにしとくと気になってしょうがないので、飽きるまで聞きまくって解毒するのが吉。LOVELOVE?のOPとかもそうだな。しかし、ジャケットの絵がアニメとちが〜う!

巌窟王は、歌詞カードを見て初めてEDの最後に叫んでるのが " until I strike"だったとわかった。

"jealous train"としか聞こえなくって、悩んでたんだ。

2005-03-07 (月) ぼーちゅーかんあり

[]UG☆アルティメットガール ヴィヴィアン、夕陽に死す

いくらなんでもこの画はヘタレすぎじゃないんかい。表情を変えずにはしゃぐプロデューサーはヘンでよかったけど。

いじらしいヴィヴィアンが切ないっつー路線でいくんでしょうか。

[]ファンタジックチルドレン #23 ゲルタ

「お前達にも戻る場所はない」デュマは科学者達の本体をカプセルごと海に投棄する。管理システムから切り離されたカプセルは維持機能を失い、科学者達は自分の身体が腐っていくのを見守るしかできない。再生を繰り返してきたヒースマはつきつけられた「死すべき運命」を受け入れられずに錯乱する。ただカプセルにしがみつくヒースマがようやくトーマの必死の説得に反応したときにはすでに遅かった。

一方でゲルタはソレトの呼びかけでメルの記憶を取り戻す。ルーゲンのメモにあった図形は、メルとしてルーゲン=パルザに渡したものだった。時を超えて、二人の想いは確かに通じ合っていたことをゲルタは知る。

サスペンスと心理ドラマの盛り上げが交互にくるのはなんか調子狂う。サスペンスで一気に引っ張るアニメじゃないんだけれども。ヒースマの死に際描写がなんか間延びしたように見えちゃうのはリズムがチガウような。「限られた生と時を超える想い」という流れでは必要なんだとは思うけれども。ヘルガ救出のため、再びワンダーで巨大宇宙船に向かってからはまた物語は快調に流れ出す。

最後のシーンは位置関係がわかりづらかったけど、先回りして道を塞いだトーマたちに何ら関心を示さずに無表情に進んでくデュマが迫力あってこわかった。で、巨人のオヤジたちはどうしてるんだ?

来週はいよいよトーマの真実。

[]月詠 -MOON PHASE-  #22おにいさま、そんな人だったんですか!?

実は耕平はジョウガン(定眼?常観?)の持ち主で、霊的存在を視ることも消去することもできる上級霊能力者だった。生後間もなくに、霊能力が封印されて無敵の鈍感男になっていたのであった。よくある設定だけど、うまく使ったねえ。で、耕平はまた葉月から離されてジョウガンの修行をするわけだけれど、二人が会うのを禁じられたのにはそれなりのワケがあった。ジョウガンの封印を解かれたまま使いこなせていない耕平には、葉月の霊力は恐ろし気なバケモノに見えてしまうのだ。メチャメチャ情けないです。まだ開眼には遠そう。

一方、成児はなにやら心の弱みにつけこまれてるっぽい。ラス前になってまたこれでもかとネタを投入してきましたね。

予告はロリピンクのバンパイア。なぞなぞ出す前にいきなり答言ってます。

2005-03-05 (土) はい、がんばりま〜す

[]まじかるカナン #08 セプティム

ちはやとさやかに謎の魔法戦士が加わって、敵方には手強いタネ人間と中ポス、と勢揃いなんだけどなんか盛り上がらないなあ。謎の転校生がベルガモットの娘と言い出すのは、セーラービーナスがプリンセスを名乗ってたパターンのような。

今週はナゾの先生とナゾの転校生のエピソードだったけど、こういうのもっと早くやっとくべきだったんじゃないの?なんか短いシリーズなのにいろんな要素を詰め込みすぎて中途半端になってるような。もしかしたら詰め込んでるわけじゃなくって、単に脈絡なくエピソードを切り貼りしてるのかもしれないけれど。

まあ水樹奈々の高笑いが聞けたからいいけど。ところでセプティムってなんだったの?七番目のタネ人間とか?

ああ、3人目の魔法戦士の名前なのね。まあ、他に該当しそうなキャラいないけど、名前どっかで出てきてたっけ。

2005-03-04 (金) すげえ、天気予報あたってるじゃん

herecy82005-03-04

[]舞-HiME #22 くずれゆく……

めっきりと人が減った教室、こういうのエヴァにもあったよね。壊れたままの風景が、これまでの日常が決定的に失われてしまったことを覆いようもなく見せつけます。舞衣ちゃんもすっかりやさぐれちゃってます。

会長の留守を守って孤軍奮闘の遥を見守っていた雪之もついにキレちゃった。「余裕ないのよね」とミサトさんもつぶやいてたっけなあ。そこに立ち現れる黒耀の君は、どこまで計算してるのかしらん、無造作に放った一言で見事に遥を巻き込んだヒメ同士のもう一つのバトルへの道筋をつけます。

最後まで一人学園もの萌えマンガの世界で頑張っていたはるかちゃんも、静留が雪之をダシに挑発すると目つきが変わりました。みんなテンパちゃってるし、会長さんはもうなんか止まりません。

公式サイトに久しぶりに行ってみると、いつのまにかチャイルドの解説とか充実してた。会長の「清姫」だけ漢字なんだ。清姫と言えば「女の業」ということになってます。

しかし、チャイルドのモトネタって見事にバラバラだなあ。シスターのナイトみたいなチャイルドは聖ヴラス。これはもともとはヨーロッパの古い神様で、馬の男根が神格化されたもの。元をたどると古代インドまでつながってるらしい。→参照http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/horse.html

おや、水晶の姫が「二三のチャイルド?」となってますね。水晶の姫は昔死んだ娘の身体と二三のヒメ能力によって真白として存在していたということでいいのね。そもそもチャイルド=オーファンってなんなんだ、と忘れていた疑問が甦るなあ。

ラストに向けて人間関係がささくれ立って心の闇が曝け出されていく展開はエヴァを思わせるんだけど、人を想う気持ちが夜叉を生むってのは山岸凉子だよなあ。

[]

  1. 小中学校の防犯で、警察官が校内巡回をするのは
    • もはや必要 62%(28,690人)
    • 何もそこまで 38%(17,452人)
  2. 防犯用具の「さすまた」、実際に見たことある?
    • あります 17%(77,89人)
    • ありません 83%(38,373人)

防犯は専門家に任せるのが、少なくとも素人が時代錯誤の防犯訓練とかやるよりはよっぽど現実的だろう。政治的な思惑だけで動いてヘーキで時代錯誤になるってのはどうも終わってるとしか…

  1. 農水省調査、お店のアサリに「北朝鮮産」ゼロって
    • 驚いた 48% (22,186人)
    • 驚きはない 52% (23,935人)

まあ、スーパーとかでも北朝鮮産のアサリなんて見たことなかったもんなあ。驚きで言うなら、むしろ国内消費の3割が北朝鮮産って方が驚いた。

  1. ライブドア堀江社長の、挑戦的な発言や態度って
    • 割と好き 54% (25,038人)
    • 反感を感じる 45%(20,970人)

ほぼ半々だけど、僅差で好意派が多い。まあフジとニッポン放送が並んでやってた会見でほりえもんに肩入れする気になった人は多いかも。しかし解析見てもBB多いし、Yahooや楽天はけっこうイヤでもめにするけど、ライブドアって全然縁ないんだよなあ。まあとにかくホリエモンがんがれ。超がんがれ

2005-03-03 (木) ホントに雨になっちゃったよ、でも雪にはまだなってない

[]BSマンガ夜話 鋼の錬金術師

ハガレンだよ、もうやっちゃうの?完結したときにまたやりたくならない?

絵の上手い新人はいくらでもいるけど、マンガのうまい新人は珍しいとか、すっごくよく出来た「少年マンガ」だとか、今夜はうなづくばかりでした。

岡田斗司夫が、「こんなに深いマンガはない」と言い切れるのは十代でハガレンに出会えた人の特権と言ってたけど、まさにそんな感じ。私がローティーンの頃って微妙で、マガジンとかが劇画化してわーっと年齢層が上がってってポンと空洞化した端境期だった。後から見れば少女マンガで24年組が胎動して、頭角を現しだした頃なんだけれども同時代では見てないからねえ。ジャンプ版の悪魔くん千年王国とか、あのあたりかなあ。

2005-03-02 (水) 道路工事を眺める

[]BSマンガ夜話 事件屋稼業

ゲストは関川夏央

探偵とは生き方だ、の後には「銃口にとまった蝶のように美しい生き方だ」が続かないと。

メディア論というか、作品発表媒体としての雑誌とはみたいな話になっちゃって、マンガの方は絶賛大会で終わりというのはさみしいとか思ってたんだけれど、最後に関川夏央から続編の話があったんで見た甲斐があったというもの。ハードボイルドの探偵が60になってからの続編、だそうで。これは読みたいです。

[]ジンキ・エクステンド #9 ゲームの勝者

「あれからいろいろあったんだよ」であっさり赤青パートがつながったようです。なんのヒネリもない。赤青パートこきまぜての思わせぶりな謎演出はなんだったんだ。

無関係な大勢が死ぬとかシバが脅してますけれど、他に人っているのか?世界中に10人くらいしか住んでないような感じなんですけど。低予算の特撮でもあるまいに、戦うたびに山ん中行くのはなぜ。

シバとハチショウジンが敵方なのはわかった。で、彼らは何?なんで戦ってるの?侵略者の宇宙人とかなの?世界征服を狙う秘密結社とか?それともジンキ乗り同士のガンダムファイトみたいなもん?

とりあえず今やってるのはアカオをどっちが取るかというゲームらしいんだけれど。それに勝つとどんないいことがあるのかよくわかりません。しかしアカオってのも、戦いはイヤダと言ってたり、許せないとか怒ってたり、話の都合でクルクル変わるキャラだなあ。

2005-03-01 (火) コンビニに竹の子弁当が並ぶ季節

[]BSマンガ夜話 お天気お姉さん

読んだことがなくって、どんなマンガなんだろうとは思ってたんだけど、番組を見てもやっぱりどんなマンガなんだかよくわからない。

社会的な女性像ということで、中尊寺ゆつことかショムニの流れということだと、今なら安野モヨコ働きマン」とかにつながってるのかな。

男は性的な自分をプライベートとして切り離して社会的な人格を作るけど、女は社会的な存在と性的な存在とを両立させる、というようなことを橋本治が言ってたのを思い出した。セクハラとか、性的な存在を「おしつけられる」という文脈で性的な存在であるということがまずいことのように問題にされることに対して、社会的な存在と性的な存在とを同時に併せ持つのが人間であって、切り離してしまうのが不自然なんだというような話だった。

[]巌窟王 #20 さよなら、ユージェニー

ペッポをはじめ友人達の手助けでアルベールは結婚式場から花嫁をかっさらい、同時に踏み込んだ警官隊にカバルカンティ公アンドレアは逮捕される。ユージェニーは無事ニューヨークの音楽院に旅立って、サブタイトルの「さよなら」となる。復讐の決意は再生して立ち上がる若さを打ち砕く、手綱を緩めないと言ってますが、伯爵はアルベールをいじめるよりダングラールを破産させる方を優先したみたい。よく考えれば当然なんだけど、もっといぢめてほしいと思ったり。伯爵はスキンヘッドの部下を労ったり、なんかいい人っぽい今週でした。

フランツの最後の手紙はまだユージェニが持ってたんでしょうか。泣かせる名文でした。なによりもまず、フランツとアルベールの物語だよなあ、これ。