ねこまくら

1900 | 01 |
1999 | 12 |
2000 | 01 | 06 | 07 |
2002 | 01 | 08 | 10 |
2003 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 06 | 07 |
2015 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2016 | 03 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |
1480616
削除予定キーワード|アニメ|小説|マンガ|映画|はてなグループ|bookグループ|枕猫亭 amazon affiliate avis magica cubiculum

2017-04-24 (月)

[]ちはやふるー上の句ー/ー下の句ー

広瀬すずが綾瀬千早を演じた実写版。原作は競技かるたの世界を描いた末次由紀のマンガ。2時間の映画2本に収めるために割り切って、仲間を信じるチームとしてのまとまりに焦点を絞っている。ストーリーは千早が高校でかるた部を作るところから、最初の全国大会まで。小学生編は回想で多少出てくる程度。高校の部活を舞台にした青春映画としてまとめてるので、天才の凄みとか、そういうのは出てきません。上の句はともかく下の句はかなりオリジナル展開が多いし、キャラの性格も原作からは離れてる感じがします。忠実に原作を追っていたアニメ版とは対照的で、原作の雰囲気を期待していくと悲しい思いをしそう。ただ、変に原作をダイジェストして中途半端になるよりは、広瀬すずの青春映画で一貫させたことでまとまってると思う。広瀬すずに、集中して無になった千早は演じられないだろうし。でもそれだったら上下分けずに一本でもよかったような。

キャスティングは、メインキャラではかなちゃんがまあ、雰囲気近いかなあ。北央の須藤、ヒョロの二人がなんか一番イメージあってた。

id:herecy8:20170313

2017-04-19 (水)

[]パトリック・ロスファス「風の名前」

大森望が帯で絶賛してたので買ってみた。新人作家の思いっきり王道なハイファンタジー。街道の小さな宿屋「道の石亭」の主人が伝説の秘術士クォートの世を偲ぶ仮の姿であることを見破った紀伝家は、彼の「本当の物語」を記録することになる。三部作の第1部だけで文庫本5冊になるという長大な物語で、悠揚たる始まり方をゆっくり味わえる。

この1冊だけでは、世界の様子もよくわからない。文庫の最初に地図が載っているが、最初の舞台が田舎の小さな町だからか出てくる地名が地図上に見当たらないので、その地図のどの辺りで話が進行してるのかよくわからない。ただ日々の生活の様子や付近の風景など、異世界の雰囲気にたっぷりと浸ることができる。

クォートが回想する物語は少年時代から始まり、次巻以降では魔法学園での活躍だとか、さらに竜退治だとかファンタジーのあらゆる要素が登場してくるらしい。とにかく序盤で期待が膨らませることには成功してる。

2017-04-16 (日)

[]アトム ザ・ビギニング

若きお茶の水博士と天馬博士の青春時代。アトム誕生までの物語、ってアトム誕生まで随分先が長そうだけど。途中で20年くらいジャンプしたりするんだろうか。

原作をアレンジして、構成を変えてるのは尺合わせもあったのかな。1千馬力のインパクトアタックのテスト場面を冒頭に入れて伏線にしたのはアニメらしくなっていいと思うけど、事件の終わった直後にお茶の水博士たちが様子を見に行かずにパレードの続きを入れちゃうのはなあ。結局後になって事故現場に行くわけだけど、事故機の放置された現場に誰もいないってのはどうよ。

id:herecy8:20150903

2017-04-15 (土)

[]森見登美彦有頂天家族 二代目の帰朝」

アニメの放送も始まった。狸、天狗、人間が三つ巴となって京都で阿呆な騒動を巻き起こす毛深いファンタジーの二作目。「おもしろきことは良きことなり」の精神で妄想を詰め込めるだけ詰め込んだ、波乱万丈の阿呆小説

主人公下鴨矢三郎は狸である。その父下鴨総一郎は洛中の狸を束ねる「偽右衛門」として敬われていたが、狸鍋にされてしまった。総一郎を食ったのは金曜倶楽部である。金曜倶楽部は大正時代から続く秘密結社で、忘年会に狸鍋を食う。その金曜倶楽部の一角を占める弁天は妙齢の美人であり、矢三郎の初恋の相手でもあったが、天狗である。ただの女子高生出会った弁天を天狗にしたのが如意ヶ嶽薬師坊、大文字焼で有名な東山如意ヶ嶽に座す大天狗であったが、今では引退して出町商店街のアパートに住んでいる。狭いアパートの部屋で赤玉ポートワインを呑んでいるので赤玉先生と呼ばれている。また、総一郎亡き後、狸界の頂点に立ったのは偽電気ブランの利権を一手に握る夷川早雲であった。下鴨家惣領の矢一郎が夷川早雲と偽右衛門の座を賭けて争った大騒動の顛末は一作目「有頂天家族」となっている。

本作はかつて如意ヶ嶽薬師坊の弟子であり、師匠との対決に敗れて英国に逃げ出していた薬師坊二代目が京都に帰ってきたところから話は始まる。洋行とか帰朝とか、イキなワーディングである。

かつては天狗力に満ち溢れ、弟子を南座の大屋根から蹴落とした「赤玉先生」薬師坊も、今では南座の大屋根から滑り落ちないようにしがみつくのがやっとの有様。しかし天が下我より偉い者なしの唯我独尊な天狗的矜持は些かなりとも衰えない。斯くして天狗界における騒動の火種は蒔かれたのである。一方狸愛に目覚めて金曜倶楽部を除名された淀川教授は、矢三郎とともに木曜倶楽部を立ち上げ、反金曜倶楽部のゲリラ活動を展開していた。

そこに、地獄から抜け出してきた幻術師天満屋、捲土重来を期する夷川早雲、世界周遊から帰国した弁天が加わり、ただでさえ古の都を騒がせることとなるのだが、そこで敢えて波風を立て油を注ぐのが下鴨矢三郎である。これ総て阿呆の血のしからしむるところである。

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

2017-04-14 (金)

[]アリスと蔵六 #2 アリスの夢

「赤の女王」沙名が蔵六の孫娘早苗とまったりする回。かなり原作を膨らませてる。

これまで沙名が「思ったことはなんでもできるが、エネルギー効率を考えないとすぐエネルギー切れになる」というわかりやすい弱点を強調してて、1話冒頭でも、カロリーコントロールして遠距離ジャンプできないようにしてる、というセリフが入ってた。今回は、でかいホットケーキを出したらたちまち倒れてしまって、自分で食べ物を出してエネルギー補給するのは無理、というエピソードが入ってた。原作の補完だね。ブタはいっぱい出してたけれど、あれは食べるつもりがなかったからいいのか?

1話で一条さんがビン入りのマーマレードかなんかいっぱい出してたけど、あれは持ってきただけで能力で作り出したわけじゃないってことかな。

原作を整理して膨らませるのはいいんだけど、設定部分を補完してくのは、なんかツッコミどころを増やしそうな気がするが大丈夫だろうか。

あと、OPがついたね。キャラが自分の鏡像と手を合わせると波紋が広がるのは、よくあるイメージな気が。印象的で覚えてるのは押井守のゴーストインザシェルだけど、確か同監督の「天使のたまご」でもあったはず。キャラが並んで歩きながら、音楽に合わせて手を叩くのはふらいんぐうぃっちでもやってたよね。

2017-04-13 (木)

[]柳本光晴「響〜小説家になる方法〜」

響~小説家になる方法~ 6 (BIG COMIC SUPERIOR)

響~小説家になる方法~ 6 (BIG COMIC SUPERIOR)

処女作で芥川賞直木賞を同時受賞した響は、カメラマンを蹴飛ばして会見会場から逃走。関係者一同が大騒ぎしてる一方で、響は全然別の場所で、電車を止めていた。相変わらず、穏便に済ませられない主人公です。本人は穏便に済ませようとして、かえって事を大きくしてますね。

本名他一切の情報を出さない謎の女子高生覆面作家、でマスコミにはためらわず暴力を振るう、小説は桁外れの傑作、とこれでもかという話題性であっという間に伝説化しています。本人には世に出る気はないんだけれど、小説は書かずにはいられないし、読んだ人はそれを広めずにはいられなくなる。響が花代子にあげた吸血鬼小説を、花代子が新人賞に応募してしまった。賞を開催していた編集部ではたちまちアニメ化の企画が立ち上がる。ただし小説はまだ話の途中で終わっていて、アニメにするには分量が足りない。

響と花代子は頭を下げて取り下げに行くが、アニメ化に乗り気のプロデューサーとの対決になる。なんか強力な敵役が現れました。

id:herecy8:20161210

2017-04-12 (水)

[]人間プラモ「映画大好きポンポさん」

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62252019

pixivで無料公開されてるマンガです。天才映画プロデューサーのロリ幼女が、ドンドン才能ある人間を抜擢して、名作映画を作っちゃうという話です。話がストレートでわかりやすくて、面白くて、それで映画、というか作品を作り上げることの狂気と情熱と喜びが満ち溢れてる、そんなマンガです。あらすじが一言で言いあらわせる話でちゃんと面白い話ができるのは、大変すごいことです。マンガも親しみやすい絵柄で、読みやすいし、完璧です。これがポンと無料公開されてるって、どういうことよ。

pixivアカウントなかったら、これ読むためにアカウント作ったほうがいいです。タダだし、すぐできるし。

作品一覧のリンクから、同じ作者の他作品も読めます。とりあえず「猫村博士の宇宙旅行」を読みました。猫村博士が恒星間宇宙船を作って、宇宙の真理と宇宙美女を求めて宇宙を探検する話です。あらすじだけ聞くとアナクロなSFっぽいですけど、読み始めると一気に読んじゃう面白さです。

2017-04-11 (火)

[]有頂天家族2

「この世に毛深き恋のなかりせば」

森見登美彦有頂天家族 二代目の帰朝」のアニメ化。有頂天家族の続編である。

二代目とは赤玉先生の息子。親子ゲンカの末に英国に留学していた二代目が京都に帰ってきたところから話は始まる。シルクハットの紳士然とした二代目は、なんだか怪盗キッドみたいだ。

現代の戯作とでもいうような、漢語をちりばめつつスラスラと調子の良い原作小説の雰囲気のままに、ノンシャランとした空気感のアニメで、1期からの流れですんなりと始まった。

2017-04-10 (月)

[]吉田秋生海街diary 恋と巡礼」

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)

鎌倉で暮らす四姉妹の恋と仕事と日常と、人と人との繋がりを描いたマンガ。8巻目は三女チカちゃんとアフロ店長がメイン。

三姉妹の家に中学生のすずが末の妹として引き取られてくるところから始まったこのマンガは、最初はサッカー少女すずが主人公でサッカーチームの話が中心だったけれど、次第に姉たちの恋と仕事の話が膨らんでいき、近所付き合いから親戚付き合いも含めて、それらが有機的につながっていって、子供から老人までそれぞれのドラマが重層的に展開されている。これだけの幅のあるキャラクターを生き生きと動かして、しかも生き死ににカネが絡むような重たい話をしっかり逃げずに描いて、きっちりコメディに仕上げてる。

少女マンガでギャグ顔とかって、カワイイ崩し方するんだけど、7巻あたりから、敢えてブサイクみたいなメチャクチャな表情のコマが混じるようになった。こみ上げる不安に、カッパみたいな顔になってるすず、とか。男の顔はいくら崩してもいいけど女の顔はブスにしちゃダメ、みたいなタブーに挑戦してるのかなあ。とりあえず妙な違和感は醸し出されてる。女性読者から見たらまた違うんだろうか。

id:herecy8:20150705

2017-04-09 (日)

[]ID-0

谷口悟朗のオリジナルロボットアニメ。連盟アカデミーの学生ミクリ・マヤはオリハルト鉱脈の小惑星上でiマシン使用中に事故に遭う。救助された先は、宇宙をまたにかけて海賊同然のオリハルト採掘を行ってるエスカベイト社の宇宙船だった。

オリハルトは危険で便利な貴重な鉱石。iマシンは極限環境用の巨大作業ロボット。直接搭乗する代わりに、自分の意識を転送して操作する。本体が現場に行かないで済むのがポイントで、最悪iマシンが破壊されても本体にバックアップの意識をロードすればいい。ただ、iマシンが稼働中に本体にバックアップをロードすると困った事態になるのでできないようになっていると思われる。

オリハルト鉱脈調査中の事故でマヤは置き去りにされるが、どうやら指導教授がマヤの調査データを横流ししていた模様で、事故も本当に事故だったのか怪しい感じ。

マヤは助けてはもらったものの、自分の本体が乗った宇宙船に戻れないので、本体に戻れない。仕方なくエスカベイト社の採掘作業に協力するが、それは違法採掘中の同業他社と競り合う違法採掘だった。

宇宙のロボットバトルはSDCGがハマるネタだね。最近こういうの見てなかったから、いかにもなOPもなんか懐かしい感じ。

主人公は専門課程の優秀な学生ということで、オリハルト採掘に関する知識は豊富ながら現場は不得手で、気弱で周囲に流されてくタイプ。エスカベイト社は独立系の零細企業なのか、叩き上げガテン系の職場で、マヤは右往左往しながらも分析データ提供で協力する。

とりあえず必要な状況説明をテンポよくエピソード内で提示して、ヤマ場と引きがあって、次が見たくなる1話だった。なんか面白そう。最後にチョロっとマヤの本体が戻ってたけど、これは次で説明があるんだろうか。なんか時間がなくて押し込んだ感じがしたけれど。

2017-04-08 (土)

[]夜は短し歩けよ乙女

森見登美彦がブレイクしたヒット作「夜は短し歩けよ乙女」の劇場アニメ化作品です。大きく手を振って元気に歩く黒髪の乙女がいいですね。詭弁論部の詭弁踊りは、ウナギの様にヌラヌラと詭弁を弄するウナギ野郎のウナギ踊り、だったはずですが、一目でヘンテコ踊りと分かるヘンテコさなので、まあいいんじゃないでしょうか。原作が春夏秋冬四季巡る1年の話だったのが一晩の出来事になったために、わけわからなくなったところもありますが、なんかこう「正気に返るスキを与えない」ひとつながりの夢のようなお話になったと思います。

京都の裏道を走る満艦飾の3階建電車とか、糺ノ森の古本市で本棚の間の狭い通路の奥に現れる不思議な部屋とか、原作では幻想的ながらどこか怖ろしいイメージがあったのですが、映画では異界につながるような不気味さは無くなっていたのが惜しまれます。

同作者の「四畳半神話大系」と重なるキャラクターも多いので、合わせて読むと興趣が増します。

id:herecy8:20090228

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

2017-04-07 (金)

[]ゴースト・イン・ザ・シェル

IMAX3Dで見てきました。3Dの没入感は強かったですね。

押井守が。これは実写映像を素材にしたアニメ映画だ、と言ってましたが、まさにそんな感じ。アニメが実写映像に近づく一方で、実写はアニメに近づいていく。ディズニーも美女と野獣のアニメ版をそのまま実写化してるし。なんなんだろう。

で、映画の中身はというと、アニメのシーンをそのまま実写化してたりとか、「攻殻」的イメージにたっぷりと浸れます。再現度ハンパないです。アジアっぽい未来都市はホログラムだかARだか、デジタルイメージに溢れてて、道をでっかい鯉が泳いでたり、ビルぐらいあるでっかい姉ちゃんや兄ちゃんがなんだかわかんない宣伝してたりして、ブレードランナーとかとはまた違った、異様な風景です。フチコマ出てこないけど、犬は出てきます。押井好みなでかい犬。

でも、このお話は「攻殻」じゃないよねえ。換骨奪胎。少佐がアジア系俳優ではない、スカーレット・ヨハンセンがキャスティングされてることも含めて、筋は通ってるし、確かにシェルの中のゴーストの話です。素材もこれまで制作されてきたいろんなアニメ作品から色々取ってきて監督のリスペクトは感じる。けど、えらくウェットな話になってる。ハリウッドで米国市場向けに作るとこうなるのかなあ。敵役が人形使いっぽいけど人形使いじゃないのも、なんかダマされたような感じ。

冒頭の有名なシーン、ビルの上からダイブして光学迷彩で消えるとこ、原作は外交特権で手の出せないスパイを暗殺するんで、姿を隠す意味があったんだけど、映画だとなんで消える必要があったのかよくわからない。別に光学迷彩は空が飛べる機能じゃないんだけれど。

ゴーストはsoulだと、何度か繰り返してた。初見の客にリーチしようとしてたのかなあ。あと「義体」は英語のセリフではsynchronized shell と言ってた気がした。

しかし、ビートたけしが出るのは知ってたけど、桃井かおりが出てきたのは驚いた。しかもビートたけしは一人だけ日本語喋ってるのに桃井かおりのセリフ英語だし。

映画見てから、改めて押井守攻殻機動隊Ghost in the Shell見たら、やっぱりカッコよかった。

2017-04-06 (木)

[]アニメ調査室第44回2017年1-3月期終了アニメアンケート

http://anime-research.seesaa.net/

{総評、寸評など}

44,けものフレンズ,B

ヒトが居なくなって人工物が廃墟になっても、別に世界の終わりではないよ。新鮮な驚きと素直な好奇心に満ちたフレンズの世界観が人間中心主義を脱構築する、なんちて。萌えアニメっぽくみせながら、アニメの演出が萌え方向じゃなくてフレンズ化した動物の生態や習性の描写に特化してるようで、SFマインドが妙に後を引く不思議なアニメだった。

しかし時系列としてはマンガ版(パーク通常営業中)>ゲーム版(セルリアン襲来で休園)>アニメ(セルリアン退治に失敗して放置)の順の方が自然な気がするんだけど、考察サイトとか見てると、ゲーム版>マンガ版>アニメという時系列が前提みたいなのはなぜ。

53,3月のライオン,A

とにかく原作通り、というか原作を超再現してた。原作の細かなカキモジまで拾ったり、川本家の団欒とかシーン一つ丸ごと1コマに圧縮してあったりするのを解凍して、それぞれの会話に戻して芝居を見せたりで、原作消化もゆっくりだった。さらに原作って、モノローグのレイヤーが二重になってたりするから、それもこれは誰のモノローグで、これはナレーションで、と割り振って順番を付け、アニメのリニアな時間軸に乗っけていて、手間をかけて丁寧にアニメ化していた。

2017春調査(2017/1-3月期、終了アニメ、68+2+1作品) 第44回

01,鬼平,x

02,風夏,x

03,幼女戦記,F

04,闇芝居 4期,x

05,信長の忍び,x

06,双星の陰陽師,x

07,銀魂 新シリーズ,x

08,戦国鳥獣戯画 乙,x

09,超・少年探偵団NEO,x

10,魔法使いプリキュア!,x

11,霊剣山 叡智への資格,x

12,亜人ちゃんは語りたい,x

13,遊戯王アーク・ファイブ,x

14,南鎌倉高校女子自転車部,x

15,青の祓魔師 京都不浄王編,x

16,ふるさと再生 日本の昔ばなし,x

17,少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん,x

18,昭和元禄落語心中 助六再び篇,x

19,マーベル アベンジャーズ・アッセンブル,x

20,スクールガールストライカーズ Animation Channel,x

21,機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season,x

22,レゴ ネックスナイツ (ロックモンスター編),x

23,フューチャーカード バディファイト DDD,x

24,チェインクロニクル ヘクセイタスの閃,x

25,バトルスピリッツ ダブルドライブ,x

26,この素晴らしい世界に祝福を! 2,x

27,リルリルフェアリル 妖精のドア,x

28,ちいさなプリンセス ソフィア,x

29,デュエル・マスターズVSRF,x

30,小林さんちのメイドラゴン,x

31,ガヴリールドロップアウト,x

32,なめこ せかいのともだち,x

33,ピアシェ 私のイタリアン,x

34,がん がん がんこちゃん,x

35,ベイブレードバースト,x

36,ちるらん にぶんの壱,x

37,どちゃもん じゅにあ,x

38,政宗くんのリベンジ,x

39,ハンドシェイカー,x

40,カミワザ・ワンダ,x

41,ねこねこ日本史,x

42,にゃんこデイズ,x

43,タイムボカン24,x

44,けものフレンズ,B

45,クラシカロイド,x

46,エルドライブ,x

47,セイレン,x

48,プリパラ,x

49,ぼのぼの,x

50,クズの本懐,x

51,アイドル事変,x

52,うらら迷路帖,x

53,3月のライオン,A

54,あはれ! 名作くん,x

55,Rewrite 2ndシーズン,x

56,Spiritpact (スピリットパクト),x

57,あいまいみー Surgical Friends,x

58,MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang,x

59,TRICKSTER 江戸川乱歩「少年探偵団」より,x

60,AKIBA'S TRIP THE ANIMATION,x

61,NARUTO ナルト 疾風伝,x

62,SUPER LOVERS 2,x

63,ACCA13区監察課,x

64,CHAOS;CHILD,x

65,ALL OUT!!,x

66,One Room,x

67,彼岸島X (ネット配信),x

68,ナンバカ 2期 (ネット配信),x

69,ろんぐらいだぁす! (全12話),x

70,はいふりOVA 前編,x

参考調査

t1,テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第2期 (24話まで),x

2017-04-05 (水)

[]ゆうきまさみカサハラテツローアトム ザ・ビギニング

NHKでアニメ放送も始まる、若きお茶の水博士と天馬博士の青春時代。A106にウランちゃんみたいな妹もできた。アイドルチョームカつくとか言っていきなりケンカ売ってるけど。

人間の与り知らないところでロボット同士がケンカしたり仲直りしたりしていて、表情が全く変わらない機械の仕草が饒舌な感情表現になっているんだけど、より深い感情表現になると、動きもなく構図だけで伝わってくる。

しかし、アトム誕生は随分先だよね。アトムより先にまず、トビオが生まれるわけだし。

id:herecy8:20161206

id:herecy8:20150913:p1

アトム ザ・ビギニング1(ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング2(ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング3(ヒーローズコミックス)

アトム ザ・ビギニング(4) (ヒーローズコミックス)

2017-04-04 (火)

[]白井カイウ出水ぽすか約束のネバーランド

帯に4巻が脱獄編フィナーレ、と書いてある。密度の濃いサスペンスで、一気にクライマックスに向かうようだ。ハウスを脱獄するだけでは話は終わらないと思うが、どう続けるのか期待せずにはいられない。

首筋のナンバーについては考察があった。通し番号(納品番号?)を逆にしたものではないか、という推定で、説得力はある。ただなぜ逆にしてるのかは不明。子供に一連番号だと悟られないようにするためか?生まれた時から、周り中みんなついてるんだし、そういうものだと思うだけではないのか。むしろ逆にしてある方が、興味を引くのではないか。毎日勉強して知能を発達させてる子供たちなんだし。他に何か意味があるのだろうか。

コミックスのカバーを外した表紙の絵が、伏線になってる。1巻は少女時代のイザベラ。

2巻は、3巻で出てくる謎のペンと、「B 06-32」という記号。それからフィルがミネルヴァの蔵書印の絵と"HARVEST"の文字を書いてる。そもそも蔵書印の秘密に気づいたのがフィルだし、なぜか重要な場面に居合わせてることが多い気もする。フィルはコミックスのカバーに3冊とも入ってるし、何か重要なカギになるのかもしれない。

3巻は水浸しになった門とグランマのシルエット。周りに散乱する封筒と手紙には焼け焦げたような跡。これは過去のことなのか未来のことなのか。

レイがクローネに差し出した「別の餌」がなんなのかもまだ不明。イザベラの信用を失墜させる事実で、ハウス内ですぐ確認できるものだが、イザベラ当人も知らないはずのもの。当人が知らない事情であるならば、イザベラの不正なり偽装を暴いたというものではない。イザベラが子供を「制御」できていない証拠、というものがあるなら条件には合致するが、グランマがスルーするのはおかしい。例えば、グランマがイザベラを手駒として使うために、何か記録を改竄していて、その痕跡が残ってるけれど、改竄がグランマによるものであることまではわからない、というようなものならば条件には合致する。ただそうなると、レイはノーマンたちに話してる以上に農園システムに詳しいということになる。

なお、グランマは、イザベラがエマたちを制御しているのと同様に、イザベラを「制御」していたらしい。つまりイザベラも、脱獄しようとしていた、ということらしい。

id:herecy8:20170309

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

2017-04-03 (月)

[]オデッセイ

火星に一人取り残された宇宙飛行士が、生き抜いて無事生還する話。

観てる間は気にならなかったけど、終わってみたら2時間半で、結構長い映画だった。アクションシーンとかサスペンスを煽るような演出も特にないけれど、困難を一つ一つ、細かい工夫や大胆な解決法で乗り越えてくのが、観てて楽しい。常に死と隣り合わせな緊張感はあるのだけれど、例えば似たようなシチュエーションのアポロ13と比べてどこかゆったり観て居られるのは、息詰まるような狭い宇宙船の中とは対称的な見渡す限りの広大な火星の荒野が、寂寥と孤独を深める一方で、観客にある種の開放感を与えてくれるからかもしれない。

火星基地に残ってた音楽が、船長の趣味で昔のディスコ音楽ばっかりだった、という設定でドナ・サマーのホットスタッフだの恋のサバイバルだの、恋のウォータールーってアバだっけ、1970年代くらいのディスコ音楽が流れてたのはなんだか微妙な感じ。これは劇場版新エヴァ破で昭和の歌謡曲が流れてたのと似たようなものか?違うか。

2017-04-02 (日)

[]アリスと蔵六

初回は60分の特別編成で、原作Chapter1相当を放映しました。最初の逃亡シーンも構成し直して、大騒動の後始末とかも、うまく膨らませて、分かりやすくなってました。別に原作がわかりにくいということじゃないけれど、マンガでは良くても原作のままアニメ化したらやっぱり詰め込みすぎでわかんなくなっちゃいかねないから。このくらいの謎の見せ方でちょうどいい。

蔵六の車ミニにしたのか、と思って原作読み返したら、ちゃんとミニのエンブレム付いてた。おお、気づかなかったよ。

車とかCGにするのはいいけど、えらく安くね?1話の見せ場なんだし、もうちょっとなんとかした方が。そもそもJ.C.STAFFのCGってなんか色気無いんだよなあ。蔵六が車を止めた後、背景が止まらずにずっと動いてたのはかなり大きなミスだったのでは。

id:herecy8:20170401

2017-04-01 (土)

[]今井哲也アリスと蔵六

紗名は「アリスの夢」と呼ばれる特殊能力者の中でも、あらゆる想像を具現化するというメチャクチャな超能力を持っている。沙名は閉じ込められていた研究所を抜け出し、花屋の頑固爺梶村蔵六と出会う。アニメも始まります。

沙名だけじゃなく、出てくる女の子がみんな可愛いです。「アリスの夢」って子供だけかと思ったら全然そんなことないんですね。

なんだか訳のわからない特殊能力合戦も面白いけど、基本的には自分の夢の中に閉じこもっていた沙名が少しずつ世界を広げていく話です。

6巻、7巻は「赤の王」編で、沙名を生み出し、アリスの夢を生み出してるらしい「ワンダーランド」に話が移っていって、なんかドンドン風呂敷広げまくってる感じなんですが、これってちゃんとたたむ気あるの?というか、たたみ方知ってるの?SFっぽい展開だけど、これってファンタジーだよね。アリスの夢同士が特殊能力使ってケンカして、仲良くなってくとことかすごい面白いんだけど、社会全体を巻き込むような展開になってくるとプロットがついてってないような。

ちなみに、「ワンダーランド」は不思議の国で、「鏡の門」(ルッキング・グラス)は「鏡の国のアリス」Through the looking glassからですね。かなりあちこちにアリスネタ仕込んでます。