3D小説 黒崎リョウ

2013-05-13

まえがき


「3D小説」のページに、ようこそ!

 3D小説とは、インターネット上で公開されている小説です。
 岡田アユミと黒崎リョウ、2人の視点で描かれた「小説パート」と、少年ロケットと読者たちがTwitter上でやりとりする「現実パート」で主に構成されています。
 通常のインターネット小説とは違っている部分がいくつかありますが、あくまで「小説である」としてお読みいただくのが、もっとも適切だろうと思います。
 下記の「3D小説を読む」をクリックすると、本文1ページ目に移動します。
 そこから、「全編」あるいは「共通」とあるリンクを辿れは、余すところなく3D小説をお読みいただけます。
  3D小説を読む

★イベント「3D小説」
 イベントとしての3D小説は、企画責任者である少年ロケットがグループSNEのTwitterアカウント上で、5月2日〜5日に開催いたしました。
 このブログには、「小説パート」の一方、「黒崎リョウ視点」の物語を掲載しています。

★もくじ
「3D小説」全体の目次はこちら。
http://d.hatena.ne.jp/RocketJump01/20130510/p2

★ページリンク
 各ページの下部には、「back←」、「→next」と書かれたリンクがあります。このリンクに併記されている言葉の意味に関しまして、説明いたします。

全編
「小説パート」と「現実パート」をまとめ、この企画の全体を追っていただく方用のリンクです。
 このリンクで企画全体をご覧いただくことを、強くオススメいたします。

現実
 当ブログに掲載されている、Twitter上でのやりとりのみを追うためのリンクです。

岡田
 岡田アユミ視点の物語のみを追うためのリンクです。

黒崎
 黒崎リョウ視点の物語のみを追うためのリンクです。
 
共通
「全編」をお読みいただく場合でも、個別に「現実」「岡田」「黒崎」をお読みいただく場合でも、次のページが同じ場合は「共通」と記載しております。

★掲載tweetに関して

 当ブログに掲載しているtweetは、すべて発言者様の許可を得ています。
 もし転載しているtweetに問題がありましたら、誠にお手数ですが、該当するご自身のアカウントからグループSNEのtwitterアカウント(https://twitter.com/GroupSNE)にご連絡いただけますようお願いいたします。
 tweetの文面には一切手を加えておりませんが、読みやすさを考慮し、発言の順序を入れ替えさせていただいています。

 また、連絡がとれなかった方のtweetのかわりに、こちらで作成した代用tweetを掲載している箇所があります。それらはユーザー名「DaiyouAccount」でtweetしています。
 許可を頂け次第、本来のものに差し替えさせていただきます。

★その他
 少年ロケットのTwitterアカウントはこちら。
 https://twitter.com/superoresama
 今後、もし「3D小説」に関する動きがあれば、このアカウントでアナウンスされるかもしれません。
 少年ロケットはしばらく眠っていて、当分はなにも呟かないらしいので、お気軽にフォローお願いいたします。


全編 →next
黒崎 →next

















.