3D小説 黒崎リョウ

2013-05-02

Scene1 22:30〜 1/3


 どこかで、人生を大きく間違えた。
 今のオレをみればわかる。間違えたのだけは間違いない。
 もし愚痴っぽく聞こえたなら許してほしい。それは本意ではない。
 確かにオレは現状にも、これまでの何もかもにも不満だが、少なくとも絶望はしていない。

「生きてるってことは、それだけで奇跡的に幸福なのさ」
 と、父はよく言っていた。
 誰かに言い訳をするときのような、自信のない笑顔だった。彼はそういう曖昧な表情を、よく浮かべた。
「腹が減っていなけりゃなおいい。でも減っていてもいい。次の飯がより美味くなる」
 彼は今、腹を減らしているだろうか?
 きっとそんなことはないだろう。
 組織にとって、父は重要な価値を持つ。

 組織における父は、消耗品だ。
 構成員どころか飼い犬にも及ばない――ボールペン、コピー用紙、ダブルクリップ、それから父。
 なのに父は、重要な価値を持っている。
 ただの消耗品だとしても、ボールペンとは違い、彼は世界に、ひとりだけしかいない。極めてレアリティの高い消耗品だ。


back← 全編 →next
      黒崎 →next

















.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証