3D小説 黒崎リョウ

2013-05-02

Scene1 22:30〜 2/3


 組織にとって、父が重要な理由は2つしかない。
 指先にきちんと指紋がついていること。
 それから、今まで警察に指紋データを取られるような事態に一度も出くわしてこなかったこと。
 この、たった2つ。

 オレにとっての父の重要性は、もう少しだけ違う。
 オレが確かに父の血をひいていること。そして、彼がかつて、ゲーム機を買ってくれたこと。
 そのゲーム機はすぐに手放すことになった。謝るオレに、父は言った。少しだけ悲しげな声で。
「なんだって、いつかはなくなるもんさ。腹が減るから次の飯は美味いんだ」
 彼は善人だ。
 少なくとも、警察に指紋データを取られたことがない程度には。
 そして、善良な血縁者を恨む気には、オレはなれない。
 
 もちろん父は、オレの人生を色々な形で歪めてきた。
 例えば10年前、あの街を離れなければならなかったのは、父の仕事のせいだ。仕事は上手くいかなかった。借金を増やした父のもとで、オレはまともに学校に通うことも叶わなかった。
 父は借金を理由に、厄介な――そして社会的に正しくない――仕事も請け負いはじめた。話を聞いてしまえば決して抜けられない、もし抜けようとしたなら呆気なく命を失うタイプの仕事だ。
 その仕事の取引相手は、シンプルに「組織」と呼ばれた。
 組織は、オレにもその仕事を手伝うよう強制した。
 もちろん、別の選択肢もあっただろう。どこか遠くへ逃げ出すこともできた。父の命より一般的な正義を優先し、すべてを警察にさらけだしてもよかった。
 でもオレは結局、組織に加担している。

 父は善人だ、と先ほど言った。
 あれは嘘だ。
 オレたちの仕事とは、トレインマンを創り上げることなのだから。


back← 共通 →next



















.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heroeggk/20130502/p3