3D小説 黒崎リョウ

2013-05-02

Scene4 23:20〜 1/3


 角に車を止めた。真上の街灯が、数秒に一度、チリッと音をたてて消える。
 運転席から出て、車体に背中を預ける。コートのポケットに手を突っ込み、彼女が来るまでの間、大人しく待つことにする。
 人通りが少ない裏路地で、音はない。視線を地面に落とすと、街灯に照らされた自分の影がぼんやりと見える。
 身長はもとよりでかい方だが、アスファルトに張り付いたそいつは、さらに巨大で不気味だった。思わず眉根を寄せる。
 普段は被らないキャップ帽が悪いのか、得体のしれない男に纏わりつかれているような、不快感があった。
 トレインマン? 馬鹿馬鹿しい。それは、オレだ。想像を振り払うように、足元の小石を蹴る。
 石を視線で追うと、ちょうど、先の角から少女が現れた。
 ――彼女だ。
 予定よりも少し早い。彼女は焦ったような足取りで、こちらに向かってくる。
 オレは目を細め、息を整え、自分に言い聞かす。
 大丈夫、上手くやる。何も怯えることはない。
 もう一度だけ、足元の影に視線を落とす。――トレインマン。
 お前がオレを支配しているんじゃない。逆だ。オレがお前を演じてやるんだ。わかっているな? トレインマン。
 女性が目の前を通り過ぎようとする。意識的に強い声を出す。
「すみません」
 同時に、ポケットから右手を抜きだす。
 黒い銃口が、振り向いた彼女の胸を捉える。
「――トレインマンを、ご存知ですか?」


back← 共通 →next



















.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heroeggk/20130502/p8