3D小説 黒崎リョウ

2013-05-03

Scene17 1/3


 馬鹿みたいによく晴れた日曜日、オレは初めて、同級生の家を訪れる予定だった。
 鞄の中に、確かにゲーム機が入っているのを確認してアパートを出た。これだけは忘れちゃいけない。友達を作るための、重要アイテムなんだから。
 約束の時間には早すぎる。モップのところに寄って行こうと思った。
 あいつの飼い主はまだ見つかっていない。近所の動物病院を回ってみたけれど、まともな回答は得られてない。焦りもあるけれど。
 ――慌てるな。
 と毎日、自分に言い聞かせている。
 野良犬というのは、大げさではなく、命を危険に晒している。まともな大人なら、野良犬の話を聞けば保健所に連絡を入れることもあるだろう。慌てて、騒ぎを大きくしてはいけない。注意を払わなければ、オレのせいであいつを殺してしまう。
 とはいえ、時間がないのも事実だった。
 いつまでもあの公園にはおいておけない。
 次の、あいつの行き場所を考えた方が良いかもしれない。
 ふと疑問が湧きあがった。
 ――オレは、ゲームなんてしてる場合か?
 首を振って、誤魔化す。
 今日だけだ。今日だけは、許して欲しい。
 ――同級生の、友達ができそうなんだ。
 それはオレにとって、避けようのない誘惑だった。

 きっとオレは、幸福な未来への予感に甘えていた。
 それなりには現実というものの、硬く冷たい手触りを知っていたはずなのに。
 オレは、忘れていた。


back← 全編 →next
back← 黒崎 →next



















.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証