3D小説 黒崎リョウ

2013-05-03

Scene20


 その、翌日のことだ。
 もちろん約束をしていたクラスメイトには責められた。予定をすっぽかしたのだから、仕方のないことだ。
 でも、そんなことよりもオレは、窓際の吉川アユミが気になっていた。
 うつむいていて、彼女の表情は見えない。
 でもなぜだか、吉川が泣いているような気がした。
 ――お前は泣くなよ。
 こっちまで悲しくなる。
 きっと、彼女を泣き止ませるためなら、今度こそ、なんの躊躇いもなく、ゲーム機を売り払えるだろう。


back← 全編 →next
back← 黒崎 →next



















.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証