3D小説 黒崎リョウ

2013-05-03

Scene21 2/2


 ずいぶん悩んで、オレが選んだのはペンダントだった。
 白と黒、2つのペンダント。白い方はちょっと変わったハート型で、黒い方は牙のような形をしている。その2つを組み合わせると、一回り大きな、綺麗なハートになるのだ。
 オレは白いハートを彼女に贈った。
 黒い方は、ずっと持っているつもりだった。
 彼女は、泣きながら――本当に気持ちよく泣く奴だ、
「次に会うまで、交換しよ」
 そう言った。
 オレたちはお互いのペンダントを交換し、約束する。
「いつかさ、毎日ここを、一緒に歩けるようになろう」
 彼女は大きく、頷いた。

 その約束が叶うことは、もう決してないだろう。
 ペンダントだっていつの間にか失くしてしまった。
 だが今でも、オレの救いではあり続けている。
 彼女が幸福に暮らしている姿を想像する時間だけ、オレは仄かに、安らいでいられる。


To be continued


back← 全編 →next
back← 黒崎 →next



















.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証