3D小説 黒崎リョウ

2013-05-03

Scene15


 モップが足元にじゃれてくる。
 手の甲で涙を拭いている吉川の隣で、オレは言った。
「やっぱりさ、こいつの飼い主を探した方がいいと思うんだ」
 家族というのは幸福の象徴だ。
 モップだって、戻れるなら本当の家族の元に戻った方が良いに決まっている。例え、一度嫌われたとしても。一緒にいれば、また仲良くなれる日が必ず来る。
 でも吉川は不満げだった。
「ねえ、ここで飼おうよ」
 と彼女は言った。
「段ボールか何か持ってきて。古いタオルをひいて。ご飯くらいならなんとかなるよ」
 オレは首を振る。
「だめだよ。今はいいけどさ。寒くなったら、風邪をひいちゃうだろ」
 こいつは、家族のところに戻るべきなんだ。
「でも――」
「それに、保健所に見つかったら、殺される。殺処分。あいつらは邪魔な犬を殺すんだ。それが仕事だ」
 仕事がとても大切なものであることは、理解していた。母は仕事のことばかり考えている。父も仕事で、いなくなった。
 言い過ぎた、と気づいたのは喋り終えたあとだ。吉川が表情を固めている。
 オレは無理に笑ってみせた。
「よかった」
「え?」
「また、泣くかと思った。吉川、泣き虫だから」
「そんなことないよ。さっきのは、例外」
「嘘だろ」
「ホントだよ。例外中の例外」
 実は知っていた。
 クラスで見る限り、吉川は簡単に泣くような女の子じゃない。
 どちらかというと、もの静かで、だが芯の強い少女に見えた。


back← 全編 →next
back← 黒崎 →next



















.