3D小説 黒崎リョウ

2013-05-04

Scene23 10:30〜 2/5


 あの少女――岡田と言ったか。
 昨晩から今朝にかけて、彼女がこのマンションに戻った様子はなかった。となれば、オレを警戒して他の場所に姿を隠したのだろうか。現実的な判断だと思う。
 でも、どこに?
 上手く思い当たらなかった。彼女に関する情報が少なすぎる。頭があまり働かない。
 腕時計を見ると、午前10時30分。
 うたた寝をしていたのは、ほんの数分間らしい。疲れているからか、ずいぶん眠ったように感じたのだけれど。
 少し空腹だ。
 睡眠欲よりは、食欲の方が短時間で満たせる。
 ここを見張る意味も、あまりないだろう。朝食をとろうと決めた。


back← 共通 →next



















.