3D小説 黒崎リョウ

2013-05-05

Scene35


 ベレットに乗り込み、国道に出る。
 ふいに、ポケットの中のスマートフォンが震えた。
 組織か。
 しかし、取り出し画面を見ると、そこには見知らぬ送信者名がある。
 ――少年ロケット?
 誰だ。迷惑メールか。
 受信フォルダからメールを開く。簡潔な文面。

 お前ら、愛の力って信じる?

 オレはふっ、と笑いをこらえきれず、
「当然」
 思い切り強く、アクセルを踏み込んだ。


back← 全編 →next
back← 黒崎 →next



















.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証