3D小説 黒崎リョウ

2013-05-05

Chips - no.25「黒崎の行動原理」


 彼の中には、2つの矛盾した思いがある。
 それは「生きてるってことは、それだけで奇跡的に幸福なのさ」という父の言葉を信じようとしている彼と、どこかで否定している彼だ。
 生きているだけで幸福だと信じる彼は、自身を生んでくれた両親を無条件で愛することに決めた。その決意通りに生きてきた。彼は、家族が命を落とすような状況は、なんとしてでも避けなければならないと考えている。
 だが一方で、「生きていること」以上の幸福を欲する思いも、もちろんある。そして、その感情を黒崎に自覚させたのが、吉川アユミだ。


back←



.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heroeggk/20130505/p2