3D小説 黒崎リョウ

2013-05-05

Scene32 13:00 〜 2/2-fullheart 1/2


 黒い拳銃。
 最初、コンビニで少女が呟いたとおり、ベレッタというのがその銃の名前だ。
 少女を見つけると同時に、オレは迷わずベレッタを引き抜いていた。
 気配に勘づいたのか、少女が顔をこちらに向ける。
 その表情が、固まる。
 まるで紐の絡まった操り人形のように、無理やりに後ろを振り返り、やってきた道を駆け戻ろうとする。
 しかし、足をもつれさせ、倒れる。
 ――怖いのか?
 そりゃそうだ。オレはトレインマンだ。拳銃だって持っている。
 少女は手をついて起き上がろうとするが、その動作すら、ままならない。
 ――恐ろしいのか? このオレが、そんなにも。
 近づき、見下ろすと、少女の背中にオレの影が圧しかかっていた。キャップ帽をかぶった長身の男。トレインマン。確かに、化物じみている。
 彼女は既に抵抗をやめていた。絶望で身体が動かないのか。
 それなら、それでいい。
 オレだって、逃げ惑う少女に何発も、冷たい銃弾を撃ちこみたくはない。
 銃口を、その小さな頭に向ける。
 その時だった。

 なにかが、輝いた。

 前方だ。少女が顔を上げて見つめる、その先。
 ひょろりとした木の、下から2本目の太い枝――幹から15センチほどで切られた、ただ突起のような枝に、輝くものが引っかかっている。
 ――あれは。
 ペンダント。
 2つの、ペンダントだ。
 白と黒。左と右。2つで1つのそれらは今、正しい形となり。
 綺麗なハートとなり、そこにある。
 なぜ、ここに? 目を見開く。
 オレが失くしたもの。東京で仕事をしている間に、落としたのだと思っていた。必死に探したのに見つからなかった。
 なのに今、それはまぎれもない奇跡として。
 現実として、そこにある。
 オレは声を出せないでいる。
 ただ見つめていた。
 なにかとんでもない奇跡が、今まさに起こっているのだと思った。

 少女が立ち上がる。
 奇跡に向かって、歩く。


back← 全編 →next
back← 黒崎 →next



















.