3D小説 黒崎リョウ

2013-05-05

Scene33 3/3


 吉川が走ってくる。
 妙に、納得した。あいつが走り出さないわけがない。
 あのときだって、そうだった。吉川は、誰かのために走るんだ。
 変わっていない。
 そう思うと、たまらなく嬉しくなる。
 でも。
 何も話さずに別れようと思った。それが彼女のためだろうと思った。
 ドアに手をかける。
 引きあけようとして、ガラスに映り込む顔に気づいた。

 ――吉川。

 堪えきれず、振り返る。
 目の前に、あの懐かしい表情がある。
 泣き出しそうな表情で、彼女は拳を振り上げている。


back← 全編 →next
back← 黒崎 →next



















.