3D小説 黒崎リョウ

2013-05-07

Chips - no.40「白いペンダント」


 黒崎が大切にしていたペンダント。
 彼はそれを、10年前の約束をした日から、4年前のある日まで、ずっと首から下げていた。
 ある日を境にペンダントを外したのは、自分にはそれを下げる資格がなくなったと思ったからだ。少女との思い出を汚すようなことはしたくなかった。
 それでも手放すほどの覚悟はなく、肌身離さず持ち歩いていたのだが、不幸にもどこかで失くしてしまった。

 どこで失くしたのか、彼にはわからない。


back←


.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heroeggk/20130507/p2