Hatena::ブログ(Diary)

Hertz’s Memo

2008-10-26 ニコマスメドレーの先に必要なもの。

[][]ニコマスとその他の世界の架け橋となるものとは?

ほぼ1週間ほど前に公開された (合作)ニコマスメドレー 〜2008 秋の祭典〜

公開初日は当然のごとくランキング上位に。

そして、2日目以降も、とある仕様のおかげで、割と上位に位置することで

20万回再生を達成することができました。

この再生数を早期に達成するに必要なことはただひとつ。

「いかに固定ファン以外を取り込む事ができるか」

だと思われます。

実際、コメント時系列で追っていけば確認できる事ですが、

公開二日目以降は、普段ニコマスを見ていない人が見ていたことが、コメントの内容から十分に確認できたことできます。

もちろんタグに「ニコマス元老院」とつけられるほどの実力者たちが作成したものですからこそ、

普段ニコマスに親しんでいない人、昔のニコマスしか知らない人たちが、17分という長編にもかかわらず、

コメントを残させることができたのだと思います。

では、このニコマスメドレーがなしえた成果をより「意識的に」起こすことはできないでしょうか?

つまり、「普段ニコマスに親しんでいない人」を巻き込むことはできないか。ということです。

ニコマスが進化し続けるには、素材の増加と、利用者の拡大が必須事項であることは間違いありません。

バンナムからの素材が増えるたび、新曲が増えるたびに、投稿数が増え、

ニコマス視聴者の絶対数が増えることにより、あたらなるPが増えることは、いままでの歴史が証明してくれるでしょう。

バンナムはPSPによる新ネタ、新曲のリリースをすることで、その責を果たしているといえます。

では、視聴者の増加に貢献するようなことを、はたしてニコマス住人は十分に実行していると言えるのでしょうか?

私は個人的にはまだまだできることがあると考えます。

最近イベントの成果を見る限り、ニコマス内の結束を高めるような、内輪向け成果は多いと感じるのですが、

新規参入者への入り口が少ないと思えてならないのです。

以前は、わかりやすい入り口として、週間アイドルマスターランキングがその位置にあったと思うのですが、

ランキングの仕様改変により、一般ニコニコ動画利用者の目に付きにくくなった今、その役割は十分に果たせなくなったのではないでしょうか。

普段、ニコニコを見ているけどニコマスを見ていない人たちへ、今のニコマスの凄さ、面白さを伝えるいい方法とは・・・

ひとつの方法として、他のブランドとの混合ものを発表する、ということが考えられます。

ついこの前にもVoc@loidM@ster という、ボーカロイドとアイマスのイベントがあったところです。

この手のイベントが今後も自然発生することで、ニコマスにとってのいい刺激剤になることでしょう。

でも、もう少し、普段ニコニコすら知らない人達へのアピールする良い方法はないものでしょうか?

具体的に提案することはできませんが、それを実現するに必要な要素はおぼろげながら見えてきていると思うのです。

現在のニコマスの進化度合い。

・どうしてそれが凄いのか。

・ニコマスの前提「なし」での面白さ。

上記事項が満たされているような、そんな動画の登場が待ち望まれている気がします。

たとえば以下のものでしょうか?

D

アイドルマスターはただのキャラクターとしてのみ登場。

もしくは(PVは期待できませんが)動画講座のひとつとして

ニコマス動画の進化の歴史、などはいかがでしょうか?

題材としては、765comm@nd以前以後、3Dの取り込み、音加工の遍歴等、

魅せるためには、上記内容を「カノッサの屈辱」や「プロジェクトX」形式での紹介などがいいのかもしれません。

コンセプトは「半年ニコマスを離れた人に3分で歴史を説明」でしょうか。

本当は多分もっとベターな回答があると思うのですが、

そこいらは考察系のブログにお願いすることにしますね。