どう楽しむか

2018-01-04

なんやかんや考えず 00:08

今年はもう挫けました。

比重を置いてるものを変えます。

働き盛りではありますが、

今一番どう楽しむか考えてない子供に比重を置いて1年生き抜いてみます。

子供は間が持たない。

私自身が週末を待ち焦がれる程、楽しくなきゃ。

今年さっそく挫けた機会を利用しようと思います。

とにかくそう決めました

2017-12-05

一年お疲れ様 22:36

長男の血便、次男の肺炎、妻の自律神経失調症、義父との別れ…。

とにかくてんてこ舞いの一年。

副業は相変わらず。

少し洗練されたかな。

少ない日数と体力配分。

心の静養。

何より幸せをより多く感じられるようになってきた年かな。

初詣は健康祈願したい。

病気は十二分に人生を楽しめない。

酉年最後の更新。

来年もよろしくお願いします。

2017-11-14 説得に成功しました。

年末の仕事は本業が、後半になるほどきついので、予め来月の交渉を行いました。

子供がストレスに感じる具合、体調と何より妻を言い負かす事が難しい。

色々作戦を考えた結果、忙しくなる前の前半にシフトを入れて後半を抑えめにすることにしました。

うまく交渉成立したようですが、12月まで先が長いし子供が入院とかそういう想定外の事が起こるとおじゃんになるので気を引き締めたい。

既に年末にかけて忙しくなってるし、疲れも出てきました。上手に仕事していきます。

2017-10-23 一年が早い

早すぎる。先月から色んな事があってジタバタしております。

家でゴロゴロできる時間なんてないに等しい。

何かしらのスケジュールで埋もれてる。

本業の休みのタイミングで副業をシフトして見事に休んでなくて、工夫して生活してるけど、いざ休みをとっても家族サービスの方が大変な気がしてます。

子供達にとっては、朝起きてお父さんがいるということに大きな喜びを感じるようです。

今月も来月も濃厚な働きをしていく予定です。

年末は本業が厳しい期間なので、いかに凌げるかは今にかかってる。

一番大変なのはそれを妻に理解してもらうことだったりする。

あまり休まないことに賛同してくれないから

2017-09-06 今月は踏ん張り月間

これといった特別な事をしてる余裕がない耐え時月間に入りました。辛坊しているというのは、なかなか大変で。

私は私自身の仕事以上に家族を優先させて

そりゃもうやることやるしで、結果がついてこないのは身体が疲れきってるから。

どうしてもミスするし、自分でも信じられないぞと。

まぁ参った。

だけど、子供達は待ってくれませんから。

今ものすごい濃厚で良い経験を積んでるなーって思ってます。

親ってのは、本当にやるしかないから、どれだけ駄目でも駄目で終われないから鍛えられます。

今月はこれ以上悪化させないように、すること。

来月以降はぼちぼち上向いていかないと…。

重い体を奮い立たせる。

2017-08-23

次男の入院劇で一週間が死にました 15:09

幸か不幸かそのタイミングで夏休みとったしで遊ぶ予定だったのですが、何もできませんでした。

次男が退院して快方してから、とんでもなく元気になったのでそれは良かった話ですが、高熱を出した子供というのは、寝ない。

故に親も寝れない。

なので最高に寝不足で。

それはもう、さすがにこれはヤバいぞってなって副業も軒並みキャンセルすることになりました。苦汁の決断。

これからまた、埋め合わせをしなければいけません。

もちろん、夏休みに合わせたそれなりの行事も考えないと…。

とにかく眠いんで隙あらば寝てます。

ここだけの話か何なのか、多忙を極めましたので梅酢なんてできるわけもないし。っていうかそんな気力もわかない。

子供を育てるということに翻弄されてます。

今年は、踏ん張り時みたいでお金が消えていく。

秋口には運気が良くなってほしい。

それほど悪いことはしてないぞ

2017-07-17

暑中見舞い申し上げ 00:29

世間体の三連休も激務でした。

昼寝しなくても、1日元気いっぱいの息子達。翻弄されてます。とてもかなわない。

暑さもある中で、今月の初めに元々気にしていた長男の血便が再び出て検査してました。もうごたごたです。

お墓参りは、妻方の両親をレンタカーに乗せて両家の墓へ。激務な上に、旅費が高額。ただし、お墓参りは損得の問題じゃない。心の洗浄に良い。

小さい子どもと長旅は、精神力使う。

やりたいことやれなくて山積みだし、日に日に増えてくし大変ですが、仕事は入れてく。

大変だからこそ、子供達と積極的に関わり休みも仕事で埋めていく。

その反動で妻の逆鱗に触れやすいのが大きな悩みではありますが、どうにも仕方ない。

何より最優先は子供達。手となり足となる。

最近というか昔からというか、生後間もない子供が車でひかれるだとかそういう記事に対して

親はどうした?

目を離すとか有り得ない

とかそういうのを目にします。

しかし、待ってほしい。恐らく親になった人の10割りが目を離したことがあると思います。

こればっかりは子供できないとわからないかもしれませんが、24時間子供から目を離さないなんて不可能です。

だからといって仕方ないと済ますものではありませんが、要所で特に気をつけていても予期せぬことが起こる可能性は拭えません。

大丈夫だよ

と思うような些細なことも、子供達にとっては良からぬ出来事の前触れで有り得てしまうのです。

どんなに疲れていても、親の手を借りれなくても、状況が悪くても

子供のためにすべきことは、それらのバランスを崩さないこと。

毎日真夏日で、どうかしてますが私も多忙極めるなかで余裕ぶっこいて仕事や家事、育児に専念できるよう楽しみながら過ごしていきます。