Hatena::ブログ(Diary)

ヘタダラ〜下手の考え休むに似たるダラダラ別館〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

      雑多感想サイト下手の考え休むに似たるのダラダラするところ
      Twitter  リアルタイム感想書いてます。メインはこっち
      マンガ感想別館  01年〜05年4月上旬までのアニメ過去感想
      amazonマイストア別館
          

2007-10-07 10/7日の感想

[]デルトラクエスト #40 06:10 デルトラクエスト #40を含むブックマーク

デルトラクエスト Vol.6 [DVD] デルトラクエスト Vol.7 [DVD]

前半がネリダとジャスミンの女の神経戦、

後半がじいさんの名前当てクイズ。

前半はネリダの猫かぶりとそれに相変わらず引っかかりまくり

ジャスミンに叱られる男二人が観ていて実に楽しかった。

後半のクイズは謎解きから意外な答えに至るまで

普通に良く出来ていたなー。

リーフとジャスミンの謎解きにまったく付いていけてない

バルダが期待通り過ぎたのもあるし。


ED変更。

今までの旅で出会ったキャラが総登場。

思えば遠くにきたものだと感慨深くさせられた。

[](新)オーバン・スターレーサーズ #1 06:10 (新)オーバン・スターレーサーズ #1を含むブックマーク

フランスと日本の合作作品。

企画・原案がフランスで、制作はほとんど日本なのかな。

いかにもフランスっぽいキャラデザや色彩になっているので、

かなり意見は反映されているみたいだけど。

作画的には基本がしっかりしているうえに

独特の雰囲気やCGの多用があってなかなか面白い。

主人公の少女が疎遠な父親に正体を隠してチーム入り、

地球中から精鋭を選抜して地球存亡を賭けた

宇宙レースへ殴り込みといった

ストーリーも興味を惹かれる内容になっている。

しかし、海外アニメ的なテンポで進む展開がどうしても馴染めない。

もっと溜めが欲しいんだよなー、溜めが。

次回からは力を入れているというレースシーンが出てきそうなので、

とりあえずそこまでは様子見。

[]BLUE DRAGON #27 06:10 BLUE DRAGON #27を含むブックマーク

BLUE DRAGON 3 [DVD] BLUE DRAGON 4 [DVD]

OP&ED変更。

特にネタバレ的な要素のない真っ当な作り。

本編は、ゾラVSルメール、シュウVSロギ。

前回のシンシアに続いて、今回はルメール役の三木眞一郎

素晴らしいキレ演技を見せてくれた。

ゾラの冷静さが際立つ決着への流れも良かった。

[](新)しゅごキャラ! #1 16:22 (新)しゅごキャラ! #1を含むブックマーク

ホントのじぶん(限定盤)しゅごキャラ キャラチェンジぬいぐるみ ランしゅごキャラ キャラチェンジぬいぐるみ ミキ

しゅごキャラ キャラチェンジぬいぐるみ スゥ

原作:PEACH-PIT、制作:サテライトという布陣での

なかよし」連載変身少女アニメ

普段はクール&スパイシーな不良っぽいキャラで通っているが、

実は内面的にはごく普通の少女であるという主人公設定が面白い。

魔法少女ものの「別人になりたい」願望を

非常に現代的な形で表現しているのが興味深いなー。

「キャラ」って概念の使い方も、オタク文化が大衆化していく過程での

日本人の「キャラ化」現象についてなど色々考えさせられる・・・。

原作がPEACH-PITなのがまた重要というか、

「ローゼン麻生」問題とか連想してしまうぞ。

そういう、結構レンジの広いテーマ設定を

上手く「なりたい自分の可能性」という少女マンガ文脈に

落とし込んでいるのにもまた感心。

映像的にはサテライトが本気を出しているようで美麗かつ良く動く。

今回、変身シーンが見えにくいように処理されていたけど、

あれは今回限りの演出なんだろうか?

それとも全裸からヘソ出し衣装への変身シーンが

エロ過ぎて規制でも入ったのか!?

基本的に、小学五年生とは思えないエロスが漂ってるよなー。

最近の少女とオタクを同時狙いする作品のなかでは

完成度高いと思うので、今後の展開にはかなり期待。

[]ケロロ軍曹 #181 06:10 ケロロ軍曹 #181を含むブックマーク

ケロロ軍曹3rdシーズン 13 (最終巻) [DVD]ケロロ軍曹 4thシーズン 1 [DVD]

虫の居所が悪い話と、桃華の両親がバトルを繰り広げる話。

シャアVSハマーンは今回も聞き応え充分だったが、

作画的にも桃華ママのチャイナコスから覗く太ももや

アクションが魅力的だった。

[]家庭教師ヒットマンREBORN! #52 06:10 家庭教師ヒットマンREBORN! #52を含むブックマーク

家庭教師ヒットマンREBORN!vsヴァリアー編 Battle.1 [DVD]

家庭教師ヒットマンREBORN!キャラクターデュエットCD「Sakura addiction/雲雀恭弥vs六道骸(雲雀恭弥編)」

家庭教師ヒットマンREBORN!キャラクターデュエットCD「Sakura addiction/雲雀恭弥vs六道骸(六道骸編)」

OP&ED変更。

OP、ヴァリアー編佳境なのに完全にヴァリアー戦仕様のままだな。

飛行船からブランコとか、いきなり髑髏と一緒にジェットコースターとか、

突拍子もないカットの繋ぎが多くて面白くはあった。

EDは、ヒバリと骸のデュエット。

まあそれ自体は意外とアリなんだが、歌詞の内容が

二人の心の内を妄想しまくった同人誌みたいで怖い。

いや、キャラソンなんてそんなものなのかも知れないが(偏見)。

今回は本編のマーモンVS骸も作画的に頑張っていたし、

ここのところ安定している印象。まさにヴァリアークオリティ。

[](新)機動戦士ガンダム00 #1 06:10 (新)機動戦士ガンダム00 #1を含むブックマーク

DAYBREAK’S BELL罠

HG 1/144 GN-001 ガンダムエクシア (機動戦士ガンダム00)HG 1/144 SVMS-01 ユニオンフラッグ (機動戦士ガンダム00)機動戦士ガンダム00 2008年カレンダー

監督:水島精二シリーズ構成黒田洋介、キャラ原案:高河ゆん

2クール×2の体制で生み出される新たなるガンダムシリーズ。

第一話はとにかく膨大な世界情勢設定とそこに住む様々なキャラを

顔見せ紹介しつつ、そこに突如現れたソレスタルビーイング

ガンダムという異物の存在を見せつけるという構成。

たとえ人型をしていてもあくまで現行兵器の発展形として描かれる

他の兵器群と比較して、明らかに強過ぎるし目立ち過ぎるし

存在自体が反則であるガンダムを際立たせる演出は上手くいっていた。

とりあえずガンダムをカッコ良く魅せることに関しては、

近年のシリーズのなかでも相当頑張っていたと思う。

しかし、一方で各キャラが顔見せしかしないので

ドラマ的なフックが弱過ぎた印象はある。

個人に強く焦点を当てていたSEEDシリーズへの

アンチテーゼなのかも知れないが、ちょっと視点が大局に寄り過ぎていて、

これで一般の視聴者がちゃんと付いてくるのかどうかは少し心配。

開始数分にして確固たるネタキャラの地位を得たコーラサワーとか、

いちいち「アレルヤは・・・」という喋りをするアレルヤとか、

酒飲みなスメラギさんとか、エロチャイナとか、

キャラ単体を観ていけば盛り上がれる要素は揃っているので、

意外と今の若いファンはこれでも大丈夫なのだろうか?

主人公の刹那は、現時点ではガンダムという名のデスノートを手に入れた

ライトにしか見えないのだが、まあこれからのキャラ立ちに期待か。

「武力による戦争の否定」というテーマも殺人による犯罪の否定みたいだが、

戦争に限らず現代的な問題を含んでいると思うので、

きちんと追いかけるなら面白い答えに辿り着けるかも知れない。

デスノにしろギアスにしろ、今はやはり矛盾を抱えつつも

鉄の意思で行動する存在こそがヒーロー足り得るのか?

ともかく、何だかんだ今期最大の期待作には違いないので、

存分に楽しませてもらうつもり。

[]電脳コイル #19 06:10 電脳コイル #19を含むブックマーク

電脳コイル (2) 限定版 [DVD] 電脳コイル 第3巻 限定版 (初回限定生産) [DVD]

京子を連れ去った謎のイリーガル軍団との死闘。

終始ホラータッチで家のなかを徘徊する

イリーガルと戦いながら生存の為にアイテム集めをするという、

バイオハザードみたいな展開。

絶対、子供にトラウマ植え付けようとしてるよなー、スタッフは・・・。

しかし個人的にはイリーガルよりも

現状を認めたがらないフミエとヤサコの会話の方が嫌な感じがしたなぁ。

電脳世界のことは現実と関係ないというフミエの認識は、

そのままネットとリアル、子供社会と大人社会といったものに

置き換えて考えられるべきテーマなのだろうが、

それをこういう恐怖演出とともに浮き彫りにするのは意地が悪い。

フミエが黒電話の着信履歴を探すシーンはギャグとして笑えるけど、

これは果たして笑って済ませて良い描写なのか・・・?

[](TVK)(新)D.C.II〜ダ・カーポII〜 #1 06:10 (TVK)(新)D.C.II〜ダ・カーポII〜 #1を含むブックマーク

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ 朝倉 音夢レジーニャ D.C. ダ・カーポ 白河ことり (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

サクラキミニエム 優しさは雨のように

ダ・カーポシリーズ最新作。

監督は「D.C.S.S」で演出をやっていた岡本英樹。

ながされて藍蘭島」で監督を務めて次がこれ。島に因縁あるな。

シリーズとの繋がりは明確にはわからないが、

学園の理事長をさくらがやっていたり、

ヒロイン姉妹が音夢の子孫らしいことを考えると未来の話らしい。

さくらが見た目歳取ってないのがわかりにくさの一因だ・・・。

アイシアが枯らした奇跡の桜がまた満開になっているのも

そのうち説明あるんだろーか?

過去作のことを考えなければ、第一話のストーリーは

学園祭を楽しんで主人公が同級生に告白されてカップル成立して

終わるだけなので非常に単純。

メインヒロインは家族同然の付き合いをしている姉妹の方らしいので、

何かこの同級生がこの先激しく噛ませ犬にされて

嫉妬で桜を暴走させたり姉妹を呪って花びら吐かせたりしそうで怖いが、

まあそういうことも考えないようにしよう・・・。

声優は一部PCゲーム版から変更になったようだが、

姉の方が高垣彩陽で妹が堀江由衣という配役が何か不思議。

デルトラ・ガンダム00と合わせて今期の土曜は高垣彩陽デーか?

主人公の浅沼晋太郎はまた良い味出してきてるなー。

とりあえず、王道のギャルゲーアニメとしては楽しめそう。

[](TVKひぐらしのなく頃に解 #13 06:10 (TVK)ひぐらしのなく頃に解 #13を含むブックマーク

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.02〈初回限定版〉 [DVD]

「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産>

皆殺し編、ラスト。

まさに皆殺しなクライマックス。

大ピンチに仲間登場、プロの特殊部隊をレナが鉈でぶっ飛ばすという

カタルシスのある展開から一転して仲間が次々死んでいく

バットエンドへ転がり落ちていく流れはさすがだった。

それにしても鉈を持ったレナは強過ぎる!!

死を前にしての鷹野への口上も漢らしくて痺れた。

ただ、この死の経験を持ち越して次の世界で頑張ろうというヒキは、

何だか転生ものになっちゃったみたいで少し危険な匂いはしたなぁ。

これまでループを繰り返しても重さを失わずにいた死の概念が、

いよいよ軽くなってしまったような違和感が・・・。

次回からは完結編だが、まだ相当話数残ってるけど

どういう構成になるんだろう?

[](TVK)(新)ef-a tale of memories. #1 06:10 (TVK)(新)ef-a tale of memories. #1を含むブックマーク

ef - a tale of memories. OPENING THEME〜euphoric field feat.ELISA

ef - a tale of memories. ENDING THEME~Adagio by Miyako Miyamura

ef - a tale of memories. ENDING THEME~Vivace by Kei Shindou(cv:Junko Okada)

ef - a tale of memories. ENDING THEME ~Andante by Chihiro Shindou

制作:シャフト、監督はシャフトで新房作品を支えてきた大沼心

原作知識はほとんどないが、どうやらムービーを

新海誠が担当していたらしくアニメの絵作りにも影響があるらしい。

確かに廃駅のシーンや空の表現なんかはそれっぽいかも・・・。

しかし作画演出的にはやはりシャフト作品の系譜という印象が強い。

ネタ的な意味合いを排して、ほぼオシャレ系シャフト演出で固めた感じ。

次々に変な映像が流れるのでそれを観ているだけでも結構楽しい。

ただし、話が訳わからないので自然と映像に込められた隠喩もわからず

ただ変な映像としてしか楽しみようはないのだが・・・。

冒頭とBパートの少年と、Aパートの男、

主人公が二人いてヒロインもストーリーもそれぞれ別個、

今のところ両者にまるで繋がりがないように進んでいるのだが、

これは今流行りのシャッフル構成なんだろうか?

構成いじりももうネタ出尽くした感はあるので、

シャフトが今更何を出してくるのかは気になる。

真意が見えてくるまではとりあえず映像だけ楽しむとするか。

[](TVK)(新)ご愁傷さま二ノ宮くん #1 06:10 (TVK)(新)ご愁傷さま二ノ宮くん #1を含むブックマーク

ご愁傷さま二ノ宮くん オープニング・テーマ「ユビキリ」

原作未読。

富士見ファンタジア原作ということで、

何となく雰囲気が「まぶらほ」っぽい。

地上最強の生物な姉に格闘術を仕込まれた主人公が、

男を惹きつけるサキュバス体質の少女と同居させられて

悶々としまくるというラブコメ。

ラブコメのお約束、「寸止め」を設定に組み込んでいるのが上手いなぁ。

ただ、サキュバスヒロインが出てくる以前から主人公は

クラスの女子に迫られたりしていたようなので、

どうも感情移入がしにくい。こういう設定ならもっと

女に餓えた性欲の塊みたいな主人公の方が面白いのでは・・・?

演出も基本的に、ギャグよりシリアス寄りみたいなのが引っ掛かる。

ヒロインを襲う性欲ゾンビ化した男達から逃げるシーンは

派手にドタバタさせても良かったような。

全体として、話のテンポが悪いのか・・・。

エロに関しては間違いなく今期最強。

惜しげもなくパンチラしてくれそうなのでそこは期待大。

次回から本格登場の沢城みゆきヒロインもエロいことしてくれるのか?

通りすがり通りすがり 2007/10/07 16:15 >リーフとジャスミンの謎解きにまったく付いていけてない
バルダが期待通り過ぎたのもあるし。

 原作では、バルダも謎解きに貢献しているのですが、アニメ版ではバルダはすっかり弄られキャラになってしまっていますね。それでも、愛すべきおっさんキャラとして定着しているので、これはこれで成功なのかもしれませんが。

BTVBTV 2007/10/07 22:23 >ネタ的な意味合いを排して、
いやぁ、「絶望した!」とか「nice boat.」とかこなたのシューティングとかよく見ると小ネタがちらほらw
>主人公が二人いて
あと一人、カメラ廻してたメガネ彼女持ちも主人公の一人なのではないか、って気もしましたが…。

レ 2007/10/08 01:50 ひぐらし
>いよいよ軽くなってしまったような違和感が・・・。
次の完結編へ客を引っ張りゴニョゴニョする為に必要な要素ですし
これまでのひぐらしが何故怪死事件が起こるのか?という謎で引っ張ってきたのを
鷹野という運命を打ち倒せと話のラインが切り替わったのもこういう演出が入った理由だと思います
またアレは梨花の死に間際に見たただの妄想幻覚と解釈すると今までの死生観を壊さないように見ることが出来ますよ