Hatena::ブログ(Diary)

ヘタダラ〜下手の考え休むに似たるダラダラ別館〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

      雑多感想サイト下手の考え休むに似たるのダラダラするところ
      Twitter  リアルタイム感想書いてます。メインはこっち
      マンガ感想別館  01年〜05年4月上旬までのアニメ過去感想
      amazonマイストア別館
          

2007-10-14 10/14日の感想

[]デルトラクエスト #41 06:44 デルトラクエスト #41を含むブックマーク

デルトラクエスト Vol.6 [DVD] デルトラクエスト Vol.7 [DVD]

最後の宝石、ダイヤモンドをゲット。

宝石ゲット回なのでいつものように西村博之作監

ネリダの軽快なアクションが素晴らしかった。

モンスターCGの方は、今回明るい場所で等身大のモンスターと

戦うシチュエーションになったので、

さすがに通常作画とのマッチングには違和感出ていたかな。

宝石は全部集まったもののまだまだ未解決の問題は多いので、

ここからがまた大変ということらしい。

ネリダが何で金儲けに勤しんでいるのかもいずれ明かしてくれるのか?

[]オーバン・スターレーサーズ #2 06:44 オーバン・スターレーサーズ #2を含むブックマーク

レース開始、しかしいきなり事故ってメインパイロットが負傷。

レースが行われる惑星の描写はスターウォーズに良く出てくる

砂漠の国っぽい雰囲気でわりと良かった。

しかし、言葉が通じるのはお約束として納得するとして、

何でいきなり買い物が出来ちゃったりするのだろう・・・。

未知の世界に戸惑う様子があまりなかったのは拍子抜け。

レースシーンは攻撃アリなんでそのぶん派手にはなってるけど、

CG自体は今の基準からするとまあ普通かな。

厳しいがどこか冷たくなりきらないドン・ウェイのキャラは

今後面白くなりそうな予感。

[]BLUE DRAGON #28 06:44 BLUE DRAGON #28を含むブックマーク

BLUE DRAGON 3 [DVD] BLUE DRAGON 4 [DVD]

シュウVSロギの最中、シュウの力が暴走。

物凄いドラゴンボールチックなシュウの暴走描写に燃えた。

クルックとの連携攻撃→怒りのシュウがロギに追いすがるも敗北→

暴走シュウとロギが生身で殴り合い→

暴走ブルードラゴンが大破壊・・・という

勝負の流れもお互いギリギリな感じが良く出ていた。

ラストの、エクストラセブン奪還作戦のオチも見事。

この作品、何気に脚本構成の出来が凄く良いんだよなぁ。

[]しゅごキャラ! #2 06:44 しゅごキャラ! #2を含むブックマーク

ホントのじぶん(限定盤)しゅごキャラ キャラチェンジぬいぐるみ ランしゅごキャラ キャラチェンジぬいぐるみ ミキしゅごキャラ キャラチェンジぬいぐるみ スゥ

二体目のしゅごキャラ誕生、たまごに関する設定説明、

そして正式変身バンク&必殺技披露という第二話。

変身シーン、これはなかなかエロい・・・!!

しかし変身中よりも変身後のヘソ出しコスの方がエロい気もする。

上半身の布面積少な過ぎだ。

主人公としゅごキャラの関係、生徒会キャラの紹介、

謎を小出しにしながらの先への引っ張り方など、

全体の作りは非常に丁寧で安心感がある。

普段のキャラと違う行動を恐れたり、

それが意外と受け入れられて驚いたりする主人公の描写は

テーマを真面目に押さえていて興味深い。

[]ケロロ軍曹 #182 06:44 ケロロ軍曹 #182を含むブックマーク

ケロロ軍曹3rdシーズン 13 (最終巻) [DVD]ケロロ軍曹 4thシーズン 1 [DVD]

埋蔵金スペシャルとタママVS偽タママ

埋蔵金ネタはまたしても子供にわからないものを出してきたと思ったら、

意外な方向に話が転がり始めて

ちょっと切ない良い話に落ち着いたのには驚いてしまった。

タママVS偽タママは、全編に漂う不穏な空気の出し方が上手かったなー。

途中までかなり本気で騙された。

[]機動戦士ガンダム00 #2 06:44 機動戦士ガンダム00 #2を含むブックマーク

機動戦士ガンダム00 1 [DVD]機動戦士ガンダム00 2008年カレンダー罠


「エクシア、紛争を確認。根絶する」


無茶言うな。

というわけで、そのソレスタルビーイングの無茶な理屈が

具体的にどのようなものなのかを見せる為の第二話。

同時に前回に続いて各ガンダムの機能紹介(プラモ宣伝)をしつつ、

前回は物足りなかったキャラ掘り下げも行うなかなか贅沢な作り。

「すっごいボランティアなんじゃない?」「好意を抱くよ」

「それは若さよ」「オレがガンダムだ」「これで稀代の殺人者・・・」

「君の存在に心奪われた男だ!!」・・・などなど、

いわゆる富野ゼリフに類するガンダムらしい引っ掛かりを持った

セリフをこれでもかと投入してキャラの肉付けをしていく手際は、

さすが黒田洋介という上手さだった。

エヴァっぽかったりクワトロっぽかったりやおいっぽかったり、

全方位に隙なく攻撃を仕掛けているのは見事だ・・・。

みんな思うだろうけど、グラハムはそのうち

ガンダムマイスターじゃなくてもオレはお前が好きだよ!!」とか言いそう。

アレルヤが意外とヘタレな感じで、おとなしそうに見えたティエリアが

逆にイケイケなのも視聴者の予断を利用した計算尽くの演出なのかなぁ。

ソレスタルビーイングは世界全ての敵となることで

世界をまとめようとしているようだが、さすがにそれは欺瞞で

組織の上の方ではまた別のこと考えてるんだろうなー。

各勢力がガンダムの出現によって

政治的に翻弄されていく様子は興味深いが、

ユニオンアメリカそのまんま、人革連もAEUも

イメージが現代を引きずり過ぎで、これなら三百年後でなく

百年後くらいの方がリアリティあったんじゃないかと思ってしまう。

モビルスーツ演出は今回も堅調。

ガンダムをカッコ良く見せるこれでもかという見栄切り演出も良かったが、

人革連側の鈍重な動きに萌えた。足にローラーでも付けてやれよ。

[]電脳コイル #20 06:44 電脳コイル #20を含むブックマーク

電脳コイル (2) 限定版 [DVD] 電脳コイル 第3巻 限定版 (初回限定生産) [DVD]

向こう側へ引き込まれたハラケンを救う為、

ヤサコも自ら電脳体となり扉を潜る。

途中に京子の話が挟まったんでハラケンとヤサコの恋愛エピソードが

ぶつ切りになっちゃった感じもするのだが、今回のヤサコを介して

ハラケンとカンナが最期の会話を交わすシチュエーションは、

切ないまとめ方で非常に良かった。

「好き」って言葉を伝える時、ハラケンと呼んで

自分のことに置き換えてしまうヤサコの小学生とは思えない

複雑な女心がたまらなかった。

それに対して、直後にちゃんと告白することで

帳尻を合わせる強さも美しかった。

しかしあの場で告白せざるを得なかったヤサコの立場は

あまりにも過酷だったように思う・・・。

全ての事件の発端がオバちゃんであること、

このままいくと世界が崩壊することなど、

ラストに向けての材料は出揃ってきたが、

まだ肝心のヤサコとイサコの関係がまるで進展してないんだよなぁ。

クライマックスはそこに焦点が移っていくのかな。

あと、作画・・・というかCGなんだけど、

キューちゃんと戦うフォーマット用キューブが

まるで新種の使徒みたいで凄かった。

[](TVKD.C.II〜ダ・カーポII〜 #2 06:44 (TVK)D.C.II〜ダ・カーポII〜 #2を含むブックマーク

D.C.II~ダ・カーポII~ Vol.1 (初回限定版) [DVD]サクラキミニエム優しさは雨のように

コトブキヤ D.C.II ~ダ・カーポII~ 白河ななか 1/8スケール PVC塗装済み完成品D.C.S.S~ダ・カーポ セカンドシーズン~ 朝倉 音夢レジーニャ D.C. ダ・カーポ 白河ことり (1/6スケールPVC塗装済み完成品)D.C.II ダ・カーポII 立体マウスパッド 月島小恋D.C.II ダ・カーポII 立体マウスパッド 朝倉由夢D.C.II ダ・カーポII 立体マウスパッド 白河ななか

D.C. ~ダ・カーポ~ the Origin(初回限定版)

ロボ娘、起動!!

もうギャルゲーアニメロボ娘は誰が誰やらわからなくなってきた・・・。

しかし、ロボなのにツンツンキャラというのは意外と珍しいのか?

バナナがエネルギー源という、エロイベントの為だけに

用意されているような設定とか、いちいちバカバカしくて笑った。

しかし、前回同級生と付き合うことになって荒れるのかと思ったら、

姉妹も他のヒロインも普通に応援モードでまったく何も問題もないな・・・。

あれだけ主人公べったりに見えた姉妹があの程度の反応って、

じゃあ前回のネタフリは一体何だったんだろう?

[](TVKひぐらしのなく頃に解 #14 06:44 (TVK)ひぐらしのなく頃に解 #14を含むブックマーク

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.02〈初回限定版〉 [DVD]

「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産>

TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に解」サウンドトラック Vol.1

打ち切り危機も乗り越えて、完結の祭囃し編、第一話。

今回からOPにブラック羽入と生身羽入が追加。

生身の方はかなり深刻なネタバレなんじゃないかいう気がするが、

ついに羽入も加わり総力が結集されたという感じはするので良いか。

本編は、幼少期・施設での過酷な日々・雛見沢赴任直前の

三つに分けられた鷹野の過去をシャッフルして見せる構成。

どれも重要な部分はまだ避けられているので、

しばらくは鷹野視点での話が続くのかな。

施設からの脱出を試みる緊迫感と絶望感に溢れた一連のシーンは、

暴力描写といい表情の崩し方といい前作の雰囲気を踏襲していて、

まるで前作の悲劇の原点はここであると確認させるような作りだったなー。

あと、TV放送版には予告がないので、

今回のようにEDのあとCパートが入る構成の方が次回へのヒキは強いな。

[](新)しおんの王 #1 06:44 (新)しおんの王 #1を含むブックマーク

LADY LOVE(初回限定盤)(DVD付)

原作は一話読んだくらいなのでほぼ未読ということで。

これも「ひぐらし」と同じスタジオディーンなんだよなぁ、

向こうに沼田誠也がこないんでどうしたのかと思っていたら、

こっちのキャラデザ&総作監やってたのね。

監督も、向こうのシリーズ構成&脚本やってる川瀬敏文

今期は「逮捕」も厳しそうだし、大丈夫なのかディーン・・・?

第一話はたぶん原作通りなんだろうけど、

原作からして「将棋サスペンス」という不思議な触れ込みの作品なので、

非常に変な話の流れになっていて興味を惹かれる。

両親を殺され言葉を失った天才少女棋士・・・まではわかるとして、

そのライバルが女装メガネ男だというのがぶっ飛んでいる。

もう一人のライバルらしいお嬢様も相当な腹黒っぽいし、

どうやら純粋に将棋を愛する少女が周囲の歪んだ人間達の策謀に

翻弄されていくという話になる模様。面白そうだがやっぱり変だ・・・。

作画は、とにかく濃いの一言。

沼田誠也が張り切り過ぎちゃったんじゃあるまいか・・・?

ただ、眼に力のある作画はこの物語には合っているかも知れない。

あと、女装男が剥かれるシーンがエロ過ぎて笑った。

原作では明らかになっていない両親殺害犯が明かされるまで

アニメでやるらしいので、途中からオリジナルになるのだろうか?

ともかく、しばらく様子見。どうも全容が掴めない・・・。

[](TVKef - a tale of memories. #2 06:44 (TVK)ef - a tale of memories. #2を含むブックマーク

ef - a tale of memories.1【初回限定版】 [DVD] ef - a tale of memories. 2 [DVD]

ef - a tale of memories. OPENING THEME〜euphoric field feat.ELISA

ef - a tale of memories. ENDING THEME~Adagio by Miyako Miyamura

今回も、前半と後半で別主人公という構成。

しかし両方のヒロインが双子の姉妹であることなど、

徐々に人間関係は明らかになってきているので、

絡み合った糸を解きほぐしていくような構成になってるのか。

前半の主人公は学生マンガ家、その友人はカメラマン、

後半の主人公とヒロインは小説家志望と、

メインキャラのほとんどが芸術系の悩みを抱えて

「オレの世界には何かが足りない」などと言っている世界観が、

奇跡的に前衛的なシャフト演出と噛み合っているのは面白い。

ただ、面白いけどそれに付いていくのは凄く大変そうだ・・・。

今回も絵的には非常に面白い映像が目白押しだったのだが、

あまりにも目白押し過ぎて何が何やらわからなくなってきた・・・。

万華鏡を覗いているような印象になってくるんだよなぁ。

前衛芸術映像作品としてはとんでもない領域に

突入しているのかも知れないが、

TVアニメとしてそこまで突っ込んでいくのはどうなんだろう?

ラストのEDへの入り方などは素晴らしかったので、

演出が爆発する瞬間は良いんだけど・・・。

そのEDだが、三種類くらいあるらしいけど

どれかをOPに回したりはしないのだろうか?

[](TVKご愁傷さま二ノ宮くん #2 06:44 (TVK)ご愁傷さま二ノ宮くん #2を含むブックマーク

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻 [DVD]

ご愁傷さま二ノ宮くん オープニング・テーマ「ユビキリ」

沢城みゆき声の青髪ツンデレお嬢様が参戦。

しかし、お嬢様が参戦してくる経緯が不可解なうえ、

えらい強引に二ノ宮家メイドやらされるオチになって

話の展開に置いていかれる部分が多かった。

二ノ宮姉と月村兄が余計なことし過ぎで、

全てを勝手にコントロールしている感じなのが気になる。

キャラの感情の流れが無視され過ぎじゃないのか・・・。

真由が何でいきなり腹黒になってたのか、

お嬢様と二ノ宮の過去に何があったのか、

今回伏線くらいは匂わせておいて欲しかった。

エロ描写に関してはさすがに頑張っているが、

作画そのものが少し危うい感じにはなっていたなぁ・・・。

通りすがり通りすがり 2007/10/18 00:16 >デルトラクエスト
 原作では、ネリダはダイヤモンドの呪いのためにあっけなく小川で溺死(?)していましたので、アニメ版では助かって幸運でした。