Hatena::ブログ(Diary)

ヘタダラ〜下手の考え休むに似たるダラダラ別館〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

      雑多感想サイト下手の考え休むに似たるのダラダラするところ
      Twitter  リアルタイム感想書いてます。メインはこっち
      マンガ感想別館  01年〜05年4月上旬までのアニメ過去感想
      amazonマイストア別館
          

2007-10-31 10/31日の感想

[]D.gray-man #56 07:20 D.gray-man #56を含むブックマーク

D.Gray-man 10 [DVD]D.Gray-man 11 [DVD]

アレン、死す。

スーマン編は全体的に力の入った作りだったが、

ラストを飾る今回は特に見応えのある出来。

作監:岩佐裕子による幻想的かつ破滅的な絵作りが見事だった。

ティキの蝶やティムキャンピーの動きの凝り具合も良かったなー。

基本的に、アレンとティキの問答だけで進行するうえ

アクションと呼べるほどの動きが非常に少ないので、

それを逆手に取って一つ一つの動作や表情を丁寧に描き込んでいた印象。

そして、森川智之の緊張感あるティキの演技。

明暗使い分けて底知れない不気味さを感じさせるティキのキャラを、

あそこまで徹底して演じるとは・・・。

しかし、インパクト的にはいきなり出てきた

セル・ロロンの真殿光昭がかなり持ってっちゃってたなぁ。

Cパートで出てきたフォーが富永み〜なだったのも結構驚いた。

[]逆境無頼カイジ #5 07:20 逆境無頼カイジ #5を含むブックマーク

決死の覚悟で北見に食い下がり、逃げ腰の古畑と安藤を奮い立たせ、

読み勝って希望を繋いでみせるカイジ

全編に渡ってカイジが物凄いテンションで喋りまくるという

ある意味この作品らしさ全開ではあるが

アニメでやるには相当リスキーなのではないかという回。

それを、真っ向勝負で喋り切りモノにした萩原聖人とスタッフには脱帽。

本当に、これはよくぞやってくれたとしか言いようがないなー。

アカギ」でも淡々と喋り続ける回はあったが、

ハイテンションで同じことをやるのは想像以上にキツそうだし。

しかし、「仲間との団結が勝利をもたらした、友情パワー万歳」みたいな

今回の感動的なオチがこの先どんなことになるのかを考えると、

改めて恐ろしい作品だと思う。

[]魔人探偵脳噛ネウロ #5 07:20 魔人探偵脳噛ネウロ #5を含むブックマーク

魔人探偵 脳噛ネウロ 1 [DVD]DIRTY

魔人探偵 脳噛ネウロ オリジナル・サウンドトラック

過去回想形式で、吾代と出会い事務所を手に入れるエピソード。

回想形式になったことで吾代が容疑者から外れてしまうという

構成上の問題以外は、久々に原作に忠実な内容になっていた。

金貸しの前社長に矢尾一樹、犯人である現社長に山口勝平という配役も

物語に説得力を増していて良かったのではないかと。

あと、吾代が吉野裕行になったことで

ヤンチャ坊主キャラな印象が強まったのも

今回のエピソードにはプラスだったなー。

ただ、犯人の鷲尾の動機部分の説明が若干削られていたので、

心の深い闇の部分が掘り下げられなかったのは残念。

どうもアニメ版ではそういう社会風刺的な犯人の動機に

あまり突っ込んでいかない傾向を感じる。

[](TVKMyself;Yourself #5 07:20 (TVK)Myself;Yourself #5を含むブックマーク

Myself ; Yourself Vol.1 [DVD]Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)

「ANOTHER WORLD」 TVアニメ「Myself;Yourself」キャラクターソングVol.1 八代菜々香(cv:小清水亜美)

生贄を捧げた双子桜の伝説!! 徘徊する孤独な老婆!!

消えた文鳥と外される猫の首輪!! それらが繋ぐ真実とは一体!?

次回、まいせるふがなく頃に。ちなみにこの作品は王道ラブコメです。

・・・前回の予告、まったくネタじゃなかったーっ!?

な、何だあのラストのホラー演出は!? つーか怖いよ桜の伝説!!

老婆の手が泥だらけだったというのは、

生贄に文鳥や猫を捧げているとしか思えないのだが・・・そう思わせる

引っ掛けであることを願いたい。

菜々香がバイオリンを弾かなくなり、おじさんの神社で暮らしている理由も

どうやら火事で家族を失ったことにあるようだけど、

この二つを組み合わせると何かとんでもない猟奇展開に発展していく

可能性を感じざるを得ないのですが・・・。

表面上は、最初のビンタは何だったんだってぐらいに

菜々香がデレモードに突入していて楽しい王道ラブコメではあるのだが、

相変わらずタイミング良く現れ過ぎる星野さんが怪しかったり、

ほんの少し道を踏み外しただけで

一気に修羅場や血祭りが発生しそうな要素は満載。

まったり楽しみつつも気は抜けない、

不思議なヒキを持った作品になりつつある。