Hatena::ブログ(Diary)

ヘタダラ〜下手の考え休むに似たるダラダラ別館〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

      雑多感想サイト下手の考え休むに似たるのダラダラするところ
      Twitter  リアルタイム感想書いてます。メインはこっち
      マンガ感想別館  01年〜05年4月上旬までのアニメ過去感想
      amazonマイストア別館
          

2014-12-29 2014年ツイートまとめ・アイドルアニメ特集

[]普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 20:36 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。を含むブックマーク

基礎情報

監督:名和宗則シリーズ構成綾奈ゆにこキャラデザ:清水祐実

美術監督:本多敬、音響監督:吉田知弘、音楽:長谷川智樹

制作:feel.(参照サイト、Wikipedia


まんが四コマぱれっと連載の原作をTVアニメ化。

「ろこどる」とはローカルアイドルの略称であり、ご当地ゆるキャラご当地ヒーローなどと同様、地域密着の活動を行うアイドルを指す。よってWUGのように地方から成り上がりを狙うタイプの地下アイドル系とは存在理由が異なっている。本作ではその辺りの「ろこどるとは何か?」をテーマに据えた物語が中心に語られている。

本作の脚本は綾奈ゆにこアイカツ)・村上桃子(プリリズ)・高橋龍也アイマスアイマスシンデレラ)のアイドルアニメと関係の深い三人がほぼ三分割する形で受け持っており、それぞれに関わってきた作品とリンクする特徴が読み取れる。

また物語後半から登場するライバルチームの声優にアイマスアイカツラブライブの声優が多く起用され、さながらアイドル声優大戦の様相を呈していた。

本放送後ツイート

【ろこどる】やってみた。、初回終了。ローカルアイドルが騙されていきなり水着営業させられるのは基本。しかしあれと比べれば素直に可愛く応援したくなるアイドル像が最初から提示されていて安心感は抜群。最近はアッパー系のアイドルものが続いてたんで、ゆるふわ系ご当地日常アイドルものに期待。

【ろこどる】やってみた、終了。ローカルアイドルのリアルなお仕事紹介と、ガチ百合の道へと踏み込んでいく二人のドラマがとてもいいバランスで、見てて一本調子にならないのが凄くいいなぁ。ゆかりさんのキャラの崩し方もツボを心得ていて上手かった。全体のゆったりしたペースもアイドル系では独特。

【ろこどる】やってみた、終了。JKアイドル脱衣ショーで客を集める流川!! 着ぐるみの機敏な動きとか、敢えてローカルらしい歌い方をする伊藤&三澤の芸達者さとか、見所は他にも多かったのに水着のインパクトが全部持ってったなー。百合ノロケもあってどんどんエロさが濃厚になっていく……!!

【ろこどる】やってみた、終了。年上の頼れるお姉さんはみんな変態!! 早く国鉄職員呼んでこなきゃ……。しかしついに下田麻美アイドル見守るメガネやるようになるとはなぁ。今回も百合コメと真面目なお仕事の要素は上手くバランス取れてて感心。意外と深いことをそう感じさせずやってる気もする。

【ろこどる】やってみた、終了。明日から流川のビリケンさんが神田明神に匹敵する聖地に!!……ならないよな。魚心くんの異様に細かい設定から会話を回してローカルアイドルの本分に迫るテーマ語りにまで持っていっていたのは上手かった。同時にそんな会話だけで一話終わらせたのも凄い度胸だと思う。

【ろこどる】やってみた、終了。TVチャンピオンゆるキャラ王決定戦。あれ無茶苦茶面白かったんだけど、今回元ネタに劣らずよかった!! 映像のシュールさとキャラ立ての上手さが両立してて勝負は真面目に熱かったし、試合後の中の人達の友情もローカルらしい絆の表現が本気で感動ものだった……!!

【ろこどる】やってみた、終了。魚心ぴょんぴょんしてきたな……!! チームが固まった状態で四人目をどう入れるのか心配だったが、なるほど魚心くん便利!! Aパートのそれぞれの家庭事情を絡めたTV鑑賞も独特の地域密着感があって面白かった。常に手の届く範囲でアイドルしてるのが味だなー。

【ろこどる】やってみた、終了。魚心くん闘魂継承。バク転は子供が真似しちゃうから禁止という話がそこだけリアル指数を上げた演出されていて、全体を引き締めていたのが印象的。みらいちゃんを立てることで、ゆい先輩の先輩属性も強化されるって関係性の作り方も上手かったな。で、提供の実写は何!?

【ろこどる】やってみた、終了。レールウォーズやってみた。あっちより確実に電車の為の仕事をしている……!! 熱出したゆかりさんはキャラ崩壊ではなく普段抑えてる本性がダダ漏れてるだけたんだろうなぁ。二人の本当の出逢い話は、なにゃこのアイドル性をゆかりだけが見抜いてたって関係性が熱い。

10

【ろこどる】やってみた、終了。新曲EDで披露しないのかよー!! 修行編で身につけた必殺技はバトル終盤まで出し惜しみする的な……。にしても今回、ろこどるのお仕事となにゃこの成長を歌作りを通じて丁寧に描いていて、アイドルものとしての完成度が非常に高かった。友達の視点の挟み方も見事。

ろこどる追記。で、こういうアイドルお仕事テーマ関係の話だと脚本が高橋龍也なんだけど、やっぱりアイマスシンデレラ前哨戦みたいな感覚もあるのかなぁ。次回はいよいよ噂のスーパーアイドルアニメ連合軍登場か……!!

11

【ろこどる】やってみた、終了。スーパーアイドルアニメ大戦勃発!! 黒沢ともよが元気役なのかと思ってたら若干ヤンキー入ったホノカチャンで笑った。あとメガネブは完全に赤羽根Pの差し金だろ!! ただ、豪華ゲストに翻弄されることなく地元密着ロコドルの価値を様々に示してみせていたのは見事。

【ろこどる】続き。アイドル作品声優まとめ。中村繪里子今井麻美下田麻美(アイマス)、佳村はるか津田美波(デレマス)、黒沢ともよ(デレマス&アイカツ)、伊藤美来夏川椎菜(ミリマス)、新田恵海楠田亜衣奈(ラブライブ)、かな。深川芹亜グラスリップか。WUG不在が悔やまれる。

12

【ろこどる】やってみた、最終回終了。アイドル連合からの帰れコール!! 夏祭りとのダブルブッキングを流川ガールズの覚悟だけでなく、他のロコドルや地元を含めた繋がりの確認に昇華していくラストの構成が素晴らしかった。周囲に愛されるからこそアイドル、というアイドル論での締めも秀逸。続く。

【ろこどる】続き。ライブシーンは、設定上キレキレのダンスはさせられないという制約を逆手に取ったカット割や回想演出の工夫が興味深かった。何か少ハリといいプリパラといい、ラブライブで頂点達した反動なのか素人っぽいダンスをいかに描くかのブームが来てる気もする。アイカツも主人公変わるし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heta_kan/20141229/1419852966