Hatena::ブログ(Diary)

ヘタダラ〜下手の考え休むに似たるダラダラ別館〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

      雑多感想サイト下手の考え休むに似たるのダラダラするところ
      Twitter  リアルタイム感想書いてます。メインはこっち
      マンガ感想別館  01年〜05年4月上旬までのアニメ過去感想
      amazonマイストア別館
          

2014-12-30 2014年ツイートまとめ・ロボットアニメ特集

[]風雲維新ダイ☆ショーグン 00:29 風雲維新ダイ☆ショーグンを含むブックマーク

基礎情報

監督:渡部高志シリーズ構成:佐藤大、キャラ原案:山下しゅんや

キャラデザ:飯島弘也、美術監督:柴田千佳子、音響監督:本山哲

制作:J.C.STAFF&A・C・G・T(参照サイト、Wikipedia


架空の幕末を舞台にした時代劇ロボットアニメ

時代劇とロボットの組み合わせが「ノブナガ・ザ・フール」と、童貞力を武器に戦う設定が「ダイミダラー」と、何故か同時期に放送された他のロボットアニメと共通点が多い。

元々はCGアニメ監督である笹原和也が2009年の段階で発表していた「艶華王道ダイ☆ショーグン」という作品が前身となっている。笹原和也の会社移籍などで凍結されていた企画が五年越しに結実したということらしい。

本作では主にエロゲーやエロアニメで使われる作画(枚数)の省力技法が積極的に用いられており、TVアニメに慣れた目からすると非常に独特に映る。ただし、そのぶん一枚絵のクオリティは上げられており単に手抜きに見えるということはない。ちなみに監督の渡部高志は「ロスト・ユニバース」で伝説のヤシガニ事件に見舞われたことで有名。

本放送後ツイート

風雲維新ダイショーグン、初回終了。キャラデザのみならずパーツだけ動かしたり常に画面を揺らしたりする作画省力手法がエロゲ&エロアニメっぽさ全開。こういうのTVに輸入すること自体は興味深いけど単純に見てて酔いそう……。濃いノリも悪くないが基本ダイミダラーザフールと被ってるのがなぁ。

風雲維新ダイショーグン、終了。田村ゆかり250歳生娘。早速ロボ出てこないし動かないけど、何か妙に安定した面白さがあるなぁ。高望みを捨てたがゆえの職人的な安定感か。作画も最初から動かないこと前提の設計なので逆に崩れる不安はないわけで。ダイミダラー同様オープンエロスなノリも合ってる。

風雲維新ダイショーグン、終了。童貞力から童貞力。ロボの変形はパートナーによって複数形態あるってパターンかな。そこは意外と真面目にロボアニメらしいし、メインヒロインが最初にハブられるのもラブコメ的に上手い展開。けど、どうしてもこっちのロボもハイエロ粒子で動いてる気がしてならない。

風雲維新ダイショーグン、終了。また日笠陽子さんが頭の弱い巨乳役でロボットアニメに出てる!! もう日笠と戦国と童貞で今期のロボットアニメ大体繋がるな。M3にもいたっけ? しかし勘違いキャラにしても印籠見ただけで即殺しにかかる頭の悪さは深刻だなぁ。エロキャラとしては一番正統派だが。

風雲維新ダイショーグン、録画視聴終了。BBAの策略でラブコメアニメ化。ついにロボどころがアクションもなくなってしまった。エロすらなかったけど、真面目にラブコメする気なら童貞連呼しないで欲しい!! 百助はカッコよかったが、こいつがケモノ娘ゲットするのも何か納得いかないな。

風雲維新ダイショーグン、終了。主人公不在で子安クーデター編。茶風林っていうか邪風林の井伊直弼が作品史上最高の作画力を与えられていて、色々と間違ってる!! 完全に邪悪な新波平劇場だったなー。新撰組は沖田だけ男の娘か。タケミカヅチはライバルロボらしい存在感があってなかなかよさそう。

風雲維新ダイショーグン、終了。グルグルほっぺのうずまき忍者なのに有能。うずまき付け過ぎなのはそれだけ忍者アニメリスペクトが強いんだろーか? 今回のラブコメとバトルの組み合わせ方は面白かったけど、この流れで一緒にロボに乗るのが日笠なのは引っ張るな。形態カッコいいのに出番短くて残念。

風雲維新ダイショーグン、終了。本編でわざわざ最後まで謎の男で通したのにEDクレジットで思いっきり本名バラされる坂本龍馬。龍馬と不良異人のキャラはともかく、キリコさんを散々辱める展開になっていたのはよかったな。亀甲縛りの完成度が異人さんのレベルじゃねえよ、日本で何を学んでたんだ!?

風雲維新ダイショーグン、終了。ようやくキリコが搭乗してロボがカッコいい形態になったのに、煽り耐性ゼロだったせいで暴走終了。い、一体いつになったらカッコいいロボでバトルするんだ!? それとキリコさんの豆腐メンタルよりもBBAが普通に暴走スサノオにビビってたのが意外だった。

10

風雲維新ダイショーグン、終了。光る花火ゲロと沖田の吐血。これだけ原型留めない設定にしてても、沖田の吐血はちゃんとやるのが意外。龍馬も元ネタに忠実なキャラではあるが、それゆえに強力過ぎて主人公食ってるしヒロインも食いかけてるし……。あと砲撃の描写はあれCGなのか?

11

風雲維新ダイショーグン、終了。キリコさんは一体何度、誘拐緊縛セクハラされれば気が済むのか……。子安無双はむしろロボの正統派なカッコよさが際立っていて、ロボットアニメ成分は今までで一番充実していたなー。結局最終回までガチバトルがなかったのは残念だが、そのぶん次に期待。

12

風雲維新ダイショーグン、最終回録画視聴終了。この土壇場で痴女の尻に修正!! な、何故今更……。ロボットアニメらしい決戦は子安&沢城の堂々たる悪役演説もあって相当に熱かったが、肝心の主人公サイドが謎ワープとか適当に処理され過ぎてたのが残念。本番は江戸編ってヒキだが二期はどうかなぁ。

@@p@@p 2014/12/31 17:59 更新お疲れ様です
また、更新とまると思ってたので、ツイッターまとめだけでも嬉しいです
今の形式のほうが、アイマスライブやドラクエオンライン感想、ツイートまとめからの現状からみた総括と自由度がまして、感想おもしろいです
来年もお暇なときでいいので、まとめてもらえると幸いです
自分でアニメ見た後、火鷹さんの感想をみると、新たな視点を与えてもらえ、いっそう作品に楽しめています

ではよいお年を

書き込みA書き込みA 2015/01/02 16:09 現在だと「作家性を通す為にサービスを盛り込む」事よりも「サービス精神を徹底した結果出現する独自性や作家性」の方が優位であると思うので、ロボットアニメ的な製作意識はアイドルアニメと比べると苦戦をしている感じですね。

また「玩具が売れれば何をやってもいい」というかつてのロボットアニメの得意技も現在ではカードアニメ(とやはり女児向けカードアニメであるアイドルアニメ)に持っていかれている状況ですし。

作り手とマニアがアート性や難解性を過度に称揚し、作品や文化を硬直化させてきた反動として現状があると思うので、「オタク」というものの精神性や文化も更新を迫られている時期なのではないでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heta_kan/20141230/1419953347