Hatena::ブログ(Diary)

ヘタダラ〜下手の考え休むに似たるダラダラ別館〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

      雑多感想サイト下手の考え休むに似たるのダラダラするところ
      Twitter  リアルタイム感想書いてます。メインはこっち
      マンガ感想別館  01年〜05年4月上旬までのアニメ過去感想
      amazonマイストア別館
          

2014-12-30 2014年ツイートまとめ・ロボットアニメ特集

[]シドニアの騎士 第一期 00:29 シドニアの騎士 第一期を含むブックマーク

基礎情報

監督:静野孔文、副監督:瀬下寛之、シリーズ構成村井さだゆき

キャラデザ:森山佑樹、美術監督:西野隆世、音響監督岩浪美和、音楽:朝倉紀行

制作:ポリゴン・ピクチュアズ(参照サイト、Wikipedia他)


月刊アフタヌーン連載、弐瓶勉のロボットマンガ原作を3DCGによってTVアニメ化した作品。

ポリゴン・ピクチュアズはこれまで主に海外CGアニメを手掛けていたが、本作によって極めて日本的なロボットアニメをフルCGでも成立させられることを実証した。

CGによる深夜TVアニメは2013年「蒼き鋼のアルペジオ」(サンジゲン)、「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」(オレンジ)などで飛躍的に進歩したが、本作の原作マンガのタッチまで再現するCGモデリングの完成度とロボットアニメの快感を追求した戦闘シーンの出来栄えは更なる驚きをもって迎えられた。

また、制作スケジュールは海外基準で進められた為、二ヶ月前納品を実現していたとのこと。

2015年春、瀬下寛之を監督に昇格させての第二期開始が決定している。

本放送後ツイート

シドニアの騎士、初回終了。フルCGでの正統派SFロボットアニメ。やってること自体はかなりベタなはずだけど、CGの異質さが独特の乾いた雰囲気を生んでいて面白い。ただ人物芝居になると途端に不自然になるのはまだ発展途上な感じはする。ところで櫻井はロボットアニメで何回NTR食らうの!?

シドニアの騎士、終了。シリアスにやってる一方でラッキースケベとか四天王とか海苔夫とか変な要素が不意に入ってくるのが油断ならないなー。戦闘シーンは宇宙戦らしい時間と空間の使い方が上手かった。それと、悪夢のシーンのCGと絵柄の合わせ技が恐ろしくハマってたな。

シドニアの騎士、終了。サークルクラッシャー(物理)。重要な仕事するチームにカップルなんて入れちゃ駄目なんだよ!! 露骨な四天王死亡フラグに覚悟はしていたが、まさか女のせいで全滅するとは……。だが平和なお祭りラブコメから一気に緊迫するこの流れは非常に刺激的。絶望感が心地いい……!!

シドニアの騎士、終了。主に百瀬のせいで甚大な被害が発生。都市型宇宙船の急制動で中身が大変なことになるのはマクロスとか他にも例はあるんだろうけど、今回の壮絶さは衝撃的だった。それを受けての主人公の活躍は熱かったが、命令違反を重ねてもそれを上回る結果を出すから気持ちいいんだろうな。

シドニアの騎士、終了。星白のおしっこ飲んで復活!! 極限のサバイバルとして別に間違ったことは何一つないはずなのに、何この溢れ出る変態感!? CGなのに尻を中心とした裸の描写が肉感的なのも素晴らしかった。あと漂流することでロボに仕込まれた機能を説明する形になるのは意外と王道。

シドニアの騎士、終了。またイチャイチャラブコメしやがって……て、えええええええ!? 一体何が起きたのかはわからんが、とりあえず海苔夫が悪いに違いない!! この構成は強烈で上手いなぁ。先が気になるだけでなく、衝撃に備える時間がそのまま期待値にもなる。ジェットコースターの長い登りか。

シドニアの騎士、終了。なんもかんも海苔夫が悪い!! 茫然自失としてしまった谷風も悪い……というにはあまりに責任の重さが違うよなぁ。しかしヒロインが惨死するほどの鬱展開のわりにはそんなに暗い空気を引き摺らないのが興味深いな。もうロボになんか乗りたくない的な定番も引っ張らなかったし。

シドニアの騎士、終了。ヘタレ海苔夫と谷風出生の秘密。クマさん完全にママンポジションだったのね。クマになる前の姿でイチャイチャして欲しかったが……。殺陣シーンの作画は前半のロボ戦に見劣りしない出来で驚いた。人間CGの進化も凄いな。で、星白のこの状態は……むしろ可愛い!!

シドニアの騎士、終了。3Dエナ星白メーカー、近日発売!! 最近の3Dエロゲの進化は凄まじいという噂は本当だったのか……。すっかり英雄としての地位を取り戻しながらも、エナ星白通いにドハマリしてる谷風の駄目オタクみたいな現状が面白い。ハーレム化も含めて意外な構造を取りつつあるなー。

10

シドニアの騎士、終了。八千倍!! 新兵器お披露目に成功した直後に畳み掛けてくるなー。今回の長距離射撃は谷風の本来の技量と合わせて新兵器で危機を打ち破る王道ロボットアニメ感覚が素晴らしかった。こういう基本を外さない点が見事。エナ星白の萌え進化も凄まじいが……他二人に勝ち目あるのか?

11

シドニアの騎士、終了。デススター攻略戦。実際、宇宙SFでは伝統とも言える戦闘描写なわけだけど、何故か非常に新鮮に感じる。想像を超えるような映像がちゃんとドラマに乗って展開されているだけで、やはり圧倒的に面白くなるものだなぁ……。海苔夫は最後に何かまだやらかすのか?

12

シドニアの騎士、最終回終了。実は二期あり乞うご期待。当たれえぇぇー、からの、ロケットパーンチ!!……これってスタッフなりの王道継承宣言と捉えてしまっていいのだろうか? 赤と青の閃光で表現されるCGバトルを文字通りロボットプロレス実況で見せる演出にも温故知新な未来への胎動を感じた。

@@p@@p 2014/12/31 17:59 更新お疲れ様です
また、更新とまると思ってたので、ツイッターまとめだけでも嬉しいです
今の形式のほうが、アイマスライブやドラクエオンライン感想、ツイートまとめからの現状からみた総括と自由度がまして、感想おもしろいです
来年もお暇なときでいいので、まとめてもらえると幸いです
自分でアニメ見た後、火鷹さんの感想をみると、新たな視点を与えてもらえ、いっそう作品に楽しめています

ではよいお年を

書き込みA書き込みA 2015/01/02 16:09 現在だと「作家性を通す為にサービスを盛り込む」事よりも「サービス精神を徹底した結果出現する独自性や作家性」の方が優位であると思うので、ロボットアニメ的な製作意識はアイドルアニメと比べると苦戦をしている感じですね。

また「玩具が売れれば何をやってもいい」というかつてのロボットアニメの得意技も現在ではカードアニメ(とやはり女児向けカードアニメであるアイドルアニメ)に持っていかれている状況ですし。

作り手とマニアがアート性や難解性を過度に称揚し、作品や文化を硬直化させてきた反動として現状があると思うので、「オタク」というものの精神性や文化も更新を迫られている時期なのではないでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heta_kan/20141230/1419953349