Hatena::ブログ(Diary)

ヘタダラ〜下手の考え休むに似たるダラダラ別館〜 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

      雑多感想サイト下手の考え休むに似たるのダラダラするところ
      Twitter  リアルタイム感想書いてます。メインはこっち
      マンガ感想別館  01年〜05年4月上旬までのアニメ過去感想
      amazonマイストア別館
          

2014-12-30 2014年ツイートまとめ・ロボットアニメ特集

[]楽園追放-Expelled from Paradise- 00:29 楽園追放-Expelled from Paradise-を含むブックマーク

基礎情報

監督:水島精二、脚本:虚淵玄、演出:京田知己キャラデザ:齋藤将嗣

CG監督:阿尾直樹、美術監督:野村正信、音響監督三間雅文、音楽:NARASAKI

制作:グラフィニカ(参照サイト、Wikipedia他)


東映アニメーションが次世代のフルCGアニメの研究を兼ねて立ち上げた企画が数年の葛藤の末に結実。

ニトロプラス&虚淵玄に話が持ち込まれたのは「魔法少女まどか☆マギカ」よりも早く、完成に至るまでには水島精二が一からCGスタッフにアニメ的な作画技法を伝授するなど長い修業期間があったとのこと。

だが、その甲斐あってアニメルックのフルCG作品としては現在最高峰の完成度を手にしている。特にヒロインの肉感的かつ美少女アニメ的な造形は、もはや手描きの後追いではなく「CGだからこそ」の魅力を発揮している。

ロボットアニメとしてもグラフィニカに籍を置く板野一郎の指導と「エウレカセブン」でも板野サーカスフォロワーを多用した京田知己の演出によって、かつてないほど存在感のあるCGロボットバトルが実現されている。

簡易感想

・VistaだとHD画質にできない作品なんてのもあるのかiTunesStore……!!


・といってもSD画質でも全然問題なかった。普段のニコ動って何画質なんだろう?


・無駄一つないテキパキとした導入からラストに至るまで、わかりにくい点がほとんどないという極めてシンプルに特化した脚本演出に舌を巻く。アンジェラディンゴの、説明的にならないギリギリを攻める説明会話の地味な凄味!!


・また、基本的に「バカがいない」(知性が低いということではなく、観客が理解していることを理解せず話を停滞させる役がいないということ)ので、非常にテンポよくストレス最小限で見られる。


・実のところ話自体は大したことやってないしラストのロボットバトルなんて完全に盛り上げる為だけの蛇足なんだけど、お膳立てが素晴らしくスムーズなので納得してしまうというか。


・世界観設定については管理社会だとか経済格差といった高尚なテーマよりも、もっと個人的な精神問題を比喩的に見せている感覚が強かったなぁ。つまりは古典SF的ってことなんだろうが。


・結局アンジェラディンゴも友達がいなくて、ぼっち同盟であいつに共感したってことなんだろうなー。


・あとは「ガンダム00」や最近の虚淵作品からの発展でいうと、もはや既存のシステムを変革しようなどという発想自体がなくなっているのは結構な変化だと思う。


・映像面では通常のアニメと遜色ない。遜色ないとは、敢えてCGである意義がまだ見えないということでもあるので更なる進化の余地も充分に感じる。


アンジェラさんのエロボディについては、キービジュアルなどからもっと下品に見えるんじゃないかと心配していたのだが、これについては「初音ミク」がそうだったようにCG技術への敬意が邪念を押し込んでわりと芸術作品みたいに見える。


・胸よりも尻、そして髪!!


・表情の付け方も見事だが、釘宮理恵の演技はそれを上回ってたなぁ。あれだけ可愛い声で叫べるってのはやはり唯一無二。


・感動のクライマックスなのに、ミキシンのあれで思いっきり吹いた……!!

@@p@@p 2014/12/31 17:59 更新お疲れ様です
また、更新とまると思ってたので、ツイッターまとめだけでも嬉しいです
今の形式のほうが、アイマスライブやドラクエオンライン感想、ツイートまとめからの現状からみた総括と自由度がまして、感想おもしろいです
来年もお暇なときでいいので、まとめてもらえると幸いです
自分でアニメ見た後、火鷹さんの感想をみると、新たな視点を与えてもらえ、いっそう作品に楽しめています

ではよいお年を

書き込みA書き込みA 2015/01/02 16:09 現在だと「作家性を通す為にサービスを盛り込む」事よりも「サービス精神を徹底した結果出現する独自性や作家性」の方が優位であると思うので、ロボットアニメ的な製作意識はアイドルアニメと比べると苦戦をしている感じですね。

また「玩具が売れれば何をやってもいい」というかつてのロボットアニメの得意技も現在ではカードアニメ(とやはり女児向けカードアニメであるアイドルアニメ)に持っていかれている状況ですし。

作り手とマニアがアート性や難解性を過度に称揚し、作品や文化を硬直化させてきた反動として現状があると思うので、「オタク」というものの精神性や文化も更新を迫られている時期なのではないでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/heta_kan/20141230/1419953353