ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

学年一小さいスキーレーサーKANA 少年野球のピッチャーも目指して このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-09

11/5 北日本新聞社旗杯 2位トーナメント 対 東加積ロッキーズ その3

先頭バッターとしてショートゴロ内野安打でいきなり出塁したKANAですが、その最初の牽制球

f:id:hfji4198:20111106045205j:image

f:id:hfji4198:20111106045222j:image

f:id:hfji4198:20111106045241j:image

f:id:hfji4198:20111106045254j:image

手から戻らなければいけないところを、とことこと足から戻っていきなりアウト(涙)

シーズン最後でこんなボーンヘッドを見られるとは…(苦笑)

しかし同級生たちが何とか粘って先取点を入れてくれました。

f:id:hfji4198:20111106045314j:image

3回の裏は2アウトで打順が回ってきました。相手のサードは超前進守備

f:id:hfji4198:20111106045354j:image

これを見たKANA、バントは全く考えずにヒッティングを選択。その結果、

f:id:hfji4198:20111106045416j:image

f:id:hfji4198:20111106045429j:image

この前進守備のサードへワンバウンドで届く「ごっつぁんサードゴロ」でした。これは結局相手のペースに巻き込まれただけ。相手が前進守備だからこそ、それでもバントをしようかとする態度を見せておけば、相手も悩んだはずです。この辺の駆け引きが上手にできるようにならないとダメですね。

結局地力に勝る相手に逆転されて、

f:id:hfji4198:20111106050215j:image

KANAの最後の公式戦は幕を閉じました。

f:id:hfji4198:20111106050348j:image

グラウンドへの最後のあいさつ。

f:id:hfji4198:20111105101713j:image

1年間ごくろうさま