Hatena::ブログ(Diary)

hidecheckの日記

2009-05-26

画像のリサイズとか回転

| 03:16

元ねた

http://www.anddev.org/resize_and_rotate_image_-_example-t621.html

追記「リサイズクラスを作る」

http://d.hatena.ne.jp/hidecheck/20090722/1248255593

リサイズ

public class bitmaptest extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle icicle) {
        super.onCreate(icicle);
        LinearLayout linLayout = new LinearLayout(this);
       
        // load the origial BitMap (500 x 500 px)
        Bitmap bitmapOrg = BitmapFactory.decodeResource(getResources(),
               R.drawable.android);
       
        int width = bitmapOrg.width();
        int height = bitmapOrg.height();
        int newWidth = 200;
        int newHeight = 200;
       
        // calculate the scale - in this case = 0.4f
        float scaleWidth = ((float) newWidth) / width;
        float scaleHeight = ((float) newHeight) / height;
       
        // createa matrix for the manipulation
        Matrix matrix = new Matrix();
        // resize the bit map
        matrix.postScale(scaleWidth, scaleHeight);
        // rotate the Bitmap
        matrix.postRotate(45);

        // recreate the new Bitmap
        Bitmap resizedBitmap = Bitmap.createBitmap(bitmapOrg, 0, 0,
                          width, height, matrix, true);
   
        // make a Drawable from Bitmap to allow to set the BitMap
        // to the ImageView, ImageButton or what ever
        BitmapDrawable bmd = new BitmapDrawable(resizedBitmap);
       
        ImageView imageView = new ImageView(this);
       
        // set the Drawable on the ImageView
        imageView.setImageDrawable(bmd);
     
        // center the Image
        imageView.setScaleType(ScaleType.CENTER);
       
        // add ImageView to the Layout
        linLayout.addView(imageView,
          new LinearLayout.LayoutParams(
                      LayoutParams.FILL_PARENT, LayoutParams.FILL_PARENT
                )
        );
       
        // set LinearLayout as ContentView
        setContentView(linLayout);
    }
}

回転

mSwitcher.setDrawingCacheEnabled(true);         // mSwitcher is the ImageSwitcher
bmp = mSwitcher.getDrawingCache();
aMatrix = new Matrix();
aMatrix.setRotate(90.0f);
flippedBmp = Bitmap.createBitmap(bmp, 0, 0, bmp.width(), bmp.height(), aMatrix, false);
mSwitcher.setImageDrawable(new BitmapDrawable(flippedBmp));
mSwitcher.setDrawingCacheEnabled(false); 

hkhumanoidhkhumanoid 2009/05/27 12:44 僕もやってましたーw

でもこれってStateじゃなくてStrategyじゃないかなって思います。
ある意味「状態」を渡しているけど、次の状態を渡しているのはクライアントであって、Stateオブジェクト自身ではないように思います。
State自身が次の状態を「渡す」というのはこんなシーンを想定すればイメージしやすいでしょうか?
※マリオの挙動を覚えていないので、実際は違うかもです。。。
■今、デフォマリオの状態
スーパーきのこを食べた⇒デカマリオになる
ファイアフラワーを食べた⇒デカマリオになる
ノコノコに当たった⇒ゲームーオーバー

■今、デカマリオの状態
スーパーきのこを食べた⇒デカマリオになる(変わらない)
ファイアフラワーを食べた⇒ファイヤーマリオになる
ノコノコに当たった⇒デフォマリオになる

■今、ファイヤーマリオの状態
スーパーきのこを食べた⇒ファイヤーマリオになる
ファイアフラワーを食べた⇒ファイヤーマリオになる
ノコノコに当たった⇒デカマリオになる

こんな感じで状態遷移をする場合はStateを適応するとif文やswitch/case文がなくなります。
コードは長いので控えさせてもらいますけど、時間あったら僕のエントリーに例題載せれたら載せてみます。

参考URL
http://www.hellohiro.com/pattern/state.htm
http://www.hellohiro.com/pattern/strategy.htm

hidecheckhidecheck 2009/05/27 23:16 突っ込みありがとうございます。
実は自分もなんかStateぽくないな・・・と思っていました。
コメントを見る <javascript:void(0);>

hkhumanoidhkhumanoid 2009/05/28 11:10 サンプル作ってみましたw
http://d.hatena.ne.jp/hkhumanoid/20090528/1243473358

eggegg 2009/12/15 17:57 回転するだけならこれでいけます!

canvas.save();
canvas.rotate(かくど, 回転の中心のX, 回転の中心のY);
・・・drawable.draw(canvas); などで描画
canvas.restore();

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hidecheck/20090526/1243361773