Hatena::ブログ(Diary)

わがままジジイの独り言 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-13

最近撮影したドール写真

部屋の整理や掃除が忙しくてドルドルしてる暇ないー

f:id:hidecr:20170112194733j:image

ミクがベンチにしてるのは A3ノビまでプリントできるフォト品質プリンタです でかすぎてリビングに持ってきたわいいが どこに設置するか悩むー

まだまだ3月いっぱい掃除は続きますが 合間にドール写真撮ってました


f:id:hidecr:20170104085029j:image

ツイッターでアダルト画像扱いになり制限解除しないと表示しなかった写真


f:id:hidecr:20170112194727j:image

メイが考え事してるポーズを撮影

可愛かったのでそのまま 上のプリンタ写真の場所に設置した棚に乗せてそもままになってます

f:id:hidecr:20170112194732j:image


1/3 SPRライフルが手に入ったので撮影してみた

f:id:hidecr:20170112194731j:image

f:id:hidecr:20170112194730j:image

イメージはガンスリンガーガールのトリエラ

f:id:hidecr:20170112203936j:image

f:id:hidecr:20170112203937j:image

スーツ姿のお姉さんキャラです


f:id:hidecr:20170112194734j:image

うちのトリエラフィギュア ミニスカ女子高生風になってます


最近ミクとメイしか撮ってない

整理中なので他の娘だしてくるのがめんどい

2017-01-12

今年最初の野外撮影

先日 娘がディズニー行くというので早朝日が昇る前に名古屋駅まで送っていく事になり

ついでにドール持っていって街中で撮影してきました


f:id:hidecr:20170112194729j:image

f:id:hidecr:20170112194728j:image

今回は昨年末買ったα7とBatis 1.8/85 にストロボ持って

早朝の風景撮ろうと思ったのですが

いろいろ問題が多かった撮影でした


まず日が昇る前からセッティング始めて 明るくなりかけの風景バックに撮影しようとしても

ストロボと背景の明るさのバランスとれない ドールにある程度ストロボあてようとすると背景が真っ暗になってしまう 背景基準にすると ドールが真っ白に飛んでしまう 完全に陽が昇ってからならまだしも 明け方の微妙な明るさでのストロボ撮影は難しかった 結局断念して ある程度周囲が明るくなってから自然光のみで撮影しました


もう一つはBatis1.8/85でのドール野外撮影における問題

通常のポートレートなら 中望遠レンズとして 適度に背景ボカシながら人物撮ったり 背景をある程度はっきり見せたりできるのだけど

まずボケが強過ぎる まあこれがこのレンズの味で良さなんだけど ドール撮影にはきついところがある

ドール撮影では ドールが小さいゆえに 通常のポートレートと同じようなバストショット狙おうとすると 被写体との距離がとても短くなる ゆえに背景は 通常以上に遠くになりボケボケすぎてなにがなんだか判らないようにしか写らない 特に今回のように明け方で周囲が暗い場合絞り込む事もできないので被写界深度をとれなくて 建物の壁などに寄り添う構図とかでないかぎり Batisだけではあまり実用的な撮影にならない 

結局野外撮影では今までどおりRX-1Rの35mm画角で通常撮影して ポイントごとにBatis使うというのがベストなようだ


ドール野外撮影で 通常ポートレート感覚で撮影するなら フルサイズでも50mmくらいの方が中望遠風撮影には適してるかもしれない でも50mmって私的には中途半端に広角的な画角で苦手なんだよなー

あー どんどんレンズ沼に・・・

2017-01-04

新年初ドール撮影

今年もよろしくお願いいたします


新しい年になっての初撮影 

野外ではなく いつものリビングでの撮影です


年末に新しいカメラ買ったので そいつで自分のイメージ通りの撮影をしてみようと

若い頃は ほとんど中望遠レンズだけで撮影してたので RX-1Rの35mm縛りには結構苦労させられました 元々いいカメラとレンズなので 馴れればそれなりに撮影してたけど たぶん縛りがなかったら35mmという画角は使いこなすことなく終わったろうな というくらい 自分の中には中望遠の画角が染みついてます


今回の撮影では 朝の光の中でメイが机に突っ伏して手の甲の上に頬をのせて グデーっとしてる 雰囲気を撮影してみました

f:id:hidecr:20170104201539j:image

85mm中望遠 絞り開放して ドール以外の余分な要素はおもいっきりボカし飛ばしてます

Batis1.8/85 このレンズすごくボケ味は綺麗なんですが 近寄ることができません なのでKenkoのクローズアップフィルタNo.1をレンズに装着して寄ってます 


メイは窓を背に逆光配置 窓からの光だけでは弱いので 朝っぽさを出す為に リモートストロボに水色フィルタをセットして窓の近くに配置 背景や髪の輪郭に部屋に入る朝の光を演出してみました 天井からの電球色が強いので赤くなりすぎて朝っぽさが弱まるので 顔の正面からディフューザーセットしたストロボで顔を照らし 天井照明のオレンジはほんのり残る程度にしました

ほぼ思い描いたイメージ通り撮影できたと思います

f:id:hidecr:20170104201536j:image

f:id:hidecr:20170104201537j:image

f:id:hidecr:20170104201538j:image

2016-12-18

撮影講習会に行ってきた

春にストロボ初級講習会に行きましたが

今回は 中級に行ってきました


初級は カメラにストロボ直付けでの撮影からカメラから離してリモートでストロボ発光させて撮影

前回は 直付けと リモートが 一部 二部と別れてたので リモートの二部のみ参加しました

初級はあくまでストロボ一灯 光が足りない部分はレフに反射させて光を廻すというやり方でした


今回の中級は 多灯シンクロ 一応講習では2台のストロボをコントロールしての 光量やセッティングの勉強です


講師は前回同様 えはらあい さん スマートドールのオーナーさんで コスプレもするカメラマンです

f:id:hidecr:20161218063818j:image

アイドール等ドールイベントではドール撮影の講習もやってます

秋の名古屋でのアイドールで撮影講習やるかもと言ってたのですが 関東のドールイベントと日程が重なってしまって 名古屋にはいらっしゃいませんでした 今度の春のアイドールではドール撮影講習やりますと言ってました


で本編講習は オタカメラマンと オタレイヤーモデルさんという組み合わせですが 一般人向けの講習会なので いたって真面目です


初級のときも 傘やソフトボックスを使って実習しましたが 今回はそれぞれの特性の違いとかもきちんと説明受け 多灯での それぞれのストロボ光量の変化による違いとか 実際の撮影での手順とか見せていただきました

f:id:hidecr:20161218063819j:image

ストロボセッティング中


これは アイドル風に撮影する場合のセッティング

f:id:hidecr:20161218063820j:image

顔の上下にストロボ置いて 結構大胆なセッティングです

このセッティングで撮影してみた画像

f:id:hidecr:20161218063815j:image

背景が白ければ某TV番組情報誌の表紙のよう

この背景だと週刊朝日の表紙っぽい?


こんどは顔へのメインとは別に 天井に向けてストロボ発光させて そのバウンズで頭の髪が明るく写るようにしたセッティング

f:id:hidecr:20161218063821j:image

今回ポートレートなのでα7の85mmで撮影してますが

この写真だけはRX-1Rの35mmで撮影

少し上からのアングルで若干広角の雰囲気を出してます


モデルさんの後ろにもストロボ設置するセッティング

f:id:hidecr:20161218063817j:image

本来このセッティングではストロボはモデルさんの後ろ 影に配置してカメラから見えない状態にするのですが

ちょっと位置がずれてストロボ光源がモロ写ってしまった画像

f:id:hidecr:20161218063816j:image

これは これでちょっと カッコいいかな


こんな感じでやってきました


モデルさんが描いた落書き

f:id:hidecr:20161218063822j:image

エミリアたんだそうです


私は基本 できるだけストロボ使わずに 環境光で撮影するのが好きですが

先日の公園での野外撮影のように シチュエーションによっては たまに使うので その時の参考になりました

2016-12-05

α7 撮影テスト

α7 撮影テストです

α7 Batis1.8/85とRX1-R Sonnar2/35の比較です 


まず室内 ホワイトバランスの関係で色味が違うけど

だいたいドールのサイズを同じくらいに撮影してみました

35mmと85mmで写る範囲がだいぶ違うので 印象変わりますよね ボケの雰囲気85はやっぱりいいです

f:id:hidecr:20161205101917j:image

f:id:hidecr:20161205101000j:image


屋外 どちらも絞り開放で撮影してます

うちのRX1-R AWBが狂ってるので 色温度低く写ります だから 曇りでも あまり曇りっぽくない

f:id:hidecr:20161205101002j:image

f:id:hidecr:20161205101913j:image

f:id:hidecr:20161205101003j:image

f:id:hidecr:20161205101915j:image

35mmが広い範囲を移し込むので撮影場所全体のイメージを伝えることができるのに対し

85は 背景の一部分を切り取り とにかくぼかして雰囲気を作ります


同じ位置で撮影すると ドールのサイズがだいぶ変わります

f:id:hidecr:20161205101916j:image

f:id:hidecr:20161205101004j:image



今回の屋外データ 雨上がり曇り気味の建物の影 ISO100 f1.8 SS1/400 1/320

開放でボケ活かす撮影で 日中使うとなると NDフィルタ必要になりそうな感じだなー

f:id:hidecr:20161205101914j:image

やっぱり85mmはポートレートレンズですね

2016-12-03

カメラ買っちゃいましたα7

カメラ買っちゃいました 今度は一眼です

2年前 レンズ沼にハマらないよう 変態フルサイズコンデジRX1-Rを選択して買って

35mm縛りだけど 結構気に入ってたけど やっぱり 中望遠が欲しいと 

さんざん悩んだあげく 結局ポチってしまいました 私の場合現在はレンズ資産もないし とにかく安くフルサイズ本体が手に入って レンズはツァイス使えればと

SONYのフルサイズミラーレスのエントリーモデル つまり初期型のお安いバージョンを選択しました

現時点では ニコンキャノンもフルサイズはべらぼうに高いので ソニー 一択になってしまいます

フルサイズなら解像度は充分なので 特に高解像度モデルも必要なく 手ブレ補正も 元々アナログ手ブレなし一眼を使ってた人なので あれば便利かなっていうていど 必然性は感じない はっきり言えばオートフォーカスもなくても大丈夫ってくらい なので結局一番機能すくなく安いモデルで充分なんです 


まず これがうちの今まで活躍してくれたカメラ 右からRX100こいつはこれからもスナップ用 真ん中がRX1-R今回のカメラが来てもメインカメラ 35mm用として現役を続けます 一番左は娘のEOS kiss7

f:id:hidecr:20141217115242j:image

そして

f:id:hidecr:20161202045444j:image

パッケージングが安っぽいです 段ボール感まるだし すごく高級で凝ってたRX1-Rとはまったく違います まあフルサイズと言っても安物機種だからしかたないけど

f:id:hidecr:20161202045443j:image

そして本体は 紙に包まれて・・・

おい! お前はハンバーガーかよ! 

思わず あまりにものチープさに突っ込んでしまいました

f:id:hidecr:20161202045439j:image

とうとう 一眼やってきました

ボディキャップはずすと

f:id:hidecr:20161202045442j:image

げー フルサイズセンサが剥き出しじゃん まあEVFに絶えず映像送り続けるわけだからしかたないけど でもこれじゃあ怖くて屋外でレンズ交換なんてできないな まあ最近はみんなズーム1本で間に合わせるから大丈夫なんだろうけど うちでも中望遠専用カメラの予定だからレンズ交換を撮影中にするってシチュエーションは今のところ考えてない


で レンズなんだけど 昔から私はツァイスが好きだったので 今回もツァイス

f:id:hidecr:20161202053454j:image

f:id:hidecr:20161202053453j:image

こいつは部屋の整理でもう使わないので廃棄処分しようかと出してきた ツァイスのスライドプロジェクター

昔の 西ドイツ製です

もったいないけど スライド投影なんてもうしないからしかたないよね


名古屋市科学館プラネタリウム投影機もツァイス製です

planetarian~ちいさなほしのゆめ~』にも登場してゆめみちゃんが操作してたやつと同型 ツァイス4型 

明石プラネタリウムで現役のものと同種 

少しこちらのが年式新しいので投影機を支える支柱の形状がスマートです 現在も展示されてるので姿を見る事ができます さらにきちんと稼働するよう整備されてコンソールにも繋がってるので 壁にオリオン座とかが投影可能らしいです

f:id:hidecr:20110709184058j:image


こちらは現役ツァイス製新型光学投影機 このツァイス光学投影機とミノルタのデジタル投影機を組み合わせてプログラムが上映されてます

f:id:hidecr:20110709184059j:image


本題へ戻ります

SONY純正レンズではありません というのもSONY販売するαフルサイズ用ツァイスは広角から標準までしかないので 社外品 と言っても 本家ツァイスがα専用の中望遠レンズ発売してて そいつを買いました

Batis 1.8/85 ズームではありません 85mm単焦点レンズです

f:id:hidecr:20161202045432j:image

f:id:hidecr:20161202045433j:image

f:id:hidecr:20161202045434j:image


品質保証シール ドイツ カールツァイスの設計で 日本製(製造はコシナが担当)高品質を謳ってます

f:id:hidecr:20161202045435j:image


パッケージもα7本体とは大違い ある意味Appleのよう

f:id:hidecr:20161202045436j:image

外装をスライドさせると 内箱には レンズ構成のイラスト

f:id:hidecr:20161202045437j:image

内箱蓋を開けたとこ すげー 高級って感じ


取り出したレンズ

f:id:hidecr:20161202045438j:image


カメラ本体に着けてみた

f:id:hidecr:20161202045441j:image

f:id:hidecr:20161202045440j:image

レンズキャップは遊びが大きく 少しグラつくし 使いにくいので 別メーカーのキャップを改めて注文してます


本体と一緒に注文した ローアングルファインダー とローアングル用小型三脚

f:id:hidecr:20161202045445j:image

背面の液晶がチルトできるので それだけでもローアングル撮影可能ですが ピントとかちゃんと見るためにローアングルファインダーも買いました この三脚着けるとなんだか無駄にカッコいい

f:id:hidecr:20161202045446j:image

実際オートフォーカスはRX1-Rより早く正確ですが それでもボケが醍醐味のツァイスレンズによるドール撮影では微調整が必須で 少しテストしてみたけど オートフォーカス後微調整するより 最初からマニュアルフォーカス使った方が早く撮影できるので 背面液晶画面より ファインダーで確認したほうが見やすいんです

レンズ胴体上面には液晶画面があって マニュアルフォーカスの時に ピントが合ってる範囲を数値表示します 

社外品とはいえ SONY純正レンズと同じように 絞りを本体からコントロール(レンズには絞り変更のリングすらない)オートフォーカス対応 さらに 手ブレ補正機能も内蔵してるレンズです カメラ本体に手ブレ補正機能がないけど レンズ側で多少なら補正してくれます


RX1は最高級コンデジなだけに 造りがすごく丁寧で 素材感もいい それに比べるとα7は コンパクトでチープな一眼です

基本操作は ほぼ同じなんだけど 実際使ってみると印象はだいぶ違う

RX1は 35mm単焦点縛りで趣味に走ってこだわってるというか どちらかというと アナログな感じ シャッターボタンにも昔のアナログ時代的なレリーズ取り付けるネジ穴が空いてます でも α7は お手軽にフルサイズ楽しむ一眼って感じで 今風なオート部分が多く 結構とまどい歳よりにはよくわからない挙動するし 結局 フォーカスも 露出も みんなマニュアルにしてしまいました


テスト撮影した画像は次回に

2016-12-02

腐海へようこそ

部屋の整理掃除をどんどんやらなきゃならないんだけど

一番の問題 息子が住む予定のプレハブの現状が 気が重い・・・


f:id:hidecr:20161201223800j:image

おいこらー そういう事するんじゃないー!(T_T)


f:id:hidecr:20161202004411j:image

プレハブと言っても 母屋とつながっていて 玄関横にプレハブへの通路があります

芹:異世界への入り口ー 

こらー!

f:id:hidecr:20161202004412j:image


芹:ご主人さまー なんでこんなになるまでほっといたんですかー?

  ゴミ屋敷ですよー!

  前へ進めません

f:id:hidecr:20161202004413j:image

f:id:hidecr:20161202004415j:image

密林箱地帯を抜けると少し開けましたー

f:id:hidecr:20161202004414j:image

芹:なんでペットシーツお徳用パックの買い置きが山になってるんですか?玄関にも山がありましたよね

いやー メイドちゃんがホームセンター行くたびに買ってくるからどんどん溜まっちゃって


f:id:hidecr:20161202004416j:image

芹:こういう読み終わった本は書庫でしょ! 

  なんでここに山積みになってるんです? 

  リビングの床にもいくつも本の山がありましたよね 

  ちゃんと書庫にしまわなきゃダメでしょ!

2階の書庫に持ってくのが面倒で つい・・・


f:id:hidecr:20161202004417j:image

芹:なんで部屋にタイヤがあるんです?

  邪魔です! すぐ処分しなさい!

スタッドレスだから もう少ししたら 今のやつと付け替える予定だから・・・

芹:まさか付け替えたノーマルタイヤ部屋に持ち込まないですよね 許しませんよ!


f:id:hidecr:20161202004418j:image

芹:ゴミの中にプリンタ埋もれてるじゃないですか これはどこに持ってくんです?

リビングの今エレピが置いてある場所かなー エレピを2階の娘が住む予定の部屋に放り込んで 床ワックス掛けしてから持ってくよ 問題はプリンタ台が大きいから出入り口から出るかどうか 窓から出して庭経由で移動しなきゃならんかも

芹:いったい いつ移動が終わるんですか?

・・・・春までには・・・

芹:遅すぎます!!!!


f:id:hidecr:20161202004420j:image

芹:私たちのドレスの扱いひどくないですか? 

  ワードローブから溢れて周りに山積みになってますよ

  大切にあつかってくれなきゃダメじゃないですか!


f:id:hidecr:20161202004421j:image

芹:古いiBookやらその隅には火鉢まで見えますよ

  まったく なんでもかんでもため込んで

  整理してくださいよ


f:id:hidecr:20161202004419j:image

芹:TV録画用のPCやら 

  録画データ入れてある何台もあるNASやらモニタやら

  こんなに沢山どこに持ってくつもりなんですか?

うっううっ・・・


f:id:hidecr:20161202004422j:image

芹:私たちの靴も散らばってるし 

  ウィッグや予備ボディも適当に山積み 

  扱いぞんざいすぎますよ!


f:id:hidecr:20161202004423j:image

芹:撮影用小物もきちんと整理して片づけてくださいよ

  全部大切に私たちの側に持ってきてくださいよ!

あー うー 量が多すぎてドール分だけでも部屋がいっぱいになっちゃうよー

芹:そんなことは知りません! 

  ご主人様は 私たちに奉仕すればいいのよ!

  さあ 次は書庫の様子見に行くわよ


f:id:hidecr:20161202004424j:image

芹:なんなの これは! 入り口にもたどり着けないじゃない!

あー このスペースはメイドちゃんの管理だから・・・

芹:どかして とにかく進むわよ


f:id:hidecr:20161202004425j:image

芹:中もすごい状況ね 

最近開かずの間化して ずっと放置状態だったから・・

f:id:hidecr:20161202004426j:image

芹:ここも整理しないと荷物もってこれないじゃない

  まったく どれだけ散らかってるのよ

  本当に春までに片づくの? 


あー どっから手をつけたらいいんだー