Hatena::ブログ(Diary)

わがままジジイの独り言 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-04

あんかけスパ

朝から あんかけスパ食べたいーってことで 作りました

あんかけスパってのは 知らない人もいるかもで 

名古屋めしの一つです 


名古屋は結構独自?食文化あるらしく

有名なのは 小倉トースト トーストの上に小倉あんを乗せたもの いまでは名古屋本店の全国チェーン 喫茶コメダがあるから名古屋以外でも食べられる


うなぎ短冊状に切ってお櫃にいれた うな丼の変形バージョン ひつまぶし とか 同じようなので釜めしごはんにした うな釜とか


イタリアン 基本はナポリタンスパなんだけど 鉄のステーキプレートの上に乗せ溶かし卵をプレートに流し込んで焼いたもの 名古屋の家庭にはイタリアン用のプレートが必ずあるという笑い話があるけど まあ大げさで普通無いけど うちにはある


味噌カツ トンカツの上にかけるソースを 甘めのどろっとした赤だし味噌で食べるもの 矢場とんが有名だが あそこは私的にははっきりいってまずい! いつも長蛇の列だけど 名古屋へ来た人が とりあえず有名な店ということで来てるだけだと思う 名古屋味噌カツまずい!名古屋人は味音痴とか言う人もいるけど あそこの店選択した時点でもう間違ってる 個人的には ちょっとアクセス悪く中心から遠いので観光のついでだと行けないけど あさくら っていう店が美味しい 串カツを味噌だれにつけた味噌串カツとかはスーパーのお総菜コーナーとかでよく売ってる 矢場とん行くくらいなら とりあえずスーパーのお総菜コーナー覗いて見てくれ 味噌カツほんとは美味しいんだよ 


味噌煮込みうどん 赤だし味噌で煮込んだ煮込みうどん 


カレーうどん これは私もビックリしたのだけど 名古屋カレーうどんは独特らしい 他の地方では かつおだし利いたカレー風味つゆに入っただけのものだったり 単なるかつおだしカレールーに入ってるだけで たいして美味しいものではないらしい 名古屋のはとろみの効いた濃厚なカレースープに入ってるもので 味がそうとう違う 現在では名古屋の若鯱屋が各地に支店だしてるので他地方でも名古屋味が食べられるようになった


きしめん うどんのひらたい版 うどんというよりパスタ麺に形状は似てる これは外食だとめったに美味しいきしめんに出会えないので注意が必要 熱田神宮内の宮きしめんか無難に新幹線ホームにある立ち食いきしめん屋がおすすめ


等々 ちょっと上げるだけでも 結構ある


前置き長くなり過ぎました

本題 あんかけスパですが ヨコイという店が有名 最近はカレーのココ壱番屋の姉妹チェーンパスタdeココがあんかけスパ専門でチェーン展開してます

と言っても 私は ユウゼンという店ばかり行ってたので ヨコイは行った事ありません


あんかけスパは まず通常と麺が違います 通常スーパーで売ってる麺は1.6〜1.8 せいぜい極太でも2.0 普通2.0なんて麺スーパーでもめったにみかけません でも あんかけスパに使うのは2.2前後という超極太麺

こんなの手に入らない でも安心下さい ヨコイが専用麺とソースを販売して名古屋ではスーパーで普通に手に入ります アマとかでも買う事ができるでしょう

だたし 結構高級麺&ソースの扱いになるので お値段もお高いです

なのでうちでは

f:id:hidecr:20180504023034j:image

業務用2.2mm麺 業務用なので量は多いです これは4kgだったけど 別メーカーから2kgのもみかけた気がする

でもヨコイの麺から比べると安い!

そしてソースもヨコイのは激高なので 名古屋のソースメーカー コーミが出してるあんかけスパ用ソース

f:id:hidecr:20180504022933j:image

130円くらいだったか うまく行けば名古屋市内の100均でも買う事ができます

そして なくてはならないのがトッピング あんかけスパは麺とソースだけで食べるものではありません さまざまなトッピングと組み合わせて食べます


今回は赤ウインナーとフライという 基本的なトッピング

ウィンナー業務

f:id:hidecr:20180504023002j:image

そしてフライはイカリングにしました

f:id:hidecr:20180504022945j:image


調理 普通にスパゲティ茹でて(太麺なので少し長めに)トッピング乗せた周りにレトルトソースかけるだけです

が うちの場合キッチンの問題でちょっと面倒なことになってます

f:id:hidecr:20180504023013j:image

調理後なのでフライパンとか出しッパになってますが 狭いです

そして一番の問題がコンロ 本来流し台には3口ガスコンロがセットされてますが 壊れてガスが出なくなってしまったので コンパネ置いて塞いで 調理台にしてしまいました 代わりにIHコンロ(1口)なので 同時調理というのが難しく

写真に写ってるのは 右手前から アイスクラッシャー(夏などに大活躍 クラッシュアイス作る機械) エアフライヤー(少量の油でフライもの作るヤツ)  IHコンロ  スロークッカー(低熱量で長時間煮込みする専用電気鍋 カレーやシチュー用)ダッチコーヒーメーカー(水滴を落として長時間かけて抽出するコーヒーメーカー)という具合 あと写真に写ってない右にはオーブントースター 調理台の反対には 電子レンジ これらを駆使しての調理ですが ほとんど電気調理器具の為IHとフライヤーにレンジとか大容量器具を2つ以上つかうと ブレーカー飛びます! なのでどの器具をどの順番で使うかというのがとても重要

まず大鍋に水を満たして沸かし麺を茹でます 本来15分くらい茹でるのですが10分ほど茹でたところで一旦IHコンロ切って エアフライヤーに油をまぶした冷凍イカリングをセットして10分 その間にタマネギを刻んでフライパンに用意 冷凍赤ウィンナーも入れてフライヤーのタイマー時間まで常温で放置 赤ウィンナーを少し解凍しておきます フライヤーの時間が来たら IHコンロでタマネギ赤ウィンナーを炒め 完全に仕上がる前 タマネギがまだ少し硬いかなというところでコンロから卸 フライヤーの中のイカリングをひっくり返してさらに5分セット 出来たらそのまま蓋空けずに放置 フライヤーは保温性よく 10分以上中の食材が冷めずに保温し続けてくれます そして再び麺が入った鍋をセット レトルトソースの袋も一緒に鍋にいれて再加熱麺の硬さが丁度よくなってでき上がったらザルにあけて タマネギ赤ウィンナーを再加熱して仕上げ でき上がったらフライパン下ろして別のフライパンに麺を入れて油入れて 全体に油が行き渡る程度にフライパンで温め 皿に移し タマネギアカウィンナートピング ソース流し込み イカリング乗っけて仕上がりという あっちの作業したりこっちの作業したりしながら 最終的に全部冷めずに暖かい状態の料理にしあげるという面倒な作業だったりw


完成です

f:id:hidecr:20180504023033j:image



追記

本文にソースの事書いてなかった

ソースは見た目 半透明なトマトソース系ですが 甘くもなく トマトの酸味はほとんどぶっ飛んだスパイシーな味です ブラックペパーの辛味が強い独特な味です

2018-05-03

恐竜博物館

4月26日 福井県にある恐竜博物館へ行ってきました

f:id:hidecr:20180427092654j:image

この博物館 恐竜関連の博物館としては 世界3指に入るほどのすごいとこらしいです(他は中国カナダに有名な所がある)

で 私はこの博物館そのものより 入れ物(建物)の写真みてスゴイッ 行って見たいという 本来の博物館の楽しみとは違う目的

最初は一人で行くつもりだったのですが うちのメイドちゃんも こういうとこ(恐竜)好きそうなので 誘ってみました

そしたら この博物館 なにやら恐竜戦隊?とかでロケされた聖地だとかで 当時誰か一緒に行かないか誘っても誰もいなくていけなかった場所だと 喜んでついてきました 

メイドちゃんは 高速道路を長時間一人でぶっ飛ばすの平気なので 一緒に行くと 現地での行動は制限されるけど 移動が楽になります

行きは東海北陸自動車道から峠超えして九頭竜湖経由 途中時間があったら九頭竜湖ダム寄って 最近野外ドル撮者の間で流行ってるダムカードをもらってついでに少しドル撮しようかと思ってたのですが 名古屋高速から名神そして東海北陸自動車道入るまでが大渋滞して予定外に時間かかってしまったので ダムでの撮影は断念しました


予定より1時間遅れくらいでやっと到着

福井県恐竜博物館吹き抜けのエスカレーターホールです

f:id:hidecr:20180427093217j:image

f:id:hidecr:20180427092954j:image

f:id:hidecr:20180427092855j:image

f:id:hidecr:20180427092915j:image

f:id:hidecr:20180427093015j:image

ねっ 2月に撮影したオアシス21みたいに 未来的でカッコイイデザインの場所でしょっ


今回もミク同行です

f:id:hidecr:20180427093721j:image

f:id:hidecr:20180427093702j:image

館内 三脚ストロボは使用禁止ですが 自由に撮影できます 

三脚でのドールスタンド使えないので 足をメイドちゃんに支えてもらって撮影してます


で こちらが エスカレータホールから繋がってる展示ホールです

f:id:hidecr:20180427093804j:image

f:id:hidecr:20180427093826j:image

f:id:hidecr:20180427093319j:image


f:id:hidecr:20180427093419j:image

f:id:hidecr:20180427093118j:image

f:id:hidecr:20180427093141j:image

この恐竜模型の前でエンディング踊るシーンがあるらしく

ここで踊るから撮ってと言われたんだけど 踊ってる決めポーズをしてるとこ撮るのならまだしも 実際踊られても 踊りの中のどのポーズで撮ったらいいのかシャッターチャンスがまったくわからん 隣で学芸員の方がドン引きしてるしw


帰りは福井ICから北陸自動車道経由

福井ICの近くにある店で 福井名物?ソースカツ丼を 私はトンカツとエビカツがのったミックス丼を食べてきました

f:id:hidecr:20180427092716j:image

2018-04-29

iDollとドールオフ会

4月15日は 吹上ホールでの iDoll名古屋でした

とりあえず買いたいものないので 今回は行く予定なかったのですが

知りあいが何名かいるらしいので挨拶に行こうかとでかけました


企業ブースストロボメーカー ニッシンデジタルが出店して ドール撮影でのストロボの使い方講座とかをやって宣伝してます

カメラマン えはらあいさんがいらして 地元のカメラスタジオ スタジオプラネットの山本さんがお手伝いしてたのですが イベント関連の宣伝の予算削減とかで ニッシンの方は来なくて 山本さんとえはらさんが仕切ってました それにボランティアお手伝いで 名古屋コスプレライティング主催されてる めびうすさんもいて えはらさんが名古屋へ来た時の飲み仲間?関係なので 一応挨拶に 山本さんドールに興味もたれてたのですが まだお迎えしてません 逆にめびうすさんの方がドールもいいかなと興味もたれたり

3月にカメラ関連の大きなイベントあって それを記念してのプレゼント企画をネットでやってて

それに写真投稿で応募して 当選してたのですが 景品送付先の返信をバタバタしそのまま放置になって 期限すぎちゃってたのですが えはらさんが ニッシンの事務所で私が当選したのを知って その送付先の連絡なくそのままになってたので わざわざ名古屋に持ってきていただいて 当日会場で受け渡しして下さいました

f:id:hidecr:20180429165522j:image


その後ドール撮影卓へ 今回買い物予定なかったので まったく物販の出店みてません 見ると結局散財してしまう危険もあるので

卓を廻って ミクが集まってる卓へ

f:id:hidecr:20180427092331j:image

f:id:hidecr:20180427092352j:image

いんふぃさんと ちかどさんにお会いし 卓を主催してたやきそばさんとそのごドールオフやってるとこへ行こうとなりました


喫茶店占拠してのドールオフ会です 喫茶店の中の イベントスペースを貸切ってたのですが人数多くて通常の喫茶スペースまで人が溢れ出し 結局 途中から 店のママさんが一般客の方をお断りして 完全貸切りにしてくださいました

f:id:hidecr:20180427090455j:image

f:id:hidecr:20180427090517j:image

f:id:hidecr:20180427090555j:image

f:id:hidecr:20180427090611j:image

f:id:hidecr:20180427090617j:image

f:id:hidecr:20180427090636j:image

f:id:hidecr:20180427090901j:image

f:id:hidecr:20180427090924j:image

f:id:hidecr:20180427090941j:image

f:id:hidecr:20180427090943j:image

f:id:hidecr:20180427091001j:image

f:id:hidecr:20180427091019j:image

お茶会主宰される方が 小さいドールユーザの方なので 小さめドールが多いです 


名古屋には ドール出してお茶を飲んだり撮影したりできる いわゆるドールカフェというのはなく

名古屋でドールカフェを検索すると この店が出てきます

でも この店ドールカフェと言っても ドール違いというか

ドールハウスカフェなんです

f:id:hidecr:20180427090658j:image

f:id:hidecr:20180427090718j:image

f:id:hidecr:20180427090737j:image

f:id:hidecr:20180427090741j:image

f:id:hidecr:20180427090802j:image

f:id:hidecr:20180427090821j:image

f:id:hidecr:20180427090840j:image

f:id:hidecr:20180427092431j:image

f:id:hidecr:20180427092458j:image

で 最初オフ会が貸切ってたスペースは このドールハウスを作る集まりの為の作業スペースみたいな場所だったんです だから部屋の隅には 材料や作り掛けのパーツとかが無造作に置いてあったりしました


DDSD以外では 以前スタジオ撮影でご一緒した神姫(フィグマみたいな小型稼働フィギュア)くらいしか関わりがなかったのですが 

最近すごく流行ってる あまむす等のミニドール系の方ともお会いしたりしてちょっと面白かったです

2018-04-27

和カフェで撮影会

4月8日 αアカデミー主催で 和カフェの離れを貸しきっての 撮影講習に行ってきました

f:id:hidecr:20180422104211j:image

実は外観写真左上の枝は桜で 本来の趣旨は庭桜と料理写真というテーマだったのですが

タイミング悪く撮影日にはすでに桜終わってしまってました

まあ桜の咲く期間は短いし 企画参加者募集は何ヶ月も前に日程決めてしまうので なかなかうまくいかないものです

で このカフェ うちのメイドちゃんの実家のすぐ近所で メイドちゃんのお父さんが寝たきりになってて 撮影会の2日前に亡くなって 撮影会当日午前中が葬式 撮影会は午前と午後あって 私は午後の部で申し込んであったので メイドちゃんのお父さんの葬式に出て 葬儀場からすぐ近くのメイドちゃん実家で着替え少し休んで 撮影会に向かいました


撮影会の参加費とは別に撮影する料理は別途料金 つまり撮影して ついでに料理を食べて楽しむ会ですw

f:id:hidecr:20180422105907j:image

f:id:hidecr:20180422105923j:image

2枚の写真の品と デザートの葛切りとドリンクも付き 2,160円のランチです

最近のインスタ映えする流行りの撮り方は このように真上から撮るらしいです


あとは お盆から料理皿出して 単品や自由に組み合わせての撮影

f:id:hidecr:20180422105938j:image

f:id:hidecr:20180422105805j:image

f:id:hidecr:20180422105826j:image

f:id:hidecr:20180422104243j:image

f:id:hidecr:20180422105903j:image

f:id:hidecr:20180422110009j:image

f:id:hidecr:20180422104317j:image

f:id:hidecr:20180422105845j:image

f:id:hidecr:20180422110028j:image

デザートの葛切りは 抹茶黒蜜がありました 

これは私が頼まなかった方の抹茶

f:id:hidecr:20180422105442j:image

そしてこちらが黒蜜

f:id:hidecr:20180422105219j:image

f:id:hidecr:20180422105200j:image

f:id:hidecr:20180422104259j:image

食後のドリンクはミルクティーを頼みました

f:id:hidecr:20180422105257j:image

f:id:hidecr:20180422105235j:image


料理撮影なので あまり撮影に拘って時間かけていると料理さめて不味くなってしまいます

私は もともとあまり撮影に時間も枚数もかけず 短時間でぱぱっと済ましてしまうスタイルなので

撮影終わった料理から まだ皆さん撮影してる横で どんどん食べてました

講師の方にも もう食べてるのと からかわれてました

せっかくの料理 美味しそうに撮ってあげるのも大事だけど 仕事で料理撮影してるわけじゃないんだから 美味しく食べてあげないと失礼だしね

f:id:hidecr:20180422105423j:image

f:id:hidecr:20180422105403j:image

講師はカメラマンの井川拓也さん 人気講師としてさまざまなカメラ講座の講師をされている方です

わたしは今回初めて井川拓也さんとお会いしたのですが 初っぱなから名前で声を掛けていただいてアドバイスとかしていただき 今までもαアカデミーの講座はアットホームな感じで そのカメラマンさんのファンだったりで講座の常連さんとかも多かったのですが 今回は特にカメラマンさんの人柄というか 皆さん名指しで声をかけたりされていて親近感のある雰囲気で ああ これが人気講師と言われるゆえんなんだなと納得しました


撮影後 講評に使う大型モニタ等の機材を持ち込むスペースがないとのことで 栄のソニープラザ名古屋に移動 そこでの講評

毎度のことだけど 私の撮影はピントの甘さを指摘されました

こん会の撮影会の午前の部には いつもニッシンのえはらあいさんのストロボ講座に参加されて 飲み会にも来る ろーたすさんも参加されていたのですが 午前の撮影後すぐ長野へ行く用事があったらしく 講評の席には欠席 ただ ろーたすさん えはらさんの講座だけでなく αアカデミーの色々な講師の講座にもよく参加されてるので 井川拓也さんもよくご存知で 今回特別にスマホスカイプかなにかかな?TV電話機能使って 長野からスマホごしに講評に参加してました

2018-04-22

ベーコンエッグ

先日というか2日前 夜中にベーコンエッグ食べたくなり作りました

ちょっとカリカリのベーコンエッグ

f:id:hidecr:20180422110008j:image

今回は完全にカリカリになる手前の目玉焼きと一緒に食べやすい軟らかさにしときました

気分でカリッカリのベーコンエッグにすることもあります

よく カリカリベーコン作るの難しいとか 作り方をいろいろ言ってる人いますが

はっきり言って 全然難しくないです ただ普通に焼くだけでカリッカリになります

ポイントはベーコンの品質

よくあるナショナルブランドの工場で加工されてパック詰めされたベーコンでは 焦げるだけでまずカリカリになりません

あれは少し焼いてハムのような肉を楽しむものだと思います

油沢山入れて焼けばカリカリになるよと言う人もいますが それはハムの油揚げで ベーコンの風味は消えて美味しく有りません

カリカリベーコン作るには

お肉屋さんや スーパーの精肉コーナーでスライスしてパック詰めされたものを買ってきます

そのなかでも脂身が全体の半分以上入って赤身が少ないものがベストです

f:id:hidecr:20180422110109j:image

こんな感じの もう少し脂身があったほうがカリカリになりやすいです

あとは これをただフライパンで焼くだけでの簡単作業 なにもコツはありません

f:id:hidecr:20180422110245j:image

熱で脂身の脂がベーコンから溶け出して その大量の脂で ベーコン自身を焼くというか 揚げるような状態 

赤身部分は普通に焼けて香ばしく 脂の抜けた部分は繊維というか筋だけが残って揚がってカリカリになります だから脂部分が多い方がカリカリになりやすいのです

で適当にカリカリになった時卵入れて目玉焼きにします

f:id:hidecr:20180422110129j:image

ねっ 簡単でしょっ

2018-04-19

常滑エアリー2

また間があいてしまった

前回の続き こんどはドールなしの風景撮ったやつ

f:id:hidecr:20180323020154j:image

f:id:hidecr:20180323015827j:image

f:id:hidecr:20180323015645j:image

f:id:hidecr:20180323015627j:image

f:id:hidecr:20180323015609j:image

f:id:hidecr:20180323015551j:image

f:id:hidecr:20180323015533j:image

あんまりエアリーっぽくないのもあるけど

基本は撮影時に コントラストシャープを少し弱くして彩度少し高目の設定で 露出を少しオーバーぎみ

あとはホワイトバランス色温度を変更したり ホワイトバランスオプションの色空間変更で 好きな色をつけたりして撮影します

あまりエアリーっぽくないのは 基本設定はエアリー系で 露出のみ少しアンダーぎみに撮影したから

なんか昔のコダックリバーサルフィルムっぽい仕上がりで結構こういうのも好き

f:id:hidecr:20180323015225j:image

また最初にレクチャー受けた会館の部屋で撮影したデータの講評うけて解散

すぐ車で名古屋戻って 家に車置いて 地下鉄名古屋駅

夜は カメラマン えはらあいさんを囲んでの 毎度のカメラクラスターでの飲み会でした 

f:id:hidecr:20180422103518j:image

ちょっとワンパターンになってきて 刺激が減ってきたので 

次回4月末のえはらさん懇親会はお休みすることにしました

2018-04-14

常滑エアリー撮影1

まず 常滑というのは 名古屋の南 少し離れた場所にある市で 中部国際空港セントレアがある場所

大阪で言えば 位置関係的に堺市な感じ

で ここは焼き物の街 名古屋周辺には焼き物産業が多く

ここ常滑以外にも 少し北には 瀬戸物で有名な 瀬戸市があるし 西へちょっとというかそこそこ行くと 狸の焼き物で有名な信楽市もある そのなかで常滑は 芸術品としての焼き物より生活実用品としての焼き物が有名な場所 INAXの工場や博物館もあったりする まあでもそれだけなら 焼き物の店が街を埋め尽くす瀬戸の方がすごいけど 常滑のいいとこは そのロケーション 店はちらほらとあるけど 常滑焼き物地域を歩くといろいろな風景が見える 実用的な焼き物の街だけに 小道の周囲には土管を使った造形物が多い お宝焼き物を店を回って探す街と違って 焼き物に囲まれた風景を楽しんで散歩する街という感じ だからフォトジェニックな場所 

というわけで3月25日 ソニー アルファアカデミー主催の 山本まりこ常滑散歩エアリー撮影というのに参加してきました 

エアリー撮影ってのは カメラマン山本まりこさんの カメラ表現で 少しハイキー気味で 独特のカラーで淡いフンワリとした空気感を感じさせる写真です

f:id:hidecr:20180323015047j:image

こんな感じの 単に露出上げたハイキー写真でなく その時の気持ちや感じたものもカメラの色空間を変更して 色としても表現してあとは手前や背景のボケ感も活かして とにかくその場の空気や自分が感じた雰囲気感情も撮影で表現しようというもの


最初常滑商工会館みたいな所でで簡単な設定などのレクチャー受けて その後街にでて撮影

町並みまで歩いて行く途中 ドールバッグ背負ってあるいてたら 山本まりこさんが普通のカメラに使う似た三脚バッグとも違うようで気になったようで ドール入ってるんですよー とかお話しながら歩いてました


最初ちょっと青を強く設定しすぎて不自然になったけど まあこはこれで そういう意図で撮影したと押し切ればなんとかなる

f:id:hidecr:20180323020231j:image

f:id:hidecr:20180323020213j:image

今回もメイちゃん同行です  一般の方と一緒に同行する中で撮影するには アニメちっくでオタクっぽいDD系で引かれるより リアルドール系のSD系の方が受けがいいというか まあ私の勝手な思い込みの考えですが そういう場に合わせてSDDDか連れてくドール選択してます

f:id:hidecr:20180323020109j:image

f:id:hidecr:20180323020051j:image

f:id:hidecr:20180323020031j:image

f:id:hidecr:20180323020013j:image

f:id:hidecr:20180323015955j:image



f:id:hidecr:20180323015933j:image

f:id:hidecr:20180323015915j:image

f:id:hidecr:20180323015951j:image

f:id:hidecr:20180323020053j:image

f:id:hidecr:20180323014744j:image

f:id:hidecr:20180323015732j:image

f:id:hidecr:20180323020017j:image

f:id:hidecr:20180323020035j:image

f:id:hidecr:20180323014941j:image

f:id:hidecr:20180323015000j:image

f:id:hidecr:20180323015809j:image

f:id:hidecr:20180323015703j:image

f:id:hidecr:20180323015350j:image

f:id:hidecr:20180323014804j:image

f:id:hidecr:20180323014823j:image

f:id:hidecr:20180323015406j:image

f:id:hidecr:20180323015424j:image

f:id:hidecr:20180323015445j:image

f:id:hidecr:20180323015502j:image

f:id:hidecr:20180323015207j:image

f:id:hidecr:20180323015148j:image

今回結構撮ったので ドール分はここまで 次は普通?の風景写真