hidejiのいつでもフルバンク このページをアンテナに追加 RSSフィード

<< 2004/08 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2004-08-13 2日目乗鞍越え+スペシャルα このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今日は2日目

朝は松本青年の家のしきたり、朝の掃除で始まる。

掃除も手際よく済ませ本日スタート地点奈川村まで車移動。

朝から肌寒いがスタート地点も寒い

乗鞍の温度は・・・と考えるとアンダーウェア+アームウォーマーで行くことにした。

スタートの時間も迫りバタバタと準備に追われ慌ただしくもスタートを切る。

1発目の峠白樺峠(標高1625m)いきなりから約600mUP

序盤から昨日に続き小嶋、白石、ホットスタッフのおじさん達が先頭を引っぱる、速い!

負けじと食らいつくが徐々に離れ5人ほどのパックで1つ目クリア。

乗鞍高原まではダラダラ〜と下る。

続いては本日メインディッシュ乗鞍越えだ・・・

331〜!行け〜!!”#$%&’!!(゜Д゜)ハァ?

なぜにこんな信州の遠い山奥で応援が?

くぼしん&イトマリファーム軍団+ガチャピンご一行様での乗鞍合宿中だったようだ。

そんなうれしい声援を背に受けいざ乗鞍へ

中盤までは得意げな緩斜面で何とかなったが冷泉小屋手前辺りから徐々に苦しい展開に

勾配も緩急を繰り返し、一緒に上るパックにしがみついて行くので必死

森林限界を超える辺りから小さいアタックに反応するにも体が思うほど動かない。

く、苦しい・・・予想以上に苦悶の乗鞍であった

しかし天気に恵まれ雲一つ無い乗鞍で遥か遠くの山々を眺め一つ深呼吸、かなり癒された。

ここで終わらないのがツールド信州、間髪入れず高山までの約40kmの下りが始まる。

もたつきながらもウインドブレーカーに袖を通し雲の上のダウンヒル〜♪

かなり快適に速攻60km/hオーバー、直線区間では単独でも80km/h近いスピード

とにかく激下りである

14kmの道のりを15分ちょいで下り切りチェックポイント平湯峠到着。

補給も素早く済ませさらに標高差約900mの下りが続く。

最初は3人でローテーションするがあまりの長い下りに腰痛が辛い。

一度ローテーションを離れ次の上りに備え体勢を立て直す。

それでも乗鞍畳平から距離にして約40kmで50分掛かってない鬼下りであった。

そして高山突入!しかしここがゴールではない。

もう一度上りに転じ、標高差900m日影平山の青年の家まで上り返す。

ここまで上ってきた峠に比べると20kmで900mUP

まぁ大したこと無いや。( ´∀`)・・・侮っていた

初めのやや平坦な上りがどこまでも続く??

ちょっと待て、、、あと10km無いのにどんだけ上るんや??

計らずとも激坂が予想できた。

程なく↑10%の黄色い看板、しかも途切れない。(^^;

やっと終わっ・・いやまだ続く、果てしなく・・・

そんな感じで使い切ってしまった足に重くのし掛かる10%を超える鬼坂

2人ほど抜き、3人ほど抜かれ、絞りカスをさらに燃やして白い灰になってゴール

オーガナイザーの殺意すら感じた。

しかしゴールしてしまえばこれがまた満足に変わり達成感になり坂バカへの道をまた一歩

明日も続く・・・

本日走行105km

本日体重51kg

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hideji/20040813