hidejiのいつでもフルバンク このページをアンテナに追加 RSSフィード

<< 2004/08 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2004-08-15 4日目いよいよ最終日 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

本日ツールド信州最終日

朝から激しい雨でどうなることかと心配したが、何とか宿を出る頃に小雨になりヤレヤレ

2日間お世話になった高山天性寺YHを出発

今日のコースは

高山市-美女峠-鈴蘭高原-濁河峠-王滝村-御嶽の約130km

昨日にも増してのコースの難解さと、最後は御嶽という山坂度もカテゴリー超級である。

近くのJAの駐車場出発今日も時差スタート後発組でスタート

一個目の峠は、前日のミーティングであっという間に越えるらしい美女峠。

しかしあっという間予想を上回る距離でいきなり先頭集団から脱落、かなりマズイ。

とりあえず堪えて3人ほどのパックで峠を下る。

分解した先発組を一人二人と抜きつつ何度か分解合体を繰り返して鈴蘭高原への上りへ

まだまだ先は長い。ヴェルダの紫芝さんのペースがかなり上りやすい。

離されては追いついてを繰り返しつつ、思いのほか順調に鈴蘭峠クリア

間違えやすいポイントも多いがこの辺は地図がしっかり頭に入っていたのでいたって順調

4〜5人パックで濁河峠へのアップダウン突入

端々に濡れた路面でかなり神経を使ったが、ほどなくして前を走っていた岩橋さんget!

さらにローテーションメンバー1名追加となる。

しかし、さらに前の選手が一向に見えてこない延々と続くアップダウンの1本道

一人でなくて良かった〜。

4日目とはいえ、皆さんなかなか厳しく峠を上ってくれる。

雨上がりの御嶽と断崖の道の眼下に広がる樹林帯はとても綺麗

マンガマン・・・そう自分に言い聞かせ小刻みなアップダウンを一つ一つクリア

どこかしらほのかに硫黄の香り漂う濁河温泉辺り、峠でなく温泉ハンドルが向きそう。

しかし峠までもう少し、初めのパックのまま濁河峠クリア

あとはチェックポイントまでほぼ下り補給も早々にさらに王滝村までどんどん下る〜

しかもゴール地点である御嶽がどんどん遠ざかる〜

かなり精神的ダメージも大きいがこの坂を上ればゴールが見える。

残る力を振り絞ってのラスト20km、推定標高差1300mである。

上りだして3kmここまで来たパックはすでに分解してバラバラだ。

いつしか振り切ったはずの紫芝さん山崎さんがすぐ後ろに見える。

これ以上のペースダウンはかなりマズい。

しかししかしここでは紫芝さんの走りにはついて行けずしばらくして1名様お見送り〜。

完全に振り切られた。ガ━━(゜Д゜;)━━ン!

だましだましダンシングを織り交ぜながらこれ以上順位を落とすまいと粘りの走り。

一度は振り切りに成功したものの再びパワーダウン。

ラスト3kmまでは何とか粘れたがついに力尽き淡々と行く3人から脱落・・・orz

あとは惰性の走りでも何でも、後ろは見えないし何とかなるか・・・と神頼み走行

チョークで道路に書かれたあと300mの文字

よし、もう少し・・・

ふと後ろを振り返ると・・・

いるではないか〜誰もいないはずのその一人が〜!!

しかし振り切る足どこかゴールにたどり着くので精一杯

余裕で抜き去られて最後フラフラになってゴール。

ちょっと補給も足りなかったかな?

それでも無事に今年のツールド信州見事完走!!

上りのあまりの不甲斐なさに愕然したけど、諦めない気持ちがパワーアップした気はする。

すると前を行っているはずの選手が続々とゴール(゜Д゜)ハァ?

どうも途中コースミスがあったらしく下って上って12km程ロスがあったらしい

それでこのタイム差で帰ってくるとは〜!

さらに凹んだ・・・orz

しかししかし、そのせいあってか諦めなかったのが良かったのか総合9位〜♪

おぉ〜!

思っても見なかった一ケタ入賞ゲット!

でも、まだまだ精進すべき宿題を一杯もらって、大自然の力を少し分けてもらって、、、

とても充実したお盆休みになりました。

体はバキバキですがハートにウォッシュ

充電完了っす。

本日走行130km

本日体重51.5kg

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hideji/20040815