無題 @ はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008-01-27

WCAN mini ActionScript Vol.4に参加してきた

404 Not Found

諸事情で14時半ほどから参加しました。

遅れてしまったのでGAINERの小林さんのお話が聞けずザンネンです><

kimuchaさん

no title

Tweenerライブラリのご紹介。

Tweenerは以前Papervision3Dと連携させてcameraとかオブジェクトを動かしてました!

Tweenerはいろんなものをトゥイーンできて便利ですね!

アダムスパンダさん

Hi-farm blog – laser,light,technology

AIRでパラパラまんがを作ろう!という試み。

AirってSQLite(ローカルデータベース)が使えるんですね。macでは日本語入力ができないそうな。

みんなでパラパラまんが作りができたらおもしろそうだなー。

アップルップル 山田拓生 さん

no title

12色環っていうのを初めて見ました。

今日撮った画像から色をピックアップして12色環ができちゃう。

ColorPickUper

セッション中に紹介された↑もおもしろいなあ。

クラスメソッド 杉浦篤史 さん

no title

AIRでのアプリ作成。

ロジックと画面デザインの分離方法がわかってとっても参考になりました!!

以前から悩ましいところだったんですよね。

AIRウィジェットでFlash動画プレイヤーを作るには? (1/2) ─ @IT

↑が参考になる。

bigchu さん

酒は血液、呑んだら献血

AS3での三次ベジェ曲線

うねうね。びよーん。

ll_koba_ll さん

no title

Box2DFlashAS3のデモ。

APEを前にかじっていたので興味深かったです。

スライド自体もBox2Dで作られてて、ぼいーっとスライドが。

いただきもの

flex2プロフェッショナルガイドとFxシール

やったー!Flex2プロフェッショナルガイドとFlexのシールをいただきました!adobeさん、杉浦さんありがとうございます。

2次会

2次会の世界の山ちゃん

世界のやまちゃん。初山ちゃんです。

手羽先の食べ方を習得しました。

はじめの方はGAINERの小林さんといろいろ話す。GAINERロボットのRPツールとして使えるんじゃないかなと思います。また、ロボットを作るにあたって、だいたい使われるものは決まっている(PWMや距離センサなど)ので、ロボットの制御プラットフォームにもバリバリ使っていけそうな気がします。研究室のヒトが使っていますが、僕も一度つかってみようかなー。あと、XBeeの情報もいただきました。これはいい!

あと、GAINERとかのハードウェア系の勉強会もあってもいいんじゃないかなと思いました。あまり人口がいそうにありませんが。。

お隣はtsupoさんTwitter! ― Twitter APIガイドブックをお書きになられた方だそうで、人工無能やWebAPIについておしゃべり。

bigchuさんは宴会中にAS(Adult Script)を提唱され、Airの需要をいかに高めるかを考えていました。こんなことを真剣に考えるのも楽しいですね(笑。僕も何かやってみようかなと思います。

中村さんにはお酒の勢いでいろんな相談をさせてもらいました。いろんなお話を聞けて、僕の中でつっかえていたものがとれたような、スッキリした気持ちになりました。これだけで「ああ、参加してよかったな」と思えます。ガリガリがんばっていきます!

最後に

miniに参加してみて、みなさまからいろいろな刺激を受けました。雰囲気もやわらかでレベルも丁度でとてもたのしかったです。

僕も次回になにか発表できるようにいろいろさわっていこうと思います。

参加者のみなさま、本当にありがとうございました!

2008-01-24

EeePCでGoogleEarthが使えるようだ!

no title

Linuxでできるみたい。いいねえ(・∀・)にやにや

eagle両面シルク

P板ドットコムでは両面にシルクできます。eagleでやってみて、ちょっと注意しとかないといけないところがあったので書いてみる。

gerb274x.camのデフォルトでは部品面シルクのセクションしか表示されていないため、ハンダ面シルクのセクションを作らないといけない。

  1. 「Silk screen CMP」セクションを選択し、右下の「Add」を選択。
  2. 「Job」内の「Session」を「Silk screen SOL」にする。
  3. 「Output」のファイル名を決める。(部品面シルクと同じにならないように)
  4. 右のレイヤーを選択するところで「20 Dimension」「22 bPlace」「26 bNames」を選択。

これでハンダ面のシルクが生成されます。デフォルトで生成される部品面シルクとで両面シルク完成ヽ(・∀・)ノ


参考

404 Not Found

2008-01-23

2008-01-21

Google講演会

学校で開催された工藤拓さんのGoogle講演会を聴きにいってきました。

工藤さんはMecabで有名なヒトで、そのことについて聴けるのかなーと思っていましたが、あまりそのことには触れず、ちょっとザンネン。でも、いつもはあんまり聞かないデータセンタ設計についてや分散データベースシステムのしくみもわかりやすく説明してくれたので楽しかったです。ありがとうございました。

また買いました

はたと気付き、注文ボタンを。

動きが生命をつくる―生命と意識への構成論的アプローチ

動きが生命をつくる―生命と意識への構成論的アプローチ

自由は進化する

自由は進化する

「動きが生命をつくる」は中嶋さんご推薦の本です。早く読みたい。

「自由は進化する」はデネット。デネット自体はあまり感動がない(意識というものが軽く語られていて、オリジナルなものがあまりない…)と思うのですが、その割に方々ではマンセーなので、僕の読み込みが足りない気がしてきました。自由意志について読んでみたい+方々の書評を見ている限り面白そう=「自由は進化する」を買ったったー\(^o^)/

メモ

WSについて思うところ。

  • 環境自体をもっとふくざつにしたほうが良いと思う。つまりはキャラクター、自然など。
  • 環境自体を実世界の環境に直結させる機構は可能。
  • ボトムアップで作られているのは良いが、性質を伝搬させていく仕組みがあまり見えない。

2008-01-17

第一回 ザイリンクス社製FPGA/CPLDデザイン・コンテスト

no title

FPGAなつかしす。そういえば、SUZAKUを家でねかせているのを思い出した。19歳の時に買ったんだよな。あのころで5万は高い買い物だったなー。いまでも高いなー。

募集期間:2007年12月1日〜2008年3月31日の4か月間

審査日:2008年5月中

お、結構余裕あるじゃん。

ザイリンクス社製FPGA/CPLD評価ボード(詳細は下記をご参照下さい)を使ったハードウェア作品であること。

Spartan-3ジェネレーションデザイン・コンテスト対象ボード

Spartan-3Eスタータキット (製品型番:HW-SPAR3E-SK-J-G)

Spartan-3Aスタータキット (製品型番:HW-SPAR3A-SK-UNI-G)

Spartan-3ANスタータキット(製品型番:HW-SPAR3AN-SK-UNI-G)

そんなあー!

ハチロク世代

ハチロク世代

ハチロクて、パソコンかと思たよ!

具体的には1986±2.5年に生まれた方、またはそのような設定の方

1984なのでセフセフッ

4月に開発合宿やるそうです。

合宿の日程とか決めたよ - yasuhisa's blog

開発合宿」という名前にしてますが、86世代はエンジニアだけではないので、開発以外のことをする人がいて大丈夫です。例えば

自分の研究していることに関する合宿

2泊3日とにかく本を読みまくる読書合宿

エントリをスパムのごとく上げまくるブログ合宿

それでは、はんだづけしまくりましょうか。でも、4月はいろいろと。。。まいったね。

2008-01-16

WCAN mini ActionScript vol.4 受付開始

404 Not Found

東海地区の勉強会は初参加。近くてうれしいですね。GAINERだ!楽しみ!!

2008-01-14

PhysXを用いたテンセグリティのシミュレーション

この前作ったものより複雑なものを作ろうと思いましたが、2本の手では作れなさそうだったので、3D物理エンジンテンセグリティー構造をシミュレーションしてみました。


PhysXでテンセグリティー

といっても、部品を複雑に配置するのがとても面倒なので、やはりスティックは6本。ぽーんとほっても跳ねます。さすがテンセグリティー。

D

2008-01-11

相槌

相槌って、聞き手の人が打つもので、上のようなチャット(とくにボット系とのチャット)だと、チャットする人は相手(ボット)の反応をまず見ようとする。いきなり相槌だけ打つとコミュニケーションが成り立たないな。

むしろ、実世界で会話できるようなロボットという形で、悩みや愚痴を聞くヤツみたいにしたほうが良いかもしれない。それだとELIZAみたいなのがいいかもしれない。

まあ、普通のヒトでもテキトーな相槌しか打たないヤツはしょうもないよな。

2008-01-10

難しい

APEを3Dにするのは難しい‥‥!!

The making of TileUI | Doug McCune

上のリンクの「TileUI」もAPEPapervision3Dで作られている。完璧な3Dシミュレーションのように見えるけど、よく見るとタイル自体が重なっていない。予想ですけど、テーブル面だけが2D物理シミュレーションしていて、タイルを3Dにして疑似的な3Dの見た目を作り出していると思われます。

しかしテンセグリティーをシミュレーションするには3D物理エンジンが必要。。むむむ。

ということでPhysXでシコシコ書く事にします。以前Novodex SDK時代のを使った事があるのですが、進化のほどはどうでしょうか。とりあえずカスタマー登録中。

2008-01-09

APEのすごく簡単なサンプル

テンセグリティーのシミュレーションAPE + Papervision3d でできないかと調査していたら、こんなページが。

no title

まさしくこんな感じだ!でもソースがない。

AbstractItemのspriteをsceneにしてSphereをaddChildしただけ。

なるほど。これをやってみよう。

で、Papervision3dには触れた事はあるけど、APEは初めてだったので、APEに同梱されているサンプルをさらに簡単なものにしてみた。

http://www.embodiedweb.net/flex/ape_test/ape_test.html

ソースものっけたので、見たい人はどうぞ。クオリティーは責任持てませんが。

次はバネ。

ドラックアンドドロップ

http://www.embodiedweb.net/flex/ape_spring_dd/ape_test.html

mouse_moveで拾っても、勝手に落ちていくので、mouse_upがくるまでマウスに追従させるサンプル。

次は、AbstractItemのspriteをsceneにしてsphereをaddChildすればよいのか。。


参考:

Google グループ

2008-01-08

第二回天下一カウボーイ大会告知

http://keith.weblogs.jp/cyberspace/2008/01/post-5674.html

イベント:第二回天下一カウボーイ大会

開催日時:2008年7月下旬予定

参加費 :大人 8,000円 大学生 2,000円 高校生以下 500円 (講演者無料)

主催  :電脳空間カウボーイズ 株式会社ユビキタスエンターテインメント(共催)

場所  :東京都区内

月曜の第1回ustreamを見逃して落ち込んでいたところでしたが、さっそく第2回のお知らせが!!7月下旬か。テーマは「暴れコンピューティング」と。おもしろそうじゃないか。なにか発表できるネタを!

このブログ

サーバをとったので、そちらのwordpressに移動しようかなーと。どうしよう。動かす必要もないけど(笑

テンセグリティ

先週末に甲野善紀先生の合気道の解説番組を偶然見たのですが、そのときに話題となったのがテンセグリティ。この構造はフラーが考えたもので、tensile(張力)とintegrity(完全無欠、統合)の合成語です。スティック同士を結ぶワイヤの張力の均衡がとれると全体が安定した閉じた系に統合されます。以前からフラーとこの構造は知っていたのですが、実際どのようなものかを体験するのも良いなー、ということで今朝思い立ち、作り始めました。

最初は1時間くらいでできるかなーと目論んでいましたが、結果的には1日がかりの作品となりました(笑

テンセグリティできるかな

最初は8本の割り箸を細いヒモで結んでいたのですが、どうもうまくいきません。思考錯誤の末、材料は最終的に

  • 割り箸
  • 輪ゴム

に落ち着きました。

割り箸の本数も6本に減らし、かなりの集中と時間を注ぎ込んで、できたのがコチラ!!

テンセグリティ!

ゴムが引っぱり引っ張られることで見事に引き締まった構造に!頂点を触るとプニプニするのですが、局所的にプニプ二するのではなく、全体がプニプニする!

ヒトの身体構造もテンセグリティーだそうです。身体全体がひとつの安定した閉じた系となり、身体のテンセグリティー構造を維持して身体全体を総動員すると思わぬ力が出る。これはおもしろいぞと思い、いろいろググってみると以下のページにたどり着きました。

no title

このシミュレーションはおもしろい!この考えは身体の構造だけではなくて社会構造も同様な構造になっているんじゃないかとか、もうちょっと考えてみるとおもしろいことがありそうです。

が、明日があるので、また明日。

参考

2008-01-05

2008-01-04 あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

正月はおなかをずっと壊していて身体もだるかったので

きっと風邪だったのでしょうか

てことで、ほぼ寝正月でした

中国ーチベットの天空列車の番組がやってた

5072mのところを走るというすごい列車!

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |