無題 @ はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2008-05-03

GPSリアルタイムトラッキングしてみた

パソコンを持って、外に出よう!!

秋月のGPSレシーバが使える事が分かったので、1秒ごとに取得できるGPSからの情報をGoogle Maps APIを使ってマップに表示してみました。

まずは、GPSレシーバが裸だったのでケースを作りました。

ケース作りました

ジャストサイズです。

そして、GPSリアルタイムトラッキングシステムの概要↓

リアルタイムマップ表示アプリ

USB(仮想シリアルポート)からデータを受け取り、FlexにGPS情報を渡すサーバpythonで書かれています。XMLで受け渡すのもなんなので、pyAMFを使ってみました。RemoteObjectでウハウハです。pyAMFは、Google App Engineでも使えるので勉強しておくと良いかもしれない!no title

表示部は、この前作ったBlazeDSの習作をそのまま流用しています。

見た目はこんな感じ。

GPSレシーバを持って歩いてみた

よくあるカーナビっぽい見た目です。

で、実際に動いているところもがんばって撮ってみました。

D

無線LANの範囲でしか動けないので、建物の周りをうろうろしています。誤差はほぼない感じです。レスポンスが遅い気がしますが、GPS自体使った事がないのでよくわかりません。なによりも、パソコンを持って歩くのでモバイルどころではありません!

しかし手は打っています。無線インターネットはe-mobileで大丈夫です。PCとGPSはUSB接続なのでどっかのCPUlinuxのっけたら動くかなと思っています。

あんまり関係ありませんが、よくよく考えると、リアルタイムで位置情報を公開したい!というのは技術が創りだした欲望ですね。

追記

ソースはこちらです。

参考

python
pyAMF
Flex
Google Maps API
回路

2007-10-22

pythonでtwitter

python-twitterという便利なライブラリがあるので、それを使います。

以下はパブリックコメントの1番目をとってくるプログラム

それにしても、60分間に70回までというAPI の実行回数制限はつらい。

#!/usr/bin/python 

__author__ = 'Hideyuki TAKEI (hide@icd.tutkie.tut.ac.jp)'

import twitter

USERNAME = '*****'
PASSWORD = '**********'

def main():
	api = twitter.Api(username=USERNAME, password=PASSWORD)
	statuses = api.GetPublicTimeline()
	print statuses[0].text 

if __name__ == "__main__":
	main()
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |