とうすみ日記

2012-05-31 帯広図書館講演

higashinaoko2012-05-31

午前、帯広図書館向いにあるとかちプラザにて講演「短歌の楽しみ方」。

百名を越える方に熱心にお聞きいただき、たいへん光栄でありました。


講演後、帯広名物豚丼(ボリュームたっぷりでした)をいただき、良く晴れた空の下で、中城ふみ子さんの歌碑を館長にご案内いただきました。


f:id:higashinaoko:20120531122821j:image


中城ふみ子は、とかくセンセーショナルなデビューに着目されがちですが、繊細な表現力があってこその歌の魅力だと思います。

この広々とした景色で、人に愛されて育ったことが、歌への情熱に結びついたのかと思います。


・肉うすき軟骨の耳冷ゆる日よいづこにわれの血縁あらむ    中城ふみ子


飛行機の窓から見える広大な畑のパッチワークのうつくしくのびやかな景色とお別れするのは、淋しかったです。

2012-05-30 中城ふみ子賞選考会

午前、飛行機で帯広へ。

帯広図書館館長にお出迎えいただき、図書館の一室にて、館長司会のもと、選考委員の時田則雄さん、松平盟子さんとともに中城ふみ子賞選考会。

夕方までかけて協議。決定。


夜、関係者とともに会食。


f:id:higashinaoko:20120531083410j:image

2012-05-27 すみれの天窓

higashinaoko2012-05-27

音楽・ファッション関連イベントのサポーターで歌人のキクチアヤコさんのプロデュースで、ゴールデン街の「すみれの天窓」で一日店長をつとめました。

作品にちなんだメニューをいろいろ用意していただきました。

朗読、そして絵やオセロのサービスも。

たくさんの方にご来場いただき、ほんとうに楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

右上の写真はカクテル「甘い水」です。

詳細は、キクチアヤコさんのブログに掲載されています。

http://yaplog.jp/yume_uta2525/archive/953

http://yaplog.jp/yume_uta2525/archive/959

2012-05-14 王様のブランチ収録

午後、神田「竹むら」の2階にて、『トマト・ケチャップ・ス』(講談社)について、「王様のブランチ」収録。寺田ちひろさんにインタビューしていただきました。

おすすめの一冊は、私が初めて萩尾望都作品に出会った『11人いる!』を。

何度読み返しても何十年経ってもおもしろい一冊であります。

2012-05-13 ヒメハル

higashinaoko2012-05-13

午後、俳優座公演「ヒメハル」@紀伊国屋ホール。


http://www.haiyuza.net/%E5%85%AC%E6%BC%94%E6%A1%88%E5%86%85/2012%E5%B9%B4-%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%8F%E3%83%AB/


演出の眞鍋卓嗣さんに教えていただいて観劇しました。

2040年の日本が舞台。世界から置きわすれられたような町の奇妙な人々の静かな願い。

阿部百合子さんなど老人役の方たちがみなとてもチャーミングで生き生きとしておもしろかったです。

私たちが長生きできるとして、どんな老人になっていくんだろうか。

2012-05-12 プチ★モンド大会

higashinaoko2012-05-12

松平盟子さん主催の第9回「プチ★モンド」大会へ。

創刊20周年記念の大会にゲスト批評者として呼ばれました。

午前中、会員作品の合評を穂村弘さんと。


午後は穂村弘さん、坂井修一さん、米川千嘉子さんとともにシンポジウム「いま、どう歌う―家族・社会・自然」


実りある語りあいだったと思います。「プチ★モンド」誌上に掲載される予定です。


のち、懇親会。

松平さんの人柄を反映して、華やかで明るい女性の多い会で、気持ちよく過ごして帰宅しました。


back to Home Page
Connection: close