Hatena::ブログ(Diary)

yvsu pron. yas このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-15

モッチーに絶望した

目からうろこが何枚も落ちた

オープンソースの“人間的本質”

モッチーのシリコンバレーからの手紙

Matzは、すごい人だけど、Matzとの対談で、オープンソース人間的本質がわかったと思っているモッチーには、絶望したよ。

オープンソースはいろんな人がいるんだからさ、Matzと違うことを考える人もいっぱいいるよ。そんなのあたりまえ。

例えば、

オープンソース世界では、他者に何かを強制する道具立てがまったく存在しない。「お前、これをやれ」と人に強いるための裏づけがない。経済的な取引という概念存在しなければ、雇用関係を基盤とする組織的指示命令系統も存在しない。すべては参加者の自発性だけに委ねられて、プロジェクトが進行する。プロジェクトが成功するも失敗するも、すべて参加者の自発性次第なのだ。ならばその自発性はどこから生まれるのだろうか。そこにオープンソースを考える本質がある。

「私の動機は利己的なものです」

web kikaku

Matzは、いい意味利己的にオープンソースをやってると思うけど、おいらは、人のために役に立てると思うからオープンソースをやる。だってさ、自分のため(利己的)にオープンソースをやるのは、つらすぎるもの。

好き勝手に、いろんな人に、いろんなことを言われるからさ。自分のことを考えるなら、やめたほうが、つらいことから開放される。

それでも、オープンソースを続けているのは、「人のために役に立つことをしなさい」という親か遺伝子レベルのすり込みがあるせいだと思う。

まぁ、こんな風に、オープンソースにかかわっている人にはいろんな人がいる。別に、オープンソースを語るのは、かまわないと思うけど、一人と語っただけで本質がわかると思うのは、超間違い。

これは、オープンソースに限らないと思うけどね。

the48the48 2008/03/16 01:30 昔有償ソフトウェアで独占している企業のシェアを削るために
オープンソースのプロジェクトに雇われたことがあります。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証