Hatena::ブログ(Diary)

yvsu pron. yas このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-04-15

プログラミングできない元請けがプログラム設計書をレビューするという矛盾

人によってプログラム設計書の定義が違っていそうなので、最初に定義しておきます。ここでいうプログラム設計書は、ほとんどプログラムと対応するようなロジックが記述されているようなものです。

プログラム設計書を作るのは「誰が書いても同じコードにするため」だけでなく、元請けがレビューするためでもあります。元請けがプログラミング言語を読めないので、日本語に落としてレビューします。コードを書いてからプログラム設計書を作ることもあります。

仕様書やプログラムを書く大変さ - __int128 Geek Not Found

プログラミングがあまりできない人が、ちゃんとしたプログラム設計書はかけないのと同じように、プログラミングできない人が、プログラム設計書のレビューはできません。

当然だよね。プログラミングができないのなら、プログラミング言語自然言語翻訳したプログラム設計書を理解できるはずがない。

できるとしたら、誤字脱字、単語が統一されていないとか、日本語が変だとかそんな指摘くらい。そんなレビュー意味がない。だって、全然プログラム品質向上に役に立ってないじゃん。設計書の日本語は多少向上するかもしれないけど。

こんな非効率・非常識なことを改善するだけで、日本のSI業界はもっとよくなる。改善するにはどうしたらよいかって?決まってる。

元請けもきちんとプログラミングできるようになること

そんな難しいことじゃない。プログラミングを教えるコストは、もちろんかかるけど、そのおかげで、プログラム設計書を書かなくてもすむようになるなら、十分すぎるほど元が取れると思う。

じゃ、ISIDはどうなんだと思う方もいるかもしれません。今のうちのえらい人の考えは、技術力(プログラミングを含む)は、うちの会社の足腰だから、技術力をきちんと持ったSEを育てることが強いISIDをつくるという考えです。

その表れとして、従来三ヶ月だった新人教育の期間をプログラミング力を鍛えるために、今年はさらに三ヶ月延長されました。最初の三ヶ月は従来どおり。残りは多分プログラミングばっかりしてるんじゃないかと思います。

従来は、三ヶ月の研修の後、プロジェクトに配属され、その後の教育は、プロジェクトごとに行なわれていました。まぁ、OJTってやつ。これじゃ足りないと判断したってことですね。4,5年前は、3,4ヶ月、社内システムを作らせたりしたことがありますが、都合のよい社内案件は、そうはないんだよね。

後、若手を育てるためにやっていることとして、新人を何人(去年は3人)か、うちの部署(開発技術センター)でうけいれて、新人一人に対して、うちの部署のメンバーが一人ついて、マンツーマンで二年間教育するってのをやってます。うちの部署は、SIはやらずに技術サポートに徹しているので、新人に対しても、手厚く面倒を見ることができます。SIやってる部署は、どうしても案件が優先されるからね。

そうして、二年間修行を積んだら、SIやってる部署に戻されて、そのスキル現場で役立てるわけです。

例えば、太一が新人一人に対して、マンツーマンで教えてますよ。技術的なスキルはきっとつくはず。超地道ですが、スーパーな人はすぐには育たないので、技術を教えることも現場を体験させることもともに必要だと思います。

プロパーにきちんとプログラミング教育をすること。日本SIerはそこからはじめるべきですね。

自動車のような産業構造に再編すべきだなんてことをいう前に、基本的なこと(プログラミング)をできるようにしなきゃね。こんなこともできないようだと、インド中国SIerに買収されてもしょうがない気がする。

hideblohideblo 2008/04/15 14:03 キャリアで悩んで同じような結論に至りました。でも、そんな僕は
ITコンサル→SE→PG→→→SIer業界を諦める
という道を歩んでいます。
「ソース読め」は最初無茶ぶりだなって思っていたけど、最近は一番効率的だなと思う今日この頃。あとは、属人的にならないように、「ソース読め」では非効率にならないように必要最低限のドキュメントを”ちゃんとメンテさせて”残していくようにマネジメントするぐらいですね。
あとは、営業・企画の無茶振りを一刀両断するぐらいでしょうか(笑)

hideblohideblo 2008/04/22 21:20 ぶしつけながらもう一つ。
SIer業界だけではもう解決できないのではないかと思います。SIerは受託開発。発注側がこの問題に対して理解し、できない会社に発注しないという意識を持たない限り、彼らから受託するSIerは今の体質から変わらないでしょう。
もっと客の、客のもっとエライ人がいるところで大声で叫んでほしいです。SIer業界のために。

jaggingjagging 2008/10/06 12:30 ふと思ったが、プログラミングできる会社が元請けになれば良いんじゃないか?

つ平成建築

通りすがりの自動車業界通りすがりの自動車業界 2008/10/06 22:00 自動車業界も組み込み系の中身を入れる部分はかわらな・・・・いや、もっと旧い状態ですよ。
HWの開発に関しては確かに産業構造が確立してるけれども。

なまえなまえ 2008/12/15 15:28 くだらない話だった。タイトルを見るとなんとか勉強になれるかと思ったけど、中身をチェックしてみると・・・執筆な方はあんまりプログラミングのことよくしらないと考えられていますが・・・

くぅくぅ 2008/12/29 02:20 言いたいことはわかるが、この業界でもっとも重要なことは
「プログラムが苦手な人にプログラムを作らせるな。」
OJTで才能も無い未熟な新人が作った糞PGや、
下請ソフトハウスが大量に出したバグを改修するのは、
結局、発注元ベンダーのプログラミングもできる希少なSEなわけだよ。

元SEのようなPG、PGのようなSE元SEのようなPG、PGのようなSE 2011/09/29 16:29 他人のバグを改修し続けるほど虚しい仕事はない。
しかしもっと虚しいのは、嵩を稼ぐための仕様のふりをした
無意味なドキュメントを作り続けること。
現代ニッポンでは、システムの運命の全てはプログラマにかかっているので、プログラマの人、頑張ってね。
私は18年この業界にいましたが辞めました・・・。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close