Hatena::ブログ(Diary)

ひがやすを blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-10

僕と君とSIerの生きる道

SIerに対するバッシングは、高まる一方です。

私もSI業界からはさっさと抜けだしたほうがいいエントリSIerには未来がないからサービスを作る側に回ったほうが良いと書きました。


確かに私自身は、サービスを作る側に回った(まだISIDにいるけど、ベンチャーで働いているようなものです)のですが、身を持って面白いサービスを作る難しさも経験しました。

面白いサービスを作るのはほんとうに難しい。その後、マネタイズにも成功するのはさらに難しい。サービスを作る側に回って成功するのはほんの人握りの人なんです。


これは、自分でやってみての正直な感想。やらなきゃわからなかったことなので、自分のしたことに対する後悔はありませんが、日々ものすごいプレッシャーです。

チャレンジし続けないと落ちぶれてしまうエントリの通り、私は現状維持を嫌い、常に新しいことにチャレンジする前向きな性格ですが、それでもこのプレッシャーが辛いと思うことはあります。


なぜ、プレッシャーを受けているかというと、サービスを作る側に回って失敗したら、自分過去に築いたものを失ってしまうから自分能力は、SIerが主流だったエンタープライズ世界では価値があったかもしれないが、今の世の中では、通用しないと自分証明するようなものから


どれくらいのプレッシャーを受けているかというと、人前で自分名前がうまく言えないくらい。自分だけだともちろん言えるんですよ。人前に出ると名前が言えなくなってしまう。

これは、一種のどもりなんです。子供の頃、どもりがあり、それは治したのですが、自分に自信がなくなるとどもりが再発してしまう。

10年くらい前に七割くらいは合格する昇進試験に落ちたことがありました。そのときも自分名前が言えなくなったんです。自分に自信がなくなったから

あの時は、一年くらいで治ったけど、それが再発したみたいですね。


以前、「SI業界からはさっさと抜けだして、サービスを作る側に回ったほうがいい」と書きましたが、実際にやってみるとかなり大変だということを正直に告白したいと思います。


じゃSIerに留まったほうがいいかというと、話はそんなに単純じゃない。SIというビジネスは急にはなくならないけれど、徐々に廃れていく斜陽ビジネスなのです。


SIerで働いていて、将来に不安を感じている人は多いでしょう。どうすればいいかわからず悩んでいる人も多いでしょう。

答えは自分で出すしか無いのですが、自分だけで悩んでいても答えってなかなか見つからないものです。

同じように悩んでいる人たちと話し合うことで見えてくる部分もあるのではないでしょうか。


今度次のようなイベントをやります。


SIerでのキャリアパスを考える

〜やりたいことはここにある?SIerメリットデメリット

http://venturecafe.jp/event/engineering/2003/


ござ先輩やジンガ山岡さんとパネルディスカッションしながらSIerメリットデメリットを一緒に考えましょう。

単に話を聞くだけでなく、一時間のグループディスカッションもあるので、同じように悩んでいる人と話し合うことも出来ます。


都合のつく方はぜひご参加ください。

たけりんたけりん 2012/02/11 14:57 システムを構築する事とビジネスを構築する事は全く別物なので、ひがさんは今までの実績をリセットして別のフィールドで勝負していることになると思います。
苦しんでおられるのだと思いますが、チャレンジスピリットは素晴らしいです。

私もシステム屋出身でビジネスを構築する側に回ろうとしている所ですが、サラリーマンであっても、自分の札束を燃やしながらビジネスを浮上させる経験が必要と感じています。

通りすがり通りすがり 2012/02/13 13:01 「パ」ッシングじゃなくて「バ」ッシングですよね。

名無し名無し 2012/02/13 14:26 月間ン億PVのサイト持ってますが、WEBサービスは数ですよ。
1週間で反応鈍ければ売却か破棄。

ルビースキールビースキー 2012/02/24 13:30 ひがさんほどの方でも自身をなくしてしまうんですね。
SIとサービスでは戦うフィールドが違うので失敗して当然だと思います。
どういう根拠で成功する自身があったのか知りたいです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証