Hatena::ブログ(Diary)

yvsu pron. yas このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-08-27

良いエンジニアの育て方

人を育てるというのは、とても難しい。

なぜなら、育てる方も未完成人間から

ちょっと経験値のある未完成な人が、経験値の少ない未完成な人と、ともに冒険をし、ともにレベルをあげていくことが、人を育てるってことだと思う。

人を育てようと思うと、どうしても上から目線になってしまう。上から目線だと気持ちも相手に伝わりにくい。気持ちが伝わらないと相手もうまく成長してくれない。

から、人を育てる機会があったら、ともに冒険をする仲間を持ったと考えよう。きっとその方がうまくいく。


それでは、自分の話をしよう。自分というよりは自分たちの話かな。


2010年自分は、昼間、ブラ三をやりながら、新規ビジネスの企画を考えたり、プロトタイプを作っていたりしていた。ブラ三をやっていたのは、当然ソーシャルアプリというものを学ぶためだ。ブラ三の能力はかなり向上したけど、仕事ではたいした結果が出せなかった。特に企画考えたりするところが。


そんな行き詰まっているときに、電通の人から、「一緒に何か楽しいことしない?」と誘われた。企画力を磨きたかった自分は、その誘いに乗ることにした。

そのときに、一緒に電通に連れて行く人を、部の若手の中から募集することにした。「電通にいって何か楽しいことしたいと思っているんだけど、一緒にいく人手を挙げて」みたいな誘い方だったと思う。

技術的には、HTML5, CSS3, JavaScriptでやる予定だったので、技術力は特に問わないことにした。2011年の早い段階で、HTML5CSS3精通した人がそうはいるとは思えなかったからね。


そんな中で、応募してきたのが、彼女だった。

彼女は、応募してきた時点では、入社二年目の冬。うちの部の若手は、最新技術動向をよく調べているので、いろんな技術を表面的には知っているけど、サンプルより深くは知らないくらいの技術力だったと思う。まぁ、技術力は普通って感じかな。


最初、「CSS3アニメーション・ブック」

魅せるスマートフォンサイトを実現!CSS3アニメーション・ブック for iPhone & Android

魅せるスマートフォンサイトを実現!CSS3アニメーション・ブック for iPhone & Android

を自習してもらい、その後、アニメーションの基礎を学ぶために、ActionScript3アニメーションHTML5, CSS3, JavaSciptに移植するということをやってもらった。

ActionScript 3.0 アニメーション

ActionScript 3.0 アニメーション


この本は、結構難しいので、最初にActionScript3部分の解説をし、実装のヒントを与えた上で、実装してもらい、実装後コードレビューを行った。

後で、彼女から聞いた話だけど、この学習法は、かなり効果的で、自信がついたらしい。

効果的だったのは以下の理由から

  • 課題が数時間で解ける程度の規模で、達成感が得やすいこと
  • 適度に頭を使う難易度だったこと
  • コードレビューによって良いコードの書き方を学べたこと

このたくさんのスニペットを作るという作業を、僕たちは素振りをするといっていた。何事も基礎が重要。この素振りを二ヶ月ちょっと続けた。


素振りが終わった後、僕らは、ペアプロアプリを作り始めた。正確に言うとペアプロをさらに進めたペアシンキングという開発手法をとっている。


ペアシンキングとは、プログラミングだけでなく、考えることもペアで行う手法(自分たちで勝手に命名)のことだ。なぜ自分はこう考えたのかをすべて彼女に伝えて、一緒にディスカッションする。


例えば、ある会社が私と一緒にサービスを作りたいと持ちかけてきたとする。これに対して、私がどう考えたのかも彼女ディスカッションする。私のあらゆるビジネス上の決定をディスカッションしていると思ってもらっていい。


ペアシンキングによって、相手が何を考えているかわかるようになる。そして相手と信頼関係が築けるようになる。何考えているかからない人とは、信頼関係築けないからね。


僕らはこんな感じで冒険を続けている。

このやり方が、あっているかどうかはわからないけれど、

毎日成長している実感がある。

昨日よりは、今日、少しはましなエンジニアになれた気がする。


一緒に成長できる仲間を持つことは素敵なことだよ。

通りすがり通りすがり 2012/08/28 00:29 マイナス全開ですが、相手の気質が、横柄だったりデリカシーがない場合だとなかなか難しい。
同じ目線になろうとは、とても思えない可愛くない後輩だったらなかなか同じこと言えないのでは。

nanashinanashi 2012/08/31 13:49 残暑お見舞い申し上げます。

ひがさんが、この「良いエンジニアの育て方」を投稿した8/27から
3日目の昨日深夜、7/17の「おっさんへ(パロディ)」のモデルと
なっている某おっさんが、

いいオンナの条件 http://goo.gl/J0Eyd

というエントリを書かれておいでです。

ひがさんの、この「良いエンジニアの育て方」と、おっさんの
「いいオンナの条件」を続けて読むと、なんだかIT業界で
それなりに名を知られているアラフォー男性が、同じ会社の
若き女性から慕われているという構図を自慢する合戦が
始まった感じで、とても興味深いものがあります。
(ひがさんに、そういう自慢をする意図は無いことは百も承知
です。が、しかし、間髪入れずに例のおっさんが、ああいう
エントリを投稿してきた流れに、このような合戦模様を感じる
のです。)

そこでこの合戦を、仮に

IT業界における、「まるで『BRIO(光文社)』の表紙的な俺」アピっちゃうぜ合戦

と命名したいのです。
(ちょっと長くてすみません。ちなみに「BRIO」は休刊になっています。)

以下、記載上の簡略のため
「まるで『BRIO(光文社)』の表紙的な俺」
のことを
「ブリ男(オ)な俺」
と略します。

すると、この合戦に以下の諸氏も参戦されると、夏の終わりに
ふさわしい、祭りになること請け合いだと思われます。

 ・アプレッソCTO小野さん
 ・はてな社長近藤さん
 ・エニグモ共同代表、須田さん&田中さん

なので、上記3社の社員におかれては、ぜひ彼らおっさんを
うま〜くおだて上げて、アラフォー男性ならではの自己顕示欲
をたきつけ、彼らに
「俺、若い女のコから、こんなに慕われてるんだぜ」
的なブログを書かせ、同合戦を盛り上げて頂きたく、
ここに厚くお願い申し上げる次第でございます。

また、同合戦の参戦者として、「いいオンナの条件」をノタマう
例のおっさん、および上記の諸氏の他にも候補がいるとすれば、
参戦者に適した属性として、
「プログラミングなんか一切できやしないけど、
『ブリ男な俺』になるべく、一発、株式上場で当てるの狙いで
IT会社の社長やってます」的な社長というのが
ふさわしいと思われ、幸いにしてそういう会社は六本木だの
渋谷あたりに多数蠢いており、とりあえず儲かりゃいいってんで、
IT技術者の蟹工船的派遣(それはつまり、偽装&多重請負で、
技術者は面接でドナドナされまくったあげく、単金はカミカミで
ピンハネされまくって、放り込まれた現場はデスマが常態みたいな、
そういうようなものです。)や、姑息なステマの請負なんかをやって
いがちなわけですが、彼らのような準メジャー系IT社長も
この合戦にぜひ参戦して欲しいものです。

そして、ここからが大事なんですけど。

技評の編集者さんにカメラマンを手配してもらい、上記各社の
「ブリ男な俺」様と若手女性社員とのツーショットグラビア
(撮影時、ご指名の女性社員は、どんなに寒くてもノースリーブを着用
してもらうことを義務づけます。)を撮ってもらいつつ、おっさん
と彼女との、なんかやたらとリア充な会話を、技評さん出入りの
ライターにテキトーにねつ造させ、SD誌に連載。
そして、1年分まとまったところで単行本として出版。
書店に並ぶ前に、もちろんダンコーガイ氏に献本し、コンサバな
コンテンツに対する同氏の、もはやお約束になってる感のある、
微妙な嫉妬と憎悪の混じり合った、味わい深い上から目線の書評
を書いてもらえたら、これはもう、格差社会の縮図であるIT業界
に生きる大衆の感情をかき乱すコンテンツとなること請け合いで、
かなり売れるのではないでしょうか。

ちなみ単行本の表紙の案として、ひがさんのこのエントリに
早速対抗してきた例のおっさんと、おっさんのブログ記事で
紹介された元社員女性とが、BRIOの表紙的に寄り添う
ツーショットを、地獄のミサワ氏にお願いしてイラスト化した
ものを推奨します。

単行本のタイトルは、表紙のおっさんのセリフとして、
「いいオンナの条件てさー」
でいかがでしょうか?

よろしくご検討のほどお願い申し上げます。
草々

tavitavi 2012/09/03 18:19 ペアシンキング、いいですね。
ペアプロでも半分は一緒に考えているとは思いますが、
ビジネス等についても一緒にディスカッションしながら考えるというのが、
とてもいいと思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/higayasuo/20120827/1346052842
リンク元