お手製削りだしカード立て

Not quick a Nine » カード立て(card stand)を自作する」で Snail さんが作られたゲームプレイカード立てを譲って頂いた。これはすごい!

これがプチプチに包まれた状態で届く。

f:id:higedice:20090203013121j:image

2個1組できれいに収まっています。

f:id:higedice:20090203013159j:image

2個を繋いで使うとちょうどいい様に設計されています。

f:id:higedice:20090203015038j:image

この接合部があまりにきっちりとはまります。ヤフオクの出品を見ると、「カードスタンドには無駄と思われる1/100mm代の寸法追求も削りだしならでは」とあります。これがきちんとはまる上にきちんと外れてすばらしい。僕は電車に乗ってボードゲームをやりに出かけるので、あまり長いものは持ち歩けないのです。

f:id:higedice:20090203020547j:image

バリもなく、カードが傷つく心配もなさそうです。先日書いたコントラクトブリッジ用のカード立てとは品質が違います。あちらも見た目は質感があって良かったのですが。

f:id:higedice:20090203020214j:image

そして、カードを立ててみるとこんな感じ。今日届いたアグリコラのカードを立ててみました。

f:id:higedice:20090203014348j:image

うりぼう発見

f:id:higedice:20090203014357j:image

この品質はすばらしいと思います。それもそのはず、届いた封筒を見ると、「(有)松澤精機」の文字が。いや〜、プロ仕事だったんですね。ずいぶん安く譲って頂きましたが、もっと値段が高くてもいい気がします。

コメント
0件
トラックバック
2件
ブックマーク
0 users
higedice
higedice