Hatena::ブログ(Diary)

にんげんくだもの

2017-12-21

ズイコー

最近のカメラは、オリンパスOM-1。小さくてとても使い易い。

他のメカシャッターのカメラと比べると、蚊の泣くようなひ弱なシャッター音がする。何年かぶりに、OM-1のシャッターを切った時に、そのひ弱な音に、ほったらかしにしてて悪かったなって気分になった。

2017-10-15

日記

朝からクラフトピクニックに行こうかと思っていた、雨だったので朝寝坊でやめ。昨日、あがたの森へ下見にって、スツールを作るブースに行こうと思っていた。昨日は曇り。時々日が差して、街をいつもよりきれいに見せる秋の空。芝生で子供達が何度も何度もヒコーキを飛ばす、高くあがり弧を描いて松の木をかすめる。まだ白っぽい松ぼっくりが上を向いて生っていた。遅い朝ごはんを食べて、5minutesへ。新しいスニーカー、革靴、ニット、色々。スロバキア製のスニーカーはサイズがあわなかったから買わなかったけど、もしかしたらサイズ入れてもらえるかも。

2017-07-20

暑い

尋常じゃなく外が暑い。エアコンがあるから家は涼しい。

仕事が去年より忙しく、ばたばたのうちに7月になり梅雨も明けスーパーネオン夏も終わり。まぁ忙しくはあるがそれなりに楽しい日々がつづいているのでよしとしよう。夏休暇はどこか涼しい洞窟のようなところにいきたいなぁ。

2017-06-05

くまもん

くまもん達が遊びに来て楽しかった週末は、5月の終わりのこと。


東浩紀の『観光客の哲学』がとても面白い。

特定の共同体に属する村人、どの共同体にも属さない旅人、共同体を行き来する観光客。

あまり読み進めていないけど、この観光客の視点から議論が進んで行く。

ただ、読んでいていて一番感じることは、少しでもこの世界を良くしたいという筆者の思い。

2017-05-01

日記

東京大手町の三菱総研セミナー、長野県庁出張など、民間の空気を感じた2日間。僕もアホじゃないので三菱総研セミナーなんかをありがたがって聞くことはできない、あんなのは暇つぶしにもならない。みんな無意味なのがわかっているはずだけど、セミナー開催と参加自体がが銭もうけ。体裁はかんぺきやね。県庁は懐かしの人やニアミスだった人に会えてよかった、仕事は二塁打

GW前半は姫路は夢前のばあちゃんのところへ筍堀り。父母南風とお邪魔した。筍堀りは重労働。ツルハシのような道具で周りを掘って、地下にある他の竹との接続部分を切断する。これがなかなか、何回もグサグサやっても接続部分にヒットしない。おじさんがこの辺を狙えばいいと教えてくれ、そこを狙うとボキッと抜ける。周りを掘るときの筍の微妙なしなりで、どっちの方向につながっているかわかるのだそうだ。竹林は風通しと日光がちょうどよく入るように手入れされて、日常的に竹林の手入れをしないと採れないことがよくわかった。僕が3分くらいかけてのそのそ掘ってる横で、おばあちゃんが3発くらいで掘ってるのに舌を巻いた、86歳で山に入りノコギリで竹をきり自転車を漕いで畑に向かうのだ。しめて40本ほどの筍を収穫した。筍を売って生活していたよで、味と食感は最高。昔から筍は、形は京都、味は姫路と言われているそうだ。特に姫路の太市(おおいち)の筍は特別で、おばあちゃんの山の筍も太市のそれを植えて何十年も守ってきているものらしい。楽しかったという感想に、なにかが楽しいものか毎日やってみというおばあちゃんの播州弁の檄に参った。労働の後のオロナミンcが美味かった。