Hatena::ブログ(Diary)

つれづれなるままに−日暮日記

2017-05-25 痴漢疑われ対策は「李下に冠を正さず」

 最近、電車内で痴漢を疑われた男が線路に降りて逃走するケースが東京都内で頻発しているそうです。男性一般の認識として、いったん痴漢と疑われると、駅員は主に”被害者”女性の言い分を聞き、男性は弁解の余地なく、逮捕されることが多いとの思いがあるためでしょう。下手に否定するものなら長期間勾留される恐れもあります。ですから、そういう煩わしさから逃れるために、線路から逃走するという気持ちも分からなくもありません。

 幸い、小生はサラリーマン時代も今も、満員電車に乗る出勤はほとんどなく、まあ疑られるような状況には遭遇していません。しかし、つまらないことで疑われて新聞沙汰になり(本人否定でも逮捕時点で公表される)、勤めを辞めさせられるなどの最悪のケースを避けるため、込み合っている電車では、カバンなど持ち物は網棚に上げ、両手はなるべくつり革や上のバーを握っているようにしています。

 端から痴漢する意思もないのに、不必要に疑われることほどばからしいことはありません。友人の中には、もし疑われたら、「お前みたいなブスにだれが痴漢するか、どうせするならもっと美人にするわい」などと悪態をつくと言う人がいますが、これは本人の憂さ晴らしにはなるかも知れませんが、相手をかなり侮辱することになりますから、状況的にはむしろ逆効果ですね。

 実際、込み合っている電車内では好むと好まざるとにかかわらず、男女が超接近することはあります。入り口付近で近くにつり革、バーがなければ、つかむところはない。手を上に上げバンザイしているだけではちょっと不自然ですので、小生はそんな時は体の前の方にカバンを下げ、その上に肘を置き、読書するようにしています。本を持っていれば、手が他人を触るような疑いを持たれることはないわけですから。

 先般、田園都市線痴漢を疑われた男性が線路に逃げ、電車にはねられ、死亡しました。告発した女性がそうだとは言いませんが、昨今、女と男性2人ほどがグルになって痴漢を仕掛け、示談金を取る、言わば現代版の「美人局(つつもたせ)」と言うべき詐欺グループも暗躍していると言います。でも、田園都市線のケースでも、痴漢されたと主張する女性は、男性が電車ではねられたあと、姿を消したと言うのですから、非常に疑わしい。

 美人局の手口はこうだ。満員電車の中で、女性が気の弱そうな男性の手を取り、わざとその手を自分の身体の方に持っていく。男性がその手をそのままにしていると、突然その手を持ち上げて「この人痴漢です」と大きな声を上げるのです。すると、すぐそばにいるグルの男が「俺も見ていたぞ。警察に突き出し、証人になってやる」と言って、”被疑者”を無理やり電車から降ろさせるのです。

 そのホーム上で、”被疑者”に女と示談させることもできるし、駅員、警察が介入していも示談の余地があるわけですから、美人局グループにしてはおいしい犯罪になります。こういう犯罪が成り立つ裏は、痴漢という犯罪では今、圧倒的に女性の主張が取り上げられること、一方、男性は、疑われて警察沙汰になれば、それだけで会社に知られ、大恥をかき、社会的制裁を受けるので、それを防ぎたいという思いがあるためです。

 そんな理不尽なことがあっていいわけありませんが、それが現実ですね。以後の煩雑さを避けて、線路に逃げたくなる気持ちも分かります。でも、考えてみれば、最初から「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」で、疑わしいことを避ければいいのです。へんな女が手を握ってきたら、「俺はそんなにもてるのか」などとばかな妄想を持たず、振りほどく勇気が必要です。

f:id:higurashi-takanori:20170518100656j:image

f:id:higurashi-takanori:20170509120115j:image

 上の写真は、市川の大学に通う途中で見た他人の家の庭に咲く花。

 

 

 

2017-05-21 「ペンス大統領」は実現しそうだ

 ドナルド・トランプ氏が昨年11月、米大統領選挙で当選したあと、小生はこのブログで早々に「ペンス大統領を望むのは不謹慎か」などと書いて、トランプ氏の失脚、マイク・ペンス副大統領の昇格の可能性に言及しました。確かに不謹慎でありましたが、現在、この予想が当たりそうな雲行きになってきました。

 トランプなる男、自信過剰でなんでもできると思い込んでいるところがあります。北朝鮮の刈り上げ君でもあるまいし、民主主義の国家では政治家はそれなりの謙虚さが必要ですが、彼はそんな素振りを見せない。そればかりか、大衆の代表とも言えるマスコミの多くと敵対する姿勢まで見せていました。そんな彼だから、マスコミ各社が虎視眈々とスキャンダル探しをしたのは自然の流れです。

 トランプ大統領は今、ロシアンゲート問題で特別検察官に摘発され、国会で弾劾を受ける可能性が出てきています。彼は、当選直後から盛んにロシアとの関係修復を匂わしていましたが、これは米国の従来の外交姿勢を100%無視したもので、何だか不自然。恐らく彼のビジネスにも関係しているのではないかとの邪推も出てきました。

 香港紙によれば、トランプ氏は1987年7月、不動産事業を調査するため、チェコスロバキア出身でロシア語が分かる最初の妻イバナさんとともに初めてソ連を訪問。この際、相手国12社との企業間提携議定書を持ち込んだが、結局、体制の違いなどもあって実らず。96年に再訪した際も、モスクワ市長にクレムリン宮近くのホテル建築を請け負うと申し出たが、これも実現しなかったとのこと。要は相手にされなかったのです。

 ですが、トランプは対ロシアビジネスをあきらめず、過去10年間で長男とともに6回訪露し、同国人に米国不動産購入を勧誘。実際、4000万ドルで購入した自らのフロリダ州の豪邸をロシア人富豪に1億ドルで売りつけています。米メディアの調べでは、トランプ氏が関係する対ロシア企業は少なくとも48社に上ると言います。

 また、旧ソ連圏のジョージアカザフスタンの企業との関係もあり、チェコスロバキア出身のイバナ元夫人スロベニア出身のメラニア現夫人の関係から東欧諸国の不動産投資にも関心を示していると言います。トランプのこうした強い関係志向が対ロシア制裁の解除、ロシア接近の背景にあることは間違いないようです。

 自らのビジネスにプラスになるから言って、国家の外交まで影響を与えるようでは国民はたまりません。米の特別検察官は徹底的にトランプのロシアンゲートを調べ上げ、失脚にもって行ってもらいたいと思います。

f:id:higurashi-takanori:20170419113101j:image

f:id:higurashi-takanori:20170509111507j:image

 上の写真は、市川駅近くにあるインド料理店のビルの上にある象のオブジェ。

2017-05-18 禁煙法案賛成だけど、喫煙保障も

 公共の場での全面禁煙を目指して、厚生労働省が「健康増進法改正案」なる法律国会に提出し、可決する考えのようです。小生は煙草を吸わないので、基本的に公共の場での全面禁煙には賛成です。でも、飲食店などは、客が減ることを恐れ、反対するところも多いと仄聞します。

 小生も年金生活者で手元不如意なので、大衆的な居酒屋にはよく行きますが、そこでいつも感じるのは、店内が煙草の煙で充満していること。自分が吸わないのに、なんで服や髪に煙草の臭いが染みついてしまうのか、いつも不快感が募ります。現在、チェ―ン店のコーヒーショップでは分煙が進んでいるのに、居酒屋では分煙しているところはそう多くないですね。

 いろいろな人の話を聞くと、普段煙草を吸わない人でも、酒を飲むと吸いたくなると言うのです。吸っている人はさらに本数を増やす。それはその通りで、飲酒は血管を広げる作用があるのに対し、煙草は血管を狭める作用があるため。飲酒して頭がボーとなってしまうので、煙草を吸って広がった血管を今度は収縮させるのでしょう。

 恐らく喫煙者同士であれば、服や髪に臭いが染みることは過失相殺で許容できるのでしょうが、やはり非喫煙者には迷惑千万ですね。体に臭いが染みつくほかに、食べ物や酒の味にも影響を来してしまい、美味しく食べられなくなりますから。われわれにとっては、煙草の臭いはトイレの臭いを嗅ぎながら食事をするのと一緒です。

 食べ物屋には一般的にきつい匂いや煙は持ち込まない方がいいと思います。ですから、匂いの強烈な整髪料や化粧品香水も勘弁してもらいたい。銀座のある格調高い寿司屋(小生は行ったことがありませんが、、)では、煙草だけでなく、こうした匂いのきつい客もご遠慮願っているとか。常道でしょうね。

 ただ、かく言う小生も喫煙の絶対反対論者ではありません。年2兆円以上の大きな税収にもなる煙草の存在は無視することはできません。喫煙者はわざわざ身体を壊してまで、税金を払いたいというのですから、止める理由がありません。分煙を徹底させるための環境整備さえ図っていただければ、煙草呑みの権利は最大限認めてあげたいと思います。

 喫煙者向けにあらゆるところにクローズドの喫煙スペースを造ってあげたらいかがでしょうか。各飲食店もトイレの個室スペース程度の場所を設けて、喫煙者にはそこに行って吸ってもらえばいい。これは実現不可能ではないと考えます。

f:id:higurashi-takanori:20170509120423j:image

f:id:higurashi-takanori:20170509120205j:image

 上の写真は、市川の大学に通う途中、野辺の雑草の中に咲いていた花。

 

生態系破壊外来種生態系破壊外来種 2017/05/19 00:20 そのオレンジのケシはヤバイよヤバイよ。

2017-05-15 1,2項そのままでの自衛隊明記は難しい

 5月3日、安倍首相憲法改正発言をしたことに関して、小生、いささかの誤解がありました。首相自民党の新憲法草案通りの改正を目指すのかと思っていたが、実際は、それよりもっと狭めた”部分的な修正”にとどめたようで、自衛隊を明記、高校教育の無償化を図るだけの改正内容。問題の第9条で言うなら、1、2項を残し、自衛隊の存在を明記する3項を加えるというのです。これでは、限りなく公明党の加憲論に近い改正案ですね。

 今一度、憲法第9条【戦争放棄、軍備及び交戦権否認】をおさらいしておきます。

1項=日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力行使は、国際紛争解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2項=前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 第1項で「国権の発動たる戦争、…国際紛争解決する手段として武力行使放棄」、第2項で「国の交戦権は認めない」としています。将来起こる可能性が高い領土をめぐる小規模な自衛的戦闘行為、他国の侵略を防ぐ戦争(防衛的な戦争)も国際紛争ですから、これでは戦えない。完全に独立国の手足を縛っている条文ですね。この条文がある限り、素直に読めば、自衛権も認めないということになってしまいます。

 一昨年の安保法制案での国会審議で憲法違反の論争が起きました。憲法学者が国際政治の現状を無視して厳密な解釈を試みれば、自衛隊の存在ですら「憲法違反」という結論になりましょう。ましてや、他国のために行う戦闘行為(すなわち集団的自衛権)がさらに「憲法違反」と言うのは当然と言えば当然の解釈です。まあ、国際政治の現状を加味した拡大解釈論を言うなら別ですが、、。

 そこで改めて今回、安倍首相が提示した部分的改憲論を考えますと、この1、2項の文章を前提にしてどうして自衛隊の保持を認める文章が書けるのか。そういう文章を書くとしたら、1、2項と3項では相互に関係性を持たないとんちんかんな構成になってしまいます。3項で自衛隊の明記を図るなら、どうしても1、2項の書き換えも必要です。最低限、「戦争、武力行使」「交戦権の否定」は外さないといけません。

 さらに加えれば、自衛隊を「戦力」とみなさない点も問題があります。陸海空自衛隊が一定の破壊力ある武器を所持しているのであれば、これを戦力と言わずして何でありましょう。いい加減に実体を離れたまやかしの憲法条文は止めた方がいい。世論調査を見る限り、自衛隊の存在を認め、その所有軍事力も武器であると理解する国民が圧倒的であるならば、はっきりと「戦力」とすべきです。

 安倍首相の発言を受けて、とりあえず自民公明が条文の草案を出すそうな。大変楽しみにしています。一方、民進党は草案を出さないようです。党内に左右両派がいてまとまりがつかない。かつての社会党のように自分で案を出さず、何でも反対の党ですから、致し方ないか。まあ、自民公明、維新の会で改正を急いでほしいです。

f:id:higurashi-takanori:20170422195659j:image

f:id:higurashi-takanori:20170422195650j:image

 上の写真は、友人のお嬢さんが作ったスペイン料理パエリア。とてもおいしかったです。

豊岳正彦豊岳正彦 2017/05/17 23:13 ムースクナビコナ菩薩国日本国憲法は宇宙の真理仏法なり


「日本人なら空気を読むな漢字を読め」
latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-769.html

空気は生きていくために呼吸するものであり読むものではない。
第一空気とか雰囲気とか親からもらった眼で生まれてから死ぬまで見えないものである。
生物たるもの目に見えないものを読めるわけがない。
これが宇宙の真理である。
空気を読めとか、生物失格の愚か者の妄想である。

霊長類として読まねばならぬものは文字である。
言葉を文字にして他人に伝える、これが人間である。
文字が読めない者は人間失格社会人失格である。
文字が読めてはじめて人間たり得社会人たり得るのである。
これは人間の真理である。

すべて生物の言葉は親の真似をして使い方を覚える。
親のことばを盗用して使うのである。
これが生物の真理である。
著作権や特許権や所有権など、人間以前にそもそも生物失格の愚か者の妄想に過ぎない。

人間だけが文字を使う。
人間社会には地域によって種々の文字言語が存在するが、特に日本語は地球でもっとも優れた言語であり、最も修得が難しい宇宙で唯一の融通無碍言語である。
日本人の親から生まれた日本人は皆親の真似をして三つ子(満1歳半)で全員が世界一難しく優れた日本語を使いこなすのである。
日本人なら両親と両親をこの世に生み育ててくれたご先祖様に感謝してご先祖様のご恩を死ぬまで忘れることがない。
これが「三つ子の魂百まで」の親孝行と他人に親切である。

漢字が読めない者は日本人失格である。

数え16歳満14歳で元服成人した人間という地球霊長類の中でも、日本人中学校卒業者は一人残らず日本語の漢字が読み書きできるのであり、満15歳以上でそれができない者はそもそも日本人の大人すなわち日本国憲法主権者国民失格である。

そして日本人のご先祖様おとなたちはみな文武両道の武士道と宇宙の真理仏法僧三宝に帰依したムースクナビコナ三宝帰依仏心武士道菩薩であるのだ。

南無父母無二仏 合掌 www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/bbs.html

武士道即仏道父母恩重経、

日本国憲法は地球憲法、

これが宇宙の真理であるよ(笑)

地上げ屋サンが止めてくれないからなんぼでもコメ積んじゃった(笑)

↑ 2017/05/20 08:12 くだらん。あほか。

2017-05-11 期待通りに行かないフランス、韓国新政権

 昨年の英国EU離脱に関する国民投票米国大統領選挙は意外な結果でびっくりさせたけど、この5月初旬にあったフランス韓国、2つの大統領選挙はいずれも事前の世論調査の通りの結果。まあこう言っては差しさわりがあるかとも思うけど、記者的に見れば、予定稿通りに進む面白みのない選挙でした。

 フランス国民戦線のル・ペン候補が当選していたら、どうなっていただろうか。恐らく彼女でもEU離脱には踏み切れないと思います。彼女は選挙公約で離脱を宣言すると言っているのではなく、離脱を問う国民投票をすると言っていただけ。ですから、選挙をすれば、EU離脱にはならない。EUドイツフランスの再不戦の誓いがベースになっているので、その当事者の国民が抜け出るという選択をすることはないと思います。

 新大統領になったエマニュエル・マクロンなる39歳の若者は、妻が24歳年上という変わった”家庭環境”を持っていることが目立つだけで、政治面で個性的な魅力があるとも思われません。ただ、国立行政学院という超エリート校の出身で、顔もハンサム、主張も無難なので、ドイツメルケル首相はじめ他のEU加盟国の指導者はさぞや安心したことでしょう。

 フランス失業率が高い国。これは、この国が先進国の割には生産性の低い農業国でもあるという矛盾から来るもので、言わば構造的なものです。他の比較的後進のEU国なら余剰労働力先進国に出稼ぎに行きますが、プライドの高いフランス人は行かないのです。ですから、マクロンがエリートの知恵を出しても早々解決できる問題でもありません。

 韓国国民は、文在寅ムン・ジェイン)次期大統領に大きな期待を持っているようですが、これも無駄なような気がします。すぐに大きな壁に突き当たる予感がします。北朝鮮に融和的な姿勢を示していますが、あの刈り上げ頭の独裁者にどうして核兵器ミサイルの廃棄が迫れるのか。彼は決して手放さないでしょう。となると、文氏が融和的に接する見返りとして何を求められるのか。

 開城(ケソン)工業団地の再開くらいはできるかも知れません。でも、これも米国側は「北に核・ミサイル開発の外貨を与えるもの」として大反発するでしょう。米韓関係が悪くなれば、韓国安全保障上で米を取るか、中国北朝鮮を取るかの選択を迫られる。もし、文大統領中国北朝鮮に与する傾向を強めたら、かの国の経済は日米欧から見放され、立ち行かなくなってしまいます。

 もともと韓国のような半島国家は、地政学的に周辺大国の顔色を窺う事大主義的な傾向があるのですが、やり過ぎると自由民主主義という共通価値を持つ自由圏諸国の仲間意識や共助の思いが薄れることになります。先年、西側諸国指導者が出席を嫌ったのに、朴槿恵大統領が西側の国としては独り中国戦勝記念日軍事パレードに出て、不評を買いました。

 従軍慰安婦問題も、日韓政府間で「不可逆的」解決に同意していながら、またまた政治的な取引材料に使うようです。日本がどうすれば、何をすれば最終的な解決になるのか、意味不明。またまたこの問題が蒸し返されることに、日本国民は呆れるどころか、怒りさせ感じさせます。文大統領が同じことを言ってきたら、今度はこちらがケツをまくることぐらいあってもいいのかも知れません。

f:id:higurashi-takanori:20170504114656j:image

f:id:higurashi-takanori:20170504115036j:image

 上の写真は神田にある有名な蕎麦屋「まつや」の店頭風景。GW中に出かけたのですが、11時過ぎから長い行列ができていました。