Hatena::ブログ(Diary)

つれづれなるままに−日暮日記

2018-04-19 取材対象と記者のパワー関係知るべきだ

 福田淳財務省事務次官によるセクハラ事件は、被害者の女性が所属のテレビ朝日を通して名乗り出てきました。福田氏は依然、セクハラの事実を否定していますが、被害者が出てきた以上、この事件はほぼ認定できたと言っていいのでしょう。福田氏はこれまで、いわゆる接客する飲み屋の商売女性を相手にしての話とほのめかしていました。ですが、取材した場所、時間などがテレビ局の記者から明らかにされたわけですから、取材上の”暴言”であることは疑いの余地がなくなりました。

 あの会話が取材上にあったとしたら、随分記者をなめた言い方です。どうして森友問題、佐川国税庁長官の話を聞いている時に突然、「キスしたい」とか「胸触らせろ」とかの脈絡のない言葉が出てくるのか。たとえ酔っていたとしても言い過ぎです。性別にかかわらず、取材マスメディアのある報道機関の代表としてしているわけで、その相手を侮辱することは許されない。彼の胸の内には、官庁中の官庁のトップという驕りがあり、何でも許されると思ったのでしょうか。

 なぜ女性記者が週刊誌に訴えたかも、きょう未明のテレビ朝日報道局長会見で理解できました。最初に自社に訴えのですが、「二次被害があり得る」とかの理由で却下されたため、仕方なしに週刊誌に行ったとのこと。という経緯を見ると、テレビ局も随分情けない対応です。

 彼らの言う二次被害とは、女性が受ける二次被害もさることながら、財務省幹部を告発すれば、必ず会社にも報復が来る、それも、今後社全体として取材上のいじめを受けるだけでなく、税務調査の名目で会社の会計を徹底チェックするなどの嫌がらせに出てくることを恐れたのでしょう。財務省は確かに税務調査権という”暴力装置”を持っているので恐い。でも、テレ朝は女性のために抗議文くらい財務省に出しても良かったように思います。

 ただ、冷静に見てみると、優秀さに加えて、バランス感覚があることで出世してきた中央官庁の事務方トップが取材の中で、なぜ突然エロ話など出してくるのか、理解しにくい。普通の取材対象と取材記者の関係であるなら、「胸触らせろ」などの言葉は出てこないでしょう。万一出てきたら、本来「ダメです」などの軟(やわ)の対応でなく、きっぱりと「次官、これは取材です。冗談は止めてください」と強く言うべきです。ですから辛辣に言えば、女性側にも、そういった話を出されるような隙があったのでないかと勘ぐってしまいます。

 報道では、この2人は1年半ほど取材だとして1対1で酒のある場所で会っていたとか。くだんの会話が録音された時も、次官の方から女性を呼び出しています。となると、本来あってはならないが、次官は”この関係”を男女関係と錯覚しているフシも見られます。彼にそう思わせたのだとしたら、女性の方にもいささかの責任があるように思います。小生もマスメディアの端くれにいたので、女性記者が「女性」を武器にして取材してきたケースを複数知っています。

 だからと言って、セクハラ暴言した男をかばうつもりは毛頭ありません。いくら状況がそうであっても、錯覚は許されません。取材対象と記者の関係では、記者は情報が欲しいために近づく”弱者の立場”にあり、取材対象はあくまで”強者の立場”にいるのです。両者にはれっきとしたパワー関係があることを取材対象は認識すべきです。

f:id:higurashi-takanori:20180403171920j:image

f:id:higurashi-takanori:20180403171908j:image

 上の写真は、フクロウを売りにした浅草カフェーの宣伝風景。


 

 

i

2018-04-18 財務省側の主張に「理」があると思う

 福田淳財務省次官の女性記者に対するセクハラ問題で、麻生大臣と財務省は、この件について「でっち上げではないか」と疑問視し、被害を受けた女性記者が名乗り出るべきだとの公式コメントを出しました。これには、主に世の女性陣の方から反発が出て、閣内からも「被害女性に配慮すべきだ」(野田聖子総務相)との意見がありました。でも冷静に見ると、これってちょっと時流に乗ったような”告発”であり、そのやり方もファナティックな感じがします。

 単純にこのケースを見て大胆に発言すれば、小生は、財務省側に「理」があるように思います。セクハラパワハラ事件の場合、一方的な主張によって裁断されるのはよろしくないと思うのです。同種事件としては、痴漢行為があります。得てして、満員電車などで接触度が高くなると、男性側の無意識な行動にも女性が過剰反応し、痴漢扱いするケースが見られます。

 痴漢事件の場合、男性の主張や弁解が受け入れられず、女性の一方的な発言によって”犯罪者”扱いされるケースが多い。つまり、この種事件は女性が主導権を握っており、女性の恣意的な判断に委ねられてしまうのです。男性側は否定すればするほど長い時間を拘束されるハメに陥りますので、立場は圧倒的に女性有利です。場合によっては、女性側の陥穽(落とし穴)にはまることも考えられないこともない。

 という視点で振り返りと、女性が週刊誌に売り込んだ情報など怪しいことこの上なしです。公正な場で、双方から事情を聴くべきだという財務省側の主張は至極当然だと思います。しかも、財務省側は、女性の弁護士を用意し、名乗り出た女性の人権を守るために匿名とし、個人情報は秘匿するとしています。これだけの配慮がされて女性が名乗り出られないとしたら、ちょっと異常だと思います。

 週刊新潮側が公開した音声も何かいかがわしい。福田次官のエッチな話はどうも商売女性がいるようなバーで話された内容のようです。商売女性相手の会話だったら、酔えばこの程度はあり得るのかなと推測されます。天下の官庁のトップとしては品位に欠けるところはありますが、、。問題の録音が女性記者の取材のものだとしたら、第一、女性記者が1対1でバーなどに行き、取材するのでしょうか。小生が記者をしていたころを思い起こせば、正直、考えられないことです。

 そこまでは考えたくはないと思いつつ、敢えて言えば、最初から福田次官をはめるために仕組んだもの、あるいは女性が週刊誌側から報酬を得るために無理筋で告発したものと勘ぐってしまいます。まあ、この事件はまだ途中経過なので、今後の推移を見守りたいと思います。

f:id:higurashi-takanori:20180130005716j:image

 上の写真は、愛犬マオの寝姿。

2018-04-15 安倍交代へ政局の潮目が変わったのか

 昨日、小泉元首相がぶら下がりインタビューを受け、今の政局について言及、「今秋の自民党総裁選で、安倍首相の3選はない」と言い切っていました。かつて自分の子飼いのようにして育て、後継首相にまで指名した安倍氏に対し、随分ストレートに”残酷に”言うなぁという印象ですが、彼独特の嗅覚が働いたのかも知れません。明らかに、政局の潮目が変わり、政権交代の可能性が出てきたように感じます。

 そもそもモリ・カケ問題は、安倍首相のボタンの掛け違いから始まったと思います。首相は昨年国会で、「私たち夫婦がこの問題に介入したことはない。こんなことがあると分かったら、首相どころか議員も辞める」と豪語しました。小生は当時、何もそこまで言う必要はないのではと感じていました。でも彼は、安倍一強という驕りから、嘘をついてもつき通せるとでも思ったのでしょう。

 このブログで再三主張しているように、首相は権力者であるのだから、いわゆる「首相裁量」「トップ判断」という決定があってもいいように小生は思います。それは、裏に汚い多額の賄賂の金のやり取りがない限りにおいて。モリ・カケ学校建設でも、最初から「私がトップとして必要性を感じ、関係部局に指示した」「私の政策的な判断であり、誰がなんと言おうと首相にいる限り推進する」ぐらいの強気の姿勢があっても良かったのではないか。

 権力者は政策実現に向けて圧倒的な力があるのですから、確固たる信念をもって迷うことなく、言葉を尽くして国民に説明し、推進すればいいのです。かつて郵政民営化という”持論”を振りかざし、これを断固推進した小泉元首相のように。野党が「首相の独断でいいのか」などと言って来たら、「私はこれが正しいと思っている。野党が反対なら、総選挙で国民の声を聴いてみますか」と居直ればいいのです。

 それなのに、安倍首相はモリ・カケの学校建設は自分とは関係ない、公的な必要性から出たみたいに言うから、野党に揚げ足を取られてしまうのです。安倍首相の最初の居直り発言を糊塗するために、官僚が次々に虚偽発言、文書改ざんなどの悪行を働く事態となりました。その過程で夜回り取材の女性記者に対し財務省事務次官セクハラ発言をしていたことも発覚。昨今の首相周辺を見ると、状況が日々悪くなっています。

 安倍支持だったマスコミ読売産経まで批判的になりました。小泉氏が指摘するように政局の潮目が変わっているのかも知れません。ここまで混乱すると、もう安倍氏支持率を盛り返す可能性は限りなく低い。となると安倍氏への求心力が衰え、今夏から初秋にかけて政権交代の流れが醸成されそう。今夏、政治記者が注目するのは、もうモリ・カケでなく、次の総裁候補はだれかという点ではないでしょうか。

f:id:higurashi-takanori:20180415102656j:image

 上の写真は、富山湾に架かる大橋と係留されている帆船海王丸」。同船は海の貴婦人の異名を持つそうな。

2018-04-12 20人脱走あった塀のない刑務所の意味

 愛媛県の刑務所の作業場から受刑者が逃走し、5日目を迎えてもいまだに逮捕どころか、発見もされていません。現在、瀬戸内海の島の一つである広島県尾道市向島まで行き、そこで潜伏していることは分かっています。ですが、1000人近くの警察官を動員しても、きょう夕現在、潜伏の痕跡はあるものの、本人は見つかっていません。異常事態です。司法当局側のドジと言うか何と言うか。話になりません。

 逃走しているのは平尾龍磨(27)なる、窃盗罪などで服役していた男。今、向島の中では、車が盗まれたり、室内荒らしなどの窃盗事件が絶えないそうですが、もともと窃盗の”プロ”なので、この種行為はお手のものでしょう。向島に彼の親戚、友人、関係者がおらず、手助けできないなら、長期間、ここで”生活”するには、だれかの家に上がり込み、住人を脅して衣食を出させるなどの行動に出ざるを得ません。島民は不安で仕方がないでしょう。

 このつまらない逃走劇の原因を作ったのは、塀のない刑務所です。松山刑務所の出先である大井造船所という作業所。塀がないために、今回を含め大小規模合わせて17回20人の脱走事件が起きているといいます。これだけ脱走されて、よくもまあこのシステムを継続してきたものだ。そもそもこんな作業所を考え出した愚か者はだれなのかと問いたくなります。

 一般に、刑務所の役目は、犯罪者に対する懲罰的意味と更生を図るための職業訓練的目的があるとされています。塀を高くしてシャバと分離し、規則正しい苦渋の生活をさせるのは懲罰的な意味があるためでしょう。その懲罰性を無視し、松山刑務所は特に脱走しやすそうな塀のない作業所を作りました。

 出所後の更生を優先させたのかも知れませんが、受刑者にしてみれば、シャバとの接近によって却ってシャバへのあこがれを強く持ってしまうこともあるでしょう。この作業所の設置、20人脱走のことを考えれば、無謀だったと言わざるを得ません。脱走者をつかまえるために、どれだけ無駄な労力を要するかも考えておくべきでした。

 それにしても、脱走者自身、愚かと見られても仕方ないでしょう。塀のない作業所は普通、模範囚出所が近い受刑者とされています。平尾も恐らくあと1年以内我慢すれば、出られたのだと思います。その我慢を振り切って、さらに罪を重ね、刑期が延びることを覚悟してまで脱走させた動機は何だったのか。記者的な感覚で言えば、むしろその点が気になります。

f:id:higurashi-takanori:20180412085037j:image

 上の写真は、北陸新幹線富山駅を降りた先にあったキャラクター。

 

2018-04-07 栄監督も森社長も”存在理由”を知るべきだ

 昨日、日本女子レスリングの栄和人監督がパワーハラスメントをしていたということが上部団体で公式に認定されました。「栄程度の人にそもそもパワーがあるのか」などと彼が所属するレスリング専門大学の学長がのたまわっていましたが、監督、しかも協会強化本部長という地位にあればパワーがあるのは当然。栄なる海坊主もおかしければ、この女性学長も相当おかしな人という感じがしました。

 そもそも栄監督、自らの立場をよく認識されていないのではないか。自らのレスリング歴、特に最大イベントであるオリンピックで大した実績もないのに、必要以上に(排他的に)現在のコーチ業に固執する。実績のある選手は自己調整方法を良く知っているのだから、本人に任せればいいではないですか。オリンピック4連覇した選手に練習場を確保させないとか、別のコーチに就くことに嫌がらせしたりなどと妨害工作に出るとは実に驚きです。

 スポ―ツの主役はあくまで選手であって、コーチは裏方に過ぎない。それなのに、裏方が主役のように動き出し、選手の活動に制限を加えたりするのは本末転倒の仕儀。オリンピックのテレビ中継を見る限り、選手のセコンドに付き、優勝した女子選手に肩車されたりした時には、何か人の好いおっさんという印象でしたけど、実際は自己中心的な腹黒いおやじだったのですね。海坊主は海中に潜って、水面上にある主役が目立つように下支えさえしていればいいのに。

 栄監督に輪をかけてひどいのが谷岡郁子なる至学館大学の学長。かつて小沢一郎にかつがれて参議院議員になったそうだが、こんな人を引き上げた小沢の見識も疑われます。彼女が記者会見で発した「そもそも伊調馨は選手なんですか」という言葉には噴飯してしまいました。アマチュアには、選手と一般人の厳密な区別などないのです。オリンピック出場選手でもその後休養していれば一般人になるし、活動すればすぐ選手になる。第一オリンピックで4連覇した国民栄誉賞受賞者に対し、大変失礼な言い方でしょう。

 で、谷岡女史とは、どんな人かなと調べてみました。日本レスリング協会の副会長をしているから相当な選手だったのかと思ったら、レスリング歴どころかスポーツ歴などみじんもない。ただ、親が私学の創設者であるというだけの成り上がり者でした。こんな人たちに、5連覇に向けて求道者のようにさまざまな試行を続ける伊調さんの活動が妨害されるとしたら、それはたいへん残念なことです。

 ところで、この時期、もう一つワイドショーを賑わかす面白い話題がありました。ビートたけしが所属するプロダクション「オフィス北野」の森昌行社長が私服をこやすなど好き勝手なことをし、所属のタレントともめ始めたこと。森社長は週刊誌に登場し、「高額報酬を取るのは当たり前」と豪語、偉そうに所属タレントを批判していたけど、この人も栄和人監督と同様、ものの本質が見えない、本末転倒の人ですね。

 芸能プロダクションのスタッフはあくまで裏方。タレントが稼いでなんぼの世界の人たちなのですから、米びつであるタレント全員とけんかしてどうしようと言うのか。栄監督も森社長も、改めて自らの”存在理由”をじっくり考えた方がいいのではないかと思われます。

f:id:higurashi-takanori:20180407112333j:image

f:id:higurashi-takanori:20180407112330j:image

 上の写真は、LINEの交流サイトで友人が送ってきた桜の映像。