Hatena::ブログ(Diary)

つれづれなる日記

2017-07-19

Warframe:課金の力でFrost Prime と Rhino Primeを入手

とりあえずINしてフォーマを製作している位のWarframeですが、少し前のイベントでオープンワールド追加が発表されて結構楽しみです。

過去に75%割引で1250円課金を2回してプラチナが溜まっていて特に使い道もなかったんですが、今回、Frost Primeと、集めるのめんどいのでRhino Primeをトレードで買いました。

f:id:hiirosou:20170719154431j:image

Frost Primeは期間限定で無料配布されているんですが外部サイトのTwitchとの連携が必須で、そのTwitchから「おまえの国は駄目だから!」っていう見事な据え膳食らってます。それでも、殆どのユーザーが入手出来たことによりいまだかつて無いほど暴落しているので、この機会に買いました。と言ってもまだそこそこの値段はしましたが75%割引で買ったプラチナで買えたわけで、かなりお得だったなぁと一人思ってます。

これがFrostでなければ高いプラチナ出して買おうとは思わなかったんですが、個人的にWarframeの中で一番有能と思っているFrostですからね。


あ、新フレームのHARROWクエストはまだ放置中です。気が向いたらいつでも出来るって良いですね。

2017-07-17

政剣マニフェスティアをちょっとプレイ。

DMMゲームの中では存在は知っていたけど、ちょっとキワモノすぎて1年持つのかなぁと思っていた「政剣マニフェスティア」っていうゲームが生き残っていて、無料SSR配布していたのでちょっとプレイしてみました。結構イラストのレベルも高くてボイス付きで驚きました。題材はキワモノですが、運営自体は欲を出さす堅実でしっかりやっているようです。※このゲームはただの美少女たちが戦うフィクションのゲームです。

f:id:hiirosou:20170717181334j:image

リンはガチャから出たSR+ですが、迷わず好感度100にして水着を…じゃなくて、強くてお世話になりっぱなしです。

確定SSRで出たのはビアンカ・マエジマというキャラでした。

f:id:hiirosou:20170712213400j:image:w640

リンとともにクセがなく、ものすごい使いやすいキャラです。

色々メタファーに溢れているゲームですが、装備している武器の名前にセンスがあって、何をやらかしたのとか中々分かりやすく…いや、このゲームはフィクション(ry


ゲームはタワーディフェンスではなく、キャラを動かして陣地取りをするRTS風ゲーム。普通のRTSと違うところは、「こちらのキャラは無敵」「近接は敵をロックするが攻撃スタンで足止めしているだけで、ブロックしているわけでないため、敵は倒せなければ抜けていく」「遠距離キャラは敵をすり抜けて動ける」で、攻略において「やたら硬い赤い敵がどんどん出てきたら大体時間切れ宣告」で、速攻攻略が大事という、この辺の独自のシステムを把握出来れば大分遊びやすくなると思います。

ちょっと気を抜くと蜘蛛に開放した街踏み抜かれて惨状になるのは全員が通る道だと思いますが、塞ぐことの出来ない穴から本当に絶妙なタイミング出てくるのは流石にどうかと思うのです。運営はそれを見てニヤリとしてそうですが。


最初に色々調べて、ナイカクというムカつく鳥にタワシ100個ぶつけたら初期マナ+500されるので、そのおかげである程度ランク上がったらステージ開始と同時にリンとビアンカが出撃出来るようになり、この2名を主軸に他がフォローみたいな感じでステージ4までクリアしました。結構強くて便利らしい銃使いの「キララ・タナカ」が4−3クリアで確定入手なので、イベントでレベル上げをした後☆1クリアしつつ平均レベル30位でそこまで駆け抜けました。

その後は、1000以上の尽きないモチベでイベント周回しました。上級クリア出来てもポイントは中級の方が稼げて簡単だったので中級メインでポイント200万まで行きました。


現在のメインメンバーはこんな感じ。

f:id:hiirosou:20170717182613j:image:w640

結構クリア報酬の任命権で回しましたがSSRは確定以外出ず。もう1名位SSR出てたらちょっと本腰入れようかなと課金していた気がします。どのブラウザゲーも、いまだかつて「俺引きつええ」出来たこと無いのが、生まれ持っての運な感じです…。

このメンバーのおかげで、2−5もさほど苦労せずに☆3取れてハードモード開放出来て、今はエリア2のハードで育成してます。ただ、やはり委任無いのは辛いですね。ゲーム自体は面白いんですが、そのうちレべル上げ周回が面倒になってやめてしまう気がします。


まぁ、題材が題材なだけに、あまり有名になりすぎるのも困るんだろうなぁという感じなので、地味に安定して運営し続けれるのがベターなんでしょう。ストーリーが中々にブラックで笑いましたが、ペンとインクで出来たただの絵を必死に規制しようとする頭変な連中に目を付けられないことを祈ってます。

2017-07-16

STEAMゲーム:7 Days to Die がA16に

相変わらずゲームの着陸点が見えない7 Days to Dieですが、ほぼ1年ぶりにバージョンがあってA15>16になりました。またもや色々仕様変更されているので遊んでみるかと一から始めましたが、このバージョンはゾンビ湧きが大きく変更されて部屋内で何も無い所にいきなりゾンビが湧くせいでちょっとどうかなぁと言う感じです。建物の屋内に入ってゾンビを全部倒したのに、いきなり目の前に湧いているとか軽くホラーですよ…って、これ、ホラーゲームだった。

一体いつβ版になるのかすら分からない状態ですが、バージョンアップ毎の新要素でユーザーを飽きさせず買い切り型2480円。頻繁にセールもしているし、この値段でこれだけ遊べているなら特に文句言うこともないなぁというところです。

UIは相変わらず大事な情報を表示しなさすぎなので、MODを入れました。

f:id:hiirosou:20170716004955j:image

海外の7DTDのGame Modsのページに色々あるので見てみると面白いのもあります。ただし、ゲーム自体が頻繁なバージョンアップで仕様が大きく変わるため、ちょっと昔で作者が更新していなくて現在バージョンに対応していないMODも多いので、注意です。

2017-07-11

PSO2とアイギスどうなっちゃうんだろうな雑記。

このBlogでは海外製PCゲーム…といってもほとんどSTEAMですが…をメインにしつつ、PSO2と千年戦争アイギスのプレイ日記で褒めたり愚痴ったり文句言ったりを数年以上続けていたわけですが、ものすごく面白かったゲームがなんか勝手に自分で自滅しててものすごく寂しい感じがします。

まぁ、どちらも基本無料でユーザーからお金取らないと成り立たないわけで、最初はお金を落としてもらうために「面白いもの作るので課金お願いします!」と、必死にユーザーに受ける面白い要素を考えて実装するわけで、それをプレイしたユーザーは「面白かったからお金を払う」わけです。

その後、成功して調子に乗り出して面白くもない要素を実装しだして「どうだ、面白いだろう? 課金しろよ」からの自滅は、ほとんどの運営の行き着く先なので寂しいものです。どちらもプレイ初期の頃は本当に面白くて、だからこそ飽き性の自分でも数万課金して数年以上プレイが続いていたのに、どうしてこうなったんだろうなーという感じです。正直な所、アイギス盛大な自爆したぞ! アイギス課金王子引っこ抜くなら今だぞ、他のDMMゲーは黒チケ相当ばらまいて引き込めーー!!な惨状になっていて草。



PSO2は言うまでもなく「素材倉庫は月額1500円」。

自分はギャザ実装時から「ギャザは糞」と常に言い続けていたわけですが、まぁ、大体こんなことになるだろうなとは思ってました。勝手に糞要素で色々素材を増やして倉庫をパンクさせた上で「無料はやっぱり無し。肥溜めゴミ箱使用料金、月1500円な!」では流石にユーザーブチ切れるでしょうみたいな。自爆セガお家芸とはいえ、ここまで酷いのは流石にどうかと思うわけですが。

PSO2運営は、「なぜ課金されなくなってきたか」をちゃんと分析してプロデューサー指導するアナリスト雇ったほうが良いんじゃないでしょうか。自分でも課金しても、糞つまらないコンテンツ(コラボやPvPや高難易度)制作費と、ごく一部しか楽しめないオフイベや日本人形に費やされるという事実。肝心のゲームは使い回しばかり。寄生問題には一切触れず解決する気無し。皆がプレイする一番大事なゲーム自体の質は下がる一方で手直しせず放置。一番積極的にやっていることが弱体化と高難易度化による嫌がらせだから呆れて課金しなくなる。」位分析できるんですけどね。まぁ課金しなくなった分、他ゲーム買えて良いんですが。そもそも今の高難易度路線が、一番お金持っている社会人を楽しませてお金落としてもらえるコンテンツになると思っているんですかね?



千年戦争アイギスに関してはやはり「R(18禁)版で使えない強キャラをガチャで追加(しかも男)」が、もう「やらかした」の一言しか無いと思います。ちょっとナルサスの強さを動画で見たけど、「これはアカンわ」って真顔になりました。もう二度と「戦略性のあるタワーディフェンス」と言ってはいけないレベルです、これは。

過去にゲームのイベントやストーリーで出てきて無双していたとかR版でも使えるとか、女性キャラで寝室ありならまだ許された部分ありますが、さすがにこれは許される部分が存在しない悪い意味での役満キャラで「R版で使えないぱっと出のコラボホモが今まで貢いだ女よりぶっちぎり強いゲーム性壊すガチャ黒とか客舐めてんのか?」となっているわけです。R版課金王子をブチ切れさせるのに十分な「やべぇよ…」なキャラなわけです。

ぶっちゃけて言いますが、アイギス18禁版あるからこそ価値があるゲームです。エロゲーって大体ゲーム性は無い、あってもつまらないものばかりの中、エロゲーでかわいいキャラとキャッキャウフフ出来て、かつ高いゲーム性を持っているという稀有な例だったからこそ支持されていたわけで、別にエロゲーでなければ、もっと面白いゲームそこら辺にゴロゴロあるわけです。アイギス18禁版あるからこそプレイしていたユーザーも多く(自分もそうですが)、R版で使えない黒男を後日無料配布とか、ある意味運営が自らR版ユーザー切り捨てを宣言したわけで、それはもう荒れるわけです。

ちなみに、アイギスでは結構有名な土騒動の時は別に自分は交通事故に当たったようなものと言って一切批判してません。今回は「運営の意志でやらかした」とそこが一番の問題なわけです。


昨年末から色々やらかしの兆候はあって、もともと同キャラ別ユニット化はしないとかぶっ壊れ黒は出さないインフレはしないという、そういうしっかりした職人気質方針のゲーム作りをしていたからこそ色々ユーザーを蔑ろにしていても支持者が多かったのに、去年の年末頃からこれをすべて無視し始めて同キャラ別ユニット追加、壊れ黒実装とアイギスの良かった部分すべて投げ捨てる方針になっていき、自分もこの辺で「最近のアイギスはなにか変だ」と気づいてBlog止めたわけです。この頃から何かおかしかったのが、今回のコラボで一気に爆発した感じですね。


なんだかんだ言っても、エロゲーキャッキャウフフ出来るかわいくて強いキャラ欲しいから課金してガチャしていた王子が大半だと思います。下世話な言い方をすれば所有欲を満たすために高価な女性に貢いでいる金蔓なわけでホモなんていらねぇよ、が基本的な課金王子の意見です。今までも最高レアの男は2名(団長と皇帝。封印竜は例外)出ましたが、どちらもストーリーに長い間大きく関わっていてそれなりに人気あったのでまだ許されていただけで、最高レア男の実装は本気で注意しないといけない案件です。それなのにR版完全切り捨ててガチャ壊れコラボキャラだけど男性でR版では使えません!(今後もやる発言)をなぜ危険と思わなかったのか謎すぎる所です。しかもこれを意気揚々と重大発表とか言って油を注いだわけで、相当数の課金王子を失望させたのではと思います。


自分は今はどちらからも距離おいているので、今後どうなるんだろうなーと傍観ですが、同時にこの2タイトルが今後も語られるようなやらかし…いや、PSO2は去年のEP4からずっとやらかし続けているけど…中々に意外でした。PSO2アイギスに数十万とか課金したユーザーは気が気でないでしょうね。

2017-07-05

フリーゲーム:「Cataclysm:Dark Days Ahead」をレビュー

なんとなく面白いゲーム無いかなとネット巡っていたら中々に面白いフリーゲーム「Cataclysm:DDA」を知ったのでプレイしたら中々面白かったです。最新の開発版ではデフォルトで有志翻訳による日本語が入っている位には人気あります。

このゲームは過去にElonaの記事を書きましたが、あの系統のNethackによくあるポストアポカリプスゾンビを加えたゲームなんですが、色々なことが出来て非常にカオスで面白いです。ただ、その操作をキーボードで行うので、慣れていない人は慣れるまでが大変だと思います。重要なことなので最初に書きますが、キーボードの「<」「>」は多用されます。Shit押しながら「ね」か「る」のキーなのですが、最初の世界を生成するときにもこのキーが使われており、これを知らないとゲーム開始すら出来ないので注意です。

f:id:hiirosou:20170705022118j:image

現在の安定版は0.Cですが、これは数年前にリリースされたもので、現在は新要素盛りだくさんの開発版(Experimental Builds)である0.d系統をプレイするのがお勧めです。新要素盛りだくさんでこちらでないとデフォルトで日本語化に対応してません。非常に精力的に更新されており、一日に数回バージョンアップすることすらあります。かなり操作が複雑なわりに説明は少ないので、日本語のWikiを一通り読んでおくのがお勧めです。


それで、どういうゲームかといえば、何も物資の残ってないシェルターからスタートしても、窓にあるカーテンを剥いで裂いて(切断可能アイテムが必要)布を作り、それから寒さを凌ぐ衣服を作る。近くにあるテーブルを叩き壊して木の棒を作って、それでロッカー叩き壊して武器になる簡易バール製作する。周囲の殆どのオブジェクトが素材になるという、ほんとうの意味でサバイバルしています。食べれるものはなんでも食べれる(意味深)という、本当にサバイバルしているゲームです。

f:id:hiirosou:20170705024637j:image:w640

シェルタースタートではこんな感じに普通に見ても何もないのですが、少しプレイすると資材の宝庫と気付くので本当に良く出来ていると思います。しかし、金物を扱うには炉をつくって、るつぼ、金床、はんだごてや溶接機、レンチなどの金属加工ツールを自前で用意する必要があり、これがまた非常にサバイバル感を出してます。あとターン制でリアルタイムではないので、ゆっくり考えられるのが良いです。



なお、舞台は近未来のニューイングランドで、非常に寒い地域でして、ゲームにもそれが反映されてます。ゲームスタートしても、急いで衣類つくって厚着しないと春でも凍傷で致命的になるくらいです。

その後は、普通に人間として生きていくのも可能。武術を覚えて格闘で戦うことも、体に機械を埋め込んでサイバー化したり、変異して怪物化したりも可能と何でもありな世界になっています。クエストで復興拠点をつくったり、農業をしたり大型車の移動拠点をつくったりで全要素をプレイしつくすのには数年かかるのではと思います。


様々な要素がMODによってオンオフできて、気に入らない機能は気軽にオフにできるのも大きいです。倒しても死体を潰さないと復活するゾンビの機能をオフにしたり、煩わしい栄養要素をオフにできたり。逆にクトゥルフ神話生物を追加したり、ユーザーが用意した色々な機能も比較的簡単に追加できます。特にニューイングランドクトゥルフの色々な話の舞台になっており、そういういう意味では良いコラボだと言えます。


もともとは全要素がアスキーコードで表現されているゲームで、それをグラフィカルに置き換えているだけなので色々表示がおかしい部分も多いです。

f:id:hiirosou:20170705022340j:image:w640

地図はグラフィック版もこれですが、基本はこのアスキーコードで処理されてます。なので、斜め向いた乗り物とかはどうしてもおかしくなってます。今後変わるかもしれないですが。



やれることが非常に多く、キーボードの大半に機能が割り振られているため、覚えることが多くて大変ですが、操作しやすいように片っ端から変更すれば操作しやすくなります。「Joykey」を使えばある程度ジョイスティックでも操作可能になるのではないでしょうか。やればやるほど味が出るいいゲームで今後のアップデートに期待です。